足 裏 ゴリゴリ 痛い。 足の裏も筋トレで鍛える。簡単エクササイズで「足裏が痛い、疲れる、踏ん張れない」を改善

足裏がゴリゴリする3つの原因!意外な正体を暴いてみた

足 裏 ゴリゴリ 痛い

足の裏にあるゴリゴリの正体は? この正体、どうやら二種類あるようです。 一種類は 筋肉のこり。 肩こりと同じで、少し強めに押してみると「 痛気持ちいい」感じがするものです。 お風呂に入った時などに丁寧にもむだけでずい分ゴリゴリがなくなります。 もう一種類が、 老廃物。 少し押すだけでかなり痛いです。 この痛みは、老廃物の固まりが足の神経に触れて起こるもの。 さわってみると、筋肉のこりよりしこりっぽい感じがします。 こちらはかなり頑固で、強い刺激を与えても、なかなかほぐれません。 ほうっておくと何か不都合はある? 東洋医学では、 足の裏に内蔵の各器官に関係したツボが集まっている、と考えられています。 西洋医学ではそういった考え方はないのですが、それでもリンパが滞ることはある、ということは認めています。 リンパは体内の老廃物を排泄する機能があるのですが、運動不足などが原因で流れが滞ると、むくみや疲労、免疫低下などを起こします。 東洋医学とリフレクソロジーは、それぞれの器官に対応している箇所を「点(ツボ)」でとらえるか、「面(反射区)」でとらえるかの違いで、位置は大体同じと考えて良いでしょう。 足裏を念入りに触れて痛いところが、機能が低下していると考えられる内蔵や器官の場所です。 痛みやこりをそのままにしていると、体調が悪くなってくる可能性があります。 また、こりだけでなく足の裏の色を見る方法もあります。 例えば、足の裏が白っぽい場合はリンパや血液の停滞による貧血、紫だと全身疲労、黄色だと肝機能が衰えているとされています。 部分的に赤い場合、その部分の反射区またはツボの臓器などの働きが正常ではない可能性があります。 スポンサーリンク ゴリゴリを取り除く方法は? 東洋医学でも西洋医学でも、足裏のゴリゴリやこりを放置しているのは良くないとされています。 ひどくなる前にケアしましょう。 まず足の甲から指に向かってマッサージします。 足の裏、かかとから5本の指それぞれに向かって親指をぐっぐっと押し込みながらマッサージします。 痛気持ちいいくらいの強さで。 次に足の裏中央から外側に向けて、両手の親指でゆっくりマッサージします。 この時痛い箇所は念入りに押して刺激して下さい。 この時、足首の力で回さないようにして下さい。 右足の足首を左足のももに乗せ、右手で足首を押さえながらやって下さい。 これを反対側の足でもおこないます。 どちらかのほうの足首は回しづらいと思いますので、そちらの方の回数を多めに回します。 5~10回ずつ。 片方の足を軽く上げ、膝から下の力を抜いてブラブラと振ります。 やってみると、膝やふくらはぎに力が入り、結構難しいものです。 毎日やっているうちに力が抜けて来るのがわかりますので、続けるようにして下さい。 足裏がかなりゴリゴリしている人は、高さがあるとかなり痛いので低めのものを探して下さい。 足裏全体に行きわたるように踏んで下さい。 竹踏みはむくみに即効性があり、例えば飛行機などで足がパンパンにむくんだ時に踏むと、5~10分程度で楽になり、靴もすんなり入るようになります。 【その他足の健康に関連する記事】 足の老廃物を排出するには、体温が低いとうまく行きません。 一時流行った健康サンダルですが、一日中履いているのはお勧めできません。 ずっと刺激を加えていることになるので、過剰反応を起こしかえって臓器に負担をかけ、良くないとされているのです。 立ちっぱなしで履くのは15分程度にしましょう。

次の

足裏がゴリゴリする原因3つと対処法4選

足 裏 ゴリゴリ 痛い

足の裏は歩いているとき、立っているとき、全体重がかかる負担のかかりやすい場所です。 長年立ち仕事をしていて、最近足の裏が痛くなってきた• 歩くとかかとから足の裏にかけて痛みが出る• 最近ハイヒールを履くと足の裏が痛い このような症状が起こったとき、考えられる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。 病気やケガによる足の裏の痛み 足の裏が痛むとき、何らかの病気やケガが原因となっていることがあります。 足底腱膜炎 足の裏はアーチ状の構造(土踏まず)によって地面からの衝撃を吸収できるようになっています。 このアーチを支えているのが足底腱膜と呼ばれる線維の束です。 多くは、この足底腱膜が付着する 踵骨 しょうこつ 側に炎症が起こり、かかとや土踏まずに痛みや腫れがみられます。 長時間の歩行やランニング、立ち仕事などをする人に多いといわれています。 歩行をしようと足を1歩踏み出したときに強い痛みを感じることがあります。 踵骨下滑液包炎 滑液包とは、皮膚や筋肉、腱、靭帯と骨がこすれる部分で衝撃を吸収する役割を担っている部分です。 その滑液包が炎症を起こすことがあり、かかとの足底部に発生したものを踵骨滑液包炎といいます。 スポーツや歩きすぎなどでアキレス腱やかかとを使いすぎたとき、ハイヒールなど足に負担のかかる靴を長時間履いていたときなどに起こりやすいといわれています。 かかとやかかとの底がズキズキと痛み、腫れることもあります。 種子骨障害 足の親指の付け根には、種子骨という小さな骨があり筋肉や腱の動きを助けています。 この種子骨に炎症が起こったものが種子骨障害で、歩く、走る、踏み込むなどの動作をしたとき、親指の付け根のふくらみに痛みを感じます。 指で押したり、足の親指をそらしたりした場合にも痛みが起こります。 陸上選手やバスケットボール選手、踏み込むことの多い剣道や空手などの格闘技をする人に多く見られます。 外 脛骨 けいこつ 障害(有痛性外脛骨) 人によっては、外脛骨という 舟状骨 しゅうじょうこつ に余分な骨を持っている場合があり、この骨が運動などの負荷によって炎症を起こしたものが外脛骨障害です。 内くるぶしの前側で足の裏に近い部分を押すと痛んだり、そこに出っ張りが現れたりします。 外脛骨障害は、サッカーやバスケットボールのように、走っている途中で急に止まる、といった動作が多いスポーツ選手に多いといわれています。 踵骨骨端症(シーバー病) かかとの骨にはアキレス腱や足底筋膜など、足の動きに大切な役割を果たしている腱が付着しています。 運動などの負荷によって腱が過剰に引っ張られ、かかとの骨の骨端線(成長軟骨)が炎症を起こす病気です。 ともいわれ、10歳前後の活動的な子どもに多く見られます。 通常は片側に症状が出ますが、まれに両足に起こることもあります。 急激な痛みというより、ジーンとした痛み方が特徴です。 踵骨 しょうこつ 骨折 強い衝撃などによってかかとの骨が折れてしまうことです。 転落事故や、高齢者の階段の踏み外しなどで起こることがあるケガです。 骨が一部つぶれた、欠けたなどもに含まれます。 痛みが強いような場合には注意が必要です。 受診の目安とポイント 何らかのはっきりしたきっかけで足の裏の痛みが起こり、腫れたり強く痛んだりするような場合には早めの受診が必要です。 また、そこまで強い痛みではないもののよくならない、痛みがひどくなっている、走ったりするとまた痛むなどの症状がある場合にも一度受診しましょう。 受診科目は整形外科が適しています。 受診の際には、いつ頃から痛み始めたか、痛みのきっかけはあるか、スポーツなどの習慣があるか、他に気になる症状などについて伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 日常生活の中にも、足の裏の痛みを起こす原因があります。 立ち仕事や運動など足の使いすぎ 立っている時間が多い仕事をしていたり、走る、ジャンプする、急に止まるなどの動きが多い運動を頻繁にしたりするとかかとや足の裏に負担がかかります。 悪化すると足底腱膜炎などになることもあり、注意が必要です。 足を使いすぎたら 対処法としては、足への負担を軽減することです。 インソールなどを利用してアキレス腱やかかとへの負担を減らすとよいでしょう。 靴があっていない 足にあっていない靴を無理に履いていると足裏の痛みにつながることがあります。 足に合う靴を選ぶには 足に合った靴選びのポイントは、つま先に余裕があり足指を自由に動かせる、かかとのカーブがぴったり合っている、靴の幅が足と合っている、くるぶしが履き口にあたっていない、といった点です。 必ず靴は試し履きをして、足にフィットするものを選びましょう。 良くならない時には 自分でできる対処法を試しても症状がよくならない場合には、思いもよらぬ原因が潜んでいる可能性があります。 一度整形外科で相談してみましょう。

次の

足裏のゴリゴリの原因は老廃物?すぐ出来る6つの解消法!

足 裏 ゴリゴリ 痛い

最近疲れてきたし、そろそろマッサージに行きたい! そうは思っても忙しいとマッサージに行く時間を作るのが難しかったりします。 管理人はそんな時、溜まった疲れを少しでもなんとかしたくて湯船に浸かって足裏をグイグイ押してみることがあるんですが、そうすると特に痛いと感じる場所かいくつかあるんですよね。 ゴリゴリとしこりのような物を感じたり、日によってはすごく痛いと感じたり。 そのたびに、 これってツボに当たってるって事? 今押してて痛いのはなんのツボ? 押して痛いのって聞いてる証拠?なんて疑問を感じてしまいます。 出典: (関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。 そもそもツボって何? 東洋医学では経絡と呼ばれるツボとツボをつなぐ道があり、この経絡上にある反射点のことを 経穴(ツボ)といいます。 体に不調が起きて気血が停滞してしまうと、経絡のネットワークにも異常が起き、体のあちこちに様々な症状が現れ、これをツボといいます。 気血が順調に流れている時には体調がよく、反対に停滞してしまうと体調が悪くなり停滞が続きツボになると体に悪影響をあたえる事が考えられます。 精神的や肉体的ストレスだけでなく内臓疾患などがツボの原因になってきますが、遺伝で気血のめぐりが悪くツボのできやすい人も中にはいます。 ツボは凝りや痛みを感じる部分ではなく、足裏など離れた所にある場合が多いです。 肩が凝った時に肩をもんでみると気持ちいいけど、治らないと感じたり、治ったと思ってもすぐに元の状態にもどってしまうというのはこの為です。 足裏のツボを押すとゴリゴリして痛いのはなぜ?痛い所が悪い所? 反射区と呼ばれる臓器とつながっている部分が弱っていたり、単に足裏が疲れている状態でも痛みを感じることはありますが、体の中でも痛みになる原因が作られている場合があります。 足裏のゴリゴリ 押して痛いのは溜まった老廃物のせい? 足裏のツボを押すと痛い理由の一つに 溜まった老廃物があります。 体の中で不要になった尿酸や乳酸などの老廃物はリンパとともに流れ、最後には汗や尿として体の外に排出されますが、血行不良や代謝の衰えで酸素不足になってしまうとめぐりが悪くなり老廃物が溜まってしまい、不調として現れてきます。 更に心臓から最も離れた足の裏は血液やリンパの流れが特に悪い箇所なので老廃物がたまりやすい状態になっています。 また、車や電車などの利用が増えることで歩く機会が減ってしまい、慢性的に老廃物が溜まりやすい状態が続いているのです。 この溜まった老廃物をほぐすにはツボ押しが効果的なのですが、ほぐす時に痛みを感じます。 足裏のツボを押した時に痛みを感じたり、ゴリゴリとしたしこりを感じるのは老廃物がたまっている証拠なのです。 足裏のツボ 押してたら痛みは消える? 足裏を押した時に痛む原因が溜まった老廃物の場合、押すことで血行が良くなり、老廃物が流れていくと痛みも和らいできます。 足裏に老廃物が溜まりやすい人ってこんなタイプ 老廃物が足裏のツボの痛みの原因というのがわかりましたが、じゃあ一体どんな方が老廃物が溜まりやすいのでしょうか? 普段あまり体を動かさない人 先ほどもご紹介しましたが、歩く機会が少なくなった現代人は足裏に老廃物が溜まりやすい状態が続いています。 デスクワーク中心のお仕事の方や、お休みの日でも一日中家でゴロゴロしていたり運動習慣のない方は血行不良でリンパの流れが悪く老廃物が溜まりやすいと言われています。 姿勢が悪い人 姿勢が悪い方は代謝が悪く老廃物が溜まりやすいと言われています。 ストレスが溜まっている人 ストレスが溜まっていると血行不良を起こしやすく、老廃物が溜まりやすいと言われています。 ここまで老廃物が溜まりやすい方の特徴を挙げてきましたが、つまりこの逆の事を意識すると体の外に老廃物がキチンと流れてくれる状態に近づけるという訳です! これからご紹介する足裏のツボの他にもエスカレーターを使わずに階段を利用する、猫背にならないように姿勢に気を付ける、血行を良くするために毎日湯船に浸かる、自分なりにストレスを解消する方法を見つけるなど、ほんの少しだけ日々の暮らしを工夫するだけでも老廃物が溜まりにくい体に近づくことができそうですね。 ここは何のツボ?痛む場所とツボの紹介 肩こりや腰痛、ストレスに女性特有のお悩み・・・忙しい毎日を過ごしていると常にどこかしらに不調を感じるものです。 そんな症状別にオススメのツボをご紹介していきます。 足の指や付け根や親指の部分を押すと痛い![首・肩・不眠症] 出典: 人差し指の付け根から小指にかけて首や肩のこりに効果的なツボがならんでいます。 血行が悪くなり首がこると、肩の方までこってしまう事があるのでこの部分をもんで首と肩を刺激してみてください。 人差し指のから小指の方へ押すようにもむのが効果的です。 親指の付け根部分には頸椎のツボがあり、ここを刺激して血行をよくしてあげると首の疲れがとれます。 親指には頭と脳のツボがあり、不眠症に効果があると言われています。 ここを押して硬さや痛みを感じている場合はもしかしたら脳が疲れているのかもしれません。 精神的なストレスや頭痛、疲労感、更年期障害などの不調を感じている場合にもこの部分に痛みを感じる方が多いと言われています。 首に凝りを感じているとき、つい家族やマッサージのプロではない人にもんでもらうという方がいるかもしれませんが、 素人が適当に首の周辺をマッサージするというのは実はキケンな行為なんです。 首には自律神経が通っていて、首の付け根には自律神経が正常に働くための制御をする場所があるのでむやみに揉んだりマッサージをしてしまうと自律神経のバランスが乱れてしまう可能性があるのです。 マッサージをしたり揉んだりすると血行が良くなる物ですが、首に関しては血行促進が当てはまらない場合があります。 首を揉むことで首の血管の詰まりを引き起こしてしまい、最悪の場合くも膜下出血や脳梗塞などを発症してしまう可能性もあります。 首のマッサージはプロでも難しいと言われている部分でもあるので、どうしても首周辺が凝ってしかたない!という時には足の親指の付け根にあるツボを刺激してみてください。 土踏まずを押すと痛い![胃・小腸・腎臓] 押すと痛気持ちいいと感じる土踏まずの部分。 実は土踏まず周辺には胃や消化器系のツボがあります。 便秘気味な人や普段から胃や腸が荒れやすいと感じている人は土踏まずを刺激してみてください。 土踏まず周辺を刺激する事で溜まった老廃物や余分な水分を体の外に排出する為の流れが促され胃や腸をすっきりと整える効果が期待できます。 足裏の中でも皮膚が柔らかいので指で押してみるとゴリっとしたしこりを感じる事があると思います。 「最近食べ過ぎてる」 「快便の人がうらやましい・・・」 「ストレスで胃が痛い・・・」心当たりのある方は土踏まずを触ってみてください。 きっとゴリゴリ痛気持ちいいはず? 土踏まずの上の部分を押すと痛い 出典: 土踏まずの上の部分には胃のツボがあります。 ここを押してみて痛みやしこりを感じる場合には 胃が疲れているのかもしれません。 食べすぎ、飲みすぎの他にも仕事のプレッシャーや人間関係からくるストレスなど、私たちが思っている以上に胃には大きな負担がかかっています。 ツボを押してみて痛みを感じたり、ゴリゴリとしたしこりの様な物を感じたらそれは胃が悲鳴をあげているサインなのかもしれません。 できるだけ暴飲暴食は控えて胃をやすませてあげてください。 また、すでに胃痛の症状を感じている場合には土踏まずの上の部分を強めに押してみる事をオススメします。 土踏まずの上を押してみて他の場所よりも強く痛みを感じる場合には胃潰瘍や胃炎になっている可能性もあるので一度病院で診察を受けた方が良いかもしれません。 小腸は食べ物の消化吸収をし、体全体の免疫を守る大切な役割があります。 働きが鈍ると便秘の原因にもなってしまうので女性は特に積極的に押したいツボですね。 小腸の周りを取り囲むように大腸、直腸の反射区もあるのでついでに広い範囲を刺激してあげるのも良さそうですね。 出典: 足裏の真ん中には 「湧泉(ゆうせん)」とよばれる有名なツボがあります。 名前の通り、「泉のように元気が湧いてくる」と言われて体の疲れを取り除いて元気を取り戻してくれるツボとして知られています。 湧泉を押すと全身の血行が良くなります。 特に下半身の血行が良くなるので「足先が冷たくて眠れない」なんて時には寝る前に刺激してあげると足がじんわりと温かくなってきます。 この反射区は腎臓にあたり、このツボを押した時に痛みがある時には体の疲れや、ストレスが溜まっていると言われていて、やる気が減退している時に押すと肌がすぐに戻らないと言われています。 また、湧泉が硬い時には生理不順・むくみ・腎臓が疲れている状態だと言われています。 この他にも湧泉には高血圧や不眠、のぼせ、さらには白髪の増加を食い止めてくれる効果も期待できるそう。 そろそろ白髪が気になってきたという方もぜひ押してみてください。 少し前に足の裏が半端なくゴリゴリしてることに気がついて、最近毎晩クリーム塗って足つぼ棒でゴリゴリしてるのですが、ついでに湧泉というツボも押してます。 こうした眼精疲労に効果的なツボが人差し指と中指の付け根部分にあります。 左右逆に対応しているので、右目のツボは左足にあります。 管理人は最近毎日パソコンを使っているので目の疲れが気になっていましたが、試しにちょっと押してみたら痛い痛い! でも、押した後は目のしょぼしょぼする感じがなくなるというか、目が潤うような気がします。 特別な事をしているつもりがなくても知らず知らずのうちに酷使してしまっている目。 眼精疲労は放っておくと肩こりや頭痛の原因にもなってしまうので毎日の習慣にしたいツボです。 かかとを押すと痛い![子宮・卵巣・骨盤] かかとの部分の足つぼは生殖器の反射区と言われていて、女性なら子宮や卵巣、骨盤、男性なら睾丸が当てはまります。 押してみて痛みを感じるだけではなく、かかとの肌の色が悪かったり、ひび割れをしている時には生理周期やホルモンバランスの乱れ、卵巣の機能に問題を抱えている場合があります。 実際に生理不順だったりホルモンバランスが乱れている方のかかとは固くなっています。 マッサージをする時にはかかとの一点だけではなく全体的にマッサージをする事で疲れが溜まり機能が低下している部分を元気にする事ができると言われています。 生殖器のツボは広範囲なのでかかとの足裏部分だけではなく、かかとの内側からくるぶしにかけての広い範囲でマッサージをしてあげるようにしてあげると効果的です。 ストレスが原因でホルモンバランスが乱れるというのは耳にしますが、カフェインや糖分の取り過ぎが原因につながる場合もあるので「ちょっとしんどいな」と感じたら、休息と食生活の見直しもしてみてください。 かかとの部分のツボは 「子宝のツボ」としても知られています。 そろそろ子供が欲しいという方や現在妊活中の方はパートナーとツボを刺激し合うことを習慣にしてみてはいかがでしょうか? スポンサーリンク 足つぼおすすめ〜!毎日やっても足裏痛いけど、生理不順ははよくなってきたで〜血を巡らせるんじゃ〜〜 — 月 yuechun0104 (関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。 オススメのタイミングや逆に足裏のツボを刺激する際の注意点をまとめてみました。 食事の前後は足裏のツボを刺激しない 胃腸の調子を整えてからツボを刺激した方が効果的なので、 食前・食後の30分は足裏のツボを刺激しないようにしましょう。 食事の直後に足裏のツボを刺激すると血流に影響が出てしまい消化不良を起こしてしまう事があります 特に普段から胃腸の調子が悪い方は注意するようにしましょう。 体の中の老廃物がスムーズに排出されるよう、事前に水分補給は済ませておきましょう。 お酒を飲んだ後は足裏のツボは刺激しないように注意しましょう。 生理中・妊娠中は足裏のツボを刺激しない 足裏にはさまざまなツボが密集していて、中には子宮に影響を与えるツボもあります。 妊娠中にこれらのツボを刺激してしまうと子宮が収縮してしまう可能性がある他、生理中に子宮に関連のあるツボを押してしまうと出血が増えてしまう場合があります。 特に妊娠初期には子宮に刺激を与えるような行為は避けたいので妊婦さんと、そろそろ生理が始まる時期や生理が始まって間もないという時には避けるようにしましょう。 足裏のツボは継続して刺激する事が大事 いくら体に良いからと言って一度にたっぷり時間をかけて刺激してしまうと逆効果の事があります。 プロにお願いする場合とちがって自分での足つぼマッサージは、上手くつぼをとらえられていなかったり、力加減が強すぎたりという事があるので 15分程度を目安にして行うようにしてください。 くれぐれもやりすぎは注意!一度やったらそれっきりではなく、毎日続けることが効果を発揮するための秘訣です。 足裏のツボ押しって痛ければ痛いほどいいの? 足裏のツボを押してみて痛みを感じるのは老廃物が溜まっているから、とご紹介しましたが、自分でツボ押しをしてみる時にはテレビの罰ゲームのように力いっぱい押す方が良いという訳ではありません。 強すぎる痛みは逆にストレスになってしまうので「痛きもちいい」と感じる程度で十分効果があると言われています。 ツボ押しグッズ 本当はプロにお願いしたいんだけど、忙しくて行く暇がない。 自分でツボ押しするのも気持ちいんだけど指が疲れる。 こんな方の為に当てるだけ、履くだけの簡単にできるツボ押しグッズをご紹介します。 出典: 吸盤が付いているのでバスタブに簡単に取り付けることができて、湯船に浸かりながら足裏をグリグリとマッサージができます。 足裏だけでなく肩甲骨や背中にも使えるのでバスタイムを利用して一日の疲れをリセットしたい、という方にオススメのアイテムです。 出典: ちょっとびっくりな見た目ですが、無数にある吸盤型の突起が肌を刺激する事で血行を促進。 履くだけで足裏全体のツボを刺激してくれる便利グッズです。 リバーシブルでも使えて、丸洗いもできる安心設計です。 ツボ押しのポイントやおすすめのタイミングなど 足裏のツボは刺激する事で体の調子を整える効果がありますが、体の状態によってはオススメできなかったり、悪い影響を与えてしまう場合があります。 食事の前後やお酒を飲んでいる時には足裏のツボを刺激する事は控えましょう。 また、妊婦さんも自己判断で足つぼを刺激する事は控えてください。 腎臓や心臓に疾患がある方は重大なショックにつながる可能性もあるので控えた方がいいでしょう。 また、ツボを刺激しても症状が回復しない場合には別の原因も考えられるので気になる症状が続く場合には医療機関を受診するようにしてください。 (関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。 今までなんとなく「痛いから効いてるって事かな?」と押していた足裏のツボ。 今回、管理人は押して痛い場所が弱っている反射区だとわかり「あー、やっぱりね!」と納得しました。 今回まとめた事を参考に、これからも積極的に足裏のツボを刺激して元気な毎日を過ごせるようにしたいと思います。

次の