アワビ 下処理。 BBQで活アワビ(貝殻付きで網焼き)を焼きます。下ごしらえの方法、焼き方...

活鮑(アワビ)のさばき方を画像で解説!!

アワビ 下処理

踊り焼きは、アワビを生きたまま焼く豪快な食べ方です。 さっきまで生きていたアワビなので新鮮そのもの。 アワビの旨みをストレートに味わうことができますよ。 ひと口食べた瞬間、海鮮の旨みをぎゅっと閉じ込めたような味が口の中に広がります。 鼻から抜ける磯の香りで余韻も楽しめますね。 生のアワビがコリコリとした食感であるのと対照的に、踊り焼きしたアワビはとってもやわらか。 コリコリとした食感が苦手な方には踊り焼きの方が食べやすいかもしれませんね。 バターや醤油を乗せて焼くと、コクや旨みがプラスされ、食べ応えもアップしますよ。 もっとこってり食べたい方はマヨネーズとチーズを乗せて楽しんでみてはいかがでしょう?逆に、さっぱり食べたい方にはポン酢でのアレンジがおすすめですよ。 酒蒸しは、アワビに酒を振りかけて蒸しただけの単純な料理です。 酒蒸しは単純な分、アワビの栄養を逃さず旨みを引き出してくれるのですよ。 アワビは蒸すことでとてもやわらかくなり、旨みもアップします。 踊り焼きに比べて、よりぷるんとした食感を楽しむことができますよ。 電子レンジでもおいしく作ることができるので、蒸し器がない方でも大丈夫ですよ。 電子レンジの方が手間がかからず簡単に作れるので、蒸し器があっても電子レンジで作りたくなってしまうかもしれないですね。 酒蒸しにしたアワビは塩味や旨みがしっかりあるので、なにもつけなくてもおいしくいただくことができます。 コクがほしい方はバターを乗せて食べてみてはいかがでしょう。 さっぱり食べたい方にはポン酢や柚子胡椒をおすすめします。 中華ダレをつけて食べるとまた違った味わいを楽しめますよ。 さらに、料理酒の代わりに白ワインを振りかけて蒸すと、洋風な味わいに仕上げることができます。 ワインと一緒に楽しみたいときはこちらの方がおすすめですよ。 踊り焼きや酒蒸しにする場合は、殻ごと調理するのが一般的です。 ここでは、アワビを殻ごと調理する方法をわかりやすくご説明しますよ。 まずは下処理の方法から。 下処理はアワビをおいしく食べるための重要な工程ですので、めんどくさがらず必ずおこないましょう。 やり方はとっても簡単です。 塩をアワビ全体に振りかけ、たわしでぬめりと汚れをこすり落とします。 そのあと、さっと水洗いすれば下処理は完了です。 踊り焼きにする場合は、殻側を下にして一気に焼きます。 酒蒸しの場合も殻を下にして蒸し器やフライパンで酒と一緒に蒸し上げます。 火の通ったアワビは殻から簡単にはずすことができるので、事前に取りはずしておく必要はありませんよ。 火の通ったアワビを殻から取りはずしたら、肝の部分を丁寧に剥がしましょう。 あとは、適当な薄さに切れば完成ですよ。

次の

自宅で料亭気分♩初めてでも作れる絶品「アワビ」レシピおすすめ10選

アワビ 下処理

スポンサーリンク アワビとてもおいしいですよね~。 なかなか食べられない高級なイメージがありますが、食べる機会があるとそのおいしさに感動する方も多いのではないでしょうか。 アワビ、食べるときはどこで食べることが多いですか? 私は専らお店で食べることが多いのですが、スーパーや魚屋さんを見てみると、アワビが売られていることってありますよね! 他にも、いただきものでたくさんもらったけど、どう食べていいかわからない!一度に食べきれない!という羨ましいお悩みを持っている方もいるかもしれません。 そこで、アワビって冷凍することってできるの? おすすめの 冷凍アワビ肝の激ウマレシピもご紹介します! 冷凍アワビの賞味期限ってあるの?やっぱり腐るもの? そもそも殻付きのアワビの賞味期限は、夏が2,3日、冬が3,4日です。 あっという間に賞味期限になってしまいますね! 冷凍しておいたアワビですと、約3ヶ月持ちますので、賞味期限内に食べきれないとわかった時点で冷凍しておくと安心ですね。 もちろんずっと冷凍していると質が落ちて腐りますので、注意してください。 ではまず、アワビの冷凍保存の方法をご紹介します。 ・まずアワビを殻から取り出し、塩を振ります。 ・手だけでなく、たわしなどでしっかりとぬめりを取りましょう。 ・ヒダと内臓を手ではがします。 ・赤い部分が口です。 そこを包丁で切り落とします。 ・身と肝を水でよく洗い、キッチンペーパーで水気をふき取ります。 ・身と肝を分けて、1つずつラップで包みます ・ジップロックに空気を抜いて入れて、冷凍庫に入れます。 殻のまま冷凍したり、殻から取り外してすぐ冷凍するのではなく、 しっかりと下処理をすることが大切です。 ちなみに身と肝に分けて冷凍する理由は、肝の匂いが身に移らないようにするためです。 アワビというと、身だけを食べるイメージがあるかもしれませんが、実は肝もとてもおいしいんですよ。 そして冷凍したアワビを食べる際は、冷凍庫から取り出してラップのまま 流水に5~10分浸します。 指で押せるようになったら解凍完了です。 大事なのは、冷凍したアワビは必ず加熱処理するということです。 生のアワビはとてもおいしいですが、一度冷凍したアワビは加熱してから食べるようにしましょう。 高級品だけど食べたい!冷凍アワビ肝の激ウマレシピ!!! ではここで、アワビの肝を使った激うまレシピをご紹介します! アワビといえば、身のイメージが強いかもしれません。 しかし肝もとてもおいしいですし、一緒に冷凍保存すれば身と一緒に食べることができます! 無駄にしないためにも、この激ウマレシピを試してみて下さいね。 ・肝ソースのアワビ焼き これは私も大好きなメニューで、ポイントは肝をソースにしてアワビ全体を味わえるレシピなんです! ・解凍したアワビの肝を、滑らかになるまで潰します。 スプーンの後ろを使って潰すと簡単にできます。 ・醤油少し、塩、砂糖をひとつまみ程度肝に入れて、混ぜ合わせます。 ・フライパンにオリーブオイルをしいてアワビの身を焼きます。 焼きすぎないことがポイントです。 ・先ほど作った肝ソースを入れて、絡ませます。 これで完成です!! なんといってもこの肝ソース、味が濃厚でおいしいですよ! アワビをまるごとおいしく食べられますし、簡単なのでぜひ試してみてください! 続いてご紹介するのが、 ・肝の煮つけ です。 肝をそのまま煮て食べるので、余った肝を消費したいときにおすすめです。 ・しょうが1かけらを千切りにします。 ・鍋に出汁720cc、醤油適量、酒大さじ1、みりん大さじ1、昆布10gを入れます。 ・煮立ったら肝を入れて、弱火で10分煮ます。 ・しょうがを入れて、30分程度煮ます。 ・火を止めてそのまま冷めるまで置いておきます。 これで完成です!火にかけておくだけで味がしっかりとしみこんで、簡単です。 今回は肝だけを入れましたが、家にある残りの野菜や卵なんかも一緒に入れて煮ると、おいしい煮物ができますよ。 意外とアワビの肝はあまりがちですが、肝の旨味を使ったこのようなレシピがありますので、ぜひ作ってみてくださいね! まとめ アワビは贅沢なイメージがありますが、自宅でも簡単に調理をして食べることができます。 もしいただいたり、買う機会があれば家で召し上がってほしいと思います。 ちなみに冷蔵ではあまり日持ちがしませんが、どうしても生で食べたい場合は そのアワビを生で食べてもいいか、必ず確認してから食べるようにしましょう。 そして買ったりもらったりしてすぐに食べることがポイントです。 少しでも冷蔵庫に入れておくとどんどん質が落ちますし、鮮度が悪くなります。 火を通すのであれば賞味期限だけ気を付けていればいいですが、 生で食べるときは早めに食べる、生で食べても大丈夫かどうかをしっかりと確認してくださいね。 生のアワビもとてもおいしいですよね~。 お刺身にしたら最高です。 ぜひアワビの冷凍技も駆使して、おいしいアワビを食べましょう!.

次の

自宅で料亭気分♩初めてでも作れる絶品「アワビ」レシピおすすめ10選

アワビ 下処理

アワビは調理する前にしっかりと下処理をしておかなければなりません。 目安としては、アワビひとつに対し、大さじ1の粗塩を振りましょう。 3分ほどそのまま放置し、アワビをしっかりと水で洗います。 ひだの部分にも砂や汚れが付いているので、この辺りもきれいに洗ってくださいね。 洗い終わったら専用のヘラやナイフを使って、アワビを殻から外していきます。 このとき貝殻の薄い方からナイフを入れましょう。 端の部分に肝があるので、この肝は傷つけないようご注意を。 肝の部分を上にすると、一番下の部分に赤い色の口が見えます。 これを三角形に切り落とし、肝の部分をきれいに取り除いたら下処理は完了。 お刺身なら、このままカットして食べられますよ。 一度に食べきれない場合、下処理の済んだアワビは水分をふき取り、フリーザーバックに入れましょう。 このまま冷凍庫に入れておけば、旨味が凝縮され煮物や炊き込みご飯に活躍してくれます。

次の