対人関係 ホロスコープ。 叶恭子さんのホロスコープ

【占星術】ホロスコープでの金星の意味とは?【星座との関係】|FRACTAL

対人関係 ホロスコープ

自分の補佐的な役割の人や、部下を表すこともあります。 地平線の下であった、1ハウス~6ハウスまでは個人的な意味合いが強いです。 7ハウス~12ハウスは、社会的な意味を持つ初めてのハウスです。 そのため、社会的な集団における自分の対人関係を表します。 7ハウスの起点DSCが自分のパートナーや他者への視点を表すように、7ハウスの天体や星座の構成・アスペクトで、好きなタイプや、縁のある人の性格やタイプを読みとることができます。 対岸のハウスは1ハウスで自分自身を表し、まさしく社会における他者を表す7ハウスと対比しています。 その為、1ハウスと7ハウスと入った天体同士はオポジションでもあり、どうしても他人志向と自分志向で噛み合わない部分が出てきます。 特に自分自身と自分にとっての人間関係を表す天体同時のオポジションなので少々問題が大きくなりやすい傾向にあるでしょう。 なお、ハウスを12星座に当てはめる考え方から行くと、7ハウスはてんびん座を表すことになり、他者との関係性を大事にする部分が当てはまることになります。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスと天体 ホロスコープの 7ハウスに天体が入ったとき、その天体の性質・性格が、その人の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに強く反映されやすいでしょう。 例えば、7ハウスに自分自身を表す太陽が入ると、自分の中で生活の軸になるのが対人関係なので、他者との関係性の中で自分のアイデンティティを見つけ出す傾向があります。 一方で7ハウスに月が入ったりすると、月は感情やインナーチャイルドなどを表しそれが対人関係のハウスである7ハウスに入るので、より対人関係の中で自分の感情を育んでいく人です。 自分が関係を持つ人が自分に対してどのようなことを求めているかを気にする傾向にあります。 このように、7ハウスに入室した天体の性格がその人の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などで直結しやすいでしょう。 なお、7ハウスに天体がない場合は、7ハウスのカスプにある星座やその星座のルーラー 例えば、しし座(獅子座)がカスプにいたら支配星の太陽がルーラー のハウスなどで判断しますが対人関係やパートナーを重視する傾向は少し弱くなる傾向にあるでしょう。 7ハウスに天体が集中 7ハウスに天体が集中していると、それだけ自分の中でその人の対人関係やパートナーに対する意識が強くなり、社会における人間関係を重視するような生き方になります。 他者と自分を切り離して考えるよりも人間関係の中に身を置いて成長する傾向があり、また人間関係の中で自分の持つ天体の力を発揮できるといえます。 つまり、社交的な部分があって人間関係の中で自分を出していけるタイプである一方で、1人でコツコツやるタイプではないといえます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの太陽 ホロスコープの 7ハウスに太陽が入ったとき、上でも例示しましたが、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに、自分の社会性や自意識などを表す太陽などがかかわってきます。 そのため、自分の中で生活の軸になるのが他者との関係性で、他者との関係の中で自分のアイデンティティを形成する傾向があるでしょう。 特に太陽は自分の公的な面を表す天体でもあるので、それが7ハウスにあるということは他者との関係性を第一に考えるが他者に流されやすいといえます。 性格を見るシングルチャートにおいて、太陽が7ハウスに入っている場合は、やはり自分の中で生活の軸になるのが他者との関係性で、他者との関係の中で自分のアイデンティティを形成する傾向があるでしょう。 相性を見るダブルチャートで自分の太陽が相手の7ハウスに入っていた場合は、自分の社会性や自意識などが相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに影響します。 反対に相手の太陽が自分の7ハウスに入っていた場合は、相手の社会性や自意識などが自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに影響します。 しかし、自分の軸がぶれやすい時でもあるので何をしたいかなどはちゃんと自分で決めましょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの太陽のソフトアスペクト ホロスコープの 7ハウスに入室した太陽が他の天体等と ソフトアスペクトをとると、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスを強調するように太陽が入ります。 そこに他の性質が調和するように加わるので、自分の社会的な関係性における充実やアイデンティティの獲得にアスペクトした天体の分野が上手く調和する方向に働きます。 7ハウスの太陽と、3ハウスの天体がトライン 7ハウスの太陽と、3ハウスの天体がトラインをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの太陽に調和するように、3ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、知的活動やコミュニケーションのハウスである3ハウスに入った天体とお互いに上手く調和しあって能力を発揮できるでしょう。 例えば、7ハウスにある太陽に対して3ハウスに拡大や幸運などを表す木星が入ってトラインをとったとします。 その場合、7ハウス太陽の他者との関係性の中で自分を確立していこうとする志向と3ハウス木星の外向的な好奇心やコミュニケーションが上手くかみ合います。 そのため、自分が積極的に得た知識や行ったコミュニケーションが他者との関係性の発展やその中での自分の確立に力を貸してくれそうです。 他にも、11ハウスの天体とトラインをとることで、他者との関係性の中で自分を確立していこうとする志向と11ハウスのより広い意味での人脈やコミュニティーの形成が上手く調和するようにトラインが働きます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの太陽と、9ハウスの天体がセミトライン 7ハウスの太陽と、9ハウスの天体がセミトラインをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの太陽に間接的に調和するように、9 ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、専門的な探求心のハウスである9ハウスに入った天体と間接的に活かしあうような関係性になります。 例えば、7ハウスにある太陽に対して9ハウスに規律や秩序、試練などを表す土星が入ってセミトラインをとったとします。 その場合、7ハウス太陽の他者との関係性の中で自分を確立していこうとする志向と9ハウス土星のストイックで専門的な探求が間接的に力を貸し合います。 そのため、自分がストイックに探究したものが思わぬ形で人間関係の中で活かされて自分の居場所を作ることに一役買ってくれそうです。 他にも、5ハウスの天体とセミトラインをとることで、他者との関係性の中で自分を確立していこうとする志向と5ハウスのより広い意味での遊びや趣味としての自己表現が間接的に生かし合うようにセミトラインが働きます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの太陽のハードアスペクト ホロスコープの 7ハウスに入室した太陽が他の天体等と ハードアスペクトをとると、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスを強調するように太陽が入ります。 そこに他の性質が対立したり、かき乱すように加わってきたりするので、他者との関係性の中で自分を確立していこうとすると対立した天体の特性が邪魔することがあります。 ただし、どんなハードアスペクトでも対立やかき乱される葛藤の中により大きな力が隠れているので、お互いの力のバランスをとることでより強力にお互いの力を活かすことも可能です。 7ハウスの太陽と、1ハウスの天体がオポジション 7ハウスの太陽と、1 ハウスの天体がオポジションをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの太陽に対立するように1ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、自分自身を表す1ハウスに入った天体とお互いに対立してぶつかり合うでしょう。 しかし、その対立を乗り越えることでお互いの力をより強く発揮できる可能性も秘めています。 例えば、7ハウスにある太陽に対して1ハウスにインナーチャイルドや感情などを表す月が入ってオポジションをとったとします。 その場合、7ハウス太陽の他者との関係性の中で自分を確立していこうとする志向と1ハウス月の自分の感情を大切にする気持ちなどがぶつかっています。 その為、バランスが取れないうちは自分の感情と他者との関係性の中で葛藤を抱くことが多いです。 しかし、バランスがとれるようになると自分の感情と他者との関係性を両立できるやり方を見つけられて人生が充実したものになるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの太陽と、4ハウスの天体がスクエア 7ハウスの太陽と、4ハウスの天体がスクエアをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの太陽を振り回すように、4ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、自分の家庭や心の休まる場所を表す4ハウスに入った天体とお互いに振り回し合ってしまいます。 しかし、その混乱を乗り越えることでお互いの力をより強く発揮できる可能性も秘めています。 例えば、7ハウスにある太陽に対して4ハウスに感情や感性などを表す海王星が入ってスクエアをとったとします。 その場合、7ハウス太陽の他者との関係性の中で自分を確立していこうとする志向と自分の感性を内向きに使って自分を癒したい志向がお互いを振り回します。 その為、バランスが取れないうちは他者との関係を築きたいが自分の癒しを優先してしまったり、その逆が起きたりすることがあって思うようにいきません。 しかし、バランスがとれるようになると自分の癒しと他者との関係性を両立できるやり方を見つけられて人生が充実したものになるでしょう。 他にも、10ハウスの天体とスクエアをとることで他者との関係性の中で自分を確立していこうとする志向と10ハウスのより社会での最終目標の達成がお互いを邪魔し合ってしまいます。 しかし、最終的にお互いの方向性を一致させられると上手くいくようになるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの太陽の性格 性格を見るシングルチャートのホロスコープにおける 7ハウスに太陽がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに自分の社会性や自意識などを表す太陽などがかかわります。 そのため、自分の中で生活の軸になるのが他者との関係性で、他者との調和を大事にして周りに対して気配りをし、話も聞ける社交的な人になりやすいです。 しかし、周りの評価などを自分の価値として受け入れてしまいやすく、周りに流されやすかったり、自分で自分の能力を信じられなかったりするところがあります。 ただ、他人に尽くすので献身的なリーダーに向いていますし、パートナーも大切にするでしょう。 ハウスを12星座で表したときの7ハウスはてんびん座を表すことからも同様の傾向が分かるため、他者との関係の調和を何よりも大切にする人だといえます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの太陽の相性 自分の7ハウスに、相手の太陽 相性を見るダブルチャートにおいて、ホロスコープにおける 自分の7ハウスに、相手の太陽がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに相手の社会性や自意識などを表す太陽が入ることになります。 よって、この関係では自身の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに相手の存在が強く影響するでしょう。 相手が普段、公的な場所で見せる立ち振る舞いが自分にとっての人間関係に求める基準の1つとなる場合もあり、相手の影響は結構大きいといえます。 その為、相手の立ち振る舞いによって自分の価値観が大きく変動しやすいともいえます。 なお、相手の存在によって自分を社交的な場面に引き上げてくれる可能性もあります。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 相手の7ハウスに、自分の太陽 相性を見るダブルチャートにおいて、ホロスコープにおける 相手の7ハウスに、自分の太陽がある場合、相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに自分の社会性や自意識などを表す太陽が入ることになります。 よって、この関係では相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに自分の存在が強く影響するでしょう。 特に自分の公的な場面での立ち振る舞いが相手の人間関係における価値観に影響を与えるので、迂闊な行動をすると相手の人生を変えかねません。 この人といるときはなるべく誠実な自分を心がける方がいいでしょう。 また、出来れば相手をより社交的な場面に引っ張っていってあげると相手の社交的な部分での運気が上がりやすいです。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスのトランジット 太陽 7ハウスにトランジットの太陽がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスが、運行中の太陽によって大きくクローズアップされます。 対人関係に意識が行きやすく、人との交流が活発になりやすい時期です。 しかし、いろんな人の気持ちや意見などに触れることになるので、自分の軸がぶれやすい時でもあります。 自分がなにをしたいかをちゃんと持って挑まないと、周りに流されて本来の目的を達成できずに、何となくの周りとの調和で満足してしまいやすくなります。 ただし、かといって自分の殻に閉じこもると運気の流れを逃します。 なるべく社交的な場に出るようにしましょう。 なお、ホロスコープ上の太陽の周期は約1年なので、1年に一回、1か月ほどこういう時が来るということを覚えておくといいでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの月 ホロスコープの 7ハウスに月が入ったとき、上でも例示しましたが、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに、自分の感情やインナーチャイルドなどを表す月などがかかわってきます。 そのため、自分の中で生活の軸になるのが他者との関係性でしょう。 しかし、太陽よりもより感情的な面で他者に主軸があるため、自分のことよりも他者の事を心配することが増えます。 また、感情的に他人に依存しやすいので、周りに振りまわされることもあるでしょう。 性格を見るシングルチャートにおいて月が7ハウスに入っている場合は、やはり、自分の中で生活の軸になるのが感情面での他者との関係性で、感情を大切にする人を好む傾向があります。 相性を見るダブルチャートで自分の月が相手の7ハウスに入っていた場合は、自分の感情やインナーチャイルドなどが相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに影響します。 反対に相手の月が自分の7ハウスに入っていた場合は、相手の感情やインナーチャイルドなどが自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに影響します。 しかし、同時に寂しがりな傾向が出ることがあるので、なるべく人といる方が気持ちは落ち着くでしょう。 ただし、周りに気を遣いすぎてかえってストレスをためないように気を付けましょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの月のソフトアスペクト ホロスコープの 7ハウスに入室した月が他の天体等と ソフトアスペクトをとると、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスを強調するように月が入ります。 そこに他の性質が調和するように加わるので、社会的な関係によって得られる精神的な充実感に対して、アスペクトした天体が上手く力を貸してくれます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの月と、3ハウスの天体がトライン 7ハウスの月と、3ハウスの天体がトラインをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの月に調和するように、知的活動やコミュニケーションのハウスである3ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの月と3ハウスに入った天体がお互いに上手く調和しあって能力を発揮できるでしょう。 例えば、7ハウスにある月に対して3ハウスに拡大や幸運などを表す木星が入ってトラインをとったとします。 その場合、7ハウス月の他者との関係の中で精神的な安定を得ようとする志向と3ハウス木星の外向的な好奇心やコミュニケーションが上手くかみ合います。 そのため、自分が積極的にいろんな情報を収集して他者とコミュニケーションをとることで、自分の周りの人間関係がよくなって精神的にも安定するでしょう。 他にも、11ハウスの天体とトラインをとることで、他者との関係の中で精神的な安定を得ようとする志向と11ハウスのより広い意味での人脈やコミュニティーの形成が上手く調和するようにトラインが働きます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの月と、9ハウスの天体がセミトライン 7ハウスの月と、9ハウスの天体がセミトラインをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの月に間接的に調和するように、専門的な探求心のハウスである9 ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの月と9ハウスに入った天体が間接的に活かしあうような関係性になります。 例えば、7ハウスにある月に対して9ハウスに規律や秩序、試練などを表す土星が入ってセミトラインをとったとします。 その場合、7ハウス月の他者との関係の中で精神的な安定を得ようとする志向と9ハウス土星のストイックで専門的な探求が間接的に力を貸し合います。 そのため、自分がストイックに探究したものが他者との関係性の発展に間接的につながって精神的な安定に導いてくれるでしょう。 他にも、5ハウスの天体とセミトラインをとることで、他者との関係の中で精神的な安定を得ようとする志向と5ハウスのより広い意味での遊びや趣味としての自己表現が間接的に生かし合うようにセミトラインが働きます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの月のハードアスペクト ホロスコープの 7ハウスに入室した月が他の天体等と ハードアスペクトをとると、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスを強調するように月が入ります。 そこに他の性質が対立したり、かき乱すように加わってきたりするので、人間関係を充実させて自分の心の居場所を得ようと思っても、対立する天体の性質によって邪魔されることが多くなります。 ただし、どんなハードアスペクトでも対立やかき乱される葛藤の中により大きな力が隠れているので、お互いの力のバランスをとることでより強力にお互いの力を活かすことも可能です。 7ハウスの月と、1ハウスの天体がオポジション 7ハウスの月と、3ハウスの天体がオポジションをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの月に対立するように自分自身を表す1ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの月と1ハウスに入った天体がお互いに対立してぶつかり合うでしょう。 しかし、その対立を乗り越えることでお互いの力をより強く発揮できる可能性も秘めています。 例えば、7ハウスにある月に対して1ハウスにエネルギーや勢い、積極性などを表す火星が入ってオポジションをとったとします。 その場合、7ハウス月の他者との関係の中で精神的な安定を得ようとする志向と1ハウス火星の元々ある積極性や勢いなどがぶつかってしまいがちです。 その為、バランスが取れないうちは自分の勢いのあるペースと他者に合わせたい気持ちが上手くかみ合わずに悩むことも多いでしょう。 しかし、バランスがとれるようになると自分の元々持っている勢いを殺さずに他者に対し手に気遣いもできるようになります。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの月と、4ハウスの天体がスクエア 7ハウスの月と、4ハウスの天体がスクエアをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの月を振り回すように自分の家庭や心の休まる場所を表す4ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの月と4ハウスに入った天体がお互いに振り回し合ってしまいます。 しかし、その混乱を乗り越えることでお互いの力をより強く発揮できる可能性も秘めています。 例えば、7ハウスにある月に対して4ハウスにチャンスや独創性などを表す天王星が入ってスクエアをとったとします。 その場合、7ハウス月の他者との関係の中で精神的な安定を得ようとする志向と4ハウス天王星の自分のプライベートをオリジナリティのあるものにしたいという思考が上手くかみ合いません。 その為、バランスが取れないうちは人間関係の中で他者に合わせたり、気遣ったりする気持ちと他者と離れて自分独自の世界を作りたいという気持ちが葛藤を生んでしまいそうです・ しかし、バランスがとれるようになると自分のプライベートでの独創性と他者に合わせる気持ちが両立できるようになります。 他にも、10ハウスの天体とスクエアをとることで、他者との関係の中で精神的な安定を得ようとする志向と10ハウスのより社会での最終目標の達成がお互いを邪魔し合ってしまいます。 しかし、最終的にお互いの方向性を一致させられると上手くいくようになるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの月の性格 性格を見るシングルチャートのホロスコープにおける 7ハウスに月がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに自分の感情やインナーチャイルドなどを表す月などがかかわります。 自分の中で生活の軸になるのが他者との関係性となるのですが、より精神的に他者との関係を大切にする傾向が出ます。 そのため、感情的な共感能力を表に出すことができ、気遣いなどもしっかりできる社交的な人になります。 しかし、自分のことよりも他者の事を心配することが増え、他者が困っているとほっとけないと感じるため、心身ともに知らぬうちに披露する傾向があります。 故に自分に対するケアを大切にし、自分の感情も他人にわかってもらえるように努力する必要があるでしょう。 ハウスを12星座で表したときの7ハウスはてんびん座を表すことからも同様の傾向が分かるため、他者との関係の調和による平穏を何よりも大切にする人だといえます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの月の相性 自分の7ハウスに、相手の月 相性を見るダブルチャートにおいて、ホロスコープにおける 自分の7ハウスに、相手の月がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに相手の感情やインナーチャイルドなどを表す月が入ることになります。 よって、この関係では自身の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに相手の感情やインナーチャイルドなどが強く影響するでしょう。 相手の感情的な振る舞いから自分の人間関係に対する価値基準が影響されることが多いです。 しかも、どちらかというと自分が持つ無意識な他者への基準に影響することが多く、自分は気づかなくても、相手の存在は自分の人生に大きく影響を与えやすいです。 感情的な交流するほど関係性を深めやすいので、コミュニケーションをする中でも感情を表す言葉を多く使うといいでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 相手の7ハウスに、自分の月 相性を見るダブルチャートにおいて、ホロスコープにおける 相手の7ハウスに、自分の月がある場合、相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに自分の感情やインナーチャイルドなどを表す月が入ることになります。 よって、この関係では相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに自分の感情やインナーチャイルドなどが強く影響するでしょう。 自分の感情的な振る舞いは相手の人生における人間関係の指針に影響を与えやすいです。 しかも、その影響は無意識に刷り込まれることが多いので変に相手の前で神経質になったりすると、相手が人間関係に対して臆病になったりします。 一方で楽しいことを共有したり、落ち着くことを共有したりするのはプラスになるので、積極的に関係を深めていきましょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスのトランジット月 7ハウスに トランジットの月がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスが、運行中の月によって大きくクローズアップされます。 対人関係の中でも感情的な部分に意識が行きやすく、人の気持ちをしっかり読み取ることができます。 人と触れ合うことで安らぎを感じることも多くなり、いい人間関係に恵まれるほどプラスの恩恵を受けやすい時です。 しかし、裏を返せばネガティブな感情にも引っ張られやすい時なので、ネガティブな人とは必要以上に変わらない方がいいです。 特にこの時期は他人に合わせやすく、他者の気持ちを優先しがちなので、自分のことを大切にする時間も作った方がいいです。 ホロスコープ上の月の周期は約28日なので、一カ月に一回、1日ほどこういう日が来るということを覚えておくと、この日はこういう日なんだと割り切ることができるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの水星 ホロスコープの 7ハウスに水星が入ったとき、上でも例示しましたが、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに、自分の社会性や自意識などを表す水星などがかかわってきます。 そのため、自分の中で生活の軸になるのが他者とのコミュニケーションや情報交換になります。 会話からいろんなことを吸収するので、非常にいろんなことを知っている人になります。 また言語を使ったコミュニケーションを大切にし、多少損得感情を使いながら人間関係を深めていくでしょう。 性格を見るシングルチャートにおいて水星が7ハウスに入っている場合は、やはり、自分の中で生活の軸になるのが他者との積極的なコミュニケーションによる情報交換でしょう。 相性を見るダブルチャートで自分の水星が相手の7ハウスに入っていた場合は、自分の知識やコミュニケーション、好奇心などが相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに影響します。 反対に相手の水星が自分の7ハウスに入っていた場合は、相手の知識やコミュニケーション、好奇心などが自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに影響します。 他者との情報交換を大切にしたり、交渉などをしっかり行ったりするような傾向が出ます。 人間関係におけてのコミュニケーションがうまくなりますが、やや感情を置いてきぼりにしやすい点には注意です。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの水星のソフトアスペクト ホロスコープの 7ハウスに入室した水星が他の天体等と ソフトアスペクトをとると、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスを強調するように水星が入ります。 そこに他の性質が調和するように加わるので、他者から得られる情報を大切にし、他者とコミュニケーションに情報交換を得ることで対人関係を充実させる過程に、アスペクトした天体が上手く力を貸してくれます。 7ハウスの水星と、3ハウスの天体がトラインをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの水星に調和するように、知的活動やコミュニケーションのハウスである3ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの水星と3ハウスに入った天体がお互いに上手く調和しあって能力を発揮できるでしょう。 例えば、7ハウスにある水星に対して3ハウスに快楽や美的センスなどを表す木星が入ってトラインをとったとします。 その場合、7ハウス水星の他者との情報交換を元に人間関係の充実を得ようとする志向と3ハウス金星の楽しくコミュニケーションをしようとする志向が上手くかみ合います。 他者と楽しくコミュニケーションをとる中で自分にとって人間関係を充実させてくれる情報にも出会うことができ、人間関係が有意義なものとなるでしょう。 他にも、11ハウスの天体とトラインをとることで、他者との情報交換を元に人間関係の充実を得ようとする志向と11ハウスのより広い意味での人脈やコミュニティーの形成が上手く調和するようにトラインが働きます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの水星と、9ハウスの天体がセミトライン 7ハウスの水星と、9ハウスの天体がセミトラインをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの水星に間接的に調和するように、専門的な探求心のハウスである9 ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの水星と9ハウスに入った天体が間接的に活かしあうような関係性になります。 例えば、7ハウスにある水星に対して9ハウスに感性や直感、感情などを表す海王星が入ってセミトラインをとったとします。 その場合、7ハウス水星の他者との情報交換を元に人間関係の充実を得ようとする志向と9ハウス海王星のより直感を研ぎ澄ますような探求心が間接的に力を貸し合います。 そのため、自分が直感を研ぎ澄ませて言葉では表せない感覚を得るほど、他者とのコミュニケーションでも無意識に直感を働かせて、人間関係の充実を図ることができるようになります。 他にも、5ハウスの天体とセミトラインをとることで、他者との情報交換を元に人間関係の充実を得ようとする志向と5ハウスのより広い意味での遊びや趣味としての自己表現が間接的に生かし合うようにセミトラインが働きます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの水星のハードアスペクト ホロスコープの 7ハウスに入室した水星が他の天体等と ハードアスペクトをとると、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスを強調するように水星が入ります。 そこに他の性質が対立したり、かき乱すように加わってきたりするので、他者との情報交換で得られる情報を元に人間関係を充実させて自分の心の居場所を得ようと思っても、対立する天体の性質によって邪魔されることが多くなります。 ただし、どんなハードアスペクトでも対立やかき乱される葛藤の中により大きな力が隠れているので、お互いの力のバランスをとることでより強力にお互いの力を活かすことも可能です。 7ハウスの水星と、1ハウスの天体がオポジション 7ハウスの水星と、1ハウスの天体がオポジションをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの水星に対立するように自分自身を表す1ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの水星と1ハウスに入った天体がお互いに対立してぶつかり合うでしょう。 しかし、その対立を乗り越えることでお互いの力をより強く発揮できる可能性も秘めています。 例えば、7ハウスにある水星に対して1ハウスにエネルギーや勢い、積極性などを表す火星が入ってオポジションをとったとします。 その場合、7ハウス水星の他者との情報交換を元に人間関係の充実を得ようとする志向と1ハウス火星の元々ある積極性や勢いなどがぶつかってしまいがちです。 その為、バランスが取れないうちは自分の勢いのあるペースと他者と落ち着いて情報交換したい気持ちが上手くかみ合わずに他者と有意義な会話ができないと感じることが多くなります。 しかし、バランスがとれるようになると他者に対して積極的に情報交換を持ちかけつつも内容をちゃんと有意義なものにできて、最終的に人間関係の充実にもつながっていきます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの水星と、4ハウスの天体がスクエア 7ハウスの水星と、4ハウスの天体がスクエアをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの水星を振り回すように自分の家庭や心の休まる場所を表す4ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの水星と4ハウスに入った天体がお互いに振り回し合ってしまいます。 しかし、その混乱を乗り越えることでお互いの力をより強く発揮できる可能性も秘めています。 例えば、7ハウスにある水星に対して4ハウスにチャンスや独創性などを表す天王星が入ってスクエアをとったとします。 その場合、7ハウス水星の他者との情報交換を元に人間関係の充実を得ようとする志向と4ハウス天王星の自分のプライベートをオリジナリティのあるものにしたいという思考が上手くかみ合いません。 その為、バランスが取れないうちは他者との関係をコミュニケーションで深めていきたいと思っても、自分のプライベート優先になってしまって人間関係を上手く発展させることができないもどかしさを感じるかもしれません。 しかし、バランスがとれるようになると自分のプライベートでの独創性と他者とのコミュニケーションによる人間関係の充実が両立できるようになります 他にも、10ハウスの天体とスクエアをとることで、他者との情報交換を元に人間関係の充実を得ようとする志向と10ハウスのより社会での最終目標の達成がお互いを邪魔し合ってしまいます。 しかし、最終的にお互いの方向性を一致させられると上手くいくようになるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの水星の性格 性格を見るシングルチャートのホロスコープにおける 7ハウスに水星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに自分の知識やコミュニケーション、好奇心などを表す水星などがかかわります。 そのため、自分の中で生活の軸になるのが他者とのコミュニケーションや情報交換になります。 会話からいろんなことを吸収して人間関係の発展につなげることで充実感を覚えていきます。 また、他者との交渉も積極的に行うタイプで少し打算的な部分もあります。 しかし、あまりにも他人から得た情報を頼りすぎて発言や行動に一貫性はなくなる時があるので、取捨選択はしっかりとするようにしましょう。 ハウスを12星座で表したときの7ハウスはてんびん座を表すことからも同様の傾向が分かるため、他者とのコミュニケーションを増やして関係の調和を図るタイプだといえます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの水星の相性 自分の7ハウスに、相手の水星 相性を見るダブルチャートにおいて、ホロスコープにおける 自分の7ハウスに、相手の水星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに相手の知識やコミュニケーション、好奇心などを表す水星が入ることになります。 よって、この関係では自身の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに相手の知識やコミュニケーション、好奇心などが強く影響するでしょう。 相手のコミュニケーションや好奇心に触れることで、自分の他者を見る目に影響しやすくなります。 ただこの相性の場合は、相手が何気なく言った言葉も受け止めてしまう傾向にあるので、場合によっては変な偏見を植え付けられる場合があるので注意です。 コミュニケーションをとる相手としては良い相手で盛り上がりやすいですが、同調しすぎると自分の考えを失いやすいので気を付けましょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 相手の7ハウスに、自分の水星 相性を見るダブルチャートにおいて、ホロスコープにおける 相手の7ハウスに、自分の水星がある場合、相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに自分の知識やコミュニケーション、好奇心などを表す水星が入ることになります。 よって、この関係では相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに自分の知識やコミュニケーション、好奇心などが強く影響するでしょう。 自分の知識を教えたり、何気ないコミュニケーションをしたりする中で相手が他人を見る目を作っていくような運勢です。 変なことを教えるとそれを信じてしまって相手の価値観をゆがめることがあるので、知識面で必要以上のことは話さない方がいいです。 相手の知識を増やす目的の会話以外はたわいもない会話を楽しくするように心がけると、無意識に相手のコミュニケーション能力をあげることにつながりやすいです。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスのトランジット水星の運勢 7ハウスにトランジットの水星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスが、運行中の水星によって大きくクローズアップされます。 対人関係の中でもコミュニケーションに意識が行きやすいです。 他者との情報交換を大切にしたり、交渉などをしっかり行ったりするような傾向が出ます。 周りにもコミュニケーションが得意な人やいろんなことを知っている人が集まりやすい時期なので、その人たちからいろんなことを教えてもらうことで知識を増やしたり、コミュニケーション能力の向上につながったりします。 ただし、やや感情を置いてきぼりにしやすいので、たまには自分の知識向上を忘れて気兼ねなくいろんなこと言える友人と愚痴を言い合う会をするのがお勧めです。 行うことで、感情を置いてきぼりにせずにストレス発散の効果も期待できます。 なお、ホロスコープ上の水星の周期は約88日なので、約3カ月に一回、1週間以上? 2ヶ月半ほどこういう日が来るということを覚えておくと、この日はこういう日なんだと割り切ることができるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの金星 ホロスコープの 7ハウスに金星が入ったとき、上でも例示しましたが、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに、自分の美的センスや愛情、また趣味や快楽などを表す金星などがかかわってきます。 そのため、自分の中で生活の軸になるのが他者とのかかわりでより楽しい方向性を求める傾向があります。 温厚で他人に対して愛情深い人ですが、少し外見で人を選ぶ傾向があります。 自身の美的センスを他者との関係で使うので、パートナーを選ぶ時も美しさを基準にすることがあるでしょう。 性格を見るシングルチャートにおいて金星が7ハウスに入っている場合は、やはり、自分の中でより楽しい方向に他者とのかかわりを求めていきます。 相性を見るダブルチャートで自分の金星が相手の7ハウスに入っていた場合は、自分の美的センスや愛情、また趣味や快楽などが相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに影響します。 反対に相手の金星が自分の7ハウスに入っていた場合は、相手の美的センスや愛情、また趣味や快楽などが自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに影響します。 その為、他者から一目置かれやすくなりますが、いろんなひとが近づいてくるので受け身になりやすいこの時期はちゃんと相手の取捨選択をしましょう。 また外見で人を選びやすい時期ですので、着飾っていたり容姿が整っていたりしても中身のない人に騙されないように注意です。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの金星のソフトアスペクト ホロスコープの 7ハウスに入室した金星が他の天体等と ソフトアスペクトをとると、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスを強調するように金星が入ります。 そこに他の性質が調和するように加わるので、社会的な関係を華やかにして充実感得ることに対して、アスペクトした天体が上手く力を貸してくれます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの金星と、3ハウスの天体がトライン 7ハウスの金星と、3ハウスの天体がトラインをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの金星に調和するように、知的活動やコミュニケーションのハウスである3ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの金星と3ハウスに入った天体がお互いに上手く調和しあって能力を発揮できるでしょう。 例えば、7ハウスにある金星に対して3ハウスに拡大や幸運などを表す木星が入ってトラインをとったとします。 その場合、7ハウス金星の他者との関係を楽しく華やかにして充実感を得ようとする志向と3ハウス木星の外向的な好奇心やコミュニケーションが上手くかみ合います。 そのため、自分が積極的に他者とコミュニケーションをとることで、自分の周りの人間関係が楽しく華やかになっていくでしょう。 他にも、11ハウスの天体とトラインをとることで、他者との関係を楽しく華やかにして充実感を得ようとする志向と11ハウスのより広い意味での人脈やコミュニティーの形成が上手く調和するようにトラインが働きます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの金星と、9ハウスの天体がセミトライン 7ハウスの金星と、9ハウスの天体がセミトラインをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの金星に間接的に調和するように、専門的な探求心のハウスである9 ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの金星と9ハウスに入った天体が間接的に活かしあうような関係性になります。 例えば、7ハウスにある金星に対して9ハウスに規律や秩序、試練などを表す土星が入ってセミトラインをとったとします。 その場合、7ハウス金星の他者との関係を楽しく華やかにして充実感を得ようとする志向と9ハウス土星のストイックで専門的な探求が間接的に力を貸し合います。 そのため、自分がストイックに探究したものが他者との関係性を楽しくするのに知らぬうちに作用していそうです。 他にも、5ハウスの天体とセミトラインをとることで、他者との関係を楽しく華やかにして充実感を得ようとする志向と5ハウスのより広い意味での遊びや趣味としての自己表現が間接的に生かし合うようにセミトラインが働きます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの金星のハードアスペクト ホロスコープの 7ハウスに入室した金星が他の天体等と ハードアスペクトをとると、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスを強調するように金星が入ります。 そこに他の性質が対立したり、かき乱すように加わってきたりするので、人間関係を楽しく華やかにしようと思っても、対立する天体の性質によって邪魔されることが多くなります。 ただし、どんなハードアスペクトでも対立やかき乱される葛藤の中により大きな力が隠れているので、お互いの力のバランスをとることでより強力にお互いの力を活かすことも可能です。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの金星と、1ハウスの天体がオポジション 7ハウスの金星と、3ハウスの天体がオポジションをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの金星に対立するように自分自身を表す1ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの金星と1ハウスに入った天体がお互いに対立してぶつかり合うでしょう。 しかし、その対立を乗り越えることでお互いの力をより強く発揮できる可能性も秘めています。 例えば、7ハウスにある金星に対して1ハウスにエネルギーや勢い、積極性などを表す火星が入ってオポジションをとったとします。 その場合、7ハウス金星の他者との関係を楽しく華やかにして充実感を得ようとする志向と1ハウス火星の元々ある積極性や勢いなどがぶつかってしまいがちです。 その為、バランスが取れないうちは自分の勢いのあるペースと他人と楽しく行きたい気持ちが上手くかみ合わずに悩むことも多いでしょう。 しかし、バランスがとれるようになると自分個人の勢いを保ちながら他者とのかかわりを楽しくできるようになります。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの金星と、4ハウスの天体がスクエア 7ハウスの金星と、4ハウスの天体がスクエアをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの金星を振り回すように自分の家庭や心の休まる場所を表す4ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの金星と4ハウスに入った天体がお互いに振り回し合ってしまいます。 しかし、その混乱を乗り越えることでお互いの力をより強く発揮できる可能性も秘めています。 例えば、7ハウスにある金星に対して4ハウスに感性や感情・直感などを表す天王星が入ってスクエアをとったとします。 その場合、7ハウス金星の他者との関係を楽しく華やかにして充実感を得ようとする志向と4ハウス海王星の感覚的に豊かで気持ちが落ち着くものにしたいという思考が上手くかみ合いません。 その為、バランスが取れないうちは周りの人と楽しくわいわいやろうという方向性と、自分の中で感覚的に豊かにする方向性が上手くかみ合いません。 しかし、バランスがとれるようになると自分の中の感性を豊かにしつつ、他者に対してもその感性を生かして楽しく関係性を築くことができるようになります。 他にも、10ハウスの天体とスクエアをとることで、他者との関係を楽しく華やかにして充実感を得ようとする志向と10ハウスのより社会での最終目標の達成がお互いを邪魔し合ってしまいます。 しかし、最終的にお互いの方向性を一致させられると上手くいくようになるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの金星の性格 性格を見るシングルチャートのホロスコープにおける 7ハウスに金星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに自分の美的センスや愛情、また趣味や快楽などを表す金星などがかかわります。 そのため、自分の中で生活の軸になるのが他者とのかかわりでより楽しい方向性を求める傾向があります。 温厚で他人に対して愛情深い人で、相手を楽しませることにより価値を見出すようです。 少し外見で人を選ぶ傾向がありますので性格がいい人でもちゃんとおしゃれができない人は自分のパートナーにはなりづらいでしょう。 なお、心を許すパートナーに関しては多少受け身なところがあるので、相手中心で生活しすぎてその場だけの幸せに取りつかれないようにしてください。 ハウスを12星座で表したときの7ハウスはてんびん座を表すことからも同様の傾向が分かるため、他者との関係による楽しさを何よりも大切にする人だといえます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの金星の相性 自分の7ハウスに、相手の金星 相性を見るダブルチャートにおいて、ホロスコープにおける 自分の7ハウスに、相手の金星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに相手の美的センスや愛情、また趣味や快楽などを表す金星が入ることになります。 よって、この関係では自身の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに相手の美的センスや愛情、また趣味や快楽などが強く影響するでしょう。 相手の美しく、楽しい振る舞いから自分の人間関係に対する価値基準が影響されることが多いです。 故に自分に外向的な性格に明るさを与えてくれたり、他者に明るさを求めたりするような傾向が出ます。 しかし、同時に人間関係に関してもパートナー選びに関しても快楽重視になることがあるので、その場しのぎの楽しさに惑わされないように注意です。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 相手の7ハウスに、自分の金星 相性を見るダブルチャートにおいて、ホロスコープにおける 相手の7ハウスに、自分の金星がある場合、相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに自分の美的センスや愛情、また趣味や快楽などを表す金星が入ることになります。 よって、この関係では相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに自分の美的センスや愛情、また趣味や快楽などが強く影響するでしょう。 自分のセンスのある振る舞いは相手の人生における人間関係の指針に影響を与えやすいです。 楽しさや美しさで相手を引っ張ることができますが、あまりに楽しさや美しさに傾倒すると相手がその場の楽しさばかりを考えるようになってしまいます。 やるべきことはちゃんと明確に区別した上で、楽しさを共有するようにしてください。 もちろん楽しいことを共有したり、美しいことを共有したりすること自体はプラスになるので、積極的に関係を深めていきましょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスのトランジット金星の運勢 7ハウスにトランジットの金星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスが、運行中の金星によって大きくクローズアップされます。 対人関係の中で言葉や振る舞いが綺麗になる傾向が出てきます。 その為、他者から一目置かれやすくなりますが、いろんなひとが近づいてくるので受け身になりやすいこの時期はちゃんと相手の取捨選択をしましょう。 特に楽しさや美しさなどその場の快楽に傾倒しやすいので、長期的な視点をも持たないと段々と自分の状況が悪くなります。 また外見で人を選びやすい時期ですので、着飾っていたり容姿が整っていたりしても中身のない人に騙されないように注意です。 なお、ホロスコープ上の金星の周期は1年なので、1年に一回、一か月ほどこういう時が来るということを覚えておくと、この時はこういう時なんだと割り切ることができるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの火星 ホロスコープの 7ハウスに火星が入ったとき、上でも例示しましたが、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに、自分の 木星 エネルギーや勢い、積極性などを表す火星などがかかわってきます。 そのため、他者との関係性においては何よりも勢いや情熱を大切にします。 他者との関係を持つことに積極的ではありますが、あまりにも積極的過ぎてうっとうしいと思われることもあるでしょう。 恋愛などでも一気にステージが上がっていく傾向があるので、冷静になったときに後悔しないように気を付けましょう。 性格を見るシングルチャートにおいて火星が7ハウスに入っている場合は、やはり、他者との関係性においては何よりも勢いや情熱を大切にし、活動的なタイプを好みとします。 相性を見るダブルチャートで自分の火星が相手の7ハウスに入っていた場合は、自分のエネルギーや勢い、積極性などが相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに影響します。 反対に相手の火星が自分の7ハウスに入っていた場合は、相手のエネルギーや勢い、積極性などが自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに影響します。 しかし、他のアスペクトがない場合はただ勢いがあるだけなので、相手のことを考えない行動をしてしまって失敗することもあります。 行動的な人と縁がある時期なので、ある程度勢いを認めてくれる人の方が自分もやりやすい時期でしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの火星のソフトアスペクト ホロスコープの 7ハウスに入室した火星が他の天体等と ソフトアスペクトをとると、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスを強調するように火星が入ります。 そこに他の性質が調和するように加わるので、勢いとエネルギーの多さで人間関係を作っていく気質にアスペクトした天体が上手く力を貸してくれます。 7ハウスの火星と、3ハウスの天体がトライン 7ハウスの火星と、3ハウスの天体がトラインをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの火星に調和するように、知的活動やコミュニケーションのハウスである3ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの火星と3ハウスに入った天体がお互いに上手く調和しあって能力を発揮できるでしょう。 例えば、7ハウスにある火星に対して3ハウスに感覚や直感などを表す木星が入ってトラインをとったとします。 その場合、7ハウス火星のエネルギー豊かに他者との関係を築いていこうとする志向と3ハウス海王星の感覚的な好奇心やコミュニケーションが上手くかみ合います。 そのため、エネルギー豊かに他者との関係を築く中でも自分が感覚で読み取ったものをちゃんとコミュニケーションに入れることで、プラスなことが起きやすくなります。 他にも、11ハウスの天体とトラインをとることで、エネルギー豊かに他者との関係を築いていこうとする志向と11ハウスのより広い意味での人脈やコミュニティーの形成が上手く調和するようにトラインが働きます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの火星と、9ハウスの天体がセミトライン 7ハウスの火星と、9ハウスの天体がセミトラインをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの火星に間接的に調和するように、専門的な探求心のハウスである9 ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの火星と9ハウスに入った天体が間接的に活かしあうような関係性になります。 例えば、7ハウスにある火星に対して9ハウスに規律や秩序、試練などを表す土星が入ってセミトラインをとったとします。 その場合、7ハウス火星のエネルギー豊かに他者との関係を築いていこうとする志向と9ハウス土星のストイックで専門的な探求が間接的に力を貸し合います。 そのため、自分がストイックに探究したものが知らぬうちに自分の中でのエネルギーとなり、他者に対するコミュニケーション等に活きる可能性が考えられます。 他にも、5ハウスの天体とセミトラインをとることで、エネルギー豊かに他者との関係を築いていこうとする志向と5ハウスのより広い意味での遊びや趣味としての自己表現が間接的に生かし合うようにセミトラインが働きます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの火星のハードアスペクト ホロスコープの 7ハウスに入室した火星が他の天体等と ハードアスペクトをとると、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスを強調するように火星が入ります。 そこに他の性質が対立したり、かき乱すように加わってきたりするので、積極的に人間関係を大きくしていこうとしても、対立する天体の性質によって邪魔されることが多くなります。 ただし、どんなハードアスペクトでも対立やかき乱される葛藤の中により大きな力が隠れているので、お互いの力のバランスをとることでより強力にお互いの力を活かすことも可能です。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの火星と、1ハウスの天体がオポジション 7ハウスの火星と、1ハウスの天体がオポジションをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの火星に対立するように自分自身を表す1ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの火星と1ハウスに入った天体がお互いに対立してぶつかり合うでしょう。 しかし、その対立を乗り越えることでお互いの力をより強く発揮できる可能性も秘めています。 例えば、7ハウスにある火星に対して1ハウスにエネルギーやチャンスや独自性などを表す火星が入ってオポジションをとったとします。 その場合、7ハウス火星のエネルギー豊かに他者との関係を築いていこうとする志向と1ハウス天王星のユニーク志向の自我がぶつかってしまいがちです。 その為、バランスが取れないうちは他人と積極的にかかわっていきたい気持ちと、自分がユニークな存在でありたいという気持ちがぶつかってしまって行動をちぐはぐにします。 しかし、バランスがとれるようになると自分のユニークさを保ちながら、他者との関係性で居場所を見つけていけるようになるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの火星と、4ハウスの天体がスクエア 7ハウスの火星と、4ハウスの天体がスクエアをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの火星を振り回すように自分の家庭や心の休まる場所を表す4ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの火星と4ハウスに入った天体がお互いに振り回し合ってしまいます。 しかし、その混乱を乗り越えることでお互いの力をより強く発揮できる可能性も秘めています。 例えば、7ハウスにある火星に対して4ハウスに社会性や自意識などを表す太陽が入ってスクエアをとったとします。 その場合、7ハウス火星のエネルギー豊かに他者との関係を築いていこうとする志向と4ハウス太陽のプライベート中心に生き方が上手くかみ合いません。 その為、バランスが取れないうちは人間関係を積極的に作るか、自分のプライベートを優先するかで迷いが生じてしまいます。 しかし、バランスがとれるようになるとプライベートと、他者との関係性を上手く切り離しながらどちらも大切にしていけるでしょう。 他にも、10ハウスの天体とスクエアをとることで、エネルギー豊かに他者との関係を築いていこうとする志向と10ハウスのより社会での最終目標の達成がお互いを邪魔し合ってしまいます。 しかし、最終的にお互いの方向性を一致させられると上手くいくようになるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの火星の性格 性格を見るシングルチャートのホロスコープにおける 7ハウスに火星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに自分のエネルギーや勢い、積極性などを表す火星などがかかわります。 そのため、他者との関係性においては何よりも勢いや情熱を大切にします。 他者との関係を持つことに積極的なので、交友関係は広い傾向にあるでしょう。 しかし、あまりにも積極的過ぎてうっとうしいと思われたり、相手に情熱をともめすぎてお互いのモチベーションに差を生んでしまったりします。 熱量だけで人間関係を解決しようとしがちなので、冷静な対応も学んでください。 恋愛などでも一気に燃え上がって関係性を深める傾向がありますが、冷めやすいところがあるのでその場の勢いだけで大事な決断はしないようにしましょう。 なお、好みのタイプは引っ張る力があって情熱的な人でしょう ハウスを12星座で表したときの7ハウスはてんびん座を表すことからも同様の傾向が分かるため、他者との関係の中では熱量を重んじる人だといえます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの火星の相性 自分の7ハウスに、相手の火星 相性を見るダブルチャートにおいて、ホロスコープにおける 自分の7ハウスに、相手の火星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに相手のエネルギーや勢い、積極性などを表す火星が入ることになります。 よって、この関係では自身の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに相手のエネルギーや勢い、積極性などが強く影響するでしょう。 相手の積極的・情熱的な振る舞いから自分の人間関係に対する価値基準が影響されることが多いです。 そのため、相手が熱心に頑張っている人の場合は、自分の人間を見る目もかなりポジティブに影響を受けます。 しかし、怒りが渦巻いていたりするタイプの熱量の多さがあるとこちらも他者をひねくれてみるような視点が生まれてしまいます。 強い言葉に影響されやすいので冷静な対応を心がけるとバランスが取れると思います。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 相手の7ハウスに、自分の火星 相性を見るダブルチャートにおいて、ホロスコープにおける 相手の7ハウスに、自分の火星がある場合、相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに自分のエネルギーや勢い、積極性などを表す火星が入ることになります。 よって、この関係では相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに自分のエネルギーや勢い、積極性などが強く影響するでしょう。 自分の勢いがあって情熱的な振る舞いは相手の人生における人間関係の指針に影響を与えやすいです。 そのため、情熱的になっている時ほど行動を共にした方が相手にプラスになりますし、怒りで満ちている時ほどマイナスを与えます。 出来ればポジティブな野心があるときに、ともに同じものに向かって努力できると、その活動だけでなく、相手の人間関係の作り方に間接的にいい影響を与えられるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスのトランジット火星の運勢 7ハウスにトランジットの火星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスが、運行中の火星によって大きくクローズアップされます。 この時期は、他者との関係性を持つことに積極的になり、情熱をもって交友関係を広げていきます。 ただ交友関係を広げること自体に気持ちが行き過ぎる時があるので、自分の幸せのためにどんな交友関係が必要かも考えた方がいいでしょう。 また、情熱を共有したときに相手が穏やか乃なものを好むタイプだと面倒くさく思う場合があるので注意です。 他人に対して仲良くなりたいという気持ちは大切ですが、付き合い方は相手に合わせて買えるようにしてください。 なお、ホロスコープ上の火星の周期は2年弱なので、2年に一回、2カ月弱ほどこういう時が来るということを覚えておくと、この時はこういう時なんだと割り切ることができるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの木星 ホロスコープの 7ハウスに木星が入ったとき、上でも例示しましたが、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに、自分の拡大・幸運・発展などを表す木星などがかかわってきます。 人間関係を大きくすることで裕福で幸福になる傾向があり、まさしく人の中で幸せをつかんでいくタイプだといえます。 もちろん自分の努力なしには幸せは手に入れられませんが、他人と接する機会も多く人間関係の中で幸せを見つけ出せるチャンスは多くあります。 ただし、厳格な人と関係を持つ時は少し楽観的な部分を嫌がられる時があるので、その場合は合わないタイプだと割り切るか、自分なりにストイックさを磨いてみるといいでしょう。 性格を見るシングルチャートにおいて木星が7ハウスに入っている場合は、やはり、人間関係の中で幸せを見つける人で、包容力のある人を好む傾向があります。 相性を見るダブルチャートで自分の木星が相手の7ハウスに入っていた場合は、自分の拡大・幸運・発展などが相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに影響します。 反対に相手の木星が自分の7ハウスに入っていた場合は、相手の拡大・幸運・発展などが自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに影響します。 この時期は人間関係の充実を図りやすい時期なので、今までの関係性だけに固執しないで新たな関係性も築いていきましょう。 ただし、人間関係において楽観性が出るので、明らかに変な人と関係を持ったり、取り返しのつかない約束したりと、迂闊な行動も多くなりやすいです。 そうならない様に最低限の防衛ラインをしっかり持ちましょう 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの木星のソフトアスペクト ホロスコープの 7ハウスに入室した木星が他の天体等と ソフトアスペクトをとると、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスを強調するように木星が入ります。 そこに他の性質が調和するように加わるので、社会的な関係の発展によって得られる幸福感をサポートするように、アスペクトした天体が上手く力を貸してくれます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの木星と、3ハウスの天体がトライン 7ハウスの木星と、3ハウスの天体がトラインをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの木星に調和するように、知的活動やコミュニケーションのハウスである3ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの木星と3ハウスに入った天体がお互いに上手く調和しあって能力を発揮できるでしょう。 例えば、7ハウスにある木星に対して3ハウスにインナーチャイルドや感情などを表す木星が入ってトラインをとったとします。 その場合、7ハウス木星の他者との関係を大きくする中で幸福を得ようとする志向と3ハウス月の感情的で素直な好奇心やコミュニケーションが上手くかみ合います。 そのため、他者と感情を共有するような素直なコミュニケーションをとることで、より他者との関係性を広げていって幸福感を得られるでしょう。 他にも、11ハウスの天体とトラインをとることで、他者との関係を大きくする中で幸福を得ようとする志向と11ハウスのより広い意味での人脈やコミュニティーの形成が上手く調和するようにトラインが働きます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの木星と、9ハウスの天体がセミトライン 7ハウスの木星と、9ハウスの天体がセミトラインをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの木星に間接的に調和するように、専門的な探求心のハウスである9 ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの木星と9ハウスに入った天体が間接的に活かしあうような関係性になります。 例えば、7ハウスにある木星に対して9ハウスに規律や秩序、試練などを表す土星が入ってセミトラインをとったとします。 その場合、7ハウス木星の他者との関係を大きくする中で幸福を得ようとする志向と9ハウス土星のストイックで専門的な探求が間接的に力を貸し合います。 そのため、自分がストイックに探究したものが他者との関係性の発展に間接的につながって幸せに導いてくれるでしょう。 他にも、5ハウスの天体とセミトラインをとることで、他者との関係を大きくする中で幸福を得ようとする志向と5ハウスのより広い意味での遊びや趣味としての自己表現が間接的に生かし合うようにセミトラインが働きます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの木星のハードアスペクト ホロスコープの 7ハウスに入室した木星が他の天体等と ハードアスペクトをとると、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスを強調するように木星が入ります。 そこに他の性質が対立したり、かき乱すように加わってきたりするので、人間関係を発展させて自分の幸せを見つけようと思っても、対立する天体の性質によって邪魔されることが多くなります。 ただし、どんなハードアスペクトでも対立やかき乱される葛藤の中により大きな力が隠れているので、お互いの力のバランスをとることでより強力にお互いの力を活かすことも可能です。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの木星と、1ハウスの天体がオポジション 7ハウスの木星と、1ハウスの天体がオポジションをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの木星に対立するように自分自身を表す1ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの木星と1ハウスに入った天体がお互いに対立してぶつかり合うでしょう。 しかし、その対立を乗り越えることでお互いの力をより強く発揮できる可能性も秘めています。 例えば、7ハウスにある木星に対して1ハウスにエネルギーや勢い、積極性などを表す火星が入ってオポジションをとったとします。 その場合、7ハウス木星の他者との関係を大きくする中で幸福を得ようとする志向と1ハウス火星の元々ある積極性や勢いなどがぶつかってしまいがちです。 その為、バランスが取れないうちは積極的に他者に関わって交友関係を大きくしようとしても空回りしてしまって上手くいかないことが多いでしょう。 しかし、バランスがとれるようになると自分の元々持つ勢いを活かして交友関係を広げていき、最終的に幸せを手に入れられます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの木星と、4ハウスの天体がスクエア 7ハウスの木星と、4ハウスの天体がスクエアをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの木星を振り回すように自分の家庭や心の休まる場所を表す4ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの木星と4ハウスに入った天体がお互いに振り回し合ってしまいます。 しかし、その混乱を乗り越えることでお互いの力をより強く発揮できる可能性も秘めています。 例えば、7ハウスにある木星に対して4ハウスにチャンスや独創性などを表す天王星が入ってスクエアをとったとします。 その場合、7ハウス木星の他者との関係を大きくする中で幸福を得ようとする志向と4ハウス天王星の自分のプライベートをオリジナリティのあるものにしたいという思考が上手くかみ合いません。 その為、バランスが取れないうちは自分のプライベートを優先してしまい、他者とのかかわりが乏しいことで心の中が寂しい気持ちになるかもしれません。 しかし、バランスがとれるようになると他者との関係性の発展の中で自分のプライベートの確立ができるようになって、幸福感を得られるようになります。 他にも、10ハウスの天体とスクエアをとることで、他者との関係を大きくする中で幸福を得ようとする志向と10ハウスのより社会での最終目標の達成がお互いを邪魔し合ってしまいます。 しかし、最終的にお互いの方向性を一致させられると上手くいくようになるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの木星の性格 性格を見るシングルチャートのホロスコープにおける 7ハウスに木星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに自分の拡大・幸運・発展などを表す木星などがかかわります。 1人でいて幸せを育んでいくより人間関係の中で幸せを見つけていくタイプで、人間関係を大きくする傾向があります。 故に他人と接する機会も多く、異性と出会うチャンスも多いでしょう。 対人関係では運が良い傾向があり人間関係を豊かにしますが、時々悪い人と巡り合ってしまうこともあります。 その時のために、日ごろから人を見る目は養っておいた方がいいでしょう。 また人間関係においては穏やかに行きたい人なので、楽観主義な部分があります。 しかし、場合によってその楽観主義が思わぬ事態を招くことがあるので、締めるべきところはしっかりと占めることを心がけましょう。 なお、好みのタイプとしては包容力があって穏やかな人でしょう。 ハウスを12星座で表したときの7ハウスはてんびん座を表すことからも同様の傾向が分かるため、他者との関係を大きくしてその中で平穏に過ごすことを何よりも大切にする人だといえます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの木星の相性 自分の7ハウスに、相手の木星 相性を見るダブルチャートにおいて、ホロスコープにおける 自分の7ハウスに、相手の木星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに相手の拡大・幸運・発展などを表す木星が入ることになります。 よって、この関係では自身の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに相手の拡大・幸運・発展などが強く影響するでしょう。 相手の外向的な振る舞いから自分の人間関係に対する価値基準が影響されることが多いです。 そのため、相手が話下手だと意外とその話下手が移ったりします。 出来れば話下手な人だとしても、相手が積極的に他人と関わっている場面で一緒にいる方が自分にとってプラスがあります。 お互いに穏やかで気楽に感じる空間を過ごす方が、お互いの関係は育みやすいでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 相手の7ハウスに、自分の木星 相性を見るダブルチャートにおいて、ホロスコープにおける 相手の7ハウスに、自分の木星がある場合、相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに自分の拡大・幸運・発展などを表す木星が入ることになります。 よって、この関係では相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに自分の拡大・幸運・発展などが強く影響するでしょう。 自分の外向的振る舞いは相手の人生における人間関係の指針に影響を与えやすいです。 そのため、自分が内気だと相手に悪い影響を与えます。 もちろん話が上手じゃないといけないというわけではなく、話下手でも積極的に他者と関わっていく方が相手にもいい影響を与えられるでしょう。 出来れば相手をもっといろんな人がいる環境に連れていくと、お互いがお互いに及ぼす影響もよくなるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスのトランジット木星の運勢 7ハウスにトランジットの木星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスが、運行中の木星によって大きくクローズアップされます。 対人運がアップして出逢いも多くなりますので、今までの関係性だけに固執しないで新たな関係性も築いていきたいです。 今までの関係に固執すると異性などの出会いものがしやすく、最悪将来結婚するパートナーをも逃してしまう可能性があります。 もちろん出会うのは良い人ばかりではないので用心するべきですが、それでも警戒して積極的に行かないよりは自分の幸せに近づけるでしょう。 なお、ホロスコープ上の木星の周期は12年なので、12年に一回、1年ほどこういう時が来るということを覚えておくと、この日はこういう日なんだと割り切ることができるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの土星 ホロスコープの 7ハウスに土星が入ったとき、上でも例示しましたが、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに、自分の縮小・規律・試練などを表す土星などがかかわってきます。 そのため、人間関係にすこし苦手意識が強くなりがちで、なかなか他人と信頼関係を築けない傾向があります。 人間関係の構築は人生における試練であり、その試練を乗り越えるために多少の忍耐を必要とするでしょう。 しかし少しずつ時間をかけて関係を築いていくことで簡単には壊れない強固な関係を築けます。 性格を見るシングルチャートにおいて土星が7ハウスに入っている場合は、やはり、人間関係にすこし苦手意識が強くなりますが、真面目で誠実な人には段々と心を開いていくでしょう。 相性を見るダブルチャートで自分の土星が相手の7ハウスに入っていた場合は、自分の縮小・規律・試練などが相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに影響します。 反対に相手の土星が自分の7ハウスに入っていた場合は、相手の縮小・規律・試練などが自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに影響します。 他人と接しても礼儀を大事にすることを意識して、なかなか心を開けないでしょう。 ただ、その中でも誠実に接してくれる人に信頼を置けるようになるので、その誠実な人は今後も大切にしてください。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの土星のソフトアスペクト ホロスコープの 7ハウスに入室した土星が他の天体等と ソフトアスペクトをとると、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスを強調するように土星が入ります。 そこに他の性質が調和するように加わるので、礼節を重んじて他者との関係を築く中で、アスペクトした天体が上手く力を貸してくれます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの土星と、3ハウスの天体がトライン 7ハウスの土星と、3ハウスの天体がトラインをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの土星に調和するように、知的活動やコミュニケーションのハウスである3ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの土星と3ハウスに入った天体がお互いに上手く調和しあって能力を発揮できるでしょう。 例えば、7ハウスにある土星に対して3ハウスに拡大や幸運などを表す木星が入ってトラインをとったとします。 その場合、7ハウス土星の礼儀正しく他者との関係を作っていく志向と3ハウス木星の外向的な好奇心やコミュニケーションが上手くかみ合います。 そのため、自分が積極的に他者とコミュニケーションをとることで、自分の堅い人間関係もほぐれてきて、誠実な関係を作ることができます。 他にも、11ハウスの天体とトラインをとることで、礼儀正しく他者との関係を作っていく志向と11ハウスのより広い意味での人脈やコミュニティーの形成が上手く調和するようにトラインが働きます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの土星と、9ハウスの天体がセミトライン 7ハウスの土星と、9ハウスの天体がセミトラインをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの土星に間接的に調和するように、専門的な探求心のハウスである9 ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの土星と9ハウスに入った天体が間接的に活かしあうような関係性になります。 例えば、7ハウスにある土星に対して9ハウスに規律や秩序、試練などを表す土星が入ってセミトラインをとったとします。 その場合、7ハウス土星の礼儀正しく他者との関係を作っていく志向と9ハウス火星の熱心で専門的な探求が間接的に力を貸し合います。 そのため、自分が熱心に探究した成果により、誠実さをもって自分と他者との関係を作ることが可能になります。 他にも、5ハウスの天体とセミトラインをとることで、礼儀正しく他者との関係を作っていく志向と5ハウスのより広い意味での遊びや趣味としての自己表現が間接的に生かし合うようにセミトラインが働きます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの土星のハードアスペクト ホロスコープの 7ハウスに入室した土星が他の天体等と ハードアスペクトをとると、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスを強調するように土星が入ります。 そこに他の性質が対立したり、かき乱すように加わってきたりするので、誠実な人間関係を作ろうとしても、対立する天体の性質によって邪魔されることが多くなります。 ただし、どんなハードアスペクトでも対立やかき乱される葛藤の中により大きな力が隠れているので、お互いの力のバランスをとることでより強力にお互いの力を活かすことも可能です。 7ハウスの土星と、1ハウスの天体がオポジション 7ハウスの土星と、1ハウスの天体がオポジションをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの土星に対立するように自分自身を表す1ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの土星と1ハウスに入った天体がお互いに対立してぶつかり合うでしょう。 しかし、その対立を乗り越えることでお互いの力をより強く発揮できる可能性も秘めています。 例えば、7ハウスにある土星に対して1ハウスにエネルギーや勢い、積極性などを表す火星が入ってオポジションをとったとします。 その場合、7ハウス土星の礼儀正しく他者との関係を作っていく志向と1ハウス火星の元々ある積極性や勢いなどがぶつかってしまいがちです。 その為、バランスが取れないうちは自分の勢いのあるペースと相手と誠実にコミュニケーションをとりたい気持ちが上手くかみ合わずに悩むことも多いでしょう。 しかし、バランスがとれるようになると誠実さの中に情熱を持つことができ、関係性が良い豊かになります。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの土星と、4ハウスの天体がスクエア 7ハウスの土星と、4ハウスの天体がスクエアをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの土星を振り回すように自分の家庭や心の休まる場所を表す4ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの土星と4ハウスに入った天体がお互いに振り回し合ってしまいます。 しかし、その混乱を乗り越えることでお互いの力をより強く発揮できる可能性も秘めています。 例えば、7ハウスにある土星に対して4ハウスにチャンスや独創性などを表す天王星が入ってスクエアをとったとします。 その場合、7ハウス土星の礼儀正しく他者との関係を作っていく志向と4ハウス天王星の自分のプライベートをオリジナリティのあるものにしたいという思考が上手くかみ合いません。 その為、バランスが取れないうちは自分のプライベートにこもりがちになり、どうしても誠実な関係を作れない傾向があります。 しかし、バランスがとれるようになると自分のプライベートをおろそかにしないまま、信頼できる他者に自分を預けることができるようになるでしょう。 他にも、10ハウスの天体とスクエアをとることで、礼儀正しく他者との関係を作っていく志向と10ハウスのより社会での最終目標の達成がお互いを邪魔し合ってしまいます。 しかし、最終的にお互いの方向性を一致させられると上手くいくようになるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの土星の性格 性格を見るシングルチャートのホロスコープにおける 7ハウスに土星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに自分の縮小・規律・試練などを表す土星などがかかわります。 そのため、人間関係にすこし苦手意識が持つことになり、簡単には他人と信頼関係を築けないでしょう。 普段他人と接するときも、誠実に対応することを優先してしまって自分の気持ちを打ち明けられないかもしれません。 しかし、本当の誠実さは気持ちからくることを理解して、ゆっくりでいいので相手に対して自分の気持ちを伝えられるようになると、人間関係が豊かになっていきます。 そうして築いた関係はで簡単には壊れない強固な関係になります。 誠実な人を好む傾向があるので、まずは自分に対して誠実に接してくれる人に心を開けるよう努力しましょう。 ハウスを12星座で表したときの7ハウスはてんびん座を表すことからも同様の傾向が分かるため、他者との関係の上では誠実さを何よりも大切にする人だといえます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの土星の相性 自分の7ハウスに、相手の土星 相性を見るダブルチャートにおいて、ホロスコープにおける 自分の7ハウスに、相手の土星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに相手の縮小・規律・試練などを表す土星が入ることになります。 よって、この関係では自身の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに相手の縮小・規律・試練などが強く影響するでしょう。 相手の誠実な振る舞いから自分の人間関係に対する価値基準が影響されることが多いです。 しかし、ただ形式的に礼儀があるだけではなく、ちゃんと会話している人に対しての気持ちがないといい影響にはならないので、2人の仲でもちゃんと気持ちを大切にしてください。 なお、2人でいるときはゆっくりでいいので、お互いの気持ちを聞く姿勢も大切にすると関係が深まります。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 相手の7ハウスに、自分の土星 相性を見るダブルチャートにおいて、ホロスコープにおける 相手の7ハウスに、自分の土星がある場合、相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに自分の縮小・規律・試練などを表す土星が入ることになります。 よって、この関係では相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに自分の縮小・規律・試練などが強く影響するでしょう。 自分の誠実な振る舞いは相手の人生における人間関係の指針に影響を与えやすいです。 ただ、ちゃんと誠実な気持ちをもって取り組まないと見ている相手は悪い影響を受けます。 お互いに誠実に接しつつ、相手にとっての手本だと思って他者に対しても誠実に接したほうが、お互いにいい影響を与えながら関係を築けます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスのトランジット土星の運勢 7ハウスにトランジットの土星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスが、運行中の土星によって大きくクローズアップされます。 他人との関係にやや消極的になり、1人でいることを好む時期です。 他人と接しても礼儀を大事にすることを意識して、なかなか心を開けないでしょう。 ただ、この時期はたくさんの交友関係を持つよりも、少数の人に心から誠実に接することを求められる時です。 なので、消極的な時でも誠実に接してくれる人に対して、不器用でいいので誠実に接してみてください。 きっと深い信頼関係を見つけることができるでしょう。 なお、ホロスコープ上の土星の周期は29年なので、29年に一回、2年半ほどこういう時が来るということを覚えておくと、この日はこういう日なんだと割り切ることができるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの天王星 ホロスコープの 7ハウスに天王星が入ったとき、上でも例示しましたが、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに、自分の変革・チャンス・独創性などを表す天王星などがかかわってきます。 そのため、他者との関係性をよりユニークに刺激的なものにしたいと思う傾向があります。 常識にはとらわれずに人間関係を作っていくので、変わり者の友達も多いでしょう。 ただ、関係性が持続しないことも多く、みるたびに違う人と仲がいいこともありそうです。 性格を見るシングルチャートにおいて天王星が7ハウスに入っている場合は、やはり、他者との関係性をよりユニークにしたいと思う傾向があり、パートナーにも個性的な人を望みます。 相性を見るダブルチャートで自分の天王星が相手の7ハウスに入っていた場合は、自分の変革・チャンス・独創性などが相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに影響します。 反対に相手の天王星が自分の7ハウスに入っていた場合は、相手の変革・チャンス・独創性などが自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに影響します。 今まで関係を持っていた人と違う人を好むようになり、人間関係が大きく変わる可能性すらあります。 ただ、今までの人間関係をおざなりにしやすいので、継続させたい関係には適当な対応をしないでちゃんと相手を大切にしましょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの天王星のソフトアスペクト ホロスコープの 7ハウスに入室した天王星が他の天体等と ソフトアスペクトをとると、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスを強調するように天王星が入ります。 そこに他の性質が調和するように加わるので、個性的な人間関係によって得られる充実感に対して、アスペクトした天体が上手く力を貸してくれます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの天王星と、3ハウスの天体がトライン 7ハウスの天王星と、3ハウスの天体がトラインをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの天王星に調和するように、知的活動やコミュニケーションのハウスである3ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの天王星と3ハウスに入った天体がお互いに上手く調和しあって能力を発揮できるでしょう。 例えば、7ハウスにある天王星に対して3ハウスに拡大や幸運などを表す木星が入ってトラインをとったとします。 その場合、7ハウス天王星の個性的な人間関係を作っていく志向と3ハウス木星の外向的な好奇心やコミュニケーションが上手くかみ合います。 そのため、自分が積極的に他者とコミュニケーションをとることで、個性的な人を呼びよせ、最終的にいろんな考え方を受容できるような人間関係を作っていくでしょう。 他にも、11ハウスの天体とトラインをとることで、個性的な人間関係を作っていく志向と11ハウスのより広い意味での人脈やコミュニティーの形成が上手く調和するようにトラインが働きます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの天王星と、9ハウスの天体がセミトライン 7ハウスの天王星と、9ハウスの天体がセミトラインをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの天王星に間接的に調和するように、専門的な探求心のハウスである9 ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの天王星と9ハウスに入った天体が間接的に活かしあうような関係性になります。 例えば、7ハウスにある天王星に対して9ハウスに規律や秩序、試練などを表す土星が入ってセミトラインをとったとします。 その場合、7ハウス天王星の個性的な人間関係を作っていく志向と9ハウス土星のストイックで専門的な探求が間接的に力を貸し合います。 そのため、自分がストイックに探究したものが、思わぬ形で自分の常識を外し、他者との個性的な関係性の発展に間接的につながるでしょう。 他にも、5ハウスの天体とセミトラインをとることで、個性的な人間関係を作っていく志向と5ハウスのより広い意味での遊びや趣味としての自己表現が間接的に生かし合うようにセミトラインが働きます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの天王星のハードアスペクト ホロスコープの 7ハウスに入室した天王星が他の天体等と ハードアスペクトをとると、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスを強調するように天王星が入ります。 そこに他の性質が対立したり、かき乱すように加わってきたりするので、個性的な人間関係を作って、自分の心の居場所を得ようとしても、対立する天体の性質によって邪魔されることが多くなります。 ただし、どんなハードアスペクトでも対立やかき乱される葛藤の中により大きな力が隠れているので、お互いの力のバランスをとることでより強力にお互いの力を活かすことも可能です。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの天王星と、1ハウスの天体がオポジション 7ハウスの天王星と、1ハウスの天体がオポジションをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの天王星に対立するように自分自身を表す1ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの天王星と1ハウスに入った天体がお互いに対立してぶつかり合うでしょう。 しかし、その対立を乗り越えることでお互いの力をより強く発揮できる可能性も秘めています。 例えば、7ハウスにある天王星に対して1ハウスにエネルギーや勢い、積極性などを表す火星が入ってオポジションをとったとします。 その場合、7ハウス天王星の個性的な人間関係を作っていく志向と1ハウス火星の元々ある積極性や勢いなどがぶつかってしまいがちです。 その為、バランスが取れないうちは自分の勢いのあるペースによって他人の個性を害するような行動に走ってしまい、個性的な他者と接する機会を逃すことがあるでしょう。 しかし、バランスがとれるようになると自分の熱を上手くコントロールしつつ、他者と接することができるので、個性的な人間関係を育んで、より広いスケールの価値観を持てるようになります。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの天王星と、4ハウスの天体がスクエア 7ハウスの天王星と、4ハウスの天体がスクエアをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの天王星を振り回すように自分の家庭や心の休まる場所を表す4ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの天王星と4ハウスに入った天体がお互いに振り回し合ってしまいます。 しかし、その混乱を乗り越えることでお互いの力をより強く発揮できる可能性も秘めています。 例えば、7ハウスにある天王星に対して4ハウスに感性や直感などを表す海王星が入ってスクエアをとったとします。 その場合、7ハウス天王星の個性的な人間関係を作っていく志向と4ハウス海王星のフィーリングでプライベートを豊かにしたい思考が上手くかみ合いません。 その為、いろんな考え方が入ってくることで混乱し、自分の心地よいプライベートの確立ができないかもしれません。 しかし、バランスがとれるようになるといろんな考え方を許容して人間関係を作りつつ、自分の個性とフィーリングを大事にしてプライベートも充実させられるようになるでしょう。 他にも、10ハウスの天体とスクエアをとることで、個性的な人間関係を作っていく志向と10ハウスのより社会での最終目標の達成がお互いを邪魔し合ってしまいます。 しかし、最終的にお互いの方向性を一致させられると上手くいくようになるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの天王星の性格 性格を見るシングルチャートのホロスコープにおける 7ハウスに天王星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに自分の変革・チャンス・独創性などを表す天王星などがかかわります。 そのため、他者との関係性をよりユニークに刺激的なものにしたいと思う傾向があります。 変わった考え方でも受け入れることができ、自分も他人に対して変わったところを見せていきます。 その為、他人からもいろんな変化をもたらされることになり、その時の人間関係によって生き方が大きく変わることもあるでしょう。 ただし、安定を求めることが難しいので、同じ人とずっと同じ関係性を持つより、同じ人でも関係性を変えながら付き合っていく方が、付き合い自体は長続きします なお、好みのタイプは独自の考え方や先進的な考え方を持った人で、常識にとらわれない人だとなお良いでしょう。 ハウスを12星座で表したときの7ハウスはてんびん座を表すことからも同様の傾向が分かるため、他者との関係の変化を何よりも大切にする人だといえます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの天王星の相性 自分の7ハウスに、相手の天王星 相性を見るダブルチャートにおいて、ホロスコープにおける 自分の7ハウスに、相手の天王星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに相手の変革・チャンス・独創性などを表す天王星が入ることになります。 よって、この関係では自身の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに相手の変革・チャンス・独創性などが強く影響するでしょう。 相手の個性的な振る舞いから自分の人間関係に対する価値基準が影響されることが多いです。 ゆえに、個性的な部分を見習っておくと、自分の感性の幅が広がっていろんな考えの人を受け入れられるようになります。 反対にこの関係で普通のことをすると、感性の幅が狭まって同じ考え方に固まってしまうことになるでしょう。 なるべく変化のあることを一緒に経験することでも、受容の幅が広がっていい関係になれるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 相手の7ハウスに、自分の天王星 相性を見るダブルチャートにおいて、ホロスコープにおける 相手の7ハウスに、自分の天王星がある場合、相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに自分の変革・チャンス・独創性などを表す天王星が入ることになります。 よって、この関係では相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに自分の変革・チャンス・独創性などが強く影響するでしょう。 自分の個性的な振る舞いは相手の人生における人間関係の指針に影響を与えやすいです。 故に、自分独自の考え方や独特の行動などをこの人の前では出していった方が、相手によって常識をいい意味で破るヒントとなります。 ただし、やりすぎると常軌を逸した行動に走り出すことがあるので、節度は保ってください。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスのトランジット天王星の運勢 7ハウスにトランジットの天王星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスが、運行中の天王星によって大きくクローズアップされます。 故にこの時期は、変わった人と関係を持ちたくなる時期で、今まで関係を持っていた人と違う人を好むようになります。 自分の行動次第では、人間関係が大きく変わる可能性すらありますので、今の環境をよりいいものにしたい人は、この時期にいい意味での変化を追求していく必要があるでしょう。 ただ、今までの人間関係をおざなりにしやすいので、継続させたい関係には適当な対応をしないでちゃんと相手を大切にしてください。 なお、ホロスコープ上の天王星の周期は84年なので、人生に一回、7年ほどこういう時が来るということを覚えておくと、この時はこういう時なんだと割り切ることができるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの海王星 ホロスコープの 7ハウスに海王星が入ったとき、上でも例示しましたが、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに、自分の幻想・感覚・感情などを表す海王星などがかかわってきます。 そのため、対人関係は直感的に行う傾向が強いので、共感能力が高いといえます。 しかし、それによって変な気を使ったり、いらぬことをしてしまったりすることもあり、場合によっては対人関係にコンプレックスがあることもあります。 故に内気になりやすいのですが、信頼した相手には自分の理想を打ち明ける部分もあるので、結構ロマンチストとも言われます。 性格を見るシングルチャートにおいて海王星が7ハウスに入っている場合は、やはり、共感能力が高いのですがコンプレックスを持っている場合もありそうです。 相性を見るダブルチャートで自分の海王星が相手の7ハウスに入っていた場合は、自分の幻想・感覚・感情などが相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに影響します。 反対に相手の海王星が自分の7ハウスに入っていた場合は、相手の幻想・感覚・感情などが自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに影響します。 故に意図的に人間関係をセーブしないとメンタル面がやられてしまう可能性があります。 しかし、センシティブになることで空想の世界を広げ、芸術の方に昇華できる可能性もあるので、一概に悪い事ばかりではありません。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの海王星のソフトアスペクト ホロスコープの 7ハウスに入室した海王星が他の天体等と ソフトアスペクトをとると、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスを強調するように海王星が入ります。 そこに他の性質が調和するように加わるので、共感による直感的な対人関係の充実に、アスペクトした天体が上手く力を貸してくれます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの海王星と、3ハウスの天体がトライン 7ハウスの海王星と、3ハウスの天体がトラインをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの海王星に調和するように、知的活動やコミュニケーションのハウスである3ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの海王星と3ハウスに入った天体がお互いに上手く調和しあって能力を発揮できるでしょう。 例えば、7ハウスにある海王星に対して3ハウスに拡大や幸運などを表す木星が入ってトラインをとったとします。 その場合、7ハウス海王星の共感的に人間関係を作っていく志向と3ハウス木星の外向的な好奇心やコミュニケーションが上手くかみ合います。 そのため、自分が積極的に他者とコミュニケーションをとることで、自分の共感しやすい部分を相手から引き出し、人間関係が豊かになって精神的にも安定するでしょう。 他にも、11ハウスの天体とトラインをとることで、共感的に人間関係を作っていく志向と11ハウスのより広い意味での人脈やコミュニティーの形成が上手く調和するようにトラインが働きます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの海王星と、9ハウスの天体がセミトライン 7ハウスの海王星と、9ハウスの天体がセミトラインをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの海王星に間接的に調和するように、専門的な探求心のハウスである9 ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの海王星と9ハウスに入った天体が間接的に活かしあうような関係性になります。 例えば、7ハウスにある海王星に対して9ハウスに規律や秩序、試練などを表す土星が入ってセミトラインをとったとします。 その場合、7ハウス海王星の共感的に人間関係を作っていく志向と9ハウス土星のストイックで専門的な探求が間接的に力を貸し合います。 そのため、自分がストイックに探究したものが自分の感性となって他者との関係性の発展に間接的につながり、精神的な安定に導いてくれるでしょう。 他にも、5ハウスの天体とセミトラインをとることで、共感的に人間関係を作っていく志向と5ハウスのより広い意味での遊びや趣味としての自己表現が間接的に生かし合うようにセミトラインが働きます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの海王星のハードアスペクト ホロスコープの 7ハウスに入室した海王星が他の天体等と ハードアスペクトをとると、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスを強調するように海王星が入ります。 そこに他の性質が対立したり、かき乱すように加わってきたりするので、共感によって人間関係を充実させ、自分の心の居場所を得ようと思っても、対立する天体の性質によって邪魔されることが多くなります。 ただし、どんなハードアスペクトでも対立やかき乱される葛藤の中により大きな力が隠れているので、お互いの力のバランスをとることでより強力にお互いの力を活かすことも可能です。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの海王星と、1ハウスの天体がオポジション 7ハウスの海王星と、1ハウスの天体がオポジションをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの海王星に対立するように自分自身を表す1ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの海王星と1ハウスに入った天体がお互いに対立してぶつかり合うでしょう。 しかし、その対立を乗り越えることでお互いの力をより強く発揮できる可能性も秘めています。 例えば、7ハウスにある海王星に対して1ハウスにエネルギーや勢い、積極性などを表す火星が入ってオポジションをとったとします。 その場合、7ハウス海王星の共感的に人間関係を作っていく志向と1ハウス火星の元々ある積極性や勢いなどがぶつかりがちです。 その為、バランスが取れないうちは自分の勢いのあるペースと他者に共感したい気持ちが上手くかみ合わずにナイーブになるかもしれません。 しかし、バランスがとれるようになると自分の元々持つ勢いを殺さずに他者に対して共感を示せるようになり、気持ち的にも豊かになるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの海王星と、4ハウスの天体がスクエア 7ハウスの海王星と、4ハウスの天体がスクエアをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの海王星を振り回すように自分の家庭や心の休まる場所を表す4ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの海王星と4ハウスに入った天体がお互いに振り回し合ってしまいます。 しかし、その混乱を乗り越えることでお互いの力をより強く発揮できる可能性も秘めています。 例えば、7ハウスにある海王星に対して4ハウスにチャンスや独創性などを表す天王星が入ってスクエアをとったとします。 その場合、7ハウス海王星の共感的に人間関係を作っていく志向と4ハウス天王星の自分のプライベートをオリジナリティのあるものにしたいという思考が上手くかみ合いません。 その為、バランスが取れないうちは他者となかなかうまくかかわることができず、自分の殻にこもってプライベートに力を入れがちになり、どこかナイーブな時間が続くでしょう。 しかし、バランスがとれるようになると自分のプライベートでの独創性と他者に対する共感が上手くいくようになって、気持ち的にも楽になってきます。 他にも、10ハウスの天体とスクエアをとることで、共感的に人間関係を作っていく志向と10ハウスのより社会での最終目標の達成がお互いを邪魔し合ってしまいます。 しかし、最終的にお互いの方向性を一致させられると上手くいくようになるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの海王星の性格 性格を見るシングルチャートのホロスコープにおける 7ハウスに海王星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに自分の幻想・感覚・感情などを表す海王星などがかかわります。 そのため、対人関係は直感的に行う傾向が強いので、共感能力が高いといえます。 他者と心通わせるのが得意で、感情のあるコミュニケーションを行えるでしょう。 しかし、その共感能力の高さによってネガティブな感情に左右されやすいです。 変な気を使ったり、いらぬことをしてしまったりすることもあり、場合によっては対人関係にコンプレックスを持っていることもありそうです。 内面的にはロマンチストで発想豊かなので、他者と仲良くなればそういう面も出します。 なお、好みのタイプはやはり感覚的で夢に生きる人でしょう。 ハウスを12星座で表したときの7ハウスはてんびん座を表すことからも同様の傾向が分かるため、他者との共感による平穏を何よりも大切にする人だといえます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの海王星の相性 自分の7ハウスに、相手の海王星 相性を見るダブルチャートにおいて、ホロスコープにおける 自分の7ハウスに、相手の海王星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに相手の幻想・感覚・感情などを表す海王星が入ることになります。 よって、この関係では自身の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに相手の幻想・感覚・感情などが強く影響するでしょう。 相手の感覚的な振る舞いから自分の人間関係に対する価値基準が影響されることが多いです。 故に言葉ではなく行動を真似していく方が自分のヒントとなる面は多いです。 ただし、ナイーブな面まで真似すると自分の気持ちが落ちていくので、そこは相手と自分を切り離した方がいいでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 相手の7ハウスに、自分の海王星 相性を見るダブルチャートにおいて、ホロスコープにおける 相手の7ハウスに、自分の海王星がある場合、相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに自分の幻想・感覚・感情などを表す海王星が入ることになります。 よって、この関係では相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに自分の幻想・感覚・感情などが強く影響するでしょう。 自分の感覚的な振る舞いは相手の人生における人間関係の指針に影響を与えやすいです。 ただし、神経質な部分を相手に見せると悪いお手本になるので、なるべく避けましょう。 フィーリングを大切にしつつ、自分の気持ちは素直に出せるようにすると相手にもいい影響を与えますし、仲良くもなれるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスのトランジット海王星の運勢 7ハウスにトランジットの海王星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスが、運行中の海王星によって大きくクローズアップされます。 対人関係でいつもよりセンシティブになり、感覚が鋭くなるので人の感情が分かりやすくなります。 結果、共感能力が高くなるので感情的な人とは仲良くなりやすいです。 ただし、ネガティブな感情にも当然反応しやすくなりますので、情報過多でナイーブになってしまいやすいです。 相手に対して共感してあげるのは大切ですが、自分をネガティブな感情に引っ張ってくる人とは付き合わない方がいいでしょう。 なおこの時期の感覚は芸術面に昇華するような発想に転換できるので、発想力豊かに生きていける時です。 なお、ホロスコープ上の海王星の周期は165 年なので、人生で一回、14年ほどこういう時が来るかもしれないということを覚えておくと、この時はこういう時なんだと割り切ることができるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの冥王星 ホロスコープの 7ハウスに冥王星が入ったとき、上でも例示しましたが、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに、自分の破壊・再生、無意識的な高いエネルギーなどを表す冥王星などがかかわってきます。 そのため、人間関係においても相手に与える圧がある人です。 いい意味で出れば、カリスマ性として多くの人に受け入れられますし、悪い良いで出れば非常に高圧的な人と出る場合があります。 いずれにしても他者に対して支配欲が強い人ではあるでしょう。 性格を見るシングルチャートにおいて冥王星が7ハウスに入っている場合は、やはり、人間関係においても相手に与える圧がある人で、カリスマ的な部分と高圧的な部分を紙一重でもっています。 相性を見るダブルチャートで自分の冥王星が相手の7ハウスに入っていた場合は、自分の破壊・再生、無意識的な高いエネルギーなどが相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに影響します。 反対に相手の冥王星が自分の7ハウスに入っていた場合は、相手の破壊・再生、無意識的な高いエネルギーなどが自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに影響します。 ただ、他人に対して誠実に接することを心がけると、だんだんとカリスマ性が出てきます。 相手に対して圧をかけやすい分、ちゃんと相手を大切にすることを心がけてください。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの冥王星のソフトアスペクト ホロスコープの 7ハウスに入室した冥王星が他の天体等と ソフトアスペクトをとると、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスを強調するように冥王星が入ります。 そこに他の性質が調和するように加わるので、社会的な関係を支配することによって得られる充実感に対して、アスペクトした天体が上手く力を貸してくれます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの冥王星と、3ハウスの天体がトライン 7ハウスの冥王星と、3ハウスの天体がトラインをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの冥王星に調和するように、知的活動やコミュニケーションのハウスである3ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの冥王星と3ハウスに入った天体がお互いに上手く調和しあって能力を発揮できるでしょう。 例えば、7ハウスにある冥王星に対して3ハウスに拡大や幸運などを表す木星が入ってトラインをとったとします。 その場合、7ハウス冥王星の支配的に人間関係を作っていく志向と3ハウス木星の外向的な好奇心やコミュニケーションが上手くかみ合います。 そのため、自分が積極的に他者とコミュニケーションをとることで、自分の周りの人間関係を自分中心に作ることができます。 他にも、11ハウスの天体とトラインをとることで、支配的に人間関係を作っていく志向と11ハウスのより広い意味での人脈やコミュニティーの形成が上手く調和するようにトラインが働きます。 ただし、極端さがあるので突然他者を突き放したくなりますので、関係性をゼロにしてしまわないように注意です。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの冥王星と、9ハウスの天体がセミトライン 7ハウスの冥王星と、9ハウスの天体がセミトラインをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの冥王星に間接的に調和するように、専門的な探求心のハウスである9 ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの冥王星と9ハウスに入った天体が間接的に活かしあうような関係性になります。 例えば、7ハウスにある冥王星に対して9ハウスに規律や秩序、試練などを表す土星が入ってセミトラインをとったとします。 その場合、7ハウス冥王星の支配的に人間関係を作っていく志向と9ハウス土星のストイックで専門的な探求が間接的に力を貸し合います。 そのため、自分がストイックに探究したもの自分を中心とした人間関係の構築に間接的につながってきます。 他にも、5ハウスの天体とセミトラインをとることで、支配的に人間関係を作っていく志向と5ハウスのより広い意味での遊びや趣味としての自己表現が間接的に生かし合うようにセミトラインが働きます。 ただし、極端な行動で他者を突き放したり、反対に付きまといすぎたりすることがあるので、適切な距離感を心がけましょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの冥王星のハードアスペクト ホロスコープの 7ハウスに入室した冥王星が他の天体等と ハードアスペクトをとると、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスを強調するように冥王星が入ります。 そこに他の性質が対立したり、かき乱すように加わってきたりするので、人間関係を自分中心に充実させようと思っても、対立する天体の性質によって邪魔されることが多くなります。 ただし、どんなハードアスペクトでも対立やかき乱される葛藤の中により大きな力が隠れているので、お互いの力のバランスをとることでより強力にお互いの力を活かすことも可能です。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの冥王星と、1ハウスの天体がオポジション 7ハウスの冥王星と、1ハウスの天体がオポジションをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの冥王星に対立するように自分自身を表す1ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの冥王星と1ハウスに入った天体がお互いに対立してぶつかり合うでしょう。 しかし、その対立を乗り越えることでお互いの力をより強く発揮できる可能性も秘めています。 例えば、7ハウスにある冥王星に対して1ハウスにエネルギーや勢い、積極性などを表す火星が入ってオポジションをとったとします。 その場合、7ハウス冥王星の支配的に人間関係を作っていく志向と1ハウス火星の元々ある積極性や勢いなどがぶつかってしまいがちです。 その為、バランスが取れないうちは自分の勢いのあるペースと他者との関係で優位に立ちたい気持ちがお互いに刺激してしまって、他人に過度な行動をしてしまいます。 しかし、バランスがとれるようになると相手に情熱を伝えつつ、自分の支配欲も高められるような関係性を作っていくことができます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの冥王星と、4ハウスの天体がスクエア 7ハウスの冥王星と、4ハウスの天体がスクエアをとった場合、対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスの冥王星を振り回すように自分の家庭や心の休まる場所を表す4ハウスの天体がアスペクトをとります。 その結果、7ハウスの冥王星と4ハウスに入った天体がお互いに振り回し合ってしまいます。 しかし、その混乱を乗り越えることでお互いの力をより強く発揮できる可能性も秘めています。 例えば、7ハウスにある冥王星に対して4ハウスにチャンスや独創性などを表す天王星が入ってスクエアをとったとします。 その場合、7ハウス冥王星の支配的に人間関係を作っていく志向と4ハウス天王星の自分のプライベートをオリジナリティのあるものにしたいという思考が上手くかみ合いません。 その為、バランスが取れないうちは自分のプライベートのリズムに過度に合わせてももらおうとする意識が出て、他人との関係が上手くいかないことが多くなります。 しかし、バランスがとれるようになると自分のプライベートでの独創性と支配的でもお互いに楽な関係を作ることができるようになります。 他にも、10ハウスの天体とスクエアをとることで、支配的に人間関係を作っていく志向と10ハウスのより社会での最終目標の達成がお互いを邪魔し合ってしまいます。 しかし、最終的にお互いの方向性を一致させられると上手くいくようになるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの冥王星の性格 性格を見るシングルチャートのホロスコープにおける 7ハウスに冥王星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに自分の破壊・再生、無意識的な高いエネルギーなどを表す冥王星などがかかわります。 そのため、人間関係においても無意識に相手に与える圧がある人です。 本人には意識がないですがカリスマ性を秘めている人で、他者を支配して大きな組織の上に建てる才能があります。 ただし、ちゃんと自覚して他者に誠実に接しようとしないと、非常に高圧的な人と思われて敬遠される可能性もあります。 どう転んでも印象が強くなりやすいので、優しさや柔らかさは常に意識して接する方がいいでしょう。 ハウスを12星座で表したときの7ハウスはてんびん座を表すことからも同様の傾向が分かるため、人間関係の支配を無意識に大切にする人だといえます。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスの冥王星の相性 自分の7ハウスに、相手の冥王星 相性を見るダブルチャートにおいて、ホロスコープにおける 自分の7ハウスに、相手の冥王星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに相手の破壊・再生、無意識的な高いエネルギーなどを表す冥王星が入ることになります。 よって、この関係では自身の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに相手の破壊・再生、無意識的な高いエネルギーなどが強く影響するでしょう。 相手の支配的な振る舞いから自分の人間関係に対する価値基準が影響されることが多いです。 支配的と言っても上から目線ではなく、他者に対して的確に命令したり、心をつかんだりする行動が自分にとっていい影響を与えます。 ただ、この影響は教区たんなので、相手が高圧的に他者を従えようとしていたりするところに影響されると、自分の印象が強く鋭いものになってしまう可能性もあるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 相手の7ハウスに、自分の冥王星 相性を見るダブルチャートにおいて、ホロスコープにおける 相手の7ハウスに、自分の冥王星がある場合、相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスに自分の破壊・再生、無意識的な高いエネルギーなどを表す冥王星が入ることになります。 よって、この関係では相手の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などに自分の破壊・再生、無意識的な高いエネルギーなどが強く影響するでしょう。 自分の支配的な振る舞いは相手の人生における人間関係の指針に影響を与えやすいです。 ただし、他人に対してなりふり構わず命令するのではなく、ちゃんと的確に相手にやる気を起こさせるように指示している姿に相手へのいい影響があります。 自分がどうみられているのかを意識して、他人と接するようにしましょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスのトランジット冥王星の運勢 7ハウスにトランジットの冥王星がある場合、自分の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表す7ハウスが、運行中の冥王星によって大きくクローズアップされます。 結果として、他人に対して支配欲が強くなり、権力や地位を欲しがる時です。 そこに向かって努力するのはいいことですが、無意識に高圧的な態度をとりやすいので日ごろの態度には注意しましょう。 他人に対して誠実に接することを心がけると、だんだんとカリスマ性を発揮できるようになります。 なので、自分の目標に向かって地道に努力しつつ、他者に対してはやる気を起こさせるような接し方をするといいでしょう。 なお、ホロスコープ上の冥王星の周期は248年と半年なので、人生に一回、12年~32年ほどこういう時が来るかもしれないということを覚えておくと、この時はこういう時なんだと割り切ることができるでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 他の天体・感受点はこちらから! 7ハウスと星座 西洋占星術におけるホロスコープの 7ハウスと星座の関係は、天体同様に存在します さらに言えば、ホロスコープの中を自由に回転する天体とは違い、12星座は円状に並んでいるので、ハウスの中にかならず12星座の内の1つの星座が入ります。 厳密にいえばハウスはホロスコープの360度の内、30度を受け持つことになるので、星座の切り替え部分がハウスに被る場合が多くありますが、7ハウスに限らずそのハウスのカスプ 始まりの境界線 にある星座をみてそのハウスの星座とします。 ここまで7ハウスと、各天体についての関係性をみてきましたが、天体が星座に置き換わっても大体見方は同じです。 7ハウスは、その人の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などを表すハウスなので、7ハウスに入室した星座のキャラクターや性格の影響が、対人関係での自分が表に出す部分や自分の好みの異性の傾向などを表します。 金星を支配星に持つおうし座(牡牛座)などを7ハウスに持てば、他人との関係の中でもマイペースで美しい人を好む傾向があります。 土星を支配星に持つやぎ座(山羊座)などを持てば、対人関係を大きくはしませんが相手に対して誠実に応対します。 このように、7ハウスと天体の関係と同じように、7ハウスと星座の関係も読んでいくことができます。 なお、7ハウスに天体がない場合でも、上記のように、星座を使えば、その人の傾向は読めますが、天体がない分あまり強調されないので、その方向性があまり色濃く表れてこないしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 7ハウスのおひつじ座(牡羊座) 西洋占星術におけるホロスコープにおいて 7ハウスのおひつじ座(牡羊座)がある場合、7ハウスがその人の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向などが、おひつじ座(牡羊座)の性格に影響されます。 おひつじ座(牡羊座)は積極性や行動力、また自分で決める意志の強さなどを表す活動宮の火の星座なので他者に対しても素直で好奇心旺盛にかかわっていくでしょう。 どんな時でも真っすくに相手に向かうので自信があるときの行動や言動は信用できます。 反対に素直すぎるので、他人に嘘をついても態度に出てしまうことが多く、隠し通せないでしょう。 素直で勢いがあるところは、おひつじ座(牡羊座)の支配星である火星からも読み取ることができます。 恋愛をするときも同様であまり小難しいことができないので、相手に好きという気持ちを正直に表していくでしょう。 ただ、おひつじ座(牡羊座)はこどもっぽいところがあるので、人間関係でいやなことがあるとふてくされてしまう傾向があります。 その場合は自分の機嫌をちゃんととるようにしないと、いつまでたっても嫌なことを作った相手と仲直りができないでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 7ハウスのおうし座(牡牛座) 西洋占星術におけるホロスコープにおいて 7ハウスのおうし座(牡牛座)がある場合、7ハウスがその人の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向がおうし座(牡牛座)の性格に影響されます。 おうし座(牡牛座)はセンスや才能、また所有などを表す固定宮の地の星座で、他人との付き合いでも感覚を大切にしてマイペースな傾向があります。 あまり多くの関係を望まず、少数の人と深いかかわりを望む傾向にあります。 信頼する人にはかなり優しくなるのが他人に対するおうし座(牡牛座)の愛情の示し方でしょう。 おうし座(牡牛座)の支配星は金星であるため、普段の生活から感覚的に持っている美しさや楽しさを追求する傾向があり、人間関係にもそれを求めます。 楽しさや美しさなどの感覚的な快感がないと人間関係に乗る気にならないので、どうしても交流すべき人でも会うことに対して足取りが重くなります。 基本は狭い世界で変化しない関係を望んでいますので、人間関係の変化はつらく感じるものもあるかもしれません。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 7ハウスのふたご座(双子座) 西洋占星術におけるホロスコープにおいて 7ハウスのふたご座(双子座)がある場合、7ハウスもその人の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向にふたご座(双子座)の性格が影響します。 ふたご座(双子座)がコミュニケーションや知的好奇心、また伝達などを表す柔軟宮の風の星座で人間関係を始めとしたあらゆることに興味を持ち、コミュニケーションを通して知識や関係を深めていきます。 それはふたご座(双子座)の支配星である水星からも読みとることができ、知的好奇心によって人間関係を構築しやすいでしょう。 ただし、柔軟宮であるがゆえに他人の言葉に惑わされたり変な人からでたらめな情報を信じ込まされたりすることもあります。 自分の意見をしっかり持つことがあまりなく周りに合わせながら豊かな知識で人間関係を発展させようとします。 しかし、時にちゃんと自分の意見を持たないと信用されないこともありますので、情報を手に入れたらちゃんと取捨選択して自分の意見を作っていくことも大切です。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 7ハウスのかに座(蟹座) 西洋占星術におけるホロスコープにおいて 7ハウスのかに座(蟹座)がある場合、7ハウスがその人の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向にかに座(蟹座)の性格が影響します。 かに座(蟹座)は母性や自分の内側、献身などを表す活動宮の水の星座で他者に対しての思いやりと共感を持って接していきます。 ただ、かに座(蟹座)の場合はより親密な人を守るために思いやりと共感が働くことが多く、あまり関係が深くない人は軽くあしらうこともあります。 その代わり、自分が大切にする関係性ではまるで母親のように相手のことを心配し、思いやりを持って接していくでしょう。 かに座(蟹座)の支配星が月であることからも、母性や共感などは読み取れます。 他者に尽くす傾向がある反面、少し自分も甘やかしてほしい気持ちがあるので、それをちゃんと伝えるようにしてください。 また、親しい他人中心で生きるのでその人たちの意見に流されやすく、やりたくないことでも頼まれるとNoといえない傾向があるので注意しましょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 7ハウスのしし座(獅子座) 西洋占星術におけるホロスコープにおいて 7ハウスのしし座(獅子座)がある場合、7ハウスがその人の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向にしし座(獅子座)の性格が影響します。 しし座(獅子座)は自己顕示欲や自分の社会性、栄光などを表す固定宮の火の星座で、他人とのかかわりを何よりも大切にします。 その為、情熱をもって自分の持っている関係性を大事にしていくでしょう。 ただ、それは人間関係の大きさが自分という人間の大きさだと思っているからでもあります。 従って人間関係が壊されるとプライドを傷つけられたように激怒する場合があるので、あまり人間関係の変化は望まない人です。 しし座(獅子座)の支配星が太陽なので、そこからも人間関係を人生の中心としていることが伺えます。 ただもちろん他者を大切に思う気持ちはちゃんとあるので、自信をもって他人を大切にしていくでしょう。 なお、この人は人間関係のなかでヒーローの様なカッコよさを純粋に求めている部分があるので、すこし他人に対して大げさな手助けをすることもあります。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 7ハウスのおとめ座(乙女座) 西洋占星術におけるホロスコープにおいて 7ハウスのおとめ座(乙女座)がある場合、7ハウスがその人の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向におとめ座(乙女座)の性格が影響します。 おとめ座(乙女座)は細かい気配りや合理主義、神経質などを表す柔軟宮の地の星座で、他者との関係性のなかで細かい気配りができる人です。 しかも、その行動は合理的な理由に基づいているので無駄がなく、他者をサポートしていきます。 その部分はおとめ座(乙女座)の支配星が知性と好奇心をつかさどる水星であることからも伺い知ることができます。 そのサポート力は星座の中では一番といっても過言ではないですが、少し気配りをしすぎておせっかいなこともあるかもしれません。 いろんな部分が見えすぎるがゆえに他人の心配をしたがる世話焼きなところがあり、その性格は必ずしもいい結果を招くとは限りません。 特に、恋愛などでダメな人に世話をしすぎてダメ人間製造機になる場合があり、相手の人間性と自分の時間とお金を無駄遣いしてしまうことにつながります。 他者に対してお世話やサポートをするのは良いですが、自分や相手のためになる行動を心がけましょう。 なお、おとめ座(乙女座)と冠するだけあって、普段はしっかりしている割に重要なところでメルヘンチックになることがあるので詰めが甘くならない様に気を付けましょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 7ハウスのてんびん座(天秤座) 西洋占星術におけるホロスコープにおいて 7ハウスのてんびん座(天秤座)がある場合、7ハウスがその人の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向にてんびん座(天秤座)の性格が影響します。 てんびん座(天秤座)は調和や協調性、バランスなどを表す活動宮の風の星座で、人間関係においても周りとの協調性や調和などを大切にします。 7ハウスはもともと他者との関係性における調和を大切にするハウスで、てんびん座(天秤座)も同じく他者との関係性における調和を大切にする星座なので、その性格はより強く出るでしょう。 ただし他者との関係性の調和を積極的に達成しようとするため、理想を追い求めるより調和が達成されるなら妥協するという考え方の人が多いです。 その考え方は確かに目の前の平穏を呼びますが、あまりにそれを繰り返すと自分の気持ちをおざなりにしてしまうことがあります。 またてんびん座(天秤座)は理論で物事を安定させる傾向があるので、正しさで混乱を沈めてしまい、それぞれの感情を後回しにする傾向があります。 目先の平穏に惑わされて自分や相手の感情をおざなりにすると、あとでしっぺ返しが来るので、たまには理論度返しでお互いの気持ちを確かめ合う時間を作ってもいいと思います。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 7ハウスのさそり座(蠍座) 西洋占星術におけるホロスコープにおいて 7ハウスのさそり座(蠍座)がある場合、7ハウスがその人の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向にさそり座(蠍座)の性格が影響します。 さそり座(蠍座)は生死や愛情、一体化などを表す固定宮の水の星座で、気を許した相手には入れ込む勢いで大切にします。 相手に心から尽くしその関係性を大切にしますが、同時に束縛をする傾向もあるので相手を考えてやらないと嫌われる原因になります。 さそり座(蠍座)の支配星が冥王星のため、どうしても極端な人間関係を好むのですが、自分のいうことを聞かないということを聞かせようと束縛するか一気に嫌いになるかの2択になることも多いでしょう。 結果として、なかなか信頼に足る人を見つけられないかもしれません。 他者に対してハードルが高すぎるので、少しは妥協することを覚えた方がいいでしょう。 人間関係を豊かにするためにも目をつぶれる部分を作っていきましょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 7ハウスのいて座(射手座) 西洋占星術におけるホロスコープにおいて 7ハウスのいて座(射手座)がある場合、7ハウスがその人の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向がいて座(射手座)の性格に影響されます。 いて座(射手座)は自由や好奇心、野生などを表す柔軟宮の火の星座で、開放的な人間関係を求める傾向があります。 積極的にいろんな人と出逢い、人脈と関係を築いていくことができます。 それはただ開放的なためだけでなく、自分なりの哲学をしっかり持っていて行動に移せるためともいえます。 いて座(射手座)の支配星である木星からもその傾向は読み取ることができ、木星による人間関係の拡大でいろんな人と楽しく過ごせるでしょう。 人によっては海外をはじめ、広いスケールで人脈を作っていく人もいるでしょう。 ただし、人間関係をおざなりにするとお金の縁がなくなりやすい点と、あまりパートナー意外と関係を持つことにも抵抗がないので、他の星座より多少不倫などに走りやすい点には気を付けましょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 7ハウスのやぎ座(山羊座) 西洋占星術におけるホロスコープにおいて 7ハウスのやぎ座(山羊座)がある場合、7ハウスがその人の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向がやぎ座(山羊座)の性格に影響されます。 やぎ座(山羊座)は厳格やルール・規律、持久力などを表す活動宮の土の星座で、こつこつ結果を積み重ねていくことで他者の信頼を勝ち取って関係性を築いていきます。 言い換えれば言葉より行動で語るタイプだといえます。 自分に対してストイックにやるべきことを課しルールもしっかり守っていくので、人間関係における信頼感は抜群です。 やぎ座(山羊座)の支配星が土星であるということから、他者に対して積極的ではありませんが誠実な部分も垣間見えます。 ただ、必ずしも人間関係で結果や努力が必要になるわけではありません。 そのため、意外性や面白みがない人として、あまり評価してもらえないこともあります。 努力や結果も大事ですが時に羽目を外せるような気軽な関係を作ることも大切でしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 7ハウスのみずがめ座(水瓶座) 西洋占星術におけるホロスコープにおいて 7ハウスのみずがめ座(水瓶座)がある場合、7ハウスがその人の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向がみずがめ座(水瓶座)の性格に影響されます。 みずがめ座(水瓶座)は学術性や独立性、友愛などを表す固定宮の風の星座で、人間関係においても自由を好み、個性的な仲間を作っていくことでしょう。 特に先進的な考え方や常識とはずれている考え方を大切にして人間関係を育んでいきます。 それはみずがめ座(水瓶座)の支配星が天王星であるということからも読み取ることができ、自由で独創的な人間関係の作り方によって時代の先を歩いている人でしょう。 ただ、自分が人間関係の中で「変わっていること」にプライドを持つ傾向があり、その部分に関しては譲らないです。 故に周りからひねくれている、わがままであると思われることもあり、なかなか理解者に恵まれないこともあります。 しかし、変化が多い人間関係の中でも自分のスタイルを貫いて自由な生き方を手に入れていくでしょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 7ハウスのうお座(魚座) 西洋占星術におけるホロスコープにおいて 7ハウスのうお座(魚座)がある場合、7ハウスがその人の対人関係やパートナーとして選ぶ傾向がうお座(魚座)の性格に影響されます。 うお座(魚座)は幻想性や情緒、不思議などを表す柔軟宮の水の星座で、繊細で現実離れした接し方で周りから天然であったり、変わっていると思われたりします。 独特な雰囲気に癒される人も多く、多くの人を魅了する可能性も持っています。 また、アーティステックな部分があり、自分の繊細で空想的な考えを芸術に昇華して他者に伝えていこうとする傾向もあるでしょう。 これらはうお座(魚座)の支配星である海王星からくるもので、繊細でゆったりした雰囲気がこの人の対人関係に影響を与えます。 ただ、感情に敏感に反応する性質を持っているため、ネガティブな感情にも人一倍反応してナイーブになることもあります。 場合によっては人間関係にコンプレックスを抱くこともあるなど、共感能力や繊細さが災いしてしまうこともあるでしょう。 また、周りに良くも悪くも流されやすいので勢いで取り返しのつかない行動をしない様に注意しましょう。 他のハウスはこちらから! 7ハウス 7ハウスまとめ.

次の

ホロスコープ:天体の偏りがあるタイプ

対人関係 ホロスコープ

要点 意味: 「対人関係」「パートナー」「結婚」 サイン 星座 :天秤座 ルーラー 守護星 :金星 1~6ハウスまでは自分自身がこの世に生を受けてからひとりの人間として成長していく過程をあらわしています。 そして7ハウスからは人との関わりが加わり、人と接しながら過ごしていく時間をあらわします。 7ハウスは対人関係の始まりのハウス。 今までは自分自身の意思だけで成長してきました。 ここからは人から影響を受けながらさらにステップアップしていき、さらに人間の深みが出てくるステージへと進みます。 7ハウスでは人間関係、対人関係やパートナーなど、人との関係性やどのような影響を受けるか、どのような関わり方をしていくのかなどを読み解きます。 どのようなタイプの結婚相手や恋人と縁があるのか。 またどのようなビジネスパートナーとの出会いがあるのかなど人との縁を読み解くハウスです。 ときにライバルの存在をあらわすこともあります。 7ハウスにある天体のメッセージ 太陽星座 結婚をすることで活気が出るタイプです。 人生において結婚をとても重要視しています。 責任という大きなエネルギーを得ることで仕事にも力が入り、パワーが増していきます。 仕事面では同じくエネルギッシュな人と縁がありそうです。 月星座 人との関わり方次第で情緒不安定になりやすいタイプです。 結婚相手と共に寄り添って生きていくことで心が安定します。 裏切りがもっとも許せない行為であり、された日には人が変わったように相手に猛攻撃をしかけます。 仲間意識を持つと相手を守る習性があるので、仕事のパートナーのことをとても大切にします。 水星 お互いに積極的にコミュニケーションを取り合える人と結婚します。 知識を共有し合い、お互いの生活を支え合う関係を築きます。 仕事のパートナーとはよくコミュニケーションを取り合うので二人三脚でスピーディーに物事を運びます。 若くして共同経営者になる人も少なくないでしょう。 金星 金銭面でも安定した結婚相手に恵まれます。 あなた自身も社交的で華やかなオーラを放っているので異性にモテるでしょう。 仕事のパートナーにも恵まれ、金銭的な援助を受けることが多いです。 火星 決断が早いのでタイミングが合えばすぐにでも結婚するタイプです。 行く手行く手にライバルを作ってしまう癖があります。 結婚相手にしろ仕事のパートナーにしろ、協力というよりは切磋琢磨し合いお互いの力を高め合っていく関係になります。 木星 結婚相手に恵まれます。 心身共に健康的で、金銭面も安定した相手と巡り会います。 仕事のパートナーとも良縁に恵まれ、金銭面での支援を受けることも多いでしょう。 共同で事業をすればたちまち収益が増えていきます。 土星 積極的に恋愛や結婚をするタイプではなさそうです。 あまり関心がなく晩婚になる人も多いでしょう。 年上との縁が強く、結婚相手とは歳が離れている場合もあります。 仕事のパートナーとはすぐには心を開きませんが、用心深く賢いので打ち解けた瞬間に誰にも崩せない信頼が厚い最強のパートナーとなります。 天王星 お互いを干渉しない結婚相手を望みます。 お互いの生活スタイルを大切にした別居婚など一般とは違ったスタイルの結婚生活を送る可能性が高いでしょう。 仕事面でも自由気ままなパートナーと縁があります。 一見自由な関係性のようでいてしっかりと礼儀をわきまえている関係です。 海王星 記念日を大切にするなどロマンチックな生活を結婚相手にも望みます。 いつまでも自分の思う、理想的な夫婦でありたいと願っています。 芸術面で仕事としてのパートナーと縁を結びそうです。 作品を通して心でつながりあう関係になるでしょう。 冥王星 結婚に関しても0か100の結果になりやすいです。 浮気心ひとつなく生涯を相手に捧げるか、心のメーターが0になり離婚という道を選ぶかです。 仕事のパートナーにもかなり影響を受けます。 起業をしたり、人生が変わるほどの出来事を経験する人も少なくないでしょう。 ハウスに天体が入っていない場合は?.

次の

【当たるタロット占いのやり方】 ホロスコープスプレッドで全体運を占う方法

対人関係 ホロスコープ

オポジションは対人関係でその効果が発揮されることが多い オポジションは基本的に対人関係で現実化することが多いです。 例えば、月と土星がオポジションを持っていたりすると(私ですが)、おじいちゃん子おばあちゃん子になるとか、師弟関係が厳しい環境にいることが多い、とか、年配の方と関わることが多いとかですね。 良い方向に出ると可愛がられるとか、熱心な指導を受けるとかで発揮されますが、悪い方向に出ると無駄に怒られるとかいびられるとか辛いこともあります。 じゃあ冥王星で出てきた場合はどうなるの? 月冥王星オポジションの場合ですと、基本的に「やるかやられるか」といった両極端な結果として出やすいです。 月の無意識が冥王星という極度にめんどくさい人に常に見張られているため、どうしてもめんどくさい人間関係を引き寄せやすい傾向があるんです。 対人関係で自分がめんどくさい側になってしまうとき 月冥王星のオポジションになると、特に具体的な誰かを認識しているわけではないんですけど、潜在的に支配する、支配されるといった意識が人間関係で発揮されるようです。 これが他人に対して自分が発揮した場合、別にこれといって何か悪いことをしたわけでも傷つく言葉を言ったわけでもない場合でも、「なんか怖い人」と思われてしまったり、有無を言わせない雰囲気を醸し出し「無言のプレッシャー」を相手に与えている、ということになっています。 自分では無意識(月)なのでどうしても無自覚になりがちです。 たまに教えてくれる奇特な方がいますので、もし指摘された場合にはありがたく受け取っておきましょう。 自分は無意識にそういう怖い雰囲気を他人に与えるんだ、ということを認識できれば意識してにこやかにしておこうとか、柔らかい表現を心がけようと対策が打てます。 めんどくさい人から絡まれる形でも出てくる 反対に相手側からの支配を受けてしまうといった形で出てきた場合は、めんどくさい人から絡まれやすくなります。 特に自己肯定感が低いですとか、自分に自信がない、人に共感する能力が高いといったタイプの方の場合、めんどくさい人から逃げてはいけないみたいなルールを自分の中に持っているので、一旦絡まれるとなかなか抜け出せずに泥沼にハマることがあります。 月冥王星は母親(小さい頃に深く関わった養育者)との関係が出やすいと言われていますが、小さい頃母親から虐待を受けていたり、それに準じた心が傷つくことをされていたり、小さい頃にいじめにあっていたという経験を持っている方は健全な人間関係を知らずに育った可能性があるので、どんなに自分を傷つける(疲れさせる)人間関係であっても続けてしまうということになってしまいます。 これもまずは自分はどうしてもめんどくさい人を引き寄せやすい体質であることを認識することから始まります。 そして、自分が大切にしたい人間関係と惰性で続けている人間関係をシビアに分けて、自分が大切にしたい人間関係だけにフォーカスするのが一倍良いでしょう。 月冥王星オポジションを持ってても大丈夫 月冥王星オポジションを持ってしまった人がめんどくさい人間関係を引き寄せないようにするためには、とにかく「月」の無意識状態から「太陽」の意識的な状態に問題を引き上げてくることが大切になってきます。 ぼーっとしてるとどんどん冥王星的なものや人をぽいぽい集めてきてしまう吸引力が桁外れな掃除機状態の月冥王星オポジションの人ですが、これを自分でコントロールするんだ、と意識し始めると太陽(や他の意識して使える個人天体)の領域に持ってくることができます。 (それらが冥王星ハードだったらまた厄介ですが) 問題が発生しても解決方法がわかっていたり、自分でどうにかなると認識している問題であれば時間や労力がかかるとしても心の負担は軽くなりますからね。 そして、カウンセリングでもセルフカウンセリングでもいいので、月の領域である無意識をクリアにして行くこと、そして無意識下にあるルールを自分の未来にとって有用なものに書き換えてしまうことが大切です。 どうせ引き寄せるなら自分にとって悪いものを引き寄せるのではなく、自分の好きなものを引き寄せたいですよね。 引き寄せは自分の中の真実を引き寄せるので、真実を自分の都合のいいものに変えてしまいましょう。 ノートとペンを使ったワークは本当にオススメですよ。 他にも月の状態を健やかに保つことは必須です。 心身の疲れは悪い思考に繋がりますので、積極的に体を休める工夫をしていきましょう。

次の