通知 プレビュー。 iOS 11で、iPhoneの画面に通知のプレビューを表示しないようにするには?

メッセージの受信時に、デスクトップ通知が表示されない

通知 プレビュー

iPhoneの通知のプレビュー表示を制限する 色々な通知が来ると邪魔だなあと感じるかもしれませんが、メールやLINEやSNSの通知は、通知が来たことがすぐ分かる方がよいのではないでしょうか? メールやLINEが来た時には音が鳴ったり、表示がしたりして便利ですね。 でも黒いロック画面中にメールやLINEの内容が表示されたりするのはどうでしょうか?ロック画面でメールが来たことが分かっても、内容まで表示されなくていいなあと感じている人は多いのではないでしょうか? この通知のプレビューの表示、例えば、ロック画面でプレビューの表示するか、ロック画面で件数のみ表示するようするかなどを設定で変更出来ます。 LINEでプレビューの表示を比べた場合このような感じです。 通知をしてほしいが、通知のプレビューまでは必要ないなど、プレビューを表示の設定と変更した後の表示はどうかを今回は記事にしました。 プレビューを表示の設定は• プレビューを表示ー常に• プレビューを表示ーロックされていないときのみ• プレビューを表示ーしない の3つの設定があります。 これを 全体的に初期値として設定するか、 アプリ個別で設定するの2種類になっているようです。 プレビューを表示の設定(初期値(デフォルト)) 設定の通知に入るとすぐ下にある「プレビューを表示」は通知全体の初期値(デフォルト)となります。 アプリ別のオプションの「プレビューを表示」がデフォルトとなっている場合は、この「プレビューを表示」の設定によって、個々のアプリも連動して設定が変更されて、デフォルトの値が適用されます。 初期値(デフォルト)が「常に」の場合 設定>通知を開いて下さい。 通知の一番上に「プレビューを表示」という箇所があるので、ここを見てみましょう。 何も変更を変えていないと「常に」となっているのではないでしょうか? ここに「iPhoneのロック状態にかかわらず、通知のプレビューは表示されます」と表示されます。 「常に」場合は、ロックの時でも通知のプレビューの表示はされるようです。 「常に」と設定されていると、ロック画面の時にプレビュー表示で内容の最初の一部が表示されます。 常にの設定の場合のプレビュー表示 初期値としてロック画面で表示したくないなあと思ったら、「常に」以外の設定に変更しましょう。 初期値(デフォルト)を「ロックされていないとき」に変更します。 デフォルトを「ロックされていないとき」に変更 「プレビューを表示」をタップして設定を変更しましょう。 「プレビューを表示」をタップすると「常に」「ロックされていないときのみ」「しない」の設定があり、何もしていないと「常に」にチェックが入っています。 これを 「ロックされていないときのみ」にチェックを変更して、通知に戻ってみましょう。 「ロックされていないときのみ」に設定した「プレビューを表示」では、「iPhoneのロックが解除のときのみ、通知のプレビューが表示されます。 」と表示されます。 初期値(デフォルト)なので、「プレビューを表示」の設定を個別で変更されていない場合はこのデフォルト値を変更した時に、連動して設定が変わるようです。 「ロックされていないとき」の表示の仕方 「ロックされていないとき」に設定した場合の通知の仕方はどうなるのでしょうか? LINEで見てみましょう。 LINEが届いた時に、ロック画面で表示されるのは下の図のように 「1件の通知」というLINEから通知が届いたということしか表示されません。 ロックを解除してホーム画面へ入るとLINEのアプリのバッチに赤丸で1と表示され、新規の通知があったことがわかります。 画面の上からスワイプをすると、LINEの通知のプレビュー表示が見えます。 ロック画面を解除した画面待機中にLINEが届くと、ホーム画面の上にプレビュー表示がされます。 内容もプレビュー表示で確認できます。 デフォルトを「しない」に変更 今度は「プレビューを表示」を「しない」に変更してみましょう。 通知>プレビューを表示を 「しない」にチェックを変更して、通知に戻ってみましょう。 「しない」に設定した「プレビューを表示」では、「通知のプレビューは常に表示しません。 」と表示されます。 初期値(デフォルト)なので、プレビュー表示の設定を個別で変更されていない場合は、「ロックされていないときのみ」と同様に、このデフォルト値を変更した時に、連動して設定が変わります。 「しない」の表示の仕方 「しない」に設定した場合の通知の仕方はどうなるのでしょうか? またLINEで見てみましょう。 LINEが届いた時に、ロック画面で表示されるのは下の図のように 「1件の通知」というLINEから通知が届いたということしか表示されません。 これは「ロックされていないとき」と同様です。 ロックを解除してホーム画面へ入るとLINEのアプリのバッチに赤丸で1と表示され、新規の通知があったことがわかります。 画面の上からスワイプをした、LINEの通知を見てみましょう。 ここでも「1件の通知」と表示されて、プレビューの表示はされません。 ロック画面を解除した画面待機中にLINEが届くと、ホーム画面の上にLINEの通知がされますが、ここでも「1件の通知」と表示されて、プレビューの表示はされません。 アプリ個別のオプションでプレビューの表示の設定をする これまでは通知の設定の次にある「プレビューを表示」の設定で初期値(デフォルト)を設定していました。 でもすべて同じ通知の設定ではなく、このアプリだけ「プレビューを表示」の変更したいなと思うこともあるでしょう。 その場合は、通知を開いてから、変更したいアプリを選びます。 開いたアプリ別の設定の一番下にあるオプションのプレビューの表示をタップします。 ここをデフォルトではなく、違う設定に変えましょう。 アプリ別に変えると、アプリ別の通知に仕方に変更されます。 通知の「プレビューを表示」はデフォルトと同じように、「常に」「ロックされていないときのみ」「しない」に応じて通知の仕方が変わります。 通知の「プレビューを表示」は、天気予報などアプリによってはロック画面ででも表示したいもの、SMSなどプライベートな内容なので、プレビューの表示はしたくないと思う人もいるでしょう。 アプリ別でも自分好みの設定に変えて、通知をカスタマイズしてみましょう。 注意事項 アプリ別で「プレビューを表示」をデフォルトから変えた場合、上の方に説明した、初期値(デフォルト)の設定を変更しても、デフォルトを変えたアプリは「プレビューを表示」は変更されません。 通知をオフにしても、前にデフォルトではない設定に変えた場合は、オンにした時にデフォルトの設定ではなく、元のデフォルトから変更した設定になっています。 アプリ別の「プレビューを表示」設定はどうなっているのか、時折確認した方が良いかもしれません。 この記事は、iPhone7 : iOS 11. 03で確認しました。

次の

【iPhone X】ロック画面で通知の内容を表示する、非表示にする方法

通知 プレビュー

LINEアプリ内のメッセージ表示設定 LINEアプリ内で内容表示の設定を行うことができます。 内容表示をしないように設定していると「新着メッセージがあります。 」と表示するようになっています。 まずは、メッセージ内容の表示設定を確認してみましょう。 【通知】をタップして、「メッセージ通知の内容表示」のスイッチを切り替えて設定を行います。 内容を表示させたい場合は、オンに(チェック)して下さい。 LINEアプリのバージョンが古い場合は、その他タブ内に歯車のアイコンがあります。 例えば、サムネイル表示の設定をオンにしていると、通知画面でスタンプが表示するので、どのスタンプが送られてきたかわかります。 オフにしていると、通知には「スタンプを送信しました」と表示するがスタンプ自体は表示しません。 iPhoneのプレビューを表示設定 iPhoneの、「1件の通知」などと表示し、内容を表示しないように設定することができます。 Face ID(顔認証)でロック解除すると、通知内容が表示します。 iPhoneの設定アプリの中にある【通知】をタップして【プレビューを表示】に進みます。 ここで、ロック時に通知内容を表示するか設定することができます。 「常に」を選択することで通知内容を表示させることができます。 詳しい設定は、下記の記事で解説しています。 アプリや端末の不具合 通知内容を表示するように設定しているにも関わらず、通知内容が表示しない場合は、アプリや端末で何らかの不具合を起こしている可能性があります。 正常に動作しない場合は、キャッシュの削除やアプリと端末の再起動を試してみてください。 通知がポップアップ表示しなくなった(Android) Android版のLINEアプリバージョン8. 0のアップデートで通知のポップアップ表示が廃止されました。 これにより、8. 0以降のバージョンでは、ポップアップ表示による通知はできなくなっています。 Android版LINEアプリVer. 0以降では、通知ポップアップの設定がなくなっています。 ポップアップによる表示はできなくなりましたが、通知の内容表示は引き続き可能です。 通知で内容を表示させるには「メッセージ通知の内容表示」をオンにしておく必要があります。 その他 上記で解決しない場合は、機種独自の設定やインストールしているアプリなどの設定が関係しているかもしれません。 使用している機種の通知設定や通知内容の表示に関係しそうなアプリを確認して見てください。

次の

iPhoneで通知センターを設定・編集する方法! 不要な通知は出さないでiPhoneを快適に使おう

通知 プレビュー

【 本記事のターゲット 】• iPhoneやiPadでFacebookをよく利用している• 他の人にFacebookの中身をみられたくない、画面通知を非表示にしたい こんにちは、ITラボルームです。 今回はiPhoneやiPadを使っている方向けに、Facebookの通知があった際にディスプレイに表示されるプレビューを非表示等にする為の設定変更手順をご紹介したいと思います。 iPhoneのアプリでFacebook、使っている方結構多いかと思います。 Facebookのアプリを使っている場合は良いのですが、ふと通知があった時に、画面上にFacebookの中身が若干見えてしまう事があるかと... 自分だけ見るのであれば良いのですが... 基本他の人に見られたくないですよね。 そんな方向けに、今回はiPhoneでFacebookの通知を非表示に設定する方法をご紹介します。 日本でスマートフォンといえば、AppleのiPhoneが大人気。 Androidスマホも数多く存在しますが、値段は高いけどやはりiPhoneを使いたい... という方は多いのではないでしょうか。 そんな人気のiPhone、どんなアプリを使っているか... と考えた時に必ず上位に来ると言っていいのがソーシャルアプリケーションの「Facebook」かと思います。 かつて日本国内でソーシャルネットワーキングサービスで1位といえば「mixi」でした。 mog自身も2007年頃、日々パソコンに向かってmixiを更新し続けたものです。 紹介(招待)制という独特なシステムを持っていたmixiですが、2005年8月頃は100万人程度の利用者だったのが2007年には利用者1000万人を超える超巨大なSNSへと成長していました。 現在mixiのデータが公開されていないので分からないのですが、一番利用者が多かった時期としては2009年頃、約1800万人の利用者がいた模様です。 がしかし、2010年頃このSNS市場が大きく動きます。 そう、日本でのFacebookの登場です。 もともと日本語にローカライズされたものは2008年から提供されており、徐々に日本国内でも認知度があがり、気がつけば世界最大のSNSへと成長していきました。 日本国内の利用者数は2010年12月で300万人だったのが2011年9月末に1000万人を突破、そして2012年に各メディアによって大きく報道されるようになり、今までmixiを利用していた人がどんどんFacebookへ移行していきました。 mogの周りを見ても、本当に2012年頃Facebookを始めている人は多かったです。 そして気がつけばmixiを抜き去り、2015年12月に利用者数2500万人突破、その後2017年で日本の利用者は2700万人いると言われています。 時には邪魔なFacebook画面通知の文字表示 そんなFacebookですが、相手から通知・連絡があると、デフォルトの設定だと下記のように通知機能が発動して画面に表示されます。 誰から連絡が来ているのか、内容は何かなどiPhone・iPadの画面ロック・PWを解除していない状態でもある程度画面にテキストで表示されるので、瞬時に内容を把握する事が可能となっています。 これはこれで便利なのですが... この機能が時と場所によっては邪魔な時があります。 mog自身よくあるのですが、会社の業務時間内で職場の机の上にiPhoneを置いて仕事をしている時に、業務に全く関係がない文面が表示されると... 焦りますよね? 自分だけ見るのであればいいのですが、これが他の人にみられると... 普通嫌ですよね? という事で、ここからはこのFacebook画面通知表示の設定変更手順を詳しくご紹介していきたいと思います。 Facebookの通知表示設定を変更する手順(iPhone) ロック画面通知の文字プレビューを非表示にする手順 ではまず、ロック画面に表示されるFacebookの文字を非表示にする手順をご紹介します。 Facebookの通知はロック画面で把握しておきたいけど、内容は見られたくないという方はこちらの手順を試して見てください。 まずはiPhoneやiPadの設定アプリケーションをタップして起動します。 (今回キャプチャはiPadですが、iPhoneでも基本同じですので参考にしてみて下さいね) その中から「通知」という項目がありますので、そちらをタップします。 すると下記画面のように右側に通知が有効になっているアプリケーションが一覧で表示されます。 この中からFacebookを見つけてタップします。 Facebookの通知設定まで行ったら、一番下の「プレビューを表示」をタップして、「しない」に変更します。 このプレビューの表示を「しない」にしておく事で、先ほどの画面ロックで表示されていたFacebookの内容(テキスト内容等)を表示しないよう設定変更する事が可能です。 ロック画面通知自体を非表示にする手順 ロック画面時にFacebookの通知すら表示させたくない... という方もいるかと思います。 もちろん、先ほどの通知設定の変更で、ロック画面時に通知表示を非表示にすることも可能です。 同様にFacebookの通知設定画面まで開きます。 この中の「サウンド」という項目をOFFにしておくことで、Facebookの連絡が来てもiPhoneやiPadの音が鳴らなくする事が出来ますので、この部分をOFFにしておきます。 また、「ロック画面に表示」という項目をOFFにしておくことで、先ほどロック画面に表示されていた通知自体も表示させないように設定することが出来ますので、この部分を同様にOFFにしておきます。 以上の設定を行っておくことで、Facebookの通知が来ても音は鳴らず、画面にも何も表示されないという設定にすることが可能です。 通知を他の人に一切知られたくないという方は上記設定をしておきましょう。 アイコンバッジのみ表示、履歴バナー表示などカスタマイズしよう その他、色々カスタマイズ出来るので自分好みの設定にしておきましょう。 さすがに全て非表示にしてしまうと、Facebookの通知(新規投稿等)が全くわからない状態になるので、困る方も多いかと。 例えば「Appアイコンにバッジを表示」をONにしている状態にしておくと、下記LINEの場合となりますが、アプリケーションの右上に赤いバッジが数字付きで表示されるので、Facebookにいくつ新しい投稿があるのか、何通連絡が来ているかどうかを一目で把握する事が可能です。 その他、iPhoneやiPadの画面を上から下にスクロールした時に表示される履歴に表示させるとか、iPhone・iPad操作時に画面上部にバナーとして表示させたりとか、様々な通知に関する設定をカスタマイズすることが可能となっています。 最後に 今回はiPhoneやiPadのFacebookアプリ通知設定に関して、文字のプレビューを非表示にしたり、通知画面自体を表示しないといったカスタマイズ方法をご紹介しました。 Facebookの内容を他の人に見られたくないという要望は結構多いかと思いますので、本記事を参考にしていただいて通知表示を自分なりにカスタマイズしてみましょう。

次の