ハクビシン 食べる。 ハクビシンと猫は仲間!?襲う事もあるって本当?

ハクビシンの糞の特徴4つと画像!処理・消毒方法とふん対策を解説

ハクビシン 食べる

なぜハクビシンは畑を狙う? ハクビシンは、基本的に雑食性であると言われていますが、そのなかでも糖度の高い果実や野菜などを好んで食べる傾向があります。 そのため農作物が豊富に育つ畑は、ハクビシンにとってかっこうの餌場となりやすいことが考えられます。 農作物の中でも、とくに糖度が高いミカンやスイカ、トウモロコシなどは、ハクビシンの好物となりやすい作物と言えます。 そのため農作物を豊富に育てている場合は、しっかりハクビシンの対策を、畑に施すことが必要です。 また、ハクビシンは食べ方に特徴があるため、農作物がどのような状態であるかで判別することも可能です。 ご自宅の畑を荒らしている犯人を特定するために、しっかり確認していきましょう。 ・スイカ スイカを食べる際は、頭を突っ込んで糖度の高い部分のみを食べる傾向があります。 もしスイカに大きな穴が開いている状態であるのなら、高確率でハクビシンの仕業だと判別することが可能です。 ・ミカン ハクビシンはミカンを食べる際、皮ごと食べるのではなくしっかり剥いてから食べると言われています。 そのためミカンの皮だけ残った状態で荒らされていたのであれば、ハクビシンの仕業と考えるのがいいでしょう。 ・トウモロコシ トウモロコシにいたっても、芯の部分だけを残し糖度の高い部分を起用に食べるとされています。 ハクビシンは、糖度の高い作物が豊富な畑を込んで狙う傾向があるため、もしこういった形跡があるのであれば、十分注意が必要です。 ハクビシンには餌を与えない! 珍しい動物でもあるハクビシンですが、遭遇してもエサを与えるのはおすすめできません。 ハクビシンにエサを与えることで、人に慣れ個体数を増やす原因にもなりかねません。 また、都合のいいエサ場だと認識し、周辺に住みつくようになるおそれもあります。 ハクビシンが周辺に住みつくことで、農作物への被害はもちろん、食害や環境被害などをこうむることも考えられます。 ハクビシンの対策を畑に施すことも大切ですが、住宅にもしっかり対策をすることを怠ってはいけません。 さらに、与えたエサを気に入ることでゴミを漁るようになってしまうこともありますので、ハクビシンを見つけても、エサを与えないことが大切です。 フェンス・電気柵で侵入を防ぐ 身体能力が高いとされるハクビシンは、住宅のわずかな隙間からでも容易に侵入し、食材を荒らすおそれがあります。 そのためハクビシンの対策を畑に施すことも大切ですが、いかに住宅に侵入させないかも重要になります。 ここからは、ハクビシン対策として有効な方法の一つである、フェンスに焦点を当ててご紹介します。 畑や住宅の塀が高ければ、ハクビシンの侵入を防ぐことが可能です。 しかし、低いフェンスであれば飛び越えてしまうことが考えられるため、なるべく高いフェンスを設置するようにしましょう。 また、フェンスの下の小さな隙間をくぐってしまうおそれもあります。 そういったケースに備えるために有効なのが、電気柵です。 触れると電流が流れる仕組みになっており、侵入口を探しているハクビシンを効果的に追い払うことができるはずです。 フェンスの上下に設置し、様々なケースに対応できるように設置しましょう。 苦手なニオイで遠ざける 物理的に侵入を防ぐことは、ハクビシンの対策を畑にする際にも非常に有効と言えます。 しかしながら、ハクビシンを遠ざける工夫をすることも重要です。 そのための方法として有効なのが、忌避剤を使用してハクビシンを遠ざけることが挙げられます。 ハクビシンは、ニンニクや石油などの臭いを嫌うとされています。 そのため専用の忌避剤を使い、いやな臭いのする場所だと認識させることで、被害を防ぐ効果が期待できます。 忌避剤を使用する際は、なるべく侵入口から遠い場所に設置していくのがおすすめです。 屋根裏に住みついている場合、侵入口から設置してしまうと、奥の方に追い込んでしまい、効果が薄れてしまうおそれがあります。 また、使用した後はしっかり侵入口となる隙間を塞いで、再発を防止することも大切です。 効果が切れてしまうと再びやってくることがありますので、定期的に忌避剤を使用し、日ごろからハクビシン対策を怠らないようにしましょう。 効果的な忌避剤をお探しの方は、過去のコラム「」でもご紹介しています。 あわせてご覧ください。 まとめ 一件可愛らしい印象を受けるハクビシンですが、住宅を荒らし、様々な被害をもたらす存在でもあります。 そのため見かけても餌付けをせず、追い払うのが得策です。 また、日ごろからハクビシンが寄り付かないようにしっかり対策をすることも忘れてはいけません。 法律に守られ、むやみに駆除や捕獲ができないため、お困りのようならハクビシンをしっかり駆除することができるプロにまかせるのも一つの手段です。 ハクビシンの駆除を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

ハクビシンの好物は果物だけじゃない?食害対策や好物を利用した捕獲方法

ハクビシン 食べる

ハクビシンの好きな食べ物 ハクビシンは雑食性の動物です。 食べられるものであればその辺りの虫から小動物、農作物までなんでも口にします。 しかし、大食いである彼らは同時にかなりのグルメ。 美味しい食べ物をよく知っており、餌の種類が豊富な場所であれば好みのものから狙います。 ここではハクビシンが優先的に食害する食べ物をご紹介します。 果物 ハクビシンは甘党です。 被害額が最も大きいのは甘く熟した果物。 農林水産省の資料「」平成18年度の統計では、ハクビシンの食害のうち、およそ7割が果物の被害となっています。 また果物の中でも好みがあり、とりわけ大好物なのはとろけるほど甘く熟した柔らかい果実です。 具体的には以下の果物が該当します。 ブドウ• ミカン• バナナ• イチジク• イチゴ リンゴやナシなど歯ごたえのある果物も好きですが、餌を選べる環境にいれば優先度はやや下がります。 野菜 果物と同じで、野菜も甘いものを好みます。 よく狙われるのはトウモロコシです。 特にスイートコーンが大好きで、出荷間近のコーンを斜めに引き倒し、甘い粒を残らず綺麗に食べてしまいます。 トウモロコシの他、トマトも糖度の高い品種はよく狙われます。 鶏肉 意外かもしれませんが、ハクビシンは鶏肉も好物です。 農家や畜産業者の鶏舎に侵入し多大な被害を与えたという報告も見られます。 ハクビシンの糞にはニワトリを始めとする鳥類の羽や骨がしばしば見つかっており、餌場にできる鶏舎があると優先して狙うことが分かっています。 参考: ハクビシンによる食害対策 ハクビシンの好物を取り扱っている場合、せっかく作った農作物を荒らされてしまうことも少なくありません。 畑を食害するハクビシンを追い払う場合、その対策は大きく分けて二つ存在します。 警戒心を利用した製品を使い忌避効果を狙う• 電気柵で物理的に侵入を阻む それぞれ詳細を解説していきます。 忌避剤で対策する ハクビシンなどの害獣動物に対する忌避剤と呼ばれるものは、主に嗅覚に訴えて警戒心を揺さぶるものです。 ボトルやスプレーで販売されており、侵入経路や被害のある畑・家庭菜園などに散布して侵入を防止します。 害獣避けに広く利用されている木酢液などの他、天敵の尿を原料にすることでハクビシンの恐怖心を煽る製品など様々なバリエーションがあります。 また、ハクビシンが嫌う臭いを出すものは家庭にもあり、ニンニクの汁や灯油などを利用して自作することも可能です。 忌避剤の効果やオススメの製品については、以下の記事で詳しく解説しています。 電気柵を設置する 忌避効果を狙っても解決できない場合や、ハクビシン以外の動物にも狙われているようなとき、最後に検討するのがこの電気柵となります。 電気柵は、畑の周りにポールやネットを設置し、そこに電線を張り巡らせて害獣を感電させることで侵入を阻むというもの。 ハクビシンは電気ショックを非常に嫌い、一度感電すると一週間は電気柵に近寄ろうとしません。 そのため効果は抜群なのですが、忌避剤や超音波装置と異なり、設備がどうしても大掛かりになります。 気軽に試すことができないので、家庭菜園には不向き。 どちらかというとプロの農家向けの対策でしょう。 好物を利用してハクビシンを箱わなで捕獲する ハクビシンの対策を追い払うということに限定しないのであれば、好物を利用して罠で捕獲することも選択肢に入ってきます。 通常、罠の使用には動物愛護法で定められた狩猟免許が必要です。 また、普段馴染みがないと罠を使って捕まえるのは心理的ハードルも高いかもしれません。 ですが、家や畑の被害を防止するための罠の設置は、意外と簡単にできます。 ここではハクビシンを罠で捕まえるには必要な免許・罠の仕掛け方をご紹介します。 ハクビシンの捕獲と鳥獣保護法の規制 ハクビシンは、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)で保護されている狩猟鳥獣です。 狩猟としてハクビシンを取るには免許が必要な上、猟具や猟期など、細かいルールを守っての実施が求められます。 しかし、ハクビシン被害が深刻化している自治体では、畑や家屋の被害を防止する目的に限り、狩猟免許がなくとも箱わなでの捕獲を許可している場合があります。 田舎では、増加する害獣被害に市町村による対策が追いつかず、住民自身での駆除を推奨し、箱わなの無料貸出をおこなっていることもあります。 無料貸出を検討されている方は、お住いの自治体の環境局か、鳥獣保護担当部署までお問い合わせください。 また、鳥獣保護法と狩猟免許の規定については、以下の記事で詳しく解説しています。 箱わなはどんな種類があるのか 箱わなには「踏み板式」と「吊り餌式」の二種類があります。 踏み板式は、罠の奥に設置した餌で害獣を誘導し、仕掛けにつながった板に害獣の体重がかかると入口が閉まります。 吊り餌式の箱わなは、箱の内部にフックのような仕掛けがあり、箱に入った害獣が手や口でフックを引っ張ると蓋がされます。 ハクビシンは踏み板式の罠が作動する程度の体重があり、手でフックを引っ張ることもできるので、どちらの罠を使用しても良いでしょう。 中型動物用のものであれば10,000円〜30,000円程度で購入できます。 箱わなの使い方・設置方法 箱わなの設置で注意すべき点は、餌の選び方と罠の設置場所です。 ハクビシンは柔らかく熟れた果実が大好物だと記載しましたが、柔らかすぎると箱わなの外から網目に手を入れ、無理やり餌を取られてしまうことが考えられます。 また吊り餌式の場合、柔らかい餌はハクビシンが引っ張ったときに千切れて仕掛けが動かない可能性があります。 これを踏まえた上で、ハクビシンの好物から餌を選ぶのであればミカンがオススメです。 皮は剥かず、そのままフックに引っ掛けるか、箱わなの奥に置いておきます。 中の実が熟れていても皮自体にそれなりの強度があるので、千切れたり崩れたりする心配はないでしょう。 箱わなの設置場所ですが、高いところに設置すると落下してきたときに怪我をする危険があるためおすすめできません。 また、箱わなは平面に設置しないと仕掛けがうまく作動しないことがあります。 天井裏のハクビシンを捕獲するために侵入経路である屋根に設置したいところですが、不安定の屋根では捕獲の確立が下がります。 箱わなの設置におすすめなのは以下のような場所です• 雨どいや庭木の下• 隙間のある屋根の軒下• 通風口のそば こちらは一例ですが、他にもハクビシンの侵入経路や、足跡が付いている場所であれば効果が期待できます。 ハクビシンは夜行性ですので、夜に設置しておきましょう。 まとめ 以上、ハクビシンの好物となる食べ物と食害の対策方法、好物を利用したハクビシンの捕獲方法についてご紹介しました。 住居や農作物に被害を及ぼすハクビシン。 業者に依頼しないと駆除は難しいと思いがちですが、好物を利用して罠で排除し、忌避効果で定着を防ぐことができれば、個人レベルでもハクビシンの根絶は可能です。 忌避剤はインターネット通販でも販売していますし、箱わなも自治体に相談すれば無料貸出を受けられる場合があります。 ハクビシンの被害でお困りの方、一度ご自身での駆除に挑戦してみてはいかがでしょうか。

次の

ハクビシンはペットとして飼育できる?タヌキとの違いや値段・飼う方法も

ハクビシン 食べる

中国では食べられている ハクビシンは中国南部では、広東料理、広西料理、雲南料理、安徽料理などの食材として煮込み料理などに用いられている。 広東の野味料理の代表に、紅焼果子狸というハクビシンの醤油煮があります。 ハクビシンが、木の実や果物を常食とするところから果子狸と呼ばれるそうです。 中国や東南アジアでは「おいしい肉」と認知されているようで、中国料理で食べたことのある日本人にも「おいしい」という感想が多かったです。 発生源と疑われた病気 ハクビシンは、2003年にSARS、「Severe Acute Respiratory Syndrome (重症急性 呼吸器症候群)」、新型肺炎SARSとも呼ばれた感染症の発生源として疑われました。 SARSの病原体は新型のコロナウイルスで、中国の野生の狸やハクビシンなどから、コロナウイルスと遺伝子配列のよく似たウイルスが発見されたためでした。 中国では一時期 SARSの感染の恐れが有るとしてハクビシンの販売などの禁止をしていて広州の動物市場から姿を消したことがありました。 結果としては、中国国内に棲息するキクガシラコウモリがウイルスの保有動物であることが分かり、ハクビシンではなかったとされています。 今では中国では、またハクビシンは食されているようです。 スポンサードリンク 日本では捕獲に申請と資格が必要 日本ではハクビシンは、鳥獣保護法で保護され、捕獲には役所からの許可と、捕獲する人の狩猟免許が必要です。 まとめ 狩猟鳥獣の捕獲には、狩猟期間内に可猟区で法律に定められた狩猟鳥獣を対象として行う通常の狩猟と、狩猟期間外に行う害獣駆除の2種があります。 害獣駆除の捕獲の場合は、免許を持った業者さんか、役場等からの要請で地元の猟友会の方が捕獲にあたります。 捕獲者がそれを業者へ販売する事は許されていないため、自己消費か知人に無償で配るかなどするそうですが、駆除の季節などは消費しきれず処分することが多いようです。 スポンサードリンク.

次の