ゲンタシン 軟膏 ニキビ。 リンデロンはニキビに効くの?悪化したニキビを治す塗り薬とは

【2020年】擦り傷、肌荒れ、ニキビに効果がある?!ゲンタシン軟膏の効能と副作用

ゲンタシン 軟膏 ニキビ

はじめに ゲンタシン軟膏は、ニキビの治療薬として昔から使用されてきました。 実はニキビの治療以外にも、とびひや湿疹の治療としても使うことがあります。 今回はゲンタシン軟膏の成分や副作用についてご紹介します。 ゲンタシン軟膏の成分と効果 ゲンタシン軟膏の主成分であるゲンタシンは、細菌に対して優れた抗菌作用があります。 ニキビの主な原因と言われている「アクネ菌」に対しても抗菌作用を発揮することから、ニキビ治療薬として病院から処方される事があります。 また、ニキビが悪化すると私たちの皮膚にはアクネ菌だけでなく「黄色ブドウ球菌」と呼ばれる菌も発生してしまいます。 ゲンタシン軟膏はアクネ菌だけでなく、黄色ブドウ球菌に対しても抗菌作用を発揮させることから、ニキビ治療に適した薬だと言えるでしょう。 しかし、ゲンタシン軟膏はニキビの治療には効果が期待できますが、ニキビ跡改善の効果はありませんので間違えないようにしましょう。 ゲンタシン軟膏の適応症状 ゲンタシン軟膏は処方薬ですので、医師の診断の元で処方されます。 しかし、ニキビ治療で必ずゲンタシン軟膏が処方されるわけではありません。 現在は様々なニキビ治療薬があり、ニキビ治療で抗生物質の軟膏が処方される事が少なくなってきています。 ゲンタシン軟膏は主にニキビや吹き出物治療、おでき、化膿性皮膚病、そして二次感染症のリスクがある皮膚病変などに対して効果が期待できます。 ステロイドは配合されておらず、他のニキビ治療薬の「ダラシンTクリーム」と同じ、外用の抗生物質になります。 ゲンダシン軟膏の副作用 ゲンタシン軟膏を使用すると、稀に皮膚が赤くなったり、ヒリヒリとした痛み、湿疹、かゆみなどを感じる場合があります。 ゲンダシン軟膏を使用して皮膚に違和感を感じた場合、もしかするとアレルギー性接触皮膚炎を起こしている可能性があります。 ニキビの症状が悪化する可能性がありますので、すぐに使用を中止して、皮膚科で診てもらうようにしましょう。 また、長く使い続けると効果が薄くなる事があります。 これは、アクネ菌がゲンタシン軟膏に対して耐性を持ってしまったことが原因として挙げられます。 効果を感じにくくなったかな?と感じた方は、医師に相談してみましょう。 刺激が少ないから様々な症状に使用出来る ゲンタシン軟膏にはステロイドが入っていないため、赤ちゃんに使用する事が出来る優しい薬です。 新生児のおむつかぶれに使っている方もいます。 また、あせもや乳児湿疹などにも使用できますので、赤ちゃんの肌トラブルにも適している薬だと言えます。 また、刺激も少ないため女性のデリケートゾーンの痒みなどにも使用する事が出来ます。 ゲンダシン軟膏の効果的な塗り方 ゲンダシン軟膏は、色やにおいがなく伸びも良いので塗りやすい軟膏です。 一般的には1日1回以上患部に塗りますが、症状に応じて医師から塗る回数の指示があると思います。 指示がない時は薬剤師に相談の上、お風呂上りか起床後に塗りましょう。 直接患部に塗っても問題ありませんが、ガーゼにゲンダシン軟膏を塗って患部に貼っても問題ありません。

次の

ゲンタシン軟膏の効能と副作用!虫刺されや水虫やニキビの効果や市販薬は?

ゲンタシン 軟膏 ニキビ

ドルマイシン軟膏は、ゼリア新薬が販売している抗生物質の塗り薬です。 「コリスチン硫酸塩」と「バシトラシン」という2種類の抗生物質が配合されており、幅広い細菌に効果的な抗生剤になっています。 ステロイドなどの副作用が強い成分も含まれていないので、赤ちゃんでも使うことが出来ますし、副作用の心配もさほどありません。 ドルマイシン軟膏は、 主に傷ややけどが化膿した時や、とびひを始めとする皮膚の細菌感染症などに効果的です。 ばい菌が傷口に入って悪さするのを予防する働きがあるというイメージで良いでしょう。 成分こそ違うものの、ゲンタシン軟膏とよく似た働きなので、 ゲンタシン軟膏の代用として使うのにおすすめですよ。 テラマイシン軟膏aは、ジョンソン・エンド・ジョンソンという会社が出している抗生物質の塗り薬です。 「オキシテトラサイクリン塩酸塩」と「ポリミキシンB硫酸塩」という2種類の抗生物質が含まれており、ドルマイシン軟膏と同じく色々な細菌に効果のある抗生剤と言えますね。 こちらもステロイドは含まれていませんので、 あまり副作用を気にすることなく使える塗り薬と考えて大丈夫です。 乳幼児にも使うことが出来ますよ。 テラマイシン軟膏aは、 とびひなどの皮膚感染症や、皮膚が赤く腫れて中に膿がたまっているような症状に効果が期待出来ます。 こちらもゲンタシン軟膏と似たような働きをする薬なので、ゲンタシン軟膏の代わりとして使える塗り薬と言えるでしょう。 なお、 ドルマイシン軟膏とテラマイシン軟膏aには、成分以外に特別大きな差はありません。 成分にこだわりが無ければ、好きな方を選んで良いでしょう。 強いて言えば、ドルマイシン軟膏の方が少し値段が安い傾向にありますので、特にこだわりが無ければ値段で決めて大丈夫ですよ。 フルコートf軟膏は、田辺三菱製薬から販売されている 抗生物質+ステロイドの塗り薬です。 「フラジオマイシン硫酸塩」という抗生物質に加えて、「フルオシノロンアセトニド」というステロイドが含まれています。 簡単に言えば、 細菌の増殖を抑える効果だけでなく、炎症を抑える効果も持った塗り薬と言えるでしょう。 ステロイドを含むとはいえ塗り薬なので、1~2週間ほどの短期間の使用であれば、妊娠中や小さい子供にも使うことが出来ますよ。 フルコートf軟膏の特徴は、 細菌感染の予防だけでなく、かゆみや赤み、腫れといった炎症によって起こる症状を抑えることが出来る点です。 「化膿を予防するだけでなく、かゆみや腫れを抑える効果も欲しい!」という時におすすめの薬ですね。 ただ、ステロイドは塗った部分の免疫力を抑制してしまうので、既に化膿や皮膚感染症を起こしている部位に塗ると悪化する危険性があります。 自己判断で化膿や感染を起こしている部位に使うのは避けておきましょう。 オロナインH軟膏は、大塚製薬が販売している塗り薬です。 有名な薬なので、一度は使ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。 オロナインH軟膏の主な成分は、「クロルヘキシジングルコン酸塩液」という消毒薬の一種で、抗生物質ではありません。 そのため、 既に化膿や感染症を起こしている人よりも、化膿や感染症を予防したい人向けの商品と言えるでしょう。 オロナインH軟膏が使える症状は、 にきびや吹き出物、軽いやけど、傷、ひび割れ、あかぎれ、しもやけ、ジュクジュクしていない水虫などですね。 消毒をしながら傷口を保護出来るのが特徴で、幅広い症状に効果的なので、昔から慣れ親しまれてきました。 ただ、 ゲンタシン軟膏と比べると化膿予防の効果自体は弱いので、色々な症状に使える反面、どの症状にも特別効果的とは言いにくいのが特徴です。 また、消毒薬は健康な細胞にもダメージを与えてしまうので、体にとっては異物です。 むやみに湿疹やかぶれ、虫刺されなどに使うと悪化する可能性がありますので、適応する症状以外には使わないようにしましょう。 とはいえ、自宅で応急処置として塗る薬には適しているので、常備薬におすすめですよ。 オロナインH軟膏は幅広い症状に使えるので、応急処置用の常備薬として使う! まとめ ゲンタシン軟膏と全く同じ成分の市販薬はありませんので、市販の薬で代用したい時には効果や用途のよく似ている塗り薬を使うようにしましょう。 ゲンタシン軟膏の代わりに使いやすい塗り薬をもう一度まとめておくと、以下の通りですね。 あくまで化膿した傷口や細菌感染症を治す、もしくは予防する目的で使うようにしてください。 傷口にひとまず塗っておきたいという場合には、オロナインH軟膏の方がおすすめです。 消毒薬なので、適応のある症状に塗っておけば傷口にばい菌が入るのを防いでくれますよ。 もし、市販薬を塗っても症状が悪化していく場合や、3~5日塗っても治らない場合には、一度病院を受診するようにしてくださいね。

次の

ゲンタシン軟膏のニキビへの効果や副作用|ニキビを治す塗り薬

ゲンタシン 軟膏 ニキビ

「ゲンタシン軟膏ってニキビにホントに効くの?」 「ゲンタシン軟膏の副作って大丈夫なの?」 「ゲンタシン軟膏は市販で買えるの?」 ニキビのために皮膚科に行ったら、 「ゲンタシン軟膏0. 1%」を処方されたけど、聞いたこともないしイマイチ効果がないような気がする…でも、ちょっと待ってください。 もしかしたら、 「塗っちゃいけないところに塗っている?」 「そもそも使い方が間違っている?」(汗) こんなことになっていたら治るニキビも治りませんよね…やっぱり、薬って配合されている成分によって働きが全然違います。 だから、薬の特徴ぐらいはしっかり抑えておきたいところ…なので、今回は、 「ゲンタシン軟膏の特徴は?」 「ゲンタシン軟膏の使い方や注意点は?」 「薬に頼らないお肌を取り戻すために…」 こんなお話しをしていきたいと思います。 じゃあ、まずは薬の特徴からですね。 この記事の目次• ゲンタシン軟膏0. 1%の特徴は? ゲンタシン軟膏0. 1%っていうのは、アミノグリコシド系の抗生物質で 「ステロイドではない」ですね。 軟膏なので、半透明でニオイもないし、なめらかな感じで塗りやすいと思います。 クリームタイプもありますけど、一般的には軟膏が処方されるみたいですね。 で、どういうときに処方されるかというと、 口の周りにできたヘルペスとか、トビヒ、ニキビなどです。 他にも、皮膚の感染症とか外傷や熱傷などの二次感染のために処方されることもあります。 ここで気をつけなきゃいけないのは、 「どのタイプのニキビに効くのか?」 ってこと。 ニキビといっても、白ニキビや赤ニキビ、膿をもったニキビなどいろいろとあるわけです。 で、ゲンタシンが効果を発揮するタイプのニキビは、 「膿をもったニキビ」と「赤く腫れ上がったニキビ」 逆に、これ以外のニキビに塗ったとしても、たいした効果は見られないってことです。 というのも、ゲンタシンは殺菌作用によって炎症を抑えてあげて菌が増えるのを防いでくれます。 で、菌が増えている状態と言うことは、赤く腫れ上がっていたり膿をもっているニキビと言うことですね。 だから、白ニキビや黒ニキビに塗ったとしても、きっと効果は見られないと思います… で、薬の塗り方は、皮膚科の先生があなたの症状を見て判断してくれると思いますけど、一般的には、 1日1回か2回でピンポイントに塗るようにしてくださいね。 もう大人なのでわかると思いますけど…塗るのを忘れたからといって、2回分まとめてなんてやめてくださいね(汗) じゃあ、次は気になる副作用について… ゲンタシン軟膏0. 1%に副作用はあるの? ゲンタシン軟膏0. 1%に副作用はあるの?ってことですけど、基本的にステロイドではなく抗生物質だし、塗り薬なので 「特に副作用はない」とされています。 ただ、ヒトそれぞれお肌の状態が違うし、体質も違うので副作用が全くないとは言い切れません。 ゲンタシン軟膏は保険が適用されますけど市販では販売されていません。 なんか、ネット通販では、個人が海外から輸入して販売している方を見かけますけど、買わないようにしてくださいね。 何かあってからじゃ遅いし、もし、問題が起きても相談できませんよね…(汗) 皮膚科に行って処方してもらえばイイだけの話なので、そこはきちんとしておきましょうね。 ゲンタシン軟膏0. 同じようですが、どんな違いがあるのか検証してみました! ゲンタシン軟膏0. またはガーゼで貼付。 目には使用しないこと 1日2回、洗顔後に患部に塗布。 目には使用しないこと 入手方法 医師による処方 医師による処方 ステロイド アクアチムについて、もっと詳しく調べたい場合は下記の記事も参考にしてくださいね。 ニキビ薬一覧 処方薬(ステロイド)• 処方薬(ステロイドフリー)• 処方薬(飲み薬)• 市販薬• もし、市販薬で探してみるなら@コスメでも評価が高い 「テラコートリル軟膏」がオススメです。 これも結構有名な薬で手軽なわりに効果も期待できるので、もしかしたらこっちの方が良いかもしれませんよ。 で! やっぱり、ニキビをきちんと治すのであれば、 「洗顔が大事」 なんですけど、ホントに 「間違っている洗顔が多い」のには驚きです…ちょっと前に、親しい友人にもこんな質問をしてみたんです… 私は友人の答えを聞いてね…引きました(汗)その友達の答えは… 「なんと《A》だったんです…」 「えっ!?何がいけないの?」 って場合は、必ず下記の記事をチェックしてください… 「いますぐ」ですよ! あと! 最後に! 「具体的に悩んでいることがある!」っていう場合はチェックしてみてください。 あなたの悩みが即効で解決するかも….

次の