フォート ナイト かくれんぼ。 【フォートナイト】マシンピストルがバグで出現!?DPS高めでかなりの強武器か【新武器】

【フォートナイト】瞬間移動装置を使ってかくれんぼをしたらおもしろすぎたwww

フォート ナイト かくれんぼ

2018年のビデオゲーム市場に大きな話題をもたらしたバトルロイヤル作品『フォートナイト』では、 12月 6日より配信中のシーズン 7にて、ユーザーが自分でオリジナルマップを作成できるクリエイティブモードが実装された。 このモードは通常のバトルロイヤルと違い、ユーザーが建築物やアイテム、リスポーン地点などを設定して一からマップを作り上げていく。 既存マップに無い巨大な城を築き上げたり、乗り物専用の競技コースで本格的なレースも開催できる。 要は最大 16人まで参加できるプライベートサーバーと考えてもらえると分かりやすいかもしれない。 現在『フォートナイト』では、このクリエイティブモードを駆使してユニークなマップを作成するムーブメントが世界規模で流行している。 そこで本稿では、 YouTubeに投稿されている海外ユーザーのマップ紹介動画から、筆者が独断で選んだオリジナリティ溢れるマップを計 5つほどピックアップ。 どれも通常プレイでは見られないものばかりなので、いつもはバトルロイヤルしか遊ばないユーザーもぜひ見てもらいたい。 The NUKETOWN Map in Fortnite.. 最後に取り上げるのは、シーズン 7より追加された戦闘機「」に乗り込んで戦う空中戦マップ。 構造自体は幾つかのタワーから成るシンプルなマップだが、 16人のユーザーが同時にドッグファイトを繰り広げる光景は圧巻の一言に尽きる。 各種制限を気にせずに、乗り物やアイテムを好きなだけ用意して自分なりのミニゲームが作成できるのも、クリエイティブモードの醍醐味だ。 ユーザーマップを公式マップに採用する「ザ・ブロック」発表 『フォートナイト』を運営する Epic Gmaesは、ユーザーが作成したオリジナルマップを公式マップ内の特別区画へ採用する「ザ・ブロック」を発表している(より)。 「我こそは!」という場合は、クリエイティブモードを起動して他の誰にも真似できないマップを考えてみるのも良いだろう。 既存の地形を意識したシンプルな作品が採用されるのか、それともネタ要素たっぷりのユニークな作品が選ばれるのか。 気になるユーザーは公式 Twitterやブログをこまめにチェックして、今後の動向に期待しよう。 時代やテクノロジーと共に移り変わるゲームカルチャーに目が無い好事家。 『アプリゲット』『財経新聞』などで執筆。 個人的なオールタイムベストゲームは「ファミコン探偵倶楽部」シリーズ。 Twitter:.

次の

フォートナイト V

フォート ナイト かくれんぼ

スキップしたSwitchユーザーは、Epicアカウントとの連携ができません。 ゲストアカウント扱いになります。 既にお持ちのアカウントを使いたい場合、ゲストアカウントを削除しなければなりません。 (セーブデータの削除) しかし、別のアカウントとの関連付けがあるそうなので、公式サイトで状況を確認してみましょう。 以下、スマホ画面での説明になります。 【フォートナイトを既にプレイしてますか?】に【はい】を押し、プレイ機種でSwitchを選択。 これでサインイン出来れば、Switchとの連携が済んでいると思われます。 出来なければ、このアカウントを使ってプレイしたハードを選んでください。 Switchと連携されていれば【接続を切る】と表示されます。 Switchでデータ削除後の再設定をするならば、ここで一旦Switchとの接続を切り、SwitchからEpicアカウントを使ってサインインすれば接続できます。

次の

【フォートナイト】瞬間移動装置を使ってかくれんぼをしたらおもしろすぎたwww

フォート ナイト かくれんぼ

仕事柄多くのオンラインFPSゲームをプレイする機会が多いのだが、中でも「フォートナイト」はお気に入りのゲームとなっている。 それは単純で、たまに勝てるから。 ビクロイとは「ビクトリーロイヤル」の略。 これを目指して日夜腕を磨いている人がたくさんいるのだ。 もちろん日本だけではなく、世界中にプレーヤーはいる。 今年2月に行なわれたイベントでは1,000万人が同時接続したという。 最近のバトルロワイヤル系FPSでは、飛行機などの乗り物から飛び降り、目的の場所に降り立つことから戦闘がスタートするものが多いが、「フォートナイト」も同じだ。 自分以外の相手と対峙して戦う以上、降りる場所が大事になってくる。 それは、降りた場所から武器を探し出して装備し、相手との戦いに備えなければならないからだ。 大きな町に行くほどいい武器に巡り会える確率は高くなるが、同じ場所に降り立つ相手がたくさんいるため、やられてしまう確率も高くなる。 このあたりのさじ加減が難しい。 しかしそうやって人と戦う楽しさがあるのが「フォートナイト」。 敵の位置を足音や銃声で感じ取り、自分はひそかに歩みを進めつつ、敵との距離を縮める。 相手の裏をかいて倒せたとき、いや、壁や階段を作る「建築」などは関係なく、力ずくで相手と撃ち合ってそれに勝ったときの爽快感。 これはほかのゲームでは手に入れられない感覚だ。 そんなわけで夜な夜な「フォートナイト」の世界にはまっているのだが、遊んでいるプラットフォームはNintendo Switch。 それは単純な理由で、どこにでも持っていって遊べるから。 ソファに陣取って戦ってみる、とか、寝る前にちょっと転がりながらプレイするか、とか、とにかく場所を選ばずに遊べるのが有利な点だ。 これを聞いたGAME WatchのN編集長が「『フォートナイト』遊ぶならPCですよやっぱり。 キーボードとマウスの方が楽ですよ?」と筆者にささやいた。 いやでも特に不満点はないんですけど……。 しかし、どうしてもプレイしてみろというので、試しにオススメのゲーミングデバイス一式を借りてプレイしてみた。 今回試したのはROCCAT製のゲーミングキーボード「ROCCAT Vulcan 120 AIMO」とゲーミングマウス「ROCCAT Kone Pure Ultra」、それに加えてゲーミングヘッドセット「ROCCAT Khan AIMO」、ゲーミングイヤホン「ROCCAT Score」も借りてみた。 日本では、プラットフォーム単独でイベントが開催されるほど人気を博しているNintendo Switch版「フォートナイト」だが、元々はPCをはじめとしたバトルロイヤルのカルチャーから生まれた作品だ。 別のプラットフォーム、特にNintendo Switchユーザーからはやや距離があるPC版がどうなっているのか興味のあるゲームファンも多いはず。 そこで本稿では「フォートナイト」のNintendo Switch版からPC版への乗り換えレポートをお届けできればと思う。 ひょっとしてキーボードとマウスの方がプレイしやすい? 「フォートナイト」のいいところは、クロスプラットフォームでプレイできること。 乗り換えと書いたが、厳密には乗り換える必要はなく、両方で継続してプレイし続けることができる。 今回もNintendo Switchにひも付けられているEpic Gamesアカウントを使ってログインするだけで、簡単にPC版をプレイすることができる。 PC版でも試してみようかと思ったのは、その移行しやすさもその理由だ。 ただ、UIは全然異なる。 Nintendo Switch版ではJoy-Conのアナログスティックとボタンでプレイするのに対して、PC版はマウスとキーボード操作になる。 乗り換え直後は操作に不慣れだったのでキャラクター操作に手間取った。 特にW、A、S、Dキーによるキャラクター操作。 ゲームパッドでは倒した側にキャラクターが移動するから直感的に操作しやすいが、人差し指、中指、薬指のコンボで操作するのには慣れが必要だ。 しかしそれを補ってあまりある利点が、マウスによる照準および射撃操作だ。 Nintendo SwitchのJoy-Conでは、右Joy-Conのアナログスティックが中央に付いていて、PS4のDUALSHOCKのように左手と右手の操作が対称ではなくなり、とても違和感を覚えていた。 ところがPCでは、マウスを動かすだけで照準を当てられるし、そこから左クリックで射撃するまでの動作が素早くなる。 アナログスティックでは倒した角度による移動が不安定で、動かしつつ狙いを定めるのは難しいと感じていた。 それはNintendo Switch Proコントローラーでも同じだった。 また、重要となるのがサウンド環境だ。 Nintendo Switchではイヤフォンタイプのヘッドセットでプレイしていたが、今回借りた「Khan AIMO」は7. 1chバーチャルサラウンドに対応しているので、同じヘッドセットでも音場の広がりが半端なかった。 最初感じていた移動のしづらさなどは、プレイ回数を重ねるごとに減っていき、それよりもキーボード、マウス、ヘッドセットでのプレイでは没入感があり、集中してプレイすることができた。 PC環境に移ってからは、まだ残念ながらビクロイは取っていないのだが、いいところまで行く回数も増えてきた。 Nintendo Switch版にはないPC版の楽しさが少しずつわかってきた。 PCとNintendo Switch、何が違うの? 使用した状態で感じたことをもう少し詳しく述べると、以下のような感じとなる。 まずNintendo Switchでの操作方法だが、筆者がよく使うのは以下のボタンだ。 また、Aボタンで切り替えて建築するときも似たようなボタンを触って操作することになる。 これがキーボード&マウスの操作となるとかなり変わる。 【PC版(マウス&キーボード操作) ・移動はキーボード「W、A、S、D」キー ・視点変更はマウス操作 ・攻撃はマウス左クリック ・照準はマウス右クリック ・ジャンプは「スペース」キー ・武器やアイテムの切り替えは「1」~「6」キー ・武器を拾ったり扉を開けるのは「E」キー ・リロードは「R」キー ・クラフト(建築)は「Z、X、C、V」キー ・マップは「M」キー 見ての通り、ずいぶんと体験が違うものだ。 コントローラーでの操作に慣れていたので、特に戸惑ったのが移動。 W、A、S、Dそれぞれのキーで前後左右に動くというのは頭ではわかっているものの、どうも操作しづらい。 加えてNintendo Switchでの視点変更は、右手の親指を使ってRスティックをぐりぐりしなければならないのだが、Joy-ConではRスティックがコントローラーの中心に位置しているので、右手の人差し指、中指で操作するZR、Rボタンとの位置関係が悪く、攻撃しつつ視点を動かそうとすると親指と人差し指の距離が離れてしまうので操作しづらいのだ。 それがマウスだと一瞬のうちに視点移動ができるので、これはやりやすいと思った。 目標をセンターに入れてスイッチ。 この動作にまったくムダがなくなる。 そもそもキーボードに割り当てられている機能を、ボタンの少ないコントローラーでやろうとしているわけなので、どこかに無理が出てしまうからだ。 キーボードでは武器の切り替えも瞬時にできるのがいい。 Joy-ConではいちいちRかLボタンで送らないといけないが、キーボードであれば「1」とか「3」とかを押すだけで変更可能だ。 また、今回借りた「Kone Pure Ultra」は、ゲーミングマウスで、通常のマウスと比較してボタンの数が多い。 左側に2個用意されているボタンや、ホイール下の「+」、「-」ボタンにに壁、階段、天井などを割り当てれば、すぐに防御態勢が組めるので便利だろう。 このように豊富なインプットデバイスを使えるのがPCでゲームをする利点なのだ。 「フォートナイト」をプレイする際には、キーボードやマウスだけでなく、ヘッドセットも重要なパートナーだ。 どこかで銃声が聞こえたとき、敵の位置や人数を把握するためにも、音を聞き分けなければならないからだ。 今回借りたゲーミングヘッドセット「ROCCAT Khan AIMO」は7. 1chバーチャルサラウンドに対応しており、音場の広がりも大きく、どこで撃ち合っているのか、どこを歩いている足音なのかがはっきりとわかり、プレイを助けてくれる。 また付属しているマイクもノイズキャンセル機能があるためはっきりと声が伝わるので、デュオやスクワッドでの対戦プレイでも会話しながら戦うことができるのがうれしい。 なお今回の試用では「ROCCAT Khan AIMO」のほかに、ゲーミングイヤフォンイヤフォン「ROCCAT Score」もお借りして試してみた。 Scoreは小型ながらゲーム向けに特化されているイヤーヘッドセットで、低音側の10mmと中高音のための6. 8mmという2つのドライバーが配置されており、通常のヘッドセットに劣ることのない音が再現できる。 「ROCCAT Khan AIMO」よりも音の広がりという点では物足りないが、前後左右の音場は聞き分けられるので、ゲームプレイを十分に楽しめる。 またパッシブノイズキャンセラ-が搭載されていることも、いい音を再現するための機能といえる。 とても入力しやすい独自の機構を持つMECHANICALキーボード「ROCCAT Vulcan 120 AIMO」 ではここからは、それぞれのデバイスを使ったインプレッションについて書いていこう。 まずは「Vulcan 120 AIMO」の概要について述べていきたい。 Vulcan 120 AIMOは英語配列の104キー。 キーストロークは3. 6mmで、キーピッチについては公開されていないので実測すると18mm程度だ。 サイズは46. 20(H)cmで、重量は1150g。 適度な重さがあるのでキーボード自体が動くこともなく、安定した入力が可能だ。 キーボードのケーブルは1. 8mの長さがあるので、取り回しについての不安はない。 Vulcan 120 AIMOの特徴となっているのが「Titan Switch」だ。 これは同社独自のメカニカルスイッチ機構で、キーを押して1. 8mm沈んだところにあるアクチュエーションポイントがあり、そこから3. 6mmのストロークを経て打鍵完了。 ぐらつきを押さえるハウジングが採用されているので、しっかりとした打鍵感を得ることができる。 またメカニカルキーボードといっても、そんなにカシャカシャとした音が鳴るわけではなく、ソフトなキータッチ音。 筆者はキー音があまりうるさいのは苦手な方なのだが、マイルドな音なのでまったく気にせず入力ができた。 まあこのあたりは個人の好みなのだけれど。 キーボードのトップカバーは強化アルマイトでできており、十分な剛性を確保。 適度な角度が付いているので入力もしやすい。 また、磁石で本体と結合できるパームレストが付属しているのはうれしいところだ。 ROCCAT Vulcan 120 AIMOのRGBだが、同社独自のライティングシステム「AIMOイルミネーション」が利用できる。 それぞれのキーは1680万色で光るほか、「AIMO」が付いているデバイスであれば、連動して光らせることができる。 今回で言うとVulcan 120 AIMOのほかにヘッドセットのKhan AIMOが利用可能だ。 なおマウスのKone Pure Ultraには商品名にAIMOが付いていないが、こちらもAIMOを使えるので、同期して光らせることができる。 ROCCAT AIMOの面白いところは、対応デバイスをつないだ数に応じて変化すること。 キーボードだけだと淡泊な光り方だが、マウス、ヘッドセットをつないでいくと右から左に流れたり、渦を巻くように変化したり。 ウエーブはたいていのRGBシステムに用意されているが、この光りの流れ方こそがウエーブと呼ぶにふさわしいと思った。 このほかキーを押すとその周辺が反応して違う光り方になり、そこから消えていく演出もあるなど、入力自体が楽しくなるような仕掛けが満載だ。 機能を設定することができるボタンは、ホイールの前後回転とホイールクリックを含めて全部で9個。 これは先ほど述べたROCCAT Swarmで設定できる。 デフォルトの設定ではホイールの下に用意されている「+」、「-」ボタンでdpiを変えることができるので、ゲームやアプリケーションに応じて切り替えて使える。 dpi設定は最大16000dpiまで可能だ。 数値を変えていろいろ試したが、1600dpiあたりが使いやすかった。 ROCCAT Swarmの「DPIスイッチャー」の値を変更すれば、好きなdpiを設定して切り替えることができる。 ここではほかにも縦スクロールや横ティルト、ダブルクリック、ポインターの移動速度を変更可能だ 広がりのある7. 1chサラウンド体験が可能な「ROCCAT Khan AIMO」 ROCCAT Khan AIMOは、7. 1chバーチャルサラウンドでゲームを楽しむことができるゲーミングヘッドセット。 ハイレゾDACも内蔵しているので、16ビット44. 1KHzから24ビット96KHzまでの音域を再現できるため、とてもクリアな音でのプレイが可能だ。 ヘッドセットの再生ユニットには50mmの大型ドライバーを採用しているので、高音域のほか低音域までとてもクリア。 イヤーパッドは形状記憶フォームの素材が採用されているので、耳へのフィット感も十分だ。 ヘッドセット全体の重量も275gと軽く、長時間プレイでも疲れることはないだろう。 付属しているマイクにはノイズキャンセル機能もあり、チャットの声をクリアに送ることができる。 なおマイクやヘッドセットにつながるコード、イヤーパッドなどは外すことができない。 マイクは上にあげるとミュートできる。 やっぱりゲームをプレイするならしっかり環境を整えよう! これまで「フォートナイト」を例に、扱うデバイスの違いでゲーム体験がどう異なるのかを見てきたわけだが、Joy-Conよりもマウスとキーボードの操作がユーザビリティは優れていると思う。 相手に照準を合わせて射撃し、相手を倒す。 ただれだけのことなのだが、アナログスティックとボタンでの操作となるJoy-Conを使うNintendo Switchよりも、マウスやキーボードを使ってPCで戦う方が直感的に操作できるため、素早く打つことができる。 クラフト操作についても同様で、いちいちAボタンを押してモード切り替えをする必要がなく、「Z、X、C、V」キーですぐに建築できるのは大きな利点だ。 ビクロイを手にするためにも、キーボードとマウス操作に乗り換えてしまってはいかがだろうか。

次の