耳 アニメ。 『耳をすませば』の漫画、アニメ、実写映画の考察から分かったこと。

英語アニメで英語耳を育てる!スウェーデン人に学んだ英語習得法

耳 アニメ

まずは簡単にあらすじをご説明しましょう。 主人公の月島雫は、父の勤務する図書館に入り浸るほど本好きの少女。 ある時彼女は図書貸し出しカードの履歴から、天沢聖司という人物が自分より先に本を借りていることに気がつきます。 聖司のことがなんとなく気になりだしたころ、雫は電車の車内で奇妙な猫と出会いました。 そしてその猫に地球屋という不思議な店へ導かれ、運命的に聖司と出会うのですが……。 そんなあらすじの『耳をすませば』は1995年にスタジオジブリによってアニメ映画化され、多くの人が知る名作となりました。 実は原作漫画とアニメ映画で、物語の細部と作風が異なることはあまり知られていません。 原作漫画は1989年に少女漫画誌「りぼん」で連載されていましたが、人気があがらず、わずか4回で打ち切りとなりました。 ジブリの宮崎駿監督は、夏期休暇中に姪が持ち込んだ少女漫画誌に目を通す習慣があり、そこで偶然『耳をすませば』第2話を読んだそうです。 その後ジブリの鈴木プロデューサーや知人の押井守、庵野秀明らと第2話の内容を膨らませ、原作と違った独自のストーリーを想像したのです。 これがきっかけで制作されたのがアニメ映画。 おのずと原作漫画とは違った持ち味の話になったのです。 では、まもなく公開される実写映画『耳をすませば』の見所などを交えて、原作漫画とアニメ映画の違いや魅力についてご紹介していきます。 原作漫画とアニメ映画の違いの1つは、ずばり両者の恋愛描写です。 よく知られているアニメ映画は淡い恋心を軸として、2人が将来に向かって前向きに取り組む青春モノとなっていますが、原作はかなり乙女チックな少女漫画。 たとえば雫と聖司が知り合う以前から、聖司の兄の航司と雫の姉の汐(しほ)が交際しており、「りぼん」読者層が思い描くような大人の恋人像が描かれます。 雫と聖司の関係もその影響下にあるので、いくぶんドリーミーな描写が多いです。 たとえば恋愛モノではありがちな、聖司が姉の汐を好きなのではと雫が勘違いする展開も見られます。 漫画原作がふんわりとした少女漫画らしい心理描写なのに対して、アニメ映画は恥ずかしいほどストレートな青春です。 これは宮崎駿らの世代が、かつて実現できなかった爽やかな青春を、ノスタルジックに描こうとしたためだそう。 アニメ映画が人気作となったのは、この改変のおかげで、原作より多くの人の郷愁に訴える内容になったためかもしれません。 少女漫画らしい漫画原作と、リアリティのあるアニメ映画 原作漫画とアニメ映画のもう1つの違いは、世界観の広がりにあります。 やや言葉が悪くなりますが、宮崎駿の言葉を借りれば、原作漫画はありふれたラブストーリー。 中学1年生の雫と聖司の恋愛感情がメインで、障害らしい障害はないのです。 2人の気持ちが通じ合って終わり、という、作中だけで完結している閉じた世界となっています。 アニメ映画では、この閉じた世界にメスが入れられました。 主人公の年齢が中学1年生ではなく受験を控えた中学3年生となり、原作では画家だった聖司の夢がヴァイオリン職人に変更され、さらにいずれ彼が留学することに変更されたのです。 また、後半で1人暮らしを始める姉の汐は、雫との性格の対比や変化する日常の象徴となりました。 アニメ映画は2人の恋愛を軸に、人生の目標やタイムリミット、そして日常の変化という要素が加わりました。 この変更のおかげで、アニメ映画には爽やかな恋愛にプラスして、リアリティあふれる世界観となったのです。 これだけ聞くと映画だけがいいように思えるかもしれませんが、原作も穏やかで優しい世界観が描かれているので、ぜひご覧になってみてください。 映画と原作の違いはこれだけでなく、ヒーローの天沢聖司にもあります。 雫が想いを寄せる彼は、外見も性格もよい、完璧な少年です。 初対面の雫には意地悪な言動を見せますが、そこはご愛敬。 アニメ映画でも秀才キャラとして描かれましたが、原作漫画の描写はその上をいきます。 夢と希望にあふれたキラキラした少年なのです。 これは聖司というより、原作漫画を描いた作者の柊あおいの特徴。 一言でいえば一途に気持ちを貫く、絵に描いたような王子様像なのです。 アニメ映画の聖司は王子様っぽさが少なめになった代わりに、職人気質であることが設定されました。 ヴァイオリン職人に憧れ、妥協なくヴァイオリン作りに取り組む姿は、雫だけでなく視聴者の心を打ちました。 留学して職人を目指すという展開は、ともすれば夢物語になりそうですが、聖司のひたむきさのおかげでリアリティを保つ要因にもなっています。 また聖司のヴァイオリン職人の夢に雫が触発されて、人間的に成長するというのもアニメ映画のよいところ。 雫が王子様に憧れる夢見る少女ではなく、同じ未来に向かう対等な立場として描かれているのです。 原作には出てこないアニメ映画独自の要素ですが、本作を語る上で『カントリー・ロード』は避けられません。 ジョン・デンバーがカバーした『Take Me Home、 Country Roads』を雫が翻訳した(という設定の)曲です。 この日本語歌詞をよくよく聞くと、隠されたテーマに気がつきます。 「カントリー・ロード この道 ずっとゆけば あの街に つづいてる 気がする カントリー・ロード」 (『カントリー・ロード』より引用) ふるさとをテーマにした歌ですが、ふるさととは、自分が生まれ育った街のこと。 一方、作中では雫が自嘲気味に作詞したコンクリート・ロードが歌われます。 コンクリートロード どこまでも 森を切り 谷を埋め ウェスト東京 マウント多摩 故郷(ふるさと)は コンクリートロード (映画『耳をすませば』より引用) この「コンクリートロード」は雫たちの住んでいる場所を表現し、それでも雫にとってのふるさとなのだと伝えています。 たとえ今いる場所が、開発でできたコンクリートロードで自然などなくても、懐かしさを覚える風景こそ、その人の原体験につながる大事な場所なのですね。 何気ない日常や身近な景色の中にも、目を見張る美しいもの、貴いものがあるというメッセージ……それこそが『カントリー・ロード』に隠されたテーマではないでしょうか。 アニメ映画『耳をすませば』には雫と聖司の恋愛に青春への懐古と同時に、生まれ育った場所への郷愁も盛り込まれているのです。 その後が話題になっていたが、原作漫画、実写映画『耳をすませば』で実現! 「今すぐってわけにはいかないけど、俺と結婚してくれないか!」 (アニメ映画『耳をすませば』より引用) 思わず見ているこちらが恥ずかしくなるような、それでいて初々しい、アニメ映画のラストシーン。 まだ中学3年生の聖司が雫に告白するセリフです。 「ただ『好きだ』というだけじゃ弱い」と、宮崎駿が付け加えたそうです。 青くさいけれど、だからこそ愛おしい名場面として、多くの人が彼らの明るい未来を想像したことでしょう。 アニメ映画にはこの続きがありませんが、実は原作漫画ではその後を描く読み切り続編『耳をすませば 幸せな時間』が発表されています。 物語のラストから2年後、中学3年生になった雫と聖司。 聖司の海外留学を知り、不安定になった雫が、あのバロンのいる「猫の図書館」を訪れるというストーリーでした。 原作の続編なので微妙に差異がありますが、アニメ映画化後に描かれたためか、ところどころアニメ映画寄りの描写となっているのでファンの方はぜひ読んでみてください。 また、『耳をすませば』は2020年に実写映画化され、こちらは原作漫画の10年後という設定となっています。 実写映画は大人になった雫と聖司の姿とともに、あの恋物語の続きが見られるとあって、原作ファンもアニメ映画ファンも要注目の作品です。 このあとは、その映画の見所を考察してみます。 『耳をすませば』実写映画は、スタジオジブリのアニメ映画の続編ではなく、あくまで原作漫画の続編という位置付けです。 ただしキャストの月島雫役の清野菜名、天沢聖司役の松坂桃李はどちらもアニメ映画を前提としており、制作側も意識しているようなのでまったく無関係というわけでもありません。 実写映画では原作漫画を再現する過去と、10年後の現在の物語が並行して描かれます。 作家の夢破れて編集者となった雫、10年後も夢を追い続ける聖司。 それぞれの境遇の違いから起こるすれ違い。 甘酸っぱい青春の恋愛物語がどういったラストに向かうのか、原作のストーリー再現とその延長にある未来のオリジナルストーリーがどう展開されるのか。 この「あの日夢見た未来」と「未来が今になった現在」の対比が、実写映画最大の見所となります。 実写映画『耳をすませば』の公開日は2020年9月18日です。 アニメ映画はとても有名なので、見たことのある方も多いでしょう。 2020年9月に公開される実写映画は登場人物も同じ設定。 もちろん、実写映画が『耳をすませば』の初見でも面白いと思います。 ただ、映画の世界観をより深めるためにも、まず原作漫画をオススメします。 アニメ映画を手がけた宮崎駿の感じた作品の原石となる魅力を見つけられるはずです。

次の

【86.9点】耳をすませば(アニメ映画)【あにこれβ】

耳 アニメ

映画音楽的で、アコースティックで、東洋的で、クラシック(アルビノーニのアダージョ)を聴いているような悲しげな所もあれば、電子音楽の所もある。 全般的に落ち着いて環境音楽にも聴こえる。 クラシカルだ。 そこに「カントリー・ロード ヴァイオリン版 」の歌が入り絶妙だ。 バッハのパイプオルガン調のもある。 誰か?と興味を持ったら坂本龍一の目に留まったとある。 なるほど。 ひときわ違うか?と思ったら「バロンの歌」であった。 ただ、最後の「カントリーロード」は歌はよいが、シンセサイザーの音を使っているのはがっかりだ。 生ギター、ドラムの音でテンポよく、カントリー風にしてほしかった。 オーケストラアレンジは悪くないが。 映画の最後のバージョンと違う気がする(ドラムはないと思うが)。 この作品が大好きで、Blu-rayを買いました。 さらにテレビで放送されたものもダビングしてとってあります 笑 好きなところ、いいところはたくさんあるのですが、映像だけでなく音楽の担う役割もかなり大きいと思います。 夏の日差しを浴びて歩くシーン、夜空の下を二人で語りながら歩くシーン、地球屋のシーンなど良い曲ばかり。 サントラを聴くと映像が思い浮かびます。 カントリーロードも劇中に歌うものとエンディングの両方入っていて最高です。 (オープニングは入ってません) 落ち着いた曲がほとんどなので癒されたい時や寝る前に聴くとほっとします。 あと、天沢君が格好良くヴァイオリンで腕慣らしする曲(数秒)まで入っていてときめきます 笑 As with his soundtrack for this films spin off 'The Cat Returns' Yuji Nomi's work here has a wonderful whimsy all its own. Unlike The Cat Returns though, this soundtrack doesn't have a recurring theme for the score to be based around, instead it feels like Nomi- San has chosen to tailor each track carefully to their specific scenes. The result is a soundtrack full of surprises where your never sure of the next track is going to be a chase piece involving Guitars and synthesisers or an orchestral accompaniment to 'Country Road' mixed in to what is majority a sweeping symphnic score without any of it ever seeming jarring or in conflict with the rest of the soundtrack. Ein Theme des Filmes hat mich zudem unweigerlich an eine Nummer aus Final Fantasy I erinnert, dem Castle Cornelia Theme. An Musik wird man alles Wichtige und nennenswerte aus dem Film finden- mit Ausnahme der Originaleinspielung von Country Roads welche zur Einleitung im Film gespielt wird. Den Song kann man sich ja aber auch separat noch besorgen. Das Album was ich bezogen habe kommt vom Original Label Studio Ghibli Records, sprich das Booklet ist anders wie bei den westlichen Ausgaben komplett in Kanji gehalten- Titelbezeichnungen, sowie Liner Notes inklusive. Wer einen Hang zu eher ruhigeren, heiteren und romantischen Film-Scores hat sollte diesem Album eine Chance geben. In meinen Augen ist dies, wie der Film selbst, eine kleine aber feine Perle. Ghibli is life, so auch die Scores zu den Filmen. Volle Empfehlung.

次の

『耳をすませば』宮崎駿監督ジブリ作品あらすじ・ネタバレ・キャストまとめ【最新音楽アニメ映画も紹介】

耳 アニメ

耳をすませばアニメ雫の父親の声優は下手?訛りがひどく棒読みという声も評判をまとめてみたについて紹介します。 柊あおいさんの漫画作品と、その漫画をスタジオジブリ制作のアニメーション映画にした、近藤喜文監督によって多くの人に知られている耳をすませばです。 原作漫画とアニメ映画では設定や展開が異なり、とても面白いと評判の作品です。 2020年に実写化されるというこもあり、これを機に漫画もアニメも読み返している人も多いようです。 アニメ映画が放送されてから話題になっていましたが、雫の父親役の訛りがひどく棒読みだと言われ、声優はだれ?という声が上がっていました。 再度、アニメ映画をみた人も気になっているようなので、実写化される前にチェックしておきましょう! それでは、耳をすませばアニメ雫の父親の声優は下手?訛りがひどく棒読みという声も評判をまとめてみたについて紹介します。 耳をすませばアニメ雫の父親の声優は下手? ほーりーが寸劇モノマネをした という理由で今「耳をすませば」見てます。 稼ぎのために私立図書館に勤務しており、司書をやっています。 月島靖也には私立図書館勤務以外にもう一つの仕事があります。 それは郷土史研究家で、特定の地方の歴史の調査や研究を行い、それを文章にまとめて本にしたり講演を行ったりして世に残す仕事です。 図書館に雫がお弁当を届けていたので、図書館勤務のイメージが大きく郷土史の仕事をしているイメージは少ないと思いますが、郷土史として活動する姿も密かにありました。 一生懸命に働く父をみていた娘の雫が、打ち込んでいる物語を書く事について、最後までやり通すことを条件に許可をしてくれた人物はお父さんです。 このシーンは印象に残っている人もいると思います。 記事の後半で、そのシーンについても紹介します。 月島靖也の声優は立花隆さん 雫の一番の理解者で、名シーンが残る立花隆の声優をつとめたのは、立花隆(たちばな たかし)さんです。 1940年生まれです。 本業は、ジャーナリストでノンフィクション作家や、評論家にもなったりしています。 お父さん役についてこんなコメントが多くありました。 雫の父親、月島靖也は訛りがひどくて、棒読みで下手すぎないか?と言うコメントがありました。 この前にも紹介しましたがその理由は、立花さんの職業は声優とかけ離れた仕事をしているため、プロの声優さんではなかったからです。 舞台やCMなどに出演していた訳でもありません。 なので、近藤喜文監督がなせ立花隆さんを起用したか気になりますよね。 訛りや方言など、そこに住んでいる人ならではのイントネーションもあるので、プロの声優さんでも難しいところはありますよね。 そこで立花隆さんを起用したということになります。 上手い、下手ではなく、自然な訛りが欲しかったため、起用したことがわかりますね。 いくら声優を勤めていないからといって棒読みはひどくないか?ということ声もあると思います。 しかし、この立花隆がプロの声優さんではなかったことで、棒読みがいい!と言う人も多いようです。 また近年のスタジオジブリ制作のアニメーション映画は、プロの声優さんではなく芸能人や、立花さんのように声優を勤めたことがない人が起用されていることが多くなったようです。 耳をすませばアニメ訛りがひどく棒読みという声も評判をまとめてみた 耳をすませばに飽きて他番組見たりTwitter見たりして、また戻ってきたけど、 雫の父の声優下手過ぎだろ! 序盤だけと思っていたが、また出たよ。 半年ぐらい前にTVで放送されたHDをやっと消化。 ノスタルジー満載。 主人公 月島雫に父が説教するシーンで、父がやたら訛ってて、棒読みなので調べてみると、声優が作家の立花隆。 2019年にテレビで放送されたようですが、そこでさらに気になっている人が増えたようです。 mboma17yoshi がシェアした投稿 — 2019年 1月月11日午前6時06分PST 父親の名シーンとして知られているのは、雫が一般人として勉強して高校に行く生きかたではなく、小説を描くという普通の生活をしない生き方を選び、その生き方を応援するシーンではないでしょうか。 応援の言葉の中で「人と違う生き方はそれなりにしんどいぞ なにがあっても誰のせいにもできないからね」という言葉が、多くの視聴者さんの心に刺さっていました。 雫のことをとても理解している父親で、頭ごなしに怒るのではなく、話し合いで解決ししっかりと教え聞かせてくれる優しいお父さんです。 父親の訛りや棒読みについて気になってしまうと思いますが、このシーンをみて感動してもらえたらと思います。

次の