ローテーション 最強。 楽天の開幕ローテーションは?――2020年プロ野球12球団先発ローテーション予想【編集部フォーカス】

【プロスピA】ローテーションチャレンジャーで獲るべき最強投手ランキング!

ローテーション 最強

開幕延期によるプラス要素 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、「緊急事態宣言」(5月6日まで)が発令された。 目標としていた4月24日のプロ野球開幕は白紙となり、143試合あるレギュラーシーズンの試合数を削減せざるをえない状況だ。 それでも、まだ今季のプロ野球の中止が確定したわけではない。 この厳しい状況でもNPBは最善策を模索し、選手たちは来たる日に向けて備えていく。 3月31日から活動を休止していたソフトバンクは4月9日、本拠地ペイペイドームと福岡県筑後市のファーム施設で自主練習を開始した。 いつ開幕できるかわからない不透明な状況ではあるが、今後は感染予防に細心の注意を払いながら、できる範囲で体を動かしていくことになる。 だが、ソフトバンクにとって、開幕延期は少なからずプラスに転じそうだ。 当初は開幕に間に合わないとされていた千賀滉大や高橋礼が、開幕ローテーションに入る可能性も出てきた。 近年、開幕時に先発投手陣が揃わずとも、層の厚さでしのいできたソフトバンクだが、いよいよ最強ローテーションを形成するかもしれない。 開幕ローテーションは再編? 当初、想定されていた今季の開幕ローテーションは、開幕投手に指名されていた東浜巨をはじめ、メジャーで通算54勝をマークした新助っ人のマット・ムーア、昨季故障からの復活を遂げたベテラン左腕の和田毅、昨季終盤に復調した石川柊太、今季6年目のシーズンを迎えるリック・バンデンハークがおり、6番目の枠をオープン戦で結果を残した二保旭、松本裕樹が争う構図だった。 既に十分計算できる先発投手の陣容ではあるが、ここに千賀と高橋礼も加わってくる。 2投手の状態にもよるが、工藤公康監督は開幕ローテの再編も視野に入れていることだろう。 左太もも裏痛のためリハビリ組で調整していた高橋礼は、3月28日に約1ヶ月ぶりとなるブルペン入り。 20球を投じて順調な回復ぶりをアピールした。 一方、右前腕部の張りでリハビリ中だった千賀も約1ヶ月ぶりにキャッチボールを再開。 高橋礼よりは復調まで時間を要しそうだが、今後は自分のペースで状態を徐々に上げていけそうだ。 東浜、ムーア、和田、石川、バンデンハーク、二保、松本に加え、実績のある千賀と高橋礼。 他球団から見れば羨ましく贅沢だが登録枠の問題がある。 投手の運用に長けた指揮官の腕の見せどころだろう。 最強ローテーションをどう運用していくか 昨季の開幕ローテーションは、開幕投手を務めた千賀、アリエル・ミランダ、高橋礼、東浜、大竹耕太郎、武田翔太という陣容だった。 しかし、東浜は6月に右肘を手術。 武田は不振に陥り一時リリーフに配置転換されるなど、先発のやりくりに苦労した。 それでも、代わりが出てくるのがソフトバンク。 和田が交流戦で2年ぶりに1軍へ復帰すると、交流戦の優勝を決めた巨人戦や日本シリーズなど勝負どころでチームの勝利に貢献した。 また、右肘の故障で苦しんだ石川が終盤に一軍へ昇格し、クライマックスシリーズで好投。 故障から復調した2投手が日本一に大きく貢献した。 2018年も同様。 シーズン終盤で先発投手が不足している時に、それまであまり実績のなかった大竹、高橋礼、ミランダが先発ローテーションに加わり日本一を手繰り寄せた。 先発投手に故障者が続出しようが、入れ替わり立ち替わりで代役が登場して強さを発揮する。 そんなソフトバンクが開幕から最強ローテーションを形成した場合、今まで以上に他をよせつけない盤石の強さを見せるのか。 例年よりも少ない試合数が想定されるシーズンで、指揮官がどう運用していくのか注目だ。

次の

作りたくない日の隣の夕ご飯をのぞき見!このローテーションが最強!

ローテーション 最強

ランプドラゴンの最強デッキレシピ集(ローテーション) <> ローテーション環境のランプドラゴンは、全体での使用率第3位で、流行度がTier 1のデッキタイプです。 のデータによると、ランプドラゴンの勝率が51. この両方のデッキタイプに分散されていることと、後述の魔海ランプドラゴンや戦ドラゴンなども含まれるので、細かいデッキタイプ別の勝率は不明ですが、いずれにしろ勝率5割は軽く超えている強力なデッキであることは間違いないです。 現環境のランプドラゴンは(魔海、戦、原初を除き)、大まかに3つのタイプに分類されるので、それぞれのタイプの20連勝以上のデッキレシピを取り上げます。 上記のデッキレシピは、環境最初期(2018年1月1日)に マスターランク24連勝を記録しています。 ほとんど同じレシピのデッキが、 JCG大会でも何回か優勝しています。 特徴としては、前環境のサハクィエル採用型のランプドラゴンを基本にして、 ドラゴンナイト・アイラの枠を新カード「竜剣の少女・アイラ」に置き換えただけのシンプルな構築であることです。 ローテーション環境でもランプドラゴンはあまり弱体化されていないですし、竜剣の少女・アイラの追加で後攻での安定感は増しています。 時空転生の新カードを生かしたデッキ構築で、7コストの枠には「竜の炎・ジルニトラ」、9コストの枠には「狂えるドレイク」を採用しているため、7コストのサハクィエルは不採用、9コストのイスラーフィールの枚数は少なめとなっています。 ジェネシスドラゴンに代わる大型疾走フォロワーとして、「アジ・ダハーカ」も採用されています。 環境最初期はネメシスが非常に多かったので、全体除去の狂えるドレイクが非常に強かったという背景もあります。 環境最初期のネメシス環境が終わっている時期(2018年1月12日)に、マスターランク20連勝を記録しているので、現環境で最も有力なタイプかもしれないです。 最近のJCG大会の優勝・準優勝デッキでも、竜の峡谷が2~3枚採用されていることが多いです。 最大の特徴は、竜の峡谷の3枚フル採用ですが、低コスト帯でも工夫が見られるデッキレシピです。 竜剣の少女・アイラが2枚で、ミニゴブリンメイジで確定サーチとなっています。 ドラゴサモナーは、アグロ環境ではないため1/2のスタッツが弱いことや、アイラの確定サーチのために抜かれているようです。 アイラが2枚なのは、PPブーストに進化権を使うこと、先攻の場合に進化できる5ターン目でのPPブーストの選択肢が他に多いこと、竜の峡谷があるために7PPでの選択肢が多いことなどが理由だと思います。 主にランプドラゴンを少しずつ調整しながら、上振れで24連勝できたんで多分強いです。 ゆっくりアンリミテッドやっていこう。 狂えるドレイクがすごーく強かったです。 — ふじお 8YdItadZZCzVktV ローテーション、ランプドラゴンで23連勝しました。 環境初日で勝ちやすいとはいえ素直に嬉しい — ダニエル danier0225 22連勝ドラゴン。 連勝前、連勝ストップともにイージスにボコられた。 見切れはゼウス2アジ2 — 神奈川もみじ GBayern 22連勝ご都合ドラゴン — 信者 aruverce ランプドラゴン21連勝でネクロに負けて止まりました。 — TAK 将棋とシャドバ TAKTAK918 ローテグラマス終わりました MP4000までは適当。 その後ガメオベラさんのドラゴンで20連勝して、ビショ増えた事をきっかけに魔界アジをピンで差したらだいぶ安定しました。 あと半月はアンリミグラマス頑張ります。 めちゃ丸い構築。 ウロボロスは持ってないので入ってません。 ひたすらブーストして強いカードを相手に押し付けてください。 対ドラゴンだけちゃんと立ち回ればほぼ勝てます。 最高連勝は15連勝が2回で、ランクマドラゴンしか使ってないので、累計勝利数は155でMP10000ためました。 どのクラス相手にも互角以上には戦えると思います。 普通のランプドラゴンと似ているのですが、 魔海の女王2枚以上で、癒しの奏者・アンリエットなどの採用でコンボ色が強いデッキを分類しています。 上記のデッキレシピは、 JCG大会優勝デッキで、マスターランク28連勝も記録しています。 魔海の女王2枚、癒しの奏者・アンリエット2枚が、魔海ドラゴンに特徴的な採用カードです。 また、サハクィエル型となっており、サハクィエル3枚、イスラーフィール3枚など、サハクィエル型のニュートラル要素の採用枚数が普通のランプドラゴンと同様に入っています。 魔海のコンボ要素とサハクィエル要素の両方で採用枠がきつそうに見えますが、ドラゴサモナーを抜いたり、アイラや大鎌の竜騎の枚数を減らして上手く調整されています。 癒しの奏者・アンリエットは不採用なのですが、コンボに必要なフォロワーをサーチするための天界への階段が採用されているので、魔海ドラゴンに分類しています。 サハクィエル不採用なので、 時空転生の新カード「竜の炎・ジルニトラ」が、7コスト枠として3枚のフル採用されています。 一応15連勝までいけました。 ドラゴンミラーはまず負けないと思われます。 主に使ったデッキは、やすさんのドラゴンです。 めっちゃMP盛れました。 画像の13連勝以外にも10連勝2回ほどしました。 盤面外からのリーサルの動きが相変わらず強いですw — エモートOFFの人 iamstupid31 無謀なる戦ドラゴンは卍ガチ卍 ミラーで峡谷の後に置くと相手のバハ誘発 ローテでは手札からの打点少ないので、ある程度盤面無視して置いても次ターン魔界絡ませて20点簡単に出せる。 魔海の女王で手札を失っても、クロノスの能力で一気に手札を回復できるのがメリットです。 上記のデッキレシピは、環境最初期(2017年12月30日)に マスターランク26連勝を記録しています。 クロノスと相性の良いカードとして、インペリアルドラグーンが採用されているのがポイントです。 手札をすべてを捨ててもクロノスの能力で5枚ドローすることができます。 バハムートと比べて、自分の他のフォロワーには影響を与えないですし、相手のリーダーにもダメージを与えられるのが強みです。 比較的最近(2018年1月13日)、 マスターランク23連勝を記録しています。 ピュートーンの能力で、7コスト以下のカードがデッキから消滅すると、クロノス、ウロボロス、バハムート、ゼウス、魔海の女王、ピュートーンのみとなります。 インペリアルドラグーンの不採用も特徴的なデッキレシピです。 最後は9000から昇格戦まで12連勝したミッドネクロです。 最強でした。 ランプドラゴンと比べて苦戦しているイメージですが、連勝デッキはいくつもあります。 一つ目のデッキレシピは、 ランプドラゴンに近いタイプの原初ドラゴンで、マスターランク18連勝を記録しています。 時空転生の新カード「竜の炎・ジルニトラ」は7コストのカードですが、原初の竜使いとのシナジーがあるので、ランプドラゴン型の原初ドラゴンを組みやすくなっています。 クロノスからのインペリアルドラグーンで、カードを補充しながら全体除去をすることができます。 クロノスの大量ドローは、原初の竜使いを引くのにも役立ちますし、低コストフォロワーが多くなるデッキバランスとも噛み合っています。 僕は自分のデッキが使って欲しいのでワード含みでもう一度ツイートします。 原初ドラゴン 18連勝 — すぐり netaihoshi 原初軸で15連勝ウェイ! — ハルヒハルヒハルヒ vYeRFd7vkBmgORL 原初クロノスドラゴンで14連勝しました — みかにゃ mknkty ほとんど原初とネクロだけでグラマスいったー 原初は14連勝、ネクロは11連勝だからまあまあの出来 — あっきー akatuki025 ミッドレンジ原初 で13連勝しました。 今のところ勝率は 83. めちゃめちゃ使いやすいです…… — こうき。 ローテーション環境が遅いので、無謀なる戦を置ける隙のある相手が増えているのがポイントです。 基本的には、サハクィエル型の魔海ドラゴンに、無謀なる戦を入れたタイプのデッキですが、無謀なる戦の効果がニュートラルフォロワーに限定されるので、普通のランプドラゴンとは採用されるフォロワーが異なっています。 上記のデッキレシピは、 80戦して勝率76%の高勝率を記録しています。 低コストのニュートラルフォロワーとして、 ハンサと覇食帝・カイザが戦ドラゴン向きのフォロワーとして採用されています。 ハンサはドラゴンミラーで特に力を発揮しますし、覇食帝・カイザはアルティメットキャロットが手札に戻るので、無謀なる戦を出しておくと1ターンに何度もフォロワー処理に使えます。 竜剣の少女・アイラ、竜の闘気が不採用のデッキですが、マスターランク13連勝を記録しています。 確定サーチが2つ組み込まれることで、理想ムーブが明確なデッキで、 2T:ドラゴサモナー(水竜神の巫女確定)or 竜の託宣 3T:3コストフォロワー 4T:ウリエル(無謀なる戦確定) 5T:水竜神の巫女 6T:無謀なる戦 or サハクィエル のような動きが基本になると思います。 ダークドラグーン・フォルテが抜けた穴が大きく、その穴を埋めるのが問題となります。 上記のデッキレシピは、 マスターランク10連勝を記録しています。 フォルテが使えないので、 疾走枠としてヒッポグリフの乗り手3枚、不死鳥の乗り手・アイナ3枚、竜の集結3枚などが採用されています。 ヒッポグリフの乗り手や、不死鳥の乗り手・アイナは、他のフォロワーによって攻撃力が上がるので、フォロワーを横展開するためのカードが豊富なデッキ構築です。 また、ジークフリートが抜けた確定除去の穴は、必殺持ちのバジリスクライダーで補っています。 ローテーション環境ではランプドラゴン系(魔海ドラゴン、戦ドラゴンを含む)がドラゴン最強でしたが、おそらく アンリミテッド環境ではフェイスドラゴンがドラゴン最強のデッキタイプです。 のデータによると使用率は低いですが、 マスター帯の勝率は58. 上記のデッキレシピは、 アンリミテッド環境のドラゴンとしては驚異のマスターランク19連勝を記録しています。 フォロワーを横展開するのが得意なので、ダークドラグーン・フォルテだけでなく、ヒッポグリフの乗り手や不死鳥の乗り手・アイナも高い疾走打点を叩き出すことができます。 OTKエルフ、アグロヴァンパイア、復讐ヴァンパイアが蔓延しているので、ドラゴンの主力であるランプドラゴンにとっては厳しい環境となっています。 しかし、上記のデッキレシピは、 疾走型のランプドラゴンで12連勝を記録しています。 非常に速い環境なので、ジェネシスドラゴンやゼウスではなく、コストを下げられる新カード「アジ・ダハーカ」が優先的に採用されています。 また、新カード「嵐の翼」によって、中型の疾走フォロワーが強化されています。 嵐の翼はカードアドバンテージを失うので、手札に戻ってくるスターフェニックスが3枚のフル採用となっています。 最近ドラゴン以外のクラスも触るようになってからちょっと失速ぎみですw こちらのデッキは2日前に作ってかなり調子の良い疾走ドラゴンです。 使い始めの12連勝から高勝率をキープしています。 連勝デッキを探すのは難しいのですが、グランドマスター達成者の魔海ドラゴンを取り上げます。 塔の守護竜・アデールの回復と守護、ラースドレイクの全体除去で耐えるというデッキ構築になっています。 対アグロでは、盤面のフォロワーが処理されない場合が多いので、アデールにドレインを付けられる場合は多いと思います。 コンボパーツやドローソースでかなりの枠を使うので、ブレイジングブレスは不採用となっています。 連勝デッキを探すのは難しいのですが、グランドマスター到達者のデッキを取り上げます。 相手の速い動きを意識したデッキ構築で、サラマンダーブレスよりもブレイジングブレスが優先されています。 バハムートは不採用で、高コストはダークドラグーン・フォルテとコストを下げられるアジ・ダハーカのみに絞られています。 手札によってはアグロに近い動きもできるデッキで、原初の竜使いで盤面を制圧してから決めるパターンだけでなく、早期決着を狙うこともできそうです。

次の

【最強】革靴ローテーション3足の選び方【面倒くさがり向け】

ローテーション 最強

シャドバの現環境とは? 現環境は 機械カードと自然カード中心のデッキが流行っている印象です。 中でも機械ヴァンプは現環境で頭ひとつ抜けている印象を受けます。 次点で 自然ドラゴン、機械ネメシスあたりが流行っていると感じています。 上記のように現在最新弾である「ナテラ崩壊」の環境では機械や自然カード中心のデッキが流行っています。 では、なぜ流行っているのか? それはひとえに強いからです。 どうして強いのかと言われれば あのカードの恩恵を受けているからです。。。。。 現環境最強カードとは? そのカードとは 「鋼鉄と大地の神」 です。 このカードがデッキを引っ張っています。 このカードの 3つの能力がとても強力です。 1つ、ドローソース力。 融合した機械カードと自然カードの枚数をドローできる能力を持っています。 これの良いところは腐ったカードをドローソースに早変わりさせられる点です。 これによりデッキが回ります。 結果として、理想ムーブが可能になります。 ドローソースとしても強力ですがこちらも強力です。 つまり、加えたカードを0コストで使用することも可能なのです。 また、コストの大きなフォロワーもコストが下がります。 なので、このカードを使用したあとは盤面展開がより強力にする事が可能なのですが。 3つ、フォロワー一体にダメージ 正直これはおまけ程度です。 融合したカードの枚数のダメージを与える事が可能です。 他の能力が強力なので、ここに頼る人はあまりいないかもしれません。 盤面制圧にも長けている事がよくおわかりいただけただろう。 上記の理由から、 現環境最強カードであり同時に現環境の中心、まさしく神と言っても過言では無いカードです。 現環境最強デッキとは? 個人的にはヴァンプが頭ひとつ抜けていると感じています。 現環境は 機械ヴァンプと自然ドラゴンの二強のように思われます。 しかし、機械ヴァンプの方が デッキパワー的には優っているでしょう。 ノインや ネレイアといったパワーカードが多く採用されています。 また、アディショナルの 背徳の狂獣や マシンナースデビルにより継続的に相手の盤面に干渉し続けることすら可能です。 それにより、 序盤から終盤にかけてオールラウンドに戦え る 強さを持っています。 一方ドラゴンはカードパワー自体は劣っているように感じますが依然として強いです。 しかし、 勝ち筋としてヴァイディに依存している点があります。 その点でオールラウンドに戦え、カードパワーのあるヴァンプには劣っていると感じています。 上記の点で機械ヴァンプが現環境で最強デッキだと考えます。 おわりに 少しでも現環境や次環境の参考になれば幸いです。 おそらく、 次環境でもヴァンプやドラゴンは上位に来るでしょう。 特にヴァンプに関しては自然コントロールのデッキもあり デッキの種類が多いので、その可能性はとても高いと思います。 そのため、今のうちにヴァンプを使いこなしましょう!! それでは、よい、ヲタクライフオ!!!!.

次の