ゼラニウム 切り 戻し。 摘心(摘芯)とは?やり方や時期は?切り戻しや芽かきとの違いは?

ゼラニウムの切り戻し方法と時期 / ゼラニウムの育て方.com

ゼラニウム 切り 戻し

栽培環境・日当たり・置き場 1年を通して日当たりと風通しのよい場所で育てますが、真夏は西日の当たらない場所が適しています。 また、雨に当てると茎葉や花が腐りやすいので、鉢植えであれば、長雨の時期に軒下などへ移動させます。 庭植えの場合は、梅雨時期に株を切り戻しておきます。 真夏に、葉の色が白っぽくなることがあります。 これは高温による生理障害ですが、秋になれば自然に葉色が緑に戻り、回復するので心配ありません。 夏はできるだけ涼しい環境で過ごさせましょう。 凍るような寒さが続くと傷みますが、関東地方以西の暖地であれば、軒下やちょっとした防寒により戸外で冬越しできます。 明るくて暖かい室内であれば、花も見られます。 水やり 過湿は禁物で、鉢植えの場合、表土がよく乾いたらたっぷりと水やりしますが、冬は乾かし気味に管理します。 庭植えの場合はほとんど不要ですが、真夏に土がからからに乾いたらたっぷりと水やりします。 肥料 用土には元肥としてカルシウムを含む緩効性肥料を加えておきます。 また、生育が旺盛となる早春から初夏と、秋に追肥します。 液体肥料を水やり代わりに施してもよいですが、開花期に肥料が多いと花茎が柔らかくなって倒れやすくなるので、緩効性肥料を置き肥するとよいでしょう。 病気と害虫 病気:茎腐病(ブラックレッグ) 茎腐れが発生することがあり、茎の基部が茶色くぺしゃんこになり、その部分から上部へと腐っていきます。 症状を見つけたら、その枝のつけ根から切り落とします。 害虫:ハマキムシ、ヨトウムシ 春から夏にハマキムシが発生しやすく、葉の一部が巻いたり、引きつったりする症状が見られます。 また春、および秋から初冬にはヨトウムシが発生しやすく、葉がかじられます。 害虫自体を見つけるよりも、葉の上に小さなふんを見つけたり、食害に気づくほうが多いので、日ごろからよく観察しておきましょう。 用土(鉢植え) 弱アルカリ性(pH7. 0~)の土壌を好むので、花壇や鉢土にはあらかじめ苦土石灰を混ぜて、pHを調整しておきます。 用土は市販の草花用培養土などを利用し、さらに牛ふん堆肥を1割ほど加えます。 植えつけ、 植え替え 真夏と冬を除けば、必要に応じて植え替えを行うことができます。 根詰まりや根腐れ気味のときに、根鉢をほぐして植え替えます。 生育が旺盛で、大きくしたいときは二回り大きな鉢に、大きくしたくないときは根鉢をより多くほぐして同じ大きさの鉢に植え替えます。 強く根を切っても丈夫なので、思いきって古い根は取り除きましょう。 根腐れ気味の株は同じ大きさの鉢か小さめの鉢に植え替えます。 ふやし方 さし芽:春と秋に、切った枝を用いて天芽ざしまたは管ざしをすることができます。 用土は赤玉土と腐葉土の等量配合土などを使います。 梅雨時期にさし芽を行うときは、腐りやすいので、さし穂をとったらすぐにはささずに1日ほど乾かしておくか、あるいは乾いた土にさし、すぐには水やりをしないで翌日行います。 主な作業 花がら摘みと枯れ葉取り:たくさんの小花からなるゼラニウムでは花房の中心から小花が咲き終わるので、随時摘み取ります。 花房のほぼ全体が咲き終わったら、花茎のつけ根から横に折り倒し、取り除きます。 また、株元で黄色くなった葉やカビの生えた葉を取り除きます。 切り戻し:種子系品種はあまり大きくならないタイプが多いので、特に切り戻す必要はありませんが、大きくなるタイプをコンパクトにしたいときや草姿がくずれたときは、好みの高さの、わき芽のある節の上で切り戻します。 真夏と冬を除けばいつでも行えます。 特徴 現在のペラルゴニウム属に分類される以前は、リンネによってゲラニウム属(Geranium)に分類されていたことから、その名残で今も「ゼラニウム」と呼ばれています。 南アフリカ・ケープ地方原産のペラルゴニウム・ゾナレ(Pelargo...

次の

ペラルゴニウムの育て方・切り戻しと挿し木の方法

ゼラニウム 切り 戻し

・過湿や高温に弱い• ・1年に1回~2回、石灰質を与える• 鉢やコンテナ植えの場合、毎年切り戻した方がよいでしょう。 切る位置は節のちょうど上、切る長さはバランスを考えてかなり短めに切り詰めても大丈夫です。 節の上で切るのは、新しい芽が節の位置から吹くからです。 節から上の部分を長く残すと見た目が悪くなります。 花後の処理 枯れた花茎はほおって置いても、付け根から自然に落ちるか、手で軽く引っ張るだけで簡単にとれます。 見苦しいようなら花が終わったあと、早めに茎のつけ根の部分で切り落としてもかまいません。 また、枯れた葉も同じように切り取るか摘み取ります。 摘心 小さな苗から育てる場合、ある程度高さになったら先端の芽をちょん切ります。 そうするとしたから数本の芽が伸びてきてバランスのよい形で茂ります。 日当たり・置き場所 日当たりと風通しのよい場所で育てます。 暑さだけでなく、湿気が多い環境も好みません。 その点では日本の夏の気候は合わないと言うことになります。 鉢植えは高温を避け、夏は明るい日陰に移動させてもよいでしょう。 暖地では屋外で越冬できます。 平地でも凍結や霜に気をつければ屋外での冬越しは可能です。 寒冷地では屋内で管理したほうがよいでしょう。 寒さで葉が紅葉したり、落ちることがありますが株が生きていれば春に復活します。 水やりと肥料 やや乾きぎみの土壌が適しています。 水は土の表面が乾いたら与えるようにします。 冬は寒さでほぼ生長しないので、水やりを減らして乾かし気味に管理します。 根が水をあまり必要としないのに水を与え続けると多湿になり、根が腐って株がダメになってしまうことがあるからです。 肥料は春~秋、10日に1回ほど液体肥料を与えます。 真夏は株が弱っているので肥料はいったんストップします。 また、年に1回~2回有機石灰や苦土石灰など、石灰質を株元に適量与えると元気がよく育ちます。 適した土 水はけのよい用土が適しています。 赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜた土を用います。 露地植えは植え付ける前にあらかじめ石灰を適量混ぜ込んでおきます。 植え替え・植え付け 植え付けの適期は3月~4月、9月です。 鉢・コンテナ植えは1~2年に1回植え替えます。 適期は植え付けと同じです。 ふやし方 タネまきとさし木でふやすことができます。 さし木の手順は以下の通りです。 挿し穂を用意する さし穂に選ぶ枝は先端に新芽の付いているものが失敗しにくいです。 また、あまり間延びしているものやひょろひょろしているもの、葉の色が悪いものなどは避けて、元気で比較的に茎が太くがっしりとしたものを選びましょう。 先端から開いた葉っぱ4~5枚を目安に数センチの長さになるように切ります。 このように先端の芽をさし穂に使う方法を「天ざし」といいます。 余分な葉を切り落とす 土に挿す部分になる下の方の葉を落とします。 手などでは摘みにくいのでカッターナイフなどの刃物を使って、イラストのように茎の付け根の部分から落とします。 さし穂にする時点で開いている葉っぱが3枚くらいが目安です。 切り口を切り直す 土に挿す部分の切り口をそぐようにくさび形に切り直します。 このとき茎の切り口から水分がたくさんでてくるようでしたら、日陰の場所で切り口の表面を乾かします。 一日くらい乾かせば大丈夫でしょう。 切り口を乾かすのは土に挿したときその部分から腐ってくるのを防ぐためです。 もし用意できるのであれば切り口に発根促進剤をまぶしておきます。 大きな葉をカットする 特に必要な作業ではないのですが、葉が比較的大きな場合は葉を半分くらいに切ります。 葉が大きすぎるとそこから水分が蒸発して発根に必要な水分を保てないからです。 土に挿す 土に挿します。 この際使用する土は赤玉土の小粒とバーミキュライトを等量混ぜたものか市販の「さし芽・タネまきの土」を使用します。 土を湿らせてから割り箸などで土に穴を開けさし穂を挿します。 日陰で乾かさないように管理すると、うまくいくと2~3週間で発根します。 土に挿す深さは一節分(下の葉からすぐ上の葉までが一節)くらいです。 あまりぐらぐらして不安定なようでしたら、挿す際に鉢のフチにもたれかけさせるように鉢のフチに沿って挿します。 小さめの鉢を用意して1鉢に1本ずつ挿しても良いでしょう。 かかりやすい病害虫 灰色カビ病 アブラムシ 枯れた花や葉をそのままにしておくと、カビが生えることがあります。 株は常にキレイにし、多湿を避け風通しのよい環境で育てます。 アブラムシは春先から発生し、茎葉、花などについて吸汁します。 早めに駆除するか、あらかじめ薬剤を散布して予防しましょう。 関連する植物•

次の

ゼラニウムの切り戻し方法と時期 / ゼラニウムの育て方.com

ゼラニウム 切り 戻し

スポンサーリンク ペラルゴニウムの育て方 日当たりが良く風通しの良い場所がよいです。 水やりは土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。 花に水がかからないように気をつけてあげてください。 肥料は植え付け時に元肥として緩効性化成肥料を用土に混ぜ合わせ後は3月~6月と9月~11月に液体肥料を2週間に1回ほど与えます。 用土 弱アルカリ性の土壌を好みます。 市販の 草花用の培養土がお勧めです。 自分で作る場合は赤玉土小粒5、腐葉土3、パーライト2を混ぜ合わせます。 植え付け 苗の植え付けに適した時期は 6月~7月頃です。 植え替え 適した時期は 9月~10月頃です。 毎年植え替えてあげます。 鉢から株を取り出して土を半分ほど落とし一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えてあげます。 花がら摘み 花が枯れてきたらこまめに摘み取り全部の花が咲き終わったら花茎の付け根から摘み取りましょう。 スポンサーリンク 切り戻し 花が咲き終わったら3分の1から2分の1ぐらいの高さで切り戻します。 初秋 9月頃にも伸びすぎた枝を切り落とし形を整えます。 増やし方・挿し木 適した時期は 5月~6月頃か9月~10月頃です。 茎を5~7㎝ほどの長さで切り取り上の葉を3~4枚ほど残して下の葉を落とし30分ほど水につけてから用土に挿します。 病気や害虫 オンシツコナジラミが発生することがあります。 オンシツコナジラミが発生した場合は、オルトラン剤などを散布します。 ペラルゴニウムの花言葉 ペラルゴニウムの花言葉は「尊敬」「君ありて幸福」「信頼」「真の友情」です。 ペラルゴニウムは 高温多湿に弱いので梅雨時期は雨が当たらない風通しの良い涼しい場所に置いてあげると良いです。 雨に弱いので地植えで育てるのは難しいと思います。

次の