てん ち む av。 AV女優って引退したあと何してんの?

【レビュー】実は一番売れてるAVアンプは“薄い”。マランツ「NR1710」でTVもゲームも激変

てん ち む av

概要 [ ] 放送と人権等権利に関する委員会機構・略称BRO(現:・略称BPO)に「過激すぎる」「下品」など苦情が寄せられていた。 また、この番組を最後には、サンテレビアダルトバラエティ枠のネットを打ち切った(途中)。 前には のり天GO GO HEAVENと表記。 出演 [ ] 主要メンバー [ ] 司会 [ ]• 出演AV女優 [ ]• 不定期出演 [ ]• ()他 コーナー [ ]• はまかせなさい• あかひげせんせいこんにちわ• 爆々ビデオメイキング• のり天ニュースファイル• 男一匹!口説き番外地• おんなのこのための写真講座• 克弥のビューティースクール• 杏里ちゃんの私のビデオ買って• AV WONDERLAND• うわさのナイトゾロゾロ• 友里ちゃんのセクシー講座• クイズどこがどう?• ドキドキ官能タイム• あかひげザンゲ道場• こちらポラポラ研究所• のお家で楽しむ感悩講座• あかひげむりやり相談• チチリンピック• 秘密のお部屋• セクシー女優の告白• カップルでセクシーゲーム(時代のがコーナー司会で一時期出演していた)• の愛のプルプル講座• 来週の運勢• おやすみエクササイズ スタッフ [ ]• 構成:明石緑郎• ディレクター:側原哲朗、山崎友也• TD:西中聡• CAM:新井聡、永井猛• AUD:桐山謙• VE:廣瀬公一• 照明:エル• 編集:チョコボール中村、イジリーかなもと• MA:ぱいなっぷる中村、苔ティッシュおがわ• メイク:IZUMI• 美術:ふるたいむ• スタイリスト:清水万未• 音効:プロデューサー剛 MEW• キャスティング協力:和田誠子 、石川浩太郎 メディアジャック• 協力:、、SANYNET• 監修:厨子忠純• AE:花岡桂介 サンテレビジョン• 制作協力:• プロデューサー:森茂紀 サンテレビ 、玉巻辰弥 ダイフク企画 、山内薫 メディアQuest• 企画:ダイフク企画• 制作:メディアQuest• 制作著作:サンテレビジョン 過去のスタッフ [ ]• ディレクター:太田茂憲• 技術:テークワン• 美術:グー• 編集・ME:OVC• 音効:音響企画• メイク:武田明美• スタイリスト:宮武悦子 オフィスシーワー• 制作: 脚注 [ ].

次の

無修正画像 AV女優ギャラリー

てん ち む av

概要 [ ] 放送と人権等権利に関する委員会機構・略称BRO(現:・略称BPO)に「過激すぎる」「下品」など苦情が寄せられていた。 また、この番組を最後には、サンテレビアダルトバラエティ枠のネットを打ち切った(途中)。 前には のり天GO GO HEAVENと表記。 出演 [ ] 主要メンバー [ ] 司会 [ ]• 出演AV女優 [ ]• 不定期出演 [ ]• ()他 コーナー [ ]• はまかせなさい• あかひげせんせいこんにちわ• 爆々ビデオメイキング• のり天ニュースファイル• 男一匹!口説き番外地• おんなのこのための写真講座• 克弥のビューティースクール• 杏里ちゃんの私のビデオ買って• AV WONDERLAND• うわさのナイトゾロゾロ• 友里ちゃんのセクシー講座• クイズどこがどう?• ドキドキ官能タイム• あかひげザンゲ道場• こちらポラポラ研究所• のお家で楽しむ感悩講座• あかひげむりやり相談• チチリンピック• 秘密のお部屋• セクシー女優の告白• カップルでセクシーゲーム(時代のがコーナー司会で一時期出演していた)• の愛のプルプル講座• 来週の運勢• おやすみエクササイズ スタッフ [ ]• 構成:明石緑郎• ディレクター:側原哲朗、山崎友也• TD:西中聡• CAM:新井聡、永井猛• AUD:桐山謙• VE:廣瀬公一• 照明:エル• 編集:チョコボール中村、イジリーかなもと• MA:ぱいなっぷる中村、苔ティッシュおがわ• メイク:IZUMI• 美術:ふるたいむ• スタイリスト:清水万未• 音効:プロデューサー剛 MEW• キャスティング協力:和田誠子 、石川浩太郎 メディアジャック• 協力:、、SANYNET• 監修:厨子忠純• AE:花岡桂介 サンテレビジョン• 制作協力:• プロデューサー:森茂紀 サンテレビ 、玉巻辰弥 ダイフク企画 、山内薫 メディアQuest• 企画:ダイフク企画• 制作:メディアQuest• 制作著作:サンテレビジョン 過去のスタッフ [ ]• ディレクター:太田茂憲• 技術:テークワン• 美術:グー• 編集・ME:OVC• 音効:音響企画• メイク:武田明美• スタイリスト:宮武悦子 オフィスシーワー• 制作: 脚注 [ ].

次の

無修正画像 AV女優ギャラリー

てん ち む av

マランツ「NR1710」 一方で「テレビは大画面化したが、音がショボい」という不満の声も聞く。 今までは「サウンドバーを買うか」とか「AVアンプとスピーカーでホームシアターに挑戦! 」となったわけだが、どうせならサウンドバーより本格的なものが欲しい。 でも、巨大なAVアンプとスピーカーを何本も買うのはキビシイ。 欲しいけど家族から「こんな大きなもの買って! 」と怒られてしまう人もいるだろう。 さらに、2018年6月発売以降、AVアンプの全カテゴリで市場シェアナンバーワンを獲得 GFKデータより。 2018年6月~2019年4月まで、在庫が無くなってしまった2019年1月のみ2位だったが、それ以外は全部1位だったそうだ。 全AVアンプの中で一番売れているのがこの薄型シリーズ。 さらに面白いデータがある。 非常に多いそうだ。 DALIの人気ブックシェルフスピーカー「OBERON1」 まずはNR1710のセッティングだが、昨年掲載したNR1609のレビュー記事でも紹介しているので、今回は要点を抑えながら軽くおさらいしよう。 ここからいきなりNR1710の利点を感じる。 4kgと、AVアンプとしては薄くて軽いため、取り出しが楽なのだ。 大型AVアンプの場合は、覚悟を決めて「せいやっ! 」と持ち上げがらないし、変な体勢では腰を悪くしてしまう。 地味だがわりと大事なポイントだ。 スピーカーターミナルもカラフルに色分けされており、どの端子に、どのケーブルを繋げばいいか一目瞭然 ちなみにHDMI入力は8系統も備えている。 薄型とはいえ、端子数は十分だ。 2020やHDR映像のHDR 10、Dolby Vision、HLGもサポートしている。 音質面の設定も楽ちん。 専用マイクを使ったオートセットアップ機能「Audyssey MultEQ」を搭載しており、フロントの端子にマイクを繋ぎ、スピーカーからの音を最大6ポイントで測定。 スピーカーとリスナーの距離、レベル、サブウーファのクロスオーバー周波数を最適な状態に自動設定してくれる。 自動的に入力名が「Fire TV Stick」に HDMIまわりでは、さらに3つの機能追加がある。 1つは「eARC Enhanced ARC 」だ。 ARC オーディオリターンチャンネル はご存知の通り、対応するテレビとHDMI接続した際に、テレビの音声をAVアンプへと伝送し、AVアンプに繋いだスピーカーから再生できるようにするもの。 AVアンプからテレビへの伝送と、その逆の伝送もできるため、テレビとの接続がHDMIケーブル1本で済む便利な機能だ。 eARCはその機能強化版。 最近のテレビでは、Fire TVのようなプレーヤー端末を接続しなくても、テレビ自体に映像配信サービスの再生アプリがインストールされているが、そうした機器とHDMI接続した場合、eARCに対応していれば、リニアPCM 5. 1chや7. 細かな話だが、テレビのアプリ搭載が当たり前になる中、要注目機能だ。 「ALLM(Auto Low Latency Mode 」は、ALLMに対応したゲーム機、およびテレビと接続すると、ゲームプレイ時にAVアンプとテレビが自動的に低遅延モードに切り替わり、映像の遅延を低減するというもの。 最後は「マルチインプットアサイン」。 これは、1つのHDMI入力を、同時に複数のインプットにアサインできるもので、例えば、スポーツの映像を入力しているHDMI端子を選択すると、テレビやプロジェクタにはスポーツの映像と音声が映るが、そのHDMI入力に対して、出力する音声としてCD入力をアサインできる。 音だけ3Dテレビになったようで驚くと共に、それぞれの音像が明瞭に分離しているので、会話やニュースの内容がとてもよく聴き取れる。 他のチャンネルに合わせても面白い。 クイズ番組の出題時に流れる「キュピーン」という効果音や、時間制限タイマーが減っていく「チッチッチッ」というSEが鋭く、鮮烈で、ハッとする。 動物番組で、珍しい鳥が「ピーピー」と鳴いていたが、その背後でザワザワと風に揺すられる木々の葉音が深く、森の深さが音で伝わってきて、自分も探検しているような気分になる。 護送車襲撃シーンでは、エンジンの低い音の背後に、お馴染みのBGMが重厚に展開。 トラックで狭い路地をカーチェイスするが、エンジンの轟音の中でも、ミラーが壁にこすれる細かい金属質な音が分離され、クリアに聴き取れる。 OBERON1は小型ブックシェルフなので、さすがに単体サブウーファーのような床を振動させるような低音は出ない。 しかし、お腹をドスドスと圧迫するような低音はしっかり出ており、ハイ上がりな印象はまったくなく、迫力満点だ。 ブックシェルフらしい、音場の広さと明瞭な定位も映画とよくマッチする。 2chスピーカーでもBGMや環境音はしっかり全身を包み込み、画面を観るというよりも、その場を体験するような、ホームシアターライクな楽しみ方が十分できる。 ぶっちゃけ、これを聴いたらほとんどの人が「5本、7本とスピーカー並べなくても、2chで十分なのでは? 」と思うだろう。 ある程度高価なサウンドバーであっても、この音を超えるのはなかなか難しいだろう。 続いて、背面のHDMI入力にPlayStation 4、フロントのHDMIにNintendo Switchを接続してゲームもプレイしてみた。 PS4は人気のサバイバルゲーム「Apex Legends」、Switchでは「マリオカート8 デラックス」をプレイしたが、どちらも笑ってしまうほと音が凄い。 Apex Legendsは様々な武器が拾えるのだが、銃撃音の迫力が段違い。 トランジェントの良いサウンドで「ズドドド!! 」と撃ちまくり、その低音の響きの中でも、敵に弾が当たった時の「ピキンピキン」という硬いバリアが割れる細かな音は明瞭に聴き取れる。 「マリオカート8 デラックス」をプレイ 「マリオカート」はスタート前にエンジンをふかすところから、エンジン音の低さと深さがテレビスピーカーとまるで違う。 かわいい絵柄のゲームなので、勝手に乗り物も可愛いイメージを抱いていたのだが、「ヴォンヴォン」という迫力サウンドに「エンジンはマジなヤツだった」と認識を改めた次第。 レース中も左右後方から迫るライバルの音や、コインを獲得したSEなど、細かな音が微細に描写され、目のさめるような気分でプレイできる。 こうした映画やゲームはステレオ再生でもいいのだが、「DTS virtual:X」を適用すると低域の迫力が増し、包囲感も高まり、臨場感がアップする。 適用後も細かな高域はしっかり描写されており、情報量の低下は感じない。 リモコンのサウンドモード選択ボタン 映画も観てみよう。 UHD BDの「グレイテスト・ショーマン」から、ジェニー・リンドが「ネバー・イナフ」を歌うシーンをDolby Atmosで。 2chでも、劇場の広大な空間が展開。 横や奥の深さだけでなく、高さも感じられる空間描写で、そこに透き通る中高域が雑味なく広がっていく。 一方で、歌唱力の凄みを感じる低音部分もドッシリと安定感があり、なおかつ低域の中にも明瞭感がある。 こうしたキレのある低域は、スピーカーの素地が良いだけでなく、アンプ側のドライブ能力が高い事の証明でもある。 2chでも包み込まれるような音場が楽しめたが、リアが加わって4chに囲まれると、飛び交う飛行機の音像が左右や背後にまわった時の明瞭度がグッと上がる。 バーチャルサラウンドで「なんとなく後ろの方から聞こえなくもない音」が、リアルサラウンドになるとギョッと首をすくめるほど明瞭に後方に定位する。 アクション映画やホラー映画などはやはりリアルマルチチャンネルにすると満足度が大きくアップする。 ただ、良い音に包まれて映画やライブ映像をどっぷり楽しむという使い方であれば、前述の通り2chのみで、サブウーファーを入れなくても十分に楽しめる。 拡張する場合も、一気に5. 1ch化しなくても、2chから4chといったステップアップもアリだろう。 前モデルと比べ、低域のキレやSNが進化 昨年モデル「NR1609」からの進化も気になるところ。 というのも、昨年は「Dolby Atmosへの対応! 」といった新たなサラウンドフォーマットが登場せず、それをサポートするコストが浮いたため、音質面の主要なパーツの強化に注力。 かなり音質が向上したモデルだったのだ。 だが、新モデルNR1710の進化について、マランツのサウンドマネージャーである尾形好宣氏は、「完成度の高かったNR1609から、さらに進化させ、昨年はできなかった部分にまで手を入れた」という。 具体的にはデジタル回路、プリアンプ、パワーアンプ、デジタル用電源、プリアンプ用電源において、回路や定数、パーツ変更などの見直しを実施。 さらにDAC回路、パワーアンプ用電源では、構造の見直しやパーツのグレードアップも行なっている。 要するに「回路全般が進化した」わけだ。 25Aの大電流容量に対応する整流ダイオードを使い、高速かつ安定した電源供給を実現。 プリ部では、電子ボリューム出力抵抗を見直し。 その他にも、約200点におよぶ汎用電解コンデンサーのメーカーを変更するなど、細かな進化も見逃せない。 ピアノの左手の低い音も、キレが良くなっており、全体的にシャープな印象の楽曲を、ゾクゾクするほど繊細に描写してみせる。 低域がモリモリ増えたとか、そういう派手さを追った進化ではなく、アンプとしての基本的な性能をコツコツと向上させた印象。 それゆえ、低域も中域も高域も、様々な部分で音の進化が実感できる。 アップデートでDolby Atmos Height Virtualizer、Bluetooth送信機能追加 NR1710は7chアンプで、5. 2ch構成、5通りのスピーカー配置に対応できる拡張性を備える。 オブジェクトオーディオのDolby Atmos、DTS:Xのデコードでは、フロントハイト、トップフロント、トップミドル、フロントドルビーイネーブルド、リアドルビーイネーブルドのいずれかをオーバーヘッドスピーカーとして使用できる。 ただ、2chから5. 1chや7. 1chに拡張できても、「天井にスピーカーを設置するのはハードルが高い……」という人もいるだろう。 そこで、今後のファームウェアアップデートにより、「Dolby Atmos Height Virtualizer」という機能が追加される予定だ。 これは、ハイトスピーカーやサラウンドスピーカーを設置していないステレオ、5. 1ch、7. 1ch環境でも、高さ方向を含むあらゆる方向からのサウンドに包み込まれるイマーシブオーディオ体験が可能になるというもの。 「Dolby Atmos Height Virtualizer」 同様のバーチャルサラウンド機能としてDTS Virtual:Xも存在するが、そのDolbyバージョンのような存在だ。 このDolby Atmos Height Virtualizerでは、Atmosのコンテンツはきちんとデコードした上で、バーチャルサラウンド再生する。 Atmosでないコンテンツも、アップミックスした後でバーチャルサラウンド化するそうで、DTSの音声もDolby Atmos Height Virtualizer化して再生できるそうだ。 DTS Virtual:XではDolbyの音声はバーチャル化できないので、こうした部分にも違いがある。 つまり、NR1710で再生中の音声をBluetoothで送信し、Bluetoothヘッドフォンなどで受信して聴くのだ。 例えば、家族が寝ている夜に、スピーカーから音が出せないけど映画が見たいといった場合、テレビに映像を写して、音は手持ちのBluetoothヘッドフォンで聴くといった使い方ができる。 今回は試せていないが、これはなかなか便利そうだ。 もちろん、標準搭載の機能としてNASやUSBメモリーに保存したハイレゾファイルのネットワーク再生も可能。 iOS 11. 4で追加されたAirPlay 2にも対応し、Siriによるボイスコントロールや、Amazon Alexa搭載デバイスからの音声コントロールも可能だ。 インターネットラジオの再生もでき、Amazon MusicやAWA、Spotify、SoundCloudなどの音楽ストリーミングサービスもサポート。 薄型だからといって、他のモデルに引けを取らない多機能ぶりだ。 「意地でも毎日使ってもらおう」とグイグイ来るAVアンプ セットアップの手軽さ、UIのわかりやすさ、HDMI入力の多さ、薄型ながら音質にも手を抜かない姿勢……といった、前モデルから完成度の高い部分は踏襲しながら、NR1710ではeARCによる最新テレビとの親和性向上、ALLMによるゲーム機との連携強化、スピーカーが少なくても楽しめるDolby Atmos Height Virtualizer、音を楽しむシーンを拡大するBluetooth送信機など、最新のトレンドに対応。 AVアンプをより活用できる機能を追加した印象だ。 大型であれ、薄型であれ、購入する以上はいっぱい活用しなければもったいない。 今までのAVアンプが「週末に映画を見る時しか使わない」ものだとしたら、NR1710には「ゲームする時も、テレビ見る時も、音楽だってなんでもOKよ! なんならスピーカー鳴らさなくてもBluetoothヘッドフォン鳴らすから! 」というような、「意地でも毎日使ってもらおう」という姿勢を感じる。 これが、薄型AVアンプシリーズ最大の特徴であり魅力だ。

次の