シャニマス vi 編成。 シャニマスの魔境 グレード7で戦うアルストロメリア編成の紹介

【シャニマス】グレフェスに地殻変動!?アンティーカDa特化編成を緊急徹底解説!!

シャニマス vi 編成

とはいえ、実際の編成例を参考に解説したほうがわかりやすいのかな?という気持ちも生まれたので、自分が使用しているプロデュース用ユニット True End攻略用、Vi特化編成 を紹介したいと思います。 サポートアイドル解説 プロデュースアイドル 画像でいえば灯織 は毎回変わります。 【身支度はお任せ 】大崎甜花 3回特訓済。 Viステータス:201 甜花ちゃんの特徴は 優れたViステータスに加えて ビジュアルリマスタリーViが16もある点です。 ビジュアルリマスタリーViが16もあるとビジュアルレッスン時にいつもよりVi値が16加算されます。 たまに一回のレッスンで50アップすることがあるからつよい。 体力消費量がたまに半減されるのもお得。 【闇鍋上等】田中摩美々 未特訓。 Viステータス:180 闇鍋摩美々はビジュアルレッスンでSP スキルポイント と体力が回復する。 すごい。 Vi編成はSPがあげづらいので、摩美々を持ってたらほぼ必ずスタメン入りするくらい便利。 あと体力が回復するので、レッスンをしても体力が減らないどころか回復することがある。 すごい。 【指先の煌めき】白瀬咲耶 2回特訓済 しかしレベルを上げていない。 Viステータス:180 ビジュアルリマスタリーViと体力サポートがあるので便利だが、歯磨き甜花ちゃんの劣化感が否めない。 【駅線上の日常】櫻木真乃 未特訓。 サポートSSRは1属性の2. 5倍アピールが基本 【虹待ちレインドロップ】 有栖川夏葉 レベルを最大まで上げておらずViステータスが146と微妙ですが、ゲストに設定したアイドルはオーディションに参加しないので心配無用です。 ただしメンタルダメージも付与されるためメンタル切れには注意。 夏葉を組み込む場合はメンタルをいつもより多めに上げておきたい。 発動条件が3ターン以前というのもすばらしい。 【娘・娘・金・魚】幽谷霧子 読み方は [にゃんにゃんきんぎょ]って読むらしいですよ。 なんなん…。 夏葉をプロデュースするときは【虹待ちレインドロップ】の代わりに霧子を入れる。 霧子のライブスキルは能力上昇値が夏葉より低いですがデメリットはありません。 発生コミュがとてもいい。 さいごに イベント産のSSRもたまにいいスキルやライブスキルを持っているのですが、期間限定なので紹介しずらいですね。 【駅線上の日常】櫻木真乃も限定ガシャ産ですが…。 True Endを目指すだけなら色々と他サポートアイドルで代用可能です。

次の

【シャニマス】Vi特化(ビジュアル特化)編成おすすめサポートアイドル!咲耶と甜花が優秀!|まったりマイペースライフ

シャニマス vi 編成

どのゴールを目指すにしてもまずやらなければならないのはサポートアイドルのレベル上げとなります。 本記事のアイドル 選定基準は手に入りやすさと即戦力感、つまりコスパ! 第一弾は Vi育成に便利なサポートアイドルたちを紹介いたします。 そこそこのビジュアルマスタリーVi、そこそこのサポートイベント上昇ステをもち、優秀なパッシブスキルを有します。 そして何より4凸スキルの 「 娘・娘・金・魚」。 Vi2. 5倍アピールしつつVi20%UP出来るこのスキルはVi担当を育成するならとりあえず入れておくべき優良スキルです。 きっとこのカードには長い事お世話になること間違いなし! 目標育成レベルは特訓4回(4凸)、Lv55。 カード名:sSR【虹待ちレインドロップ】有栖川夏葉 サポートイベント上昇ステ:Vo10、Da20、Vi30、Me20、SP30 強い点: 恒常ガシャ排出SRなので入手しやすい、特訓しやすい 0凸、 Lv40時点でビジュアルマスタリーVi Lv5、最終的にはLv65でLv9まで上がる 2凸で解放されるパッシブスキル「 Vi40%UP、注目度50%UP」 が優秀 4凸で解放されるライブスキル「 虹待ちレインドロップ」が Vi2. 5倍アピール+Vi30%UP+メンタルダメージ30%UPと優秀 弱い点: 2凸パッシブスキル、4凸ライブスキルともに 耐久力を下げる副作用あり 総評: ViサポートSRアイドル双璧の2。 5倍アピールしつつVi30%UPと超強力。 これだけ見ると【娘・娘・金・魚】幽谷霧子の上位互換のように思えますが、2凸パッシブは注目度を上げ、4凸ライブスキルは受けるメンタルダメージを上げるため、適当に使っていると審査員の罵声の集中砲火を受けてリタイア待ったなし! 安定感の霧子、火力の夏葉といったところでしょうか。 ほっといてもViを60上げてくれるチョコ先輩マジチョコ先輩! 道中のオーディションでは勿論出番はないので ゲスト枠で採用しましょう。 なお、Vo編成でも普通に戦力となるのでしっかり育成しておくと色々便利。 目標育成レベルは特訓4回(4凸)、Lv55。 5倍の火力を叩き出す 弱い点: マスタリーが微妙なので育成にはあまり寄与しない 総評: 計算式の関係でどうしても自アピールより火力の劣るサポートアイドルのライブアピールですが、この凛世だけは別。 自アピールに遜色ない火力が魅力のSSRです。 ただ、特訓してもレベルアップしてもそこまで有用なスキルは覚えません。 総じて早熟、逆に言えば 最低限の育成で最大の効果を発揮してくれるカードといえるでしょう。 目標育成レベルは特訓0回(0凸)、Lv55。 カード名:sSSR【彩りファッションドール】大崎甜花 サポートイベント上昇ステ:Vo0、Da20、 Vi60、Me30、SP40 強い点: 1回目、2回目、3回目のサポートイベントでViが20上がり、 計60もViが上がる 0凸、 Lv55時点で ビジュアルマスタリーVi Lv10となり、成長が速い 弱い点: 2凸のパッシブスキル、4凸のライブスキルともに微妙 総評: サポートイベントでガンガンViが上がっていくのが最大の魅力。 また、特訓せずともLv55でビジュアルマスタリーViがLv10まで成長しきるのでとにかく使いやすい。 サービス開始最初期からVi編成を支える屋台骨です。 ただ、特訓してもレベルアップしてもそれ以上有用なスキルは覚えません。 より強い甜花ちゃんが登場した(後述)のもあり、育成は最低限にするのをオススメ。 目標育成レベルは特訓0回(0凸)、Lv55。 カード名:sSSR【指先の煌めき】白瀬咲耶 サポートイベント上昇ステ:Vo20、Da20、Vi40、Me30、SP40 強い点: 0凸、Lv55時点でビジュアルマスタリーVi Lv8となり、成長が速い 1凸、Lv65でビジュアルマスタリーVi Lv12、4凸でVi3. 5倍アピール「指先の煌めき」が解放されるなど育てれば育てるだけ強くなる 弱い点: 2凸のパッシブスキルは発動条件が微妙 総評: 総じてバランスの取れた優良ViサポートSSR。 0凸、Lv55の時点でも ビジュアルマスタリーVi Lv8まで上がり、仕事をしっかりこなしてくれるので早い段階でスタメン入りもできる。 目標育成レベルは特訓0回(0凸)、Lv55。 どれもその時期にゲームをやっていれば 無課金でも4凸出来るのが魅力。 性能もそこそこなので他の有力カードを入手するまでの繋ぎとしては十二分です。 特にこの恋鐘は 体力サポートというサポートスキルを持つのでこっそりかなり強いです。 どのカードも育成レベル目標は特訓4回(4凸)、Lv55。 カード名:sSR【克服の特訓】風野灯織 総評: Lv55でビジュアルマスタリーVi Lv9になり、早い段階で高いマスタリーを確保できる。 ただし本人のライブスキルがDaアピール、サポートイベントで上がるステータスもDaと微妙にかみ合わない。 出来る限り道中のオーディションではアピールさせずにいきましょう。 育成レベル目標は特訓4回(4凸)、Lv55。 結論:まずはこれを目指そう、編成例 以上のことを踏まえた編成例は以下の通りになります。 運よくSSRが引けるかどうか、配布SSRを手に入れることが出来るかどうか、という運要素が大きくなるのがVi編成の特徴と言えるでしょう。 ここまでサポートをそろえることが出来ればWING優勝は勿論、ファン数50万人のAランク、そして真目標であるTRUEエンドにも手が届くことでしょう。 誰を育てればいいのか分からない、どの子が強いのかわからない・・ そんな悩みを晴らす一助にこの記事が成れていれば幸いです。 また、レベル70で習得する 体力サポート Lv7も全カード中最高レベル。 0倍アピール+メンタル7%回復という攻守に隙の無い優良スキル この通り、この甜花ちゃん強い事しか書いてありません。 Vi育成で外すことの出来ないエースカードです。 ただ、真価を発揮し始めるのはせめてレベル55まで上げてから。 特訓してレベルを上げれば上げるほど強くなるので、しっかり鍛えて大活躍させてあげましょう! カード名:sSSR【闇鍋上等】田中摩美々 サポートイベント上昇ステ:Vo20、Da10、Vi50、Me30、SP40 総評: ビジュアルマスタリーSPと ビジュアルマスタリー体力という2つのユニークスキルを持つ。 つまりこの摩美々と一緒にビジュアルレッスンをすると元々のViに加えて SPも多く稼げ、更に 体力も回復するということ。 意味が分からない このゲーム、SPを多く稼ぐにはトーク番組出演をしなければならないのですが、これで伸びるのはDaとSP、つまりVi育成では無駄が多い。 そんな悩みを蹴り飛ばしてくれるのがこのサポートカードとなります。 なお、2凸パッシブスキルは発動条件が観客1、つまり審査員が残り1人にならないと発動しないので微妙です。 基本的にはスキルは取らず、マスタリーで活躍してもらいましょう。 ビジュアルマスタリーSPとビジュアルマスタリー体力が実動域に達するレベル65(1凸)が最初の育成目標。 最終的にはレベル80(4凸)まで育て上げたい1枚となります。 カード名:sSSR【みんなと結んだもの】風野灯織 サポートイベント上昇ステ:Vo20、Da10、Vi50、Me30、SP40 総評: レベル70まで育てることで習得する ビジュアルマスタリーVi Lv14はかなりの高性能。 また、レベル65で 体力サポート Lv3も習得し、レベル75で トラブルガード Lv6まで習得する。 特に思い出アピールに合わせて発動すると余すところなく効果を発揮できる。 4凸で解放されるライブスキル「みんなと結んだもの」は Vi3. 他のカードに比べると突出した強さは無いものの、全てが高レベルにまとまっている優良サポートカード。 レベル70(2凸)まで育てると一気に性能が強化されるのでそこが育成目標となります。 4凸で解放されるライブスキル「ヒーローインザパーク」が Vi3. 0倍アピール+Vi30%UPという娘娘金魚の完全上位互換スキルで超強力。 また、レベル70で習得する 体力サポートもLv5と高レベル。 ただしマスタリーがトークマスタリーDaなので育成面ではあまり役に立たない 真価を発揮するのは4凸後という超大器晩成型。 特にSランクになって歌姫楽園を目指す時や、グレードフェスでも活躍できる強キャラを育成するときに本領を発揮します。 なおトークマスタリーDaはDa型育成の時にゲスト枠として結構役に立ったりします。 使ったことある方はぜひ使い勝手教えてください。

次の

【シャニマス】グレフェスに地殻変動!?アンティーカDa特化編成を緊急徹底解説!!

シャニマス vi 編成

プロデュース前の準備 育成方針について まずはファン感謝祭編のプロデュースにおいての育成方針から。 主な方針として Vo,Da,Viいずれかのステータスに特化した1極型のアイドルを目指していきます。 その理由としてファン感謝祭編では、アイデアノートをコンプリートするためにもアイデアを偏らせる必要があること。 そのためバランス良くステータスを振り分けるのは難しいので、強いアイドルを作るときは1極型が基本です。 またフェスのセンターにするつもりなら、思い出レベルMAXになるようアイデアノートや約束を調整していきたいところです。 特化ステータスと同時にSPも稼ぐ より強いアイドルを育てるときには、 特化したステータスに加えSPも同時に稼ぐ必要があります。 その大きな要因となるのが、スキルパネルの「 ステータス上限UP」。 初期のステータス上限は500しかないので、上限を上げることは非常に重要です。 さらにファン感謝祭編では油断していると特化ステがすぐ上限に達してしまうので、なるべく早い段階で上限UPを取得したいところ。 そのためにもSPは常に意識しながら予定を考える必要があります。 サポートアイドルの編成について サポートアイドルの編成は1極型のアイドルを目指すので、 Vo,Da,Viのいずれかに特化したサポートを集中させます。 手持ちのサポートアイドルの中から、特化ステータスを上限UPを開放しているかどうかや、強力なスキルの有無などで判断してください。 またここで問題となるのが、サポートアイドルが持つアイデアについて。 アイデアノートを効率よく埋めていくためにも、アイデアをバランス良く編成してやる必要があります。 サポートアイドルのアイデアについて サポートで必ず編成しておきたいのは (Vo,Da,Viいずれかの)特化ステ2とアピール1のアイデア。 やはり特化ステータスとSPは多く必要になるので、アイデア持ちを最初から優先して入れておきましょう。 手持ちにも大きく影響されますが、一例としてはこのようになります。 特化ステ3、アピール2• 特化ステ3、アピール1、メンタル1• 特化ステ2、アピール2、特化以外のステまたはメンタル1• 特化ステ3、アピール1、特化以外のステ1• 特化ステ2、アピール1、メンタル1、特化以外のステ1 持っていきたいアイテム プロデュース時に持ち込みたいアイテムはこのあたりです。 アイテム名 理由 体力回復アイテム 少しでも多くレッスン・お仕事をこなすために。 絆上昇アイテム ファン感謝祭編においてアイドルの絆は非常に重要。 トラブルお守り トラブルが発生してもアイデアは貰えるので保険として。 中でも回復アイテムは役に立つ上に入手機会も多いので、ファン感謝祭編ではぜひ持っていきたいところです。 実際にプロデュースする 実際にプロデュースするときのポイントについて解説していきます。 大まかなスケジュール プロデュースするときの大まかなスケジュールです。 優先したいのはこの2冊。 シーズン4 シーズン3と同じ。 余った週は要らないノートのボーナスを最大限に活かすように行動します。 アイデアノートの入手はランダムなので、表のようにうまくいかないことがほとんどだと思います。 お手伝いアイドルの選び方 1極型アイドルを育成するとき、お手伝いアイドルの選び方はこのようになります。 手持ちのアイデアノートや、アイデアの埋まり方などで予定は変わります。 この場合、3ページ目のコンプリートのためにはメンタルアイデアを2枠要求されます。 そのためコンプリートしやすくなるよう、お手伝いを2枠必要なアイデアに優先するというのも1つの手です。 レッスン・お仕事選びの優先順位 プロデュース中におけるレッスンやお仕事の優先順位について。 優先順位はサポートアイドルの集まり具合やアイデアの埋まり具合など、アドリブ性が高く答えが曖昧になりがちです。 そのためプレイ時の参考となるよう、優先順位をつけるためのポイントについて解説していきます。 基本はノートのアイデア埋めを最優先 ファン感謝祭編におけるアイデアノートのコンプリートボーナスは非常に有益です。 そのためにも、 より多くのアイデアを埋めるためにレッスンやお仕事をこなしていきます。 サポートにいるアイデアの数も意識しよう(簡単な確率の問題) 現在サポートにいるアイデアの総数も意識してアイデア埋めをしていきましょう。 例えばVo、Da、Meのアイデアを集めるとき。 サポートのアイデアが「Vo3、Da1、Me1」で、Vo、Da、Meのいずれか1つしかアイデアを埋めることができないとします。 この場合だとVoの人数が充実しているのがポイント。 Voを先に埋めると残りは1人ずつしか居ないDaとMeのみになってしまい、一気に埋められる確率が低くなってしまいます。 つまりDaMeが揃うより、VoDaとVoMeが揃う確率のほうが高いので、この場合だとDaまたはMeを埋めるのが正解です。 同じ数のアイデアしか埋められないなら、レッスンで貰える微量なステータスを優先するより、人の多いところを狙うと良いでしょう。 優先順位の理由としては、一緒に行動することでサポートアイドルの絆が上昇することがポイント。 アイデアの矢印を意識する ノートを埋めるときは アイデアの矢印を意識しましょう。 ですが基本的にはあくまでもアイデアの数を埋めるのを優先します。 余裕があれば矢印が多いものにしておくと良い、といったところです。 サポートアイドルのスキルを意識する サポートアイドルのスキルには、一緒にレッスンやお仕事をしたときステータスに大きなボーナスを得るモノもあります。 スキルを持つアイドルが一箇所にサポートアイドルが集中していると、それだけ大きなボーナスでステータスを稼ぐことも可能です。 そのため場合によってはアイデア埋めより優先することもあります。 約束を意識した予定を組む 約束のメリットは非常に大きいので重要です。 ファン感謝祭編での約束は、 約束をしたレッスンにアイドルが集まる傾向にあります。 そのため約束のレッスンを選択することで、一気にアイデアを集めることが可能です。 例えば2週間後のレッスンを約束した場合、この法則を応用してみましょう。 約束週はアイドルが固まることが多く、残りアイデア1枠を埋めるために約束週を使うのは勿体ない。 そのためスケジュールを少しずらしてでも、 なるべく残りアイデアが多いときに約束週をぶつけたいところです。 約束は破っても良い 最後に約束の優先順位について。 正直なところ、 約束そのものの優先順位はあまり高くありません。 そのため親愛度に余裕ができることも少なくないので、 無理して守るよりもアイデアを優先させると良いです。 続いてファン感謝祭編を攻略するときのポイントや小技について解説していきます。 最初の1週目で1ページ目をコンプリートする• 結局のところコンプリートできるかどうかは、アイデアがうまく集まるかといった 運が大きく影響します。 そのためコンプリートできそうになければ別のノートにさっさと切り替えるのも手です。 リハーサルは必ずLAを取る シーズン2の最後に行われる リハーサルでは必ずLA(ラストアピール)を取っておきましょう。 LAを取ることで、 SPを40も稼ぐことができます。 本番はうまくいってる場合、特化以外の審査員に攻撃しながらトドメに親愛度MAXの思い出を使うと、楽に称号を総ナメできます。 ノートのデメリットを打ち消す小技(1週のみ) アイデアノートの中には、体力消費が増加するなどのデメリットが存在。 1週目のみですが、ちょっとした小技を使うことでデメリットを無くすことができます。 デメリットが発生しない条件は、アイデアノートを攻略中に別の新しいアイデアノートを使用すること。 つまりは 新しいノートを使いたいとき、一度いらないノートを選択して次に本命のノートを選択すればOKです。 おわりに 以上ファン感謝祭編での強いアイドルの育成の仕方でした。 ファン感謝祭編では運の要素が強く、思い通りにいかないことも多いです。 ぶっちゃけ 運ゲーと言っても過言ではありません。 なので強いアイドルを育てるためには、 何度も繰り返しチャレンジすることが大切です。

次の