エドウィン エスコバー。 エドウィン エスコバー

DeNAエスコバーが今季初1軍、ロペスはベンチ外 ラミレス監督「リリーフ強化と打撃陣の現状で決めた」

エドウィン エスコバー

経歴 プロ入りとレンジャーズ傘下時代 7月2日にと契約。 、ルーキー級でプロデビュー。 13試合に登板し、2勝5敗、防御率5. 00だった。 ジャイアンツ傘下時代 4月1日にとの で、へ移籍した。 移籍後はA-級 ()で14試合に登板し、2勝4敗・防御率4. 86だった。 はA級 ()で開幕を迎え、4試合に出場したが、4月24日に左手の故障で離脱。 6月にルーキー級アリゾナリーグで復帰。 15試合に登板し、2勝4敗・防御率5. 09だった。 はA級オーガスタで22試合に登板し、7勝8敗、防御率2. 96だった。 オフの11月20日にジャイアンツとメジャー契約を結び 、入りした。 89だった。 7月にAA級へ昇格。 AA級リッチモンドでは10試合に登板し、5勝4敗・防御率2. 67だった。 3月18日にAAA級へ異動した。 開幕後はAAA級フレズノで20試合に登板し、3勝8敗・防御率5. 11だった。 7月にはに選出された。 レッドソックス時代 2014年7月26日にとのトレードで、と共にへ移籍。 同日にAAA級へ異動した。 AAA級ポ-タケットで2試合に登板後、8月10日にメジャーへ昇格。 親子2代にわたる昇格を果たしたが、登板機会のないまま、翌11日にAAA級ポータケットへ降格した。 8月27日に再び昇格する と、同日の戦で、3点ビハインドの8回裏からメジャーリーグデビュー。 1イニングを無安打無失点に抑えた。 翌28日に、AAA級ポータケットへ再び降格。 9月17日に3度目の昇格を果たした が、1試合の登板でシーズンを終えた。 MLBの公式戦には、救援で通算2試合に登板。 防御率4. 50を記録した。 にはMLB公式戦への登板機会がなく、4月20日に球団からを宣告された。 ダイヤモンドバックス時代 2016年4月29日にを経てへ移籍した。 移籍後はローテーションに入り、2試合に先発したが、結果を残せず中継ぎに回った。 インディアンス時代 2016年11月18日にウェイバー公示を経てヘ移籍した。 1月10日にとなった。 日本ハム時代 1月11日に、への入団契約に合意したことが発表された。 背番号は 42。 レギュラーシーズンでは、4月2日にとの開幕カード第3戦()で、先発投手として一軍公式戦デビュー。 5月中旬から、救援要員として一軍に復帰。 5月14日の対戦()では、先発投手のが5回表2死に球審のから宣告を受けて退場したことに伴って緊急登板し、打者2人から3球で1死を取って降板した。 その後チームが勝ち越したことにより、一軍初勝利を挙げた。 しかし、以降はの加入などもあり、との兼ね合いで7月3日に出場選手登録を抹消された。 結局、の公式戦には14試合に登板。 先発登板は前述の1試合のみで、1勝2敗、防御率5. 64という成績を残した。 DeNA時代 7月6日に、との交換トレードによりへ移籍することが発表された。 背番号は 62。 NPBの球団と契約した外国人選手が、契約1年目のシーズン中に、交換トレードでNPBの他球団へ移籍するのは史上初の事例である。 NPBでは異例に当たる新外国人選手の交換トレードがシーズン中に成立した背景には、捕手に故障者が相次いでいる日本ハム側の事情に、「好調でありながら一軍公式戦への出場機会に恵まれないエスコバー ・黒羽根 に活躍の場を与える」という双方の目的が重なったことが挙げられる。 DeNAでは当初金銭との交換による黒羽根の移籍を求めたとされている が、一軍の左腕救援陣の層が薄いことから、ロングリリーフもこなせるエスコバーとの交換トレードに落ち着いた。 移籍後は、7月8日の対中日戦()8回裏に公式戦へ初登板。 7月12日の対戦()では、先発のが左肩の違和感を訴えて3回表で降板したため、4回表から急遽登板すると3イニングを無失点に抑えた。 その後も救援で4試合に登板したが、先発への再転向を視野に7月下旬から二軍で調整すると、8月6日の対広島戦()から先発投手として一軍へ復帰。 しかし、この試合で移籍後初黒星を喫する と、以降の公式戦では格の救援投手として登板を重ねていた。 8月23日の対広島戦(横浜)では、同点で迎えた延長10回表からの登板で1イニングを無失点に抑えた後に、その裏のチームのサヨナラ勝ちによって移籍後初勝利。 NPBの同一シーズンにセ・パ両リーグの公式戦で勝利を記録した投手は、2004年の 以来13年振りであった。 結局、レギュラーシーズンの一軍公式戦では、日本ハム時代より多い27試合の登板でチームの2年連続進出に貢献した。 では、監督のによる小刻みな継投策の下で、ワンポイント・リリーフからロング・リリーフまで幅広く起用。 CS全体で8試合中5試合、とので6試合中4試合に登板した。 11月4日の日本シリーズ第6戦()では、同点で迎えた延長10回裏から登板したが、11回裏に2連続与四球で1死1・2塁のピンチを招いて降板。 代わったが2死1・2塁からにサヨナラ安打を浴び、敗戦投手となり、その後、チームも19年振りのシリーズ制覇を逃した。 11月17日には、翌年も1年契約でチームに残留することが発表された。 には、公式戦の開幕から一軍のセットアッパーに定着。 外国人枠との兼ね合いで一軍と二軍を往復しながらも、一軍公式戦53試合の登板で、4勝3敗13ホールド、防御率3. 57を記録した。 シーズン終了後の11月17日には、翌年も1年契約でチームに残留することが発表された。 レギュラーシーズンでセ・リーグトップの74試合に登板。 51という好成績で、チームのシーズン2位と2年振り進出に大きく貢献した。 阪神とのCSファーストステージ(横浜)でも全3試合に登板したが、第1戦・第3戦と黒星を喫し、チームはステージ敗退に至った。 最大で3試合実施されるファーストステージで、1人の投手が同一シーズンに2敗を記録した事例は、エスコバーが初めてである。 11月18日に、球団との間でまでの2年契約を締結した。 家族 実父のホセは、13年にわたる生活を経て、にでとしてMLB公式戦にデビュー。 メジャーリーガーとしての生活はこの年だけだった が、インディアンス傘下のマイナーチームにが所属していた。 当時新人だったラミレスによれば、「ホセは素晴らしい遊撃手だった」という。 エスコバー自身は、日本ハム時代の2017年3月にでDeNAと対戦した際に、DeNAの一軍監督を務めるラミレスと初めて対面。 自己紹介を兼ねて、前述したホセとの間柄を明かした。 同年7月にDeNAへ移籍した際には、「とにかく一生懸命(野球に)取り組みながら、野球を楽しめ」という表現で、ラミレスから激励を受けている。 エスコバー家からはホセを皮切りに、2018年の時点で16人以上のメジャーリーガーを輩出。 エドウィンや現役のメジャーリーガーが全員ベネズエラに帰国する毎年12月には、4チームによる大会を一家総出で開いているという。 詳細情報 年度別投手成績 球 団 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 8 2. 0 1 0 0 0 1 2 0 0 1 1 4. 50 0. 50 25 2 0 0 0 1 2 0 4. 333 116 23. 2 33 4 12 3 4 17 0 0 21 19 7. 23 1. 90 14 1 0 0 0 1 2 0 0. 333 117 22. 1 31 2 13 0 3 19 0 0 22 14 5. 64 1. 97 27 1 0 0 0 1 3 2 7. 250 147 34. 0 33 4 11 0 1 33 1 0 15 13 3. 44 1. 29 '17計 41 2 0 0 0 2 5 2 7. 286 264 56. 1 64 6 24 0 4 52 1 0 37 27 4. 31 1. 56 53 0 0 0 0 4 3 0 13. 571 223 53. 0 47 4 22 3 2 54 0 0 24 21 3. 57 1. 25 74 0 0 0 0 5 4 0 33. 556 306 75. 1 60 7 24 2 2 88 1 0 23 21 2. 51 1. 12 :2年 27 2 0 0 0 1 2 0 4. 333 124 25. 2 34 4 12 3 5 19 0 0 22 20 7. 01 1. 79 :3年 168 2 0 0 0 11 12 2 53. 478 793 184. 2 171 17 70 5 8 194 2 0 84 69 3. 36 1. 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 記録 MLB• 選出:1回 () NPB 投手記録• 初奪三振:同上、1回表にから空振り三振• 初ホールド:2017年8月12日、対16回戦()、7回表に3番手として救援登板、1回無失点• 初セーブ:2017年10月3日、対24回戦(横浜スタジアム)、9回表に5番手で救援登板・完了、1回無失点 打撃記録• 初打席:2017年7月12日、対14回戦()、5回表にから空振り三振 背番号• 71 (2014年)• 43 (2016年)• 42 (2017年 - 同年途中)• 62 (2017年途中 - )• スナイダーは前年のでレンジャーズへ移籍したが、25人枠を外れたため、規約で元の所属であるジャイアンツへ返還された。 その際にジャイアンツは2万5000ドルをレンジャーズに払わなければいけないが、支払いを拒否し、ウェーバー公示を経てエスコバーとのトレードを提案した。 トレード成立時点のDeNAには、一軍の公式戦に出場できないを含めて、7人の捕手が在籍。 一軍の捕手陣が2016年から・・で事実上固定されていることに加えて、3人とタイプの異なる俊足のが二軍の正捕手格として控えていたことから、かつて一軍の正捕手であった黒羽根でも一軍復帰の可能性は低かった。 の左投手としてパ・リーグ公式戦で1勝を挙げてから、シーズン途中の移籍を経て、ヤクルトの投手としてセ・リーグ公式戦で1勝を記録。 サンスポ. 2019年11月29日閲覧。 日刊スポーツ 2017年7月14日. 2017年7月14日閲覧。 FullCount 2018年7月29日. 2018年12月22日閲覧。 英語 プレスリリース , MLB. com San Francisco Giants , 2010年4月1日 , 2014年12月28日閲覧。 Chris Haft 2012年11月21日. MLB. com. 2014年12月28日閲覧。 Chris Haft 2013年3月16日. MLB. com. 2014年12月28日閲覧。 英語 プレスリリース , MLB. com Boston Red Sox , 2014年7月27日 , 2014年12月28日閲覧。 英語 プレスリリース , MLB. com Boston Red Sox , 2014年8月11日 , 2014年12月28日閲覧。 英語 プレスリリース , MLB. com Boston Red Sox , 2014年8月28日 , 2014年12月28日閲覧。 ESPN MLB 2014年8月27日. 2014年12月28日閲覧。 英語 プレスリリース , MLB. com Boston Red Sox , 2014年8月30日 , 2014年12月28日閲覧。 英語 プレスリリース , MLB. com Boston Red Sox , 2014年9月17日 , 2014年12月28日閲覧。 WEEI. com. Retrieved on April 20, 2016. 英語 プレスリリース , MLB. com Arizona Diamondbacks , 2016年4月29日 , 2016年5月24日閲覧。 Arizona Sports 2016年6月8日. 2020年6月5日閲覧。 Jason Beck 2016年11月18日. MLB. com. 2016年11月21日閲覧。 2017年1月12日閲覧。 北海道日本ハムファイターズ 2017年1月11日. 2017年1月12日閲覧。 日刊スポーツ 2017年5月14日. 2017年7月14日閲覧。 サンケイスポーツ 2017年7月14日. 2017年7月6日閲覧。 横浜DeNAベイスターズ 2017年7月6日. 2017年7月6日閲覧。 2017年7月7日. 2017年7月9日閲覧。 日刊スポーツ 2017年7月14日. 2017年7月8日閲覧。 2017年8月7日. 2017年8月8日閲覧。 スポーツニッポン. 2017年8月24日. 2017年8月24日閲覧。 横浜DeNAベイスターズ. 2017年11月18日閲覧。 スポーツニッポン. 2018年11月17日. 2018年11月18日閲覧。 サンケイスポーツ. 2019年6月9日. 2019年6月9日閲覧。 日刊スポーツ. 2019年10月7日. 2019年11月2日閲覧。 スポーツ報知 2019年11月18日. 2019年11月19日閲覧。 横浜DeNAベイスターズ. 2019年11月18日. SPAIA. 2020年1月2日. 2020年1月3日閲覧。 日刊スポーツ. 2019年6月19日. 2020年1月3日閲覧。 リアルライブ. 2019年6月20日. 2020年1月3日閲覧。 Number Web. 2019年7月7日. 2020年1月3日閲覧。 「2014メジャーデビュー全234選手リスト」『月刊』2015年3・4月合併号 74頁.

次の

エドウィン・エスコバーとは

エドウィン エスコバー

2010年にカンザスシティ・ロイヤルズに移籍。 2015年にはワールドシリーズ制覇を経験しました。 2017年はWBCにベネズエラ代表として出場。 メジャー通算成績は1437試合に出場して1367安打、打率2割5分8厘、41本塁打、442打点。 体格に恵まれながらも、俊足のコンタクトヒッターとして知られています。 2015年にはアメリカンリーグで遊撃手としてゴールドグラブ賞も受賞した、世界的な守備の名手です。 横浜のエスコバーとの関係 2019年10月30日、 ヤクルトスワローズと契約し、入団が決定しました。 背番号は「2」で、年棒は推定で80万ドル 約8,800万円 です。 され「エスコバー」と聞くと、 横浜DeNAベイスターズのエドウィン・エスコバー投手を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? 横浜のエスコバー投手は2017年1月に来日し、日本ハムファイターズに入団していましたが、契約1年目の選手史上初となるシーズン途中のトレードによって、同年7月から横浜へ移籍し、今やベイスターズを代表するセットアッパーとなりました。 そんなエスコバー投手も、ヤクルトのエスコバー選手と 同じベネズエラ出身且つエスコバーという名前である為、その関係性については度々話題になっていました。 実は、 2人は従兄弟同士だったのです。 それだけではなく、 エスコバー一家はいわば野球エリートファミリーだったのです。 ヤクルトのエスコバー選手の叔父であり、横浜のエスコバー投手の父は 元メジャーリーガーのホセ・エスコバー選手。 そして他には、 ケルビム・エスコバー投手やビセンテ・カンポス投手などがホセ・エスコバー 選手の従兄弟に当たるのですが、いずれもプロ野球選手でした。 2019年1月には、横浜のエスコバー投手が故郷ベネズエラにて、野球選手だらけのエスコバーファミリーが集結する、華麗なる野球一家の写真をインスタグラムにアップしており、その中には当時ロイヤルズに在籍していたアルシデス・エスコバー選手もいました。 このことから、2人が従兄弟であることに間違いはありません。 ちなみにシーズンオフになると、「チーム従兄弟」として最強のソフトボールチームを組んでは、近隣ファミリーのチームと対戦するそうです。 エスコーファミリーには、根っから野球を愛する血が流れているのかもしれません。 青木宣親のメジャー時代のチームメイト そんな野球一家の血を引くエスコバー選手がヤクルトに入団しましたが、実は ロイヤルズ時代の2014年に、当時メジャーリーガーだった現ヤクルトの青木宣親選手と同僚だったのです。 ロッカーが近く、よく会話もしていたそうです。 青木選手は今回のエスコバー選手加入について、 「縁があるね。 今のプレーは見ていないけど、守備は堅実でいて派手。 盗塁もうまくて野球センスがある印象だった。 性格もラテンの陽気な感じですごく良い」と語っています。 sachiaoki23 がシェアした投稿 — 2019年11月月8日午後4時56分PST 外国人選手が日本に来日してプレーすることは、日本人が外国でプレーするよりもハードルが高いと言われるます。 「こっちに来たら食事に連れて行くよ。 日本人が向こうに行くより、向こうから日本に来る方が大変。 分からないことも多いだろうし、教えてあげられれば」と、青木選手が彼のサポートを宣言。 彼について奥村政之編成部国際担当部長は、 「状況に応じた打撃ができる。 監督とはクリーンアップとかつなぎの4番で、と話している」とコメントしています。 野球一家の血を引き、さらにかつて青木選手のチームメイトだった、エスコバー選手の活躍に期待したいですね。

次の

鉄腕DeNAエスコバー 膝負傷も「すぐに戻る」

エドウィン エスコバー

投手成績 年 球団 背番 登板 先発 完了 完投 完封 無四 勝利 敗戦 S H 投回 打者 打数 安打 本塁 四球 死球 奪三 暴 ボ 失点 自責 防率 順位 WHIP 守備 備考 登録名 年齢 2009 平成21 米マイナー - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 17 2010 平成22 米マイナー - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 18 2011 平成23 米マイナー - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 19 2012 平成24 米マイナー - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 20 2013 平成25 米マイナー - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 21 2014 平成26 ボストン・レッドソックス 2 0 2 0 0 - 0 0 0 - 2. 0 8 - 1 0 0 1 2 0 0 1 1 4. 50 0. 50 MLB 22 2015 平成27 米マイナー - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 23 2016 平成28 アリゾナ・ダイヤモンドバックス 25 2 3 0 0 - 1 2 0 - 23. 2 116 - 33 4 12 4 17 0 0 21 19 7. 23 1. 90 MLB 24 2017 平成29 2球団小計 41 2 11 0 0 0 2 5 2 7 56. 1 264 228 64 6 24 4 52 1 0 37 27 4. 31 1. 56 投 41 25 2017 平成29 日本ハムファイターズ 42 14 1 4 0 0 0 1 2 0 0 22. 1 117 98 31 2 13 3 19 0 0 22 14 5. 64 1. 97 投 14 E. エスコバー 25 2017 平成29 DeNAベイスターズ 62 27 1 7 0 0 0 1 3 2 7 34. 0 147 130 33 4 11 1 33 1 0 15 13 3. 44 1. エスコバー 25 2018 平成30 DeNAベイスターズ 62 53 0 6 0 0 0 4 3 0 13 53. 0 223 186 47 4 22 2 54 0 0 24 21 3. 57 1. 30 投 53 E. エスコバー 26 2019 平成31 DeNAベイスターズ 62 74 0 14 0 0 0 5 4 0 33 75. 1 306 274 60 7 24 2 88 1 0 23 21 2. 51 1. 12 投 74 E. エスコバー 27 国内通算 168 2 31 0 0 0 11 12 2 53 184. 2 793 688 171 17 70 8 194 2 0 84 69 3. 36 1. 31 投 168 MLB通算 27 2 5 0 0 - 1 2 0 25. 2 124 - 34 4 12 5 19 0 0 22 20 7. 01 1. 79 打撃成績 年 球団 背番 試合 打席 打数 得点 安打 二塁 三塁 本塁 塁打 打点 盗塁 盗刺 犠打 犠飛 四球 敬遠 死球 三振 併打 妨 勝打 失策 打率 順位 出塁 長打 OPS 守備 備考 登録名 年齢 2009 平成21 米マイナー - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 17 2010 平成22 米マイナー - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 18 2011 平成23 米マイナー - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 19 2012 平成24 米マイナー - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 20 2013 平成25 米マイナー - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 21 2014 平成26 ボストン・レッドソックス 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 - - 0 - - - - MLB 22 2015 平成27 米マイナー - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 23 2016 平成28 アリゾナ・ダイヤモンドバックス 25 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 - - 0. 000. 000. 000. 000 MLB 24 2017 平成29 2球団小計 41 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 - 1. 000. 000. 000. 000 投 41 25 2017 平成29 日本ハムファイターズ 42 14 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 - 1 - - - - 投 14 E. エスコバー 25 2017 平成29 DeNAベイスターズ 62 27 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 - 0. 000. 000. 000. エスコバー 25 2018 平成30 DeNAベイスターズ 62 53 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 - 0. 000. 000. 000. 000 投 53 E. エスコバー 26 2019 平成31 DeNAベイスターズ 62 74 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 - 3. 000. 000. 000. 000 投 74 E. エスコバー 27 国内通算 168 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 0 - 4. 000. 000. 000. 000 投 168 MLB通算 27 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 - - 0. 000. 000. 000. 000 守備成績 年 球団 背番 投手 捕手 一塁手 二塁手 三塁手 遊撃手 外野手 備考 年齢 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 捕逸 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 2009 平成21 米マイナー - - - - - - 17 2010 平成22 米マイナー - - - - - - 18 2011 平成23 米マイナー - - - - - - 19 2012 平成24 米マイナー - - - - - - 20 2013 平成25 米マイナー - - - - - - 21 2014 平成26 ボストン・レッドソックス - - - - - - MLB 22 2015 平成27 米マイナー - - - - - - 23 2016 平成28 アリゾナ・ダイヤモンドバックス - - - - - - MLB 24 2017 平成29 2球団小計 41 5 13 1 1. 947 25 2017 平成29 日本ハムファイターズ 42 14 4 6 1 1. 909 25 2017 平成29 DeNAベイスターズ 62 27 1 7 0 0 1. 000 26 2019 平成31 DeNAベイスターズ 62 74 4 10 3 0. 824 27 国内通算 168 14 33 4 2. 922.

次の