トイ プードル 値段。 トイプードルのシルバーは性格が悪い?値段は?気になる特徴まとめ

トイプードルの飼い方|性格・寿命・値段・飼育する際の注意点は?

トイ プードル 値段

トイプードルの値段・価格相場はいくらくらい? 20~30万円くらいが相場になります。 ただし、値段は購入する場所 ペットショップかブリーダー や購入するタイミング 月齢やテレビで取り上げられた後 によって大きく異なります。 特に最近はトイプードルの中でも小さな「ティーカッププードル」や「タイニー 小さい プードル」などと名前を付けてテレビで取り上げられるのを見ます。 ですが、これらの名前は血統として認められていません。 あくまで トイプードルのブリード中にたまたま生まれた小さなサイズのトイプードルだということを覚えておいて下さい。 「血統書もトイプードル」になります。 たまたま生まれた小さい子なら問題はありません。 ですが、トイプードルは人気の高い犬種ということもあり、 お金目当てのブリーダーが後を絶ちません。 「小さい方が売れ易い」ので生後間もない子にミルクやご飯を与えずに、強制的に小さい状態 栄養失調 にして出荷するなんてことも聞きます。 トイプードルはもともと骨折や関節炎が多いんですが、成長期の大切な時期に栄養不足になった子は骨の密度が低く、より骨や関節のトラブルが多くなります。 確かに小さい子は可愛く見えますが、裏にはこういった事情もあるので注意が必要です。 トイプードルの値段や価格は毛色・カラーによって変わる? 人気や希少な毛色・カラーだと最大5万円くらい値段が上がることもあります。 レッド・ブラック・ホワイト・シルバー・ブラウンなどが人気・希少なカラーになります。 ただ、毛色は値段が変わる条件の一つでしかありません。 トイプードルの値段が変わる条件は、毛色以外にも次に紹介するようなものがあります。 値段が安いトイプードルの7つの条件・違いは? 相場や平均価格から極端に安い子は素人では分かり難い病気を持っていて、短命だったり治療費がかかったりする子もいます。 必ずお店の人に理由を聞きましょう。 ブリーダーから迎えるなら安い理由をブリーダーに確認しましょう。 基本的に 気を付けたいのは「病気」で、他の条件については愛嬌というかその子の特徴です。 将来繁殖する予定であれば好ましくはありませんが、ペットとして飼い続けるのであれば何ら問題ありません。 血統 ペットショップによっては、トイプードルと別の犬種を交配したミックス犬を販売している 例:〇〇プーなど ところも珍しくありません。 この場合、 血統書は無く「トイプードルとは呼べない」ので注意しましょう。 他の犬種と掛け合わせることでなどが出にくくなるというメリットがあります。 ただ、他の犬種の血もひいているので、成長していく中でトイプードルの見た目からは離れていきます。 見た目や容姿 毛量 少ない ・顔の形 鼻が長い などが理由で安くなっている子もいます。 ドッグショーでは「トイプードルの顔の形はこうあるべき!」という基準があります。 ドッグショーに出しているブリーダーの場合、基準に近い子の値段を高く設定します。 ですが、これはあなたが将来その子を繁殖・ブリードしないのであれば関係のないことです。 毛量が多い方がカットのバリエーションが増えるので、トイプードルにお洒落をさせたい人にとっては高くても売れるという理由です。 なので、他のトイプードルとは差をつけてお洒落なカットをさせたい!などの理由が無ければ、毛量が少なくて安い子を選べば良いです。 毛量も鼻の長さも病気ではないので繁殖をしないのであれば、気にするポイントではありません。 ミスカラー ドッグショーではトイプードルは基本的に単色が理想とされています。 なので 体の一部に別の色が混ざっていたり鼻周りの色が薄かったりする子は安くなる傾向にあります。 ミスカラーでも血統書は発行されます。 カラーの部分に特殊な記載がされるだけ ただ、カラーの入り具合によっては凄く可愛く見える子もいます。 ペットショップはミスカラーを敢えて可愛いからという理由で、値段を下げない・逆に値段を上げるようなところもあります。 病気を持っている 噛み合わせ アンダーまたはオーバーショット や臍ヘルニア でべそ を持っている子も値段が安くなります。 その 「度合い」や「将来的に手術が必要かどうか?」で値段の下げ幅が変わります。 ショップによっては獣医の簡易診断書などを用意しているところもあるので確認すると良いでしょう。 上記以外にもパテラ 膝蓋骨脱臼 など色々な先天疾患を持っているケースがあります。 ペットショップでもブリーダーでも、基本的に購入前は獣医師の健康診断を受けさせてくれます。 ショップの場合は、引き渡し後の保証などを含めたパックプランを用意しているところもあります。 性別 ペットショップから購入するのか、ブリーダーから迎えるのかでも多少変わりますが オスの方が安い3~10万円ほど安くなるケースがあります。 これはメスの方が飼いやすい・サイズが小さいなどの理由からです。 これは小型サイズが売りのトイプードルならではかもしれませんね。 逆に50㎏を超えるような大型犬はメスよりも大きくなり易いオスの方が人気が高く、値段も高くなる傾向にあります。 サイズが大きい 大きくなる予定 両親がどちらも4㎏以上で、恐らく生まれてきた子もトイサイズ 4㎏以下 以上に大きくなってしまう場合は、値段が安く設定されています。 傾向として20万円以下の子は大きくなり易いです。 ただ、両親がそれぞれ3㎏程度の間に生まれた子が4㎏以上に育ってしまうこともあります。 逆に大きくなると思っていたのに成犬になっても3㎏ほどという子もいます。 ある程度は血統から予想ができますが、実際に育ってみないと分からない部分でもあります。 生後時間が経って成長している 一般的にペットショップでは「生後2カ月頃が最も高値」を付けます。 この頃はまだ本当に小さくてお店としても売りやすい時期だからです。 逆に 生後3カ月を過ぎた頃からは値段を下げていく傾向にあります。 これは3カ月を過ぎるとだんだんと大きくなってしまいます。 「赤ちゃんの小さい時を一緒に過ごせない」ということで買い手が付き難いので大きくなるほど値段が下がります。 ただ、これも市場の動向やその店舗の状況によって異なります。 値段が高いトイプードルの違いは? 逆にトイプードルの値段が上がってしまう理由にはどんなものがあるでしょうか。 基本的には「安くなる理由の逆」です。 ただ、 「トイプードルを飼いたい人 繁殖を考えていない人 」にとってはあまり関係のない理由も含まれているので参考程度に読んでみて下さい。 血統 両親ともに ドッグショーでチャンピオンを取っていると、その子犬は50万にも100万にもなります。 見た目も本当に可愛い子が多いですが、将来繁殖を考えていないのであれば、ここにお金をかけるのは意味がありません。 ドッグショーは後世に純血種を残すことを目的に行われています。 血統書もその子の血筋を表す家系図のようなものです。 なので優れた血統 トイプードルとして理想の形・血筋 が良いと判断され、値段も高くなります。 血統が良くても病気や見た目が悪ければ値段が下がることもあります。 素人の繁殖・ブリードはおすすめ出来ません。 ブリーダーや繁殖を考えている一部の人にはそれだけの価値があるものです。 性別 将来、子犬を生むことができるという理由から、メスを手元に残しておきたいと思うブリーダーが多いようです。 また、オスは成長するにつれて足を上げてのおしっこやマーキングなど、室内飼いする時にデメリットも出てきます。 この辺りはしつけも可能ですが、性格的にも大人しい子が多いメスの方が飼い主側にも好まれるようです。 つまり メスの方が需要が多いので値段が上がりやすい傾向にあります。 見た目 カラーや手足の長さなどのバランス、頭の形などポイントは様々ですが、「誰が見ても可愛い!」と思うような整った子は値段が高くなります。 これに関しては血統の次に値段を大きく左右する要因と見ても良いでしょう。 特に最近は 鼻 マズル が短く童顔に見える子が値段が高い傾向にあります。 ただ、鼻が短いと歯並びが悪くなり易かったり、涙やけをおこし易いといった傾向も強くなります。 スタンダードプードルを見て分かるように、トイプードルも鼻が長いのが標準です。 せっかくお金を出して迎え入れるので、「こっちを選ぶべきです!」とは言いません。 やはり自分の好みに合った子の方が愛情も沸きますからね。 ただ、「少しリスクもある」ということは頭の片隅に置いておくと良いでしょう。 大きさ 最近は「タイニー」や「ティーカップ」など、 成犬時にトイサイズよりも小さくなりそうな子の値段が高くなる傾向にあります。 成犬時の大きさが3㎏以下でタイニー、2㎏以下をティーカップなど、独自に規格を作っているブリーダーもいます。 ですが、忘れてはいけないのがJKCなどにこれらの犬種は登録されていないということです。 血統書には「トイプードル」と書かれます。 日本のテレビ番組が良くないんですが、「小さい=可愛い」という風潮があり、トイプードルは小さい子が高く売れる傾向にあります。 ですが、「タイニー」や「ティーカップ」というサイズはトイプードルを繁殖していく中で生まれた小さな子のことです。 ただでさえ骨が細くて骨折や関節疾患が多いトイプードル、その中でも小柄なサイズがどうなるかはお分かり頂けるはずです。 また、購入する時に血統や手足の大きさから「タイニー」や「ティーカップ」と紹介されても、いざ成長したら「トイプードル 4㎏以上 よりも大きくなった」なんてことも良くあります。 トイプードルはどこで買うのが良いの?値段に差はある?• ブリーダー 20~30万円• ペットショップ 10~30万円• 里親募集 ほぼタダ トイプードルを飼いたいと思った時、購入方法は主に上記3つがあります。 下から順番に安く買える傾向にあります。 里親募集はワクチン代などを負担することがありますが、トイプードルの生体代はかかりません。 ブリーダーから購入するのが最も信頼できます。 ですが、ここまでまとめたように金儲け主義のブリーダーもいます。 反対に儲けを考えず、 トイプードルの良さを広めようと繁殖している優良ブリーダーがいるのも事実です。 ドッグカフェなどでトイプードルの飼い主さんから情報を聞いてみるのも良いでしょう。 また、ネットの掲示板などで 気になるブリーダーの口コミなどを調べてみるのもおすすめです。 ペットショップで購入する際は、できるだけその子の「疾患の有無」や「親の状態」・「繁殖者の情報」について詳しく説明できるショップが良いです。 中には悪質ブリーダーから安く購入しているショップもある為です。

次の

トイプードルの価格の相場は?値段の違いはなぜ起きるの?

トイ プードル 値段

愛らしさが人気のトイプードルですが、この犬種には数種類の毛色があります。 一見して「このトイプードルは茶色の種類だね」と思っても、微妙な違いがあるのですよ。 よく見かけるトイプードルは、茶系、黒系、白系ではないでしょうか? トイプードルの毛色には、正式な呼び方があります。 どの子も可愛い!と思えるのですが、トイプードルを飼うにあたり、人気がある毛色の子を単純に飼うのではなく、選び方をちょっと考えてみましょう。 毛色により、値段に差はありませんか? 性格が違ってくるということはないでしょうか? 成長にともなって毛色が変化はしないかも気になりますね。 また交配・繁殖をする場合の遺伝もチェックしたいところです。 トイプードルの 毛色による性格や特徴、その上での上手な選び方を、分かりやすく解説します! 目次• 人気色は?トイプードルの毛色の種類 トイプードルには、10種類以上の毛色があります。 本来のトイプードルは、原種と呼ばれる3色の毛色を基本としていました。 ホワイト• ブラウン この3色がトイプードルの原種で、交配により毛色のバリエーションが増えていったのです。 血統書の発行をしているJKC(ジャパンケネルクラブ)で正式に認められている毛色は単色の10色ですが、違う毛色を掛け合わせて繁殖させたものには、2色が混ざり合って生まれる個体もあります。 さて、毛色によってトイプードルの性格や特徴に、違いが出るかどうか、気になりますね。 毛色別の特徴をチェックしましょう! トイプードルの毛色「黒(ブラック)」の性格や特徴 トイプードルの毛色の中、ブラックと呼ばれる黒い色は、この犬種が作り上げられたときに自然に存在した、原種色のひとつです。 黒(ブラック)のトイプードルは、 気品を感じさせ、毛艶の良さが目立つことが特徴。 それでいながら、子犬から成犬まで通して愛嬌を感じさせる顔立ちをしています。 黒い毛の中に、可愛い黒い目、この愛らしさはたまらない魅力。 黒(ブラック)のトイプードルの性格として、 高い忠誠心があります。 利口さが特徴であるトイプードルは、飼い主に従順ですが、黒い毛色のトイプードルは、飼い主をリーダーとしてしっかり認識して、よく言いつけを守り、常に忠実な態度を取る子が多いのです。 優れた運動能力を備えているため、活発で外遊びが大好き、散歩というよりは運動をさせるという認識でいたほうがいいでしょう。 ただむやみに暴れるタイプではなく、飼い主に服従するので、落ち着きがあります。 毛の量が多いタイプが、この黒(ブラック)です。 トリミングに工夫しましょう。 言い換えれば、 カットのバリエーションが楽しめる毛色です。 トイプードルの毛色「アプリコット」の性格や特徴 薄い茶色かな?と感じるアプリコットは、オレンジと設定されている毛色です。 トイプードルの中でも 人気が高い色で、この毛色のトイプードルを街中で見かけることが多いのではないでしょうか? トリミングの際にはテディベアカットがよく似合い、トコトコ歩く姿はくまのぬいぐるみのようですね。 巻き毛がしっかりしているため、絡まりやすく、ふだんからしっかりブラッシングをしておくことが必要です。 性格面ですが、実はアプリコットのトイプードルには、あまり協調性を期待できません。 他の犬に合わせて仲良くするということが苦手で、 活発でやんちゃな傾向があります。 多頭飼いを考えているなら、その辺を考慮したほうがいいですね。 一緒に暮らす犬と、うまくやっていけない子もいますから。 愛嬌があり人懐っこいトイプードルの中では、 人見知りするケースも見られる毛色が、このアプリコットです。 トイプードルの毛色「ホワイト」の性格や特徴 プードルは従来、大型の「スタンダードプードル」が主流でした。 スタンダードプードルには、ホワイトが多くみられました。 トイプードルとして改良されても、 様々なバリエーションのカットが似合うのが、このホワイトで、気品を感じさせる毛色ですね。 毛色としての難点では、 汚れが目立ちやすいというところが挙げられます。 犬はアレルギーや体質で、涙やけやよだれやけを起こしやすい個体がいます。 ホワイトのトイプードルは、顔周りにそういった汚れがつくと、すぐに目についてしまいますね。 丁寧に手入れをして、涙やけなどが起きやすい場合には、体質改善をする必要があります。 無邪気なトイプードルの中では、 警戒心が強く、臆病な面も見られます。 飼い主に対しては甘えん坊になる子が多く、多頭飼いをしていると、他の犬を差し置いて飼い主の膝を独占してしまうことも。 トイプードルの毛色「クリーム」の性格や特徴 トイプードルの毛色で「クリーム」と呼ばれるものは、ホワイトに黄色みが加わった、乳白色をしたカラーです。 毛の質が柔らかく、ブラッシングなどを習慣としておかなければ、絡まりやすいので注意してくださいね。 性格はホワイト同様に、 飼い主に甘えるタイプで、多頭飼いをするには難しそうです。 トラブルを起こすというより、やきもちをやいて寂しがり、飼い主の気を引こうとする行動に出ることもあります。 トイプードルの毛色「セーブル」の性格や特徴 セーブルという毛色は、 絶対数が多くはありません。 アプリコット系の毛色ですが、オレンジを基本とするアプリコットより、濃い毛色をしているため、黒とオレンジが混じり合ったような色になっています。 レッドとブラック、どちらも気に入っている方は、セーブルを検討してはいかがでしょう? 性格は 比較的従順で温和です。 トイプードルの毛色「シルバー」の性格や特徴 シルバーはトイプードルの気品を際立たせる毛色ですが、 珍しいカラーで、見かけたことがある人は少ないかもしれませんね。 生まれたときには、ブラックと間違われることもしばしば。 成長する過程で色が薄くなり、上品なシルバーカラーに変わるため、子犬時代にブラックをと選んだ人は、色が変わってびっくりするかも。 落ち着きがあるため、飼育しやすい性格です。 トイプードルの毛色「グレー」の性格や特徴 — 2018年12月月25日午前7時33分PST グレーは、シルバーとの見分けがつきにくい毛色です。 慣れている人でなければ、グレーかシルバーか分からないことが多いでしょう。 ブラックとホワイト、ふたつの毛色の遺伝子を持って生まれてきたのが、グレーです。 シルバー同様に、生まれてしばらくはブラックの毛色をしているため、ブラックと思われがちです。 育っていくに従い、グレーに変化していきます。 性格は 甘えん坊ですが、やや警戒心が強い面があり、知らない人や犬、初めての場所には、すんなりとは馴染みにくい時も。 トイプードルの毛色「ブルー」の性格や特徴 出典: ブルーは 希少性の高い毛色で、ブリーダーの方も意図してこの毛色を生み出すことは難しいのです。 そのため、ブルーのトイプードルを見かけたことがない、という方も多いのではないでしょうか? それほど希少価値が高い犬です。 ブラックやシルバーと間違えそうな色ですが、生まれたときにブルーと認識できる子は、実はそう多くはありません。 成長するに従い、ブルーの毛色がはっきりしてくる場合が多いのです。 毛量が多いので、手入れに気をつけてください。 またブルーは、 他の毛色に比べて体臭が強いことも特徴のひとつです。 トイプードルの毛色「ブラウン」の性格や特徴 トイプードルの毛色のうち、原種のひとつであるブラウンは、見かけることが比較的多いのではないでしょうか。 この毛色の特徴は、 鼻も茶色であることです。 毛色に関係なく、鼻は黒い色をしているトイプードルが多い中、ブラウンのトイプードルは、鼻も毛色と同じ色をしていて、全身がチョコレートのような統一感があります。 赤い服を着せるとよく似合う毛色なので、ドッグウェアのオシャレを楽しみたい人には、とても嬉しい毎日になりそうですね。 性格はちょっと 独立心や自立心が強く、しつけに失敗すると、飼い主を見下してしまうことも。 レトリバー種などもそうなのですが、ブラウン系の犬は、ややわがままでやんちゃな部分があります。 「マテ」「おいで」などを聞き分けるようにしておかないと、脱走や逃走の危険もあるため、もしリードが離れてしまったら、呼び戻しができるようにしつけておきましょう。 最初のしつけが肝心になる性格ですね。 トイプードルの毛色「レッド」の性格や特徴 トイプードルの中で 一番人気の毛色といえば、このレッドです。 赤みがかった毛色は、その中でも濃い色から薄い色があります。 テディベアカットがとてもよく似合う毛色で、服を着せてもどんな色も似合うため、オシャレが楽しめます。 性格は、トイプードル特有の性格ともいえる 明るさでいっぱいで、活発さを兼ね備えています。 あまりに活発なので、やんちゃすぎて落ち着きがない子も目立ちます。 利口で知恵が働くので、いたずらをすることで飼い主の気を引き、遊んでもらおうと企んだりもします。 しっかりしつけをすることが必要ですね。 トイプードルを飼う時の毛色の選び方 毛色によって性格や毛の量、質が微妙に違います。 どんな性格なら家族として迎え入れられるか• 被毛の質で必要なケアができるか 十分に考えて選びましょう。 特にホワイトは見事な純白の麗しさがありますが、手を抜くと汚れが目立つため、念入りに手入れができることが条件になります。 やんちゃで言うことを聞かなくなりがちなブラウンの子を選ぶときは、ドッグトレーナーなどプロの人と一緒にしつけをすることも考えてもいいかもしれません。 可愛いと思う毛色を選ぶのがいいのですが、意外にケアが大変だったと後悔しないよう、毛色ごとの特徴を知った上で、迎え入れる準備ができるかどうか、考えてみましょう。 トイプードルの毛色は遺伝する? 一般的なブリーダーは、同じ毛色のトイプードル同士を掛け合わせて繁殖させます。 そのため、親犬の毛色が遺伝することが普通です。 前述したとおり、トイプードルは単色がベースです。 しかし、かけ合わせの遺伝子により、ミスカラー、パーティカラーと呼ばれる、2色以上の毛色を持つ子が生まれてくることがあります。 こういった犬を、希少価値が高いといって高値で売るブリーダーもいますが、単色ではないトイプードルは、毛色の面では欠陥があるとして、安値であることが普通です。 単色で親の遺伝子を受け継いだ毛色の子犬が、正式に認められています。 別の色のオスとメスを交配させた場合に、濃い色の親に合わせて生まれがちになりますが、ブラックとホワイトを交配させたとき、ブラックとホワイトの遺伝子を持つ子犬も産まれてきます。 トイプードルの毛色は変化したり退色したりするの? グレーやブルー、シルバーという毛色は、生まれたときはブラックと違いがなく、 成長途上で変化していきます。 黒いトイプードルだと思って譲り受けたら退色していったということは、よくある話です。 また、アプリコットやレッドも、最初の色より薄くなることは少なくありません。 前述のミスカラーは、生まれたときに一部が薄い色をしている子犬もいますが、だんだん退色してくるケースも多いのです。 トイプードルの 毛色が変化、退色することは、そう珍しいことではありません。 好きな毛色に!トイプードルのカラーリングも — 2018年 8月月14日午前12時35分PDT 単色が基本のトイプードルに、ちょっとアクセントをつけたいと考える人もいます。 現在は、犬の皮膚に優しいカラーリング剤も出ているので、トリミングのときに相談してみてはいかがでしょうか。 ご自分でするのは、やめたほうがいいでしょう。 皮膚が弱い、アレルギーを持つ犬もいます。 馴染みのトリマーさんに相談して、皮膚の状態を確認してもらい、安全なカラーリング剤を使って、一部の毛色を変化させ、オシャレを楽しむのはいいかもしれませんね。 まとめ トイプードルの毛色には多くの種類がありますが、人気順や希少性などで値段が違い、性格にも違いがあることを解説しました。 選び方の基準にしていただければと思います。 親犬からの遺伝が大きい毛色ですが、成長していく中で変化することもあります。 ただ、これは子犬のうちに予測することは難しいため、多少の色の変化は仕方がないとおおらかに構えて、愛犬の個性と受け止めましょう。 毛色による性格の違いはありますが、トイプードルは利口で明るく、活発な点はほとんどの犬に共通しています。 そして飼い主が大好きです。 気に入った毛色の子を選び、その個性を尊重しながらも難しいところは抑えるようにしつけ、可愛い家族との暮らしを楽しみましょう!.

次の

トイプードルの値段と安く買う方法&里親になる時の注意点を紹介!

トイ プードル 値段

何年か前の事ですが、ペットを連れて行ける区画がある公園で、トイプードルの飼い主さんと知り合いになりました。 初対面でしたがトイプードルの良いところを、たくさんお話してくれました。 「抜け毛が少ない。 明るく賢い性格。 しつけもし易い。 」等々。 このように、可愛いだけでなく優れたところがたくさんあり、数年前から人気犬種ランキングでトップの座に君臨し続けているのがトイプードルです。 先日も、一人の飼い主さんが3匹のトイプードルを連れて歩いていました。 どこのペットショップでも大人気のトイプードルですが、その値段にはかなり開きがあるようです。 トイプードルに値段の違いがあるのは、なぜなのでしょう?• トイプードルの値段はある基準で決まっていた! ペットショップに行くと同じトイプードルでも、1匹ずつ値段が異なっている事に気付くと思います。 トイプードルの値段を決める際には、以下のような要素が関係しているようです。 性別 メスの方がオスよりも高くなります。 繁殖のためにブリーダーがメスを手元に残す事も多いため、メスの方がオスよりも売られている数が少ないためです。 また、出生率の点でメスの方がオスよりも少ないと言う事も関係しています。 被毛のカラー 10種以上はある毛色の中で、アプリコットとレッドの人気が高いため、他の子よりも値段が高めになります。 このように被毛のカラーによっても値段が前後することも良く見られます。 被毛の量 トイプードルは被毛が多い方が美しいと言われているため、毛量によっても値段が変わります。 また、トイプードルの場合、被毛の量が多いと様々なカットスタイルを楽しめると言う点も値段の差に影響を及ぼしているようです。 体の大きさ トイプードルは体が小さい方が値段は高くなります。 ティーカッププードルのように、2kg以下のプードルの場合では 30万円~40万円位の値段がつけられている事が多いようです。 月齢 一般的に小さくて可愛い子犬は人気があるため、月齢が若い方が値段が高くなります。 また、しつけの点でも小さな時に済ませた方が楽に出来るため月齢の若い子が好まれ、その分高くなります。 血統 ジャパンケンネルクラブ主催のドッグショーでチャンピオンになった犬の血統を受け継ぐものは価格が高くなります。 遺伝的な事を考慮した場合、理想とされるトイプードルの容姿に成長してくれる可能性が高まるためです。 値段が下がる大きな原因は? 人気犬種ランキングでトップのトイプードルですが、時には安値をつけられてしまうケースもあります。 その原因として考えられるものを、いくつか挙げてみました。 体に特徴的な点がある ・歯の噛み合わせが悪い。 ・一部の毛が抜けている。 ・でべそ など、ちょっとした問題がある場合もあります。 歯の噛み合わせに関しては、下の前歯が上の前歯よりも前に出た受け口(アンダーショット)や上歯が前に出ている出っ歯(オーバーショット)等があります。 また、でべその場合では成長するに従い自然に治る事もありますが、手術が必要になるケースもあります。 成長してしまった(月齢) 見た目も可愛い子犬の方が人気があるため、体が大きく成長してしまうと売れにくくなり値段を下げてしまうケースが多いようです。 また、月齢が進むと体の成長と共に性格も形成されてしまうため、しつけの面でも大変になります。 そのため、大きくなると値段が安くなる事が多いです。 ミスカラーが出ている ジャパンケンネルクラブ公認のトイプードルは体全体が単カラーのものです。 そのため、白いミスカラーが胸や足先などに出てしまうと値段がとても安くなってしまうと言われています。 トイプードルの場合では、胸や足先、尻尾などに出るケースが多いようです。

次の