内藤哲也。 内藤哲也 東スポ記者をファミレスに緊急収集!【大会中止〜職務質問〜伝票の行方は?】|プロレスバイブス

内藤哲也 東スポ記者をファミレスに緊急収集!【大会中止〜職務質問〜伝票の行方は?】|プロレスバイブス

内藤哲也

新日本プロレス「NEW JAPAN CUP(NJC)」1回戦(23日)で、EVILが小島聡(49)を下して2回戦に進出した。 ラリアートで大ダメージを負ったEVILは、後頭部にも追撃を許す。 だが小島が勝負に出たラリアートに対し、カウンターのEVIL(変型大外刈り)を発射。 鮮やかな逆転勝利を収めた。 7月11日の大阪城ホール大会で決勝戦を迎えるNJCの優勝者は、翌12日の同大会でIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(38)に挑戦する。 EVILは「何が何でも優勝してやるからな。 そして内藤の持つベルト2本を奪い、覇者で王者の3冠王になってやる。 よく覚えとけ!」と、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(LIJ)の同門に宣戦布告した。 その2冠王者も優勝候補の最右翼と見ている。 LIJでは現在、鷹木信悟(37)がNEVER無差別級王座を保持。 SANADA(32)もオカダ・カズチカ(32)とのライバル抗争でブレークを果たした。 内藤は「LIJのヘビー級で、EVILが僕の中では4番手だと思ってます」としながらも「自粛期間もあったし、いろいろ考えることはあったんじゃないかな。 覚悟なのか、何なのか…。 危機感、ここで挽回してやろうみたいなものを秘めてNJCに来るのがEVILなんじゃないかな」と分析する。 7・12決戦で待つ2冠王者からのゲキと期待に応えられるか。 暗闇の王にとって正念場のトーナメントになりそうだ。

次の

内藤哲也 東スポ記者をファミレスに緊急収集!【大会中止〜職務質問〜伝票の行方は?】|プロレスバイブス

内藤哲也

内藤哲也とは、所属のである。 は『 制御の』。 称では、体重㎏。 今日も…概要をご覧の、木谷オーナー! 生い立ち~デビュー、高まる期待 生まれ。 東出身。 と新日好きなので小さいころからにハマり、『さん、さん、さん。 は幼いころから稀有なものを持っており、部と部のを掛け持ちしていたという。 中3の頃にになると決意し、最後の大会の後すぐにに。 怪のためなかなかのを逃してきたが、にようやく参加し、自他ともに認めるぎりの成績で合格する。 翌のに。 もともとだったことも幸いしてか動きの良さ、などは高い評価を受け、同年 YL 賞、翌年にはJに 負傷者の埋めとはいえ エントリーし2勝を挙げるなど覚ましい成績で、戦線でを増していく。 08年には郎との『NO LIT』でを初戴冠し、以降このでTNA,Lなどに参戦していった。 ヘビー級転向、G1初優勝と伸び悩みの苦悩 09年末の凱旋帰時にと共にー級への転向を果たすが、この辺りからの内外どちらでも伸び悩むようになってしまい、のも数多く聞くようになる。 10年には入りするが、やがて郎との間にが生じ、およそ1年後に追放されてNO LITも消滅。 以降での戴冠を標に掲げるも届かず、挙句12年に右膝を負傷してしまう。 13年に復帰。 同年のではBを通過し、決勝ではを下して悲願の初制覇を果たす。 しの大怪からの劇的復帰というは大歓では迎えられず、ながら歓を得られないというにとってどん底とも言える事態に陥っていく。 挙句、の支持を得られなかったはでの挑戦権を得たにも関わらず、の結果『』というのに決まっていたターネン 選手権にその座を奪われてしまった。 この屈辱以降はますます失速していく事になり、同時にそれは数年後のへの大きな糧となっていく。 "制御不能"への覚醒 以来、精を欠き大きなを残せずにいた、・Lに遠征。 親交のあったシュ、ラ・ソンが立ち上げた『 ロス・ゴベブ L bernaes、以下LI 』に加入したことでの大きな転機を迎える。 このは『でもでもなく、やりたいようにやる』というポリを掲げており、方向性に迷っていたに合っていたという。 帰後もそのを貫き、のらりとした態度はを受けるが、に衣着せぬ言動と何をするか分からない戦いで、同年ので争いとは別の意味で大きな注を集めた。 このでしたからを奪い く『で5本のに入るほど悔しい負け』 、同年の両大会で大会の権利書防衛戦に逆名されるが、はこれに噛『この会社はの言ったことが全て』と言及。 両に『パレハ a 』を連れて行くと宣言し、絶対的の・を敵に回して注も歓も集める。 この戦いには敗れるも、彼がパレハとして連れてきた" of "をお披露。 の治療の後、年末の『 g』では負傷欠場から復帰したHIを加え、のから分離した『 ロス・ゴベブ・デ・ L bernaes de 、以下LIJ 』を正式結成。 準に終わるも、と共にを残すことに成功。 飛躍と充実の2016年~現在 翌は、ここ2年の戦線を占めていた"4強"の、らが年頭に相次いで離脱 にへの移籍による したことで、固定化されていた戦線が大きく変化を迎える事となる。 新日の行く末が不安視される中、前年からのLIJ旋で勢いに乗っていたはのNew Cupを制し、王者オカダの持つへの挑戦を表明。 の『Invn 』では予告なしに投入した新パレハ・の介入もあったが、を交わしてのーノで3ントを奪い初戴冠を果たす。 介入ありきの戴冠という的なやり方だったがはこの事態を大歓で迎え、に『両の磁場をひっくり返した』と言わしめた。 2か後のでオカダにされるが、この間に新日・にまで『方の眼とでこの盛り上がりを体感すべきではないか』と噛、大会では本人を引っり出す事に成功。 この頃には既に全で『』がなされ、は一躍の歓を集めるとなった。 こそと共に同年大を果たしたBCの新、に敗れて決勝進出を逃すも、下半期も戴冠、WTLでの『X』発言やム加入など1年を通してにをし、圧倒的支持で同年の大賞を受賞する。 年にはとのを賭けたにし、名実ともに越え。 その後もNの制度革案等を掲げるなど絶えずをする。 にの再挑戦に敗れからは転落するも、同年ので。 決勝でもに1年越しのを果たして2度のを果たし、は4年前から"を返して"大歓でこれを称えた。 内藤哲也にネセサリオな得意技ですよ。 デスティーノ destino LI加入以降ののフィニッシュムーブ。 で"運命"の意。 相手の腕で逆上がりするように回転しながら、後頭部をの要素でつける。 相手の技へのやング式で繰り出してから正調で止めを刺すことが多い。 スターダスト・プレス かつてのフィニッシュムーブ。 もともとはの開発した技だったが、極めての高い飛び技で本人ですら使用を控えていたほど。 の高い身体を以てなされる技で、・ジースと呼ばれる所以でもあった。 LI加入以降は封印されていたが、年決勝で解禁 未遂に終わったが グロリア gloria 変の式。 相手の左腕をで極めながらで掴み取り、左腕で相手の首を抱え込みながら持ち上げ、垂直落下気味に後頭部をにつける。 で"栄"の意だが、LI加入前からこの技を使っており、ここからフィニッシュムーブに繋げている。 雪崩式フランケンシュタイナー フライング・エルボーアタック ロープのリンドを使って中央まで飛んでいく、高い跳躍を持つ。 スイングDDT 俺の言動?いちいち説明するのはノー・グラシアスだね。 『新日本の主役は、俺だ』 追放以降、本体に所属している時期に言い出した言葉。 13年にを制した時にもこの言葉を発したが、前述のによる剥奪などが示す通り受け入れられたとは言い難かった。 LIJ加入以降は封印していたが、4年後に再びを制した際、『あの時はしていたが、今なら自信を持って言える』という言葉と共に解禁。 大歓で迎えられている。 『トランキーロ!…あっせんなよ』 LI加入以降の決めにして、今やの代名詞。 凱旋当初こそのだったが、今ではになる。 ンロ Tqlo はで『落ち着け』の意。 遠征時、く試合がしたいとになっていたに対しLIのたちが頻繁にかけたであり、自身今でもめとしている。 会場でのの際は、ンロ!と叫んだあとにためが入る。 くれぐれも"あっせんなよ"。 『ノソトロース・ロス・インゴベルナブレス・デ!! 』 は"ot l bernaes de "。 で「たちはロス・ゴベブ・デ・だ!! 」の意。 "ゴベブ"のルとレは。 の締めとして、LIJのの名前を一人ずつ言った後にこれで締める。 ー初戴冠時はこれを言う前にテープが舞ってしまい、これはの陰謀だと勘ぐったことも。 因みに現は,HI,,ムなので、",HI,,MU,y は"イ"。 で"そして"をす接続詞 "と叫んでからこれに移る。 『この会社は棚橋の言った事が全て』 LI加入以降、対関連で必ずのように言う言葉。 16年 王者時 、『7年連続に立つ』と宣言したに対してはこの言葉を放った上で、『がやろうと言ったらこの会社は動きますよ』『に立ちたいなら自分から提案してみろ』と挑発し舌戦で圧勝を収める。 一方その半年後にの再挑戦を拒否した際には、『の言ったことは全部通るんだから、さっさと受けちまえよ』と逆利用されたことも。 ここ10年の新日の功労者である中に、・オカダをはじめ各 中と不仲で知られる勝頼除く が励の言葉を贈る中で、"そんなに中が他の団体に行くのが新日は誇らしいのか"と、一人やはり"制御"。 因みにく、『が思ってることはだいたい先にが言ってる』とのこと。 後にもこれを振り返って、中に対してただ見送ったは活躍してない、これをと捉えたとが飛躍した、と述べている。 『俺に敗れたオカダをあなたのお力でオカダをスターにしてしてあげてください。 俺にはそんなプロジェクト必要無いので。 』 16年にオカダを破って初戴冠した時、『の向こうにいる』に放った。 2かほど前、ちょうどの引き抜きで揺れる中、がのとして『オカダに2億円規模かけてにするがある』とすっぱ抜いた事に対して、『他の選手がどれだけ頑ってもオカダをえられないのか』と底的に噛みついていたの一言に会場が湧いた。 『俺の価値はもうベルトを超えてしまった』 これも16年の初戴冠時、は焦がれたはずのそのベルトを放り投げるという暴挙に出たが、その際に述べた。 後にを獲った際には、自身の要 N革案、対戦要など が悉く通らない事を受けて『このベルトはの足枷になってる』と言い、に投げつけるなどして破壊している。 が奪取した後に自らの手で修復作業を施したが、結局新しいベルトに新調されることとなった。 俺さ、カンサードなんだよ。 エピソード振り返る余裕ないんだよね。 自他ともに認める『 の大』。 所属となった今でも自らにしている。 時代から遠征したこともあり、今でもの会員番号の頭の方にいるらしい。 その為か、LI加入以降の現状のに対する様々な提言はかなり 線に立っての発言. Nは"の挑戦者決定"、WTLは"のが決まってる人は手を" となっており、彼がから絶大な支持を得る大きな要因の一つである。 これらの発言はLIJ以降頻繁に取り上げられるようになったが、それ以前のの発言にもこの考えに通ずる一端を感じられるため、決してLIJ以降に得た考え方ではないと筆者はみている。 この事について、LI加入前のをしては『 はすぎる。 だからの頭の中にはからしたしかない』とったことがある。 一方は後にーを戴冠した際『やっぱりすぎたからこそ今のがある』『 内藤哲也のはあなたのをえてみせたぜ中さん』と述べている。 の中のである一方、気質とまでも言えるねちっこい性格である。 筋入りの であり、後のの試合を評して『そのもの』と解説者に言わせしめるほど意識下に彼の動きが染みついていたという。 その色を色濃く受け継ぐについては彼の戦以来の憧れであり、を下してを初制覇した際は『方に勝てたことを誇りに思う』とも述べている。 一方、もがした際に『くのとこまでこいよ』とり掛けたほか、『の"次"はだと思っていた』とまで評価していた。 のLI加入により袂を分かった二人はその後数々ので対線上に立つこととなり、年のでを下して世代交代を印付けたは試合後に『くのところまで戻ってこいよ』と述べている。 20年来の の大 は前述のとおりだが であり、後にはに移住して年間の購入も検討するほど。 因みに好きになった理由は、大のが年にしたことを受けた翌年、観戦に対して『ぽっかりが開いた』状態になっていたところ、の足を絡めたに魅了されたから。 因みにこの年のは『』と言われる強 そしてスタメンの多数が球界のでもある を誇っていた が、11. 5差をに逆転されたメーク・クルの年でもある。 会場 でもある。 週刊の中でが『』についてるムや、本人のでは会場が開く前のが頻繁にされる。 因みに場やについてもがあると言い、が行われるにがあるのだと思われる。 彼のには場でをする強者がいるが、そちらへのは…不明。 や木信悟 らとで、会を結成している。 同会の一員でもある・はの番でもあり、 よくでにするのを忘れていじられたりで奢らされたりするような関係。 因みにはこれについて、自身が時代、観戦たちとで談義をしていたと明かしたうえで、『あの時の気持ちを忘れたくないっていう思いが、ちゃんとある』と同の独占取材で応えている。 入場時の眼を見開くは"レ・ロス・オホス e l s "という。 もとはでの人に対する"が細い"というに対する回答として使っていたが、帰後もこれを使うたちが多かったことからしている。 どの面下げてキャリア聞いてんだよ、カブローン!• 第15代ターネン• 第2代級• 第代 同上• 2回(、 、準1回• NEW CU016 ブエナスノーチェース、ニ~コ~動~! 貴方の眼で、貴方の耳でこの人気を実感したらいかがですか? 関連商品 俺のパレハが作ってくれた関連コミュニティですよ。 内藤哲也に関するを紹介してください。 これ以上知りたいなら関連項目を見てよ。 アスタ マニャーナ!アディオス!• からの因縁• 取材場所.

次の

内藤哲也が血まみれ防衛、因縁KENTAの行動称賛

内藤哲也

プライベートの内藤哲也 プロレスラーはリング上では自らのキャラを確立させているため、 プライベートではどんな人なのかが見えにくい面があります。 しかし、インスタで「#内藤哲也」と検索すると 内藤のプライベートが覗けます。 興味深い投稿をピックアップしてみました。 見てみましょう。 【ヒロムと遊園地でアトラクションを楽しむ動画】 内藤とヒロムが仲が良いのは、リング上で両者が戯れる様子から知っている方も多いでしょう。 この投稿では、リング外のプライベートでも仲がよい様子がうかがえます。 何だか微笑ましいですね。 【内藤とSANADAの珍しい2ショット】 続いては内藤とSANADAの2ショットです。 同じユニットに属していながら、ほとんど会話をすることがないという両雄。 プライベートでは一切関わりがないのかと思いましたが、 居酒屋と思わしき場所に一緒にいることがこの投稿から分かります。 同じユニットだけに、プライベートでも関わりがある事実が分かると何だか安心しますね。 珍しいリング上の表情 プロレスラはリング上では笑うことは少ないですが、 こと内藤においては笑うことはありません。 しかし、一回だけ 試合開始前に爆笑している時がありました。 インスタではその瞬間を写真に収めたものが投稿されています、 【珍しくリング上で爆笑する内藤】 僕はこのシーンを新日本プロレスワールドで見かけましたが BUSHIと会話しているんですよね。 BUSHIと何の会話をしているのかは不明ですが、思わず吹いてしまうような面白い話をしていたんでしょうね。 内藤哲也関連のオモシロ動画 内藤哲也関連のオモシロ動画もあります。 下記は内藤の必殺技「デスティーノ」を極める子供の動画です。 【ディスティーノを極める子供】 デスティーノのあとのフォールするところまで内藤哲也をマネを徹底しています。 この女の子は相当プロレス見てますね! 続いては、内藤がからあげクンの必殺技を考案している動画です。 【からあげクンと内藤哲也】 この動画は、からあげクンの新フレーバー発売に際して公開されたローソンと新日本プロレスのコラボ動画ですね。 終わりに インスタで「#内藤哲也」と検索をすると他にも面白い投稿を見ることが出来ます。 本記事ではその中のほんの一部を紹介してみました。 みなさんもぜひ「#内藤哲也」と検索して、楽しんでみてください。 【こちらの記事もよく読まれています】 -.

次の