最強 の 魔 導師 ひざ に。 最強の魔導士。ひざに矢をうけてしまったので田舎の衛兵になる (GAノベル)

【最新刊】最強の魔導士。ひざに矢をうけてしまったので田舎の衛兵になる 5

最強 の 魔 導師 ひざ に

ひざに矢を受けたS級魔導士、温泉村で最強のんびり生活!! 最強の魔導士アルフレッドは、勇者とともに、ついに魔王を討伐することに成功した。 これでは、もう満足に戦えない。 隠居してどこかでゆっくりしたいと考えたアルフレッドだったが、 魔王を討伐した英雄の一人を、周囲の誰もが放っておいてくれない。 そこで彼は、誰も自分を知らない片田舎へ行って、こっそり静養しようと決意する。 『ムルグ村の衛兵募集。 狼と猪が出て困っています。 だが、村で出会った魔狼の王フェムや、魔王軍の五人目の四天王ヴィヴィなどの にぎやかな面々は、アルフレッドにそう簡単に平穏な日常を過ごすことを許してはくれなかった。 Sランク最強魔導士の、田舎ですごすのんびり無双(?)なスローライフ、開幕!! ぞろあすたら ストーリーの流れやキャラクターの個性、その見せ方や情景描写は申し分なく、ズルズルとその世界観に引き込まれていく感じは心地好い。 文章は必要最低限に上手く纏められているので、私には誰がどんなセリフを言い、どんな表情でどんな想いをしているのか伝わってくるが、想像力や読解力の乏しい読者にとっては、説明不足や情景描写が少ないと言われても仕方のない文章量ではある。 つまり万人向けではないのだ。 正直、絵本に書かれる文章程しかない印象を受ける。 ストーリーの大本や展開、キャラクターの個性やその立ち振舞い、魅力などは素晴らしいと思う。 だが本としての空白感の虚しさは読者に押し付けて良いものではない。 企業努力としてイラストを増やすとか、値段を下げるとか、それができないなら加筆修正で情景描写を増やすなどして文章の価値を上げた方が、読者を満足させることができると思う。 小説家としてデビューした以上、最低限のプロット紛いのほぼ空白、ほぼセリフのみの本を作るのではなく、どう読者を楽しませるかも少しは考慮して戴きたい。 セリフは変えずとも間に差し込む環状表現や情景描写だけで、読者が受ける世界観は大幅に拡がるし、同じページ数で充実感が増す。 一冊の重みが増すと言うことは、著者の評価が上がると言える。 薄い空白だらけの本はそれだけで評価が下がる。 編集部もそれぐらい判っていそうなものだが、そこをどうか考慮して戴きたい。 厳しい意見を書いたが、私は著者が描く世界観やキャラクターを好いているので、これからも楽しみにしている。 私的には現状でも楽しめなくはないのだが、出来るならば本としての価値を上げてほしい。 買って良かったと思わせることが商品としての本質だと思わせてほしい。

次の

【星のドラゴンクエスト(星ドラ)】魔賢導士の評価とおすすめ装備|ゲームエイト

最強 の 魔 導師 ひざ に

・ 魔王討伐を果たした、最強の魔導士アルフレッド。 だが、戦いの際に、ひざに矢を受けてしまった。 これでは、もう満足に戦えない。 冒険者引退を決意したアルフレッドは、ギルドで1件の依頼を見つける。 『ムルグ村の衛兵募集。 狼と猪が出て困っています。 のんびり無双な異世界スローライフ! S級魔導士の アルフレッド=リントは今日も引きこもっていた。 所属している勇者パーティで魔王討伐に挑み、倒れる寸前の魔王から呪いの矢をひざに受けてしまったのだ。 このひざのケガは一生治ることなく、治癒魔法も効かないのでアルフレッドには冒険者としての仕事が難しくなっていた。 魔王討伐に成功したことで王室から爵位や勲章を与えられ、一躍有名になってしまったアルフレッドの元には日々面倒な話が転がってくる。 新設する魔導騎士団の団長をしてほしい• 宮廷魔導士たちに稽古をつけてやってほしい• 旧魔王領に新設する冒険者ギルドのギルド長になってほしい ・・・。 「ここにいては休養が取れない」とアルフレッドは王都を出ることに。 その理由付けとして、冒険者ギルドでFランクの依頼を受けた。 ムルグ村の衛兵募集。 狼と猪が出て困っています。 報酬は衣食住。 『最強の魔導士。 』の3つの見所 『最強の魔導士。 ひざに矢を受けてしまったので田舎の衛兵になる』の見所を3つご紹介します! バジリスク退治のうまいおっさん アルフレッドはムルグ村に向かう途中の森で狼み襲われるエルフの女の子 ミレットを助ける。 どうやら病気の妹のために薬草を取りに森に入ったが、薬草が見つけられないらしい。 薬草探しを手伝うことにしたアルフレッドは バジリスクが住み着いたという洞窟へと向かう。 「おっさんはバジリスク退治がうまいんだ!」 洞窟で薬草を採取しているとバジリスクが姿を見せ尻尾で攻撃を仕掛けてくる。 バジリスクの攻撃を全て魔法で防ぎながら薬草採取を続け、採り終わったところでアルフレッドは小石を猛スピードで脳天めがけて投げつけた。 Bランクであるはずのバジリスクが小石の一撃で倒れる。 さすがS級魔導士・・。 魔狼王フェムがアルフレッドに懐く アルフレッドがムルグ村に着いたその夜、狼の群れが村を襲撃しようと近づいてきた。 それを察知したアルフレッドは森へ向かう。 そこにいたのは立派な魔狼。 群れのボスは魔法を使い牽制してくるが、アルフレッドは展開した魔法障壁を加速させてぶつける。 倒れ込んだボス魔狼に対して告げる。 「ムルグ村に危害を加えないなら見逃してやる」 ボス魔狼は念話でアルフレッドへ返事を返す。 「了解したのだ。 強き人の子よ」 名前のないボス魔狼にアルフレッドは『 フェム』と名付けた。 フェムはアルフレッドを主と認め、もはや犬のように懐いてしまっている(笑) (自称)魔王軍四天王ヴィヴィは問題児 森に巨大な猪、魔猪が現れた。 フェムの頼みでアルフレッドが討伐したが、その原因を作ったのは (自称)魔王軍四天王ヴィヴィだった。 ヴィヴィは魔王軍を再興させるために生物を巨大化させる魔法陣を使ってなんとも迷惑な実験をしていたのだ。 魔猪を討伐した夜中、ヴィヴィは自分で村の近くまで来てアルフレッドにクレームをつけてきた。 そして逆にアルフレッドに激怒されてしまうハメに。 ヴィヴィは魔導士としては優秀だが・・・アホだった。 褒められるとすぐに調子に乗ってペラペラと実行しようとしていた計画を喋ってしまう。 責任を取ってアルフレッドの手伝いをさせられるが、それ以降は一緒に村で過ごすようになる。 こんな人にオススメ マンガUP! の『最強の魔導士。 ひざに矢を受けてしまったので田舎の衛兵になる』は• 魔法というキーワードに弱い• ユルい(読みやすい)マンガを探している こんな人にピッタリのマンガです! 子供でも読めるユルいストーリーなのでご飯を食べながら読んだり、寝る前に読んだりしてもいいかも。 年齢・性別問わずハマってもらえます!.

次の

【最新刊】最強の魔導士。ひざに矢をうけてしまったので田舎の衛兵になる 5

最強 の 魔 導師 ひざ に

2018年10月15日に第2巻が発売されたGAノベル刊『 最強の魔導士。 ひざに矢をうけてしまったので田舎の衛兵になる』のコミカライズが決定した。 本作は小説投稿サイト「」発の作品で、勇者と共に魔王の討伐に成功したものの、ひざに矢を受けてしまった魔導士が素性を隠して静養スローライフを目指す物語を描く。 コミカライズの作画はが担当することも決定しており、連載はマンガアプリ「」にて行われる。 【あらすじ】 最強の魔導士アルフレッドは、勇者とともに、ついに魔王を討伐することに成功した。 これでは、もう満足に戦えない。 隠居してどこかでゆっくりしたいと考えたアルフレッドだったが、魔王を討伐した英雄の一人を、周囲の誰もが放っておいてくれない。 そこで彼は、誰も自分を知らない片田舎へ行って、こっそり静養しようと決意する。 『ムルグ村の衛兵募集。 狼と猪が出て困っています。 だが、村で出会った魔狼の王フェムや、魔王軍の五人目の四天王ヴィヴィなどのにぎやかな面々は、アルフレッドにそう簡単に平穏な日常を過ごすことを許してはくれなかった。 Sランク最強の魔導士の、田舎ですごすのんびり無双(?)のスローライフ、開幕!! コミカライズの連載開始時期などの詳細は今後の続報を楽しみに待ちたい。 コミカライズも決定したこの機会にぜひ本作を読んでみよう。 『最強の魔導士。 ひざに矢をうけてしまったので田舎の衛兵になる』は、GAノベルより第2巻まで発売中。

次の