ヒール スピリット デッキ。 【ヴァンガードZERO】スピリットイクシードのデッキ|グランブルー【ヴァンガードゼロ】

【クラロワ】環境はどう変わる?シーズン10バランス調整考察

ヒール スピリット デッキ

このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。 1 :このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。 相手フィールドのモンスターを3体まで選んで持ち主の手札に戻す。 その後、手札からレベル4以下のスピリットモンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚できる。 2 :このカードが特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動する。 このカードを持ち主の手札に戻し、自分フィールドに「霊魂鳥トークン」(鳥獣族・風・星4・攻/守1500)2体を特殊召喚する。 このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。 1 :このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。 相手フィールドの魔法・罠カードを3枚まで選んで持ち主のデッキに戻す。 その後、デッキからレベル4以下のスピリットモンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚できる。 2 :このカードが特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動する。 このカードを持ち主の手札に戻し、自分フィールドに「霊魂鳥トークン」(鳥獣族・風・星4・攻/守1500)2体を特殊召喚する。 《霊魂鳥神-彦孔雀》は、儀式召喚成功時に、相手のモンスター3体まで手札バウンスができる3000打点。 《霊魂鳥神-姫孔雀》は、儀式召喚成功時に、相手の魔法罠カード3枚まで手札バウンスができる2500打点。 切り札である2枚の《霊魂鳥神》の特徴は、 儀式召喚成功時に相手の盤面に干渉していくことができるという特徴。 相手の盤面を崩しつつ、打点を使って、ライフを削っていく動きをしていくことができるので、 後攻からの巻き返しを図っていくことも可能。 また、儀式召喚成功時の効果から、相手ターンに儀式召喚が可能な《緊急儀式術》などとも相性がよく、 先行をとって相手ターンに《緊急儀式術》を使って儀式召喚を行い、儀式召喚成功時の効果を使っていくこともできる。 相手の展開を防ぎつつ、エンドフェイズにトークンを生成できるので、次の自分ターンで、そのトークンを使って、次なる儀式召喚や、リンク召喚につなげていく動きも強い。 1 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにスピリットモンスター以外のモンスターの効果を発動できない。 2 :このカードが召喚・リバースしたターンのエンドフェイズに発動する。 このカードを持ち主の手札に戻す。 《霊魂鳥神》儀式モンスター《霊魂鳥神-彦孔雀》と《霊魂鳥神-姫孔雀》は、 デッキより召喚条件を無視して、スピリットモンスターを手札もしくはデッキから出せる効果がある。 この効果で《天岩戸》をリクルートしていくとかなり強力。 《天岩戸》は、フィールドに存在する限り、 お互いにスピリットモンスター以外の効果を使うことができなくなる永続効果を持っている。 《天岩戸》自体も1900打点もあり戦闘破壊をされにくいので、こいつを立てるだけで相手の動きを封じることができることもある。 ちなみに、 メインデッキには《和魂》《荒魂》《天岩戸》などのスピリットモンスターが採用される。 《和魂》《荒魂》ともに、レベル4モンスターで、 《和魂》は召喚リバース時にスピリットモンスターの召喚権を増やす《二重召喚》的な効果、《荒魂》は、召喚リバース時にスピリットサーチの効果を持っている。 それぞれ、スピリットモンスターテーマをサポートする汎用スピリットなので、エスプリットバードデッキへの採用率も高い。 「壊獣」モンスターを送りつけて《霊魂鳥神-彦孔雀》で手札バウンス 《霊魂鳥神-彦孔雀》は、儀式召喚成功時に相手モンスターを手札バウンスできる効果を持っている。 そのバウンス効果の有効活用として、壊獣を送りつけて、その壊獣をバウンスすることで、厄介な耐性持ちをリリース除去しつつ、壊獣を自分の手札に戻すことができる。 また、壊獣モンスターは高レベルモンスターなので、 レベル8儀式である《霊魂鳥神》の儀式召喚のリリース素材にもなってくれる使い方ができる。 1枚で2種類の役割を担うことができるので、壊獣を採用する「エスプリットバード」デッキは多いようだ。 強制転移でスピリットを送りつけて、バウンスをする 召喚・リバース成功時のエンドフェイズに持ち主の手札に戻るスピリットモンスターならではの動きを利用して、 《強制転移》を使い、相手のモンスターと自分のモンスターを入れ替える方法もある。 「壊獣」モンスターを送りつけた上で、コントロールを入れ替えて、高打点モンスターを自分フィールドに出していくという動きも面白い。 霊魂鳥(エスプリットバード)デッキの構築 風属性テーマでシナジーのあるテーマと組み合わせる 《霊魂鳥神》は、風属性テーマということもあり、同じく風属性の「WW」「ハーピィ」などと組み合わせてデッキ構築をするデッキも多い。 風属性サポート効果を共有することができたり、「風属性モンスター以外は特殊召喚できない」などの制約を受けることなく展開をしていくことも可能。 そういう意味で、風属性テーマという特徴を活かして他のテーマと組み合わせてデッキ構築をすることもできる。 儀式テーマはエクストラに余裕があるからこそ、エクストラデッキの有効活用を図る 儀式テーマは、エクストラデッキの依存度も低く、エクストラデッキの枠を割と自由に使っていくこともできる。 そのため、《百万喰らいのグラットン》《やぶ蛇》などのEXデッキを有効活用できるカードを採用しやすいという特徴もある。 エンドフェイズに手札に戻ってしまい壁が薄くなってしまう傾向にあるスピリットモンスターだからこそ、突破力があり、壁にもなってくれる《百万喰らいのグラットン》を立てるのも良い。 また、壁が薄くなることも考えて、攻撃反応型の罠カードの《波紋のバリアウェーブフォース》などと一緒に《やぶ蛇》をセットしておき、魔法罠除去効果に備えていくなども面白い。

次の

【クラロワ】環境はどう変わる?シーズン10バランス調整考察

ヒール スピリット デッキ

クラロワのシーズン9が残り数日となりました。 そこで気になるのが、来シーズンの環境を大きく左右するカードのバランス調整ですよね。 さらに 建物が壊された時に槍ゴブリンが 3体出てきます。 ダメージ、体力はアイススピリットと同じで、 飛び込むと周囲の味方を回復させます。 回復範囲は「ヒール」と同じです。 回復量は +181%ということで、 「ヒール」の 約3倍となりました。 また、 コストは「ヒール」同様 1コストとなります。 壊した後もターゲットを取られたりコストを余分に使わなくてはならないのでより厄介になります。 ゴブリンの小屋のバランス調整は「強化」と言っていいでしょう。 一方、体力が低下したため、 防衛面で時間稼ぎをするのが難しくなりました。 プロの方達も「強化」と言ったり「弱体化」と言ったり様々です。 今後このバランス調整がどう効いてくるのか気になるところです。 これまではマジアチャの貫通攻撃でタワーにダメージを入れるなど、人気のカードでした。 しかし、射程距離が1マス減ったことで、 マジアチャの貫通攻撃をするのが難しくなります。 斜めからのタワーへの貫通攻撃は出来なくなってしまいましたね。 今回のバランス調整、マジックアーチャーは「大幅弱体化」されました。 アイススピリットは飛び込んだ相手のユニットを1秒固めます。 それに対してヒールスピリットは飛び込んだ敵の周囲の味方を回復させます。 また、回復量が「ヒール」の約3倍ということで、 カード自体は大幅に強くなりました。 今回のバランス調整で小屋の厄介さがさらに増しましたね。 小屋デッキが増えそうです。 防衛では使いづらくなりましたが攻撃面では脅威が増しますね。 今回の大幅弱体化で大きく使用率が下がりそうですね。 ペッカ攻城デッキもガゴ型が増えそうです。 入りの高回転ウォールブレーデッキは格段に使用率が下がりそうです。 三銃士も行けそうですね。 結局アイスピの方が強いんじゃないかって思ってますが、、 猛者たちがいいデッキを生み出すのを待つのみです。。。 最後に 以上が「シーズン10バランス調整の内容と解説」でした。 来シーズンはどんな環境になるのやら… 楽しみです! ではまた! 他にはこんな記事を書いています👇 cushiooon.

次の

【クラロワ】ヒールスピリットを使いたいならこのデッキで間違いなし【強い!?】|ワイズマン

ヒール スピリット デッキ

4月6日!バランス調整内容! ( 上方修正されたものは青、 下方修正されたものは赤、どちらとも言えないものはそのままで表示しています。 アイスピの効果をそのままヒールにしたみたいなやつですね。 カード自体はヒールを引き継ぐそうなのでカードレベルなどはそのまま、コストも同じままです。 もしかしたら 2. 6ホグ や 2. 9クロス の一枠に入ってくるかもしれませんね。 早めの2日からの実装です。 破壊時に槍ゴブが3体されるようになるらしい。 0マス(7. 0マス) 調整の雑感。 ヒールは救いようがねぇ….. って運営側がツイートされててだいぶと放置されてきたカードだったんですが、ようやく調整されました。 別のカードとして。 呪文カードだったんですけどユニットカードとして生まれ変わったこのカードは色んなデッキでみられるようになるのでしょうか。 攻撃力などはアイススピリットと同数値らしいので、ヒールスピリットで代用する人もいるのかなぁと。 でもやっぱりリセット効果があるアイスピの方が使い勝手が良い気も。 ウォールブレイカーの前にヒールスピリットを付けるとか割と良いのかも?とか考えましたが結局丸太で綺麗に処理されてしまうなぁーとか思ったり。 てかアイスピって略すならヒースピになるのかな。 あとはマジアチャの射程が1マス短くなったこと。 各方々から「弱くしすぎ」と意見が出ておりますが、どうなんでしょう。 元々使ってこなかったのでその1マスの違いが分からない……(ブロガーとしてそれでいいのか もうそろそろシーズンが終わりますが、このロングシーズン終盤に新しいカードをぶっこんで来るのはやめて欲しいなぁ。 岸さんが天界に到達したし僕もそろそろ頑張らないとなぁ。 おわり。

次の