ランクル プラド フル モデル チェンジ。 トヨタ ランドクルーザープラド新型 フルモデルチェンジはいつ?

【新型ランドクルーザープラド】2021年12月フルモデルチェンジ!最新情報、180系の燃費やサイズ、価格、発売日は?

ランクル プラド フル モデル チェンジ

トヨタが、ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジに向けて開発を進行しています。 新世代とし性能を伸ばす新型ランドクルーザープラドについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 【最新情報】新世代!トヨタ「新型ランドクルーザープラド」フルモデルチェンジ! トヨタが、ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジに向けて開発を進行しています。 トヨタ・ランドクルーザープラドは、ブランドを代表するSUV「ランドクルーザー」シリーズの中で、都市部での走りや乗り心地を高めたライトデューティモデルとしてラインナップされています。 新型ランドクルーザープラドでは、新世代のパワートレインや安全システムを採用し、魅力をアップします。 新世代プラットフォーム「TNGA」を採用し、室内空間を拡大• 3連LEDヘッドライト、LEDシーケンシャルターンランプを装備• デジタルメーターなど、最新のインテリアデザイン採用• 新世代の直列4気筒2. 5Lエンジン「Dynamic Force Engine」を搭載• 8速オートマチックトランスミッションを組み合わせ• 安全システムに第2世代「トヨタセーフティセンス」を採用 タフ!新型ランドクルーザープラドの外装(エクステリア)デザイン 新型ランドクルーザープラドの外観は、人気のあるタフなデザインを引き継ぎながら、より先進的な印象に仕上げられます。 フロントには、ハリアーにも採用された最新の3連LEDヘッドライトを採用することで、これまでより質感の高いデザインに仕上げ。 リアでは、大きなラゲッジスペースを確保するボディラインをキープしながら、深みのあるデザインとなるLEDランプを採用。 安定感あるスタンスと力強い走りが表現されます。 ホイールベース:2790mm• 最低地上高:220mm• 車重:2050kg• しかし、プラットフォームに最新の「TNGA」を採用することで室内高を拡大し、より広い室内空間を確保。 ボディ剛性も現行モデルから強化することで、悪路での乗り心地もアップされます。 新装備!新型ランドクルーザープラドの内装(インテリア)デザイン トヨタ新型ランドクルーザープラドには、現行モデルと同じく多人数乗車に対応する3列シート7人乗りと、荷室空間を重視した5人乗りが設定されます。 シートにはナッパレザーなど上質な素材が使われ、カラーもベージュやブラウン、ブラックなど複数用意することで、好みにあわせて選択することができるようになります。 メーターには、車両の走行状況や走行モードなどをわかりやすく表示する最新のデジタルメーターを採用。 インフォテインメントシステムは大画面ディスプレイを採用し、スマートフォンやインターネットとの連携を強化することで、多彩な情報がユーザーに提供されます。 その他、パワーシートやゾーンコントロールエアコン、ステアリングヒーター、パワーバックドアなどが装備され、新世代プラットフォームにより拡大される室内空間を快適に利用できるように仕上げられます。 乗員:7人乗り or 5人乗り• 直列4気筒2. 直列4気筒2. 5kgm• トランスミッション:8速AT• 駆動方式:4WD トヨタ新型ランドクルーザープラドのパワートレインには、2. 8Lディーゼルターボエンジンのほか、新世代の2. 5Lガソリン「Dynamic Force Engine」が搭載されます。 直列4気筒2. 7Lガソリン• 最大トルク:25. トランスミッション:6速AT 「Dynamic Force Engine」は、先に新世代になった「RAV4」にも搭載され、TNGAプラットフォームに基づいて新開発。 これにより、これまで搭載されていた2. 7Lエンジンより排気量を縮小しながらも、40psもの出力アップが実現されます。 8Lディーゼルターボ「1GD-FTV」の解説動画 2. 8Lディーゼルエンジンは現行モデルの2015年改良時に採用され、高断熱ディーゼル燃焼やコンパクトで高効率のターボチャージャーを採用することで、1600rpmの低回転から最大トルクを発揮。 新開発された尿素SCRシステムなどの採用により、窒素酸化物(NOx)を大幅に低減。 水冷式インタークーラーを採用することで、ターボチャージャーにより圧縮され高温になった空気を、気温が高い場合や走行風が得られにくい状況でも安定して冷却することで、燃焼効率と環境性能を向上。 インタークーラーを小型化しインテークパイプを短縮することにより、アクセルレスポンスもアップしています。 スタビライザーを調整する「KDSS」システムにより、オンロードの快適性とオフロードの走破性が両立されます。 アプローチアングル:31度• デパーチャーアングル:28度• ランプブレークオーバーアングル:22度• 最大渡河水深:700mm• ディーゼル:12. ガソリン:10. 5Lガソリンエンジンを採用することでガソリン車の燃費がアップします。 現行モデルは2. 8Lディーゼルが11. 7Lガソリンが9. 8Lディーゼル:11. 7Lガソリン:9. 第2世代のトヨタセーフティセンスは、昼間の自転車や夜間の歩行も検知可能となった「プリクラッシュセーフティ」や、前方にいる車両との車間距離を一定に保つ「レーダークルーズコントロール」の作動時に、車線維持に必要なステアリング操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」が搭載されています。 また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった交通標識をメーター内のディスプレイに表示する「RSA(ロードサインアシスト)」機能も追加。 さらに、後退時に左右後方から接近してくる車両を検知すると、ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーにより警告する「リヤクロストラフィックアラート(RCTA)」や、ドアミラーで確認しにくい側後方エリアや後方から急接近してくる車両を検知してドアミラーLEDインジケーターで注意喚起を行なう「ブラインドスポットモニター(BSM)」により、安全性が大きく向上します。 365万円~540万円 トヨタ新型ランドクルーザープラドの価格は、安全装備の充実などによりアップされます。 アップ幅は10万円前後に抑えられるとみられ、維持費がダウンする2. 5Lガソリンエンジンによりコストパフォーマンスがアピールされます。 トヨタは同時期に上位モデル「ランドクルーザー」のフルモデルチェンジも計画しており、SUVの上位2モデルでブランド力をアップしていきたい考えです。 トヨタ・ランドクルーザープラドを「おさらい」。 登場前に70系ランドクルーザーの派生車種として販売されていた「ランドクルーザーワゴン」のデザインなどを変更し、後継モデルとして登場しました。 特徴として、ランドクルーザー譲りの高い悪路走行性能を持ちながらも乗用を重視し、軽量化された車体やパワートレインを採用しています。 そのコンセプトの違いからランドクルーザーとプラドでは、日本仕様で搭載するエンジンがランドクルーザーで4. 6Lガソリン、プラドが2. 8Lディーゼルと2. 7Lガソリンと、排気量に大きな差がつけられています。 現行モデルで4代目の150系ランドクルーザープラドは2009年に、同年に廃止されプラットフォームを共有していたハイラックスサーフを統合し登場。 2013年と2017年にビッグマイナーチェンジが行われデザインを変更し、国内では少ないディーゼルエンジンを選択できるSUVとして人気になっています。 新型トヨタ・ランドクルーザープラドについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

【プラド マイナーチェンジ(一部改良)/特別仕様車 2020】ブラックエディション登場!発売日、デザイン、サイズ、価格など、変更点、特別装備情報まとめ

ランクル プラド フル モデル チェンジ

スポンサーリンク 2020年8月3日更新 ランドクルーザー・プラドが、一部改良されました。 その後フルモデルチェンジされて大きく生まれ変わるといわれています。 今回は、新型プラドの、発売日、デザイン、パワートレイン、価格などについて、一部改良、フルモデルチェンジそれぞれ紹介します。 新型プラドに関する情報を1ページでまとめて読めるようになっています。 (一部改良の情報とフルモデルチェンジの情報を詰め込んだので、ちょっと読みづらいかもしれませんが。 ) ネット上には色々な情報が出回っていますが、ネット上の情報を、関係者の知人にも確認しながら、信ぴょう性が高いと思われる情報をピックアップして紹介します。 特別仕様車、ブラックエディション設定(一部改良) 2020年の一部改良では、特別仕様車、ブラックエディションが設定されました。 出典 ブラックエディションに採用が予想されている特別装備は、以下のとおりです。 ・専用18インチアルミホイール(ブラック塗装) ・専用フロントグリル(ブラック塗装) ・専用ヘッドランプガーニッシュ(ブラック塗装) ・専用リヤライセンスガーニッシュ(ブラック塗装) ・専用フォグランプベゼル(ピアノブラック塗装) ・専用ドアミラー(ブラック塗装) ・専用ルーフレール(ブラック塗装) ・ドアウインドウモール(ブラック塗装) ・専用バックドアガーニッシュ(漆黒メッキ) ・専用センターコンソールエンドパネル(ブラック塗装) ・専用助手席オーナメント(シルバー塗装) その名の通り、ブラックの専用パーツが多数装備される特別仕様車です。 一部改良 一部改良では、トヨタセーフティセンスの機能がより充実し、トヨタセーフティセンスは、昼夜の歩行者、昼間の自転車にも対応するようになりました。 また、標識認識機能、ロードサインアシストも搭載されました。 さらに、ヨーアシスト機能付のレーンディパーチャーアラートが搭載されました。 一部改良後プラドに採用が予想されている機能は、以下のとおりです。 ・プリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ) 前方の車両や歩行者、自転車を検出し、衝突の可能性を知らせる、また自動でブレーキをかけてくれる機能です。 車両や歩行者に対しては昼夜、自転車に対しては昼のみ作動します。 右折時の直進車や、右左折後の横断歩行者も検知できるように進化しています。 ・レーンディパーチャーアラート 車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示で注意喚起してくれる機能です。 ステアリング操作の補助はありません。 ヨーアシスト機能が搭載されています。 ヨーアシスト機能とは、逸脱しそうな方向とは反対側の車輪に制動力を加えることで、車線に戻ろうとする力を発生させる機能です。 ・レーダークルーズコントロール ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援してくれる機能です。 要は、 アクセル、ブレーキの操作を自動で行ってくれる機能です。 高速道路でのロングドライブがかなり楽になります。 新型トヨタセーフティセンスでは、全車速に対応しており、渋滞での停止から再発進にも対応しています。 ・オートマチックハイビーム 先行車や対向車を検知して、自動でハイビームとロービームを切り替える機能です。 ・ロードサインアシスト ロードサインアシストは、前方のカメラで道路標識を認識し、マルチインフォメーションディスプレイに表示してくれる機能です。 対応している標識は、 最高速度、はみ出し通行禁止、車両進入禁止、一時停止です。 最高速度の標識などは、一度見逃すと「何キロだったっけ?」となるので、ありがたい機能ですね。 ・先行車発進アラーム 先行車が4m以上進んでも自車が発進しない時、ブザーとマルチインフォメーションディスプレイで知らせてくれる機能です。 ・インテリジェントクリアランスソナー インテリジェントクリアランスソナーは、 踏み間違い時サポートブレーキとも呼ばれているものです。 バンパー部分に搭載されたソナーセンサーで障害物を検知して、障害物があるにもかかわらずアクセルを強く踏み込んだ時にエンジンの出力を抑制します。 最近は、アクセルとブレーキを踏み間違えてコンビニに突っ込むような事故が増えていますが、これが搭載されていればそういった事故を防ぐことができます。 ・ブラインドスポットモニター 死角になりやすい、自車の後側方に車がいる時に、サイドミラーの隅のサインを点灯して知らせてくれる機能です。 サインが点灯しているにもかかわらずウインカーを出すと、サインが点滅して注意を喚起します。 これは、しっかりと目視で確認をすれば必ずしも必要な機能だとは思いませんが、あったら便利な機能です。 フルモデルチェンジ フルモデルチェンジでは、さらに、「アドバンストパーク」「リヤクロストラフィックオートブレーキ」も搭載されるといわれています。 ・アドバンストパーク カメラとソナーにより、ステアリング・アクセル・ブレーキ操作を制御し、駐車を支援してくれる機能です。 ドライバーはシフト操作のみで良いという、高度な駐車支援機能です。 ・リヤクロストラフィックオートブレーキ リヤクロストラフィックオートブレーキは、駐車場からバックで出る時に、左右から接近してくる車を検知して警報、ブレーキをかけてくれる機能です。 駐車場からバックで出る時って、左右が見づらいですよね。 そんな時にとても役に立つ機能です。 リヤクロストラフィックオートブレーキは、一部改良で搭載されるかもしれません。 一部改良 新型プラドの価格は、以下のとおりです。 7Lガソリン車】 TX(5人乗り)・・・3,621,000円 TX(7人乗り)・・・3,779,000円 TX-L(5人乗り)・・・4,140,000円 TX-L(7人乗り)・・・4,298,000円 ブラックエディション(5人乗り)・・・4,261,000円 ブラックエディション(7人乗り)・・・4,419,000円 【2. 8Lディーゼル車】 TX(5人乗り)・・・4,285,000円 TX(7人乗り)・・・4,443,000円 TX-L(5人乗り)・・・4,810,000円 TX-L(7人乗り)・・・4,968,000円 ブラックエディション(5人乗り)・・・4,931,000円 ブラックエディション(7人乗り)・・・5,089,000円 TZ-G(7人乗り)・・・5,530,000円 ブラックエディションは、TX-Lグレードがベースで、12万円ほど高くなるようです。 ディーゼル車はパワーアップに伴って、5~6万円ほど高くなるようです。

次の

ランクルプラド フルモデルチェンジ後の最新情報を大公開!

ランクル プラド フル モデル チェンジ

トヨタが、SUV「ランドクルーザープラド」の改良発売を発表しました。 改良により性能を伸ばした新型ランドクルーザープラドについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。 トヨタ・ランドクルーザープラドは、ブランドを代表するSUV「ランドクルーザー」シリーズの中で、都市部での走りや乗り心地を高めたライトデューティモデルとしてラインナップされています。 0kgmにアップしたほか、安全システムに第2世代「トヨタセーフティセンス」を搭載。 外装には、グリルやヘッドランプまわり、バックドアガーニッシュに、漆黒メッキ加飾を施し、アウターミラー、ルーフレールなどはブラック塗装とされています。 また、専用ブラック塗装の18インチアルミホイールを特別装備するとともに、ブラック塗装を施した大型のフォグランプベゼルを装着することにより精悍な印象をプラス。 内装には、シルバー塗装オーナメントパネル、ブラック塗装センタークラスターパネルが採用されています。 新型ランドクルーザープラドは2020年8月3日に発売。 価格は3,621,000円~5,530,000円となっています。 ディーゼルエンジンに採用するターボチャージャーのサイズをアップし、出力を向上• 第2世代「トヨタセーフティセンス」を装備し、夜間の歩行者と昼間の自転車運転者検知、ヨーアシスト機能付レーンディパーチャーアラート、ロードサインアシスト(RSA)、先行車発進告知機能を全車標準装備• 特別仕様車「TX L Black Edition」設定。 ブラック塗装18インチホイール、漆黒メッキガーニッシュ、ブラックアウターミラー、ブラックドアウィンドウモールを装備• 「TZ-G」グレードに「パドルシフト」を採用• スマートフォンとの連携を可能にした9インチの「ディスプレイオーディオ(DA)」をオプション設定• 7Lガソリン】 ・TX 5人乗り:3,621,000円、7人乗り:3,779,000円 ・TX-L 5人乗り:4,140,000円、7人乗り:4,298,000円 ・TX-L BlackEdition【新設定】 5人乗り:4,261,000円、7人乗り:4,419,000円• 8Lディーゼル】 ・TX 5人乗り:4,285,000円、7人乗り:4,443,000円 ・TX-L 5人乗り:4,810,000円、7人乗り:4,968,000円 ・TX-L BlackEdition【新設定】 5人乗り:4,931,000円、7人乗り:5,089,000円 ・TZ-G 7人乗り:5,530,000円 トヨタ新型ランドクルーザープラドの価格は、安全装備の充実などによりアップしています。 アップ幅はガソリン車で1万7000円ほど、ターボチャージャーが大型化されたディーゼル車で5万5000円ほどとなっています。 エンジンフードは中央部を前方視界に配慮した形状としながら、最新のヘッドランプを採用することで力強さが演出されています。 改良では、スマートフォンとの連携を可能にした9インチのディスプレイオーディオ(DA)をオプションで設定。 その他、ディーゼル車の最上位グレード「TZ-G」に「パドルシフト」を採用することで、より走りを楽しむことができるようになっています。 乗員:7人乗り or 5人乗り• 各モデルは、モデリスタが「都会に映える表情」、TRDは「スポーティ」、トヨタは「上質さ」がそれぞれコンセプトとされ、個性をアップしたスタイルを楽しむことができるようになっています。 【ディーゼル】【改良】 直列4気筒2. 0kgm• 【ガソリン】 直列4気筒2. 1kgm• トランスミッション:6速AT• 駆動方式:4WD トヨタ新型ランドクルーザープラドのパワートレインは、2015年に4Lガソリンエンジンにかえて導入されていた2. 8Lディーゼルターボエンジンを改良することで走行性能がアップされています。 8Lディーゼルターボ「1GD-FTV」の解説動画 2. 8Lディーゼルエンジンは、新世代の高断熱ディーゼル燃焼や高効率のターボチャージャーを採用することで、1600rpmの低回転から最大トルクを発揮し、新開発された尿素SCRシステムなどの採用により、窒素酸化物(NOx)を大幅低減していました。 0kgmにアップ。 ディーゼルエンジンならではの大トルクによる力強い加速性能に加え、速度があがる高速道路などでの走行性能が強化されています。 アプローチアングル:31度• デパーチャーアングル:28度• ランプブレークオーバーアングル:22度• 最大渡河水深:700mm• 最低地上高:220mm トヨタ新型ランドクルーザープラドの悪路走破性能は、アプローチアングル31度、最大渡河水深700mmとSUVトップクラスのスペックが確保されています。 その他、走行システムとして 5つのモードから選択できる「マルチテレインセレクト」、ステアリング操作のみで難路を走破する「クロールコントロール」、スタビライザーを調整しオンロードの快適性とオフロードの走破性を両立する「KDSS」システムなどを採用することで高い走行性能がつくられています。 8Lディーゼル:11. 7Lガソリン:8. 燃費値は、2. 8Lディーゼルエンジンで出力をアップしながらWLTCモード値11. 新世代に!新型ランドクルーザープラドの安全装備は? 新型ランドクルーザープラドの安全装備には、単眼カメラとミリ波レーダーの性能を向上させることで第2世代に進化した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が採用されています。 前モデルでは、第1世代の上級装備「トヨタセーフティセンスP」をベースとしたシステムが搭載されていました。 第2世代のトヨタセーフティセンスは、プリクラッシュセーフティの検知範囲を拡大し、新たに夜間の歩行者と昼間の自転車運転者にも対応。 その他、ヨーアシスト機能付のレーンディパーチャーアラートやロードサインアシスト(RSA)、先行車発進告知機能を全車標準装備。 ホイールベース:2790mm• 最低地上高:220mm• 車重:2050kg• この違いにより車重は380kgも軽くなっており、高い悪路走行性能を持ちながらも、より軽快な走りを楽しむことができるようになっています。 いつ?新型ランドクルーザープラドの発売日は? 改良されるトヨタ新型ランドクルーザープラドの販売は、2020年6月に前モデルのオーダーをストップし、2020年8月3日に発売されました。 トヨタは、上級SUVとして人気のランドクルーザープラドを改良することで、新世代モデルが登場した「ハリアー」や「RAV4」など、他のSUVとの相乗効果を高める予定です。 ランドクルーザープラドを「おさらい」。 登場前に70系ランドクルーザーの派生車種として販売されていた「ランドクルーザーワゴン」のデザインなどを変更し、後継モデルとして登場しました。 特徴として、ランドクルーザー譲りの高い悪路走行性能を持ちながらも乗用を重視し、軽量化された車体やパワートレインを採用しています。 そのコンセプトの違いからランドクルーザーとプラドでは、日本仕様で搭載するエンジンがランドクルーザーで4. 6Lガソリン、プラドが2. 8Lディーゼルと2. 7Lガソリンと、排気量に大きな差がつけられています。 現行モデルで4代目の150系ランドクルーザープラドは2009年に、同年に廃止されプラットフォームを共有していた「ハイラックスサーフ」を統合し登場。 2013年と2017年にビッグマイナーチェンジが行われデザインを変更し、国内では少ないディーゼルエンジンを選択できるSUVとして人気になっています。 新型トヨタ・ランドクルーザープラドについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の