女性が本気で好きな人にとる態度。 女性が好きな人にとる態度・仕草・行動・LINE・職場では?

男性が本気で好きな女性にとる態度とは? 本気と遊びの違いはわかりやすい!?

女性が本気で好きな人にとる態度

大好きな人を目の前にすると、ドキドキしたり緊張したり、普段とは違う態度をとってしまいがちです。 冷静ではいられないのが恋ですよね。 では、大好きな人の前でとる態度にはどのようなものがあるでしょうか。 男性・女性それぞれご紹介していきます! 大好きな人への態度は意外とわかりやすい? 相手の気持ちを察するには、顔や姿勢を見るのが一番わかりやすいと思います。 あなたと話す時に少しほほを赤らめていたり、少し照れていたり、優しい表情になっていたとしたら、好意を持っている可能性が高いです。 まだ好きと言うほどでは無いとしても、異性としてあなたを意識しているでしょう。 あとは態度に注目してみてください。 心理学的にも姿勢には様々な感情が現れると言われています。 前のめりになっている時には相手に興味がある証拠です。 また椅子に深く腰掛けて、距離を保っているならば自分を守っている証拠ですし、腕組みも一般的に警戒していると言われます。 その他にも、あなたと話をしている時に、同じタイミングで飲み物を飲んだり、同じような行動をとるのは相手に同調していて、気を許していたり、また気を許してほしいと思っている現れだったりします。 男性が大好きな人にとる6個の態度 恋愛に積極的な男性もいますが、照れ屋さんで大好きだということを素直に表現できない人も多いです。 大好きな人を素直に褒めることができなかったり、ちょっとぶっきらぼうな態度を取ってしまったりすることもあります。 本当は優しくしたいし、好かれたいのに、ついつい思ってることと反対の態度をとってしまったり…。 口では少し冷たいこと言ってしまったなと反省しながらも、荷物を持ってあげたりと行動は優しかったりすることもあります。 女性からしたらあの人に嫌われてるのかな?いや好かれているのかな?と、わからなくなってしまうような態度をとってしまいがちです。 では、実際大好きな人にはどのような態度をとってしまうのでしょうか。 意外に声はかけない 意外に好きな人には声をかけられないという男性も多いようです。 本当は声をかけたいと思っているのにタイミングを逃しがちで、気軽に話しかけれる男友達のことを内心では羨ましがっていたりします。 会話に入ればいいのに、なかなか気の利いた言葉も出てこなくて、好きな人がいると大人しくなってしまうなんてこともあるようですね。 こんな風になかなか声をかけることができずにいる男性は結構多いようです。 片思いの段階では特に声はかけにくく、もし相手に少しでも脈があると感じれたら積極的になれるのが男性なのかもしれませんね。 つまり、脈があるかわからないうちはかなり慎重で、なかなか声もかけれないことが多いようですね。 照れ屋でシャイな男性は多い 距離が近いだけでも赤面してしまったり、ちょっとした言葉にもドキッとしてしまったり、男性って好きな人には照れてしまったり、シャイになってしまう人も多いです。 こういう男性は顔に出やすいので、注意深くみていると普段無表情な人でも、好きな人の前では可愛いらしい表情をしていたりします。 女性からしたら男性の照れている時の顔って可愛いですよね。 大好きな人にだからこそ見せる照れた表情は、ある意味男性の武器にもなりますよね。 特に普段はクールな人ほどギャップがあっていいですね。 目を逸らす 照れてしまってとっさに目を逸らしてしまうのも好きだからこそです。 好きな人のことをもっと知りたいのに、目と目を合わせるなんてできなくて、遠くから見るのがやっとです。 女性からしたら嫌われているのかな?と感じるかもしれませんね。 でもやたら目があうということは、相手があなたのことを見ているからです。 それかあなたが見ているかのどちからです。 お互いによく見ているというケースもありえますね。 もしあなたは相手を見ているわけでもないのによく目があうのであれば、それは相手があなたを見ていると思って間違いないでしょう。 興味があることは確かなので、気になるようなら声をかけてみるとか、友達に相談して見ましょう。 見つめたいのに出来ない 本当は見つめたいのにできないのは恥ずかしいからです。 これは女性でも男性でも同じではないでしょうか? 好きになればなるほど照れてっしまってちゃんと顔が見れないし、直視できなくなってしまうんですよね。 だから相手になかなか伝わりません。 赤面しちゃうタイプの人なら周囲にはバレバレだったりしますが、肝心の本人には伝わってないなんてこともあったりしますよね。 二人きりでは態度が違う みんなの前では冷たかったり、あんまり関わらないようにしているかもしれません。 ですが、二人っきりの時は話しかけてきたりなんてことないでしょうか? それはみんなの前では、茶化されるのではないかとか、テンパってる自分をみられる気がして恥ずかしくて喋りかけれなかったりするのかもしれません。 しかし、二人になれた時にはチャンスと思って頑張って勇気を出して話しかけているのかもしれませんね。 みんなの前では冷たいのに、二人の時は優しいなって思う人がいたらこのタイプのようですね。 男性はもともと恥をかきたくないとか、かっこ悪い自分を見せたくなかったりするので、人前で積極的にアプローチできないのかもしれません。 自分に自信がある人や、相手に好かれているかもと脈を感じている場合は別です。 人前でも積極的にアプローチしてくるでしょう。 周りにバレるのが恥ずかしい 学生の頃、告白なんていったら学校中の噂になったり、冷やかされて恥ずかしい思いをするなんてこともあったりなかったり。 恥ずかしいという気持ちは周りからの目を気にしているところがあるようです。 お互いに好きな場合は一緒に照れたりできるので、恥ずかしさも半減しますが、片思いが周囲にバレてしまう状況は避けたいと思うのでしょう。 話している時に前のめりになる 男性は好きな人と話しているとき前のめりになります。 普段男性は緊張して距離を取りがちかもしれませんが、好きな人と対面で話している時は無意識に前のめりになってしまいます。 逆に、椅子に座っている時でも背もたれにもたれるのは相手に興味がないのかもしれません。 よっぽど緊張して近づけないと言う場合は緊張感が相手から伝わってくるはずですし、男性の方が女性より顔に出やすいので、恥ずかしそうにしているかどうかで判断できそうです。 よく助けてくれる 男性は好きな人のことを意識してよく見ています。 そのため、他の女性には気がつかなくても、好きな女性が重たい荷物を持っていたりしたら持ってあげようと動いたりします。 男性として頼られていという気持ちもありますので、力作業や、高いところのものを取る時などいち早く気がついて助けに行こうと思うようですね。 予定を合わせてくれる 誰にでも優しい男性ってたまにいますが、どんな男性でも興味のない人よりも、好きな人を優先させますし、予定も合わせようと頑張ります。 自分の予定に合わせてくれているなと思ったら、あなたのことが大好きだというサインかもしれません。 逆に男性に合わせないといけないようでは、彼はまだあなたのことを本気で好きにはなっていないのかもしれませんね。 女性が大好きな人にとる6個の態度 では、女性は好きな人にはどういった態度をとる傾向にあるのでしょうか。 男性と比べて大差があるわけではないですが、女性の方が覚悟を決めたら大胆な行動をとることがあるようです。 例えばいつもは目で追ってばかりでなかなか話しかけられないのに、会社の飲み会などではちゃっかり近くに座ってたり、意外と大胆な気づいてアピールをしているようです。 多分男性は自分が好かれているなと気づくパターンが多いようです。 男性に比べて女性の方が表現上手なのかもしれませんね。 視線がよく合う 女性も男性と同じで好きな人を目で追ってしまうものなので、自然と目が合いやすくなります。 でも男性と違ってプイッと逸らすのではなく、恥ずかしそうに目を伏せるといった感じです。 男性は見ていることを気づかれないようしているとしたら、女性は見ていることを気づいてほしおいという感じかもしれませんね。 なので当然視線もよく合うわけです。 なんだかよくあの子と目が合うなと思ったら、気に入られていると思っていいでしょう。 もし目が合った時に、逸らさずにじっと見つめ返してみて頬を赤くするようならほぼ間違いないでしょう。 しかし、見つめすぎると私のこと好きなのかも!と勘違いされるかもしれませんので気をつけてくださいね。 ボディタッチをする これもわかりやすい態度ですが、女性は基本的に好きな人に触れたいという気持ちが強く、自然とボディタッチが増える傾向があるようです。 逆に男性は、好きな人に触れたいけど過剰に意識しすぎて触れられないという人も多いようです。 女性は飲み会などで少し酔った時などは大胆な行動になりやすく、ボディタッチが増えます。 嫌いな人には触れたくないので、触れられている=好きの可能性は高いと言えます。 小悪魔的な女性ならわざとしているかもしれませんが、基本的には女性は好きな人に触れてしまうものなのです。 嬉しそうな笑顔を見せる 女の子って好きな人と話をしている時って自然とすごく笑顔になっちゃうんです。 これが好きな人にしか見せない顔ってやつです。 恥ずかしかったり、嬉しかったり、そんな気持ちが入り混ざって自然となるものなので意識してできるものではないようです。 そのため、女性は好きだとすぐにバレちゃうかもしれないですね。 女性はそもそも好きな人のことを考えているだけで、笑顔になれちゃったりします。 好きな芸能人の見ているだけで笑顔になれたり、好きな先輩のことを思い出すだけで胸が高鳴ったり、デートの前日に服を考えているだけでもウキウキしたりして、気づけば笑顔になっています。 女性の方が恋すると楽しそうで生き生きして見えるのはこの性質があるからでしょうね。 可愛く笑っている女性は周りも癒されますよね。 それだけでも恋をするっていいことですね。 テンションが高い 好きな異性のを前にしたらテンションが上がるのは、男性も女性も同じだと思います。 テンションが上がって空回りしたり、ミスしてしまったり、恋愛中の女子にはあるあるなことかもしれせん。 それだけではありません。 好きな人の言動一つでテンションが下がることだってあります。 女性は相手の望む自分のなろうとしがちです。 なので好きな男性がストレートヘアが好きだとか、大人っぽいファッションが好きだとか言ったとしたらそれを意識してしまうという人も多いです。 そして自分のファッションや外見や内面と、相手の好みはかけ離れていたりしたら落ち込んでしまってテンション下がりまくることもあるかもしれません。 好きな男性によってテンションが左右されてしまうのも、恋にはよくあることですよね。 他の人と話しているときと態度が違う 女性は無意識のうちに好きな人にだけ特別な態度をとっていることが多く、興味ない人との差別を自分でも知らないうちに行っているようです。 他の人と話している時の態度や口調とは違うので、わかりやすいかもしれません。 好きな人には少し高い声になりがちですが、興味のない人には少し低め、また安心していて素をを見せている友達や家族には低い声になるようです。 「声色」だけでも好きの度合いを測ることができちゃいますね。 また声だけでなく態度にも差が出ます。 それは「距離」です。 好きな人と話す時の距離は比較的近く、興味のない人とは遠くなり、近づかれると不快に感じます。 しかし好きな人の場合は近づいていることにさえ、もしかしたら触れていることでさえ気付いていないかもしれません。 つまりこの距離感も無意識なのです。 人にはパーソナルスペースというものがあり、自分の近くに他人が入ってくるのを嫌う傾向があります。 しかし、好きという感情がある場合はその方式が取り払われるのです。 他の女性と話しているとやきもちを焼く 女性は好きな人の言葉に気分が左右されがちです。 そして女性の行動や態度は気分に左右されがちです。 好きな人に挨拶してもらっただけでウキウキしたり、髪型やファッションを褒めてもらえたら一日中笑顔で楽しく過ごせたりします。 しかし、綺麗な女性が好きな人と楽しそうに話していたりしたら、自分なんか好きになってもらえないんだろうなってテンション下がったり、ちょっと不機嫌になる女性もいます。 男性からしたら「なんかした?嫌われた?」と思ってしまうかもしれません。 ですが、自分以外の女性と楽しそうに話している姿を見て拗ねているだけなので、可愛いやきもちだと思ってください。 恋をすると相手次第で気分を左右されてしまうもの 人は誰でも恋をすると相手次第で気分を左右されてしまったりするものです。 挨拶しただけで幸せな気持ちになったり、些細な言葉やちょっとしたことで落ち込んだり・・・友達を羨んでみり、嫉妬してみたり・・・。 恋愛に依存するタイプの人ほど、好きな人の一喜一憂に気分が左右されがちで、機嫌がコロコロ変わってしまうようです。 恋愛ドラマや漫画などの主人公たちはほとんどがこれに当てはまるのではないでしょうか。 自分では顔や態度に出していないつもりでも、身近な人にはバレていること多いようです。 でもこれは悪いこととは限りません。 自然に自分で聞くことができれば一番良いですが、友達やみんなを巻き込んで遊びにいける環境を作ると聞き出すチャンスを作ることができますよ。 また、飲み会などがあれば写真を送るからという理由で聞き出すのもいいかもしれません。 もちろん、ストレートに「連絡先教えてもらえないかな?」とお願いしてみるのも好感度が高いでしょう。 普段会っている時には上手く表現できないのであれば、まずは文章から少しずつ表現していきしましょう。 何気ない会話やお礼の言葉などを伝えることで好感度も上がりますし、いいことを言ってもらえると相手も素直に言葉を伝えやすくなります。 お互いに会っていない時にはメールで気持ちを伝え合えたなら、あとは時間の問題で、きっと付き合いに発展するのもそう遠くもないでしょう。 まずは文章でそれとなく好意があることを伝えることからです。 相手の反応も悪くなかったら、遊びに誘って、を繰り返していけば距離もどんどん縮まっていきますよ。 大好きな人への接し方は基本的に男女似ている 総合的にみて女性も男性も好きな人への接し方は似ているようです。 目で追ってしまったり、相手の言葉や行動など些細なことでテンションが左右されたり、話しているだけで恥ずかしくて赤くなってしまったり、恋をすると皆同じようですね。 だけど好きな人と幸せになれるか、つまり相手を幸せにできるか、そして自分も幸せになれるかは、あなたの行動次第です。 誰かを好きになった時に、本当にその人のことを大好きなのか、恋している自分に酔っているのかどうかは意外と簡単に判断できます。 本当に大好きで愛にも近い感情ならば相手の幸せそうな顔をみたいと思うはずです。 「いつも笑っていてほしいな。 」「自分が笑わせたいな。 」と思います。 そして相手の幸せを心から願えるはずです。 だから相手が何を好きで何を喜ぶのかと考えるのです。 つまり基準が相手なのです。 しかし恋に恋している状態では、相手のことをまだ本気で好きではないので、自分の思うようしたいと考えます。 こんなことすれば喜んでくれるんじゃないだろうかと考えはするのですが、自分の基準で考えているので、相手がそれで喜んでくれなかったら「なんで?」と思うわけです。 これは自分の思う優しさで喜んでほしいと考えてます。 つまり自分が主体になっていて、基準が相手ではなく自分なのです。 これって同じ好きでも全然違うと思いませんか? この相手が基準に考えるという思いやりの感情、これに気づくことができた人が本当の意味で相手を幸せにして、かつ自分も幸せになれるのかもしれませんね。 まずは本気で好きになれるかどうかですが、好きな人ができたかもと思った時にこの文を思い出してもらえたら嬉しいです。

次の

本気で好きな女性にしかしない男性の口説き方・落とし方10選!本命への行動・態度

女性が本気で好きな人にとる態度

女性が好きな人の前にいるときの心理は? まずは簡単に、女性が好きな人の前にいるときの心理について紹介します。 女性の行動は、男性からすると理解不能なことも多いもの。 それは、このような心理から行われていたのです。 1,女性は好きな人を前にすると過度に緊張する 女性心理には、女性は好きな人を前にすると過度に緊張することが挙げられます。 誰だって、好きな人の前では緊張するもの。 あなたもそうでしょう? 緊張するからこそ、挙動不審な行動が増えてしまうのです。 2,女性は好きな人を前にすると気分が高まる・高揚する 女性心理には、女性は好きな人を前にすると気分が高まる、高揚することが挙げられます。 好きな人の近くにいられたら、とても嬉しいですよね。 その嬉しさが、態度や仕草にも全面に現れるようになるのです。 3,女性は好きな人を前にすると近づくチャンスだと思う 女性心理には、女性は好きな人を前にすると近づくチャンスだと思うことが挙げられます。 積極的な女性は、好きな人と会ったらお近づきになるチャンスだと思って、張り切ります。 普段なかなか話す機会のない人であればなおさら、近づくために頑張ろうと思うのでしょう。 4,女性は好きな人を前にすると何とかしてアプローチしようとする 女性心理には、女性は好きな人を前にすると何とかしてアプローチしようとすることが挙げられます。 こちらも積極的な女性に多いのですが、自分のことを何とかしてアプローチしようと思っていることも。 普段あまり接点がなかったり、職場など他の女性との関わりがあるようなときは、好きな人に自分を特別だと思ってもらわなくては、その先の展開が望めませんからね。 そのため、何とかしてアプローチしようと、試行錯誤しています。 スポンサーリンク 5,女性は好きな人を前にするとアプローチしたくても緊張して何もできない 女性心理には、女性は好きな人を前にするとアプローチしたくても緊張して何もできないことが挙げられます。 シャイな女性や奥手な女性、恋愛経験の少ない女性は特に、アプローチしたいと思ってはいるものの、緊張してしまって頭が真っ白になってしまうことも。 どうやってアプローチしていいのか分からず、結局何もできずに終わってしまいます。 6,女性は好きな人を前にすると緊張して逃げ出したくなる 女性心理には、女性は好きな人を前にすると緊張して逃げ出したくなることが挙げられます。 こちらも奥手な女性に多く、緊張のあまりその場から逃げ出したいと思うのです。 一見「嫌われている」と勘違いしそうですが、好きすぎるあまり避けてしまう、逃げ出してしまうという女性もいることを覚えておきましょう。 女性が好きな人を前にしてとる態度【行動・仕草】 では早速、女性が好きな人にとる態度について見ていきましょう。 まずは、行動、仕草から。 女性がこんな行動や仕草をしていたら、あなたに気があるのかもしれませんよ。 1,女性は好きな人を前にすると視線を送る 女性が好きな人にとる態度には、女性は好きな人を前にすると視線を送ることが挙げられます。 これは非常に分かりやすいもので、好きな人のことは無意識に目で追ってしまうもの。 同じ空間に好きな人がいると、つい見てしまうでしょう? ある程度恋愛上級者の女性になると、テクニックとして視線を送り、目が合うとにっこりと微笑む、なんてことも。 嫌いな人にはまずこんなことはしませんから、これをされなら確実に好意があると言えるでしょう。 2,女性は好きな人を前にするといつでも笑顔で接して好印象を与えようとする 女性が好きな人にとる態度には、女性は好きな人を前にするといつでも笑顔で接して好印象を与えようとすることが挙げられます。 女性は、好きな人に対してはどんなときも笑顔を忘れません。 ムスッとしているより、笑顔のほうが良い印象を与えられることを知っているからです。 しかし、気遣いのできる女性は誰に対しても笑顔で接することができますので、「好意」と「気遣い」を見極めるのは難しいかもしれません。 3,女性は好きな人を前にすると無意識に距離感が近くなる 女性が好きな人にとる態度には、女性は好きな人を前にすると無意識に距離感が近くなることが挙げられます。 実は、好意と距離感は比例するもの。 好きな人には無意識に近づきたくなる反面、嫌いな人には近づきたいと思えないですよね? 嫌いな人とは、一定の距離感を保とうとするのが普通です。 そのため、女性が近寄ってきたり、「気づくと手の届くような距離にいる」なんていう場合は、好意を持たれている可能性が高そうです。 4,女性は好きな人を前にすると触れたくてさりげなくボディタッチする 女性が好きな人にとる態度には、女性は好きな人を前にすると触れたくてさりげなくボディタッチすることが挙げられます。 どうでもいい人や嫌いな人の場合、女性は絶対に触りたいとは思いません。 そのため、軽くでもボディタッチがあるのなら、少なくとも嫌われてはいないと言えるでしょう。 ただし、女性の中には「チヤホヤされたい」「モテたい」という気持ちから、むやみやたらとボディタッチをしてくる人もいるので、気をつけてください。 スポンサーリンク 5,女性は好きな人を前にすると好き避けする 女性が好きな人にとる態度には、女性は好きな人を前にすると好き避けすることが挙げられます。 嫌いな人に対する態度と似ているため、判断に迷ってしまいますね。 この場合は、避けられる他に「目が合う」などのサインがないか、じっくりと見極めていきましょう。 6,女性は好きな人に構ってほしくて可愛く拗ねる 女性が好きな人にとる態度には、女性は好きな人に構ってほしくて可愛く拗ねることが挙げられます。 女心は難しい、と言われるゆえんですね。 拗ねても近くにいる、傍から離れようとしないのであれば、それは「構って欲しい」というサイン。 あなたの気を引きたくて、わざと拗ねているのかもしれません。 7,女性は好きな人を前にすると緊張していてもそばから離れないようにする 女性が好きな人にとる態度には、女性は好きな人を前にすると、緊張していてもそばから離れないようにすることが挙げられます。 好きな人を前にすると緊張してしまい、表情は強ばり、受け答えもぎこちなくなってしまうこともあるでしょう。 まるで面接のような状態であっても、女性があなたのそばから離れようとしないのであれば、それは好意がある証拠。 好きな人のそばにいたいという気持ちが、緊張よりも勝っているのです。 8,女性は好きな人を前にすると普段より動作が大きくなる 女性が好きな人にとる態度には、女性は好きな人を前にすると普段より動作が大きくなることが挙げられます。 無意識の行動の1つですが、好きな人と話せるという嬉しさや緊張が、声以外に動作にも現れてしまいます。 身ぶり手振り、ジェスチャーを交えて話をしたり、リアクションが大袈裟なくらい大きくなるのは、好きな人の前にいるから以外に理由はありません。 9,女性は好きな人を前にすると恥ずかしくて目を逸らす 女性が好きな人にとる態度には、女性は好きな人を前にすると、恥ずかしくて目を逸らすことが挙げられます。 相手の目を見て話すというのはマナーなので、人と話をするときに何度か目が合うのは普通のこと。 しかし、恥ずかしさゆえに目があっても逸らしてしまう女性もいるのです。 目を逸らされても、また何度も目が合うようであれば、嫌われているのではなく好意である可能性が高そうです。 10,女性は好きな人を前にすると恥ずかしくて赤面する 女性が好きな人にとる態度には、女性は好きな人を前にすると恥ずかしくて赤面することが挙げられます。 赤面することは、自分ではコントロールできないもの。 緊張しやすい人は特に、嬉しさや恥ずかしさから、好きな人の前では真っ赤になってしまうことも少なくありません。 11,女性は好きな人を前にすると服の好みが変わる 女性が好きな人にとる態度には、女性は好きな人を前にすると服の好みが変わることが挙げられます。 人によりますが、相手に合わせて好みが変わるという人もいますよね。 相手の好みに合わせたほうが、好きになってもらえそうという心理からくるもので、女性が服の好みを変えるのは、心境に大きな変化があった証拠でもあるのです。 12,女性は好きな人を前にするとスマホばかり見ない 女性が好きな人にとる態度には、女性は好きな人を前にするとスマホばかり見ないことが挙げられます。 好きな人のことはずっと見ていたいけれども、ずっと見ていたのでは変に思われてしまいます。 スマホを見ながらも全神経は好きな人のほうにあり、好きな人のことをチラチラと見ていることでしょう。 スポンサーリンク 13,女性は好きな人に用もないのに電話をかけようとする 女性が好きな人にとる態度には、女性は好きな人に用もないのに電話をかけようとすることが挙げられます。 「今、何してた?」「ちょっと声が聞きたくなって」なんて理由での電話は、好きな人にしか絶対にしません。 用もないのに電話をかけるというのは、女性にとっても勇気がいるもの。 場合によっては冷たくあしらわれる可能性もあるわけですから、そんなリスクを背負ってまで電話をかけてくるのは、あなたのことが好きだから以外にありませんね。 14,女性は好きな人にちょっとしたお願い事をしようとする 女性が好きな人にとる態度には、女性は好きな人にちょっとしたお願い事をしようとすることが挙げられます。 実際には自分でできそうなことでも、何かと理由をつけてお願い事をしてくるのは、あなたと接点を持ちたいから。 仕事では、共同作業がしたいからです。 女性は好きな人には頼りたくなるものですから、男性のみなさん、女性にちょっとしたお願い事をされたら、ここぞとばかりに頼りになる男をアピールしちゃいましょう! ただし、勘違いしてパシりにならないようには気を付けなくてはなりません。 女性が好きな人を前にしてとる態度【会話編】 女性が好きな人を前にしてとる態度、続いては会話編の紹介です。 女性は、好きな人と話すときにも好意のサインを至るところに隠し持っているもの。 好きな人を前にしたとき、こんな会話があったら好意のサインかもしれません。 1,女性は好きな人を前にするとプライベートな質問をする 女性が好きな人にとる会話には、女性は好きな人を前にするとプライベートな質問をすることが挙げられます。 好きな人のことは何でも知りたいと思いますし、そもそも女性はおしゃべりが好きな人が多いです。 そのため、自然と質問、それもプライベートな質問が増えてくるのは相手が好きな人だから。 間を繋ぐためだけの会話なら、世間話で十分ですからね。 どうでもいい人のプライベートなんて知りたくもないので、女性がプライベートについて質問するのは、相手が好きな人である場合だけなのです。 2,女性は好きな人を前にすると相手の男性の話をよく覚えている 女性が好きな人にとる会話には、女性は好きな人を前にすると相手の男性の話をよく覚えていることが挙げられます。 自分の話を熱心に聞いてくれているな、と感じても、女性の気遣いという可能性もあります。 気遣いの場合、話は聞くもののすべて聞き流しているため、女性の頭の中には話の内容は何1つ残っていません。 話を覚えているのは、相手が好きな人や興味がある人のときだけです。 自分の話をよく覚えていてくれたり、会話の中で前に話したことを覚えている素振りが見えるのなら、好意がある可能性が高いでしょう。 女性は、好きな人の話は一言一句聞き逃さないようにしているのです。 3,女性は好きな人を前にするとこまめに褒める 女性が好きな人にとる会話には、女性は好きな人を前にするとこまめに褒めることが挙げられます。 好きな人のいいところというのは、意識しなくてもすぐに見つかるもの。 褒められて気分を損ねる人はいないので、好きな人のことは積極的に褒めるのです。 このとき、外見や持ち物などについて褒めるのは社交辞令の可能性が高いですが、内面について褒めるのは好意の可能性大。 特に自分が頑張っていることや努力していることについて褒めてくれるのは、自分のことをよく見てくれている証拠ですね。 4,女性は好きな人をちょっとからかってしまう 女性が好きな人にとる会話には、女性は好きな人をちょっとからかってしまうことが挙げられます。 からかってくるなんて嫌われている?なんて思うかもしれませんが、女性は嫌いな人とは関わりを持ちたくないと思っていますから、嫌いだからからかうというのはあり得ません。 ・親しみをもってほしい ・他の女性とは違う印象を与えたい ・からかいを受け入れてもらうことで、嫌われていないと実感したい ・単なる照れ隠し 理由は人それぞれですが、ちょっとからかうのは好きな人相手にしかしないことです。 5,女性は好きな人に相談する 女性が好きな人にとる会話には、女性は好きな人に相談することが挙げられます。 好きな人とは接点を持っていたいし、頼りたいというのが女性の本音。 相談という名目で、堂々と好きな人に近づくこともできますよね。 自分のことを知ってもらうためにも、相談事を持ちかけるのはおすすめなので、女性が頻繁に相談事を持ちかけてくるのであれば、あなたを信頼して好意を持っているのだと言えるでしょう。 6,女性は好きな人を前にすると無意識に声が高くなる 女性が好きな人にとる会話には、女性は好きな人を前にすると無意識に声が高くなることが挙げられます。 これは、相手に良い印象を与えたいというのが一番の理由。 他にもドキドキして緊張するから、嬉しくてテンションが上がってしまうから、などの理由がありますが、こうなるのもすべて相手が好きな人だからですよね。 好きな人だからこそ、自分をかわいく見せたくて、良い印象を持ってほしくて声が高くなるわけです。 7,女性は好きな人を会話をするときに「緊張する」と自己申告する 女性が好きな人にとる会話には、女性は好きな人と会話をするときに「緊張する」と自己申告することが挙げられます。 好きな人とは2人きりになりたいと思っているものの、いざ2人きりになると緊張してしまうもの。 緊張から挙動不審な行動に出たり、妙なことを口走ってしまうこともあるでしょう。 そんな自分自身をフォローするため、あえて「あぁ、緊張がする」と言うことがあるのです。 2人きりになったとき、緊張すると自己申告してきたら、あなたに興味を持っている可能性は高そうですね。 8,女性は好きな人といると表情が変わりやすくなる 女性が好きな人にとる会話には、女性は好きな人といると表情が変わりやすくなることが挙げられます。 好きな人には、感情が大きく揺さぶられるもの。 そのため、必然的に喜怒哀楽が激しくなるのです。 好きな人といると、嬉しくて楽しいので、表情がくるくる変わることも珍しくはありません。 9,女性は好きな人の趣味や恋愛遍歴を聞こうとする 女性が好きな人にとる会話には、女性は好きな人の趣味や恋愛遍歴を聞こうとすることが挙げられます。 趣味や恋愛遍歴など、好きな人の話以外は興味なんてありません。 相手が好きな人でなければ、彼の話を聞きたいという気持ちよりも、自分の話を聞いてほしいという欲が勝つからです。 しかし好きな人のことは何でも知りたいですから、たとえ自分とは合わなそうな趣味の話や元カノの話であっても、聞きたいと思ってしまうのでしょう。 10,好きな人から他の女性の話を聞くと不機嫌になる 女性が好きな人にとる会話には、好きな人から他の女性の話を聞くと不機嫌になることが挙げられます。 これは、分かりやすい嫉妬の1つ。 好きな人へは「自分のことだけを見てほしい」という独占欲が働きますので、他の女性の話をされるのはショックで仕方がありません。 嫌だからこそ、ふてくされたり敵意が出るなど、不機嫌な態度になってしまいます。 女性が好きな人にとる態度【LINE編】 続いて、女性が好きな人にとる態度LINE編です。 今や定番の連絡ツール、コミュニケーションツールとなったLINEにも、好きな人への態度は顕著に現れていたのです。 1,女性は好きな人へのLINEの既読返事が早い 女性が好きな人にとるLINEでは、女性は好きな人へのLINEの既読返事が早いことが挙げられます。 好きな人への返信をあえて遅くするという人も中にはいるのですが、基本的に好きな人への返事は早くなるもの。 変な誤解を与えたくないから、というのが一番の理由のようです。 返信の早さと好意は比例することが多く、内容も一言ではなく「きちんと考えて打った」ものであるなら、まちがいなくあなたに好意があります。 たとえ返信が早くても、メッセージが「うん」「了解」などの一言のみという場合は、残念ながら好意ではないかもしれません。 2,女性は好きな人へのLINEの返信が遅れた理由を謝る 女性が好きな人にとるLINEでは、女性は好きな人へのLINEの返信が遅れた理由を謝ることが挙げられます。 いくら早く返信したくても、仕事や用事でできないこともありますよね。 どうでもいい人には、わざわざ理由を述べたり謝ることなんてありません。 きちんと状況を説明するのは、あなたとのLINEを大切に思っている証拠でもあるのです。 3,女性は好きな人にLINEを送ろうとする 女性が好きな人にとるLINEでは、女性は好きな人にLINEを送ろうとすることが挙げられます。 女性は、好きな人へは自分からもLINEを送ります。 仕事の報告や好きな人にとって有益な情報、ちょっとした相談など内容は様々ですが、何かと理由をつけてLINEを送るのは、単純にあなたとLINEをしたいから。 好きな人と繋がっていたいという気持ちから、ちょくちょくLINEを送ってくるのです。 4,女性は好きな人に絵文字・顔文字が多くなる 女性が好きな人にとるLINEでは、女性は好きな人に絵文字、顔文字が多くなることが挙げられます。 絵文字や顔文字は、好きな人へのLINEだと自然と増えてしまうもの。 やはり楽しい雰囲気を伝えたいから、というのが一番の理由でしょう。 逆にあまり好きではない人や正直関わりたくない人とのLINEには、必要事項だけで絵文字や顔文字は使いません。 絵文字や顔文字があると、それだけで楽しい雰囲気が伝わりますよね。 好きな人にも、「あなたとのLINEが楽しい」と伝えたいのかもしれません。 5,女性は好きな人にLINEスタンプを使おうとする 女性が好きな人にとるLINEでは、女性は好きな人にLINEスタンプを使おうとすることが挙げられます。 LINEの楽しみの1つでもあるのが、スタンプ。 好きな人へのLINEでは、女性はたくさんの種類のスタンプを使います。 それはずばり、サービス精神によるもの。 好きな人にも楽しんでほしいという気持ちから、いろいろなスタンプを使うのです。 そうすることで、自分を印象付けることもできますからね。 興味のない人へのLINEは、同じスタンプばかりを使うのでかなり分かりやすい特徴と言えるでしょう。 6,女性は好きな人にLINEで適度にハートマークを送る 女性が好きな人にとるLINEでは、女性は好きな人にLINEをで適度にハートマークを送ることが挙げられます。 ハートマークつきのメッセージは、好きな人にしかしません。 ハートマークには、それだけの意味がありますよね。 女性は、好きな人へのLINEにはハートマークを使うことがありますが、決して多用はしません。 時々、内容としては好きな人を応援したり心配するようなメッセージを送るとき、さりげなく1つハートを紛れさせるような感じです。 ハートマークつきのメッセージが来ると、男性もドキッとしてしまいますね。 7,女性は好きな人に質問したりしてLINEを長引かせようとする 女性が好きな人にとるLINEでは、女性は好きな人に質問したりしてLINEを長引かせようとすることが挙げられます。 好きな人とのLINEは、少しでも長く続けたいもの。 そのためのコツが、「質問で返す」ことですよね。 質問で返せば、その答えとしてメッセージがきますから、自然な形でLINEを続けることができます。 相手が答えやすそうな質問を毎回入れてくるのは、あなたとのLINEを長く続けたいと思っているのでしょうね。 女性が好きな人にとる態度【職場編】 女性が好きな人にとる態度、最後は職場編です。 好きな人が職場にいる場合、女性はどんな態度で示しているのでしょうか。 1,女性は好きな人に職場でサポートしようとする 女性が好きな人に職場でとる態度には、女性は好きな人に職場でサポートしようとすることが挙げられます。 職場では、常識のある人ほどあからさまなアプローチはしません。 仕事に支障が出たり、周囲から冷たい目で見られることを知っているからです。 だからこそ、女性は好きな人へは丁寧に仕事をサポートしようとするもの。 「何か手伝いますか?」と聞いたり、率先してお茶を出したりするのは、好きな人のサポートがしたいという気持ちの現れです。 2,女性は好きな人に職場で頼る 女性が好きな人に職場でとる態度には、女性は好きな人に職場で頼ることが挙げられます。 分からないことがあったとき、率先して好きな人に聞きに行きます。 そこから距離を縮めることができますし、「この間はありがとうございました」と、お礼を兼ねて食事にも誘いやすくなりますよね。 こういうチャンスを逃さないためにも、女性は職場では好きな人を積極的に頼るのでしょう。 3,女性は好きな人に職場で付箋でメッセージを残そうとする 女性が好きな人に職場でとる態度には、女性は好きな人に職場で付箋でメッセージを残そうとすることが挙げられます。 職場というのは、意外とアプローチするチャンスがありそうで少ないもの。 そんなとき、付箋でメッセージを伝えるというのは限られたチャンスの1つなのです。 必要なメッセージに加え、イラストやシールを付け足したり、かわいい付箋を使ったりなど、あの手この手で相手の印象に残るように努力しているのです。 4,女性は好きな人の朝と帰りの時間を合わせようとする 女性が好きな人に職場でとる態度には、女性は好きな人の朝と帰りの時間を合わせようとすることが挙げられます。 好きな人との接点を増やすため、好きな人の朝と帰りの時間をリサーチしておきます。 そうして、偶然を装ってタイミングを会わせるのです。 話ができれば一番ですが、待ち伏せしていたと思われても困りますから、まずは挨拶からというのが無難でしょう。 毎日最低でも挨拶は交わすようにし、次第に会話ができるようにしていくのです。 5,女性は好きな人がいつもどこにいるかを確認しようとする 女性が好きな人に職場でとる態度には、女性は好きな人がいつもどこにいるかを確認しようとすることが挙げられます。 仕事の息抜きのタイミングなど、つい好きな人がどこにいるのかを確認してしまいます。 自分の席にいないと焦って、必死になって探してしまう、なんて人も。 好きな人のことを見ていたいという気持ちは、男女共通なのだと言えるでしょう。 6,女性は好きな人が悩んでいそうなときに話しかける 女性が好きな人に職場でとる態度には、女性は好きな人が悩んでいそうなときに話しかけることが挙げられます。 好きな人のことは常に見ているので、「いつもと違うな」というちょっとした変化にも気づくもの。 そんなとき、女性はすぐに声をかけます。 見ているからこそ、些細な違いにも気づけるわけですね。 元気がなさそうだな、疲れてそうだなと感じたときには、さりげなく差し入れをすることもあるでしょう。 7,女性は好きな人と一緒に残業しようとする 女性が好きな人に職場でとる態度には、女性は好きな人と一緒に残業しようとすることが挙げられます。 本来ならば残業なんてしたくない!というのが本音でしょうが、好きな人となら話は別。 2人きりになれるかもしれませんし、話をするチャンスでもありますよね。 普段は憂鬱でしかない残業も、好きな人と一緒だと分かるだけで、なんだか楽しみになってしまうのが乙女心というものです。 8,女性は好きな人に誕生日プレゼントを贈る 女性が好きな人に職場でとる態度には、女性は好きな人に誕生日プレゼントを贈ることが挙げられます。 相手の好みをリサーチしてから、相手が好きそうなものを選んでプレゼントするというのがポイント。 友人の場合は、自分があげたいものやウケ狙いのものを贈ることもありますが、相手が好きな人である場合は、相手が喜びそうなものをチョイスしてプレゼントを贈ります。 誕生日は本人にとっても特別な日ですから、自分の存在を印象づけるためにも誕生日プレゼントを贈るというわけです。 女性が好きな人に対する態度が本気か見極める方法は? 最後に、女性が好きな人にとる態度が本気かどうかを見極める方法をご紹介します。 本気なのか思わせ振りなのかをしっかりと見極めないと、今後のアプローチにも支障が出てしまいますからね。 女性が本気かを見極める方法は、こちらです。 1,自分以外の男性への接し方を見てみる 女性が本気かを見極める方法には、自分以外の男性への接し方を見てみることが挙げられます。 思わせ振りな場合、他の男性にも同じような態度で接しているはずです。 自分だけ特別扱いされているのか、それとも他と同じなのかを、自分に厳しくジャッジしてみましょう。 2,2人っきりのシチュエーションを作る 女性が本気かを見極める方法には、2人っきりのシチュエーションを作ることが挙げられます。 好きな人と2人きりになれたら、誰だって嬉しいもの。 2人きりになったときに、好きな人にとる態度が出るかどうかを観察するのです。 ぜひ2人きりのシチュエーションを作って、じっくりと女性のことを観察してみてくださいね。 3,恋愛の話を振ってみる 女性が本気かを見極める方法には、恋愛の話を振ってみることが挙げられます。 ここでのポイントは、女性の恋愛話を聞くのではなく、自分の恋愛話を振るということ。 関心のない人の恋愛話なんて、聞いていても何も楽しくありません。 しかし好きな人の恋愛話なら、むしろ聞きたくてたまらない内容ですよね? 本気で好きなら、なんとかして話題を掘り下げてくるはずです。 好きでないなら、勘違いされると面倒という気持ちから、余計なことは聞かないなど、予防線を張るので、これはかなり分かりやすいと思います。 4,1日に3回以上目が合う 女性が本気かを見極める方法には、1日に3回以上目が合うことが挙げられます。 好きな人のことは無意識に目で追ってしまうものですが、たまたま目が合うということもあるでしょう。 しかし、1日に3回以上目が合うことが続くのなら、それはもう偶然ではありません。 確実に見ている証拠、つまりあなたに好意を持っている可能性が高いです。 まとめ 女性が好きな人にとる態度、仕草、会話などについて紹介しました。 女性の考えていることは分からないと言う人も多いのですが、意外と女性の「好き」はいろいろなところからアピールされているもの。 女性が好きな人にとる態度をしっかりと知っておかないと、「鈍感な男性」というレッテルを貼られてしまうかもしれません。 そんなことにならないよう、女性が好きな人にとる態度を参考に、これからの恋愛に活かしていってくださいね。 【関連記事】.

次の

男性が本気で惚れた女性にとる11の態度や仕草!【男性心理】

女性が本気で好きな人にとる態度

それではまいりましょう〜!! あの子の気持ちを見極めよう! 女性が好きな人にとる態度21パターン 女性からの好意にいち早く気付くことができれば、告白のチャンスを逃すこともありません。 けれど一般的に女性は男性に比べて自分の気持ちを隠すのがうまいもの。 また時にはその気がなくても思わせぶりな態度をとって男性を翻弄することもあります。 そのためなかなか女性の本心が見抜けないという場合も少なくないでしょう。 しかし冷静によく観察していれば、好きな人に対する好意は態度に表れていることが多いものです。 では女性は好きな男性にどのような態度をとるのでしょうか? 女性が好きな人にとる態度は以下の21つです。 用事がなくても電話をかける• LINEやメールを頻繁に送る• LINEやメールにハートの絵文字やスタンプが増える• 会話中のリアクションが大きくなる• よく目が合う• 相手を頼りにする• 相手との距離が近くなる• ボディタッチが増える• 恋愛に関する質問が増える• 他の人の前より笑顔が多くなる• 声のトーンが高くなる• プライベートな話をしたがる• 女性らしい服装・相手の好みに合わせた服装になる• よく話しかけるようになる• イベントの際にプレゼントを贈る• 相手をよく褒める• 共感を示すことが多くなる• 話しかけられると頬を赤くする• 他の女性の話をされると機嫌が悪くなる• 相手の体調を気遣うようになる• たまにわざとそっけなくする 気になるあの子の脈ありな態度を一つひとつ詳しく見ていきましょう! 1. 用事がなくても電話をかける 女性が好きな人にとる態度は、用事がなくても電話をかけるというものです。 何か用事があって電話をかけてくるのではなく、 「特に用事があるわけじゃないんだけど・・・」「今何してるかなーと思って」「ちょっと声が聞きたくて」「なんとなく話したいなと思って」などと言って電話をかけてくる場合は、あなたに好意がある証拠。 好きな人とはLINEやメールのやりとりだけでは物足りなくなるもの。 「今、あの人は何をしているんだろう?」「声が聞きたいな」「もっと仲良くなりたいな」という思いが募って電話をかけてきている可能性が高いです。 LINEやメールを頻繁に送る 女性が好きな人にとる態度として、LINEやメールを頻繁に送るということも挙げられます。 好きな人とは常にLINEやメールでつながっていたいと思うもの。 そのため 用事がなくても連絡をしてくる、かまってほしそうなメッセージを送ってくるなどLINEやメールが送られてくる頻度が増えてきたら、脈ありと思っていいでしょう。 LINEやメールの返信が早い、送られてくる文章が長いということからも好意があることは見極めることができますが、かと言って返信が遅いから脈なしとも言えません。 返信の早さよりも頻度をチェックしてみたほうがいいでしょう。 LINEやメールにハートの絵文字やスタンプが増える 女性が好きな人にとる態度に、LINEやメールにハートの絵文字やスタンプが増えるということもあります。 「好き」という気持ちをさりげなく相手にアピールするために、ハートの絵文字やスタンプを使う女性は多いものです。 ただし誰にでもハートを多用している女性やただ「かわいいから」という理由で多用している女性も少なくありません。 好意があってのものなのかどうかを確認するには、他の人にも同じようなメッセージを送っているのかどうかをリサーチする必要があります。 もし 自分だけにハートの絵文字やスタンプを多く使ってくれているのなら、それは脈ありの証拠と言えます。 会話中のリアクションが大きくなる 会話中のリアクションが大きくなるというのも、女性が好きな人にとる態度の一つ。 女性は好きな人に「気に入られたい」「気を引きたい」「喜んでほしい」という気持ちや、「あなたの話に興味があります」というアピールとして、会話中のリアクションが大きくなることがあります。 他の人の話にはそれほど反応していないのに、自分の話にはよく笑ってくれる、「すごい!」「さすがだね!」「え~! それでそれで?」などとしっかり反応してくれるという場合は、好意があると言えるでしょう。 よく目が合う よく目が合うというのも、女性が好きな人にとる態度です。 女性は好きな人のことが気にかかり、ついその姿を目で追ってしまうもの。 そのため視線を感じて相手のほうを向くと、目が合う機会が多くなります。 したたかな女性であれば目が合ったときにニコッと微笑んでくれるでしょうし、 男性慣れしていない女性や純粋な女性であれば目が合ったときに恥ずかしそうにしながら慌ててそらすはずです。 どんなタイプの女性でも好きな人を目で追ってしまう習性はあるので、チェックしてみるといいでしょう。 相手を頼りにする 相手を頼りにするというのも、女性が好きな人にとる態度です。 女性は好きな人に尊敬の念を抱いたり頼りたいと思ったりするもの。 そのため 好意を持った相手にはちょっとしたお願いを頼んだり、相談を持ちかけたりします。 「〇〇君ってパソコンに詳しいよね。 ちょっと教えてもらいたいことがあって」などと声をかけられることが多ければ、それだけ女性から頼りにされている=好意的に思われているという証拠です。 相手との距離が近くなる 相手との距離が近くなるというのも、女性が好きな人にとる態度です。 人にはそれぞれ他人に近づかれると不快になる『 パーソナルスペース(対人距離)』というものがあります。 パーソナルスペースは人によって広さが異なりますが、一般的に女性は男性に比べてパーソナルスペースが狭いと言われています。 そんな 女性が自らあなたとの物理的な距離を縮めてくれば、それは好意があるという証拠。 好きな人には少しでも近づきたいと思うものなので、自然に好きな人に近寄っていくようになるのです。 ボディタッチが増える ボディタッチが増えるというのも、女性が好きな人にとる態度と言えます。 女性だって好きな男性には触れたいと思うもの。 そのため好きな人には自然にボディタッチが増えます。 腕を組んでくる、肩に持たれかかってくる、手の大きさを比べようとしてくるというわかりやすいものから、会話中に ふざけて叩いてくる、肘で突いてくる、物を渡すときに指がかすかに触れ合うなどというさりげないものまでさまざまです。 男性は本気ではない相手に対しても下心からボディタッチをすることがありますが、女性の場合は好きでもない男性に自分から触ろうとすることはほぼないでしょう。 恋愛に関する質問が増える 恋愛に関する質問が増えるというのも、女性が好きな人にとる態度です。 「付き合ったらどんな感じになる?」「彼女はいるの?」「元カノとはどうして別れちゃったの?」「どんな人が好き?」など恋愛観や恋愛遍歴、好きなタイプなどを知りたがるのは、あなたに興味・好意があるから。 あなたの恋愛観などをリサーチしてアプローチ方法を考えようとしている可能性が高いです。 他の人の前より笑顔が多くなる 他の人の前より笑顔が多くなるというのも、女性が好きな人にとる態度です。 好きな人と一緒にいるときは、嬉しさや楽しさから自然に笑顔になる女性が多いもの。 普段や他の人の前ではそうでもないのに、あなたの前ではやたらと楽しそうにしている、笑顔が多いという場合は脈ありと思って間違いないでしょう。 声のトーンが高くなる 声のトーンが高くなるというのも、女性が好きな人にとる態度です。 女性は好きな人の前ではテンションが上がり、自然にいつもより声が高くなったりかわいくなったりするもの。 平静を装っていても声が高い、上ずっているなどという場合、あなたに気がある可能性が高いです。 プライベートな話をしたがる プライベートな話をしたがるというのも、女性が好きな人にとる態度と言えます。 女性は男性に比べて警戒心が強いため、自分が好きな人や信用している人以外にはあまりプライバシーに触れる内容を語ることはありません。 だからこそ自分が住んでいる場所や実家の話、家族の話、休日の過ごし方など プライバシーやプライベートに関する話を積極的にしてきた場合は、あなたに対して「自分をもっと知って欲しい」という気持ちがある証拠。 他の人とは当たり障りのない話や仕事の話ばかりしているのに、あなたにだけプライベートな話題を振ってくるというのであれば、脈ありと思っていいでしょう。 女性らしい服装・相手の好みに合わせた服装になる 女性らしい服装・相手の好みに合わせた服装になるというのも、女性が好きな人にとる態度です。 女性は恋をすると「気に入られたい」「好かれたい」という思いから、急に女性らしい服装や相手の好みに合った服装をするようになるもの。 普段はボーイッシュな服装やカジュアルな服装をしているのに、あなたと会うときにはスカートを履いたりワンピースを着てきたりする、あなたの好みの服装をしているという場合、好意がある可能性大。 「男性の気を引くためにはまずは外見を変えることから」というのが多くの女性が実践するアプローチ方法なのです。 よく話しかけるようになる よく話しかけるようになるというのも、女性が好きな人にとる態度です。 好きな人とは少しでも多くしゃべりたいと思うもの。 そのため 何かと理由をつけては好きな人の元へ話しかけに行くようになります。 「自分じゃなくてもわかることなのに、どうしてわざわざ俺に聞きに来るんだろう?」「最近、顔を見れば話しかけられてる気がする」なんて思うようであれば、好意を持たれている証拠と言えるでしょう。 イベントの際にプレゼントを贈る イベントの際にプレゼントを贈るというのも、女性が好きな人にとる態度です。 バレンタインにチョコをくれるのはもちろん、クリスマスや誕生日などにもちょっとしたプレゼントをくれるという場合は、好意を持たれている証拠。 女性はわざわざ興味のない男性にプレゼントを贈るなんてことはしません。 「好きな人を喜ばせたい」「サプライズでお祝いしたい」「特別感を出したい」という気持ちがあるからこそプレゼントを贈っているのです。 相手をよく褒める 相手をよく褒めるというのも、女性が好きな人にとる態度です。 好きな人のことは常によく見ているので、その魅力に気付くことも多いもの。 また女性は好きな人を褒めることで好意をアピールしていることも珍しくありません。 「〇〇君のネクタイ、おしゃれだね」「〇〇君っていつも遅くまで頑張ってるよね」「〇〇君、髪切ってカッコよくなったね」など、褒められることが多いようなら好意を持たれている証拠です。 共感を示すことが多くなる 共感を示すことが多くなるというのも、女性が好きな人にとる態度です。 「私もそう思う!」「私もそれ好きなの!」「すごくよくわかる!」などと共感を示すことで、相手に好感を持ってもらおうという気持ちもありますし、そもそも 好きな人の意見は何でも肯定したくなるのが女心というもの。 女性と話していて「やたらと気が合うな」「自分のことをよくわかってくれているな」「価値観が合うな」と思ったら、それは女性があなたに好意があるがゆえに共感を示している可能性もあります。 話しかけられると頬を赤くする 話しかけられると頬を赤くするというのも、女性が好きな人にとる態度としてわかりやすいものです。 相手に自分の気持ちを気付かれたくないと思い、平静を装ったりわざと冷たい態度をとったりする女性もいますが、本心を見抜くには相手の顔色や態度を見てみるのが効果的。 脈なしのような態度をとっていても頬を赤くしている、赤くなって目をそらしたり下を向いてしまったりするという場合は、あなたに好意がある可能性が高いです。 他の女性の話をされると機嫌が悪くなる 他の女性の話をされると機嫌が悪くなるというのも、女性が好きな人にとる態度としてよくあることです。 好きな人が他の女性を褒めていたり仲良くしている素振りを見せたりすれば、面白くないのは当然のこと。 「どうして私の前でそんな話をするの?」「私よりその子のほうが好きなの?」などという嫉妬心から、たちまち機嫌を損ねてしまいます。 あからさまに不機嫌になる女性もいれば、急にテンションが下がる、悲しそうにする、目を合わせてくれなくなるなどという態度をとる女性もいます。 他の女性の話をした瞬間に急に態度が変わるようなら、それはあなたに好意があって嫉妬している証拠と言えるでしょう。 相手の体調を気遣うようになる 相手の体調を気遣うようになるというのも、女性が好きな人にとる態度です。 興味のない相手の体調など気にも留めませんが、やはり好きな男性の体調は気になるもの。 「最近忙しそうだけど、大丈夫?」「夏バテしてない?」「毎日残業で大変そうだけど、寝不足になってない?」など常にあなたのことを気遣うLINEやメールが届くというのであれば、それは好意がある証拠と言えるでしょう。 純粋に好きな人のことを心配しているのです。 たまにわざとそっけなくする たまにわざとそっけなくするというのも、女性が好きな人にとる態度と言えます。 いつもはLINEやメールの返信が早いのにたまにすごく遅くなる、電話をしても出てくれない、話しかけてもそっけないなどという場合、「嫌われてしまったのかな?」と思うのは気が早いです。 好きな男性にそっけない態度や気がなさそうな態度をとり、相手の反応を見ている、自分への気持ちを確かめているという可能性があります。 要は計算・駆け引きです。 恋愛経験豊富な女性やしたたかな女性ほどこういった駆け引きを好んで行うもの。 そっけなくなってもまたすぐに元に戻る、優しくすると元通りになるなどという場合は駆け引きされている可能性が高いと言えるでしょう。 まとめ 「好きな女性の気持ちが知りたい!」という方のために女性が好きな人にとる態度をご紹介してきましたが、いかがでしたか? 「女性の気持ちはわかりにくい」と思っている方も多いと思いますが、恋をしている女性はわりと感情が素直に態度に出るものです。 普段から他の人の前での彼女と自分の前での彼女の態度を見比べる癖をつけておくと、脈ありサインがわかりやすいですよ。 あなたが女性の好意を見逃さず、効率よくアプローチできますように!.

次の