ボルボ 認定 中古 車。 VOLVO SELEKT「ボルボ認定中古車」特集

VOLVO SELEKT「ボルボ認定中古車」特集

ボルボ 認定 中古 車

| | | ボルボの安全技術への取り組みは、自動車メーカーのなかでもトップレベル。 シティセーフと呼ばれる革新的装備は、実用化以降多くの命を救ってきたに違いない。 ボルボを選ぶことは、安心と安全を選ぶということなのである。 そんなボルボを身近な存在にしてくれるのが認定中古車「VOLVO SELEKT」。 113項目にもおよぶ車両点検を行い、それらをすべてクリアした車両のみが店頭に並べられる。 たとえ中古車購入のノウハウがまったく無くても、コンディション抜群の車両が手に入るのは大きな利点である。 また、1年間走行距離無制限の保証が付帯するほか、車両や事故など万一のトラブルが起きた際に24時間365日体制で対応してくれるロードサイドアシスタンスのサービスも受けられる。 より安心のカーライフが約束されるのだ。 「VOLVO SELEKT」として認定されるためには新車の保証書が必要となる。 この書類は、それまでの整備状況がすべて記載されているもの。 正規ディーラーで販売され、なおかつ履歴もすべて把握されてるボルボのみが店頭に並ぶため、ユーザーは安心してクルマ選びができる。 それは大きなメリットと言えるだろう。 ユーザーとして気になるのは、過去事故を起こして、その車両に修復歴があるかどうか。 しかし、「VOLVO SELEKT」はそのような修復歴は対象外となる。 巷には一見キレイに見えても、じつは修復歴がある……というケースも起こりうるが、そんな不安は一掃してくれる。 ボルボのプロフェッショナルが、113項目にも及ぶ車両点検を実施。 これをすべてクリアした車両のみが「VOLVO SELEKT」として販売される。 つまり、どの車両も高水準のクオリティをキープしていることになる。 すべての「VOLVO SELEKT」は、純正パーツを使用している。 たとえばスパークプラグやバッテリーなど、社外品を使いがちなパーツも、万一使用されていた場合は必ずボルボ純正品に交換されるので安心。 とくにオリジナルにこだわりたいユーザーには注目すべき制度と言えよう。 そのひとつが、コンピューターのアップデート。 登録から時間が経過しても最新バージョンにしてくれるのが大きなメリットだ。 また内外装も目視で確認され、必要があればボルボが定めた基準に応じて修復される。 「VOLVO SELEKT」の大きな特徴は、購入後から最大3年間の保証が付けられること。 1年目は無償の距離無制限保証が付帯し、さらに追加で2年間延長が可能(有償)。 この期間中、万一故障しても無償で修理が受けられる(ただし、ボルボが定める規定による)。 たとえば初度登録から3年以上経過した車両は、有償期間も含めると最大3年間の保証が付帯。 2年未満であれば初度登録から3年間の新車保証が付き、さらに有償で2年保証期間を延長することができる。 購入後、万一事故や故障に見舞われても、ボルボのエマージェンシー・コールセンターが年中無休、24時間体制でサポートしてくれるので安心。 電話では、現場の応急処置、代替交通手段や宿泊施設の手配など手厚いサポート体制となっている。 保証期間中はいつでもこのサービスを受けられる。 ボルボの公式サイトでは、自分の希望に応じた認定中古車を簡単に探せる。 たとえば、V40をブルー系のカラーで、250万円以下の予算で探したい……そのような細かな条件で絞り込めるので便利。 もし、希望の車種が遠方の販売店に在庫があった場合も、取り寄せて購入できることも知っておきたい。 オートノマス ドライビング ボルボは2017年までに、100台の自動運転機能付き車両を一般ユーザーに提供する予定。 スウェーデン運輸管理局、スウェーデン運輸庁、リンドホルメン・サイエンス・パーク、イエテボリ市、そしてボルボが一丸となりこのプロジェクトに取り組んでいる。 シティセーフティ 革新的な自動ブレーキを盛り込んで話題となったシティセーフティ。 その後、歩行者や自転車(サイクリスト)の検知、薄暗い環境下での作動も可能に。 そして最新世代では、右折時における対向車の動向を検知する機能を世界初採用したのがトピックだ。 ラージ アニマル ディテクション 北米などではクルマと大型動物の衝突事故が数多く報告されている。 そこでボルボは、次世代の技術として「ラージ アニマル ディテクション」を発表。 この技術はドライバーと自然動物のどちらを保護する意味でも非常に有益。 これはS90から採用される予定だ。 パッシブセーフティ 「2020年までに、新しいボルボにおける事故死亡者や重傷者をゼロにする」という取り組みを実現するべく、新開発プラットフォーム「SPA」を採用したXC90。 ウルトラ高張力鋼板を多用し、ボルボ史上もっとも安全なボディ構造を達成している。 1970年に発足されたボルボの事故調査隊。 これはスウェーデンのイエテボリから半径100km以内で起こった、ボルボ車が関与した交通事故を警察や目撃者とともに事故内容を検証するという試み。 それらのデータはクルマの開発に大いに活かされている。 ボルボ購入後でも装着可能なオプションパッケージが用意されている。 これはモータースポーツで活躍するポールスター社が手がけたチューニングプログラムで、コンピューターの変更によりエンジンとトルクのパワーアップ、トランスミッションの変速タイミングなどがよりダイナミックになる。 リヤには専用エンブレムも装着。

次の

ボルボ(volvo)の中古車

ボルボ 認定 中古 車

D4 Rデザイン ディーゼルターボ• D4 SE ディーゼルターボ• D4 クラシック ディーゼルターボ• D4 タック ディーゼルターボ• D4 ダイナミック エディション ディーゼルターボ• DRIVe• T3 SE• T3 クラシック• T4 Rデザイン• T4 Rデザイン プラス• T4 SE• T4 スカンジナビアン リミテッド• T4 ラグジュアリー エディション• T5 Rデザイン• T5 SE• T5 クラシック• T5 ラグジュアリー エディション• T6 AWD 4WD• T6 AWD Rデザイン 4WD• T6 AWD SE 4WD• オーシャンレース エディション• スポーツ• ポールスター 4WD• ラグジュアリー エディション.

次の

認定中古車を買うのはやめなさい!|輸入車専門MANOME

ボルボ 認定 中古 車

| | | ボルボの安全技術への取り組みは、自動車メーカーのなかでもトップレベル。 シティセーフと呼ばれる革新的装備は、実用化以降多くの命を救ってきたに違いない。 ボルボを選ぶことは、安心と安全を選ぶということなのである。 そんなボルボを身近な存在にしてくれるのが認定中古車「VOLVO SELEKT」。 113項目にもおよぶ車両点検を行い、それらをすべてクリアした車両のみが店頭に並べられる。 たとえ中古車購入のノウハウがまったく無くても、コンディション抜群の車両が手に入るのは大きな利点である。 また、1年間走行距離無制限の保証が付帯するほか、車両や事故など万一のトラブルが起きた際に24時間365日体制で対応してくれるロードサイドアシスタンスのサービスも受けられる。 より安心のカーライフが約束されるのだ。 「VOLVO SELEKT」として認定されるためには新車の保証書が必要となる。 この書類は、それまでの整備状況がすべて記載されているもの。 正規ディーラーで販売され、なおかつ履歴もすべて把握されてるボルボのみが店頭に並ぶため、ユーザーは安心してクルマ選びができる。 それは大きなメリットと言えるだろう。 ユーザーとして気になるのは、過去事故を起こして、その車両に修復歴があるかどうか。 しかし、「VOLVO SELEKT」はそのような修復歴は対象外となる。 巷には一見キレイに見えても、じつは修復歴がある……というケースも起こりうるが、そんな不安は一掃してくれる。 ボルボのプロフェッショナルが、113項目にも及ぶ車両点検を実施。 これをすべてクリアした車両のみが「VOLVO SELEKT」として販売される。 つまり、どの車両も高水準のクオリティをキープしていることになる。 すべての「VOLVO SELEKT」は、純正パーツを使用している。 たとえばスパークプラグやバッテリーなど、社外品を使いがちなパーツも、万一使用されていた場合は必ずボルボ純正品に交換されるので安心。 とくにオリジナルにこだわりたいユーザーには注目すべき制度と言えよう。 そのひとつが、コンピューターのアップデート。 登録から時間が経過しても最新バージョンにしてくれるのが大きなメリットだ。 また内外装も目視で確認され、必要があればボルボが定めた基準に応じて修復される。 「VOLVO SELEKT」の大きな特徴は、購入後から最大3年間の保証が付けられること。 1年目は無償の距離無制限保証が付帯し、さらに追加で2年間延長が可能(有償)。 この期間中、万一故障しても無償で修理が受けられる(ただし、ボルボが定める規定による)。 たとえば初度登録から3年以上経過した車両は、有償期間も含めると最大3年間の保証が付帯。 2年未満であれば初度登録から3年間の新車保証が付き、さらに有償で2年保証期間を延長することができる。 購入後、万一事故や故障に見舞われても、ボルボのエマージェンシー・コールセンターが年中無休、24時間体制でサポートしてくれるので安心。 電話では、現場の応急処置、代替交通手段や宿泊施設の手配など手厚いサポート体制となっている。 保証期間中はいつでもこのサービスを受けられる。 ボルボの公式サイトでは、自分の希望に応じた認定中古車を簡単に探せる。 たとえば、V40をブルー系のカラーで、250万円以下の予算で探したい……そのような細かな条件で絞り込めるので便利。 もし、希望の車種が遠方の販売店に在庫があった場合も、取り寄せて購入できることも知っておきたい。 オートノマス ドライビング ボルボは2017年までに、100台の自動運転機能付き車両を一般ユーザーに提供する予定。 スウェーデン運輸管理局、スウェーデン運輸庁、リンドホルメン・サイエンス・パーク、イエテボリ市、そしてボルボが一丸となりこのプロジェクトに取り組んでいる。 シティセーフティ 革新的な自動ブレーキを盛り込んで話題となったシティセーフティ。 その後、歩行者や自転車(サイクリスト)の検知、薄暗い環境下での作動も可能に。 そして最新世代では、右折時における対向車の動向を検知する機能を世界初採用したのがトピックだ。 ラージ アニマル ディテクション 北米などではクルマと大型動物の衝突事故が数多く報告されている。 そこでボルボは、次世代の技術として「ラージ アニマル ディテクション」を発表。 この技術はドライバーと自然動物のどちらを保護する意味でも非常に有益。 これはS90から採用される予定だ。 パッシブセーフティ 「2020年までに、新しいボルボにおける事故死亡者や重傷者をゼロにする」という取り組みを実現するべく、新開発プラットフォーム「SPA」を採用したXC90。 ウルトラ高張力鋼板を多用し、ボルボ史上もっとも安全なボディ構造を達成している。 1970年に発足されたボルボの事故調査隊。 これはスウェーデンのイエテボリから半径100km以内で起こった、ボルボ車が関与した交通事故を警察や目撃者とともに事故内容を検証するという試み。 それらのデータはクルマの開発に大いに活かされている。 ボルボ購入後でも装着可能なオプションパッケージが用意されている。 これはモータースポーツで活躍するポールスター社が手がけたチューニングプログラムで、コンピューターの変更によりエンジンとトルクのパワーアップ、トランスミッションの変速タイミングなどがよりダイナミックになる。 リヤには専用エンブレムも装着。

次の