ポケットwifi 高層階。 ビルの高層階やタワマンでポケットWiFiは使えるの?検証してみた!

WiMAXは高層マンションでも部屋の奥でもおすすめ?

ポケットwifi 高層階

マンション内でつながりにくいと言われる理由 最初に、WiMAXがマンション高層階でつながりにくいと言われる根拠として、WiMAXの周波数やマンションの構造的な問題が影響していると言われることがあります。 まず、一点目の周波数ですが、WiMAXは2. 5GHzという高周波帯域の電波を使用しており、この帯域の電波の直進性が強いというのが特徴です。 そのため、 マンションのように多くの壁が存在していて電波の直進を妨げるものが多く存在する環境においては、WiMAXがつながりにくくなるという考え方には一定の合理性があるとも考えられます。 また、二点目のマンションの構造ですが、ほとんどのマンションは鉄筋コンクリート造であり、鉄筋の性質として電波を吸収しやすいことから、WiMAXを通しにくいという考え方であり、この考え方もある程度は説得力があるようにも見えます。 マンション内でつながりにくい理由は正しいのか? 周波数とマンション構造からWiMAXがマンション内ではつながりにくくなっているという主張は、かつてはある程度正しいものでした。 しかしながら、技術の進歩とともにWiMAXの通信可能エリアは日進月歩で拡大を続けており、電波の性能も従来とは比較にならないほど向上してきています。 また、かつてWiMAXはその利便性の高さゆえに速度制限が設けられていたことがありましたが、そのような制限は既に解除されており、基本的にはその性能をいかんなく発揮することができる環境が整ってきていると言えるでしょう。 このような状況を受けて、マンション内でWiMAXがつながりにくいという事態は相当程度緩和されてきていますので、かつてのような主張はもはや当てはまらなくなっています。 高層階ではつながらないというのは本当か マンション内でWiMAXを使用することは可能であるとしても、高層階では依然として繋がりにくい状況が続いているという噂の真偽について見ていくことにしましょう。 そのような噂の根拠として考えられるのは、WiMAXの基地局は多くの場合に地上に設置されており、そこから距離が離れている高層階には電波が届きにくいということです。 しかしながら、この考え方は正しくありません。 既に述べたように、 WiMAXの電波の特徴はその直進性の強さであり、この特徴によってたとえ基地局から離されていたとしても、途中に障害物がない限りは高層階であっても十分に電波を受信することは可能だからです。 また、基地局から高層階までは数多くの壁や床などの障害物を通過する必要があるために、電波が届きにくくなっているという主張も考えられますが、これも必ずしも正しくはありません。 というのも、近年のマンションは吹き抜けなどを活用して上層階までの障害物が極力減らされているようなケースも増えてきていますし、仮に各階の間に床や天井と言った障害物があったとしても、クレードルと言われる電波の中継器を設置することで上層階へ電波を届かせることはさほど難しいことではなくなってきています。 さらに、電波そのものの性能も向上しており、ちょっとした電波の通り道が確保されていれば十分に上層階まで到達することが可能となってきています。 このような点を踏まえると、 WiMAXの電波はマンション高層階ではつながらないという噂は正しくないと言うことができるでしょう。 機種によってはつながりにくいこともある WiMAXの電波はマンション高層階であっても十分に届くとはいえ、それを受信するパソコンやスマートフォンなどの機種の性能によってはつながりにくいと感じることはありえないことではありません。 特に古いタイプの機種の場合には、最新のWiMAXの規格に対応していない場合があり、そうするとせっかく電波が届いていたとしてもそれを機器側で受信することができないというケースがあり得るのです。 そのため、使用する機器が古いタイプのものであるという前提のもとであれば、マンション高層階においてWiMAXの電波はつながりにくいという意見はそれなりに正しいといえるかもしれません。 とは言え、この問題は機種を新しいものに変えることによって容易に解決することが可能ですので、必ずしもWiMAXのデメリットであるということには無理があるでしょう。 基地局の問題からWiMAXの電波がマンション高層階ではつながりにくいという見解は正しくない WiMAXがマンション高層階でつながりにくいという見解は現在においては正しくありません。 基地局から高層階までは距離があるとはいえ、向上した電波性能にとっては特に問題とはならず、マンションの構造も電波の高層階への到達を完全に阻止できるようなものではないためです。 WiMAXのプロバイダ選びで失敗したくない人はBroad WiMAXが1番おすすめです。 月額料金割引キャンペーンにより、WiMAXプロバイダの中では一番おすすめで安く使えるのがBroad WiMAXです。 キャッシュバックキャンペーンだと受け取れない場合は安くWiMAXを使えませんが、Broad WiMAXの 月額料金割引キャンペーンなら確実にお得になります。 「毎月の料金が安い」という単純明快なプロバイダなので、余計なことを考えずお得に使いたい人に好評なプロバイダです。 また、3年間を過ぎたら、他のプロバイダよりも月額料金が安いため、長く使えば使うほど他よりお得なのもおすすめポイントです。 最新機種のルーターでもキャンペーン内容が変わらないのも嬉しいところです。 その他のおすすめポイント• 最短即日発送• 東京、埼玉、大阪の一部地域で契約当日の店舗受取可能• 契約から20ヶ月後に無料で最新機種に機種変更可能 Broad WiMAXの難点は契約時にサポートオプションに加入しないと初期費用無料キャンペーンが適用されないところです。 しかし、サポートオプションが必要ない人はBroad WiMAXを契約した月にすぐサポートオプションだけ解約できるので手間は少しかかりますが、問題ありません。 Broad WiMAXは安心して安くWiMAXが使え、他のプロバイダにはないお得なサービスが多く WiMAXプロバイダの中で一番失敗しない選択肢としておすすめです。 とくとくBBは3年間のトータル金額が1番安くなるプロバイダで最安値のプロバイダと契約するならおすすめです。 キャッシュバックキャンペーンの金額が常にトップで、実質料金が他のプロバイダよりも安くなります。 ただし、キャッシュバックの受け取りには注意が必要で、受け取りの不安定さがあり、 契約者全員がお得にWiMAXが使えるわけではないためおすすめ度は2番目になります。 きちんとキャッシュバック受け取り手続きを行えないと、もらえる金額は0円となってしまいます。 キャッシュバックが0円だと月額料金が高い分、損してしまいます。 また、解約金も他のプロバイダより高く設定されているため途中解約が難しいのもデメリット。 キャッシュバック特典が不安な方は、 もあります。 キャッシュバックキャンペーンよりはトータル金額が高くなってしまいますが、とくとくBBで契約したい人にはおすすめです。 カシモWiMAXは 契約初期の費用が最安値になる、始めやすいWiMAXプロバイダとしておすすめです。 契約月と1ヶ月目の最初の2ヶ月間は月額料金が1,380円と全プロバイダ中最安値となっています。 何らかの理由で、WiMAXを契約したいけど、今だけあまり通信費にお金を出せないという人も2ヶ月で2,760円という破格の安さでWiMAXを契約できます。 また、 選べるルーター端末の機種の種類が多いのもおすすめポイントです。 惜しいのは、3年間のトータル金額では最安値ではない点。 しかし、それでもWiMAXプロバイダの中では安い方です。 U-NEXTと提携しているサポートオプション「スマートシネマ with U-NEXT」では月額初月無料や毎月500のU-NEXTポイントがもらえるなど、ネットで動画を見る人にとって嬉しい特典がついてきます。

次の

【高層階・タワマンに強いポケットwi

ポケットwifi 高層階

今まで普通にWiMAXを使えたのに引越し先のマンションで繋がらななくなってしまった…というケースは多いです。 電波が弱くなった原因はマンションの構造なのか階数のせいなのか気になりますよね。 そこで今回は、マンションでWiMAXが繋がらなくなった理由とその対処法をご紹介します。 繋がらないから解約すると決める前に、改善できるかもしれないやり方を試しましょう。 尚、現在は光回線の速度【約1000Mbps】を凌駕するwimaxのとが発売されました。 W06が持ち歩きも出来るポケットwifiの機種で、HOMEL02は自宅における工事不要のwimaxです。 マンションで使用するのであればでしょう。 他の置くだけwifiを比較した記事は以下からどうぞ。 【以下の記事で安価なwimaxも紹介しています。 】 持ち運びも出来るポケットwifiを自宅マンションで使用したい方は以下の記事がおすすめです。 WiMAXはマンションでは繋がりにくい理由 WiMAXは、直進性の高い準マイクロ波を利用したモバイル回線です。 マンションの構造は軽量鉄骨もしくは鉄筋コンクリートが多いですが、どちらも電波を阻害する原因になりやすいのです。 鉄筋コンクリートマンションなど建築材によっては室内まで電波が届かずに、上手く電波を受信できないことがあります。 鉄筋コンクリートで囲まれたマンションで利用する方は、モバイルWi-Fiルーターやスマホのデータ通信が途切れやすいと言えます。 ただし、マンションの場合はルーターの設置場所を窓際や玄関付近に置くことで、電波が通しやすくなるので諦めるには早いです。 まず試してみることは、ルーターの置き場所を窓側付近に置いて電波感度が良くなるか確かめてみましょう。 それでもあまり改善しない場合は、窓際にリフレクターを置くことで電波状況を改善することができます。 その他にも、無線LAN中継器やクレードルを使う対策法があります。 タワーマンションの高層階や高層ビルでも繋がる? マンションでWiMAXの電波が繋がりにくいならば、タワーマンションの高層階に住んでいる方はもっと繋がらないのでは?と思いますよね。 しかし、WiMAXは東京スカイツリーの展望デッキ、六本木ヒルズ等の高層の建物でも通信可能です。 高層階だからWiMAXの電波が届かないということはありません。 高層マンションの最上階に住んでも、電波は届き、インターネットを使うことができます。 10階付近になると、周辺の建物などの障害物がなくなるので、電波を遮る障害物がなく、逆に通信が高速になる傾向にあります。 5階~8階程度付近に住んでいる人も問題なく通信しているユーザーは多いので、通信できないというわけではありません。 1階なのに繋がらない理由 マンションの高層階の方が周りに遮るものがないので電波を受信しやすいことがわかっています。 マンションの1階に住んでいる方は、繋がりやすさを期待していたのに、繋がらなくてガッカリれる方も多いのでは? WiMAXの電波が1番受信しやすいマンションの高さは10階あたりであることが分かっています。 1階~3階までは周囲に木や建物が多く、電波を遮ってしまうので、思ったよりも回線速度や受信感度が悪くなってしまうのです。 タワーマンションや6階~10階前後になると繋がりづらい? WiMAXは直進性が高い電波なので、周りに障害物が多いと邪魔になって電波が悪くなります。 電波の繋がりやすさはマンションの高さよりも周りに障害物(電波を遮るもの)があるかどうかで決まります。 6階~10階前後のタワーマンションに住んでいても周りに壁や床などの障害物があれば電波が悪くなります。 マンションの建物の高さよりも、周囲の障害物があるかどうかで繋がりやすさが変わるのです。 室内の温度は関係あるのか WiMAXの繋がりやすさは室内の温度よりも端末の温度と関係しています。 端末の温度が上がると液晶画面に「高温のため通信を切断しています」と表示されてネットワークから切断されます。 端末の温度は、一定温度以下にならないとオンにならないので、クールダウンするまで待機しなければなりません。 端末の温度が下がってWiMAXがオンにできる状態になったら通常通り使うことができます。 温度が下がらない場合は端末の故障が考えられますので修理に出すことをおすすめします。 マンションでwimaxが繋がらない時の対処法 ここからは、マンションでwimaxが繋がらない時の対処法をみていきましょう。 鉄筋コンクリートマンションはルーターを窓際に置いてみる モバイルWiFiルーターやホームルーターを部屋の中に置いている方は、窓際に設置してみてください。 WiMAXの電波は、部屋の奥よりも窓際の方が強く受信できます。 窓の外が建物に阻害されずにWiMAXの電波はより受信しやすいのです。 端末を基地局がある方向に向けて、どの部屋の窓際が受信状況が良くなるか確かめてみましょう。 圏外の時は手作りアンテナで電波受信を強化 窓際に端末を置いても電波が改善されない場合は、手作りアンテナで電波受信を強化しましょう。 準備するものは、料理で使うボウルとアルミホイル、紐、セロハンテープの4つだけです。 手作りアンテナのつくり方は、まずアルミホイルを適当な長さで切り、軽くクシャクシャさせます。 ボウルの内側に、そのアルミホイルを貼り付けて45度に傾けた状態にして固定させます。 ボウルの縁から紐を垂らしてルーターを結び、端末をボウルの中心で浮かせます。 この手作りアンテナで電波受信を強化することができるのでぜひ試してみてください。 電波が1本しか立っていなかったのに4本までアップすることがあります。 WiMAXの電波が届かないマンションで速度を安定させるには? WiMAXの電波が届かないマンションで速度を安定させるには「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えて使うと繋がるケースも多いです。 自宅でauのスマホは普通に使えている人は「ハイスピードプラスエリアモード」を利用すればWiMAXが繋がる可能性は高いです。 「ハイスピードプラスエリアモード」は月額1,004円の有料オプションですが、WiMAXのギガ放題の3年契約プランに加入している方は無料になります。 通常プランの方も端末から「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えできるので、試してみると良いですね。 ホームルーターやクレードルを利用する モバイルWiFiルーターのWX03とWX04は「クレードル」と呼ばれる通信の拡張する機器が付いています。 電波が悪い場合は、このクレードルをデバイスに直接接続することで、無線LAN接続から有線LAN接続へ切り替わり通信が安定します。 Wウイングアンテナが全方位的に強い電波を受信するので、通信状況が安定しやすくなります。 ホームルータータイプのWiMAX機器、WX03とWX04はクレードルと接続すると効果的です。 クレードルがない場合は、UQアクセサリーショップ、アマゾン、家電量販店で約3,000円で販売されています。 電波が届きにくいと感じたらすぐに接続してすぐに使うことができるので、ひとつ持っていると便利です。 クレードルを使えば、WiMAXの電波が届きにくいマンションの室内でも速度を確保することができます。 ホームルーターはACアダプタが必要なので自宅専用になります。 おすすめの機種はHuawei製のホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01s」です。 WiFiの電波受信の性能がアップする上に、42台のデバイスと同時接続できて、仕事場でも使えるので便利です。 マンション居住の方は契約前に「TryWiMAX」で電波状況を確認しよう 鉄筋コンクリート構造のマンションやタワーマンションで使う場合は、ちゃんと電波が繋がるかどうか心配ですよね。 そんなときは、WiMAXに契約する前にUQコミュニケーションズの「Try WiMAX」を使って電波状況を確認すると良いです。 タワーマンションのような高層階で使いたいけど、ちゃんと電波が届くどうか心配な方は、契約する前にテスト試用できます。 「Try WiMAX」は、15日間WiMAXをお試しすることができる無料サービスです。 (貸し出しは一人様1セットまで) WiMAXを契約する前に、自分が使う場所の通信状況を確認することができるので便利です。 貸出期間は貸出機器の発送日と返却日を含む15日間となり、返却日はUQに到着する日となります。 「Try WiMAX」は登録料、通信料、レンタル料、配送料なしで申込みできるので、気になる方は試してみましょう。 そのため、鉄筋コンクリート構造のマンションではWiMAXの回線が繋がりにくいことがあります。 前は普通に使えたのに引越し先のマンションでは使えなくなって困った時は、まずはWiMAXの端末を置く場所を窓際に変えてみてください。 端末の置き場所を窓側に変えるだけでも、障害物が少なくなり繋がりやすくなることがあります。 窓際に置いても電波が改善しない場合は、専用のクレードルを利用すると、通信状況が良くなることがあるので試してみてください。 契約する前に実際に電波の通信状況を確認するためには無料お試しの「Try WiMAX」を使うと安心です。 WiMAX回線元のUQコミュニケーションズから提供されているので、気になる方はチェックしみてください。

次の

2階もOK?WiMAXの電波が届く自宅の範囲・距離を解説

ポケットwifi 高層階

距離が離れれば電波は届きづらくなる 私は現在WiMAXを利用しているので、実際に検証してみました。 通信速度の測定にはアプリ「」を利用しました。 WiMAXのルーターと通信機器が同じ階にある場合 WiMAXが自分のそばにある場合は、通信速度は 19. 96Mbps出ています。 これなら十分過ぎる速度です。 WiMAXのルーターと通信機器が違う階にある場合 WiMAXのルーターを1階に置いて、2階でスピードテストを行った結果です。 これを見ると、明らかに通信速度が落ちていて、 11. 44Mbpsへと減速しています。 しかし、10Mbps以上も出ていればインターネットをする分には何も問題ないので、あまり心配する必要はありません。 WiMAXは距離が離れるほど通信が繋がりにくくなる WiMAXのようなモバイルWi-Fiルーターを介してインターネットを接続したい場合、データ通信を行いたい機器(スマホやパソコン)がそのルーターの近くになければいけません。 ただ、どれ程近くないといけないのかが分かりづらいのです。 通信機器から見える距離にWiMAXのルーターがないといけないのか、同じ階なら離れていても大丈夫なのか、階が違っても使えるのか? これは、自宅の構造や壁の厚さなどによって左右されるので、一概に言うことは出来ません。 しかし、私の経験から言わせてもらうと、 階が違うと速度は遅くなるが繋がります。 1階にWiMAXのルーターがあれば、2階ではスマホやノートパソコンをインターネットに繋ぐことは出来ますが、離れている分速度は低下するのです。 WiMAXのWi-Fi電波を強くする方法 WiMAXの電波の出力は設定で変更することが出来る どうしても1階にWiMAXのルーターを置いたままで、2階でインターネットを利用したい場合は対策をすることが出来ます。 どうするかというと、 WiMAXの電波の出力を変更するのです。 WiMAX端末の機種によっては変更できないものもありますが、例えばなら、出力を変更可能です。 【Wi-Fiの送信出力の設定はできますか?】 可能です。 5%、 25%、 50%、 100%からの選択となり、初期値は12. 5%です。 出力を上げると障害物を隔てて利用できる場所が広がりますが、見通しが良い状況であれば出力をあげても通信速度には影響ありません。 逆に他の同一周波数帯の機器に影響を与えたり、バッテリーの消耗が上がりますので、ご利用場所の環境に合わせてできるだけ小さい出力でのご利用をお勧めいたします。 Wi-Fiの送信出力の初期値は12. 5%と一番低い状態ですから、もし異なる階でWiMAXを使いたい時は出力を上げてみることをおすすめします。 WiMAXを出力の強い無線LANルーターに接続する方法もある WiMAXをそのまま使うのではなく、家電量販店で販売されている無線LANルーターに接続して、Wi-Fi電波を飛ばす方法もあります。 ちなみに無線LANルーターとは、以下のような機器のことです。 やり方としては、• クレードルのLANポートと無線LANルーターのWANポートを有線(ケーブル)で繋げる です。 こうすることで、本来ならWiMAX端末からWi-Fiを飛ばすところを、さらに出力の高い無線LANルーターが代わりに行ってくれるので、階が違ってもインターネットに繋がりやすくなる可能性があるのです。 まとめ WiMAXは単体では出力が低くても、設定を変更したり、無線LANルーターを使ったりと工夫をすることで克服することが出来ます。 今後、自宅の広い範囲でWiMAXの電波を使いたいと考えていて、電波が弱いと感じた時は是非上記で説明したことを試してみてください。 7月のおすすめWiMAX3選 業界最安値「GMOとくとくBB WiMAX」キャッシュバックキャンペーン キャッシュバック金額が高額なので、業界一お得なプロバイダ。 安さ重視でWiMAXを契約するなら、GMOとくとくBB(キャッシュバック)が断然おすすめです。 こちらはキャッシュバックキャンペーンより3年間合計の費用が多少高いですが、何の手続きもなしに毎月の費用が安くなります。 キャッシュバックキャンペーンの受け取り手続きを忘れてしまいそうな人は、月額割引キャンペーンのほうで契約しましょう。 違約金は1年以内なら1,000円、それ以降は無料になります。 いつでも気軽に解約できる点は大きな魅力です。

次の