圧力 鍋 カレー。 電気圧力鍋で超簡単!無水チキンカレーレシピ|キッチンスタジオ パンダ食堂

パナソニックの電気圧力鍋でフツーのカレーを作る方法

圧力 鍋 カレー

圧力鍋で作る、骨付きチキンと野菜のカレー まずは骨付き鶏もも肉と、たっぷり野菜が圧力鍋で溶けあう「骨付きチキンと野菜のカレー」からご紹介します。 骨から出るうまみと、野菜の甘みが調和した絶品カレーです。 <材料(8皿分)>• こくまろカレー:1箱• 骨付き鶏もも肉(ぶつ切り):800g• にんにく:2片• しょうが:1片• 水:400ml• サラダ油:大さじ1• コショー:少々 野菜(種類・量はお好みで)• 玉ねぎ:中2個• トマト:3個• ピーマン:4個• セロリ:1本• にんじん:1本 <作り方> 鶏肉は塩・コショーで下味をつけ、5分ほど置きます。 黒田さん「今回はぶつ切り肉を用意しました。 骨の髄から出る『ダシ』でおいしさが増しますね。 ぶつ切りではない骨付き鶏もも肉でも、圧力鍋なら上手に柔らかく調理できますし、ごちそう感も出るのでおすすめです」 にんにく・しょうがはみじん切りに。 野菜は粗みじんに切りそろえます。 黒田さん「野菜は全体的に大きさをそろえることで、食べやすくなります。 トマトは水煮缶でもOK。 セロリは葉っぱを捨ててしまう人も多いですが、実は栄養も豊富でおいしいので、ぜひ使ってみてください」 圧力鍋にサラダ油を入れ熱したら、鶏肉を焼きましょう。 全面に焼き色がついたら、一度取り出します。 黒田さん「全体が白く変わるくらい、写真くらいの焼き色でOK。 いったん焼き色をつけることで、この後で煮込んだ時に煮崩れることを防ぎます」 肉を取り出した鍋で、にんにく・しょうがを炒め(鶏から出た油をそのまま使います)、香りが出たら玉ねぎを炒めます。 全体に油が回ったら、まずは玉ねぎ、次に他の野菜も加えて、全体に油が回るまで炒めましょう。 黒田さん「最初に入れるのは、玉ねぎ。 先によく炒めることで甘みが出ます。 油が回ってしんなりするくらいでもOKです。 時間があれば、あめ色になるまで炒めると、甘みやうま味が増して、より美味しくなります。 その後でほかの野菜を入れていきましょう」 圧力鍋に鶏肉を戻し、水400mlを加えたらふたをして強火に。 高圧になったら、弱火にして8~10分ほど加熱し、火を止めます。 黒田さん「野菜から水分が出るので、今回は水を少なめにしました。 フタを開けたときに水分が少ないようでしたら、後から足してください。 また、圧力鍋はメーカーや種類によって、使用方法や容量が異なりますので、お使いの圧力鍋の説明書に従ってください」 圧力が抜けたら、ふたをあけ、カレールウを割り入れます。 黒田さん「圧力鍋を使った調理では、とろみがある料理には圧力をかけないことが原則!料理のとろみが蒸気口をふさいでしまい、危険な場合もあります。 カレーやシチューを作るときは、ルウを入れる前に加圧して、加圧が終わってふたをあけてから、ルウを入れるようにしましょう」 弱火でかき混ぜながら、とろみがつくまで5~10分ほど煮込み、盛り付けたらできあがりです。 黒田さん「圧力鍋で調理したことで、骨付き鶏肉がほろほろに。 野菜が苦手なお子さんでも、野菜がとろとろに溶け込んだこのカレーならたくさん食べてくれるかもしれませんね」 圧力鍋で時短!牛すじ肉のカレー 次は「牛すじ肉」を使ったカレーを作ってみましょう。 普通に煮込めば何時間もコトコト煮続ける必要がある牛すじ肉も、圧力鍋を使えばあっという間にトロトロに!最初に一手間かけてアクを取ることで、きれいでおいしいカレーが出来上がります。 <材料(8皿分)>• こくまろカレー:1箱• 牛すじ肉:500g• 玉ねぎ:中2個• にんじん:1本• 水:800ml• しょうが:1片• ねぎ(青い部分):1本分• サラダ油:大さじ1 <作り方> 牛すじ肉を流水で洗い、汚れを取り除きます。 黒田さん「きれいな牛すじ肉であれば洗わなくてもよいですが、汚れや脂、血が気になるときは、さっと洗いましょう」 圧力鍋に牛すじ肉と水(下茹で用、分量外)を入れ、強火で茹でます。 沸騰したら火を止め、ざるにあげて流水でよく洗います。 黒田さん「最初は圧力をかけずに下茹でして、アクや余計な脂をとりましょう。 この作業をしないと臭みや雑味が残ってしまいます。 ご覧の通り、たくさんアクが出ましたね」 圧力鍋に牛すじ肉を戻し、水800mlとしょうが、ねぎを入れ、ふたをしたら強火に。 高圧になったら、弱火にして8~10分ほど加熱し、火を止めます。 黒田さん「しょうがやねぎを入れることで、臭みをとってくれます。 繰り返しになりますが、圧力鍋によって、使用方法や容量が異なりますので、お使いの圧力鍋の説明書に従ってください」 牛すじを茹でる作業と並行して、野菜を切りそろえておきましょう。 玉ねぎはくし形に、にんじんは乱切りにします。 黒田さん「にんじんの皮はむかずにそのまま切ります。 栄養もありますし、圧力鍋で調理するので、柔らかくなります」 圧力鍋の火を止めて圧力が下がったら、ふたを開けましょう。 黒田さん「最初にしっかりアクを取っているので、ここではアクが出ていませんね。 この茹で汁は良いスープになっているので、捨てずに取っておきます」 茹で汁は別の器に移し、取り出した牛すじ肉を一口大に切ります。 黒田さん「圧力をかけずに煮込めば何時間もかかる牛すじ肉ですが、この時点でとても柔らかくなっています」 さきほどの圧力鍋にサラダ油を入れ熱し、玉ねぎ、にんじん、牛すじ肉の順に炒めていきます。 黒田「こちらも最初は玉ねぎから炒めてくださいね」 全体に油が回ったら先ほどの茹で汁を戻し、再びフタをしたら強火に。 高圧状態になったら弱火にして8~10分ほど加圧し、火を止めます。 圧力が下がったらふたを開け、カレールウを割り入れ溶かします。 弱火でとろみがつくまで5~10分ほど煮込みます。 器に盛り付けたら完成です。 黒田さん「今回は、鶏のぶつ切りと牛すじ肉で作りましたが、圧力鍋を使えば、豚三枚肉(バラ肉)のかたまりや、骨付きのラム肉、鶏の手羽元など、いろいろな材料を短時間で柔らかくして、うま味も引き出してくれます。 牛すね肉のような固いお肉も、圧力鍋が力を発揮してホロホロに柔らかくしてくれます」.

次の

ずぼら女子が作る無水カレー【圧力鍋って神ですね】

圧力 鍋 カレー

カレーを作るのに使ったのは電気圧力鍋! 普通の圧力鍋(ガス式)との違いは? カレーを作るのに利用したのは、 電気圧力鍋のプレッシャーキングです。 電気圧力鍋はいくつかありますが、プレッシャーキングはイギリスで大ヒットしたお鍋です。 日本では ショップジャパンが販売しています。 私もショップジャパンさん経由でプレッシャーキングのモニターをさせていただきました。 ではでは 電気圧力鍋の特徴を見ていきましょう。 また ガス式とはどう違うのかも気になるところですね。 電気圧力鍋の特徴1・材料を入れたらほったらかしで調理ができる ガス式の圧力鍋だと火にかけた後、火加減や時間を気にしなければいけませんよね。 でも 電気圧力鍋だと、タイマーに時間をセットしてきたら後は ほったらかしで大丈夫なんです。 時間が来たら自動的に加圧をやめて、減圧を始めてくれます。 鍋から完全に目を離していても大丈夫なのが楽ですね。 電気圧力鍋の特徴2・タイマーで予約調理ができる 圧力鍋で作るカレーの材料• 玉ねぎ:1個• にんじん:1本• ジャガイモ:4個• 鶏ひき肉• 牛乳少々• コーン缶• トマト缶• カレーのルー• コショウ 野菜を切る 玉ねぎ、にんじん、じゃがいもを切っていきます。 なるべく大きさを均等にすると、火が均一に通りやすいです。 お肉にコショウをまぶす 鶏ひき肉にコショウをまぶしておきます。 コショウは旨味のある素材にかけると味が引き出されておいしいです。 材料を圧力鍋にセットする 先ほど切ったにんじん、じゃがいも、玉ねぎとひき肉、コーン缶、トマト缶を全て圧力鍋の中に入れます。 このときに、材料が圧力鍋の内側のマックス線を越えないように注意しましょう。 隠し味として牛乳を少々入れます。 水は足さなくてOKです。 出来ました~ 圧力鍋であっという間にカレーができました。 食べてみたらやわらかくて味がしっかりしていて美味しかったです。 水をほとんど入れていないのに、こんなに水分が出るもんなんですねぇ。 感心しました。 電気圧力鍋でカレーを作ってみた感想 初めての電気圧力鍋でカレーを作ってみた感想をまとめてみました。 レンチンの時短カレーよりも楽でおいしかった 私は時短料理が好きなので、普段カレーを作るときは野菜を予めレンジでチンして時短料理をしています。 レンチンしておくと煮込む必要がないので、カレーがすぐできるんですよ。 ですが、 電気圧力鍋の方がより簡単ですね。 レンジの場合はお皿に移してレンジでチンして鍋で煮るという工程がいろいろ入りますが、電気圧力鍋の場合は材料全部鍋に入れてボタンを押すだけです。 またレンチンの場合は味が染み込まないのですが、加圧鍋だとしっかり旨味が感じられます。 これは加圧鍋の方が断然美味しいし、簡単だなと感じました。 圧力鍋よりも電気圧力鍋の方が気持ちが楽 ガス式の圧力鍋と比べても、電気鍋は便利だと感じます。 火加減や時間を気にする必要がないですからね。 ボタンを押したら、後は本を読んだりテレビを見たり家事をしたりなど鍋のことは全く忘れて別のことができます。 やることが色々あって忙しい時は欠かせない調理器具ですね。 圧力をかける時間よりも、圧力が抜ける時間のほうが長かった 忙しいときは圧力鍋のカレーに頼っちゃおう と思いました。 食べたくなったらすぐカレーが叶う カレーの作り方って色々あると思うのですが、今までの私はレンチンで下ごしらえをして作るカレーが一番の時短料理だと思っていました。 ですが、 電気圧力鍋の方が簡単で早いですね。 今この時代に一番カレーを早く上手く作るのは電気圧力鍋という選択肢な気がします。 そして おいしかったです。 やっぱ圧力鍋の調理っておいしいのですね。 実は昨日からカレーを食べ続けていて、お昼にカレー 喫茶店 、夜にカレー コンビニのスープカレー 、そして今日もカレー 圧力鍋のカレー を食べました。 一番おいしかったのは圧力鍋です。

次の

電気圧力鍋で超簡単!無水チキンカレーレシピ|キッチンスタジオ パンダ食堂

圧力 鍋 カレー

私が作っている方法を書きます。 正しいかどうかは別として・・・。 具を入れて、水 私はここにコンソメ等のスープを入れます を入れ、 圧力鍋で強火。 シューシューと言ったら弱火にして数分 急ぐ時は数分を無しにしてます。 蒸気が止って、ふたを開けても大丈夫になったら、カレー粉を入れ、 弱火でコトコト煮ています。 その時は、圧力鍋に合う、普通のふたをしています。 普通のお鍋と同じく、時々はかき混ぜます。 カレー粉は底に溜まりやすく、それに具がくっついて焦げてしまいます。 あと、カレー粉を入れていないのなら、水の量が問題かも。 水が少ないと、具が回転できないので、固まってしまっているかもしれません。 蒸気が出てからの火加減や火にかけている長さを変えてみてはいかがでしょうか? 圧力なべでカレー作りますよ。 説明書では、ルーを入れてから圧力をかけないでくださいと書いてありますが、私はやってます。 (笑) 私の作る手順ですが、まず、玉ねぎをあめ色になるまでしっかり炒めます。 お水を入れた圧力なべに、玉ねぎを移して、軽く炒めた人参を加えます。 お水が沸騰しないうちに、カレールーを割り入れて溶かします。 (熱いお湯にルーを入れると、なめらかになりません) じゃがいもと、塩、こしょう、ニンニクで下味をつけて、小麦粉を振って、焼き目をつけた豚肉を加えます。 (人参もじゃがいもも、まだ固い状態です) 鍋にふたをして、強火で加熱し、おもりが揺れはじめたところですぐに火を止めます。 鍋を、新聞紙2枚で包み、その上から、バスタオル2枚で包んで保温調理。 2,3時間も置いておけば、お肉も、お野菜も柔らかくなって、(しかもじゃがいもの煮崩れなし)しっかり煮込んだ味になっています。 もっと短い時間で作りたいのなら、野菜がある程度柔らかくなってから、ルーを入れて作ると、保温時間が短くてもいいと思います。 ずっと火にかけていると焦げますが、すぐに火を止めて、あとは保温調理にすると、大丈夫です。 底に野菜がくっついている時もありますが、焦げてないですよ。 座布団を下に敷くと、さらに効果アップです。 包むさいに、おもりがずれて、蒸気が抜けてしまう場合がありますので、気を付けてください。 うちは、お昼過ぎにつくって、夕飯まで包んだまま放っておきます。 温め直す際に、キノコを加えたり(最初から入れるとシナシナになります)します。 ルーを入れないで野菜だけで焦げてしまう場合でも、圧力+保温が焦げなくていいと思います。 Q 2回ほど圧力鍋でご飯を炊いてみているのですが、 レシピどおりに炊いても表面が水っぽくなってしまいます。 でも底からまぜると底のほうは結構いい感じに炊けている・・・のに、なべ底には一面びっしりとおこげ(といってもしゃもじではすくえないかんじのこびりつきと言った方がいいようなもの)がついています。 こびりつきは圧力鍋の場合仕方ないことなんでしょうか。 レシピは圧力鍋についていたものをみて炊いているのですが、うちはIHコンロです。 やはり熱伝導率とかの加減で火加減や水加減がかわるのでしょうか。 もしくわ水加減?? 圧力鍋自体も安いものだったのですが、それがこびりつきの原因でしょうか。 おいしいご飯が炊きたいのに、どうもうまくいかないので是非ご意見お聞かせください。 A ベストアンサー こんにちは。 10分程度でしたら、どんなに強火でも「す」が入る事はありません。 5 です。 溶き玉子をピーターできちんと攪拌した後に出し汁を合わせて その後に漉すと きれいに漉し器を通り、 「白身部分が余る」と言う現象が無くなると思いますが。 なお、下記に簡易的な蒸し器の作り方をリンクしておきますので、 ご参照下さいませ。 okweb. php3? お試し下さいませ。 okweb. php3? 10分程度でしたら、どんなに強火でも「す」が入る事はありません。 A ベストアンサー ちょっと失礼します。 参鶏湯を手作りされるとは、素晴らしい!きっと、朝鮮人参等も入れる本格的なものなのでしょうね!御相伴に預かりたいものです。 さて、長時間煮込む鍋の焦げ付き防止ですが、こんな処の知恵を拝借してみては如何でしょう? 豚骨ラーメン店の一部で使われている方法です。 豚骨のスープやだし取りも、砕いたりした豚骨を延々と煮込みますよね。 店によってはガンガン!強火を使う様です。 そこで、一部の店が使っているのが、二重底鍋です。 鍋の底に丸い板状のストレーナー 漉し網 が有って、火が直接当たる鍋底にはスープしか行かない、って云う仕組みです。 そこが私には謎ですね。 まずは御話まで。 御役に立てれば幸いです。 A ベストアンサー 移動運搬するときの基本は立てたままがもちろんよいのですが、 仕方がない場合は斜めでもOKです。 最悪横にしても構いませんが、その場合はできれば1日ほど 立てたまま、コンセントもささずにしてから 使用してください。 なぜ、立てたままにしないといけないかと言いますと、 ガスにはあまり関係なく、コンプレッサーより、オイルが出て行き 冷媒能力低下、及びコンプレッサー故障に繋がり易いためです。 あと、オイルがコンプレッサーに戻るには時間がかかります。 横にしての移動時間にもよりますが、最低2時間。 できればやはり1日は立てたままにすることを重ねてお勧めいたします。 まぁ~斜め程度でしたら、1時間電気を入れずに立てていればOKです。 Q 10年以上使っていた圧力鍋の取っ手が割れてしまったので、新しい圧力鍋の購入を考えています。 今まで使っていたのはワンダーシェフの、多分セイバーツーの5.5Lのもので、特に不満はないのですが、ものすごく時間が節約できたとか、とろとろになったというような実感もありませんでした。 どうせなので、現在使っているものよりも高圧のタイプが欲しいのですが、フィスラーとワンダーシェフの最高圧のタイプとではどちらが良いでしょうか。 フィスラーは有名ですしデザインも良いと思いますが、蒸気が出ないのがなんとなく不安です。 ワンダーシェフのマクサスのシリーズは、全面が3層構造だそうですが、底だけ厚いタイプと何か違いはあるでしょうか? これらをお使いの方、アドバイスお願いします。 A ベストアンサー 勘違いされています。 蒸気が出てはいけないのです。 蒸気が出ているということは圧力がもれて圧が低下しているということです。 蓋や圧力調節弁等に不具合がないのであれば、 パッキンの劣化でしょう。 取り替える必要があります。 フィスラーの圧力鍋を持っています。 購入時ワンダシェフを買おうと思っていたのですが、 高くてもフィスラーにしました。 理由は以下の通りです。 1) ドイツ製ですが、 この業種の老舗であり、 世界的にも実績があり、 業界最長の保障期間を設定している。 2) 何十年も使っているような一生物であり、 世代を引き継いで使っているというように、 何十年も使っているという口コミが多く、 また、 取っ手やパッキン等も古いタイプの製品に対しても常時保管しており、 入手可能であること。 3) 圧力鍋の中で静かなのは唯一これだけです。 最も騒音を立てるというのでなければ、 あまり関係ないかもしれませんが。 フィスラーの圧力鍋とスキレットや蓋のセットで格安なのが決定打になりましたが、 なるべく両方で料理するようになってから、 ガス代が2千円安くなりました。 強火は沸騰するまでなだけで、 あとは中火か弱火で料理できるからでしょう。 また、 圧力は大抵2ですが、 ちょっとでも時間が多いと溶けてしまうので、 注意しなければならない程です。 味も見違えるほど変わり、 家族も私も実感です。 予算的にワンダーシェフというのでなければ、 フィスラーの圧力鍋をお勧めします。 フィスラーを持っていたら、 少なくとも自分の代で買い換えるという人はいないのではないでしょうか。 勘違いされています。 蒸気が出てはいけないのです。 蒸気が出ているということは圧力がもれて圧が低下しているということです。 蓋や圧力調節弁等に不具合がないのであれば、 パッキンの劣化でしょう。 取り替える必要があります。 フィスラーの圧力鍋を持っています。 購入時ワンダシェフを買おうと思っていたのですが、 高くてもフィスラーにしました。 理由は以下の通りです。 1) ドイツ製ですが、 この業種の老舗であり、 世界的にも実績があり、 業界最長の保障期間を設定している。

次の