トリコ ラスボス。 トリコ グルメモンスターズ!

【トリコ】最終回はどうなる?ラスボスとの戦いはいかに!

トリコ ラスボス

トリコは2008年から連載が開始し、およそ8年の連載を経て 最終回を迎えることができました。 当初は打ち切りになるんじゃないかと、読者の間で不安が広がっていましたが、そういうことは無かったんですね。 そんなトリコの最終回ですが、とんでもない裏話があるのをご存知ですか? ここでは、 トリコの最終回の内容や今後の予想について紹介していきます。 スポンサーリンク 1.トリコの最終回は誰も予想できないものだった… トリコの最終回は、誰もが予想できない衝撃的なものでしたので、以下からネタバレしていきますね。 あらゆるものを食べ尽くす「ネオ」が、体内に入り込み底のない食欲を生み出していたアカシア。 アカシアの真の目的は、悪役を演じ周囲から 「怒り」の感情を向けさせ、ネオが今まで食べてきたものを吐き出させることでした。 スポンサーリンク トリコの攻撃を受け、アカシアは死亡しネオは食べたすべてのものを吐き出すことになったのです。 アカシアの真意を知った三虎は、自分が持つすべてのエネルギーを解放して地球を再生。 復活した地球で、トリコは披露宴にて自身のフルコースを振る舞います。 星のフルコースが、本来は神々が住む「最果ての地」のフルコースの食材であるとも判明。 はるかな宇宙を目指し、 食欲と同じように終わりのない旅をトリコ達は続けるのでした。 トリコの最終回は宇宙に旅立つという、スケールの大きな終わり方だったんですね。 2.最終回で小松が作った8品の料理がヤバかった… 最終回ではトリコの披露宴が行われ、小松シェフが中心になり トリコのフルコースが振る舞われました。 本作の集大成とも言える、多くの人に感動を与えるフルコースの数々が判明しているので紹介しますね。 1品目:「BBコーンのポップコーン」…メルクの星屑が調味料に使われた、とてつもなく大きなポップコーン• 2品目:「センチュリースープ」…湯気がオーロラになるとても美しいスープ• 3品目:「オウガイのグリル」…絶滅種の魚を"王酢ソース"で味付けしたもの• 4品目:「完象エンドマンモスのステーキ」…ネオの肉を使用したステーキ• 5品目:「GOD」…地球とスイカが合体した外見で、頬張ると涙が出る味• 6品目:「食宝エア」…野菜の王様と言われるオゾン草を添えたサラダ料理• 7品目:「虹の実」…七回味が変わるフルーツの王様• 8品目:「ビリオンハードの卵」…世界一美味しいコーラで気持ち良いコンディションに仕上げてくれる締めの一品 どの食材も希少性が高く、特にメインディッシュのステーキはラスボスと表現されているネオの肉を使用しています。 スポンサーリンク そのネオもフルコースに与っているので、自分を食べているような感覚になるのではと心配する声も…。 いずれにしても、トリコが最終回で振る舞ったメニューは絶品ばかりでした。 3.最終回に対する世間の意外な反応 食欲と旅をかけており、食欲に終わりが無いのと同じように、トリコ達の旅も終わらないという形で締めくくられた最終回。 スケールが大きくなり、 宇宙を飛び出すようになったトリコたち。 含みを持たせるような最終回に、世間からは様々な反応がありました。 何もかもが中途半端で終わった感じがする• 物語の途中からダラダラしすぎてしまったね• インフレが止まらなくて頭の中が混乱している• もう少しスッキリした終わり方にしてほしかった• 8年も付き合ったのに、あっさり振られた気分になった 終わり方に不満を持つ読者は多く、気分が晴れていない様子です。 4.最終回から読み取れる今後の予想 トリコが最終回を迎えた事で、今後の展開が予想できるようになりました。 トリコのファンが予想するに、 「宇宙を舞台にした続編が始まる」としています。 最終回に登場した「スペースタイパン」という宇宙に生息する怪獣は、体長が8000万kmにも及ぶんですね。 捕獲レベルはなんと53万と桁違いであり、宇宙スケールの旅が始まる含みを持たせています。 つまり作者自身も、ここで終わるとは考えておらず、地球を飛び出し宇宙を旅する第二弾を考えているのではないか…。 ファンはこのように予想しており、今後の展開に期待を膨らませています。 まとめ ここでは、 トリコの最終回の内容や今後の予想について紹介していきました。 トリコの最終回は、アカシアの真意が判明し地球が復活して、トリコのフルコースが振る舞われます。 そして、トリコたちはまだ見ぬ食材を求めて地球を飛び出し、宇宙を旅するという形で締めくくられたのです。 今後、第二弾も考えられる含みを持たせた終わり方だったので、続編に期待したいですね。

次の

【トリコ】最終回はどうなる?ラスボスとの戦いはいかに!

トリコ ラスボス

第1章から登場した技• ミキサーパンチ• GTロボの腕をミキサーのように回転させ、相手の肉を抉り取る。 熱消毒• 熱で自らの体を焼くことにより、毒を消し去る。 キャンプファイアー• 自らの体を中心に、周囲を炎上させる。 キャンプファイアー "中火"• キャンプファイアーの強化版。 闇料理の会場を一瞬で消し飛ばすほどの火力を持つ。 手を炎で包んで攻撃をガードする。 その火力はトリコのフォーク釘パンチを全て燃やし尽くすほど。 炎の竜巻 "火炎旋風"• バーナーナイフを振りかざして、炎の竜巻を起こす。 キャンプファイアー "強火"• キャンプファイアーの強化版。 トリコのフォークアーマーを完全に溶かし尽くすほどの火力を持つ。 バーナー炙り刺し• バーナーナイフで相手を突き刺し、炙る。 一刀焼き切り• バーナーナイフによる強力な斬撃。 バーナーパンチ• 炎を纏った強力なパンチ。 ファイアースピア• 炎で作り出した槍で、相手を貫く。 火盾 "ボーンフライ"• 火盾をかざし、襲いかかってきた相手の体を骨まで炙る。 バーナーショット• バーナーのように長く伸びた炎の弾丸を無数に撃ちこむ。 激熱 火炎放射• アニメオリジナルの技。 相手に向かって勢い良く火炎を放つ。 火炎烈風• アニメオリジナルの技。 蹴りとともに足から炎を放つ。 アルティメットルーティーン• 詳しくはを参照。 アニメではトリコのアルティメットルーティーンを見様見真似で習得したという設定に。 暗技"蘇生包丁"• 詳しくはを参照。 ゲームオリジナルの技• ミートハンマー• のオリジナル技。 GTロボの両腕で相手を思いっきり叩きつける。 炎炙り• のオリジナル技。 炎を宿した両腕を前方につきだして、火炎放射攻撃を行う。 千斬り• のオリジナル技。 包丁に見立てた手を高速で動かして敵をみじん切りにする。 隠し包丁• のオリジナル技。 目にも止まらぬ早業で、手を包丁に見立てて突進して斬りつける。 鬼おろし• のオリジナル技。 鋼のように硬くした指で敵を削るようにひっかく。 火炙り• のオリジナル技。 手に炎を宿し、前方に向かって放つ。 灼熱炙り• のオリジナル技。 マグマのように熱せられた両拳を振り、巻き上がる灼熱の炎で敵を焼きつくす。 那由多切り• のオリジナル技。 剣のような包丁を手に取り、ものすごいスピードで敵を切り刻む。 のオリジナル技。 基本技の一つ。 高熱の炎を纏わせた手刀を袈裟斬りに振り下ろす。 手刀連撃• のオリジナル技。 基本技の一つ。 居合のように手刀を横薙ぎに切り払い、更に半歩踏み込んで鋭い突きを放つ。 手刀両断• のオリジナル技。 基本技の一つ。 一回転して下から踏み込みつつ手刀で斬り上げる。 灼熱タックル• のオリジナル技。 基本技の一つ。 鋭いダッシュから全身を炎に纏って、クロスチョップを繰り出す。 灼熱アッパー• のオリジナル技。 基本技の一つ。 全身を炎に纏って、回転しながらアッパーを放つ。 マグマ花火• のオリジナル技。 基本技の一つ。 手に宿した炎を斜め上に向かって射出する。 ダブルキック• のオリジナル技。 基本技の一つ。 空中で回し蹴りを放つ。 灼熱フィンガー• のオリジナル技。 基本技の一つ。 空中を水平に突き進みながら、炎を纏った手で突きを放つ。 砕氷ドリル蹴り• のオリジナル技。 基本技の一つ。 全身を炎に纏って、ドリルのように回転しながら真下にキック攻撃を行う。 空中マグマ花火• のオリジナル技。 基本技の一つ。 斜め下に向かって火炎を放射する。 灼熱地獄 マグマボイル• のオリジナル技。 必殺技の一つ。 周囲の地面から灼熱のマグマを噴き出させる。 右熱手刀• のオリジナル技。 最初に繰り出される基本技の一つ。 左熱手刀• のオリジナル技。 最初に繰り出される基本技の一つ。 右バーナー• のオリジナル技。 空中で最初に繰り出される基本技の一つ。 左バーナー• のオリジナル技。 空中で最初に繰り出される基本技の一つ。 ターンライター• のオリジナル技。 腕に炎を宿し、回転して敵を巻き上げながら上空に飛び上がる。 セクターファイアー• のオリジナル技。 手のひらから炎を発し、敵を横一文字に焼き払う。 バーストコンロ• のオリジナル技。 自分を中心に、周囲全方向に炎を噴出させる。 フランベ• のオリジナル技。 手にした炎の塊を投げつける。 ヒューズ• のオリジナル技。 全身に炎を纏って前方に突進する。 火の玉• のオリジナル技。 空中から炎を纏ったままナナメ下方向へと急降下攻撃を行う。 のオリジナル技。 横一文字に伸びた炎を水平方向に発射する。 のオリジナル技。 両手から発した炎を合わせ、巨大な火の輪を生み出して前方に放つ。 踏み込み• のオリジナル技。 前方に向かって瞬間高速移動をする。 火力調節• のオリジナル技。 炎を掲げて精神を研ぎ澄ませることで、攻撃力と熟成能力を高める。 残り火• のオリジナル技。 精神を集中し、自身の攻撃による炎上効果の発生率を高める。 ドラゴンブレス• のオリジナル技。 ブラガドラゴンを召喚し、青色の火球で敵を焼きつくす。 関連項目•

次の

スタージュン

トリコ ラスボス

トリコは2008年から連載が開始し、およそ8年の連載を経て 最終回を迎えることができました。 当初は打ち切りになるんじゃないかと、読者の間で不安が広がっていましたが、そういうことは無かったんですね。 そんなトリコの最終回ですが、とんでもない裏話があるのをご存知ですか? ここでは、 トリコの最終回の内容や今後の予想について紹介していきます。 スポンサーリンク 1.トリコの最終回は誰も予想できないものだった… トリコの最終回は、誰もが予想できない衝撃的なものでしたので、以下からネタバレしていきますね。 あらゆるものを食べ尽くす「ネオ」が、体内に入り込み底のない食欲を生み出していたアカシア。 アカシアの真の目的は、悪役を演じ周囲から 「怒り」の感情を向けさせ、ネオが今まで食べてきたものを吐き出させることでした。 スポンサーリンク トリコの攻撃を受け、アカシアは死亡しネオは食べたすべてのものを吐き出すことになったのです。 アカシアの真意を知った三虎は、自分が持つすべてのエネルギーを解放して地球を再生。 復活した地球で、トリコは披露宴にて自身のフルコースを振る舞います。 星のフルコースが、本来は神々が住む「最果ての地」のフルコースの食材であるとも判明。 はるかな宇宙を目指し、 食欲と同じように終わりのない旅をトリコ達は続けるのでした。 トリコの最終回は宇宙に旅立つという、スケールの大きな終わり方だったんですね。 2.最終回で小松が作った8品の料理がヤバかった… 最終回ではトリコの披露宴が行われ、小松シェフが中心になり トリコのフルコースが振る舞われました。 本作の集大成とも言える、多くの人に感動を与えるフルコースの数々が判明しているので紹介しますね。 1品目:「BBコーンのポップコーン」…メルクの星屑が調味料に使われた、とてつもなく大きなポップコーン• 2品目:「センチュリースープ」…湯気がオーロラになるとても美しいスープ• 3品目:「オウガイのグリル」…絶滅種の魚を"王酢ソース"で味付けしたもの• 4品目:「完象エンドマンモスのステーキ」…ネオの肉を使用したステーキ• 5品目:「GOD」…地球とスイカが合体した外見で、頬張ると涙が出る味• 6品目:「食宝エア」…野菜の王様と言われるオゾン草を添えたサラダ料理• 7品目:「虹の実」…七回味が変わるフルーツの王様• 8品目:「ビリオンハードの卵」…世界一美味しいコーラで気持ち良いコンディションに仕上げてくれる締めの一品 どの食材も希少性が高く、特にメインディッシュのステーキはラスボスと表現されているネオの肉を使用しています。 スポンサーリンク そのネオもフルコースに与っているので、自分を食べているような感覚になるのではと心配する声も…。 いずれにしても、トリコが最終回で振る舞ったメニューは絶品ばかりでした。 3.最終回に対する世間の意外な反応 食欲と旅をかけており、食欲に終わりが無いのと同じように、トリコ達の旅も終わらないという形で締めくくられた最終回。 スケールが大きくなり、 宇宙を飛び出すようになったトリコたち。 含みを持たせるような最終回に、世間からは様々な反応がありました。 何もかもが中途半端で終わった感じがする• 物語の途中からダラダラしすぎてしまったね• インフレが止まらなくて頭の中が混乱している• もう少しスッキリした終わり方にしてほしかった• 8年も付き合ったのに、あっさり振られた気分になった 終わり方に不満を持つ読者は多く、気分が晴れていない様子です。 4.最終回から読み取れる今後の予想 トリコが最終回を迎えた事で、今後の展開が予想できるようになりました。 トリコのファンが予想するに、 「宇宙を舞台にした続編が始まる」としています。 最終回に登場した「スペースタイパン」という宇宙に生息する怪獣は、体長が8000万kmにも及ぶんですね。 捕獲レベルはなんと53万と桁違いであり、宇宙スケールの旅が始まる含みを持たせています。 つまり作者自身も、ここで終わるとは考えておらず、地球を飛び出し宇宙を旅する第二弾を考えているのではないか…。 ファンはこのように予想しており、今後の展開に期待を膨らませています。 まとめ ここでは、 トリコの最終回の内容や今後の予想について紹介していきました。 トリコの最終回は、アカシアの真意が判明し地球が復活して、トリコのフルコースが振る舞われます。 そして、トリコたちはまだ見ぬ食材を求めて地球を飛び出し、宇宙を旅するという形で締めくくられたのです。 今後、第二弾も考えられる含みを持たせた終わり方だったので、続編に期待したいですね。

次の