プチ 旅行 関西。 【関西】日帰り旅行おすすめスポット13選!大阪から片道約2時間以内で行ける♪

【関西】日帰り旅行おすすめスポット13選!大阪から片道約2時間以内で行ける♪

プチ 旅行 関西

【保存版】関西人ママライターが選ぶ、家族旅行におすすめの観光地はここだ!in関西 2017. 18 3児のママ編集者鳥井です。 大阪生まれ京都育ち、大学のキャンパスは琵琶湖というバリバリ関西人。 さらに長女が5歳、長男が3歳、次男が2歳の3人兄弟。 子連れ旅行に関してはかなり詳しいと自負しております。 そんな鳥井と、関西中四国じゃらん編集部の新人ママ編集者トバちゃんが、一緒に検討に検討を重ね、 『家族旅行の関西エリアおすすめスポット』をまとめました! 家族旅行の経験が少ないママさんパパさん、何かのタイミングで引っ越してきたご家族の方、関西エリアでのおすすめが知りたいよ!という皆さまへ向けて、 大きく3つのカテゴリで観光地や観光スポットをご紹介したいと思います。 家族旅行といえば、やっぱり温泉でしょ! やはり日本で旅行と言えば温泉!家族旅行で温泉を楽しむのはどうでしょうか?「行きたいけど子どもは入れるの?楽しめる?」と思われるかもしれませんが、 人気の温泉地はファミリー歓迎の宿もたくさんありますし、温泉地自体が賑わい周辺観光施設も充実しています。 家族旅行におすすめの関西温泉地(1)城崎温泉 浴衣の街で外湯めぐり&温泉街散策! 七つの外湯めぐりが楽しめ、「日本一ゆかたの似合うまち」としてPRする城崎温泉。 ただの旅館浴衣だけでなく、カラフルな色浴衣やブランド浴衣が用意された宿泊施設が多く、浴衣で街を歩く人で情緒と鮮やかな色に溢れた素敵な温泉街です。 ファミリー歓迎の宿も多く、キッズ浴衣やかわいい甚兵衛の貸出がある宿もあります。 食べ歩きもできて街歩きが楽しいのですが、交通量もあるのでぴゅーっと走り出したりする小さな子どもがいる場合は目を離さないように! また、家族旅行で城崎温泉に訪れたら、 足を延ばしていきたいのが「城崎マリンワールド」。 jalan. jpg) きゅっとコンパクトにまとまった水族館ですが、イルカやアシカのショーはもちろん、餌やりに予約制のバックヤードツアーやイルカタッチなど アトラクションや体験が盛りだくさん。 さらに、自分でアジ釣りをして、その場でてんぷらにしてもらって食べることもできるので、 食育体験もできます。 歴史だけでなく泉質も素晴らしく、療養泉として指定されいる9つの主成分(注1)のうち、硫黄泉と酸性泉を除く7つもの成分が含まれており、世界的にも珍しい数多くの成分が混合した温泉です。 銀泉は 血行を良くするという炭酸泉で、金銀の湯の相乗作用が、胃腸病、婦人病、神経痛さらには 「万病にも」効くといわれています。 温泉好きパパママにはたまらない温泉地なのです。 さらに 有馬温泉はアクセスがとてもいいのが子連れ旅行で嬉しいところ。 大阪から電車でも車でも約1時間で行けてしまうので、子どもがぐずる暇もありません。 ファミリー歓迎やベビー対応をしている宿も多く、 離乳食対応している宿やキッズスペースのある宿もあるので赤ちゃん連れのはじめての旅行にもおすすめです。 有馬温泉へ家族旅行で行ったら行きたいのが 「有馬玩具博物館」。 可愛いぬいぐるみ、珍しい積み木、からくり人形などが展示されており、子どもだけでなく大人も楽しめる博物館です。 工作教室やおもちゃのワークショップも開催されているので、 自分で作ったおもちゃをお土産にできます。 伝統を守りつつもオシャレなカフェが新しくできたり見どころが増え、進化し続けているので何度も訪れたくなるおすすめの温泉です。 オーシャンビューの温泉がたくさんあり、海の風を感じながらの露天風呂は最高です。 夏は真っ白な砂浜、 遠浅の海のグラデーションが美しい「白良浜」へ。 カラフルなビーチパラソルが咲き乱れるビーチは見ているだけでもリゾート気分最高潮に!しかも遠浅のため、 小さいお子様の海デビューにもおすすめなんです。 jalan. jpg) そして忘れちゃいけないのがパンダ!白浜に行ったら 「アドベンチャーワールド」のパンダに会いに行かない訳にはいきません。 2016年は赤ちゃんの出産ラッシュ。 まだ小さくて可愛い子どもパンダを見られるチャンスです! ちなみに、家族旅行で アドベンチャーワールドの「パンダ塾」に参加したトバちゃんはパンダのフンに触れるという素晴らしい体験ができて大満足だったそうです。 (全然臭くないんだとか!)そして、ついつい 可愛いパンダグッズを買いすぎてしまうのでお気を付けください。 また、昨年 パンダのデザインがかわいい、ドーム型宿泊施設「パンダヴィレッジ」が誕生し、さらにパンダでアツくなっています。 jalan. 自然とのふれあいを楽しんでほしい。 というパパママも多いと思います。 そんな、家族旅行で自然体験をとお考えの方におすすめな観光地をご紹介します。 jalan. jpeg 兵庫県の北側のエリアにある神鍋高原。 冬はスキー客で賑わうゲレンデエリア、夏は自然体験に良いエリアです。 キャンプ場や渓谷もあり、渓流釣りやパラグライダー体験もできる自然体験に最適なスポットです。 冬に子どもと訪れるなら、初めての人でも簡単に雪の上を歩くことが出来る 「スノーシュー」でふわふわの雪山を散策するのがおすすめ。 新雪にダイブしたり雪合戦したり、雪デビューにもいいですね。 神鍋高原にはとてもたくさんの滝があるので、 高原をハイキングしたり、ガイド付きのネイチャーツアーに参加するのもおすすめです。 2016年「フォレストアドベンチャー」がオープンし、ますますアクティビティが充実。 関西でも指折りの魚釣りのメッカでもあり、釣り好きのパパなら最高の旅先ではないでしょうか。 「加太海水浴場」は遠浅で波も穏やかなので、小さい子連れの海遊びにピッタリ。 また磯遊びできるスポットもたくさんあり、ヤドガ二をはじめ潮がひいた時には、潮だまりに魚やタコなども発見できます。 また、 加太の沖合に浮かぶ「友ヶ島」は自然に恵まれた絶好の冒険島!明治時代から第二次世界大戦まで軍事要塞として使用されていたため、要塞の跡や砲台跡などがあり、それが苔むし、緑に覆われて何とも言えない幻想的な雰囲気です。 と言う方のために、大阪近郊に住んでいれば気軽に日帰りで行ける観光エリアをご紹介します。 家族旅行におすすめの日帰りエリア(1)滋賀 自然豊かで非日常感!花畑、味覚狩り、スイーツにママもニッコリ 大阪中心地から80~90分くらいで行ける 滋賀の湖東エリア。 おとぎ話に出てきそうな田園地帯で、鮮やかなグリーンが美しい場所です。 子連れでおすすめのスポットは「滋賀農業公園 ブルーメの丘」。 ドイツの田舎町と農業をテーマにした公園で、季節の花が咲き乱れ、かわいい動物とふれあえるほか、木工クラフト教室など体験メニューも豊富です。 jalan. jpg) アウトレットやフルーツ狩りも出来る道の駅「アグリパーク竜王」は狩りものマニアの鳥井イチオシスポットです。 いちご、さくらんぼ、桃、ぶどう、なし、芋掘りなど季節ごとに新鮮な果実や野菜の収穫が楽しめるので、何度も足を運びたくなる場所です。 ちょっと足をのばして近江八幡まで行くと、 「ラコリーナ近江八幡」というバームクーヘンで有名なクラブハリエの会社が営む人気のスイーツ複合施設でもあります。 まず外観がすごく素敵!スイーツはもちろん絶品!カフェで楽しむもよし、お土産にするもよし。 編集者トバちゃんファミリーもすっかりスイーツの虜だそうです。 さらに今年の夏にはコンテナショップ拡大、ゆくゆくは新店舗が入る予定もあるようなので目が離せません。 新鮮な魚介類にブランド牛などグルメよし、温泉あり、花と緑も素晴らしく、さらに鳴門海峡には世界一のうずしお!という楽しさがぎゅっと詰まった観光地です。 そんな淡路島の中でも家族旅行、特に子連れで行くのにおすすめなのが 「淡路島牧場」です。 jalan. JPG) 乳しぼり、バターづくり、子牛にミルクをあげる体験など酪農体験が豊富で、 春には「どろんこ体験」という野菜の収穫体験も実施されています。 また、牧場のメリーゴーランドは実際のポニーに乗ってくるくる回るという面白いアトラクションなので思い出作りに最高です。 そしてやっぱり淡路島に行ったら見ておきたいのが 「うずしお」ですよね。 自然の不思議うずしおを 間近に見ることができる約1時間のうずしおクルーズもおすすめです。 帆船タイプの大型遊覧船「咸臨丸」は館内の展示を自由に見学でき、子どものテンションもマックス!ただし、うずしおはいつも見られるわけではないので、 見ごろの時期や時刻はサイトでチェックしておでかけしましょう。 また、淡路島は美しい瀬戸内海の景色だけでなく、緑も豊かで公園もたくさんあります。 その中でも 「兵庫県立淡路島公園」は注目スポット! 2017年夏、体験型テーマパーク「ニジゲンノモリ」が誕生します。 森や池を活用した自然の中で思い切り遊べる広い空間に、アニメーションの要素を盛り込んだ遊具やメディアアートが楽しめるという事です。

次の

【大阪出発】日帰りで素敵な夏旅を!近畿地方の夏の日帰りおでかけスポット11選

プチ 旅行 関西

ネスタリゾート神戸【兵庫】 兵庫県三木市にある大型リゾート施設「ネスタリゾート神戸」。 広大な敷地内には、ホテルにBBQパーク、テニスコートにレストランなど、盛りだくさんのコンテンツが用意されています。 南国を思わせる贅沢リゾートで、思い思いの時間を過ごしましょう。 中でもグランピングができるBBQパークは、全国でも類をみないほどのこだわりよう。 グランピング専門雑誌「GLAMP」のプロデュースしたサイトは、どれもが洗練されておりフォトジェニックです。 三木の自然に囲まれながら、厳選食材のBBQを堪能すれば、日帰りだってリゾート気分を味わえます。 夏にはプール、冬にはイルミネーションと、四季折々で違った楽しみがあるのも魅力的。 2017年の春には、日帰り温泉やペットも一緒に泊まれるラグジュアリーホテルもオープンする予定です。 1日では遊びきれないどんどん進化する近未来のリゾートから、ますます目が離せません! スポット詳細• 名称:ネスタリゾート神戸• 住所:兵庫県三木市細川町垂穂894-60• アクセス: 山陽自動車道「三木東IC」から約2分 JR三ノ宮駅神姫バスターミナルから有料直通バスで約40分 JR大阪駅から有料直通バスで約60分• O 19:30)• 定休日:不定休• 電話番号:0794-83-5211• 公式URL: 有馬温泉【兵庫】 日本三古湯の一つに数えられ、古くからの歴史がある有馬温泉。 神戸市からもほどちかく、車でも電車でも簡単にアクセスが可能です。 日帰り専門の温泉施設や、宿の温泉を日帰りで利用できるプランも多く、手軽に温泉を楽しめます。 また、有馬温泉のお湯はとても効能豊か。 環境省が療養泉として指定をしている単純性温泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、硫黄泉、放射能泉の7つの主成分が含まれています。 中でも含鉄ナトリウム塩化物強塩温泉の「金泉」、二酸化炭素泉の「銀泉」と呼ばれる温泉が有名です。 空気に触れると酸化して、独特の赤茶色に変化するトロリと濃厚な「金泉」は、体を芯から温めて湯冷めしにくいのが特徴。 殺菌効果も高く、皮膚疾患に効果があります。 「銀泉」はサラサラしており、成分には放射線物質が含まれています。 呼吸器から吸入することで、自然治癒力を高める効果も。 それぞれの施設により楽しめるお湯が違うので、事前にチェックしてからのお出かけがおすすめです。 スポット詳細• 名称:有馬温泉• 住所:兵庫県神戸市北区有馬町• アクセス: 神戸電鉄「有馬温泉駅」で下車 阪神高速7号北神戸線「西宮山口南IC」からすぐ• 公式URL:• おすすめキーワード• その他• ただし、比較する料金は世の中で誰でも確認できる一般公開したプランのみが対象となります。 copyright c All rights reserved ASOVIEW Inc.

次の

日帰りで行ける!関西エリアのおすすめ観光スポット20選

プチ 旅行 関西

クルージングやボート遊び、湖沿いをゆったり散策したり雄大な自然の中でたくさんのレジャーが楽しめます。 1950年国定公園に指定されたのを機に選定された琵琶湖八景の風光明媚な景観は、多くの詩歌や絵画にも表されています。 \口コミ ピックアップ/ すごく綺麗な景色。 食事も美味しかった。 店員の対応も良かったです。 晴れていたので一望できる景色が最高でした (行った時期:2019年6月17日) どこから眺めても本当に美しい。 湖岸を散策する人も多いが、誰もが穏やかな表情になれる気がした。 朝、昼間、夕方、夜と、いつの時間帯でもOK。 近江商人の発祥と発展、また町の繁栄に八幡堀は大きな役割を果たし、江戸時代後期には近江国において大津と並ぶ賑わいを見せた。 昭和初期までは、常に町の人々の経済・流通路であったが、戦後は陸上交通の発展によって廃れた。 堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、華やかだった当時の様子を今も伝えている。 日牟禮八幡宮の大鳥居をくぐったところには堀に「白雲橋」がかかり、橋からは、かつて全国各地から送られてきた物産を一時保管した土蔵が見られる。 近年になって観光名所として整備され、船着き場などが復元された。 近江八幡市のメインの観光スポットである。 \口コミ ピックアップ/ 今回舟には乗ってないんですがタイムスリップでもしたかのようで雰囲気が良く散歩しているだけでも満足しました。 (行った時期:2019年5月) 八幡堀を船で観光しました。 時代劇に出てくるスポットもありのんびり楽しめました。 街歩きも風情があってよかったです。 イザナギの命がイザナミの命のもとに、天から通うためにかけたという伝説が残る自然がつくり出した橋。 6kmの砂に約8000本もの松並木が続き、神秘的な美しさを持つ。 天橋立の中には船が通るたびに90度回転する珍しい廻旋橋などがあり、絶景を眺めながらのんびり散策できる。 \口コミ ピックアップ/ 久々に行きました。 かなり歩きましたが行って良かったです。 景色も最高でした。 歩く方は運動靴がいいと思います。 (行った時期:2018年3月) いつもは上から眺めるばかりでしたが、今回はゆっくり歩いてまわりました。 景色は素晴らしいし、途中で恋愛の神様のいらっしゃる神社もありました。 帰りは慣れない自転車をレンタルしましたが、これがめっちゃ気持ち良く楽しい!ぜひともレンタサイクルで回ることをオススメします。 この地に、「映画の灯りを守ろう」と誕生したのが東映太秦映画村。 映画をテーマにしたアミューズメントゾーンで、昔の街並みを再現した時代劇のオープンセットでは撮影が行なわれ、迫力満点の立ち回りが見られる。 特撮ヒーローキャラクターのショーや展示イベントなど、映画作りの舞台裏や映画の魅力を満喫できる。 また、約30種の本格的な時代劇扮装が楽しめる「時代劇扮装の館」もある。 \口コミ ピックアップ/ 初めて行きましたが、予想以上に楽しめ、一日中いました。 子供でも楽しめます。 色んな時間になると色んなスポットでイベントが行われ、チャンバラは迫力があって面白かったです。 (行った時期:2018年1月) 色々なジャンルのキャラクターとのコラボが楽しい。 巡っている間に出会う町人姿のスタッフさんも優しく声をかけてくれます。 土日はヒーローショーがあるため子供さんが多いけれど、大人は平日まったりと巡るのがおススメです。 「ひらパー」の愛称で親しまれ、総面積16万平方メートルとコンパクトサイズだが、起伏に富んだ地形をうまく利用して約40種ものアトラクションを配置している。 全長695. 6m、最高時速58. 1kmの木製コースター「エルフ」は、木製ならではの揺れと柔らかい乗り心地によって、恐怖と心地よさが同居している絶叫系ヒーリングアトラクションだ。 「レッドファルコン」は、全長約1300m、最高時速70kmの乗りごたえ抜群のジェットコースター。 「ジャイアントドロップメテオ」は、猛スピードで一気に落下する超絶叫マシンで、意識も遠のく垂直落下の恐怖を体感できるアトラクションのひとつ。 かわいい動物や美しいバラが楽しめるスポットもあり、夏はプール、冬はスケートやスノーランド(雪遊び広場)も登場。 \口コミ ピックアップ/ 子供の頃、ひらパーにはよく行きました!夏はプール、冬はスケート。 眺望はすこぶるよい(国立公園)。 \口コミ ピックアップ/ 大阪から摩耶山掬星台までの間、六甲山をドライブしました。 早朝だったため、六甲牧場やその他の施設には営業時間外でしたが、展望台からの景色は最高でした。 ゆっくり走行する六甲山ドライブもいいもんですね。 (行った時期:2019年6月) 六甲山牧場に行きましたが、羊が放し飼い されてておもしろかったです。 大人3人で行きましたが、羊に触れるのも初で 楽しめました。 白く輝く姫路城をぜひご覧ください。 \口コミ ピックアップ/ 前々から行きたかった姫路城に初めて行けました。 そのスケールにただただ圧倒されました。 お菊の井戸や将軍坂もここなんですね 大満足でした (行った時期:2019年12月) 白鷺城、姫路城へ。 その名の通り、白いお城で美しいです。 大天守最上階へと登る階段は意外ときついですw よい運動になりました。 姫路のシンボル!ぜひ、行ってみて下さい。 \口コミ ピックアップ/ 昼から夜にかけて行きました。 ポートタワーが夜になると素敵に光り、綺麗な景色を見ることができました。 神戸牛を食べれるレストランがいくつもあり、神戸の美味しいプリンのお店もあり、神戸の思い出がたくさん作れるスポットです。 (行った時期:2018年3月) 神戸は海も山も綺麗で、夜景も昼間も楽しめます。 メリケンパーク、ハーバーランド付近は昼間はグルメ、散策、夜はポートタワーを360度どの方向から見ても、綺麗な景色と夜景が楽しめます。 元町、南京町と近いので歩いて行けます。 オススメです。 奈良の大仏で親しまれる盧舎那仏始め国宝、重文級の文化財が多い。 世界遺産「古都奈良の文化財」の8資産群のうちのひとつ。 \口コミ ピックアップ/ 奈良の歴史をボランティアの方に教えてもらい、すごくわかりやすくて勉強になりました。 おかげで東大寺がより興味深いものになり、またさらに古都奈良の歴史を探求したいと思いました。 ありがとうございました。 (行った時期:2018年2月) 早朝、一番乗りに近く、まだ、人が少ないうちに行きました。 おかげで、ゆったりした心持で参拝できました。 又来たいです。 地中海の港街をイメージしたテーマパーク。 ポルトヨーロッパ、国際級マリーナ、海釣り公園、温泉施設、リゾートホテルなど複数のエリアで構成され、多彩な施設が充実。 \口コミ ピックアップ/ 黒潮市場に隣接しています。 マリーナという名前の通り、ヨットがいっぱいでした。 欧州風のお洒落な建物は、飲食店が多いようです。 (行った時期:2019年7月) 大好きなポルトヨーロッパや黒潮市場があります。 良く遊びにいきます。 温泉もあり、一日、家族で中楽しめます。 晴れの時には、淡路島まで見渡せます。 島は、明治時代から第二次世界大戦まで、軍事要塞として使用されていました。 現在でも、その歴史を彷彿とさせる砲台跡などがあります。 \口コミ ピックアップ/ 明治時代に造られた軍事要塞が自然と共存している島です。 整備され過ぎていないところがこの島の魅力だと思います。 (行った時期:2019年7月) 夏に家族で行きました。 冒険気分を味わえます。 子供が大変喜びましたので子連れがお勧めです。 大人も楽しかったです (行った時期:2018年8月).

次の