とら食堂 松戸 メニュー。 とら食堂 松戸分店 993 978

とら食堂 松戸分店 993 978

とら食堂 松戸 メニュー

福島県白河の田畑の中のとら食堂に連れて行かれたのは今から30年も前のことだ。 白河で有賀酒造という造り酒屋を営む友人に美味しいラーメン屋があると田畑の中に案内された。 えっ、こんなところにというのが今でも印象深く残っている記憶だ。 その当時でも店は混んでいて、舗装のない駐車場に何台も車が駐まっていた。 これは美味しいと夢中になって食べた。 ワンタン麺ののどごしが忘れられずに居た。 それが、なんと松戸市で食べられるとは思ってもみなかった。 確かに、この味だ。 この麺だ。 このスープだと感激ひとしおとなる。 ワンタンののどごしに至っては涙さえあふれそうになった。 松戸には全国的にも名を轟かせるラーメン屋がいくつかある。 しかし、昨今のラーメンの流行りにはなかなかついて行けなかった。 ラーメンは醤油でしょうとあっさりした味に郷愁があった。 とら食堂松戸分店にその味があった。 これだ、これだよ。 この味だ、この麺だ。 しょうゆ味のチャーシューワンタン麺がいい。 塩味だと、醤油の味を求めてしまう。 ショウガ醤油だと少し辛い。 チャーシュー麺には二種類のチャーシューがのっている。 厚めのチャーシューは口の中でのほどけ具合がちょうどいい。 ワンタンは絶対に外せない。 だから、しょうゆ味のチャーシューワンタン麺なのだ。 お昼時、20分は待つが、30分は待たないぐらいの混み具合で、店内は広くて明るく新しい。 スタッフの愛想はすこぶるいい。 すべてに満足して店を出ることができる。 何十年ぶりのまさかのとら食堂だった。

次の

料理メニュー : とら食堂 松戸分店

とら食堂 松戸 メニュー

松戸には松飛台駅や ・ 等、様々なスポットがあります。 また、松戸には、「」もあります。 松戸市の南東部に位置する、総面積約105万平米にも及ぶ東京都営の大公園墓地。 「霊園」という名称を最初に使用した公園墓地で、小高い丘とその谷間につくられた明るい雰囲気の霊園です。 園内にはアカマツ、クロマツなどの木々が茂っており、春にはサクラやツツジ、秋にはモミジなど、四季折々の自然が楽しめます。 正門を入るとフランス風の幾何学模様の庭園があり、谷間を利用した植栽や、宝塔形の給水塔などが美しい景観を作っています。 自然林を散策する散歩コース等など、市民の憩いの場所にもなっています。 この松戸にあるのが、ラーメン「とら食堂」です。 おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の

大行列!「とら食堂 松戸分店」のラーメンを楽しんで来た

とら食堂 松戸 メニュー

福島県白河の田畑の中のとら食堂に連れて行かれたのは今から30年も前のことだ。 白河で有賀酒造という造り酒屋を営む友人に美味しいラーメン屋があると田畑の中に案内された。 えっ、こんなところにというのが今でも印象深く残っている記憶だ。 その当時でも店は混んでいて、舗装のない駐車場に何台も車が駐まっていた。 これは美味しいと夢中になって食べた。 ワンタン麺ののどごしが忘れられずに居た。 それが、なんと松戸市で食べられるとは思ってもみなかった。 確かに、この味だ。 この麺だ。 このスープだと感激ひとしおとなる。 ワンタンののどごしに至っては涙さえあふれそうになった。 松戸には全国的にも名を轟かせるラーメン屋がいくつかある。 しかし、昨今のラーメンの流行りにはなかなかついて行けなかった。 ラーメンは醤油でしょうとあっさりした味に郷愁があった。 とら食堂松戸分店にその味があった。 これだ、これだよ。 この味だ、この麺だ。 しょうゆ味のチャーシューワンタン麺がいい。 塩味だと、醤油の味を求めてしまう。 ショウガ醤油だと少し辛い。 チャーシュー麺には二種類のチャーシューがのっている。 厚めのチャーシューは口の中でのほどけ具合がちょうどいい。 ワンタンは絶対に外せない。 だから、しょうゆ味のチャーシューワンタン麺なのだ。 お昼時、20分は待つが、30分は待たないぐらいの混み具合で、店内は広くて明るく新しい。 スタッフの愛想はすこぶるいい。 すべてに満足して店を出ることができる。 何十年ぶりのまさかのとら食堂だった。

次の