ご丁寧に教えていただきありがとうございます。 「~していただきまして、ありがとうございました」

「教えてくれてありがとう」の敬語表現・使い方・別の敬語表現例

ご丁寧に教えていただきありがとうございます

感謝の気持ちを丁寧に示すもう一つの言葉は、「appreciate」です。 「Thank you」と同じように、ビジネス英語でよく使われます。 「thank」が人に対する動詞なのに対して、「appreciate」は事柄に対する動詞です。 また、「thank」がすでに発生したことのみを対象としているのに対して、「appreciate」は、発生したことと発生していないこと両方を対象としています。 例文で確認してみましょう。 英文:Your patience is appreciated. 和訳: 少し待っていただければありがたいです。 英文 :I appreciate your assistance. 和訳: 手伝っていただき、ありがとうございます。 「ありがとう」を言わなくても、感謝の気持ちを表現することはできます。 例えば、「ありがとう」の代わりに「助かる」と言っても、感謝の気持ちは伝わります。 このようなニュアンスで感謝を伝える表現が英語にもありますので、ご紹介しておきます。 英文:I owe you one. 和訳:恩に着るよ。 ビジネスシーンでも使用できます。 英文:I will return the favor. 和訳:必ず恩返しします。 「return the favor」は熟語的にセットで使われることが多いので、そのまま覚えてしましましょう。 英文:What would I do without you? 和訳:あなたがいなかったらどうしようかと。 少し人と違った言い方をしたい場合に使えそうですね。

次の

敬語「お教え頂きありがとうございます」の意味と使い方・例文

ご丁寧に教えていただきありがとうございます

感謝の気持ちを丁寧に示すもう一つの言葉は、「appreciate」です。 「Thank you」と同じように、ビジネス英語でよく使われます。 「thank」が人に対する動詞なのに対して、「appreciate」は事柄に対する動詞です。 また、「thank」がすでに発生したことのみを対象としているのに対して、「appreciate」は、発生したことと発生していないこと両方を対象としています。 例文で確認してみましょう。 英文:Your patience is appreciated. 和訳: 少し待っていただければありがたいです。 英文 :I appreciate your assistance. 和訳: 手伝っていただき、ありがとうございます。 「ありがとう」を言わなくても、感謝の気持ちを表現することはできます。 例えば、「ありがとう」の代わりに「助かる」と言っても、感謝の気持ちは伝わります。 このようなニュアンスで感謝を伝える表現が英語にもありますので、ご紹介しておきます。 英文:I owe you one. 和訳:恩に着るよ。 ビジネスシーンでも使用できます。 英文:I will return the favor. 和訳:必ず恩返しします。 「return the favor」は熟語的にセットで使われることが多いので、そのまま覚えてしましましょう。 英文:What would I do without you? 和訳:あなたがいなかったらどうしようかと。 少し人と違った言い方をしたい場合に使えそうですね。

次の

「いただきありがとうございます」の使い方・例文|敬語/メール

ご丁寧に教えていただきありがとうございます

より丁寧にお礼を述べるときには、「ご教示いただきありがとうございます」を使用します。 教えることをより丁寧にしたい場合、ご教示という敬語を使用します。 ビジネス会話では「教えていただき」でも問題ありませんが、ビジネスメールでの改まった場ではこちらを使用しましょう。 ビジネスメールは対面と異なり、言葉でのみ自分の気持ちを表現する必要があります。 よってなるべく丁寧な敬語を使い、自分の誠意を示す必要があります。 例えば、「早速ご教示いただきありがとうございます」、「ご多忙中ご教示いただきありがとうございます」と使用します。 教えていただきよりも丁寧で誠実な印象を与えますので、正式なビジネスの場ではこちらを使用しましょう。 お答えいただきありがとうございます 「お越しいただきありがとうございます」は、ビジネスシーンで客が自分の会社に来た時に使うことが多いです。 主に客が自社に来た時の挨拶やメールで使われます。 また、来たことに対するお礼のメールを送る場合は、過去形である「お越しいただきありがとうございました」を使うのが基本です。 例えば、「先日は弊社までお越しいただき、ありがとうございました」と使用します。 こちらはよく使われるフレーズですので、覚えておきましょう。 「お忙しい中お越しいただき」もよく使われます。 客が来た時の挨拶としてよく、「本日はお忙しい中お越しいただきありがとうございます」を使用します。 遠方から来た客に対しては、「遠路はるばるお越しいただきありがとうございます」がふさわしいです。 「お・ご〇〇いただく」のフレーズを覚えよう!.

次の