岩手 医科 大学 webclass。 岩手医科大学

入試結果

岩手 医科 大学 webclass

私たちは本来生まれつき他者と共感する能力を持っており、それが身体、とりわけ脳の中に押し込められることで、心が「小さな私」へと限定されていくと考えるべきだ、という筆者の意見は、私に「わかる」ということについての大きな発想の転換をもたらした。 私たちは通常、他者とは基本的に「わかり合えない存在」であり、外的な観察や言語のやり取りによって「わかる」方へと近づいていくと考えている。 しかし人は身体と精神とをもつ一個体として他者から隔てられている。 だから他者の気持ちを「わかる」と言い切ることに強い抵抗を感じるし、逆に他者からの的外れな共感の表明にうんざりする。 しかしラマチャンドランの実験が示すのは、皮膚の隔てがなければ人は他者の痛みを自己の痛みとして感じられる、というものであった。 私はこの「皮膚」とは「自分という壁」という言葉に置き換えられると思う。 例えば医師が患者を「わかる」場合、そのわかり方は「医師という壁」に隔てられている。 筆者はそうした「自分という壁」を解放し、私たちを横断する「共感の空間」へと身を委ねて他者に近づくことが必要だ、と言っているように思える。 それは「親身」「寄り添い」という言葉が本来意味しているものと同じだろう。 私たちは自らの皮膚を無くすることはできないが、その皮膚を想像力によって相手の皮膚に重ね合わせることはできる。 そうした「わかる」を、私も目指していきたいと思った。 (595字) 関連記事• 【小論文解答】:2017年/岩手医科大学/医学部/本試験•

次の

岩手医科大学/大学トップ|マナビジョン|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

岩手 医科 大学 webclass

私たちは本来生まれつき他者と共感する能力を持っており、それが身体、とりわけ脳の中に押し込められることで、心が「小さな私」へと限定されていくと考えるべきだ、という筆者の意見は、私に「わかる」ということについての大きな発想の転換をもたらした。 私たちは通常、他者とは基本的に「わかり合えない存在」であり、外的な観察や言語のやり取りによって「わかる」方へと近づいていくと考えている。 しかし人は身体と精神とをもつ一個体として他者から隔てられている。 だから他者の気持ちを「わかる」と言い切ることに強い抵抗を感じるし、逆に他者からの的外れな共感の表明にうんざりする。 しかしラマチャンドランの実験が示すのは、皮膚の隔てがなければ人は他者の痛みを自己の痛みとして感じられる、というものであった。 私はこの「皮膚」とは「自分という壁」という言葉に置き換えられると思う。 例えば医師が患者を「わかる」場合、そのわかり方は「医師という壁」に隔てられている。 筆者はそうした「自分という壁」を解放し、私たちを横断する「共感の空間」へと身を委ねて他者に近づくことが必要だ、と言っているように思える。 それは「親身」「寄り添い」という言葉が本来意味しているものと同じだろう。 私たちは自らの皮膚を無くすることはできないが、その皮膚を想像力によって相手の皮膚に重ね合わせることはできる。 そうした「わかる」を、私も目指していきたいと思った。 (595字) 関連記事• 【小論文解答】:2017年/岩手医科大学/医学部/本試験•

次の

岩手医科大学

岩手 医科 大学 webclass

関連リンク• 脳神経内科・老年科では、大脳、小脳、脊髄、末梢神経および筋肉に原因を有する疾患を対象に診療を行っております。 このような疾患は、頭が痛い(頭痛)、手足のふるえ、手足の脱力(麻痺)、しびれ、感覚障害、めまい、ふらつき、歩行障害、けいれん発作、意識障害、失神、記憶力の低下、認知症、複視(ものがだぶって見える)、嚥下困難、言葉のもつれなど様々な症状を呈します。 代表的な疾患としては、脳血管障害(一過性脳虚血発作、脳梗塞、脳出血など)、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、認知症(アルツハイマー病、脳血管性認知症など)、クロイツフェルトヤコブ病、重症筋無力症、筋炎、末梢神経障害、ギランバレー症候群、緊張性頭痛、片頭痛、群発性頭痛、髄膜炎、脳炎、多発性硬化症、てんかん、筋萎縮性側索硬化症などがあります。 専門外来として、脳血管障害、頭痛、認知症、パーキンソン病、免疫性神経疾患外来があり、脳神経外科、整形外科、精神神経科などと連携して、診療にあたっています。 脳神経内科・老年科の診療は、主治医制とグループ制を併用して行っています。 患者それぞれに一人の主治医が決定されますが、その主治医は数人で構成されるグループにも属しています。 グループでも診察・回診・画像診断・検査所見の検討を行いながら、診断・治療方針を決定します。 さらに部長回診、週2度のモーニングカンファランスとカルテ回診を行っており教室全体でも病態を検討し、治療方針を確認し、2重、3重のチェック体制をとっております。 入院は、外来で入院による精査・加療が必要と考えられた全ての方に対して行っています。 認知症については、メモリークリニックという専門外来にて診療、知的機能検査、血液検査および画像検査を行い、紹介していただいたかかりつけ医とその情報を提供し連携して診療を行なっていますが、入院検査が必要な場合には外来受診時に入院予約し約1週間で数種類の知的機能検査、画像検査などを行い、診断を確定する方法をとっています。

次の