それ もう タピオカ だ よね。 お家で簡単!お店みたいな本格味の『黒糖タピオカラテ』の作り方

意味がわかる...! 流行りのタピオカを漢字で表すセンスがすごい

それ もう タピオカ だ よね

うさぎ、ネコ、クマのかわいらしいタピオカ絵文字。 ミルクティー、抹茶、いちごミルクっぽい飲み物と一緒に描かれています。 「タピりに行こー」などのメッセージと共に2~3個添えたいですね。 タピオカ太りしているのか、全体的にほっぺがもっちりしています。 両頬を両手で押したら、動物たちの口からスポポッとタピオカが出てきそうでかわいいですね。 モチモチの欲には逆らえない。 おなかタピタピになるまでタピ活しちゃお 心も身体もタピオカに染まりそうなラインナップ。 眺めているとあのぷるぷるモチモチした感触を体験したくなります。 なりますよね? 専門店、コンビニ、家、どこでも良いです。 友だちをタピオカスタンプで誘い、タピ活をエンジョイしちゃいましょう。 こちらの記事もおすすめ.

次の

【幸福堂】普通のタピオカはもう飽きた?

それ もう タピオカ だ よね

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 大久保佳代子と梅沢富美男が4月21日放送の『超踊る!さんま御殿!! 中村倫也と春満開美女&大物2世ぶっちゃけ祭り』(日本テレビ系)に出演。 若者文化に触れようとした大久保を手厳しく「おばさん呼ばわり」した梅沢に、視聴者から批判の声が集まっている。 この日、前半のパートでは、ジェネレーションギャップを感じた出来事を語り合う放送内容。 大久保は女友達4人とタピオカドリンクを注文した際のエピソードを紹介した。 「若者ぶっちゃって…タピオカをね(注文した)」と大久保が明かしたところで、梅沢は突然「もうやめろよ、そういうの飲むの…」と嫌味を放った。 「お前にタピオカなんて似合わない!」 大久保はすぐさま「勝手じゃないですか?何を飲もうと」「権利として女性が何を飲もうが、勝手ですよね」と応戦。 梅沢は「勝手だろうけども。 似合わねえよ、お前にタピオカなんて」と返す。 大久保は「それはもう、自分が分かってますよ、大丈夫です」と受け流しながら話を戻した。 大久保は若者が注文するタピオカドリンクの量が多過ぎ、すぐにおなかがいっぱいになったという。 家に戻って冷蔵庫で保存し、翌日にかけて5回に分けて飲んだと明かした。 18歳のモデル・生見愛瑠に「タピオカは主食扱い」だと教えられ、大久保自身も「おばさん扱い」されるのに納得していた様子だったが、視聴者は梅沢の態度に我慢がならなかったようだ。 《タピオカ飲むのは自由だろ 飲むのに似合う似合わない関係なくない?》 《大久保さんにタピオカ似合わないっていう梅沢富美男に不快感》 《年齢関係ねぇからタピオカはみんなのもんだよ》 《梅沢が「ババァがそんな飲み物飲みに行くな」って変に突っ込んで場が凍り付いてたの見て普通に嫌いになりました》 《女形やってることを一生誇らしげに話すくせに女性へのリスペクトが足りなさ過ぎる》 《大久保さん、梅沢富美男のこと嫌いだろ笑》 おじいさんがおばさんをバカにする状況は興ざめだが、あくまでもバラエティー番組なので温かい目で見るべきかもしれない。

次の

タピオカ「まずい」の噂の真偽は? 嫌い派の意見を調査

それ もう タピオカ だ よね

巷で話題の「タピオカ」を、その創造性あふれるセンスで一つの漢字に落とし込んだツイートが話題になっています。 創作主はフリーの書家でクリエイターの もにゃゐずみさん()。 「甘」にストローを模した一本線とタピオカを表した「。 」を加えたセンスがユーザーにウケて、投稿には現在 5万以上のリツイート(RT)と 17万以上のいいねを獲得しています。 街を歩けばタピオカ入りミルクティーを買い求める行列を目にするこの頃。 トレンドの影響もあってか、大きな反響を呼んでいます。 創作漢字「たぴおか」です — もにゃゐずみ Monyaizumi 反響がとにかくすごい このツイートへのリプライには、 「予測変換で出てきそう笑」「良いセンス」「天才のそれ」など絶賛の声が寄せられています。 タピオカ漢字に「撮」を並べて、昨年JC・JK流行語大賞に選ばれた「タピる」の熟語も考案。 こちらもまた好評なようです。 加えて漢字の構造を分析する人や、さらなる創作漢字を生み出す人まで表れて、一種のお祭り状態に。 ご自由にお使いください — もにゃゐずみ Monyaizumi リクエスト頂いた漢字「ガンダム」です — もにゃゐずみ Monyaizumi それだけでなく、平成から令和に変わった5月1日には、「平成と書きそうになったとき」に使える見事な修正術を披露し、TV番組で取り上げられたことも。 自分の字が地上波でこんなにも繰り返し流れるとは…なんだかリピートされる度に小っ恥ずかしかったです笑 こんな事になるとは夢にも思いませんでした。 フジテレビさんには本当に感謝です!今後も精進します。 — もにゃゐずみ Monyaizumi このように発想の源泉は尽きないようで、定期的に創作漢字や面白いアイデアをツイートしているもにゃゐずみさん。 次のバズも、そう遠くないかもしれません。

次の