お願い し て も よろしい でしょ うか。 「~していただいてもよろしいですか」

お願いしたく存じます・したいと存じますは正しい?お願いしたいの敬語!

お願い し て も よろしい でしょ うか

「よろしい」の敬語表現 「よろしい」は丁寧な言い方ではありますが、相手の行動に対して許可を与える場面で使ってしまうと少し上から目線のように感じてしまいます。 このような場面ではあまり目上の方に使わないようにしたほうがよいでしょう。 ただし「よろしい」を疑問形にして「よろしいですか」と相手に許可を求める意味合いで使う分には問題はありません。 ビジネスの場では報告・連絡・相談が求められます。 上司に許可をもらう場面も多々あることでしょう。 そんなときは「~してもいいですか」と使うよりも「~してもよろしいでしょうか」と使ったほうが丁寧さを表すことができます。 「よろしい」を言い換えると 例えば報告をする場面。 「お時間を頂きたいのですがよろしいですか」と報告が一方的にならないように使うのですが、例えば「よろしい」の部分を「今いいですか」「大丈夫ですか」などと使ってしまうと、少しフランクな感じがします。 多少の上下関係なら問題はないのでしょうが、ある程度目上の方に対して使ってしまうと不快感を与えてしまう恐れもあります。 基本的には「よろしいですか」は多くの場面で使える言葉です。 もっと丁寧さを表現したい場合には「よろしゅうございますか」と使ってもよいでしょう。 「よろしい」「よろしいですか」を使った正しい敬語表現の例文 「よろしい」の例文.

次の

お願いできますでしょうかは正しい?|ビジネス・メール・敬語表現

お願い し て も よろしい でしょ うか

「よろしいでしょうか」の意味と類語での言い換え方 「よろしいでしょうか」は「いいだろうか?」という意味 「よろしいでしょうか」は「いいだろうか?」という意味として使われています。 「よい」を丁寧に表現した「よろしい」に「だろうか」を丁寧に表現した「でしょうか」を付けた丁寧な言い回し方です。 丁寧な表現である「よろしいでしょうか」は目上の相手に許可を求める際や、問題の有無を確認する際に多く使われています。 「いかがでしょうか」は「よろしいでしょうか」の類語 「よろしいでしょうか」の類語には「いかがでしょうか」や「構いませんでしょうか」が当てはまります。 類語ではあるものの「いかがでしょうか」は相手の状態や意見、感想を聞く際に使われる言葉で、「構いませんでしょうか」は相手にとって不都合な可能性があることに対して許可を得る際に使われます。 例えば「体調いかがでしょうか?」という文だと、「よろしいでしょうか」でも意味は通じますが、相手の身体の状態を聞いているため「いかがでしょうか」が適しているといえます。 「少々お時間いただきますが、構いませんでしょうか?」という文も「よろしいでしょうか」で意味は通じますが、時間がかかるということは相手にとって不都合なことであるため、「構いませんでしょうか」と類語を使って言い換えることができます。 状況によって使い分けてください。 「よろしいでしょうか」の目上への用法 「よろしいですか」は使い方に注意 「よろしいですか」は「よろしいでしょうか」と同じ意味として、相手に許可を求める際や問題の有無を確認する際に使われる言葉です。 敬語表現である「よろしいですか」は目上の相手へ使うことができる言葉ですが、「よろしいでしょうか」に比べて威圧的な物言いであり不快だと感じる人もいるため注意が必要です。 特に初対面の相手や、取引先の担当者など社外の相手へはマイナスな印象を与えないためにも、「よろしいですか」ではなく「よろしいでしょうか」を使った方がいいでしょう。 現在の出来事に「よろしかったでしょうか」は間違い 「よろしいでしょうか」を使った言い回し方の1つである「よろしかったでしょうか」はシーンによっては間違った使い方となります。 「よろしかったでしょうか」は過去の出来事に対してのみ使うことができるため、現在起こっている出来事や未来の出来事に対して使うことはできません。 例えば目上の相手に名前を伺う際、「お名前をお伺いしてもよろしかったでしょうか」とはなりません。 名前を聞いているのは「今」であるため、「お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか」が適切であるといえます。 例えば話すことに許可を求める場合は「申し上げてもよろしいでしょうか」、休みをとることに許可を求める場合は「来週末に休みをいただいてもよろしいでしょうか」となります。 メールにも「よろしいでしょうか」が使える 話し言葉としてだけでなく、メールや手紙などの書き言葉としても「よろしいでしょうか」は使えます。 例えば取引先の担当者にメールで質問をする際「お世話になっております。 こちらの説明不足や分かりにくい説明により質問をさせてしまった場合は、返事の冒頭で「こちらのご説明が足りておらず、申し訳ございません」と謝罪の文章を入れてください。 メールにて双方の日程を調整する際にも「よろしいでしょう」が使えます。 「よろしいでしょうか」を使った例文 「認識でよろしいでしょうか」を使った例文 「よろしいでしょうか」の言い回しの1つに「認識でよろしいでしょうか」という言葉があります。 「お時間を頂いてもよろしいでしょうか」を使った例文 自分のために時間をとらせてしまうことに対して許可をもらう際に「お時間をいただいてもよろしいでしょうか」が使えます。 例えば、仕事終わりに上司へ相談をする際「ご相談したいことがあるのですが、お時間をいただいてもよろしいでしょうか?」となります。 「お伺いしたいのですがよろしいでしょうか」を使った例文 相手に聞きたいことがある際に「お伺いしたいのですがよろしいでしょうか」が使えます。 例えば前回の会議について聞きたいことがある際は「前回の会議についてお伺いしたいのですが、よろしいでしょうか?」となります。 まとめ 「よろしいでしょうか」は相手に許可を求める際や、問題があるかを尋ねる際に使われる言葉です。 ビジネスシーンで目上の人に対して多く使われる言葉ですが、使い方によっては失礼になることもあるため注意して使ってください。

次の

「よろしいでしょうか」は正しい敬語?類語・英語表現などを解説!

お願い し て も よろしい でしょ うか

「よろしいでしょうか」の漢字 「よろしいでしょうか」は漢字だと「良ろしいでしょうか」「宜しいでしょうか」と書くことができます。 「宜しく」「良ろしい」と書くことはあまりなく、一般的には、 「よろしいでしょうか」とひらがなで表記することが多いです。 「宜」は音読みだと「ギ」、訓読みだと「よろしい」と読みます。 「宜」は「程よくかなっている」を意味しています。 元々「よろしく」は、相手に便宜をはかってもらう時などに、適切な配慮を願ったり期待したりして言う語です。 そこから「宜」をとって、「宜しく」と書くようになりました。 「宜」は、「適宜」「時宜」「便宜」といった使い方が正しいので、「宜しい」といった使い方は本来は正しくありません。 「よろしい」といったように、ひらがな表記の方が適切となります。 「よろしいでしょうか」の使い方・用法 「よろしいでしょうか」は相手の意志を確認したり、同意・許可を求めるときに使う表現です。 例えば「来週休みをいただいてもよろしいでしょうか」といった場合は、許可を求める言い方になり、「今お時間をいただいてもよろしいでしょうか」といった場合は、相手に支障がないか尋ねる言い方になります。 「よろしいでしょうか」はビジネスメールでも使うことが多く、「明日の会議で使用する資料は、以下の内容でよろしいでしょうか」などと相手に確認を取りたいときに使用します。 「よろしいでしょうか」は電話対応などでもよく使われ、忙しい相手に急を要する用件を伝える時に「お時間少しだけよろしいでしょうか」と使うことができます。 「よろしいですか」は敬語として誤用 「ですか」は「今何時ですか」や「ここはどこですか」などと、何かを質問するときに使う言葉です。 「よろしいですか」が敬語ですが、少々砕けた言い方になるので上から目線に感じてしまう人もいます。 ですので「よろしいですか」は、取引先など目上の人に対しては不適切になります。 目上の人に対しては「よろしいですか」ではなく「よろしいでしょうか」と言った方が良い印象を与えます。 「よろしかったでしょうか」も敬語として誤用 飲食店などで注文の際に、「ご注文は以上でよろしかったでしょうか」と店員さんに聞かれたことがある方も多いと思います。 「よろしかったでしょうか」は間違った表現ではありませんが、何となく違和感を感じる表現です。 「よろしかったでしょうか」は過去形なので、前提となる内容があって、それに対して確認の意味で用いるのが適切な使い方になります。 ですので、何の前提もない状態で「よろしいでしょうか」を使うと不自然です。 例えば、お客様が商品を購入したことを再度確認する場合に「こちらでよろしかったでしょうか」と使うのが適切です。 こういったように、お聞きした注文内容を忘れてしまい再確認をする場合に使えます。 「よろしかったでしょうか」は過去のこと、済んでいることに対して使います。 「よろしいでしょうか」は正しい敬語 「よろしい」は「よい」を丁寧にした表現で、「でしょうか」は「ですか」を丁寧にした表現です。 「よろしいでしょうか」は丁寧な表現なので、目上の人に対して使うことができます。 例えば、目上の人に対して「こちらでいいですか」というのは、ぶっきらぼうで少し失礼な印象を与えてしまいます。 「こちらでよろしいでしょうか」と尋ねた方が丁寧な感じがしますよね。 また「よろしいでしょうか」をより丁寧にした「よろしゅうございますか」という表現もありますが、はあまり使われる表現ではありません。 ただ 「よろしいでしょうか」は丁寧語であって、謙譲語ではありません。 「よろしいでしょうか」の前に来る言葉に尊敬語や謙譲語を用いるようにしましょう。 「よろしいでしょうか」の例文 ・お時間少しだけいただいてもよろしいでしょうか。 ・お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか。 ・申し訳ありませんが体調が優れないので、休ませていただいてよろしいでしょうか。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、こちらの資料を訂正していただいてもよろしいでしょうか。 ・こちらの案で進めていきたいのですがよろしいでしょうか。 ・恐れ入りますが、こちらの方にご署名のほどお願いしてもよろしいでしょうか。 ・今呼んできますので、こちらでお待ちいただいてもよろしいでしょうか。 ・こちらにお座りいただいてもよろしいでしょうか。 ・一点だけ質問してもよろしいでしょうか。 ・お手洗いをお借りしてもよろしいでしょうか。 また、親しい間柄の相手に対しては、 ・はい、大丈夫です ・はい、OKです ・はい、いいです と返すのが良いでしょう。 「よろしいでしょうか」の類語・言い換え いかがでしょうか 「いかが」は、成り行きや結果を危ぶむさまを表す形容動詞になります。 「いかがでしょうか」は、相手の気分や状態、意見を聞く場合に使うこと多い表現です。 「いかがでしょうか」は「どうでしょうか」をベースにした表現になります。 例えば、「今のお気分はどうでしょうか」と尋ねるよりも「今のお気分はいかがでしょうか」と聞いた方が丁寧な感じがします。 また「いかがでしょうか」は、「お飲み物はいかがでしょうか」といったように、何かをすすめる場合にも使うことができます。 「いかがでしょうか」には改まって聞くという意味が含まれているので、取引先やお客様など目上の人に対して使うことができます。 例文 ・お体の調子はいかがでしょうか。 ・御社に明日の14時にお伺いしたいのですが、ご都合の方はいかがでしょうか。 お間違いないでしょうか 「お間違いないでしょうか」は相手に対して、良いのか確認する場合に使います。 また「お間違いないでしょうか」は、相手に対してこの解釈で間違いないか尋ねるときにも使います。 「お間違いないでしょうか」は丁寧な表現ですが、「お間違いないでしょうか」となると「あなたの言っていることは合っていますか」と指摘するような意味合いが含まれます。 「お間違いないでしょうか」を使用する際は、注意する必要があります。 ・ご注文は以上でお間違いないでしょうか。 ・こちらのハンカチはお客様のものでお間違いないでしょうか。 構いませんでしょうか 「構わない」は「差し支えない」「気にしない」を意味しています。 「構いませんでしょうか」の意味は「差し支えないでしょうか」です。 例えば「あなたの年齢を尋ねても構いませんでしょうか」といった場合は、「あなたの年齢を聞いても不都合はないでしょうか・問題ないでしょうか」という意味合いになります。 「構いませんでしょうか」は、行ったら相手にとって少し不都合になりそうなことに対して許可を求める場合に使います。 例文 ・ここでタバコを吸っても構いませんでしょうか。 ・今晩お宅にお邪魔しても構いませんでしょうか。 ・当日ご連絡しても構いませんでしょうか。 可能でしょうか 「可能」は「ある物事ができる見込みがあること」を意味しています。 「可能でしょうか」は、相手に対して可能かどうか確認をする場合に使います。 ただ「〜は可能でしょうか」という言い方は少々強気なニュアンスが含まれるので、使う際は注意する必要があります。 「〜可能でしょうか」は「〜いただけますか」「〜いただけますでしょうか」と言った方が丁寧になります。 例文 ・弊社までお越しいただくことは可能でしょうか。 ・代わりに参加いただけることは可能でしょうか。

次の