バッタ アヒル部隊。 【朗報】中国父さん、迫り来るイナゴ4000億匹に対しアヒル10万羽を動員し一大決戦へ!

【郎報】中国、バッタ4億匹の襲来に10万羽のアヒル部隊で対抗へ「10万鴨緊急集合!で草」「これは正規軍」「アヒルさん過去最高に頼もしい」

バッタ アヒル部隊

飛蝗 極めて多数のバッタ類が群れをなして飛来し、 あらゆる植物を食い尽くしながら(蝗害)移動する 飛蝗(ひこう[1])という現象は、世界各地で見られる。 日本でもかつて見られたことがある。 往々にして イナゴと呼ばれることがあるが、分類学上はイナゴ類ではなく、トノサマバッタなどに近いバッタ類である。 一般的な傾向として、乾燥地帯で群飛が始まり、降雨のあった地域で終焉する傾向があるという。 つまり、この変異は、生育を維持するのに困難な場所から、新たな生育地への移動を促すという、適応的な意味があるものと考えられる。 Each duck can consume up to 400 locusts a day. Chinese zoologists are in research of containing locust plague with genetic modification. このうち4000億匹の一団が中国を襲うと思われ 中国政府はパキスタン国境に10万羽の「アヒル部隊」を派遣してバッタを食い止める作戦に出ました。 Each duck can consume up to 400 locusts a day. Chinese zoologists are in research of containing locust plague with genetic modification.

次の

【悲報】アヒルとバッタの戦い、始まる…

バッタ アヒル部隊

人気記事ランキング• 47件のビュー 0 件のコメント• 32件のビュー 0 件のコメント• 25件のビュー 0 件のコメント• 22件のビュー 0 件のコメント• 19件のビュー 0 件のコメント• 18件のビュー 0 件のコメント• 17件のビュー 0 件のコメント• 17件のビュー 0 件のコメント• 15件のビュー 0 件のコメント• 15件のビュー 0 件のコメント• 15件のビュー 0 件のコメント• 15件のビュー 0 件のコメント• 15件のビュー 0 件のコメント• 15件のビュー 0 件のコメント• 13件のビュー 0 件のコメント 年間人気記事ランキング• 8k件のビュー 0 件のコメント• 3k件のビュー 1 件のコメント• 2k件のビュー 0 件のコメント• 14k件のビュー 1 件のコメント• 1k件のビュー 0 件のコメント• 3k件のビュー 0 件のコメント• 6k件のビュー 0 件のコメント• 3k件のビュー 0 件のコメント• 3k件のビュー 0 件のコメント• 1k件のビュー 0 件のコメント• 7k件のビュー 0 件のコメント• 7k件のビュー 0 件のコメント• 4k件のビュー 0 件のコメント• 3k件のビュー 0 件のコメント• 8k件のビュー 1 件のコメント.

次の

【悲報】アヒルとバッタの戦い、始まる…

バッタ アヒル部隊

image credit: この先も多くの降水によりバッタの繁殖は加速すると予測されており、4月には4000億匹近くにまで数が膨れ上がって中国へ襲来する可能性があることから、FAOは中国当局に警告と対策を促した。 パキスタンにアヒル軍を派遣してバッタの襲来を阻止!? 中国は、過去にもバッタ襲来によって大きな被害がもたらされており、「蝗害(こうがい)」と呼ばれる大天災として歴史上古くから数多く記録されている。 新しいところでは、2000年にバッタ対策として新疆ウイグル自治区で「アヒル軍」の配備が講じられた。 "Duck troops" gather at the border to face locust swarms — CGTN CGTNOfficial 中国に隣接するパキスタンでは深刻な被害がもたらされており、今回のバッタによる被害は過去20年で最も大きいと伝えられている。 中国当局では、過去の例もあることから、バッタは中国の食糧安全保障に対する脅威とみている。 そのため、隣接するパキスタンからの侵入を防ぐことが何より重要としているのだ。 そこで、浙江省にある農業科学学院の主任研究員Lu Lizhi氏が、10万羽の水鳥(アヒル)軍が前線(パキスタン)へ派遣される予定であることを発表したと伝えられた。 Lu氏は、このように述べている。 アヒルは、「生物兵器」となります。 というのも、1羽のアヒルは1日に200匹のバッタを食べるからです。 ニワトリはアヒルと比べても1日あたり70匹ほどしか食べません。 アヒルは集団行動が好きなのでニワトリよりも管理しやすく、農薬よりも効果的なのです。 Lu氏いわく、このプロジェクトは中国の専門家らがパキスタンに派遣され、状況を精査したうえで、蝗害に対する大流行を阻止するために執り行われることになるという。 実際にはアヒル軍の派遣はないとする専門家 しかし、アヒル軍のパキスタンへの派遣はありえないという。 駆除専門家チームの一員で中国農業大学の教授であるチャン・ロング氏は、「水が必要なアヒルにとって、パキスタンの砂漠地帯は非常に気温が高く、活躍することができない」と語る。 バッタの駆除には化学農薬または生物農薬の使用を勧めているという。 案としてはパキスタンのシンド州、バローチスターン州、パンジャーブ州があがって A trial will take place in the coming months, after whichthe squadron will be sent to Pakistan's Sindh, Balochistan and Punjab provinces いるみたい。 それら州の地図を見ると川・湖が全く無いわけではないようで鳥が活動できるのではという場所と被害地が重なっているようなら彼らが活躍する可能性はもしかしたらあるの…かも? 気温どのくらい違うんだろうな。 大量に食べたあとは出るものもあるわけで、それらが乾燥・飛散したらどうなるんだろうとか彼らの待遇とか気になる部分もあるけれども。 高い草や樹上の群れに届かないのはもどかしいだろうな。

次の