コロナ 感染 宮城 県。 宮城県

新型コロナウイルス感染症対策サイト

コロナ 感染 宮城 県

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、宮城県は25日、スマートフォン向けの「みやぎお知らせコロナアプリ」(MICA)の運用を始めた。 QRコードを活用してイベントや店の利用者を把握し、感染が判明した場合、来店者に即座に伝える。 クラスター(感染者集団)が確認された際、保健所などは濃厚接触者を追跡しやすくなる。 店側は感染拡大防止への自主的な取り組みをPRできる。 アプリ運用の流れは図の通り。 店は県のホームページなどで申し込み、QRコードを取得。 利用客は店に掲示されたQRコードを任意で読み取り、県の電子申請システムにメールアドレスを登録する。 イベントや店舗で感染が分かると、感染者の来店日や属性などに加え、症状が出た場合の相談方法を記したメールが登録者に一斉送信される。 県がアドレスの情報を管理し、一定期間が過ぎれば消去する。 村井嘉浩知事は25日の定例記者会見で「利用者に迅速に感染状況を伝えられる」と説明。 全国でクラスターが起きたライブハウスやパブなどを念頭に、「クラスターが発生した業種に協力してほしい」と述べた。

次の

宮城・富谷の10代女性が新型コロナ感染 名取の50代会社員も

コロナ 感染 宮城 県

新型コロナウイルス感染症を巡り、宮城県医師会は9日、医療現場が患者の対応で切迫しているとして、「危機的状況」を宣言した。 県は同日、医療関係者を交えた対策本部会議を県庁で開き、「感染初期」から、症状に応じて入院の必要性を判断する「移行期」へ深刻化したとの認識で一致。 「東京都の3週間前の状況だ」(専門家)として、急激な感染拡大を警戒すべき新局面に入った。 村井嘉浩知事は会議後の記者会見で、県内7カ所にある感染症指定医療機関の計29床が満床になったと明らかにした。 今後、入院は重症者を優先し、無症状を含む軽症者は自宅や県が借り上げる宿泊施設で療養してもらう方針を示した。 村井知事は「(移行期に入るのは)5月の連休明けと思っていたが、予想以上に早い。 この2、3週間は我慢してほしい」と強調。 週末を中心に不要不急の外出を控えるよう県民に改めて呼び掛けた。 会見には佐藤和宏県医師会長、冨永悌二東北大病院長、賀来満夫東北医科薬科大特任教授が同席した。 佐藤氏は感染を疑う相談から検査まで円滑に進んでいない現状を問題視し、「患者も病院も苦慮している」と言及。 感染症対策が専門の賀来氏は「人との接触を避けるといった予防策を徹底してほしい」と危機意識の継続を訴えた。 県内の感染者は9日時点で36人。 3月29日以降、12日連続で確認された。 仙台市青葉区の英国風パブではクラスター(感染者の集団)が発生。 感染経路が不明のケースも増えている。

次の

宮城県山元町コロナ感染した50代男性会社員は誰?実名や感染経路は?

コロナ 感染 宮城 県

宮城県(補助金・助成金・融資情報) 新型コロナウィルス関連情報 宮城県(補助金・助成金・融資情報)• 宮城県の補助金・助成金・融資の情報をまとめています。 宮城県• 栗原市• 村田町• 亘理町• 山元町• 色麻町• 加美町• 涌谷町• 南三陸町•

次の