岡村 和義。 NHK番組表・トップページ

【インタビュー】業界のリアルに迫る!ヤシオファクトリー岡村和義さんに聞いてきました。vol.1

岡村 和義

斉藤和義が発起人となり、11月8日(木)東京・Zepp DiverCity(Tokyo)にて、西日本豪雨被災地復興のためにチャリティライブが開催された。 斉藤の呼びかけで、岡村靖幸、奥田民生、Chara、寺岡呼人、浜崎貴司、藤原さくら、YO-KINGが集結し、シークレットゲストとして荻野目洋子も出演した。 会場にかけつけた満員のオーディエンスとともに熱いパフォーマンスが繰り広げられた。 これまでもチャリティイベントの主催や参加をしてきた斉藤和義。 今年、6月下旬から7月上旬にかけて、台風7号及び梅雨前線等の影響で西日本を中心に全国的に記録的な集中豪雨で被災した地域、人々の復興に向け急遽立ち上げられたイベント「西日本豪雨復興支援チャリティコンサート〜空に星が綺麗プロジェクト〜 斉藤和義 with Friends」。 斉藤が今年デビュー25周年を記念して9月6日に行った日本武道館でのライブの際に、MCでこの開催の発表を直接ファンに向けて行った。 超満員となった東京・Zepp DiverCity(Tokyo)、オープニングで斉藤が登場し「支援金の寄付の仕方はいろいろ検討中です。 主旨に賛同してくれた素晴らしいミュージシャンたちが集まってくれました。 」とまずはイベント開催について感謝の意を表明し、「月光」と2011年にリリースしたアルバム「45 STONES」に収録の「ウサギとカメ」をアコースティックギターとハーモニカで熱く弾き語った。 「歌の不安もあるが、本日のイベントの進行役もあるので妙な緊張感があります(笑)」と照れくさそうに語り会場を和ませ、一人目のゲストYO-KINGを呼び込み斉藤がいったんステージを去ると、YO-KINGは「Hey! みんな元気かい?」を弾き語った。 斉藤が再び登場し1993年発表、真心ブラザーズの「素晴らしきこの世界」をYO-KINGと披露した。 斉藤がそれぞれのアーティストを呼び込みながらトークを繰り広げ、まずはゲスト・アーティストが一人で、その後斉藤と一緒にセッションしていくスタイルでイベントは進行していった。 続いて、寺岡呼人が自身の「大人」を歌い、「紳士協定」を斉藤と初披露した。 ここで、先日デビューしたばかりの全員50代のフロントマンで結成されたスーパーバンド「カーリングシトーンズ」の曲「スベり知らずシラズ」、「何シトン」を寺岡シトーン(寺岡呼人)、奥田シトーン(奥田民生)、斉藤シトーン(斉藤和義)、浜崎シトーン(浜崎貴司)、キングシトーン(YO-KING)によるバンドセットでパフォーマンスした。 9月23日に行われたデビューライブでのみ披露されていた曲だけにプレミアムなセットとなった。 続いて、「Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜」をCharaがキーボード、斉藤がドラムというレアな編成でパフォーマンスしたのち、Charaが作詞、岡村靖幸が作曲した2001年リリースのポップチューン「レモンキャンディ」を岡村も迎え入れ3人でプレイ。 しかも、岡村とCharaはこの日がライブ初共演という貴重な組み合わせでもあった。 そのまま岡村がステージに残りファンキーなギターカッティングでスペシャルメドレーを弾き語った後、斉藤を交えブルージーなギターセッションを繰り広げたかと思えば、そこに岡村が即興で歌詞をのせ会場は更に盛り上がったところで本編を終えた。 アンコールを受けステージに上った斉藤から突然紹介された荻野目洋子がシークレットゲストとして登場。 誰もが予想出来なかった展開に会場がどよめく中、荻野目は奥田民生、寺岡呼人、浜崎貴司、YO-KING、斉藤和義をバックダンサーに「ダンシング・ヒーロー」を披露し、まだまだ会場は盛り上がっていった。 斉藤が今年の3月から9月まで行った全国ワンマンライブツアー内で「ダンシング・ヒーロー」をパフォーマンスしていたことを、SNSで知った荻野目がこのイベントへ出演オファーし実現した。 オーディエンスからも大ウケで、ともに踊り、一体化したところで斉藤の「歩いて帰ろう」を奥田民生、荻野目洋子、Chara、寺岡呼人、浜崎貴司、藤原さくら、YO-KINGとバンドセットでセッションし、最後はこのイベントのタイトルの一部にもなっている「空に星が綺麗」を斉藤がひとり弾き語り、全21曲をおよそ3時間の内容で締めくくられた。 なお、ライブの収益金の一部は被災地復興のための支援金として寄付され、収支内容と支援金の用途については、追って斉藤和義オフィシャルサイトにて発表される。 月光(斉藤和義) 02. ウサギとカメ(斉藤和義) 03. Hey! みんな元気かい?(YO-KING) 04. 大人(寺岡呼人) 06. 幸せであるように(浜崎貴司) 08. マシマロ(奥田民生) 10. 500マイル(藤原さくら) 14. スペシャルメドレー(岡村靖幸) 18.

次の

NHK番組表・トップページ

岡村 和義

NHK番組表・トップページ 東京の番組表 トップページ このサイトはラジオとテレビの1週間先までの番組表と、過去8日分の番組表をご覧になることができます。 このページでは、お知らせ情報、おすすめ情報、番組表を見るためのナビゲーション(チャンネルの選択、ジャンルの選択、地域の選択)を提供しています。 お知らせ: このインターネット番組表は各チャンネルの1週間先までの番組表がご覧になれます。 内容が表示されてないものは、まだ詳細が決定されていない番組です。 もう少しお待ちください。 NHK番組表の使い方については[]をご覧ください。 ラジオまたはテレビを対象として、番組をジャンルで検索することができます。 総合と、Eテレで放送している番組の内容は、地域によって異なる場合があります。 このサイトで提供している機能、各ページの説明、ブックマークの付け方、以上3つについての説明が記載されています。 番組は緊急ニュースなどにより、放送時間や内容が変更になることがありますのでご注意ください。 この番組表の私的な利用以外は、NHKの許諾が必要です。

次の

NHK番組表・トップページ

岡村 和義

略歴 2001年にシリーズチャンピオンを獲得した選手が使用していたS15シルビアは、岡村が製作していた。 D1GP参戦以前からそのドリフトテクニックはあったが、D1SL(ストリートリーガル)に参戦すると、たちまちに上位選手に数えられるまでになった。 特に2006年度第4戦の戦では、決勝でとのサドンデスの末、ダブルクラッシュに見舞われたものの、同時優勝という形で自身初優勝を飾った。 その年はシリーズランキングでも3位に食い込み、最後までチャンピオン争いを沸かせた選手のひとりに数えられた。 2007年に入ると、より上位クラスであるD1GPにも()で参戦。 第3戦のではベスト8にてと激しく争い、惜しくも勝利こそならなかったものの、その敢闘ぶりは称えられた。 2007シーズン終了時での順位は18位、ポイントも13ptsを稼いだ。 一方、D1SLの方ではシーズン途中から()に乗り換えたが、マシントラブルが相次ぎ、不完全燃焼でシーズンを終えた。 2008年はD1GP第1戦エビスにS15シルビアで参戦した際、クラッシュに見舞われて全損。 第2戦富士スピードウェイにはPS13シルビアで参戦し自身初の単走100点を記録。 第6戦エビスにはタイムアタック用に製作されていたS15シルビアで参戦した。 2011年にはのGT300クラスでの360号車からの参戦が決定。 マシンは、パートナーはスーパー耐久などで活躍するという体制で挑む。 2011年からに参戦しており、2014年から選手会長を務めている。 2015年現在、シリーズで二度の優勝を獲得している。

次の