フラット 7。 月々1万円のカーリース「フラット7」は本当にお得なの?

話題の軽自動車専用リース「フラット7」。人気の裏にあるのは「先を見据える力」

フラット 7

オニキス(株式会社オートコミュニケーションズ)が2015年より新たに展開した「 」。 それまで車販施策として残価設定ローン「ワンナップシステム」を展開してきた同社が新たな販売システムに乗り出したのは、他でもなく、だという。 ネットでは賛否両論が展開されてきた、新車に半額で乗れる「ワンナップシステム」と似たような仕組みをディーラーが展開しているということは、その仕組みが特定の顧客にとってとても喜ばれる車販方法だったと言えます。 それはさて置き、毎月1万円(ボーナス月は3万円)で7年間、リースで軽自動車に乗るという「フラット7」という車販システムは、利用者にとって本当にメリットがあると言えるのでしょうか…? 判断のポイントは「所有」か「使用」か カーリースの一番のポイントは、リース契約の間は、運転者がその所有者にはなれない、ということ。 7年後にそのままリース契約を継続するか、残額を支払って「所有者」になるか、車を返却するか、別の新車に乗り換えるか、ということになります。 また、「所有」に伴う車検やメンテナンス管理については基本的に自己責任ということになりますが、「フラット7」であれば車検も税金も月々の定額1万円の中に含まれているために、経済的なメリット以上に「管理のしやすさ」という点でもアドバンテージがあります。 ここでも気になる「金利」の話 ただし、言い換えると7年ローンを組んで最後に買い取りに出すのと全体の合計額は変わりませんので、売り手としての儲けは同じです。 このシステムは売り方を工夫しているだけです。 つまり、7年ローンのための金利は発生しますから、まとまった金額をお持ちの方が現金や短期ローンで購入する場合と比較して、トータルの支払額は少し多くなるかもしれません。 しかし、毎月1万円(ボーナス時は3万円)、しかもオイル交換を含むメンテナンスサポートが含まれているということが、車に詳しくない女性客にも「分かりやすい」という理由で人気を集めています。 「所有したい」人にとっては総額が金利の分だけ余分に掛かってしまうためにコスト面でデメリットになりますね。 逆に、金利を「運転者側の管理をラクにしてくれる フルサポートの手数料」として考えてみれば、受け入れやすいかもしれません。 販売店との良いお付き合いを メンテナンスのサポートが付くということは、7年間に渡って販売店との関係性が続くということになります。 つまり、対応も愛想も悪い販売店で購入してしまうと、7年間ずっと嫌な思いをさせられることになるわけです。 その点、対応がシッカリした販売店で「フラット7」で軽自動車を購入すれば、定期的に販売店からのサポートが得られることによって車の維持にまつわるストレスが軽減され、気持ち良いカーライフを7年間送ることができるというわけです。 7年ローンを組んでローンを支払い終える頃にはそろそろ新車に乗り換えたい頃…。 もしその時に新車を購入しようとする場合、下取り価格や中古販売価格が「フラット7」利用時の「7年後の買い取り額」と比べてどうなるか、というのがポイントになります。 しかし、「 わかりやすさ」「 管理のしやすさ」「 低額リース」という3大メリットを考えてみると、ぜひお勧めしたいシステムなんです。 [株式会社オートコミュニケーションズ].

次の

月々1万円のカーリース「フラット7」は本当にお得なの?

フラット 7

7年たちました。 ここで、その後の車はどうなるのでしょう。 1番を考えますと、リースが終わっている(すべて支払い終わっている)ので新しい車に乗り変えられます。 でも、2番で乗り続けるには契約延長(再リース)が必要と書いてあります。 3番では「買い取る」と記載され、4番ではご返却と有ります。 つまり、ローン終了とは違いリース期間満了となっただけで、残クレジットがあるようです。 この、残価設定型クレジット(残クレ)によって安くなっているように見えているんですね。 では、このを見てみましょう。 新車価格 150万円 頭金 0円 残価 50万円 150万-0円-50万=100万 84回払い(7年) 100万円を84回分割で払うので、月々の返済は11,904円となります。 だと、150万円なので17,857円となることを考えると安く感じます。 で、リースが終わった時に上記内容からの選択が迫られるわけですね。 リースが終わったら車がもらえる所もありました。 (さすがに短い期間では無理なようですが)これなら、も解決ですね。 フラット7を色々見てきました。 肝心の取り扱い車両はどうなんでしょう。 ラインナップは軽自動車だけのようです。 国産全車種OKと言うわけにはいかないようです。 一番安い車両で見てみます。 (ボーナス払い無しにすると、5400円追加ですが、計算すると同じになります) 中々安いのかな?大手2社を見てみましょう。 7年リースで見てみます。 オリックス以外は、ので安くないですね。 (コスモは動的にページ生成しているからリンク先でないか) オリックスは、特選車設定があり、いまのりナインにすると14,040円でなので、自分の車になります。 フラット7の7年リースの料金で、9年リースですが最後は自分の車になります。 しかもグレードがLです。 いまのりナイン 総額 1,458,000円 オリックス自動車 総額が 278,640円 以下ならフラット7の方が安いのかな。 関連する記事• 2018. 27 運営会社 株式会社 MIC(ミック) やっている事 ガソリンスタンド、指定整備工場、車買取販売事業、レンタカー、板金 関連[…]• 2018. 28 運営会社 コスモ石油マーケティング株式会社 やっている事 石油製品販売、カーリース等 関連会社 コスモエネルギーホールディ[…]• 2019. 15 運営会社 株式会社ジョイカルジャパン やっている事 1. フランチャイジー本部の運営及びパートナー店の展開 2019年5月[…]• 2018. 07 運営会社 カーコンビニ倶楽部株式会社 やっている事 自動車軽板金補修を軸に自動車向けトータルアフターサービスを提供する「カーコンビニ倶楽[…]• 2018. 13 運営会社 オリックス自動車株式会社 やっている事 自動車リース、レンタカー、カーシェアリング、中古車販売・売却サポート 拠[…].

次の

フラット7の全デメリット・メリット!評判から分かる人気の理由

フラット 7

概要について教えてください。 今村智氏(以下、今村):「フラット7」は軽自動車の新車に、7年間かかる全ての経費を込々にして、「リース」という方法でお乗りいただけるというサービスです。 購入時にかかる車の代金や各種オプション、さらに乗り続ける間にかかる自動車税や車検代、オイル交換代やその他消耗品の費用など、7年間のメンテナンス費用を我々がプロの目線から算定。 お客様は自分が気に入ったクルマを選んで乗っていただき、月々一定の費用をお支払いいただくだけというシステムです。 今村:フラット7を使用されている方の平均年齢は48歳。 お若い方から年金を受給されている方までさまざまです。 例えば、契約から3年目と5年目には必ず車検を受けなければなりませんが、直前まで忘れていると突然の出費で、誰でもちょっと困るかと思います。 しかし、「フラット7」なら毎月一定額の支払いなので、突然の出費は発生せず、 全年代のお客様に安心してご利用いただけるプランです。 今村:昔ならば、家族で展示場にクルマを見に行って、息子はクラウンやアリストを欲しがる一方で、両親は軽自動車やコンパクトカーを勧めてケンカになるという光景をよく見かけましたが、今はほとんど見なくなりました。 若い方々のクルマへの興味が薄れている、クルマへのこだわりが無くなってきているのを如実に感じます。 だからこそ「月々1万円で乗れる!」というシンプルな買い方が受け入れられていると感じています。 今村:実はこれまでもマイカーリースという販売形態はさまざまな会社さんがやってきており、弊社でも何度も試してきました。 しかし、既存のリースはどれも売れ行き好調とは言えませんでした。 費用を安く抑えられたという点がまず1つ。 さらに、根本的に違う点として、 これまでのリースは値段が高かったという点も挙げられます。 ユーザーの目線に立っておらず、販売側の都合や利益をメインに考えていたので、それを一から見直しました。 「フラット7」はクルマ本体の価格から差し引いた「残存価格(残価)」の部分が他社のリースの残価よりも多く、月々のお支払も抑えることができるのです。 例えば、購入から7年後に自動車を下取りするため、必ず残価は設定しなければなりませんが、これまではリース会社が金額が設定されており、事故などのリスクから、非常に低い金額に見積もられていました。 しかし、私たち販売店は自動車の相場を持っています。 そこで、我々が考えて独自に設定した残価をリース会社に交渉して飲んでもらい、月々設定の料金を安く抑えることができるようになりました。 「フラット7」はリース会社さんの協力により実現した安価プランなのです。 後発のサービスも出始めていますが、おそらく販売台数は他を圧倒しているという自信があります。 フラット7はクルマ屋さんが考える以上に、ユーザーさんが求めていた買い方なんだということがサービスを始めてみて分かりましたね。 Advertisement 関連する記事• 2016. 22 今月中旬、千葉の幕張メッセで「ジャパンキャンピングカーショー2016」が行われました。 クルマの知識なしの独身女子が物見遊山で行ってみました! 目次 1[…]• 2019. 29 2018年度の自動車販売台数年間ランキングで、堂々の7位を獲得したのがホンダ「フィット」です。 現在「フィット」は、ホンダでは最大の売れ筋モデルといえ[…]• 2016. 2018. jp 前回はトヨタ・ランドクルーザーがこの世に誕生してから現在に至るまでの軌跡を簡単に紹介しました。 登場から1[…]• 2015. 01 突然ですが、10年前に最も売れていた自動車をご存知ですか? 今回編集部では、一般社団法人日本自動車販売協会連合会の公式データを元に、10年前に最も売れ[…].

次の