文字 おこし。 テープ起こしとは?文字起こしのやり方と在宅メリット [在宅ワーク] All About

文字おこし、テープおこしについて

文字 おこし

今日は、映像制作者として行うことが多い「 インタビュー撮影」の工程の一つ 「文字起こし」 の手間を大幅に省いてくれる方法をご紹介します。 文字起こしこそ最大の時間のムダ。。。。。 コーポレート映像や紹介映像などでよく使われるインタビュー。 インタビューを基に映像を構成することも多々あり、ビデオグラファーの皆様は非常によく行うかと思います。 僕は、インタビューした素材の編集時に、撮影した大量の素材を一旦文字化して、そこからテキストベースで文章を再構成する方法で編集をしています。 この、 インタビュー素材の文字化、非常に手間がかかる。。 素材の声を聴きながらキーボードをカタカタ。 僕はそんなにキーボードを打つのが早くないので、普通に人が話しているそのままのスピードで打つことはできず、聞いて、止めて、打ってを繰り返してをやっているので非常に時間がかかってしまっていました。。。 Google ドキュメントの音声入力を使って、自動書き起こし! 本題の自動書き起こしマシーンの作り方ですが、特に機材を買うことなく、いつも使っているGoogleドキュメントの音声入力機能を使ってできてしまいます! Google先生、本当にありがとうございます! これで時間を取られる書き起こしの作業の時間を大幅に削減することができます。 【Macの場合】 をダウンロード Googleドキュメントの音声入力を使って文字起こしをする場合、ドキュメントにどのように動画の音声を読み込ませるかが問題になります。 この音声入力機能、本来はPCの前で話した言葉を文字化してくれる機能なので、動画内の声を認識させる場合、 「本来スピーカーから出る音声を、マイク入力させる」 必要があります。 「スマホのスピーカーをPCのマイクに近づけて、再生する・・・」みたいなアナログなことをせずに、PC内で行ってくれるように設定できるアプリケーションです。 (PCのスピーカーから音を聞くことはできなくなります。 )チャンネルは2chで大丈夫です。 3、Googleドキュメントを開き、動画の音を音声入力! 動画を再生したらしばらく放置。 いままでカタカタしてた時間をお昼寝タイムに充てられます。 幸せーー! 気になる精度は・・・? SoundFlowerを介して、Googleドキュメントの音声入力で自動書き起こししている様子。 気になる精度を試すために、今回は、すでにできているインタビュー映像を使って書き起こしのテストをしてみました。 こちらの動画、声はラベリアマイクで収録していて、上にBGMがのっている状態です。 いかがでしたでしょうか? めちゃめちゃ精度が高い! 正解率80%くらいでしょうか。 ちょっと修正すれば普通に使えそうです。 Googleドキュメントによって書き起こされた文章。 かなり正確です。 【Mac】Premiereの素材を書き起こしさせる場合(2018. 06追記) Adobe Premiere Proから直接書き起こしをさせたい場合は、Macの設定ではなく、Premiereのオーディオ設定を変更する必要があります。 Adobe Premiere Proの場合、音声出力の設定をSoundFlowerにする必要があります。 まとめ いままで時間をかけて書き起こし作業を行ったり、クラウドサービスに頼んでいた作業がこんなに簡単にできてしまうのは素晴らしいですね。 これで映像クリエイターの睡眠時間が少し増えました。 Google先生ありがとうございます!!.

次の

文字おこし、テープおこしについて

文字 おこし

インタビュー録音に向いているICボイスレコーダーを選ぶポイントとは? インタビューの内容を文字起こしする場合、高い音質でクリアに録音できるICボイスレコーダーを使うことはとても大事です。 音質が悪い状態だと、不明瞭な言葉が多くなってしまって聞き取りに苦労します。 また、できるならレコーダー自体の機能が充実していると、更に使いやすいですよね。 音質 音質という面では、できれば ステレオ録音ができるものを選びたいところです。 モノラル録音のものは価格が安くて買いやすいのですが、複数の人にインタビューをする場合、音の方向の違いが分からないので、聞き取りに苦労することがあります。 機能面 機能面では、まず 対応しているファイル形式に注目しましょう。 音声ファイルであるWMAやMP3に対応していることが条件ですが、中にはWMAにしか対応していないというものもあります。 実際にパソコンで作業する場合はMP3の方が楽という人もいますので、判断の基準としてください。 容量 記憶容量も大事です。 内蔵ストレージで 最低でも2GBは必要ではないでしょうか。 4GB以上あるようであれば、長時間のインタビューでも安心して使うことができます。 また、マイクロSDカードなどを入れて容量を増やせるかどうかというのもチェックしたいところです。 同時にパソコンへの接続をどのようにするかという点も確認します。 USB端子で直接つなげるタイプのものもありますし、SDカードを使ってデータを移すというものもあります。 使いやすい方式を選ぶようにしましょう。 バッテリー バッテリーの容量とタイプも重要なポイントです。 長時間のインタビューとなると、かなりバッテリーを消費しますので内蔵バッテリーが十分であるかどうかというのは、録音を確実に行えるかどうかを分けるものとなります。 USBでの充電ができるもの、電池式のものなどのタイプの違いもありますので、使い勝手の良いものを選ぶことが大事です。 2~3千円で買えるものから、1万円を超えるものまで様々です。 値段の違いは、音質の良さと機能性によって決まります。 値段が高いものは ノイズカット機能が付いていて、周りの雑音を自動的にカットしてくれます。 また、話している人の 声質に合わせて強調するトーンを変えてくれるというのも便利で、ボソボソと話している人でもクリアに聞こえるように助けてくれます。 さらに、大きな音が発生した時の 音割れを防いでくれるリミッター機能なども、作業をスムーズにするのに役立ちます。 他にも、値段が高いものはコンパクト、軽量なのに音質や機能が充実しているというメリットがあります。 アプリとの連動機能が付いていたり、パソコンとの直接接続ができるなどの便利機能が付属されているのもありますね。 音質の良さと機能性が高いと、文字起こしをする際にも、後に内容を聞いてチェックするにもかなり楽になります。 予算の関係もあるかもしれませんが、許す範囲でできるだけ良いものを探してみてください。 5g(電池含む) 録音時間 最長 約1620時間 ペンタイプのコンパクト性に優れるレコーダーです。 ペンタイプのコンパクト性に優れるレコーダーです。 どこにでも持ち運べるので、急なインタビューなどにも安心です。 フィルター機能が充実していて、服や紙などに触れて聞こえる「擦れ音」を自動的にカットしてくれるのが便利な点です。 また、外付けマイクを接続することができますので、より鮮明な音質で録音できるようになります。 パソコンへの接続もダイレクトにできますので、データ転送もかなり楽ですね。 さらに、「文字起こしモード」という機能が付いているのも売りです。 会話部分は通常再生で、空白の部分は2倍速で再生してくれますので、レコーダーから直に文字起こしをしたい時に便利です。 バッテリー容量も大きく、一回のフル充電で何と22時間も使うことが可能です。 特徴としては、「クリアズーム録音」という独自機能を持っています。 センター強調機能があって、よりクリアに正面にいる人の音声を録音してくれるというものです。 それにプラスしてノイズキャンセリングもできますので、雑音の少ない聞きやすい音源を作ってくれます。 パソコンに直接接続してデータ転送も楽にできますし、同時に充電もできますのでとても便利なICレコーダーです。 胸ポケットに入れたまま録音ができるように、リモコンを付けることも可能です。 狭いスペースでのインタビューにも使いやすい形と言えるでしょう。 また、リニアPCM録音という方式を選ぶこともでき、よりクリアで聞き取りやすい音質での録音が可能というのも特徴です。 ステレオ強調録音にも対応していますので、複数の人のインタビューでも聞き分けがしやすく、より判別が楽になります。 パソコンとのUSB接続や充電もできますので、スムーズに作業ができますね。 音質の良さは他のメーカーに勝るものがあり、はっきりと細かな音声まで拾ってくれます。 ステレオコンデンサマイクを搭載していますので、奥行きがあり口調もしっかりと確認できるのが魅力です。 自動的に音量や音質を調整してくれる機能もあり、文字起こし作業をする時に聞きやすい録音となります。 メニュー画面も見やすく操作が楽にできるというのも、大きなポイントではないでしょうか。 シンプルな作りで録音はワンアクションですぐにできます。 価格は抑え目なのに、パソコンとのUSBダイレクト接続やノイズキャンセリング機能などもあって、使いやすい製品に仕上がっているのがメリットです。 録音ファイルの整理がしやすいフォルダ構造となっていて、すぐに欲しい音源を探して再生したりバックアップしたりできます。 また、持ちやすい形に作られていて、さっと出してすぐに録音できるのもこの製品の良いところです。 「クリアボイス」機能が搭載されていて、雑音をカットすると同時に人の声を強調する技術を使用しています。 また、指向性の強いマイクを搭載し「フォーカス録音」ができるようにもしています。 インタビュイーに向けて録音することで、はっきりと聞こえる音源にしてくれる機能です。 シーンごとに適した録音設定がありますので、状況に応じて変えることで、よりクリアな録音ができるというのも魅力ですね。 USBによるパソコンとのダイレクト接続や、見やすい画面なども便利です。 クリップが付いていますので、胸ポケットに固定して録音できる手軽さは魅力ですね。 有機ELディスプレイが付いていて、録音時間やインタビューを行った日付などの確認をしやすく、また高性能のデジタルマイクを内蔵していて、ステレオ録音でクリアかつ自然な音声を聴けるのがメリットです。 左右の音を分けて強調していますので、複数人のインタビューをする時により分かりやすい録音ができるというのもこの製品の良いところでしょう。 「VOR録音」という、一定の音量以上の音声が発せられた時に自動的に録音されるという機能もあります。 一時停止と再生という操作をしなくても、自動的に録音してくれるので押し忘れにより録音漏れの心配もありません。 指先に収まるサイズで、クリップでポケットやかばんなどに固定できるため、持ち運びにも大変優れています。 スマホアプリと連動させることができ、スマホから操作して録音なども可能です。 付属のリモコンからも操作することができますので、非常に操作性は良いですね。 たった22gという軽量のレコーダーですので、いつでも持ち歩いて必要が出たらさっと取り出して録音できるというのが魅力です。 最大で1時間の録音ができますので、コンパクトでも十分な性能を持っています。 ハイレゾレベルの録音が可能ですが、独自のファイル圧縮によって長時間使えるというメリットがあります。 リニアPCM録音に対応していますので、小さな音でもクリアに聞けるという点が最大の魅力でしょう。 ケーブルを使わなくてもパソコンに接続でき、また音声ファイルを分割して保存することができる編集機能もあって、必要な部分だけを外注するという使い方も可能です。 ICレコーダーらしくない見た目ではありますが、操作のしやすさは抜群です。 大きめのボタンが配列されているため、押し間違いなども少ないのは、ストレスがかかりません。 コンパクトサイズですが、ステレオ録音に対応していて奥行きのあるクリアな音質での録音ができます。 SDカードを使った保存となっていますので、パソコンへのインポートも楽ですし、他のデバイスとの共有もしやすいですよ。 目的と状況に合ったICボイスレコーダーを! このように、メーカーやモデルによって特徴や機能の違いが様々ありましたね。 携帯性に優れているというのが強調されているのか、音質の良さにこだわっているのかという点でも差が出てきます。 ICレコーダーを購入する時には、まず自分がどんな状況で使うのかということを考えて選ぶことが大事です。 常にレコーダーを持ち歩いて何かあったらすぐに録音する必要があるのか、頻繁には使わないけど大事な音源を月1で録音するのか…等、ニーズによって選んでくださいね。

次の

【Windows 10】音声ファイルから無料で文字起こしする方法

文字 おこし

Contents - 目次(もくじ)• 【Pythonで音声認識】簡単!日本語の文字起こし ニュース記事を読んでいると、会議の議事録等で活用出来る 「 文字起こしアプリ(ソフト)」 の需要がある旨の記事を見つけました。 よく読んでみるとGoogle Speech-to-Textを利用して作られているアプリを提供している会社の紹介のようでした。 「 ある程度の精度のある文字起こしのプログラミングを、無料で、手軽に出来る方法はないか? 」 と思い、調べてみたところ2020年3月14日確認時点では、Google Speech-to-Textは、無料枠の60分を超えると費用が必要そうでした。 その後、しばらく、文字起こしを無料で出来る情報がないか探していると… ありました。 wav・WAVE形式等)の文字起こし・テキスト化をする方法を動画等でまとめておきました。 わずか7行のプログラミングコードでこれだけのことが出来てしまうので凄いですね… 今回は無料で使えるGoogle Speech Recognitionの音声認識エンジンを使用していますが、Speech Recognitionでは様々な音声認識エンジンをサポートしているようです。 (有料のAPIを使う場合は、APIキー等が必要そうでした) CMU Sphinx works offline Google Speech Recognition Google Cloud Speech API Wit. 【Python — 音声認識】無料で日本語の文字起こしのやり方(録音・音声ファイル編)- 動画 視聴時間:2分31秒 使ってみた感じでは、概ね上手く文字起こし出来るようですが、適宜修正はする必要はありそうです。 会議の議事録等の用途で使えるかはわかりませんが、無料でこれだけ出来てしまうので、プログラミング初学者にとってはありがたいですね。 Google Colaboratoryサンプルコード・音声ファイル — 動画で作成した日本語の文字起こし用 動画で使用しているGoogle Colaboratoryのサンプルコードへのリンクはこちら: サンプルコードの使い方。 音声ファイルのアップロードの仕方等は上記のチュートリアル動画を参照ください。 音声ファイルのダウンロード 日本語短文(voice1. 1をインストールされています。 最新版がインストールされると思います。 wav形式のファイルの文字起こしをします) * 詳しくは動画を参照ください。 wav' ここを変更。 アップロードした音声ファイル(. wav形式)名に変更してください。 Recognizer with sr.

次の