レジェンズスレ。 APEX LEGENDS

【Apex Legends】全キャラ一覧|レジェンド【エーペックスレジェンズ】|ゲームエイト

レジェンズスレ

たまにイヤホンすら煩わしい時あるから フォトナみたいに音を... 数ヶ月前で時間止まってる人いて草 これすげぇ分かる 今の環境だとレイスレヴが最優先であとライ... そもそもスピーカーで位置把握しようと思ったら相当音量上げない... DPSはともかくWMって近距離だとサブぐらいでしか普通使わん... 擬似サラウンドとか使ってるやつおらんだろう ボワつくだけで... どんなに良いスピーカー買っても疑似サラウンド再現は無理だから... タイタンフォール1,2のパルス系持ちのキャラが必要だったんだ... アーマー脱いでどうすんの?地面にあるアーマーも全部ダメ入る筈... 対人ゲーでスピーカーは草でしょ 人気記事• 最近の投稿• New Article.

次の

レジェンズ (れじぇんず)とは【ピクシブ百科事典】

レジェンズスレ

世界観 出典: 本作は「タイタンフォール」シリーズと世界観を共有しています。 同シリーズのファンであればより楽しむことができるでしょう。 ストーリー 星間製造企業(IMC)とそれに立ち向かうべく放棄したミリシアによる数百年に及ぶ闘争が終結し、フロンティアと呼ばれる宇宙の僻地にも平和が訪れました。 しかしIMCとミリシアが撤退する際に価値があるものはすべて持ち去り、フロンティアの世界は混乱に陥ります。 フロンティアの住民たちは故郷を捨てることを余儀なくされ、一部の勇敢な住民はアウトランズに移住します。 戦火とは無縁だったこの場所には、資源と可能性が満ち溢れています。 ただし人命が軽視され、いたるところに危険が潜んでいる場所でもあります。 そんなアウトランズに集まったフロンティア中のレジェンドが富と名声と栄光を懸けて戦う血塗られた競技を、「Apexゲーム」と呼びます。 ゲームシステム 最大60人参加のバトルロイヤル 出典: 本作では1度のバトルに最大60人のプレイヤーが参加することができます。 プレイヤーは3人でスクワッドを組み、最後まで生き残ったチームのみが勝利となります。 一度やられた仲間を生き返らせる地点があったり、仲間と連絡を取りながら進めるシステムが導入されていたり、チームプレイを重視する設計がなされています。 スタート時の降下演出「ジャンプマスター」や、必要なものを持ち運べるインベントリ機能など、ほかのバトルロイヤルゲームにはないシステムも見どころの一つです。 特徴のあるレジェンドたち 出典: プレイヤーは「レジェンド」と呼ばれるキャラクターを使ってバトルを繰り広げられます。 レジェンドたちはそれぞれ固有のスタイルやスキルを持っています。 選んだレジェンドによって戦い方はまったく異なってくるので、自分に合うレジェンドを見つけて使いこなしましょう。 チームでの役割分担も大切になるかもしれません。 課金システム 出典: 本作はアイテム課金の形態を取ります。 ただし課金でプレイが有利になることはありません。 課金は装飾アイテムを入手する際に必要となります。 とはいえ無課金であっても、装飾アイテムを手に入れることができるようにはなっています。 シーズンパスの販売も予定されており、購入するとゲームのプレイ内容に応じてさまざまな装飾アイテムを入手することができます。 レジェンド紹介 現時点で使用可能なのは8人のレジェンドです。 それぞれの特徴をよく理解し、チームの勝利に貢献しましょう。 レジェンドは3つのアピリティを使いこなします。 タクティカル:任意のタイミングで発動可能• パッシブ:効果が常時発揮• アルティメット:ゲージをためて発動 コースティック 出典: 元は農薬製造の研究所で働く科学者でしたが、より強力な効果をもつ殺虫剤の研究を進めるうち、生きた細胞でその効果を試したいと欲するようになりました。 APEXゲームでは自身で生み出したガスを使用し、その効果を観察しています。 ジブラルタル 出典: 荒っぽい一面を持った心優しき巨人です。 自分の無謀さが原因で父親が腕をなくしたことをきっかけに、困っている人を助けることに一生を捧げる決意をしました。 APEXゲームには部隊を守り敵を蹴散らすために参戦しています。 バンガロール 出典: IMCに所属する軍人です。 アウトランズでの任務の最中に本国に戻るすべをなくし、ここに残りました。 訓練で培った技術や武器に関する幅広い知識と競争心を総動員して、APEXゲームに参加しています。 パスファインダー 出典: エリア偵察と測量に特化したロボットで、自分を作った創造主の正体も分からないまま誕生します。 APEXゲームに参加することで支持者を増やし、創造主の関心を引くことを目標としています。 ブラッドハウンド 出典: フロンティア史上最高のハンターとして知られていますが、その正確な正体を知るものはいません。 APEXゲームでは、類まれな追跡能力を駆使してチームを助けます。 ミラージュ 出典: 目立ちたがり屋の性格ですが、ホログラムの技術だけは母親の手ほどきのおかげで一流の腕前をもちます。 APEXゲームでは母親特製のホログラム装置を携え、対戦相手を出し抜きながら観客達を魅了して戦います。 ライフライン 出典: 裕福な家庭に生まれながら、戦争で稼いだ財産であることに嫌気が差し、恵まれない子どもを支援する「フロンティア兵団」に加入します。 APEXゲームには、稼いだ金でフロンティア兵団を支援するために参加しています。 レイス 出典: 迅速で強力な攻撃と、時空を歪ませる能力をもった戦士です。 しかしその過去は自分でも分からず、謎の声に導かれるままに不思議な能力を習得しました。 APEXゲームで使用されるアリーナの下に眠る古い研究施設を見つけ、自分の正体を究明することを望みます。 【最後に】オリジナル要素も多いバトルロイヤルゲーム 「Apex Legends」の紹介でした。 数多くあるバトルロイヤル系ゲームの中で、確かな世界観をもった本作が存在感を示せるか注目されます。 ほかのバトルロイヤル系ゲームとの違いに注目しながらプレイしてみてはいかがでしょうか。

次の

レジェンズ (れじぇんず)とは【ピクシブ百科事典】

レジェンズスレ

概要 は『レジェンズ 甦る竜王伝説』というタイトルで2004年に放送された。 どのメディアでも共通している設定として、昔、地球上に「レジェンズ」と呼ばれる伝説のモンスターが存在。 ただし「レジェンズウォー」という戦争の末、「ソウルドール」という結晶体に姿を変え長い眠りについた。 そして現在、レジェンズは伝説の魔道具「タリスポッド」を使って復活させることが出来る。 各レジェンズはトルネード(風)、ヴォルケーノ(火)、ストーム(水)、アースクエイク(土)、スピリチャル(光)、ネクロム(闇)の六つの属性を持っている。 なお、で1巻から13巻まで発売(1巻以外、各4話収録 全50話) 漫画版「レジェンズ」は、『月刊』にて2003年11月号から2005年4月号まで連載された。 原作、作画。 アニメ版の概要、ストーリー、登場人物等 アニメの概要 デフォルメの利いたキャラクターデザインが特徴。 達人間キャラはコメディタッチだが、レジェンズの方はデフォルメされつつも原作寄りにデザインされている。 基本はのを思わせるドタバタ劇で、大地丙太郎のスピード感に富んだギャグセンスが遺憾なく発揮されている。 が、物語が進むにつれレジェンズたちの戦いに巻き込まれる子供たちを中心として、その親や友人、そしてレジェンズの心理描写は極めてリアルに描かれており、キャラクターデザインとのギャップが激しい。 また、BGMも軽快な音楽と、アニメでは珍しいものもある。 (ちなみにこのBGMは大地監督の要望で、のマンハッタン・クインテット・ジャズで収録したものである)。 (参照) 各話のサブタイトルもほぼコミカルなもので統一されており、英文が付加されている。 ストーリー あらすじ 舞台は北アメリカ、ニューヨークの。 ことは、父()から貰ったおもちゃの「白いタリスポッド」(実は失敗作)で、本物のレジェンズ「ウインドラゴン」のを甦らせてしまう。 そして、次第にレジェンズ達の戦いに巻き込まれていく。 前半のストーリー ダークウィズカンパニー(以下「DWC」という)はレジェンズのソウルドールを発見するが、、、のソウルドールだけは手に入れることができなかった。 その1年後のには白いタリスポットからをリボーン(復活)させてしまう。 DWCはそのタリスポットの奪還に躍起になってさまざまなレジェンズを駆使し襲いかかってくる。 DWC 幾度も達に襲いかかってくる謎の玩具会社。 DMC(ダックマインドカンパニー) の父のが経営する玩具会社で模造品を売って儲けている。

次の