海外 fx mx。 海外FX会社を各種ランキングでご紹介|海外FXお役立ちガイド

海外FX FXGTを考察 入金/出金/スプレッド/スワップ/レバレッジ

海外 fx mx

もくじ• XM(エックスエム) XM(エックスエム)は、 海外FX業者の中で1. 2を争うほど日本人トレーダーに人気のある非常に評価の高い業者です。 また、「最大レバレッジ888倍」「高約定力」「完全日本語対応のサポート」など提供している取引環境も申し分ありません。 他にも、口座開設キャンペーンなどの豊富なボーナスはトレーダーに多くのメリットをもたらします。 さらに詳しい情報コチラの記事で解説しています。 AXIORY(アキシオリー) AXIORY(アキシオリー)は、 海外FX業者の中でも「極狭」のスプレッドとして定評があり、スタンダード口座では平均スプレッド0. また、99%を超える高約定率や品質の高いサポートも魅力的です。 その他の詳しい情報は下記記事にて紹介しています。 TitanFX(タイタンFX) TitanFX(タイタンFX)は2014年にサービスが開始された新興会社ですが、「低スプレッド」と「高約定力」を売りとし、多くの顧客を掴んでいます。 また、「最大レバレッジ500倍」「ロスカット水準20%」といった取引環境は、ギリギリまでポジションを保有しておく事が可能です。 しかし、信託保全が無いというデメリットもあるため、その点は考慮して利用する必要があります。 TRADERS TRUST(トレーダーズ トラスト) TRADERS TRUST(トレーダーズ トラスト)は2009年に設立されたFX会社であり、金融業界に強いネットワークを持っているという特徴があります。 会社の利益は「取引手数料のみ」と公言しているので、トレーダーは透明性の高い取引を行なう事ができ、「40ミリ秒以内に99. 9%の注文を約定させることが可能」という高い約定力も魅力的です。 まだまだ新興色の強い会社ですが、日本人トレーダーの支持率は高めです。 LAND-FX(ランドFX) LAND-FX(ランドFX)は、2013年に日本人トレーダーへサービスを開始した会社です。 2016年に信頼性の高いライセンスである「FCAライセンス」を取得しています。 「最大レバレッジ500倍」「低スプレッド」といったメリットがあるLAND-FXですが、過去には「出金拒否が行なわれた」といったトラブルも発生しており、「両建てやスキャルピングに厳しい」というデメリットもありますので利用時には安全性などに注意が必要です。 FxPro (エフエックス プロ) 世界150カ国以上でFXサービスを展開しているFxPro (エフエックス プロ)は、FX業界最大手のFX会社となっています。 「FCAライセンス」を含む数々の金融ライセンスを取得しているFxProは、信頼性が非常に高い業者といえるでしょう。 FxProでは日本語対応の万全のサポート体制は勿論、取引スタイルに応じた4種の取引口座を用意しており、海外FX上級者から初心者まで柔軟に対応できるようになっています。 また、「最大レバレッジ500倍」「追証なしのゼロカットシステム」「信託保全完備」など提供している取引環境に問題はありません。 他にも、「信託保全完備」「日本語対応サポート付」「追証無しゼロカットシステム採用」などといった取引環境を提供しており、世界でも人気のプラットフォームである「MT4(メタトレーダー)」を利用した取引を行なうことも可能です。 FXDD (エフエックス DD) FXDDは海外FX会社の中でもいち早く日本に進出しており、そのため日本人トレーダーからの知名度は非常に高目といえます。 FXDDでは「国内送金」や「クレジットカード入出金」などの入出金方法を採用しているため、海外FXのデメリットである「入出金時のコスト」を最大限抑える事が可能です。 また、週に1回日本語の為替市場動画を配信するなど、一見変わったサービスも提供しています。 FBS(エフビーエス) FBS(エフビーエス)は、世界120カ国以上でサービスを展開する海外FXブローカーであり、今現在世界で300万人以上のトレーダーが利用しています。 FBSの最大レバレッジはなんと「3,000倍」となっており、海外FXブローカーの中でも最大級となっています。 とことんハイレバレッジ取引を行ないたい方にはもってこいのブローカーといえるでしょう。 また、ボーナスの豊富さも魅力の一つであり、「123ドル」のボーナスが発生するFBSの口座開設ボーナスは業界内でも有名です。 MYFXMarkets(マイエフエックスマーケッツ) MYFXMarkets(マイエフエックスマーケッツ)はオーストラリアでシェア率No1の海外FXディーラーであり、2014年に日本から撤退した「AxiTrader」の子会社となっています。 「最大レバレッジ400倍」「高約定力」「低スプレッド」などのメリットがありますが、公式サイトが日本語未対応という点には注意が必要です。 しかし、カスタマーサポートは日本人が常駐しているため、不明点やトラブルなどの問い合わせは問題なく行なうことができます。 FXCC(エフエックスシーシー) FXCC(エフエックスシーシー)は2010年にサービスを開始した海外FX業者であり、Cysec(キプロス証券委員会)の金融免許を保有しています。 FXCCが倒産した場合でも最大2万ユーロまで基金の補償がついてきますので、万が一の場合の補償は施されます。 また、FXCCには「NDD方式の分別手数料が一定証拠金金額まで無料」といった独自のメリットがありますが、「日本語非対応」というデメリットもありますので、取引口座開設時には注意しましょう。 YBINARY(ワイバイナリー) YBINARY(ワイバイナリー)は、2008年にサービスを開始した完全日本語対応の海外BO業者であり、丁寧な日本語サイトを作成するなど、日本人に向けたサービスに力を入れています。 「クローズポジション」「ウイークエンドオプション」「ワンタッチ機能」など独自の機能を備えた取引プラットフォームは顧客から定評があり、「24時間取引可能」「110%~250%のハイリターン率での取引」などのメリットもあります。 また、口座開設は最短3分で完了するので、YBINARYならばその日のうちにバイナリーオプションにチャレンジすることも可能です。 OptionBit(オプションビット) OptionBit(オプションビット)はCySEC(キプロス証券委員会)に登録している海外BO業者であり、「最低入金額25,000円~」「最低取引量は、アルゴビットトレードは500円~、その他のトレードは1,000円~」など、他社と比べて初心者でもバイナリーオプションが始めやすい設定となっています。 他にも、豊富なボーナスや「1. 8~3. 1倍」の高ペイアウト率も魅力的です。 Opteck-jp(オプテック) Opteck-jp(オプテック)は、「30秒取引」「国内送金可能」などのメリットがある海外BO業者です。 また、Opteck-jpには独自の取引ルールである「レンジハイロー」も採用しており、他社とは一見違ったルールのもと取引を行なうこともできます。 ThinkForex(シンクフォレックス) ThinkForex(シンクフォレックス)は、2009年よりサービスを開始した海外FX業者です。 「最大レバレッジ500倍」「低スプレッド」など提供する取引環境のクオリティが高く、尚且つ世界でも有数の金融機関が集まる「Equinix」に設置されている ThinkForexのサーバーにそれぞれの口座タイプ MT4,cTrader を直結することにより、高約定力・高約定スピードが実現可能となります。 ただし、2015年の2月より日本在住のFXトレーダーはThinkForexの新規口座開設を行うことはできなくなっており、2017年現在もその状況は変わっていません。 FXPRIMUS FXPRIMUSは「PRIMUS MARKETS INTL Limited社」が運営している海外FX業者であり、CySEC(キプロス証券委員会)のライセンスを保有しています。 「倒産時でも最大250万ユーロまで資産を補償」「無料VPSサービスあり」などのメリットがありますが、「日本語の対応が不十分」「スプレッドが広め」などのデメリットもあります。 欧州では比較的知名度の高い業者ですが、日本での知名度はあまり高くありません。 Pepperstone(ペッパーストーン) Pepperstone(ペッパーストーン)は、かつて日本人トレーダーからの支持率が高かった海外FX業者であり、今現在は日本から完全撤退している業者でもあります。 日本語にも完全対応しており、国内銀行送金も可能、低めのスプレッドなど提供する取引環境は申し分なく、特にシステムトレーダーからの人気が高かった業者です。 現在のように海外FX業者を選択できなかった当時は、日本人顧客から非常に重宝されたFXサービスでした。 TRADERUSH(トレードラッシュ) TRADERUSH(トレードラッシュ)は、海外のBO会社であり、「高約定力」「顧客満足度No1のサポート体制」「最低取引量は500円~」などのメリットがあります。 また、ハイ・ローとオプションプロの取引画面には「人気投票率」が表示されているため、他のトレーダーの動向を参考にしつつ取引を行なう事が可能となっています。 Smartoption(スマートオプション) Smartoption(スマートオプション)は最低入金額が10,000円~と低めに設定されており、バイナリーオプション初心者の方でも気軽にトレード口座開設を行うことができる海外BO会社となっています。 また、「最低取引量500円~」「70~90%の高ペイアウト率」「豊富なキャンペーン」など多くのメリットを顧客に提供してくれます。 勿論日本語サポートも充実しているので、不明点などがある場合でも早期解決が可能です。 Opshom(オプショム) Opshom(オプショム)はアジアに特化した海外のBO会社であり、日本語対応の充実したサポート体制を敷いています。 また、判定時間前でも精算や延長の注文ができる独自のトレードプラットフォームを利用することも可能です。 Opshomの最低取引量は1,000円~となっており、しかも入金前に問い合わせをすることで体験取引を行なう事も可能となっていますので、バイナリーオプション初心者の方でも事前に取引を体験して実践に入る事ができます。 BossCapital(ボスキャピタル) BossCapital(ボスキャピタル)は、2014年にサービスを開始した新興海外BO業者です。 「取引銘柄が豊富」というメリットがあり、米ドル・ユーロなどの一般的な通貨ペアは勿論、それと同時にオイルやゴールドなどの銘柄の取引にも参加する事が可能となっています。 まだまだ知名度の低い業者ですので、これからのサービス向上に期待したいです。 MGK GLOBAL(エムジーケーグローバル) MGK GLOBAL(エムジーケーグローバル)は、2012年にサービスを開始したLabuan FSA(ラブアン金融サービス庁)のライセンスを取得している海外FX業者です。 4pips~」と極狭のスプレッドを提供しています。 また、国内送金を採用しているためトレーダーは入金手数料を抑えることも可能です。 今注目の新興業者といえるでしょう。 OloTrading(オロトレーディング) OloTrading(オロトレーディング)は2013年にサービスを開始した海外FX業者であり、ベリーズの金融ライセンスを取得しています。 OloTradingでは『Standard口座』『Pro口座』『VIP口座』『TOP ZERO口座』の4種から取引口座のタイプを選択する事が可能であり、スプレッドが広めで最低入 金額が低い初心者向けの『Standard口座』から、最低入金額が高めですがスプレッドが狭い『Pro口座』『VIP口座』、最少スプレッドは0pipsから取引が行なえるEA専用の『TOP ZERO口座』など、幅広く対応が可能です。 しかし、全ての口座はドル口座のみの対応というデメリットもあり、円口座は対応していないのでその点は注意が必要です。 youtrade(ユートレード) youtrade(ユートレード)は、2007年にサービスを開始したモーリシャス金融サービス委員会 FSC に登録している海外FX業者です。 初心者から上級者まで幅広く対応するために3つの口座を用意しており、どの口座も最小スプレッドは「0. 8pip~」と狭めのスプレッドで取引を行なう事が可能となっています。 また、不明点やトラブルが発生した場合でも日本人スタッフによるサポートを受ける事ができるので安心です。 Tier1(ティアワン) Tier1(ティアワン)は、2013年にサービスを開始したマルタ金融サービス庁 MFSA のライセンスを取得している海外FX業者です。 世界でも一流銀行と評されているスイス銀行と提携しているため、資産の保全性が非常に高いというメリットがあります。 用意している口座も最小スプレッドは「0pips~」、スタンダード口座でも最小「1. 6pips~」といったスプレッドで取引を行なう事が可能です。 また、取引ツールやサポートなどは全て日本語対応となっていますので安心してご利用する事ができます。 FXOpen(エフエックスオープン) FXOpen(エフエックスオープン)は、2005年からサービスを開始した金融委員会「The Financial Commission」に登録を行なっている海外FX業者です。 外国為替業界としては初めて、ビットコインやライトコインなどの「仮想通貨」の取引を採用した業者でもあります。 初回入金金額は最低1ドルからと海外FX初心者にも優しい設定であり、用意されている4種の口座も最小はスプレッド0pipsから取引を行なう事が可能となっています。 しかし、日本語のサポートが無いという大きなデメリットがあり、取引ツールは日本語対応となっていますが、口座開設はサポートの点を考慮した上で行なわなくてはいけません。 FxNet(エフエックスネット) FxNet(エフエックスネット)は、2013年にサービスを開始したCySEC(キプロス証券取引委員会)のライセンスを取得している海外FX業者です。 『スタンダード口座』『VIP口座』『プラチナ口座』の3種から開設する口座を選択する事が可能であり、海外FX初級者から上級者まで幅広く対応する事ができます。 しかし、いずれにしても全体のスプレッドは広めとなっていますので、他社と比較すると取引コストは高くなってしまう可能性があります。 Big Boss(ビッグボス) Big Boss(ビッグボス)は、2013年にサービスを開始したFSP(ニュージーランド金融規制庁)のライセンスを取得している海外FX業者です。 2016年に日本人に向けたサービスの強化を行なって以降、多くの顧客を獲得している今最も勢いのある業者の一つとなっています。 6pips」など提供している取引環境も特別問題はないといえます。 MyFX(マイエフエックス) MyFX(マイエフエックス)は、2013年にサービスを開始したFSPR(ニュージーランド金融規制庁)に登録を行なっている海外FX業者です。 最大レバレッジは400倍に設定されており、『スタンダード口座』『プロ口座』の2種類から開設する口座を選択する事が可能となっています。 プロ口座は最低入金金額が「1,000ドル~」と多額ですが、最小スプレッドが0. 1pipsと低いので大口取引などを行なう方にはおすすめです。 サポートや取引ツールは日本語に対応していますが、サイトは英語か中国語表記となっていますので、その点は注意が必要となります。 MX Trade(エムエックストレード) MX Trade(エムエックストレード)は、すでに日本から撤退した海外FX業者です。 「最大レバレッジ400倍」「日本語対応サポート」など提供している取引環境には特別問題はなく、何より海外FX業者としては珍しい「固定スプレッド」を採用している業者でしたので、利用しているトレーダーは決して少なくはありませんでした。 しかし、今現在MX Tradeは「詐欺業者だった」といった見方が強いです。 なぜならば、「突然の日本からのアクセス拒否」「出金拒否を受けたトレーダーが多数」「過去にイタリアとキプロスの規制当局から警告を受けた経歴あり」など問題点が非常に多かったためです。 今現在日本には数多くの海外FX業者がありますが、MX Tradeのような業者が増えないことを祈ります。 eToro(イートロ) eToro(イートロ)は2007年にサービスを開始したキプロス証券取引委員会からライセンスを受けている海外FX会社です。 「日本語サポート無し」「スプレッドが広め」などデメリットが目立つeToroですが、プラットフォームが独特という一見変わった特徴を持っています。 ユニークなアニメーションによって収益状況などを表示してくれるため、難しいイメージのあるFX取引を楽しく行なえる工夫が施されており、海外FX初心者でも気軽に取り組めるようなシステムや注文機能が多く搭載されています。 スプレッドの狭さなど、取引環境を重視して業者を選択する方にはあまりおすすめはできませんが、海外FX初心者の方が気軽に楽しく取引を行なう目的ならば 口座を開設することもアリかもしれません。 おわりに 海外の業者は国内業者にはない多くのメリットを提供してくれますが、その反面情報が不透明というデメリットもあります。 そのため、海外の業者を利用する場合はしっかりと情報を精査した上でリスクを考慮し、口座を開設するようにしましょう。

次の

海外FX口座開設おすすめ比較ランキング[2020年最新版]

海外 fx mx

XM評価をその概要から始めましょう!XMの長所と短所がトレーダー、取引スタイルによって少し異なりますが、管理人がXMを利用する際、感じた11のメリットと5のデメリットが次の通りです。 XM評判まとめから始めよう XM評判は海外FX会社の中非常に高いです。 海外FX総合ランキングでXMは長年1位となっています。 しかし、各トレーダーに向いている会社とは言えません。 例えば、XMスプレッドが若干広いので、スキャルピングトレーダーにとってXMよりもおすすめ海外FX会社があります。 XMは次のトレーダーにおすすめです。 こちらでXM口座を開設する11のメリットを解説します。 XM信頼性は高い、出金トラブルはなし XMは海外FX業者のなか最も信頼性の高い業者です。 海外FX業者の選択においては何よりもそのブローカーの信頼性が一番大事です。 海外FXスプレッドや手数料などのコストも大事ですがが、何十万円も預ける業者が安全で信頼性があるか確認すべきです。 海外FX業者は他国の金融機関に登録し、ライセンスをもっていますが確かに殆どの業者は日本金融庁に登録していません。 従って、万が一金銭トラブルがあった場合はどうするか心配するのは当たり前です。 しかし、日本金融庁に登録していなくても、XMのようなしっかり営業している海外FX業者はあります。 キプロスのCySec、イギリスのFCAは日本金融庁以上に厳しいです。 海外FX初心者は海外業者に資金を送るのは不安かと思います。 XMの場合、預託金は英国バークレイズ銀行にXMの資金と分別保管されており、会社に万が一のことがあった場合にも返済などに仕様されることはなく2万ユーロまで補償されます。 海外FX業者で出金拒否のトラブルに直面することもあります。 こちらで 絶対に出金を拒否しない海外FX業者で口座を開設することをお勧めします。 XMは一切出金拒否しない。 XMはIFC Marketsように注文をあとから調整したり、iForexのように後から利益をキャンセルしたりすることはありません。 海外FXが少しでも不安がある初心者にとって一番合っているブローカーはXMだといえます。 XMはボーナスが一番豊かな海外FX会社 XMのボーナスプログラムはとにかくすごいです。 ボーナスがXMほど豊富な海外FX業者はありません。 (1)XM口座開設するだけで、取引に使える3000円のボーナスをもらえます。 (3)それに加えて、取引に対し1ロットあたり20XMPまでのポイントを獲得出来ます。 それはボーナスで言うと700円という意味です。 例えば、30ロット取引しただけで600ポイントついて、それを200ドルの取引ボーナスに交換できます。 今ならXM新規口座開設で未入金3千円ボーナス! XMなら3000円未入金ボーナスがある XMは3000円未入金ボーナスを提供してくれる唯一の海外FX業者です。 XMなら入金せず3000円の口座開設ボーナスでリアルトレーダが可能です。 当然、その取引から発生した利益を出金出来ます。 関連記事: XMなら英語出来なくてもOK 「海外FXは英語出来なかったら難しいでしょう?」そのように考えている日本人トレーダーは多いかと思います。 XMならホームページも会員ページも日本語化されているし、日本語サポートの人がいるので英語出来なくても大丈夫です。 サイトが完全に日本語化されているだけでかなり助かります。 今ならXM新規口座開設で未入金3千円ボーナス! XM口座開設、入出金手続きは簡単 XMウェブサイトが日本語化されているだけではなく、口座開設や入金、出金手続きは非常に簡単です。 XM口座開設は早ければ5分ほどで完了出来ます。 本人確認書類、住所確認書類も携帯のカメラからとった画像のアップロードするだけで大丈夫です。 XM口座にカード入金も5分ほどで完了出来ます。 XMはJCB、Visaデビット・クレジットカードを受けています。 Master Cardは受けていないですが、マスターカードをお持ちの人はMyBitWallet経由で入金出来ます。 も入金ほど簡単で、数分ほどで完了出来ます。 出金手順にはあまり時間かかりませんが、資金が着金するのに少し時間がかかります。 関連記事: 関連記事: 関連記事: 100%約定・執行率、注文拒否はなし XMの約定力に比べるものはないです。 XM全取引の99. XM口座で取引する際、 リジェクトは一切ありません。 ニュースや雇用統計のようなボラティリティの高い時は約定の遅れが出ることがあります。 今ならXM新規口座開設で未入金3千円ボーナス! XM最低入金額は500円 海外FX業者の殆どの場合 最低入金額:10000円(100ドル)~ XM(エックスエム)の場合は 最低入金額:500円(5ドル)~ からトレードが可能です。 FXを始めるハードルが高くないので 初心者で楽々少額から勝負出来ます。 XM入金は非常に便利 海外FXを始める際、資金を簡単に出金出来るのか不安になるかと思います。 殆どの海外FX業者はカードか国内銀行送金で入金し、国際銀行送金での出金の仕組みになっています。 言い換えると入金は早いですが、出金するのに3-5日かかります。 たまに、資金が着金するのに2週間ほどかかることもあります。 出金するのに5日間かかるだけで、かなり不安になるかと思います。 XMならMyBitWalletとビットコインの入出金が可能ですので、出金がかなり早いです。 ビットコイン出金であれば60分ほどで資金が口座に入ります。 現金にしたい場合はMyBitWalletが便利です。 殆どの場合当日に日本銀行口座に資金が着金します。 XM口座にビットコインを利用し、入金希望の場合、入金方法一覧からビットコインを選択してください。 今ならXM新規口座開設で未入金3千円ボーナス! XM最大レバレッジは888倍 海外FXと言えば、やはりハイレバレッジでしょう! その中でも888倍のXMレバレッジは特に日本人のトレーダーにとって魅力的かと思います。 海外FX初心者で「XMハイレバレッジは危険でしょう」と考えている方が多いかと思います。 国内FXはレバレッジが25倍であったとしても、 追証なしゼロカット方式が無いという事のリスクはより危険です。 国内FX業者は入金以上のマイナス分(損)を追求します。 XMは「追証なしゼロカット」制度を導入していますので、心配する必要はありません。 日本国内業者と違って、海外FX業者の殆どは追証ありません。 例えば、自分の入金した資金以上に損した場合、国内FX業者はその差額を追求します。 海外FX業者XMはそのようなことはしません。 これは特に海外FX初心者にとって便利かと思います。 XM口座残高がマイナスになってしまった場合、数分ほどでXMは口座残高をゼロにリセットしてくれます。 例えば、右の画像にて国内FX業者とXMの追証制度を比較してみましょう。 国内FX業者とXMに同じ10万円を入金したとします。 最大FXレバレッジを利用し、同じドル円取引ポジションをもっているとします。 数分ほどでXM口座残高が自動的にゼロにリセットされます。 これを「追証ゼロ」サービスといいます。 今ならXM新規口座開設で未入金3千円ボーナス! ビットコイン仮想通貨取引可能 XM口座であれば、最近話題となっているビットコインを資金として利用も、資産として取引も可能です。 XM MT5口座ではビットコインだけではなく人気のある仮想通貨イーサリアム(ETHEREUM やライトコイン(LITECOIN 、ダッシュ DASH 、リップル XRP も取引出来ます。 XM(エックスエム)デメリット XMスプレッドが広い 海外FX業者の一番のデメリットはFXスプレッドです。 XMスプレッドも国内FX業者に比べてかなり広いです。 ドル円スプレッド0. 3になれているトレーダーはXMの1. 8pipsスプレッドで取引するのは難しいかもしれません。 XMはハイレバレッジやボーナスで海外FXランキング1位となっていますが、スプレッドで言うと他の海外FX会社に負けています。 スウィングトレーダーやデイトレーダーは広いスプレッドをあまり気にしませんが、スキャルパーはFX会社を狭いスプレッドで選択するかと思います。 FXスプレッドで選ぶならがおすすめです。 株・証券取引が出来ない XMはFX、コモディティ(商品)、株価指数、貴金属、エネルギー商品を取扱していますが、株式・証券を取扱していません。 日本、米国、中国、世界企業の株式に投資希望の場合はその他の海外FX会社で口座を開設する必要があります。 海外FX業者なら通貨、株式、商品、指数、ETFすべて一つの口座から取引出来ます。 iForexの大きなメリットは取扱商品並びが多いことです。 日本語サポートは24時間じゃない 上記でXMには日本語サポートの人がいるので英語出来なくても大丈夫だと書きましたがその日本語サポート実は24時間ではなかったです。 日本語対応は日本時間の昼間から夜までですが、その時間帯がはっきりしていないようです。 日本語サポートの人がいない時に何かあった場合残念ながら英語で書く必要があります。 雇用統計の時約定が遅い、スプレッドが広い 上記でXMのスプレッドが広いことを書きましたが、それがニュース、雇用¥統計発表の時にはさらに広くなることがあります。 雇用統計発表あたりはドル円、ユーロドルスプレッド10pips以上まで広がります。 それだけではなく、相場変動が激しい雇用統計のあたりはXM約定力は弱いです。 約定拒否は確かにないですが、リクォートはありますし、約定時間が30秒までの時があります。 雇用統計のあたりははっきり言ってどこのFX会社も約定が良くないですが、XMも同じです。 マスターカードで入金出来ない XM口座にVisa、JCBカードで入金出来ますがMaster Card(マスターカード)で入金は出来ません。 マスターカードで使えないタイプが多くなってきて、XMが結局Master Cardを完全に受けないようにしたようです。 マスターカードをお持ちの方やXMカード入金出来ない方はMyBitWallet経由で入金出来ます。 関連記事: XM評判まとめ XM口座で3年ほど取引していますが、まだ後悔したことはありません。 確かに、XMスプレッドが広めですが、それ以外のデメリットはあまり気にすることではありません。 スキャルピング取引に特化したトレーダーにXM口座は向いていないですが、デイトレーダー、スウィングトレーダーにXMがピッタリです。 海外FX業者の魅力的なポイントはやはりハイレバレッジとボーナスなので、XM評判はかなり高いです。 FX初心者おすすめ業者といえばXMで決まりです。 今ならXM新規口座開設で未入金3千円ボーナス! , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,.

次の

XMのスプレッドって広いの?全通貨ペアのスプレッド一覧大公開!

海外 fx mx

「MT4を使いたいけど、FX会社は国内FXと海外FXのどちらがいいの?」 これからMT4(メタトレーダー4)を使う人は、国内FX会社と海外FX会社のどちらにしようか迷っている方も多いでしょう。 インターネットで検索すると、海外FXは「レバレッジが100倍までかけられる」「ゼロカットで口座がマイナスにならない」など、様々な情報が飛び交っています。 しかし、元銀行員の私から言わせれば、 MT4でFXをするならば海外業者よりも国内業者の方が圧倒的に有利です。 特に、FXで億を超える資産を築いた人は、私の知る限り、 ほぼ国内FX一択です。 仮に、海外FXで億の資産を築いた方は、これから説明する理由から かなり損をしており、もし国内FXを使っていれば倍以上の資産になっていたでしょう。 今回の記事では、これからMT4でFXをする方向けに、 国内業者と海外業者のどちらがおすすなのか?国内業者はどこがいいのか?についてメガバンク出身のプロが解説していきます。 <MT4が使える国内FXと海外FXの比較> 国内FX 海外FX レバレッジ 25倍 100~888倍 スプレッド 0. 3銭(米ドル円) 1. 6銭(米ドル円) 各種手数料 無料 無料 税金 20. 315%(一律) 15~55% ゼロカット なし あり レバレッジは国内25倍に対して海外888倍 レバレッジは、 国内FX業者が25倍に対して、 海外FX業者は各会社によって100倍~888倍まであります。 レバレッジをかけて少額でも大きな金額の取引が出来るのがFXの魅力なので、一見、海外FXの方が有利であると思えます。 ただし、レバレッジ100倍以上は 投資ではなくもはやギャンブルです。 例えば、10万円の資金からレバレッジ100倍で1,000万円分の取引をしたとしましょう。 相場が自分の思った方向に進んでくれれば、そこで大きな利益が取れますが、もし、逆の方向に行ってしまった場合、すぐに全ての資金を失ってしまう可能性があります。 つまり、大きく稼ぐか失うかの賭けであり、投資で破産している人の多くは、リスク管理が甘く、高いレバレッジでハイリスク・ハイリターンのトレードをしていることを肝に銘じておかなければいけません。 レバレッジについて詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。 記事: スプレッドは海外より国内の方が狭い 次にスプレッドですが、 海外FX業者は国内FX業者に比べて、スプレッドがかなり広いです。 例えば、米ドル円で国内FXは約0. 3銭なのに対して、海外FXは約1. 6銭です。 一見、そこまで違わない気もしますが、 取引の回数を重ねるごとに、ものすごい差になって現れます。 これがどれくらいの違いになるかというと、1回の取引で、1. 国内FX業者を使うトレーダーが1カ月で300銭の利益を上げたとしましょう。 すると、海外FX業者を使うトレーダーは、 -260銭のハンデを負っているので合計560銭分の利益を稼がなければ国内FX業者を使うトレーダーに勝てません。 一方、海外FXは 利益が330万円を超えると、税率が30%以上になってくるので、 国内FXの方が有利になります。 そして、海外FXは利益が695万円以上、900万円以上・・・と増えるごとに、税率も段階的に上がっていきます。 例えば、 FXで5,000万円を稼いでも、国内FXであれば手取りが4000万ですが(税率約20%)、海外FXだと2250万なので(税率55%)、ほとんど税金でもっていかれます。 これでは海外FXで億を超える爆発的な利益を上げたとしても、半分以上税金を支払うことになり、 国内FXで利益を上げる方がはるかに有利と言えます。 FXの税金について詳しく知りたい場合は、以下の記事をご参考下さい。 記事: ゼロカット制度は海外のみ有り ゼロカットシステムとは、 相場急変時に強制ロスカットが間に合ない場合、マイナスになった残高を帳消しにする制度です。 最近だと、2015年のスイスショックの時がありましたね。 これは基本的に国内FXには無く、海外FX特有の制度です。 ただ、そのような相場急変は10年に一度起きるかどうか。 また、 そもそもレバレッジを抑えたり、損切り注文を置いて取引していれば、急激な相場変動によるリスクを軽減できます。 また、相場が大きく動くイベントは、例えば米大統領選挙やBrexitの時など、あらかじめスケジュールが決まっているので、事前にリスク管理を施しておけば全く問題ありません。 MT4は国内FX業者の方が有利な理由• 海外FX業者よりもスプレッドが狭い• 税金面で国内FX業者の方が有利• 日本語サポートが充実している 例外としては、利益額が195万円以下の場合は、税金面で海外FXの方が有利になりますが、そもそもスプレッドが広い海外FXで利益を上げるのは初心者ならばなおさら難しいので、最初から国内FX業者を使った方が無難でしょう。 MT4に対応の国内FX業者一覧 ここからは、MT4に対応している国内FX業者を比較していきましょう。 いずれも、海外FXと比べてスプレッドも狭いですし、MT4で取引が出来るのでおすすめですね。 MT4の 使用料は無料で、 口座開設に手数料等も発生しないので手軽に口座開設をしてみましょう。 どの会社がいいか迷う方は、「ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF)」と「YJFX! 5銭 1,000通貨 22種類 大手ネット証券会社 MT4対応の国内FXの比較は、【】をご覧ください。 YJFX! は、Yahoo! JAPANで有名なヤフーグループが運営するFX会社です。 スプレッドは業界でもトップクラスに狭い他、 FX初心者には心強い24時間の電話サポートがあります。 何か分からない点があれば、夜でも電話で解決できるのは素晴らしいですね。 注意点としては、MT4上で取引は出来ないことが挙げられますが、その分、発注する取引ツールは使いやすいと評判です。

次の