洗濯 乾燥機。 洗濯乾燥機のおすすめ5選!洗いから乾燥まで1台で快適にできる!

洗濯表示に乾燥機マークが登場!意味と正しい乾燥方法は?

洗濯 乾燥機

目次 [] 1 洗濯物を部屋干しするときの乾燥方法とは? 洗濯物を部屋干しするとき、そのまま干していませんか?実は、洗濯物の部屋干しには様々な乾燥方法があります。 部屋干しするときに一工夫するだけでも、より早く洗濯物を乾かすことができるようになるのです。 洗濯乾燥機• 衣類乾燥機• 除湿機(衣類乾燥除湿機)• 扇風機• エアコン(除湿モード・衣類乾燥モードなど) 扇風機やエアコンは多くの家庭にあるでしょう。 そのため、洗濯物を部屋干しするときには有効活用することがポイント。 そのまま干すよりも早く乾かすことができますよ。 また、洗濯物を部屋干しするときには、衣類乾燥機や除湿機もあると便利です。 特に衣類乾燥除湿機は基本的には除湿機と同じ。 部屋干しした洗濯物を乾かす機能が取り上げられているだけで、機能面では除湿機と大きな違いはないのです。 2 衣類乾燥除湿機の種類や特長 洗濯物を早く乾かすことを念頭に置いた電化製品としては「衣類乾燥除湿機」があります。 扇風機やエアコンでも洗濯物を乾かすことはできるでしょう。 しかし、衣類乾燥除湿機は部屋干しの洗濯物を効果的に乾燥させる機能もあるため、洗濯物をよく部屋干しするという人は衣類乾燥除湿機の購入を検討することが良いと言えます。 そこで気になるのが、衣類乾燥除湿機の種類と特長。 洗濯物を部屋干しする時期や状況に合わせた衣類乾燥除湿機を選ぶことが、光熱費を抑えるポイントになります。 そんな衣類乾燥除湿機には、次のような種類があります。 デシカント方式(ゼオライト方式)• コンプレッサー方式• これはゼオライトという乾燥剤を使って除湿を行うためです。 フロンガスが使われていないことで、自然に優しいとも考えられます。 また、ゼオライトが取り除いた水分(湿気)は、ヒーターによって温められたあと、熱交換器によって水に変換されてタンクに溜まるという仕組みになっているのです。 コンプレッサー方式は、湿気を含んだ空気を冷やすことで水に変換して除湿します。 冬場に窓に水滴がつくのと同じ原理です。 基本的にはエアコンの除湿機能と同じ仕組み。 ハイブリット方式は、デシカント方式とコンプレッサー方式のメリットを組み合わせた方式です。 状況に合わせて除湿方式を変えることで、常に効率的な除湿ができるというメリットがあります。 衣類乾燥除湿機としては人気が高いものの、価格が高いのがデメリットの一つ。 それぞれの方式の衣類乾燥除湿機について、メリットとデメリットをまとめてみます。 種別 メリット デメリット デシカント方式 1年中除湿力が一定 本体がコンパクト ヒーターで室温が上昇 消費電力が大きい コンプレッサー方式 消費電力が小さい 室温がほとんど変化しない 本体が大きい 気温が下がると除湿力が低下 ハイブリット方式 低気温でも除湿力が一定 室温の変化がほぼない 本体が大きい 本体価格が高い 衣類乾燥除湿機は、デシカント方式にもコンプレッサー方式にもデメリットがあります。 しかし、ハイブリット方式の衣類乾燥除湿機であれば、それぞれのメリットを上手に取り込んでいるので、衣類乾燥除湿機を買う場合はハイブリット方式がおすすめです。 3 衣類乾燥機の特長。 衣類乾燥機は、洗濯乾燥機では物足りないという人に人気が高いと言えます。 濡れたままの洗濯物を入れるだけで乾燥させることができるためです。 また、衣類乾燥機は「電気式」と「ガス式」があり、それぞれのメリットやデメリットに合わせて使い分けるほうが良いでしょう。 ガス式の衣類乾燥機は「早い」という点がメリット。 電気式の数倍の速さで乾燥ができるという点で人気があります。 さらに光熱費も安く抑えられるため、長い目で見ると安い買い物になると言えます。 反面、本体価格が高かったりガス管の増設が必要だったりするため、初期投資が必要不可欠。 また、ガス式の衣類乾燥機は設置場所も限られるという面があり、設置が不可能という家も少なくありません。 電気式の衣類乾燥機は、どの家でも設置できるという点が大きなメリット。 本体価格もガス式の衣類乾燥機に比べると、かなり安いと言えます。 ただし、乾燥に時間がかかる点と光熱費が高い点はデメリットと言えるでしょう。 衣類乾燥機のメリットやデメリットをまとめてみましょう。 衣類乾燥機の種別 メリット デメリット ガス式 乾燥時間が短い 光熱費が安い 本体価格が高い 設置できないことがある 電気式 どこでも設置できる 本体価格が安い 光熱費が高い 乾燥時間が長い ガス式の衣類乾燥機は設置できる家が限られてしまいます。 そのため、一般的な家では電気式の衣類乾燥機の購入がおすすめ。 電気式の衣類乾燥機は光熱費がガス式の衣類乾燥機よりも高くなりますが、除湿機やエアコンなどを使う洗濯物の乾燥方法でも光熱費がかかるのは同じです。 そのため、衣類乾燥機を使って洗濯物を乾かすときの時間や光熱費などを比べてから、どうするかを考えるのが良いでしょう。 2 洗濯物の乾燥方法を比較 洗濯物を部屋干しするとき、早く乾くほうが良いのは当然ですよね。 しかし、扇風機やエアコン、衣類乾燥機などを使うと、どうしても光熱費が気になってしまいます。 そこで、衣類乾燥機などを使って部屋干しした洗濯物を乾かすときの時間と光熱費について、比較してみましょう。 1 洗濯物を早く乾燥させられる方法は? 洗濯物を部屋干しすると、部屋も狭くなりますし、見栄えも気になります。 そのため、部屋干しした洗濯物は早く乾くほうが良いという人も少なくないのです。 そこで、まずは部屋干しの洗濯物が乾燥するまでの時間で比較してみましょう。 参考にするのは「東京電力技術開発研究所」が行った実験結果です。 こちらの実験では、梅雨に部屋干ししたときの乾燥までの時間と光熱費が報告されています。 また、気温や湿度、天候、地域などによっても異なる場合があります。 こちらの実験結果では、エアコンと扇風機を併用したときが最も早く洗濯物を乾かせています。 部屋干しの洗濯物を早く乾かしたいときは、エアコンと扇風機を併用する方法を試してみましょう。 2 光熱費の安い乾燥方法 乾燥に使う電化製品 乾燥までに必要な光熱費(円) 洗濯乾燥機(ヒーター式) 63. 1円 衣類乾燥機(電気式) 62. 5円 洗濯乾燥機(ヒートポンプ式) 34. 7円 エアコン(ランドリー運転) 33. 2円 除湿機(衣類乾燥運転) 25. 1円 扇風機 6. 3円 部屋干しした洗濯物が乾くまでに必要なコストです。 ただし、実験は東京電力管内で行われているため、それ以外の地域では必ずしもコストが一致するとは限りません。 これを見ると、洗濯物が乾くまでに必要な光熱費は扇風機が圧倒的に安いと言えます。 しかし、梅雨時に扇風機で部屋干しの洗濯物を乾かそうとしても、なかなか乾きません。 この実験でもかなりの時間がかかっています。 また、扇風機だけでは湿気が室内に溜まってしまうことも考えらえるため、扇風機だけを使って部屋干しの洗濯物を乾燥させるのはおすすめできません。 一方で、除湿機(衣類乾燥除湿機)は時間が長い割に光熱費が安いと言えます。 最新の衣類乾燥除湿機にはセンサーを使ってピンポイントで濡れている部分を乾かす機能などもあり、有効活用できると考えられるのです。 3 洗濯物をふわふわにするコツ 洗濯物を部屋干しで早く乾かせるだけではなく、ふわふわに仕上げたいという人もいるでしょう。 そこで、洗濯物を部屋干しでもふわふわにするコツを紹介していきます。 1 すすぎを手抜きしない 洗濯物をふわふわにするためには「すすぎを手抜きしない」ことが大きなポイント。 洗濯物に洗剤が残っていると、洗濯物が乾いてもふわふわに仕上がりません。 しかし、すすぎのやりすぎも逆効果。 適度にすすぎをすることが大切です。 2 柔軟剤は適量 柔軟剤の入れすぎも、洗濯物をごわごわにしてしまう要因。 たくさんの柔軟剤を入れても、仕上がりがふわふわになる訳ではないことを理解しておきましょう。 また、洗濯のときは柔軟剤の分量を守ることを忘れずに。 3 洗濯後はすぐに乾かす 洗濯物を濡れたままで放置するのは厳禁。 そのまま放置してしまうと、洗濯物にシワができやすくなります。 洗濯後はできるだけ早く洗濯物を取り出して、乾燥させるようにしましょう。 4 シワは伸ばしてから干す 部屋干しでも天日干しでも、洗濯物はシワを伸ばしてから干します。 しっかりとシワを伸ばして干さないと、シワの部分だけ乾燥具合が変わってしまって、部分的にごわごわになることもあるのです。 5 自然乾燥から乾燥機へ 洗濯物は天日干しが気持ち良いですが、干しっぱなしは厳禁。 天日干しで洗濯物が乾燥しすぎてしまうと、繊維が固いと感じやすくなります。 ふわふわにするためには、適度に干すことがコツ。 また、自然乾燥は乾燥させすぎてしまいやすいので、早めに日陰に移動することが大切です。 しかし、それは面倒なので、自然乾燥から乾燥機を使う方法へ変えることがおすすめ。 特に熱を加えながら乾燥させることで、洗濯物をふわふわに仕上げることができます。 その点では乾燥機が最良の方法となりますよ。 6 洗濯物がふわふわになる乾燥方法とは? 洗濯物をふわふわに仕上げるためには、熱を加えながら乾燥させることがポイント。 衣類乾燥機や衣類乾燥除湿機は適度な熱を加えながら、洗濯物を乾かすことができます。 特に衣類乾燥機は、衣類乾燥除湿機よりも均一に熱を加えることができて、ふわふわに仕上げやすい洗濯物の乾燥方法と言えます。 衣類乾燥機は洗濯物が最も早く乾く方法でもないですし、光熱費が安い訳でもありません。 それでも、簡単に洗濯物をふわふわに仕上げるには最適の方法と言えるでしょう。 そのため、部屋干しする洗濯物をふわふわにしたいのであれば、光熱費や乾燥時間に関係なく、衣類乾燥機による乾燥を選ぶのが良いですよ。

次の

洗濯乾燥機で「乾燥機能」を使わないのは何割? 衣類乾燥機を使った感想は?【洗濯・乾燥の実態調査】

洗濯 乾燥機

乾燥機付き洗濯機のメリット 日本の住宅事情にマッチしたドラム型の乾燥機付き洗濯機なども販売され、乾燥機の機能がついた洗濯機は今や一般的となりました。 乾燥機付き洗濯機には、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。 洗濯物が乾きにくい雨の日でも安心• 洗濯物を干す手間が省ける• 花粉などがつきにくい 雨の日が続く梅雨の時期や、気温が低く洗濯物が乾きにくい冬は、洗濯物を外に干したくないと思う方もいるでしょう。 浴室乾燥機が完備されている家ばかりではありませんし、室内に干しておいても乾きにくいため生乾きのにおいなどが気になることも。 小さな子供がいる家庭では毎日洗濯しないと洗濯が追いつかないため、コンスタントに洗濯物を干すことができないと困ってしまいますよね。 乾燥機付き洗濯機があれば、外の天候にかかわらず、洗濯物を乾かすことができます。 室内で洗濯物を干す場所も必要ないためとても便利ですね。 また、干すのが手間な洗濯物も洗濯乾燥機があれば洗濯から乾燥までを一台で行うことが可能です。 夜洗濯をして朝起きたら洗濯物が乾いているため、洗濯をする時間を短縮することができます。 さらに、洗濯物を外に干すことによって、花粉や排気ガスなどが洗濯物に付着してしまうことがありますが、洗濯乾燥機を使えばその心配もありません。 花粉が飛散する時期の洗濯も安心ですね。 関連記事: 子供が生まれると増えるもの、それはズバリ洗濯物!妊娠や出産を機に乾燥機… 乾燥機付き洗濯機、縦型とドラム式の違いは? 乾燥機付き洗濯機は、定番の縦型とドラム型の二つに分かれています。 縦型は洗濯槽の底にある羽根の部分を回転させて、水をかくはんするような水流でもみ洗いする洗濯機です。 ドラム式はドラムを回転させて上から下に洗濯物をたたき落とすたたき洗いを行う洗濯機です。 日本では、長い間縦型の洗濯機が長く使われてきましたが、ドラム式は使用する水の量が少なく、乾燥にもしわにもなりにくいなどメリットがあるため、ドラム式の洗濯乾燥機も人気が出ています。 ただし、縦型よりも価格は高めです。 またドラム式洗濯乾燥機は、ヒートポンプ式が採用されている洗濯乾燥機も出ています。 ヒートポンプ式の乾燥機は、比較的低めの温度で乾燥するため、衣類の縮みや傷みが少なく電気代も抑えられます。 ¥224,641〜 (楽天市場) 品番:NA-FW100S3-T 洗濯・脱水容量:10. 0kg 乾燥容量:5. パナソニックの縦型乾燥機付き洗濯機は、凹凸のないフラットフェイスを使用しているため、置いた時のスタイリッシュさはもちろんのこと、天面部分にゴミがたまりにくくお手入れしやすいデザインです。 脱水後に「からみほぐし」運転をしますと、衣類と衣類のからみがほぐれ、引き出しやすくなります。 こうすることで、洗濯時に衣類にかかる負担を軽減することができますね。 また、大切な衣類を優しく洗える「おうちクリーニング機能」や「ソフト脱水機能」、つけおきなしで頑固な汚れをしっかりときれいにできる「泥汚れつけおきコース」など、うれしい機能が満載です。 自動槽洗浄機能で洗濯のたびに自動でお手入れが行われるため、黒カビなどの発生を防ぐことができますし、エコナビ運転で洗濯や乾燥のしすぎを防ぐため、節電効果も期待できますよ。 日立製作所「ビートウォッシュ 洗濯乾燥機 10. 0kg 」 ¥130,700〜 (楽天市場) 型番:BW-DV100C 洗濯・脱水容量:10kg 乾燥容量:5. 洗濯槽の位置が高く、投入口が広いため、洗濯物の出し入れをしやすい点も、使う人にとってうれしいポイントです。 頑固な汚れや黄ばみをしっかりと落とす「ナイアガラビート洗浄」や、滝のようなたっぷりの水を循環させて汚れを徹底的にすすぐ「ナイアガラすすぎ」で、気になる汚れをクリーンにすることが可能です。 また、「自動おそうじ」機能で、洗濯槽の裏側など見えない部分の汚れを洗い流して、除菌できるため、黒カビの発生を防げますよ。 東芝「タテ型洗濯乾燥機 10. 0kg ZABOON ザブーン 」 ¥120,100〜 (楽天市場) 型番:AW-10SV7、重量:52. 0kg、サイズ:61. 8cm、容量:10kg 洗濯脱水 ・5kg 乾燥 、目安時間:42分 洗濯 ・227分 選択〜乾燥 東芝の縦型乾燥機付き洗濯機は、インテリアの雰囲気を邪魔しないシックでスタイリッシュなデザインが魅力です。 ご紹介しているグランホワイトの他に、木目調のグレインブラウンも落ち着いた雰囲気で人気を集めています。 汚れを寄せ付けない「防汚コート」が施された洗濯槽「マジックドラム」のおかげで、いつでも清潔に洗濯をすることができます。 汚れをたっぷりの水でしっかり落とす「ザブーン洗浄」や、雑菌を防ぐ抗菌水など、日々の洗濯を快適にする機能が満載です。 深夜や早朝でも住宅事情を気にせず洗濯ができる低振動・低騒音設計や、大切な一着を傷めずに洗える付属の「おしゃれ着トレー」も、とてもうれしいですよね。 0kg 洗浄方式:穴なしサイクロン洗浄 乾燥容量 洗濯時 :乾燥4. 5kg 乾燥方式:ヒーター乾燥 シャープの縦型乾燥機付き洗濯機は、天面部分がフラットなガラストップでお手入れがしやすく、内ふたがない投入口とLOWボディ設計で洗濯物の出し入れもしやすい、使い勝手の良い洗濯機です。 洗濯槽に穴がないのが最大の特徴で、そのため黒カビや汚れが洗濯槽に付着しづらく、節水効果があり、水流の勢いを加速するため高い洗浄力を誇っています。 また、洗濯のあとは、プラズマクラスター槽クリーン機能を使って、カビの繁殖を防ぐことができます。 光センサーで、無駄を見極めて節水する機能もついていますよ。 ¥206,400〜 (楽天市場) 洗濯機タイプ:斜め型ドラム式 洗濯・脱水容量 kg :12kg 乾燥容量 kg :7kg 乾燥方式:ヒートポンプ乾燥 ボディ幅 mm :600mm 設置可能防水パン 奥行内寸 :520mm ドア開閉タイプ:左開き... こちらのドラム式洗濯乾燥機は、汚れを落とす技術に優れている商品です。 洗濯機の中でマイクロレベルの泡を約100億個発生させ、繊維の奥から汚れを落としてくれます。 皮脂や黄ばみも抑えられる洗浄力を持っています。 このウルトラファインバブル洗浄の技術を使えば、冬の詰めたい水でも、汚れを落とすことができますよ。 また洗濯だけでなく、乾燥機能も優れています。 まず容量は業界最大とも言われている、約7kg対応しており4人家族であれば1日分以上の洗濯物を乾燥させることができます。 毛布などもお家で乾燥させることができますよ。 その他、黒カビを防止してくれる機能や乾燥フィルターをお手入れしてくれる、洗濯乾燥機の内部を清潔に保つ機能も付いています。 パナソニック Panasonic 「ドラム式洗濯乾燥機」 ¥185,169〜 (楽天市場) 本体奥行 MDA :72. 2cm|本体高さ MDA :100. 9cm パナソニックのドラム式洗濯乾燥機にも、日々の洗濯が快適になる、便利な機能が満載です。 洗剤液を洗剤の酵素が活性化しやすい40度に温めて泡にすることで、黄ばみやにおいを繊維の奥から洗い流します。 また、乾燥はヒートポンプ式ですので、ヒーター乾燥に比べて衣類の傷みや縮みをおさえ、短時間での乾燥を実現します。 そのため、電気代の節約にもなりますよ。 洗濯前にプレ乾燥を行い、ダニを繊維から引きはがした状態で洗濯することもできますので、ダニが繁殖しやすい寝具類の洗濯にも最適です。 日立製作所「ビッグドラム」 ¥261,957〜 (楽天市場) 型番:BD-NV110BL、重量:82. 0kg、サイズ:109. 5x75x68cm、容量:11kg、目安時間:33分 洗濯 ・165分 選択〜乾燥 日立のドラム式洗濯乾燥機「ビッグドラム」は、すっきりと置けるのに大容量であるところが魅力です。 奥行きスリムタイプと幅スリムタイプがありますので、各家庭の洗濯機を置くスペースに合った方を選ぶことができます。 縦型のセールスポイントでもある「ナイアガラ洗浄」や「自動おそうじ」機能はもちろん、アイロンがけをしなくてもしわがすっきりと伸びる「風アイロン」機能は、日々のアイロンがけに追われる主婦の方にとってはとてもうれしい機能ですよね。 乾いた衣類をこの「ビッグドラム」に入れますと、シャツ2枚の場合15分でしわを取ることができる「スチームアイロン機能」もあります。 着たいと思った服がしわしわだった、というようなときも、スイッチを押すだけでしわがきれいに伸びるので、とても便利です。 MAYTAG メイタッグ 「ビルトイン型洗濯乾燥機」 関連記事: 雨の日、秋冬などのすぐに太陽が下がっちゃう時期…その上夫婦共働き!そんな… ドラム式、ヒートポンプ乾燥がおすすめ!乾燥機付き洗濯機で毎日を快適に 乾燥機付きの洗濯機をご紹介しましたがいかがでしたか?乾燥機付き洗濯機があると洗濯から乾燥までの工程を一台でこなすことができるため、日々の洗濯がとても快適になりそうですね。 こちらの記事では、縦型のものとドラム式のもの両方をご紹介させていただきましたが、置くスペースと予算さえ合えば、節水にも節電にもなるヒートポンプ式の洗濯機を購入することをおすすめします。 ご家庭の予算と、洗濯事情に合わせて、あなたに合った乾燥機付き洗濯機を探してみてくださいね。

次の

洗濯乾燥機おすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

洗濯 乾燥機

乾燥機付き洗濯機のメリット 日本の住宅事情にマッチしたドラム型の乾燥機付き洗濯機なども販売され、乾燥機の機能がついた洗濯機は今や一般的となりました。 乾燥機付き洗濯機には、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。 洗濯物が乾きにくい雨の日でも安心• 洗濯物を干す手間が省ける• 花粉などがつきにくい 雨の日が続く梅雨の時期や、気温が低く洗濯物が乾きにくい冬は、洗濯物を外に干したくないと思う方もいるでしょう。 浴室乾燥機が完備されている家ばかりではありませんし、室内に干しておいても乾きにくいため生乾きのにおいなどが気になることも。 小さな子供がいる家庭では毎日洗濯しないと洗濯が追いつかないため、コンスタントに洗濯物を干すことができないと困ってしまいますよね。 乾燥機付き洗濯機があれば、外の天候にかかわらず、洗濯物を乾かすことができます。 室内で洗濯物を干す場所も必要ないためとても便利ですね。 また、干すのが手間な洗濯物も洗濯乾燥機があれば洗濯から乾燥までを一台で行うことが可能です。 夜洗濯をして朝起きたら洗濯物が乾いているため、洗濯をする時間を短縮することができます。 さらに、洗濯物を外に干すことによって、花粉や排気ガスなどが洗濯物に付着してしまうことがありますが、洗濯乾燥機を使えばその心配もありません。 花粉が飛散する時期の洗濯も安心ですね。 関連記事: 子供が生まれると増えるもの、それはズバリ洗濯物!妊娠や出産を機に乾燥機… 乾燥機付き洗濯機、縦型とドラム式の違いは? 乾燥機付き洗濯機は、定番の縦型とドラム型の二つに分かれています。 縦型は洗濯槽の底にある羽根の部分を回転させて、水をかくはんするような水流でもみ洗いする洗濯機です。 ドラム式はドラムを回転させて上から下に洗濯物をたたき落とすたたき洗いを行う洗濯機です。 日本では、長い間縦型の洗濯機が長く使われてきましたが、ドラム式は使用する水の量が少なく、乾燥にもしわにもなりにくいなどメリットがあるため、ドラム式の洗濯乾燥機も人気が出ています。 ただし、縦型よりも価格は高めです。 またドラム式洗濯乾燥機は、ヒートポンプ式が採用されている洗濯乾燥機も出ています。 ヒートポンプ式の乾燥機は、比較的低めの温度で乾燥するため、衣類の縮みや傷みが少なく電気代も抑えられます。 ¥224,641〜 (楽天市場) 品番:NA-FW100S3-T 洗濯・脱水容量:10. 0kg 乾燥容量:5. パナソニックの縦型乾燥機付き洗濯機は、凹凸のないフラットフェイスを使用しているため、置いた時のスタイリッシュさはもちろんのこと、天面部分にゴミがたまりにくくお手入れしやすいデザインです。 脱水後に「からみほぐし」運転をしますと、衣類と衣類のからみがほぐれ、引き出しやすくなります。 こうすることで、洗濯時に衣類にかかる負担を軽減することができますね。 また、大切な衣類を優しく洗える「おうちクリーニング機能」や「ソフト脱水機能」、つけおきなしで頑固な汚れをしっかりときれいにできる「泥汚れつけおきコース」など、うれしい機能が満載です。 自動槽洗浄機能で洗濯のたびに自動でお手入れが行われるため、黒カビなどの発生を防ぐことができますし、エコナビ運転で洗濯や乾燥のしすぎを防ぐため、節電効果も期待できますよ。 日立製作所「ビートウォッシュ 洗濯乾燥機 10. 0kg 」 ¥130,700〜 (楽天市場) 型番:BW-DV100C 洗濯・脱水容量:10kg 乾燥容量:5. 洗濯槽の位置が高く、投入口が広いため、洗濯物の出し入れをしやすい点も、使う人にとってうれしいポイントです。 頑固な汚れや黄ばみをしっかりと落とす「ナイアガラビート洗浄」や、滝のようなたっぷりの水を循環させて汚れを徹底的にすすぐ「ナイアガラすすぎ」で、気になる汚れをクリーンにすることが可能です。 また、「自動おそうじ」機能で、洗濯槽の裏側など見えない部分の汚れを洗い流して、除菌できるため、黒カビの発生を防げますよ。 東芝「タテ型洗濯乾燥機 10. 0kg ZABOON ザブーン 」 ¥120,100〜 (楽天市場) 型番:AW-10SV7、重量:52. 0kg、サイズ:61. 8cm、容量:10kg 洗濯脱水 ・5kg 乾燥 、目安時間:42分 洗濯 ・227分 選択〜乾燥 東芝の縦型乾燥機付き洗濯機は、インテリアの雰囲気を邪魔しないシックでスタイリッシュなデザインが魅力です。 ご紹介しているグランホワイトの他に、木目調のグレインブラウンも落ち着いた雰囲気で人気を集めています。 汚れを寄せ付けない「防汚コート」が施された洗濯槽「マジックドラム」のおかげで、いつでも清潔に洗濯をすることができます。 汚れをたっぷりの水でしっかり落とす「ザブーン洗浄」や、雑菌を防ぐ抗菌水など、日々の洗濯を快適にする機能が満載です。 深夜や早朝でも住宅事情を気にせず洗濯ができる低振動・低騒音設計や、大切な一着を傷めずに洗える付属の「おしゃれ着トレー」も、とてもうれしいですよね。 0kg 洗浄方式:穴なしサイクロン洗浄 乾燥容量 洗濯時 :乾燥4. 5kg 乾燥方式:ヒーター乾燥 シャープの縦型乾燥機付き洗濯機は、天面部分がフラットなガラストップでお手入れがしやすく、内ふたがない投入口とLOWボディ設計で洗濯物の出し入れもしやすい、使い勝手の良い洗濯機です。 洗濯槽に穴がないのが最大の特徴で、そのため黒カビや汚れが洗濯槽に付着しづらく、節水効果があり、水流の勢いを加速するため高い洗浄力を誇っています。 また、洗濯のあとは、プラズマクラスター槽クリーン機能を使って、カビの繁殖を防ぐことができます。 光センサーで、無駄を見極めて節水する機能もついていますよ。 ¥206,400〜 (楽天市場) 洗濯機タイプ:斜め型ドラム式 洗濯・脱水容量 kg :12kg 乾燥容量 kg :7kg 乾燥方式:ヒートポンプ乾燥 ボディ幅 mm :600mm 設置可能防水パン 奥行内寸 :520mm ドア開閉タイプ:左開き... こちらのドラム式洗濯乾燥機は、汚れを落とす技術に優れている商品です。 洗濯機の中でマイクロレベルの泡を約100億個発生させ、繊維の奥から汚れを落としてくれます。 皮脂や黄ばみも抑えられる洗浄力を持っています。 このウルトラファインバブル洗浄の技術を使えば、冬の詰めたい水でも、汚れを落とすことができますよ。 また洗濯だけでなく、乾燥機能も優れています。 まず容量は業界最大とも言われている、約7kg対応しており4人家族であれば1日分以上の洗濯物を乾燥させることができます。 毛布などもお家で乾燥させることができますよ。 その他、黒カビを防止してくれる機能や乾燥フィルターをお手入れしてくれる、洗濯乾燥機の内部を清潔に保つ機能も付いています。 パナソニック Panasonic 「ドラム式洗濯乾燥機」 ¥185,169〜 (楽天市場) 本体奥行 MDA :72. 2cm|本体高さ MDA :100. 9cm パナソニックのドラム式洗濯乾燥機にも、日々の洗濯が快適になる、便利な機能が満載です。 洗剤液を洗剤の酵素が活性化しやすい40度に温めて泡にすることで、黄ばみやにおいを繊維の奥から洗い流します。 また、乾燥はヒートポンプ式ですので、ヒーター乾燥に比べて衣類の傷みや縮みをおさえ、短時間での乾燥を実現します。 そのため、電気代の節約にもなりますよ。 洗濯前にプレ乾燥を行い、ダニを繊維から引きはがした状態で洗濯することもできますので、ダニが繁殖しやすい寝具類の洗濯にも最適です。 日立製作所「ビッグドラム」 ¥261,957〜 (楽天市場) 型番:BD-NV110BL、重量:82. 0kg、サイズ:109. 5x75x68cm、容量:11kg、目安時間:33分 洗濯 ・165分 選択〜乾燥 日立のドラム式洗濯乾燥機「ビッグドラム」は、すっきりと置けるのに大容量であるところが魅力です。 奥行きスリムタイプと幅スリムタイプがありますので、各家庭の洗濯機を置くスペースに合った方を選ぶことができます。 縦型のセールスポイントでもある「ナイアガラ洗浄」や「自動おそうじ」機能はもちろん、アイロンがけをしなくてもしわがすっきりと伸びる「風アイロン」機能は、日々のアイロンがけに追われる主婦の方にとってはとてもうれしい機能ですよね。 乾いた衣類をこの「ビッグドラム」に入れますと、シャツ2枚の場合15分でしわを取ることができる「スチームアイロン機能」もあります。 着たいと思った服がしわしわだった、というようなときも、スイッチを押すだけでしわがきれいに伸びるので、とても便利です。 MAYTAG メイタッグ 「ビルトイン型洗濯乾燥機」 関連記事: 雨の日、秋冬などのすぐに太陽が下がっちゃう時期…その上夫婦共働き!そんな… ドラム式、ヒートポンプ乾燥がおすすめ!乾燥機付き洗濯機で毎日を快適に 乾燥機付きの洗濯機をご紹介しましたがいかがでしたか?乾燥機付き洗濯機があると洗濯から乾燥までの工程を一台でこなすことができるため、日々の洗濯がとても快適になりそうですね。 こちらの記事では、縦型のものとドラム式のもの両方をご紹介させていただきましたが、置くスペースと予算さえ合えば、節水にも節電にもなるヒートポンプ式の洗濯機を購入することをおすすめします。 ご家庭の予算と、洗濯事情に合わせて、あなたに合った乾燥機付き洗濯機を探してみてくださいね。

次の