夏 575。 第575章 夏星河成了一個傳奇(1/2)_總裁大人,100分寵!

[分享] Chanel

夏 575

俳句とは 俳句は5・7・5の17音に季語を入れ、それぞれの季節の自然や感動を表現する世界一短い定形詩です。 俳句のルールはとても簡単で、まず、5・7・5の17音で詠むことが挙げられます。 17音を超えるものを「字余り」17音に満たないものを「字足らず」と言います。 17音で詠むことを基本としてはいますが、作者が言いたいことを強調したり、作品の印象を強めるために、敢えて17音ではない俳句を詠むこともありますがこれはルール違反にはあたりません。 そして、季節を表す「季語」を句の中に入れることも俳句の大事なルールです。 さらに、句中や句末に「切れ字」(主に「や」「かな」「けり」など)という句を切る働きをする語を置くことで、余情を引き出したり、イメージをふくらませて俳句を鑑賞することができるのです。 夏の季語について 季語とは、俳句で季節感を表すために詠み込まれる言葉で、「新年」「春」「夏」「秋」「冬」の5つに分類されます。 季語というとなんとなく難しいもののように感じてしまいますが、そのようなことはなく、例えば、春といえば「桜」、夏といえば「プール」のように、その言葉を聞くと誰にでも簡単に季節が想像できるような身近な言葉ばかりです。 また、季語は旧暦によって定められていることから、大まかに、1月から3月を春、4月から6月を夏、7月から9月を秋、10月から12月を冬として考えると分かりやすく、そのため今の季節とは少しズレが生じることもあります。 代表的な夏の季語は「花火」「金魚」などお祭りを連想させるものや、「青葉」や「万緑」、「青田」など美しく力強い自然を表したもの、また、少し意外かもしれませんが、「鯉のぼり」や「吹き流し」など「端午の節句」に関連する言葉や、「五月雨」「あじさい」なども夏の季語です。 これは上述の通り4月から6月までが夏のため、新暦の現在とでは季節のずれがあるからです。 静まり返った岩山には、せみの鳴く声だけが高く響き、他には何も聞こえません。 その声も岩々にしみこんでいくようで、ただ静けさだけをきわだだせているようです。 黒い姿がはっきりと浮かんでいます、白い牡丹に。 そこで履いていた草履をぬいで手に持ちながら、この小川をわたりました。 水が冷たくて気持ちよく、子どもの頃、こんな風に川を渡ったことまで思い出されましたよ。 バラの花のとげのように…。 これはきっと、あの空にみえる入道雲から続いてきたに違いありませんよ。 その池の中から、大きな緋鯉がゆったりと姿を現しました。 いったいどんな花火があがるのでしょうか。 暗闇の中、みんな今か今かと期待に胸をふくらませながら待っています。 夏休みの宿題の算数が分からなくて、隠れて泣いているのです。 はられた水が、きらきらと日の光をはねかえし、とても美しく、みずみずしく、これぞまさに日本の夏の田園風景なのです。 丁寧にスプーンをなめながら、冷たさと甘さを味わっているのです。 ㉑『万緑の 中や吾子(あこ)の歯 生え初むる』 作者:中村草田男 季語:万緑 意味:真夏、辺り一面に緑の世界が広がっています。 そんな時にちょうど、愛しいわが子の口に、初めて白い歯が生えてきました。 あふれる草木の緑に、小さな歯の白がまぶしく映えています。 ㉒『ひつ(っ)ぱれる 糸やまつ(っ)すぐや 甲虫』 作者:高野素十 季語:甲虫 意味:かぶと虫が、一本の細い糸をひっぱりながら、必死に前に進もうとするのですが、全く動きません。 それでもかぶと虫は踏ん張り続けるので、角に結ばれた糸は、ピンと真っ直ぐに張っているのです。 ㉓『跳躍台 人なしプール 真青なり』 作者:水原秋桜子 季語:プール 意味:とびこみ競技が始まる前の飛び込み台は、まだ人の姿がなく、プールの水も波一つ立ていなくて、真っ青に澄みきっています。 ㉔『滝落ちて 群青世界 とゞ(ど)ろけり』 作者:水原秋桜子 季語:滝 意味:大きな滝が、高いがけの上から水しぶきをあげながら落ちています。 その轟音は、滝を取り囲む杉木立に響き渡り、山全体をとどろかせているようですよ。 ㉕『噴水の しぶけり四方(よも)に 風の街』 作者:石田波郷 季語:噴水 意味:公園の噴水が、青い空にむけて勢いよく水をふきあげています。 そこへ強い風がふき、あちこちに水しぶきが飛び散っています。 ㉖『雀らも 海かけて飛べ 吹流し』 作者:石田波郷 季語:吹流し 意味:五月晴れの空に、吹流しとこいのぼりが威勢よくなびいています。 あたりには雀が何羽か風にあおられながら必死に飛んでいます。 そんな雀たちをみていると、こいのぼりや吹流しに負けず、元気いっぱい海に向かって飛んで行け、と思わずにはいられないのです。 ㉗『山清水(やましみず) ささやくままに 聞き入りぬ』 作者:松本たかし 季語:山清水 意味:夏の暑い日に山を歩くと、岩の間からきれいな清水がわいています。 その水は、小さな流れとなり、涼しげな音を奏でていました。 その流れが、まるで何かをささやいているかのようで聞き入ってしまいました。 ㉘『海中(わだなか)に 都ありとぞ 鯖火もゆ』 作者:松本たかし 季語:鯖火 意味:鯖をとるための漁船が、沖で鯖火を燃やして漁をしています。 海面にうつった鯖火の光が海中から光っているように見え、まるで海の中に都があるようです。 ㉙『青蛙 おのれもペンキ ぬりたてか』 作者:芥川龍之介 季語:青蛙 意味:テカテカに光った青がえるが一匹います。 まるでペンキを塗ったばかりのようでした。 そういえば、自分もこのカエルと同じで、ペンキぬりたてのような、上辺だけで中身のない人間なのです。 ㉚『貰ひ来る 茶碗の中の 金魚かな』 作者:内藤鳴雪 季語:金魚 金魚をあげると言われたのでわけてもらうことにしました。 でも、入れ物がないので、茶碗に入れて持って帰ります。 歩くたびに、茶碗の中の金魚も一緒にゆらゆらとゆれているのです。 暑い夏の季節、宿題をしながら泣いている子どもの姿や、花火が始まるのを楽しみに待つ人々、そんな様子は今でも見られる光景です。 そして、冷房なんてなかった時代を生きた人々は、今の私たちよりも涼をとる術を知っていました。 浴衣を着て、金魚を眺め、風鈴の音に耳をすまし、夏氷を食べる、そしてそんな日常が素晴らしい俳句となって今も残っていることが分かります。 夏の暑い日、俳句を鑑賞しながらゆっくりと過ごす一日も素敵ですね。 関連: 関連: 関連: -.

次の

【夏の俳句30選】有名な夏の俳句一覧 名作俳句の作者・季語・意味とは?

夏 575

夏の俳句について• 季語から分類すれば「夏」でないものもあるかもしれませんが、夏を想起するような句を選んでいます。 「字余り」、「字足らず」の俳句は極力選ばないようにしました。 並んでいる順番は、先頭の文字の五十音順です。 夏の俳句 ベスト30 暁の 紺朝顔や 星一つ 【意味】明け方の紺色の朝顔… 空には 星が一つ… 【作者】高浜虚子 たかはま きょし 【季語】朝顔 【私感】明け方の朝顔と星の対比が素晴らしく、その情景が目に浮かんでくる俳句です。 朝顔に つるべとられて もらい水 【意味】朝顔に、つるべをとられて しまったので もらい水 をしました … 【作者】加賀千代女 かがのちよじょ 【季語】朝顔 【補足】 つるべ 釣瓶 は井戸で水を汲み上げるための桶 おけ などの入れ物です。 【私感】有名すぎる句です。 朝顔とつるべという組み合わせが絶妙です。 【関連ページ】 荒海や 佐渡に横とう 天の川 【意味】荒海… 佐渡 の方 に横たわる天の川… 【作者】松尾芭蕉 まつお ばしょう 【季語】天の川 【補足】『おくのほそ道』の旅の中で詠まれた句です。 【私感】これも有名な作品で、広く知られている俳句です。 「天の川」は秋の季語とされていますが、現代に生きる私たちにとっては、夏を感じさせてくれるものです。 入る月の 跡は机の 四隅哉 【意味】 地に 入る月、後 に残されたの は机の四隅… 【作者】松尾芭蕉 【季語】月 【私感】私はこの俳句から、何故か夏の夜というイメージを感じました。 薄月夜 花くちなしの 匂いけり 【意味】薄月夜… くちなしの花が匂っている… 【作者】正岡子規 まさおか しき 【季語】薄月 【私感】「薄月夜」が何ともいえぬ情感をもたらしてくれます。 籠かばふ 鬼灯市 ほおずきいち の 宵の雨 【意味】籠 かご をかばう、鬼灯市の宵の 急な 雨… 【作者】水原秋桜子 みずはら しゅうおうし 【季語】鬼灯 【私感】夕立ちではなく、「宵の雨」を使うセンスが秀逸だと感じます。 川風や 薄柿着たる 夕涼み 【意味】川風… 薄柿 色の服 を着ている夕涼み… 【作者】松尾芭蕉 【季語】夕涼み 【補足】 薄柿とは、薄い赤茶色のことです。 雲の峰 いくつ崩れて 月の山 【意味】雲の かかる 峰… 一体 いくつ崩れて いくのか … 月の山 で … 【作者】松尾芭蕉 【季語】雲の峰 【補足】「 月の山」とは山形の月山 がっさん のことで、出羽三山 でわさんざん の一つです。 一度は月山を訪れてみたいものです。 さじなめて 童たのしも 夏氷 【意味】さじ 匙 をなめて、子どもが楽しんでいる… 夏氷 を … 【作者】山口誓子 やまぐち せいし 【季語】氷 【私感】子どもの楽しそうな笑顔が浮かんできます。 五月雨を 集めてはやし 最上川 【意味】五月雨を集めて早い、最上川 の流れが … 【作者】松尾芭蕉 【季語】五月雨 さみだれ -夏 【補足】旧暦の「五月」であれば、夏もやがて間もなくといったところでしょうか。 【関連】 山門の 大雨だれや 夏の月 【意味】山門の大雨垂れ… そして 夏の月… 【作者】小林一茶 こばやし いっさ 【季語】夏の月 閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声 【意味】 この 静けさ… 岩に浸み入る ような 蝉の声… 【作者】松尾芭蕉 【季語】蝉 【私感】いわずと知れた名作で、完璧な作品としか言いようがありません。 【関連】 涼風の 曲がりくねって 来たりけり 【意味】涼風が曲がりくねって やっと 来たなあ… 【作者】小林一茶 【季語】涼風 【私感】「曲がりくねって」が一茶らしい表現の俳句です。 たたかれて 昼の蚊をはく 木魚かな 【意味】叩かれて、昼の蚊を吐く木魚… 【作者】夏目漱石 なつめ そうせき 【季語】蚊 【私感】漱石らしいユーモアが感じられます。 七夕の 逢はぬ心や 雨中天 【意味】七夕の 織女と牽牛が 逢えないときの心持ち… それは 雨中天 といったところか … 【作者】松尾芭蕉 【季語】七夕 【私感】「雨中天 うちゅうてん 」は「有頂天 うちょうてん 」にかけた、芭蕉の言葉遊びの句です。 【関連】 散れば咲き 散れば咲きして 百日紅 さるすべり 【意味】散っては咲き、 また 散っては咲く百日紅… 【作者】加賀千代女 【季語】百日紅 【私感】「散れば咲き」の繰り返しがリズムを生んでいます。 【関連】 月の頃は 寐に行夏の 川辺哉 【意味】月の 出る 頃には寝にいく… 夏の川辺… 【作者】杉山杉風 【季語】夏の川 月の輪を ゆり去る船や 夜半の夏 【意味】月を揺ら すように して去る船… 夏の夜… 【作者】杉田久女 すぎた ひさじょ 【季語】夜半 よわ の夏 月見草 神の鳥居は 草の中 【意味】月見草… 神の鳥居は その 草の中… 【作者】水原秋桜子 【季語】月見草 夏川を こすうれしさよ 手にぞうり 【意味】夏川を越す嬉しさ… 手には草履… 【作者】与謝蕪村 よさ ぶそん 【季語】夏川 【私感】川の水に足を入れた嬉しい心情が、しっかりと伝わってくるような句です。 夏草や つわものどもが 夢の跡 【意味】夏草… その昔の 武士たちの夢の跡… 【作者】松尾芭蕉 【季語】夏草 【私感】これも名作中の名作です。 夏の夜の あけ残りけり 吾妻橋 【意味】夏の夜の明け残り がある … 我妻橋 に … 【作者】正岡子規 【季語】夏の夜 【補足】 明け残りとは、夜が明けても月、星の光が残っていることをいいます。 吾妻橋 あづまばし は東京の隅田川にかかる橋です。 【私感】懐かしい地名が入っている句には、思い入れが深くなります。 ほととぎす なくなくとぶぞ いそがはし 【意味】ほととぎす… 鳴きながら飛んで、忙しいことだ… 【作者】松尾芭蕉 【季語】ほととぎす 水底の 草にこがるる ほたる哉 【意味】水底の草に恋い焦がれる蛍… 【作者】与謝蕪村 【季語】蛍 水の奥 氷室尋ぬる 柳哉 【意味】 流れる 水の奥 =上流 … 遡れば 氷室を訪ねる ことになるのだろう 、 この 柳… 【作者】松尾芭蕉 【季語】氷室 ひむろ 【補足】 氷室とは、氷を貯えておくための部屋や穴をいいます。 【私感】「水」、「氷室」、「柳」の3語が清涼感を醸し出しています。 やがて死ぬ けしきは見えず 蝉の声 【意味】やがて死ぬような様子は見えない蝉の声… 【作者】松尾芭蕉 【季語】蝉 【私感】蝉の声の特徴を存分に表現している句です。 夕顔の 花に冷つく 枕かな 【意味】夕顔の花 の様子 から、冷たく感じられる枕… 【作者】小林一茶 【季語】夕顔 夕がほや 月の鏡も またでさく 【意味】夕顔… 月の鏡 が出るの も待たないで咲く… 【作者】横井也有 よこい やゆう 【季語】夕がほ 夕顔 【私感】「月の鏡」という表現が美しくて素晴らしい句です。 夕立に うたるる鯉の かしらかな 【意味】夕立に打たれる鯉の頭… 【作者】正岡子規 【季語】夕立 【補足】 をととひの へちまの水も 取らざりき 【意味】一昨日の糸瓜の水も取っていないなあ… 【作者】正岡子規 【季語】へちま 糸瓜 【補足】子規の辞世の句といわれています。 有名な俳人の俳句 有名な俳人の俳句は、こちらをご覧になってください。 春・夏・秋・冬に分けて俳句を集めてあります。 四季の俳句 他の季節の俳句は、こちらをご覧になってください。 関 連 ペ ー ジ.

次の

夏を詠んだ有名な5つの俳句とその意味をご紹介。

夏 575

…… 寶華很快就歸順了! 這件事,頓時震驚了整個商界。 一個多月前寶華和席氏的收購大戰,是寶華最終獲勝。 大家都以為席氏是真的沒落了,也早晚會被吞並。 可誰曾想到,隻是短短的一個多月,事情突然來了一個180度的大轉彎,席氏竟然忽然的,以一種迅雷不及掩耳之勢就吞並了寶華! 那可是寶華啊,席氏是怎麽做到這麽快就吞並的? 居然一點心裏準備都沒給,說吞就給吞了。 甚至這場吞並大戰,給人一種大鯊魚一口吞掉小鯊魚的感覺。 小鯊魚一點反抗的能力都沒有,就進了大鯊魚的肚子。 所以說,席氏太可怕了…… 而這場商業大戰,也成了一場神話。 同時創造這場商業神話的夏星河也成了一個傳奇。 不過挑起這場戰爭的林菁,卻成了所有人的笑柄。 可林菁並沒有因此而收手,她甚至還企圖利用手中的股份,打算徹底毀掉寶華,讓他們什麽都撈不著! 但沒用了。 寶華已經歸順了席氏,股東們都不站在她那邊,所以不管她怎麽折騰,都無法挽救什麽。 隻是讓寶華損失了一部分,無法再恢複到以前的地位了而已。 可這對席氏來說重要嗎? 寶華的情況如何,對他們來說一點都不重要。 因此林菁折騰了一段時間,仍舊什麽都沒改變。 最後不知道為什麽,她莫名就消停了,整個人也好像是消失了一樣,不再出來興風作浪。 席氏也迅速整合了新業務,一切都步上正軌,甚至比以前更掙錢,名氣更大。 然後每天早上,路過席氏的人們,都會忍不住抬頭看看這座商業大廈。 在朝陽的光芒下,它仍舊金碧輝煌,氣勢宏偉的矗立著。 就像一個永遠不倒的強大帝國。 人們在談論這個強大帝國的同時,也會談論那個傳奇的女人。 特別是席氏內部的所有員工。 他們現在已經徹底對夏星河心服口服,夏星河也成了他們唯二崇拜的人。 另外一個,當然是席牧白。 偏偏他們兩個還是一對。 員工們就更是八卦上了他們,每天都在說他們的故事,還各種腦補,反正是徹底粉上了這對CP。 但夏星河並不知道這些,也沒興趣。 別人還沉浸在她的事跡裏,她卻已經全身心的投入到了機械心髒的研究中。 你也看見到了,機械心髒需要套在人體心髒上,可是它太重了。 而人的體內,最脆弱的就是心髒,根本就承受不了它的負荷。 因此就算研究出來,也不能投入到實際運用中。 隻是內部構造很複雜,根本沒辦法減輕重量。

次の