私 も 同じ です 英語。 レストランで役立つ!「私も同じものを下さい」を英語で

ネイティブが使う「今同じこと考えてたよ!」 を英語で?

私 も 同じ です 英語

This is similar to adding 「だね」or 「ですね」at the end of the sentence in Japanese to express that your realization that you both have the same "interests" or "hobbies". The word "stuff" is pretty casual, same as the word "things" so if you're trying to be polite avoid using those words. To be "into" something means to be interested in something. And I usually hear younger people use, although depending on the person some older people might use it. Examples: "I'm into Japanese fashion" "I'm into college football" "I'm into playing piano on Sundays at 4pm in my pajamas" "Oh, I like playing piano at 4pm in my pajamas on Sundays too. Sounds like we're into the same stuff. のようにも言えます。 "stuff" は、"things"と同じ意味で、カジュアルな状況の時に使う言葉なので、丁寧な言い回しをするときは、これらの言葉を使うのは避けた方が良いでしょう。 To be "into" somethingは、 to be interested in something. (~に興味がある)と同じ意味です。 若い世代の人が使う傾向にありますが、人によりますので、年上でも使う方はいると思います。 例: "I'm into Japanese fashion" (日本のファッションに興味があります) "I'm into college football" (大学サッカーに夢中です) "I'm into playing piano on Sundays at 4pm in my pajamas" (日曜日の午後4時にパジャマのままピアノを弾くのにハマってます) "Oh, I like playing piano at 4pm in my pajamas on Sundays too. Sounds like we're into the same stuff. " (私も午後4時にパジャマでピアノ弾くのが好きなの。 同じだね。 ) 英訳1:sameは「同じ」の意味ですね。 英訳2:similarは「似ている」の意味。 英訳3:tasteは、「味」を表すだけでなく、「趣味、趣向」の意味もあります。 その他にも、組み合わせれば、いくつもの言い回しが可能になりますよ: - We have the same hobbies. - Our hobbies are similar. - We have similar hobbies. - We have the same interests. - We're into the same things. 「…に夢中で」 - We share the same interests. We say this when two things are alike or happen at the same time, when the odds of that happening are quite low.. This is a well-used phrase for when two intelligent people have a similar thought process. It is a little humorous! When two people have similar interests or are similar in some way. This means that you have something in common. For example: A: I enjoy watching movies and travelling B: Me too. This means from the conversation you had with them it appears that you like the same things. Me too' will let the other person know that you also have an interest in the same hobby. Example A: What are your hobbies? B: I play tennis in my spare time. A: Me too! B: We should play together some time. This can inspire a conversation about that specific hobby. Example A: What do you do in your spare time? B: I read. A: I love reading too. B: What is your favorite genre? A Ditto! -the same thing again B Really?! mine too! in actual fact, as opposed to what is said or imagined to be true or possible. Example -"so what really happened? "he was driving too fast" I hope this helps :-! A hobby is something that you do for pleasure in your free time. It is something that you have to must enjoy doing. In the second sentence, by using the idiom, 'have something in common', you are implying that you share the same interests. The other person will clearly understand this and concur with you. The idiom to 'have something in common' can also be used where you have similar job titles, have similar characteristics or have the same experience. When we are said to share a common interest... Or we have "something in common". This applies to hobbies and other things we enjoy doing... It can be a great way to connect with other "like minded" folks... and make new friends. I was delighted to find... "We shared a common interest... in model aircraft.

次の

レストランで役立つ!「私も同じものを下さい」を英語で

私 も 同じ です 英語

一言で収まるので、 とても便利ですよね。 そして簡単な反応ではありますが、 その後の会話が しっかり広がるワードです。 実は「私も!」という表現は 大きくこの2種類に分けられているのです。 」のフレーズも 使えるようになりましょう。 2単語だけで構成されるので、 非常に簡単で使いやすい言い方。 (私も!私たち砂糖中毒者だね。 ) ・I like action movies. (アクション映画が好きだな。 They are exciting! (私も!熱くなるよね!) ・ I love cats. (私はネコが大好きです。 (私も。 (私も東京出身です。 しかし、 場合によっては ふさわしくない表現。 実はこれは 「私もそうです」 という意味で使われる、 相手に同調するときの 定番のフレーズなのです。 したがって、 会話の中でこの文章単体では 使うことはなく、 相手の話を受けて 初めて使うことができるのです。 つまり、 使ったことで相手に失礼はない ということなのです。 例えば、 取引先とアポを取るときの こんな会話を想像してみてください。 I have a meeting. (明日の午前中は忙しいんです。 ・I drink coffee every morning. (毎朝コーヒーを飲みます。 (私もです。 でも、実は一つだけ 注意点があります。 相手の話を受けて、 微妙に形を変える必要があるのです。 英語で同意するときの表現方法についてもご紹介。 ・So do I. ・So did I. ・So am I. ・So was I. ・So have I. ・So would I. 先ほど紹介した 「注意が必要」というのは、 まさにこの真ん中の部分のこと。 これを相手の文章に合わせて 変化させる必要があるのです。 もしも相手が、 ・I loved pizza when I was young. 表現のコツは とにかく相手の発言の 「動詞か助動詞をそのまま使う」 という点です。 このポイントがつかめれば 素早く言葉に表すことが できるのではないかと思います。 否定形のときには注意が必要 次に、否定形の 「私も〜ではないのです」 という表現も見ておきましょう。 例えば、 「私はピザが好きではありません」 と相手が言ったとします。 そして、 あなたもピザが好きではない場合、 日本語では 「私もです」と答えますよね。 その理由としては、 相手の「〜ではない」という否定文に 同調しているためで、 正しくは 「私もそうではないのです」という 表現にしなければなりません。 (私もそうです) ・I have never eaten chocolate pizza. 口語で短く反応する時に 使われる英語表現なので、 良い文章ではないのです。 そのため文書上では 使われることはないでしょう。 では通常はどうやって 「私も」を表すのが適切なのでしょうか? Me too. Me neither. こう答えるのが 正しい英語とされています。 日本人からすると慣れるまでに ちょっと練習が必要そうですよね。 ただ一度身についてしまえば、 英語がより楽しくなるかと思います。 大切なのは、 その場で相手の会話に対して どれだけ瞬時に対応できるかです。 ですので、 日ごろから会話に対して反応できる トレーニングをしておくと 良いかもしれません。

次の

理解や共感の気持ちを伝える時の英会話

私 も 同じ です 英語

「それ」の訳し方• 相手の持っている「それ」を直接欲しいのか I want that• 相手の持っている「それと同じ物をひとつ」欲しいのか I want one of those 「それ」を英語で言うときは、この2つの違いを常に意識しましょう。 ちなみに、直接目の前の物を指して「それ、かわいいね」などと言うときの「それ」は、itではなくthatのほうを主に使います。 以下のようなThatを使った例文をよく見かけますね。 What's that? 何それ?(何持ってるの?) That's a good idea! それはいい考えだね。 That's a nice bag. それ可愛いかばんだね。 「ItとThatの違い」はこちらの記事をどうぞ 「それ、これ、あれ」日本人が間違えやすい盲点 英語で「それ、これ、あれ」を表現するときは注意が必要です。 では、いろいろな例で「それ、これ、あれ」を英語でどう表現するのか見ていきましょう。 five of them それ5個• some of them それ少し• half of them それ半分• most of them 大部分• all of them それ全部• none of them ひとつも~ない• the rest of them 残り• more of them それをもっと 不可算名詞のとき• some of it それ少し• half of it それ半分• most of it 大部分• all of it それ全部• none of it ひとつも~ない• what's left of it 残っている部分• the rest of it 残り• more of it それもっと ちなみに、英語には「それ/あれ」の区別は特にありません。 thoseの代わりにthemも使います。 目の前の物を直接指して「それ・あれ・これ」の場合 相手の持っている物を直接指して「それちょうだい」と言いたいときは、次のようになります。 I want that. I want that one. 「1個ずつ」についてはこちら あとがき いかがでしたか? 「私もそれ持ってるよ」は I have that ではなく I have one of those と言うところがポイントです。 「それ」をitやthatにして I have itまたはI have thatと言ってしまうと、相手の物を直接指すことになるので、相手の物を自分の所有物だと主張している、という不自然な意味になります。

次の