法律 専門学校。 専門学校

東京法律|公務員の専門学校|立志舎

法律 専門学校

「」を参照 が定める正規の学校 であり、「職業若しくは実際生活に必要な能力を育成し、または教養の向上を図ることを目的として組織的な教育を行う」を といい、次の各号の全てに該当する必要がある。 修業年限が1年以上• 授業時数が文部科学大臣の定める年間授業時数(800時間)以上• 教育を受ける者が常時40人以上 このうち、を対象とするを置くものを「専門学校」と称することができる が、あくまでも「 専門課程を置く専修学校」であり、専門課程を置いていれば他に(対象)やを置くこともできる。 すなわち、「専門学校」と称する専修学校(以下「専門学校」)の「専門課程」に在籍する者がいるのはもちろんのこと、専門学校の「高等課程」に在籍する者や、専門学校の「一般課程」に在籍する者もいる。 一方で、「専門学校」の名称を使用する義務はないため、専門課程を置いていても「専門学校」と称しない専修学校もある(など)。 逆に、専門課程を置いていなければ「専門学校」と称することはできない。 なお、専門課程を置かずに高等課程を置く専修学校については「」と称することができる。 専門学校の変化 [ ] 2000年代以降、通常の専門学校や大学付属専門学校が、(を含む)への改組が増えつつある。 同大学付属専門学校から改組された一例として、・・・などがあり、さらに、に開学したのように、通常の専門学校から大学へと発展改組する事例もある。 看護学科 - に従来の学科を発展改組して看護学科として開学。 - 2007年度を目途に短期大学への移行計画が持ち上がっていたが、翌年度、4年制大学への改組に変更された。 - 度に、旧来の専門学校を発展改組する形でが開学した。 ・・ - 度にはそれぞれ旧来の専門学校を発展改組する形で開学された。 保育科 - 2009年に保育学科に統合された。 - に旧来の東萌保育専門学校から改組された。 - 設置当初は専修学校の発展改組ではないが、度には同じ学校法人の傘下にあるを統合しており、また同じ傘下にある仙台医療福祉専門学校の児童福祉学科も短期大学に移行、さらに度より同学校の歯科衛生学科も短期大学に統合された。 脚注 [ ] []• 2015年10月31日閲覧。 学校教育法(昭和22年法律第26号)第124条• 学校教育法第1条に掲げる「()」には含まれない• 学校教育法第124条• のように、「学校」ではなく「養成所」などと称する所もある。 したがって、やといった、いわゆる資格スクールを「専門学校」と称するのは誤りである。 学校教育法第126条 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

法律・政治が学べる専門学校一覧

法律 専門学校

警察官コース• 消防官コース• 警察官・消防官上級チャレンジコース• 海上保安官コース• レスキュー・災害救助隊員コース• 刑務官・入国警備官・皇宮護衛官コース• 自衛官コース• スポーツ・公務員コース• スポーツ・警察、消防官コース• 公務員総合コース• 公務員総合夜間コース• 公務員上級・中級レベルコース• 国家公務員初級レベルコース• 府庁・県庁等初級レベルコース• 市役所・町役場等初級レベルコース• 裁判所・検察庁・税務署職員コース• 国税専門官コース• 学校事務・警察事務職員コース• ビジネス資格・公務員コース• 公務員総合コース• 公務員総合夜間コース• 税理士コース• 公認会計士コース• 独立経営専攻コース• 事務・経理職専攻コース• 販売・営業サービス専攻コース• ITビジネス専攻コース• ビジネス資格・公務員コース• スポーツトレーナーコース• パーソナルトレーナーコース• フィットネストレーナーコース• メディカルトレーナーコース• スポーツインストラクターコース• こどもスポーツコース• スポーツビジネスコース• スポーツ・公務員コース• スポーツ・警察、消防官コース• 野球専攻コース• サッカー・フットサル専攻コース• バスケットボール専攻コース• バレーボール専攻コース• ホテルフロントコース• ホテルコンシェルジュコース• ホテル総合コース• ウエディングプランナーコース• ブライダルビューティーコース• ドレススタイリストコース• ウエディング総合コース• トータルビューティーコース• 製菓・製パンコース• 製菓・製パン+パティシエ専攻コース• 製菓・製パン+ブーランジェ専攻コース• 製菓・製パンコース[1年制].

次の

大原簿記法律&美容製菓専門学校和歌山校|資格・就職の大原学園 西日本

法律 専門学校

「」を参照 が定める正規の学校 であり、「職業若しくは実際生活に必要な能力を育成し、または教養の向上を図ることを目的として組織的な教育を行う」を といい、次の各号の全てに該当する必要がある。 修業年限が1年以上• 授業時数が文部科学大臣の定める年間授業時数(800時間)以上• 教育を受ける者が常時40人以上 このうち、を対象とするを置くものを「専門学校」と称することができる が、あくまでも「 専門課程を置く専修学校」であり、専門課程を置いていれば他に(対象)やを置くこともできる。 すなわち、「専門学校」と称する専修学校(以下「専門学校」)の「専門課程」に在籍する者がいるのはもちろんのこと、専門学校の「高等課程」に在籍する者や、専門学校の「一般課程」に在籍する者もいる。 一方で、「専門学校」の名称を使用する義務はないため、専門課程を置いていても「専門学校」と称しない専修学校もある(など)。 逆に、専門課程を置いていなければ「専門学校」と称することはできない。 なお、専門課程を置かずに高等課程を置く専修学校については「」と称することができる。 専門学校の変化 [ ] 2000年代以降、通常の専門学校や大学付属専門学校が、(を含む)への改組が増えつつある。 同大学付属専門学校から改組された一例として、・・・などがあり、さらに、に開学したのように、通常の専門学校から大学へと発展改組する事例もある。 看護学科 - に従来の学科を発展改組して看護学科として開学。 - 2007年度を目途に短期大学への移行計画が持ち上がっていたが、翌年度、4年制大学への改組に変更された。 - 度に、旧来の専門学校を発展改組する形でが開学した。 ・・ - 度にはそれぞれ旧来の専門学校を発展改組する形で開学された。 保育科 - 2009年に保育学科に統合された。 - に旧来の東萌保育専門学校から改組された。 - 設置当初は専修学校の発展改組ではないが、度には同じ学校法人の傘下にあるを統合しており、また同じ傘下にある仙台医療福祉専門学校の児童福祉学科も短期大学に移行、さらに度より同学校の歯科衛生学科も短期大学に統合された。 脚注 [ ] []• 2015年10月31日閲覧。 学校教育法(昭和22年法律第26号)第124条• 学校教育法第1条に掲げる「()」には含まれない• 学校教育法第124条• のように、「学校」ではなく「養成所」などと称する所もある。 したがって、やといった、いわゆる資格スクールを「専門学校」と称するのは誤りである。 学校教育法第126条 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の