たくしょく。 「嘱託(しょくたく)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

銀行が「就職したくない業界」になる真の理由

たくしょく

では嘱託の正しい読み方は、「しょくたく」「ぞくたく」どちらなのかを見ていきましょう。 結論から言ってしまうと、 嘱託の正しい読み方は「しょくたく」になります。 また嘱託(しょくたく)のように「嘱(しょく)」が用いられている言葉には、 「遺嘱(いしょく)・依嘱(いしょく)・委嘱(いしょく)・嘱望(しょくぼう)」などがあります。 嘱託(しょくたく)のように「託(たく)」が用いられている言葉には、 「託宣(たくせん)・委託(いたく)・屈託(くったく)・受託(じゅたく)」などがあります。 次の章で嘱託の意味と類義語について解説していきます。 2.嘱託の意味と類義語について では嘱託の意味と類義語について見ていきましょう。 嘱託を用いた例文としては、「人選を彼に嘱託する」や、 「彼は嘱託講師だ」のような使い方で用いられています。 前者の例文は「仕事を頼んで任せること」の意味で、 後者の例文は「正式の社員としてではなく、ある業務を頼むこと」の意味で使用しています。 また 嘱託の類義語としては、「委託(いたく)・付託(ふたく)・委任(いにん)・委嘱(いしょく)」などの言葉が挙げられます。 どの言葉についても嘱託と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。 スポンサーリンク.

次の

会社概要|株式会社たくしょくグリーン

たくしょく

概要 学部は商学部・政経学部・外国語学部・国際学部・工学部の5つ。 拓殖大学の建学の精神は、前身の台湾協会学校設立時にが唱えた 「積極進取の気概とあらゆる民族から敬慕されるに値する教養と品格を具えた有為な人材の育成」と学監(現在の学長に相当)だったの影響から 「人種の色と地の境我が立つ前に差別なし」と聖書マタイによる福音書の一節を引用した 「地の塩となれ」を教育方針としている。 略歴 1900年、桂太郎によって 台湾協会学校が東京に創立。 1904年、専門学校令による 台湾協会専門学校と改称 1907年、 東洋協会専門学校と改称、京城分校(後の京城高等商業学校、現在のソウル大学校経営大学)を設置。 1915年、 東洋協会植民専門学校と改称 1917年、東洋協会台湾支部附属台湾商工学校(現在の私立開南高級商工職業学校)開校。 1918年、(専門学校令準拠の) 拓殖大学と改称 1920年、「東洋協会京城専門学校」を「私立京城高等商業学校」と改組・改名 1922年、大学令による 東洋協会大学設置(専門学校令準拠の拓殖大学は1925年まで存続)1926年、東洋協会大学を 拓殖大学と改称 1949年、学制改革に伴い新制 紅陵大学として発足 1952年、 再び名称を 拓殖大学に戻す 著名な講師• (国際学部教授)• (海外事情研究所客員教授)• (日本文化研究所客員教授)• (日本文化研究所客員教授・中国研究 主な卒業生 政治家• 参議院議員 1期 、元衆議院議員(8期)• ・・・所属。 ・・・所属。 参議院議員 1期 、元東京都北区議会議員(2期)• ・・・前総統、名誉博士 漫画家・アニメ関連• 〈中退〉• 〈中退〉 芸能・演劇• えとう窓口(Wエンジン)• 〈除籍〉• 〈中退〉• 武道・スポーツ• (・中興の祖・日本空手協会首席師範 設立者)• (家・養神館合気道設立者)• (家・)• ロイヤル小林(プロボクサー・元WBC世界スーパーバンタム級王者)• (・ 元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者)• 八重樫東(プロボクサー 元WBA世界ミニマム級王者、元WBC世界フライ級王者、元IBF世界ライトフライ級王者)• (レスリング・ロンドンオリンピック66キロ級金メダリスト)• (元、所属)• (、所属) 関連記事 親記事.

次の

【公式】ワタミの宅食

たくしょく

国内、植民地および外国において拓殖(開拓および植民)事業を営む半官半民の国策会社のこと。 第二次世界大戦までの日本でもっとも古いのは、日露戦争後の1906年(明治39)に設立された南満州鉄道株式会社(満鉄)である。 資本金2億円、日本の満州経営の中枢機関であった。 朝鮮の拓殖事業を営む目的で1908年に設立された東洋拓殖株式会社(東拓)は資本金1000万円、業務内容は金融・産米増殖・水利・綿作・森林伐採など多岐にわたり、とくにその直営拓殖事業は田3万5333町歩、畑1万4506町歩、小作人は7万9000余人に及んだという。 東拓の営業区域は1917年(大正6)からは関東州、満蒙 まんもう 、華北、南洋にまで広げられた。 さらに1936年(昭和11)には、朝鮮人農民の満州移住を目的として鮮満拓殖株式会社(資本金2000万円)と満鮮拓殖株式会社(資本金1500万円)が設立された。 ともに表裏一体ともいうべき半官半民の特殊会社で、満鉄および東拓の子会社であった。 しかも同年、台湾には台湾拓殖株式会社(資本金3000万円)、南洋には南洋拓殖株式会社(資本金2000万円)が設立され、同じく特殊会社であった。 日中戦争時の1938年には、北支那 しな 開発株式会社(資本金3億5000万円)、中支那振興株式会社(資本金1億円)が設立された。 敗戦の結果、これらの拓殖会社はすべて自然消滅した。 [加藤幸三郎] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の