グラミー 賞 受賞 者。 グラミー賞ダンスレコーディング賞(EDM,クラブミュージック)戸川利郎

グラミー賞 受賞者の名言 一覧

グラミー 賞 受賞 者

「音楽界で最も権威ある賞」とも言われるグラミー賞、その2020年(第62回)の結果発表が、日本時間の1月27日に行われたが、弱冠18歳のビリー・アイリッシュが主要4部門を独占し、年間最優秀アルバム賞、最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀新人賞の4部門に輝いたことが話題を呼んでいる。 日本人では、ジャズ音楽家の挾間美帆(はざま・みほ)が「ジャズ大規模アンサンブル・アルバム賞」にノミネートされ注目を集めたが、受賞は逃した。 では、過去のグラミー賞受賞者にはどんな日本人がいるのか、その一部を以下紹介しよう。 なお、夫ジョンは本アルバムの発売から間もない12月8日に、狙撃により亡くなった。 彼女は夫亡きあとも、前衛芸術や音楽を通した平和運動を続けている。 同映画は、3歳で皇帝に即位した清朝最後の皇帝で後には満州国皇帝となった「溥儀」の生涯を描いた歴史大作。 1989年には15都市を巡るヨーロッパ・ツアー、52都市を巡る北アメリカ、ヨーロッパ、日本ツアーを行い、合わせて動員数20万人を記録している世界的アーティストで、受賞はアルバム「Thinking of you」による。 昨年9月には、約10年ぶりとなるソロ・ピアノ・アルバム「Spectrum」をリリースして話題を呼んだ。 Getty Images 受賞は、ラリー・カールトンのアルバム「Take Your Pick」にパートナーギタリストとして参加してのもの。 松本はギブソン社から日本人初の「レスポール シグネチュア・アーティスト」に選ばれているが、このタイアップも同社がカールトンに推薦して実現したという。 前者は「モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番 第24番」で、後者は「シューマン:リーダークライス、女の愛と生涯/ベルク:初期の7つの歌」(歌曲伴奏)での受賞。 長野県松本市で開かれた「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」(2013年8月)で「こどもと魔法」(ラベル作曲)を指揮。 その公演を収録したアルバムで受賞。 阿曽沼和彦は、1984年に外務省に入省し、ジャマイカ・米国などへの赴任経験を持つ元外交官で、現在ジャマイカ在住。

次の

グラミー賞

グラミー 賞 受賞 者

グラミー賞2020の日本人の注目一覧 グラミー賞2020の日本人の注目一覧を見てみましょう。 昨年はノミネートとされた日本人はいませんでしたが、今年は、挾間美帆(はざま・みほ)さんが、アルバム『ダンサー・イン・ノーホエア』で、「ジャズ大規模アンサンブル・アルバム賞」にノミネートされました。 instagram. ジャズ作曲家、編曲家および指揮者として、ニューヨークを拠点に精力的な活動をされています。 2012年 『ジャーニー・トゥ・ジャーニー』をリリースし、ジャズ作曲家として世界デビュー。 『ジャズ・ジャパン』誌年間アルバム大賞(新人賞)を受賞。 2013年1月「東京オペラシティ・ニューイヤー・ジャズ・コンサート2013:山下洋輔プロデュース 挾間美帆のジャズ作曲家宣言!」で本格的にデビューした。 2016年 米ダウンビート誌の「ジャズの未来を担う25人」にアジア人でただ一人選出される(30歳) 2017年5月 シエナ・ウインド・オーケストラ(日本のプロ吹奏楽団)のコンポーザー・イン・レジデンスに就任。 2017年10月 メトロポール・オーケストラ(オランダ)のビッグバンドとの共演ライヴが実現。 今年生誕100周年を迎えたセロニアス・モンクのトリビュート・コンサートを、挾間自身の指揮でオランダ国内4都市にて敢行。 挾間自身が大胆にアレンジした7曲を提供。 作曲作品の提供:山下洋輔、モルゴーア・クァルテット、東京フィルハーモニー交響楽団、シエナ・ウインド・オーケストラ、ヤマハ吹奏楽団、NHKドラマ「ランチのアッコちゃん」、大西順子、須川展也。 編曲作品の提供:坂本龍一、鷺巣詩郎、ヴィンス・メンドーサ(グラミー賞受賞音楽家)、メトロポール・オーケストラ、NHK「歌謡チャリティコンサート」 対象となった 『ダンサー・イン・ノーホエ ア』について リオネル・ルエケ(ハービー・ハンコックのバンドメンバー、世界最高のギタリスト)が参加。 2018年11月21日〈水)発売 『ダンサー・イン・ノーホエア』 01. トゥディ、ノット・トゥディ 02. ザ・サイクリック・ナンバー 03. ラン 04. ソムナンビュラント 05. イル・パラディーゾ・デル・ブルース 06. マジャール・ダンス 07. ロスアンゼルス・オリンピック・ファンファーレ& テーマ 08. ダンサー・イン・ノーホエア 3枚目のオリジナル・アルバム。 素晴らしい曲だ! グラミー賞で過去に受賞した日本人は? グラミー賞で過去に受賞した日本人を1981年以降で表にしました。 Album of the Year(最優秀アルバム賞) : アルバム演奏者および製作チームに授与される。 Record of the Year(最優秀レコード賞): シングル曲演奏者および製作チームに授与される。 Song of the Year(最優秀楽曲賞): シングル曲の作詞者、作曲者に授与される。 Best New Artist(最優秀新人賞): この1年で著しい活躍をみせた新人に授与される。 これまで、日本人で、受賞しているのは、唯一1981年の最優秀アルバム賞「Double Fantasy」(ジョン・レノン&オノ・ヨーコ)での オノ・ヨーコさんのみです。 この10年で、日本人の受賞も以前に比べれば、増えましたが、やはりアメリカを拠点に活躍する日本人はそれほど多くないので、数は少ないですね。

次の

2020年グラミー賞~受賞者・ノミネートの一覧(全リストと動画)

グラミー 賞 受賞 者

音楽会のアカデミー賞とも言われるグラミー賞。 今年もっとも注目を集めていたのが、最多ノミネートを果たしていた新人アーティストのビリー・アイリッシュ(18)とリゾ(31)による、主要賞争奪戦。 Photo : Getty Images そんななかついに2020年1月26日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで開催された2020年度のグラミー賞授賞式。 なんとビリーが、計8部門で最多ノミネートを果たしていたリゾを抑えて、主要賞を独占受賞! 若干18歳にして5つの賞に輝き、今年のグラミー賞の話題をさらった。 Photo : Getty Images ビリーは最優秀新人賞のほか、幼少期を過ごしたロサンゼルスの家で収録したというデビューアルバム『 WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO? (原題)』で最優秀アルバム賞、シングル曲『 bud guy(原題)』で最優秀楽曲賞と最優秀レコード賞を受賞。 グラミー賞で最も名誉ある、主要4 部門を制覇した。 Photo : Getty Images ちなみに主要4部門を総なめにしたアーティストとしては史上最年少で、女性アーティストとしては史上初。 歴史的な快挙を果たし、世界を圧倒した。 Photo:Instagram billieeilish 受賞後のスピーチを行う際は、プロデューサーで俳優でもある兄フィネアス・オコネル( 22)とともに壇上へ。 アリアナ・グランデ( 26)やリゾもノミネートされていた最優秀アルバム賞については、「アリアナがこの賞にふさわしいと思うんだけど」と謙遜しながらも、「本当に感謝しています」と喜びを語った。 フィネアスも「(思わぬ受賞に)混乱して、感謝して、ここに立っています」と興奮気味にスピーチ。 Photo : Getty Images ビリーは 2015年、当時 13歳で兄と共同で自費でリリースした『 Ocean Eye(原題)』が爆発的にヒット。 ポップミュージック界のイットガールと呼ばれ、知名度が急上昇。 楽曲のストリーミング配信や中性的なファッションなど、その独自のスタイルで現代を象徴するポップスターとなったビリーは今、まさに飛ぶ鳥を落とす勢い。 9月に控える来日公演を含め、今後の活躍が楽しみ!.

次の