情報処理安全確保支援士 難易度。 情報処理安全確保支援士は転職に有利|その理由と資格について教えて!具体的な企業も

情報処理安全確保支援士の難易度と合格率、他の試験区分との比較

情報処理安全確保支援士 難易度

情報処理安全確保支援士の難易度を知りたい• 対策におすすめの参考書を知りたい• 効率的に勉強できるコツを知りたい こういった人向けの記事です。 この記事にたどり着いた人は、「応用情報技術者試験に合格したけど、次に何を受験しようかな」と考えている人が多いのではないでしょうか。 せっかく対策するなら、無駄がない正しい方法で対策したいですよね。 私は 情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)に1発で合格していて、実際に登録もしているので情報の信頼性は高いと思います。 試行錯誤を重ねて対策をしていたので、その時のノウハウを紹介していきます。 このとき学んだノウハウをデータベーススペシャリストにも使ったところ、こちらも1発で合格することができたので、他の人も同じ方法で合格できると思います。 では、早速見ていきましょう。 スマホの場合は横向きにした方が見やすいよ。 午前1 午前2 午後1 午後2 試験時間 9:30~10:20 50分 10:50~11:30 40分 12:30~14:00 90分 14:30~16:30 120分 回答形式 4択 4択 記述 記述 回答問題数 30問 25問 3問中2問 2問中1問 1問あたりの時間 1分40秒 1分36秒 45分 120分 試験免除 あり なし なし なし 大きく午前と午後に分かれていて、さらにそれぞれで2つに分かれています。 試験時間が合計5時間もあるので、耐久力も必要になります。 応用情報技術者試験または高度情報処理(データベーススペシャリストやネットワークスペシャリストなど)に合格したあと「2年間」は午前1が免除されるようになっています。 私は運良く免除期間で合格することができたため、午前1は実際に受けたことがありませんが、過去問を見ると応用情報技術者試験の午前問題と同じくらいのレベルでした。 すでに合格した資格と勉強内容が重複してしまうので、「簡単な問題の対策はしなくていいから、その分セキュリティの知識を深めてね」というIPA側の優しさでしょう。 また、情報処理安全確保支援士は「登録セキスペ」とも呼ばれていて、合格してから登録することで、定期的にセキュリティに関する講習を受けられたりします。 情報処理安全確保支援士試験で使用した参考書 私が情報処理安全確保支援士試験対策で使用した参考書は2つです。 まずは「ポケット攻略本」を使用して、セキュリティに関する基本的な知識をインプットしました。 参考書自体には4回分の過去問しか載っていませんが、PDF版で過去15回分くらいダウンロードすることができます。 参考書によっては「予想問題集」のようなものも販売されていますが、まったくやる必要はありません。 情報処理試験は過去問を解くだけで傾向と対策をつかむことができるためです。 情報処理安全確保支援士試験 対策のコツ 午前1、午前2 午前問題は4択ですが、過去の出題と「同じ問題」がよく出題されるので難易度は低いです。 なので、機械的に過去問を繰り返し解くだけで「あれ、この問題は前もやったな」という状態を作り出すことができます。 午前の試験を対策するポイントは、「 1度解いた問題は2度と間違えないようにすること」です。 本当はちゃんと理解するのがベストですが、正直答えを見て理解できなくても、答え自体を暗記してしまえば本番でしっかり得点することができます。 資格のためじゃなくて勉強の延長線上として資格取得をしたい。 どれもすばらしい考えですが、私の考えとしては「受かってからやればいい」です。 合格したあとに、いくらでも復習ができます。 そして、せっかく勉強したのに落ちてしまっては元も子もありません。 まずは、合格するためにはどう対策しなければいけないかを考えましょう。 「それでもやっぱり理解しながら知識をつけることを最優先にしたい」という人は、情報処理安全確保支援士を取ることは遠回りになってしまうので、独学でセキュリティに関する勉強をしたほうがいいです。 午後1、午後2 午後1は3問中2問を、午後2は2問中1問を選択して解くことができる記述式なので、難易度は高いです。 午前問題と違って選択式ではないので、なんとなくの知識では解くことが出来ません。 時間をかけてしっかりと対策することが重要です。 ここで過去問を数年分見てみると、3問それぞれで問われるジャンルはほとんど変わらないことに気がつくと思います。 午後問題を対策するポイントとしては、「自分の得意な設問に絞って勉強すること」です。 例えば過去問を数年分見た結果、問1が難しそうで、問2問3が解けそうな感じがしたとします。 この時点で、問1に関する勉強は捨てます。 問題文に関してリスクが高いか低いか理由を添えて答えなさい。 〇〇リクエストをブロードキャストとして送信して〜。 「〇〇リクエスト」という単語がわからなかった瞬間、もう解くヒントはありません。 情報処理安全確保支援士試験 勉強の流れ 過去問って何年分解いたらいいの? 私は5年分を解いて合格することができましたが、時間に余裕があればさらに過去の問題も解くことで合格できる確率が上がります。 逆を言えば、 5年分を解くことは最低ラインかなと思っています。 ただし、1年分解いてみてすでに合格ラインを超えていた場合は3年分もやっておけば十分です。 合格までに勉強量は必要ですが、「」の記事で紹介しているように効率的に勉強を進めることで勉強時間を短縮することも可能です。 まとめ:対策すればそこまで難易度は高くない 情報処理安全確保支援士は、情報処理試験のレベルだと難易度が「一番高い」ものになりますが、その中でも一番合格しやすい資格です。 私はデータベーススペシャリストも取得していますが、データベーススペシャリストの方が圧倒的に難易度が高く、対策に時間もかかりました。 また、プロジェクトマネージャなども同じレベルの資格として位置付けされていますが、こちらは午後2で小論文を書かなければならず、難易度は桁違いです。 厳しいことを言うと、この試験の難易度で苦戦しているようでは他の高度試験に合格することは難しいと思います。 もし「応用情報技術者試験も受かったし、次は何を受けようかな」と考えていたら、まずは情報処理安全確保支援士を勉強してみましょう。

次の

情報処理安全確保支援士試験とは?難易度、受けた経緯と結果

情報処理安全確保支援士 難易度

情報処理安全確保支援士の難易度を知りたい• 対策におすすめの参考書を知りたい• 効率的に勉強できるコツを知りたい こういった人向けの記事です。 この記事にたどり着いた人は、「応用情報技術者試験に合格したけど、次に何を受験しようかな」と考えている人が多いのではないでしょうか。 せっかく対策するなら、無駄がない正しい方法で対策したいですよね。 私は 情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)に1発で合格していて、実際に登録もしているので情報の信頼性は高いと思います。 試行錯誤を重ねて対策をしていたので、その時のノウハウを紹介していきます。 このとき学んだノウハウをデータベーススペシャリストにも使ったところ、こちらも1発で合格することができたので、他の人も同じ方法で合格できると思います。 では、早速見ていきましょう。 スマホの場合は横向きにした方が見やすいよ。 午前1 午前2 午後1 午後2 試験時間 9:30~10:20 50分 10:50~11:30 40分 12:30~14:00 90分 14:30~16:30 120分 回答形式 4択 4択 記述 記述 回答問題数 30問 25問 3問中2問 2問中1問 1問あたりの時間 1分40秒 1分36秒 45分 120分 試験免除 あり なし なし なし 大きく午前と午後に分かれていて、さらにそれぞれで2つに分かれています。 試験時間が合計5時間もあるので、耐久力も必要になります。 応用情報技術者試験または高度情報処理(データベーススペシャリストやネットワークスペシャリストなど)に合格したあと「2年間」は午前1が免除されるようになっています。 私は運良く免除期間で合格することができたため、午前1は実際に受けたことがありませんが、過去問を見ると応用情報技術者試験の午前問題と同じくらいのレベルでした。 すでに合格した資格と勉強内容が重複してしまうので、「簡単な問題の対策はしなくていいから、その分セキュリティの知識を深めてね」というIPA側の優しさでしょう。 また、情報処理安全確保支援士は「登録セキスペ」とも呼ばれていて、合格してから登録することで、定期的にセキュリティに関する講習を受けられたりします。 情報処理安全確保支援士試験で使用した参考書 私が情報処理安全確保支援士試験対策で使用した参考書は2つです。 まずは「ポケット攻略本」を使用して、セキュリティに関する基本的な知識をインプットしました。 参考書自体には4回分の過去問しか載っていませんが、PDF版で過去15回分くらいダウンロードすることができます。 参考書によっては「予想問題集」のようなものも販売されていますが、まったくやる必要はありません。 情報処理試験は過去問を解くだけで傾向と対策をつかむことができるためです。 情報処理安全確保支援士試験 対策のコツ 午前1、午前2 午前問題は4択ですが、過去の出題と「同じ問題」がよく出題されるので難易度は低いです。 なので、機械的に過去問を繰り返し解くだけで「あれ、この問題は前もやったな」という状態を作り出すことができます。 午前の試験を対策するポイントは、「 1度解いた問題は2度と間違えないようにすること」です。 本当はちゃんと理解するのがベストですが、正直答えを見て理解できなくても、答え自体を暗記してしまえば本番でしっかり得点することができます。 資格のためじゃなくて勉強の延長線上として資格取得をしたい。 どれもすばらしい考えですが、私の考えとしては「受かってからやればいい」です。 合格したあとに、いくらでも復習ができます。 そして、せっかく勉強したのに落ちてしまっては元も子もありません。 まずは、合格するためにはどう対策しなければいけないかを考えましょう。 「それでもやっぱり理解しながら知識をつけることを最優先にしたい」という人は、情報処理安全確保支援士を取ることは遠回りになってしまうので、独学でセキュリティに関する勉強をしたほうがいいです。 午後1、午後2 午後1は3問中2問を、午後2は2問中1問を選択して解くことができる記述式なので、難易度は高いです。 午前問題と違って選択式ではないので、なんとなくの知識では解くことが出来ません。 時間をかけてしっかりと対策することが重要です。 ここで過去問を数年分見てみると、3問それぞれで問われるジャンルはほとんど変わらないことに気がつくと思います。 午後問題を対策するポイントとしては、「自分の得意な設問に絞って勉強すること」です。 例えば過去問を数年分見た結果、問1が難しそうで、問2問3が解けそうな感じがしたとします。 この時点で、問1に関する勉強は捨てます。 問題文に関してリスクが高いか低いか理由を添えて答えなさい。 〇〇リクエストをブロードキャストとして送信して〜。 「〇〇リクエスト」という単語がわからなかった瞬間、もう解くヒントはありません。 情報処理安全確保支援士試験 勉強の流れ 過去問って何年分解いたらいいの? 私は5年分を解いて合格することができましたが、時間に余裕があればさらに過去の問題も解くことで合格できる確率が上がります。 逆を言えば、 5年分を解くことは最低ラインかなと思っています。 ただし、1年分解いてみてすでに合格ラインを超えていた場合は3年分もやっておけば十分です。 合格までに勉強量は必要ですが、「」の記事で紹介しているように効率的に勉強を進めることで勉強時間を短縮することも可能です。 まとめ:対策すればそこまで難易度は高くない 情報処理安全確保支援士は、情報処理試験のレベルだと難易度が「一番高い」ものになりますが、その中でも一番合格しやすい資格です。 私はデータベーススペシャリストも取得していますが、データベーススペシャリストの方が圧倒的に難易度が高く、対策に時間もかかりました。 また、プロジェクトマネージャなども同じレベルの資格として位置付けされていますが、こちらは午後2で小論文を書かなければならず、難易度は桁違いです。 厳しいことを言うと、この試験の難易度で苦戦しているようでは他の高度試験に合格することは難しいと思います。 もし「応用情報技術者試験も受かったし、次は何を受けようかな」と考えていたら、まずは情報処理安全確保支援士を勉強してみましょう。

次の

情報処理安全確保支援士の難易度とは?独学でも合格できる?

情報処理安全確保支援士 難易度

東京五輪開催などの関係で需要が増すサイバーセキュリティの人材は、まだ約8万人も不足しているとされています。 その人材確保を狙いとして、まず2014年春期試験から基本情報処理技術者試験、および応用情報技術者試験の午後問題においてセキュリティ分野の問題が選択科目から必須科目に変更されました。 さらに情報系資格初の登録制「士業」となったことで、注目を集めています。 ・「情報処理安全確保支援士」の資格名称を使用することができる ・ 情報セキュリティに関する高度な知識、技能を保有する証明となる ・ 講習受講の義務により、情報セキュリティに関する最新知識や実践的な能力の維持が可能 現状でも、官公庁系システム案件を多く抱える企業では国家資格の高度区分試験合格者を優遇しているところが多く存在しています。 情報処理安全確保支援士は国家資格ですので、合格祝い金や資格手当の支給を行う企業が増えると考えられます。 また、現状では未定ですが、国や公共団体のセキュリティ案件の入札要件になることも予想されます。 セキュリティの需要が高まるにつれ、資格の認知度や重要性も高まる可能性があります。 ・情報セキュリティスペシャリスト試験は国家試験であるのに対し、情報処理安全確保支援士は国家資格であること ・企業等が人材を活用できるよう登録簿が公開される ・資格の更新が必要(定期的な講習受講を義務化) ・業務に関して知り得た秘密の保持義務がある 登録簿は、「登録番号」「登録年月日」「試験合格年月」「講習修了年月日」が必須項目となっています。 個人情報は任意公開となり、氏名などは公開したくないという場合は、もちろん非公開設定も可能です。 また、情報処理安全確保支援士としての義務(信用失墜行為の禁止、秘密保持義務、講習受講義務)に違反した場合は、資格名称の使用停止、または登録の取消の処分が命じられることがありますので、注意が必要です。 CISSPは国際的にとても評価の高い資格ですが、受験料が6万円をこえる高額であり、さらに5年(大卒者は4年)以上の情報セキュリティのプロフェッショナルとしての実務経験が求められます。 そのためか日本国内での有資格者数は、他国と比べて低い水準にとどまっているようです。 CISSPと情報処理安全確保支援士のどちらを取得すべきかは、国際的に活動していきたいのか、それとも官公庁など国内案件重視でいくのか、今後のキャリアパスを考えつつ決めるといいのではないでしょうか。 ただ、情報処理安全確保支援士になる資格を有する者の条件として、「資格試験合格と同等以上の能力を有する者」が挙げられていますので、CISSP取得者も無試験で情報処理安全確保支援士として登録できるようになる可能性があります。 今後の動向に注目していきたいところです。 情報処理安全確保支援士は情報セキュリティスペシャリスト試験をベースに作られており、ほぼ同レベルの水準と言われています。 過去の情報セキュリティスペシャリスト試験の合格率は平均15%程度であり他の高度区分試験と比べると少し高めの数字ですが、それでも試験としては超難関の部類に属していました。 情報処理安全確保支援士は、初回の2017年春の応募者数が25,130名、受験者数が17,266名、合格者が2,822名となっています。 しかしながら、他の高度区分試験は年1回の試験なのに対し、情報処理安全確保支援士だけは年2回のチャンスがありますので、高度区分試験の中では最も受験し易い資格であると言えるでしょう。 参考書や過去問がまだ出揃っていない初回試験は難しいイメージがありますが、実は情報処理技術者試験については初回試験は合格率が高い傾向にあります。 近年新設された「ITパスポート試験」は、初回である平成21年春期試験の合格率が「72. 9%」と高い数字でした。 しかし第2回にあたる秋期試験以降は、約50%程度で推移しています。 また2016年春期から始まった「情報セキュリティマネジメント試験」の初回の合格率はなんと「88. 0%」と、とても高い数字となっています。 レベル4相当の資格だけに、やはりしっかりとした対策が必要となりそうです。 今後の合格率にも注目したいところです。

次の