ニコラス マ ナルト。 【ウイイレ2020】最強監督の戦術はこんなタイプ!解説とオススメ監督の一覧【中央突破】

【ナルト】テマリの結婚理由がヒドい…シカマルとの馴れ初めや性格

ニコラス マ ナルト

もくじ• 親が火影ということもあり、子供時代の反抗期が強かったのではないかと思います。 しかし、不真面目そうに見えますが、実はしっかりと教え子のことを見ていて教え子からの人望も熱い人です。 やはり、猿飛家という感じですね! いのとチョウジが中忍試験に合格した時に、絆の固さを忘れないように教え子3人にピアスをプレゼントする粋なことをする先生です。 やっぱり人を見た目で判断するのはよくないですねw 父親は三代目火影「猿飛ヒルゼン」 そうです!この方は忍のエリート猿飛一族なのです!若い頃は父親に反発し木ノ葉の里を離れています。 その時優秀な忍達の中から選りすぐられた精鋭中の精鋭である守護忍十二士に選ばれています。 天才忍者はたけかかしにひけをとらないと言われるだけありますよね! ちなみにナルトのことを慕っている木ノ葉丸の叔父にあたります。 恋人は同じ上忍の「夕日紅」 初期の頃から恋人かな?と匂わせる描写はありましたが、はっきりとはしていませんでした。 いつ仲を進展させたのか、初期の頃からそうだったのかは明らかではありませんが、いつの間にか紅が婚約者となっていた時にはびっくりしつつも「やっぱりか~」ってなりましたw!しかもお腹には赤ちゃんが!!!! いろいろ展開が早すぎて、少しだけでも二人の仲睦まじい姿が見たかったです。 ちなみに最終回に二人の子どもが登場します!!名前は「猿飛ミライ」。 どちらかと言うと、見た目は紅先生の要素が強いですね! 目がカッコ良すぎます!笑 アスマの能力・忍術 アスマの武器は、アスマの代名詞でもあるチャクラ刀ですね! また、アスマは火遁と風遁の忍術を使用することができます。 【火遁】 灰積焼 火打ち矢倉(ナルティメットアクセル2)【風遁】 翠嵐烈風(アニメ) 旋風拳(ナルティメットアクセル2) 風塵の術 渦旋風火の術(ナルティメットアクセル2、ナルティメットクロス。 「火打ち矢倉」と「旋風拳」の混合技) 飛燕 閃光十字斬(激闘忍者大戦! EX2) やはり上忍クラスとなるチャクラの性質は一つだけじゃないんですね! では、漫画やアニメで登場している代表的な術などを紹介していきます! チャクラ刀 アスマのメイン武器で、アスマが最も得意としているのが、このチャクラ刀を使った近接戦闘です。 このチャクラ刀は特殊な素材で作られており、他の武器よりチャクラの伝達率が非常に優れています。 アスマはこのチャクラ刀に風遁のチャクラを流し、リーチと切れ味を伸ばしています! この威力はヤバイですね!w また、アスマの武器はガタイの良い肉体でのパワーとスピードです。 この鋭い切れ味とアスマの力とスピードが加わることで、うかつにガードできない刀攻撃に仕上がっています! 火遁 灰積焼 体内のチャクラを高熱の灰に変化させて口から吐き、奥歯に仕込んである火打石のような物で着火させ、爆発させる。 タイミングが難しそうな術ですね。 着火させるタイミングを間違えると自分も味方も吹っ飛んでしまいそう。。。 それを使いこなすとはさすが上忍ですね! しかし、これは着火させなければ煙幕にもなりますし、また煙幕と見せかけておいて着火もできるという、シカマルばりの策も仕込めそうです! 風遁 風塵の術 口から大量の塵を混ぜ込んだ風を吹く術です。 この術は他の忍たちと比べると少し地味な印象ですね。 同じ風のチャクラの性質を持つナルトがあまりにもインパクトがある術をするのでよけいそう思われるんじゃないかなと。。。 しかし、術は一発の威力だけが重要ではなく、隙が少なくチャクラを抑えて使用できかつ相手を動かすことができるジャブのような術も重要です。 そのため、風塵の術はそのための術ではないかと思います。 スポンサーリンク 気になる重要なシーン 「玉は誰だか分かるか?」 最後の任務の直前にシカマルと将棋をうちながら言ったこのセリフ。 いつもと違ううちかたをするアスマにシカマルが不思議がるのですが、これにはいろいろな思いがこめられていて、これからの展開を物語る大事なシーンだったんです!! この時から胸騒ぎがしていましたが気のせいだ!と自分に言い聞かせていたのに!! アスマとシカマルvs飛段 登場回数の多いアスマですが、その戦闘シーンは少ないです。 シカマルとの連携して貴重な戦闘シーンですね。 戦闘力の高さは流石の上忍なのですが、飛段の能力が初見殺し過ぎる特殊な能力だったため、苦戦させられてしまいます。 そして、最後には、、、。 「木ノ葉を担うこれからの子ども達。。。 それが玉さ」 暁の飛段との戦いで、彼の呪いにかかり手傷を負いながらもシカマルの分析で追い詰めるところまでいきますが、角都の参戦で致命傷を負わされます。 教え子一人ひとりに最後の言葉を残していくのですが いのへ「お前は気が強いが。。。 面倒見のいい子だ。 チョウジもシカマルも。。。 こいつら不器用だからな。。。 」 チョウジへ「チョウジ。。。 お前は。。。 仲間思いの優しい男だ。。。 だからこそ。。。 誰よりも強い忍になる。。。 」 そして最後にシカマルにいった言葉が将棋をうった時の答えだったのです! 紅のお腹に子どもができ、里の未来を前よりいっそう考えるようになったことが伺える言葉です。 昔は里や一族に反発していた時期があったアスマが父親になる覚悟、里の未来をになう子ども達に自分が何ができるのか、教え子にこれからどうするべきか先生としての最後の教えだったんですね。 「お前らにはもう何も言う事がない。 まさに完璧な猪鹿蝶だった」 第四次忍界大戦で、カブトの穢土転生により蘇生されるのですが、やっぱり教え子たちと戦う展開になるんですよね。。。 ストーリー上そうなるのはしかたないことでもやっぱり切ないですよね。 優しいチョウジは先生と戦う決意が持てずにいたのですが、最後は戦意を取り戻し3人の連携で封印します。 切ないですが最後に教え子たちの成長する姿を見れた喜びと、他の誰の手でもなく固い絆で結ばれている教え子3人の手で封印されてよかったです。 まとめ 以上が、【ナルト】アスマのプロフィール・能力や術・気になるシーンを紹介! でした。 いかがでしたでしょうか? アスマは優しく、そして強さや周りからの信頼などを考えると、まだまだ活躍してくれたであろうキャラなだけに亡くなってしまったのは残念ですね。

次の

NARUTO

ニコラス マ ナルト

Contents• 今作の最強監督の戦術はこんなタイプ いきなり結論を言ってしまうと、今作の最強戦術は下記のとおりで、下の方で解説していきます。 フォーメーション 4-4-2(4CB-2CF) 4-3-3(4CB-3CF) 攻撃タイプ カウンター ビルドアップ ショートパス 攻撃エリア 中央 ポジショニング フォメ重視/流動的 サポート距離 普通(4~6) 守備タイプ リトリート 追込みエリア 中央 プレッシング アグレッシブ ラインの高さ 高め(7以上) コンパクトネス 高め(7以上) WE2020 フォーメーション 結論から言うと中央突破が最強、ウイイレ2020の仕様上、誰がやっても強い戦術となっております。 そう認めざるを得ないような、発売から半年が経とうとしている今日このごろ、、ついに僕も認める日がきたということです。。 orz 4バックで4CBかあるいはサイドバックにコンセプトアレンジのディフェンシブ設定とかにすると、守備が堅くなって理想的。 中盤はサイドハーフとかいらなくて、3-1とか2-2の形でOMF、CMF、DMFで構成できるフォメが理想です。 トップは2トップか3トップでぜんぶCFにできる監督、あと下に説明してる攻撃コンセプトと守備コンセプトで、中央守備と中央突破に最適化された監督を選んでいく感じです。 攻撃コンセプトと守備コンセプト 解説の前に、ウイイレ2020の攻撃コンセプト、守備コンセプトについて基本をおさらい。 攻撃コンセプト 攻撃タイプ• カウンター• ボールを奪ったら前に仕掛けることを優先し、味方選手は積極的に飛び出します。 ポゼッション• スペースがあまり無い場合ボールキープを優先し、味方選手はボールを保持している選手のサポートに来ます。 ビルドアップ• ロングパス• 一気に前線にボールを蹴り込んで攻めていきます。 味方選手は長い縦パスが入りやすいよう相手選手をひきつけ、縦パスが入ったら2列目からサポートします。 ショートパス• 自陣から細かくパスをつないで崩していくスタイルです。 味方選手は一定の距離感を保ち、パスがつながりやすいようにします。 攻撃エリア• サイド• サイド攻撃メインで攻めるスタイルです。 中央で連携する動きが多くなります。 中央からの攻撃メインで攻めるスタイルです。 中央で連携する動きが多くなります。 ポジショニング• フォーメーション重視• 自分のポジションを守り、本来の位置からあまり離れずに動きます。 流動的• 味方とポジションを入れ替えたりしながら、流動的に動きます。 パスのサポート距離• この値が高いほど、距離をとってパスを受けるよう動きます。 守備コンセプト 守備タイプ• フォアチェック• ボールを奪われたら積極的にプレッシャーをかけ、できるだけ高い位置でボールを奪い返そうとします。 リトリート• ボールを奪われたら自陣に撤退し、守備のブロックを作ることを優先します。 追い込みエリア• 縦パスを出させないよう守備の網を張って中に追い込み、相手が横パスを出したところでボールを奪うことを狙います。 サイド• 相手をサイドに追い込むようにディフェンスし、相手が縦パスを出したところで挟み込んで奪うことを狙います。 プレッシング• アグレッシブ• ファーストディフェンダーはボールを奪うことを狙って、相手に積極的に当たりにいきます。 セーフティ• ファーストディフェンダーは簡単に抜かれないよう、相手に対し距離をとってプレーを遅らせるように行動します。 ディフェンスラインの高さ• この値が高いほど、ディフェンスラインの位置が高くなります。 コンパクトネス• この値が高いほど、守備時のライン間の距離と幅が狭くなります。 攻撃/守備コンセプトの解説 攻撃タイプ(カウンター) カウンターは速攻、ポゼッションは遅攻と単純に考えると、攻撃にかける人数がポゼッションの方が多く、カウンターの方が少なくてすみます。 ボール保持率はポゼッションの方が高いので、自チームの攻撃時間がそれだけ長くなり、相手のチャンスを少なくできます。 一長一短ですが、パスをつなぎにくい今作の感じから考えるとカウンターの方がやや有利のようです。 ビルドアップ(ショートパス) ロングパス戦術でもショートパスしたいときはありますが、それ用の位置取りをしてくれなくなってつなぎにくくなると困るので、オススメはショートパスです。 攻撃エリア(中央) 今作はサイド主体で攻めると、ちょっと対応が上手い相手やったり運が良くなかったりすると点が取れないという事態に陥りがちです。 中央からの攻撃のほうが圧倒的にバリエーションも豊富、シュート成功率も高いので、中央からまずは攻めてオプションでサイドも、という感覚が一番強いと思われます。 ポジショニング(フォメ重視/流動的) ポジショニングは、フォーメーション重視でも流動的でもどちらも一長一短やと思います。 フォメ重視は選手本来の役割に徹してくれるけど意外性には欠ける感じ、流動的はAIが賢くなっている今作では威力発揮してくれそうですが、ポジション入れ替わられると困る場合もありますよね。 サポート距離(4~6) サポート距離は近すぎるとパスで崩しにくくなるのと、遠すぎるとワンタッチパスがパスズレしやすくなるので、中間ぐらいがちょうど良いと思います。 長い距離のパスは相手を崩す上で効果的なので、パス出しに自信がある人はもうちょっと長めにしても強いと思います。 守備タイプ(リトリート) 崩すのが上手い人にフォアチェックはなかなか通用しづらいので、無難にリトリートで手固く守ることをオススメします。 ただ、フォアチェックがうまい人のプレスはめっちゃ攻めにくいです、そういう人もいます。 追い込みエリア(中央) 追い込みエリアは中央やと縦パスを切る、サイドやと横パスを切る動きをするんですが。 今作は縦パス入れて受けた選手がディフェンダー背負って次のプレーにつなげる、というプレーが強いので、その相手の縦パスを切る動きをしてくれる追い込みエリア中央がオススメです。 プレッシング(アグレッシブ) 引いて守るとはいえ、ボールを奪えるところでは奪わないといけないので、アグレッシブを選択します。 セーフティやと延々ポゼッションされてこっちの攻撃チャンスがない、という状況に陥る可能性があるかもです。 ディフェンスラインの高さ(7~) 足が遅いディフェンダーやとちょっとキツイ面もありつつ、相手のプレーするスペースを奪う高めのディフェンスラインをオススメします。 スピードがないディフェンダーを使う場合は、ちょっと低めの監督にしてもいいかもしれません。 コンパクトネス(7~) コンパクトネスが高いと左右のゆさぶりに弱かったりするものなんですが、サイドの攻撃がそんな強くない今作はサイドチェンジもそれほど怖れる必要なし。 ということで、中央をしっかり守れるコンパクトネス高めをオススメします。 WE2020 スノウさんがオススメする監督たち 上記を踏まえて、僕が使ってみて強かった監督と、これ強そうやなーと思った監督を20人ピックアップしてみました。 ゲーノルト・ツァイツラー もうお馴染み感が強い感じのツァイツラーことクロップ監督、3CFできたときのやつですね。 戦術もポゼッションのフォアチェックやけど、攻撃エリア、追い込みエリアともに中央で強いと思います。 クリスト・バルブエナ こちらもお馴染みバルブエナことシメオネ監督、僕は4-3-1-2使ってるけど違うタイプもあるんですね。 サポート距離以外すべて理想的な戦術の設定、これで勝てなかったら他の監督で勝つのもちょっとむずかしいかも。。 ルイス・エンリケ あんまり注目度は高くないかもしれないルイス・エンリケ監督、ポゼッションとフォアチェック以外完ぺき。 ポゼッションでも頑張ればカウンターできるし、フォアチェックも気をつけて守れば大丈夫な気もする。 フェルナンド・サントス 最強と名高いフェルナンド・サントス監督、自分より格下の相手なら負けない率高そう。 ただうまい人相手やと守備不安なのが否めないところ、極めたらもしかしたら最強かもしれないですね。 ニコラス・マナルト ビルドアップがロングで攻撃エリアサイドっていうのがちょっと気にはなりつつ、ちょっと息抜きにちょうどよさそうなマナルト監督。 PS4版ならフォワードにプレーエリア幅制限つけて、サイドに開かせないようにしたら強そうですね。 ピーチェ・ブール アヤックスのエリック・テン・ハフ監督で、3トップで追い込みエリアサイドって守備がけっこう難しいってウワサ。 でも3トップで攻撃コンセプトがカウンターショート中央のサポート距離4はめっちゃ強そう、使い慣れたら強い監督ぽいですね。 ヴラディミル・ペトコヴィッチ フォーメーションが5バックの1トップになってるけど、違うフォメで出てきたらお買い得なペトコヴィッチ監督。 クロップ監督の3CFに5バックとかならアリっちゃアリかもしれない、でも1トップを中央突破で使いこなすの難しそう。 キケ・セティエン こちらも強いってウワサのセティエン監督、リアルではまだ結果のこせてない感じではありつつ。。 ポゼッションでフォアチェックに気をつければあとは完ぺき、フォメも色んなタイプ出てるんでお好きなやつで。 ヤンネ・アンデション あとプレッシングがアグレッシブだったら、、アンデション監督、プレスは自分でかけていこう。 レスターの監督なんでブレンダン・ロジャース監督ですね、セルティックやリヴァプールも率いたことがある名将です。 アリッツ・アルカイデ ヘタフェの監督、フォメがサイドハーフの4-2-2-2で中央とサイド織り交ぜたカウンターが楽しそうな感じ。 ディフェンスラインが低めで、引いて守ってカウンターっていう上位相手のとき向けの監督、バランスは良さそう。 ロベルト・ドナドーニ ラインとコンパクトネスがやや低いけど、格上相手にあっと驚くジャイキリ期待できそうなドナドーニ監督。 僕もいま使おうとしてる監督やけども、4-3-1-2バージョンがめっちゃ出てほしい、今のままでもサイドハーフをCMFにして使おうとしてます。 ハミロ・アメリカーノ フォメがどーなんやと思うアメリカーノ監督、サイドハーフをウイングバックにしたら5バックになっていい感じかも。 ポゼッションなのとコンパクトネス低いのがやや気にはなりつつも、3CFできる魅力は激アツにちがいない感じ。 ホルヘ・ルラチ 前作とか前々作ぐらいで流行った4-1-3-2のホルヘ・ルラチ監督、アルアハリのオラロイって監督らしいッス。 ポゼッションなとこ以外はすべていい感じ、サイド攻撃も交えた中央突破とか期待できそうッスね。 ストーレ・ソルバッケン コペンハーゲンでハゲつながりなのかどうなのか、ソルバッケン監督もシメオネ監督のサイド開いた版みたいで強いと思います。 CMFをひとりDMFでアンカーにして、サイドも交えた中央突破で、けっこう強いと思います。 アポロ・ゴウヴェア サポート距離とラインの高さとコンパクトネス以外いい感じなゴウヴェア監督、韓国代表といえばパウロ・ベント監督ですね。 この4-1-3-2っていうのも、場合によっては4-3-1-2よりも強そうな気もしつつ、まだ今作では使えてません。 フィオン・ハレー Youtubeのガチキング企画でまやげかさんが使ってた監督、フォアチェックやけどうまくいけばカウンターにつながるしいい感じ。 うまい人はフォアチェックの方が守りやすかったりするんやろなと、中級者まではやっぱリトリートがオススメな感じではありますね。 ランサン・ヴィワチャイチョック ロングパスやけどこのタイ人監督強そう、なんせ3OMFできますからねと。 さいごリーチかかって3連敗とかもしたけど、なんとか達成できました。 応援してくれた皆さんのおかげです、ありがとうございました。 さいごレート800達成したときの監督は、アポロゴウヴェア監督でした。 4-3-1-2(2CF)か4-3-3(3CF)• カウンター• ショートパス• フォメ重視と流動的はどちらでも• サポート距離4~6• リトリート• アグレッシブ• ラインの高さ7以上• コンパクトネス7以上 ぜんぶ満たしてる監督ってなかなかいませんが、それに近い監督が出てきたら試してみる価値ありです。

次の

レート1600余裕?!ニコラスマナルト監督の人選徹底解説!新4

ニコラス マ ナルト

ウイイレアプリ2019のオススメ監督<随時更新> めっちゃ監督のフォーメーションが変わっちゃいましたね!!!! これは衝撃なくらいフォメ変わってますよ!!! 予想どおり、シメオネがフォーメーション変わってます。 しかも名前も変わってます!!!(まあ、これはライセンスの問題ですが。。 ) 他にもジェズスがいないんですよ!!!どこいった!!! あの伝説級のフォーメーションがないじゃないか!!1 でも安心してください! ジェズスと同じようなフォーメーションを見つけたのでなんとかなりそうです! その他にも条件付きでペケルマンの後釜も見つかっています! それでは一人ずつ見ていきましょう! 最強監督のシメオネ、ジェズスはどうなった?ペケルマンは? まずは王道の監督を紹介していきます。 クリスト バルブエナ(シメオネ)• ディディエ デシャン• ホセ ペケルマン• ルイス アルベルトロマン(グアルディオラ)• ヨアヒム レーヴ• グスタヴォ エンリケス(モウリーニョ)• ユルゲン クロップ• エルマンノ テバルディ(アッレグリ)• フェルナンド サントス• ジャンピエーロガスペリーニ• ディーノ ミッレージ(アンチェロッティ)• ジェズス <不在> どれもスタートで使うのにとても使い勝手がいいので、この機会にゲットしておきましょう。 その後に、ちょっと気になる監督がいたので、紹介しています。 ガウェイン ケテルビー• ヴィコルドスサントス• クリストファーハーメル• ニコラス マナルト 結構、良いフォーメーションしてます。 それでは大人気のあの監督たちの変更点からいきましょう! シメオネ(クリスト バルブエナ)の4-4-2がまさかの中盤フラットに!?<マネージメント650> ヤバいですよ!シメオネ監督のフォーメーションが中盤フラットな4-4-2になってしまいました。 シメオネの良さはあのちょうどいい位置にRMFとLMFがいてくれることだったと思います。 あの絶妙な距離感が良かったのにどうしましょうか!? まずはシメオネの2019のフォーメーションをチェックして見ましょう。 ちなみに名前もライセンスなくなったんで、クリスト・バルブエナになります。 とはいえ、少しプレイした感じでは、AI機能が進化してるのでそれほど気にならない感じですね。 むしろ気になるのはマネージメント能力が減ったことですね。 ガチスカッドで組もうとすると選手を落とさないとなかなか選手を組み込めません。 <ウイイレ2019オフェンシブ戦術> <ウイイレ2019ディフェンシブ戦術> ここで救世主なのが、デシャンです! デシャンはシメオネの生まれ変わりか?<マネージメント590> シメオネがフラットになっちゃったんで、どうしようかなと言う人にオススメなのがデシャンです。 下の画像を見れば分かるように、RMFとLMFが少し上がっているので似ていますね。 特にオフェンシブはそっくりです。 ただしFWの片方がSTになってるのでまったく一緒ではありませんが、多くの人がシメオネでもCFとSTのセットに変えていると思うので、ここは問題ないと思います。 ちょっとズレてる感じがかなりいい感じですよ。 ちょうどいいギャップになっています。 シメオネ好きは今のうちにデシャンをとりましょう! <ウイイレ2019オフェンシブ戦術> <ウイイレ2019ディフェンシブ戦術> ペケルマン変わっちゃったーショック!<マネージメント520> 超独特の3トップなくなっちゃったよーーーー! めっちゃ使ってたのに。 しかもマネージメントも520まで下がりますショック。 きっとみんなもショックなはず。 相変わらずの爆発的マネージメント840なんで、どんだけ黒玉放り込んでも大丈夫でしょう! しかも結構使いやすい4-2-2-2になったんで、中盤も安定するのでかなりオススメです。 使い方によっては、ジェズスを超える攻撃的フォーメンーションにもできますよ。 中盤のトップ下はCMFとOMFのどっちもできます!! <ウイイレ2019オフェンシブ戦術> <ウイイレ2019ディフェンシブ戦術> ヨアヒム・レーブはほぼ変わらず<マネージメント760> 安定感のレーブは引き続き4-2-3-1です。 マネージメントが相変わらず高いのでガチスカッド向きですね。 何も変わってない感じなんで、レーヴ好きは引き続きレーヴでいいと思います。 770から720です。 フォーメーションは4-3-3になりましたね。 ビルドアップがロングパスなんで一気に選手が前に上がっていくんで個人的には好きな監督です。 ショートカウンター戦術が好きな人にオススメです。 どんどんまわりの選手が上がってくれるんでパス出しが簡単ですよ! <ウイイレ2019オフェンシブ戦術> <ウイイレ2019ディフェンシブ戦術> クロップ<マネージメント760> もっとマネージメント上がってもいいと思ってたんですけどね。 フォーメーションは変わらずです。 超攻撃的なディフェンスで相手を引き続き粉砕。 フォーメーションも中央がフラットになっちゃったんで使いにくくなってるかもしれませんね。 <ウイイレ2019オフェンシブ戦術> <ウイイレ2019ディフェンシブ戦術> フェルナンド・サントス<マネージメント565> フェルナンド・サントスはウイイレ2019からは使いやすそうですね。 2018では4-3-3でしたが、4-1-3-2で中盤がダイヤモンド型なんでトップ下を置きたい人にオススメです。 2018でスパレッティとか使ってた人にオススメです。 しかも味方によっては、ジェズス監督みたいな使い方もできるので、超攻撃的フォーメーションとしても使えます!! <ウイイレ2019オフェンシブ戦術> <ウイイレ2019ディフェンシブ戦術> ジャンピエーロ ガッスペリーニ(マネージメント能力500) このフォーメーションも2トップの下にOMFを置けるので、トップ下を使いたい人にオススメです。 サイドもそこまで高くないので、攻撃も守備もどっちもやってくれるので、スタミナのある選手を置くとかなりいい感じですよ。 トップ下の位置にデ・ブライネとかおいて、どんどんミドルシュート撃ちたいですね! <ウイイレ2019オフェンシブ戦術> <ウイイレ2019ディフェンシブ戦術> ディーノ ミッレージ<マネジメント620> まさかの2018シメオネと一緒の4-2-2-2です。 とはいえ中盤はフラットですが、それでも十分ですよね!! トップが3人ともCFなんで、気持ちよく攻撃できます!! ただし、驚異的なマネージメント能力の低さの345です。 今後、マネージメント能力を調整するアイテムがPS4版のようにあれば、一気に無敵監督です!! <ウイイレ2019オフェンシブ戦術> <ウイイレ2019ディフェンシブ戦術> ヴィルコ ドス サントス(マネージメント460) この監督はかなりオススメですよ。 3トップの下に、トップ下のOMFを置けるので、PSGの監督「クリストバルボルダ」にハマってた人はこの監督をとるべきだと思います。 結構3トップの下にOMFを置けるフォーメーションって結構減ってきてて、フラットな中盤が多いので、オススメです。 ジーコやで楽しみましょう!! <ウイイレ2019オフェンシブ戦術> <ウイイレ2019ディフェンシブ戦術> クリストファーハーメル(マネージメント能力460) 思いっきり攻撃的で、ウイイレ2018でもよく使ってました。 ハマるとジェズスよりもずっと攻撃できるんですよね。 サイド攻撃が立て続けに繰り出せる感じです。 とはいえ、3バックなんで、前線で全て完結しておかないと、カウンターなどを思いっきりくらいます。 それでも攻撃してて、かなり楽しい監督なんでオススメですよ。 <ウイイレ2019オフェンシブ戦術> <ウイイレ2019ディフェンシブ戦術> ニコラスマルナト(マネージメント能力540) この監督はシメオネを使ってた人にオススメの監督ですね。 4-4-2でRMFとLMFがちょうど少し上がっており、デシャンとは違って、CFも2人が同じ高さに並んでいます。 戦術もリトリートとアグレッシブなんで、ちょうどいい感じです。 マネージメント能力もまずまずなんで、オススメです。 <ウイイレ2019オフェンシブ戦術> <ウイイレ2019ディフェンシブ戦術> ウイイレアプリ2019のオススメ監督は結局だれ? とりあえずまだまだ分からないことが多いんですが、とりあえず以下の監督は抑えたいですね。 フォーメーションだけでなくマネージメント能力も大事な部分ですよね。 ジェズスが480に下がっちゃったのは残念です。 ガチスカッドは厳しそうですね。 監督 マネージメント 適応力 フォメ アルベルトロマン(グアルディオラ:現バラーダ ) 840 92 4-2-2-2 レーブ 760 90 4-5-1 モウリーニョ(グスタヴォエンリケス) 720 89 4-3-3 クロップ 685 88 4-3-3 シメオネ(クリストバルブエナ) 650 87 4-2-2-2 エルマンノ・テバルディ(アッレグリ:現リカルドソディ) 620 86 4-3-3 ディーノミッレージ(アンチェロッティ) 620 86 4-4-2 デシャン 590 85 4-2-2-2 バルベルデ 590 85 4-3-3 サンパオリ 565 84 3-2-4-1 サムエルラジャ(エメリ:現クリストバル ボルダ) 565 84 4-2-3-1 フェルナンド・サントス 565 84 4-1-3-2 スパレッティ 540 83 3-2-4-1 ペケルマン 520 82 4-2-3-1 ヴィコル ドス サントス 460 79 4-2-1-3 クリストファー ハーメル 460 79 3-2-2-3 ガウェインケテルビー 345 73 4-3-3 まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます。 いやー衝撃的な変更だらけの、ウイイレアプリ監督問題でしたね。 ジェズスはびっくりしましたが、なんとかいろいろな監督をゲットできたんでよかったです。

次の