自 閉 症 スペクトラム 学会。 小児自閉症を治療する免疫治療 眠っている免疫細胞(マクロファージ)を活性化する治療法です。

自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群、高機能自閉症)特徴

自 閉 症 スペクトラム 学会

男性の死亡リスクの3位は自閉症 ジョンズホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生学校は、男性の死亡リスクが最も高い病気のリストを作成した・・・らしい。 以下がそのリストのようです。 1位:インフルエンザ 2位:腫瘍(がん) 3位:自閉症 なんと3位が自閉症・・・ ちなみに全男性に占める自閉症の割合って何パーセントなんでしょうか。 とにかく突っ込みどころ満載のこの記事、さすがは、ロシアのメディア「スプートニク」といったところでしょうか。 自閉症スペクトラム障害の人(アスペルガー症候群を含む)は死亡リスクが高いという調査結果 というわけで、本日のテーマは、自閉症の人は早死にするのかしないのか。 40歳を超えて、人生の折り返し地点に立つと、否が応にも「死」の陰が見え始めます。 そろそろ、老後について、死について、ちょっとくらい考えておくのは悪いことではなさそうです。 妻は自分より先に死ぬなといっておりますが、 男性の平均寿命は女性より短いことを考えるとたぶん無理でしょう。 しかも自閉症なら「なおさら」・・・ と不安を煽るような記事が、いくつかありましたので引用してみたいと思います。 成人期アスペルガー症候群の患者は、 一般成人よりもはるかに高い確率で、自殺を計画したり試みたりした経験があるという臨床調査データが、6月25日付で「ランセット 精神医学(The Lancet Psychiatry)」に掲載された。 たしかに 「死にたい」とは、子どもの頃から、ことあるごとに思ってきたことです。 学校で叱られ、塾で叱られ、近所で叱られ、家で叱られ、友だちにハブられ、大人になれば、職場でトラブり・・・(今は寛解しているので、死にたいなんて思いませんが…) とまぁ、 逃げ場のない人生でしたから、結構本気で自殺しようと思ったことは何度もあります。 アスペルガー症候群の方ならだいたいそんな感じじゃないでしょうか。 一方で、 楽しい時間を過ごしていると、「オレ、130歳くらいまで生きられるんじゃないか」とか、結構真剣に思ったりもします。 あまのじゃくです。 しかし、そんな楽観的な見方をぶち壊すような記事もありました。 自閉症スペクトラム ASD 患者は、健康的な人の平均寿命と比べて平均 18年も寿命が短いということを示す研究結果をスウェーデンのカロリンスカ研究所が発表しました。 さらに、 また、言語能力が高い人の中で、「自閉症スペクトラム」の概念が制定される以前に アスペルガー症候群と診断された人も、健康な人より早く 死亡する可能性が2倍近くあることもわかっています。 しかも、 全体的な傾向は性別の影響がなかったものの、 学習障害を持つASDの女性に限り、早く死亡する可能性が最も高い そして、 ASD患者は幼年期のうちに自尊心を確立するのが難しいことを示す研究結果もあり、 学習障害を持つ成人のASD患者は、自殺する可能性は一般平均の9倍以上になることがわかっています。 結構衝撃的な記事ではないでしょうか。 ちょっと整理してみたいと思います。 アスペルガー症候群の人の死亡リスクは一般の2倍。 学習障害を持つ自閉スペクトラム症の人は平均より30年も早く死亡する傾向。 学習障害を持つ自閉スペクトラム症の女性は自閉スペクトラム症の中で最も早く死亡する可能性。 学習障害を持つ自閉スペクトラム症が自殺する可能性は一般平均の9倍。 他の死亡リスクと比べて浮かび上がる事実 さっと読むと、後味悪い記事でしたが、 よく考えて見るとあまり悲観的になる必要はないと思います。 「自閉スペクトラム症の人の死亡リスクは一般の2倍」という結果をどう捉えるか。 たとえば、 「死亡リスクは2倍」でGoogle検索をすると興味深い結果が出ました。 日本人の喫煙習慣と寿命 死亡率は2倍、命は10年短縮。 ビール腹は肥満より危険? 男性の死亡リスク2倍。 運動不足 死亡リスク2倍。 牛乳1日3杯飲む女性は死亡リスク2倍弱。 女性は糖尿病で死亡リスク2倍。 夜間頻尿の人は死亡率が約2倍。 いかがでしょうか。 こうなると、足が臭いと死亡率が2倍とか、何でもありな予感。 わたしの場合、アスペルガー症候群、ビール腹、運動不足、牛乳1日3杯、夜間頻尿…と5つの死亡リスクを抱えています。 もう、 とっくに死んでても良さそうですが、幸いにしてまだ生きています。 「自閉スペクトラム症患者は、健康的な人の平均寿命と比べて平均18年も寿命が短い」はいかがでしょうか。 既婚者と独身者の平均余命の違いでは、男性で8~17年、女性で7~15年、独身者の寿命のほうが短いという調査もあるようです。 低学歴、低収入も短寿命らしい。 参考: このデータで単純に引き算すると、 独身で 自閉スペクトラム症の人は30代で死ぬということになります。 大変です。 国は少子化よりも、独身者で自閉スペクトラム症の人を救う取り組みを早急にやらなければなりません。 もちろん冗談ですが。 というわけで、死亡リスクなんていうものは、長く生きれば生きるほど高まっていくものですから、この手のニュースに いちいち反応する必要なんてないということです。 死亡リスクについて、くよくよ考えているほうが、寿命を縮めそうです。 それでも気になるという方のために Googleで「死亡リスク 軽減」で検索した結果をご紹介しましょう。 緑茶とコーヒーで死亡率が軽減する• ビタミンKを多く摂ると死亡リスクが軽減• 有酸素運動の習慣でがん死亡リスク軽減• 白内障手術で死亡リスク4割減• ナッツを多く食べる人は、死亡リスクが2割軽減 このへんのことを一通りやっておけば、ASDの死亡リスクと相殺できるのではないでしょうか。 もちろん、長生きできなくても責任は取りませんが・・・ もちろん、アスペルガー症候群の人は長期間投薬治療を続けていたり、社会的なプレッシャーを人一倍強く感じて生きていますので、 日頃の健康管理には十分気を配りたいものです。 また、自殺リスクが高いとしたら、自殺を未然に防ぐ対策は、色々考えておいた方が良さそうです。 高層階に住まないとか、首つりに適さない家選びはもちろん、 くよくよ考えないための行動療法なども身につけておいたほうが良さそうです。 では、皆さん、お互いに長生きを目指して暮らしていきましょう。 以上、大人のアスペルガー、よしまるがお届けしました。 おすすめの記事 HULOT.

次の

自閉症スペクトラム障害

自 閉 症 スペクトラム 学会

自閉症スペクトラムは成長に合わせた支援が必要?早期支援の重要性について 成長に合わせてできるだけ早い時期から適切な支援を行うことは、自閉症スペクトラムの子どもが将来、社会に出て生活をするために非常に重要なことです。 ではなぜ 早期支援が重要なのでしょうか。 1-1. 不適切な支援で起こる自閉症スペクトラムの二次障害とは 自閉症スペクトラムでは、「対人関係を作るのが苦手」、「コミュニケーションが取りづらい」、「強いこだわりを持っている」といった 3つの大きな特徴があります。 文字だけ見ると、これらの特徴は誰にでも大なり小なり当てはまる特徴のように思われます。 しかし自閉症スペクトラムの場合は、 このような特徴が社会での生活を送る上で、障害となってしまうために問題となります。 そのため、しっかりと支援を行い社会生活を送れるようになれば、特徴を特徴のままで止まらせ、障害とすることが少なくなります。 ただ、適切な支援が行われないと、自閉症スペクトラムの特徴が社会生活を送る上で大きな弊害となり、子どもは大きなストレスを受けてしまいます。 その結果、 不登校や引きこもり、うつなどの体の不調を引き起こしてしまいます。 このような、社会から受けるストレスによって現れる好ましくない行動や症状を「二次障害」と呼びます。 適切に支援をすることは、 社会生活を送ることができるようになるとともに、二次障害を予防することにつながるのです。 1-2. 自閉症スペクトラムの支援が遅すぎる?早期支援の重要性 自閉症スペクトラムの支援に遅すぎる支援というものはありません。 ただし前述のとおり、支援がなければ二次障害を引き起こし、社会での生活だけでなく、体や心の健康も失いかねません。 そのため、できる限り早い段階から適切な支援を受けさせることが大切です。 早期支援を実現することで、それだけ早く二次障害を予防できます。 また、成長の早い段階で支援を受けることで、成長とともに社会に適応していく力をつけることが可能です。 だからこそ 自閉症スペクトラムでは「早期発見、早期支援」が重要になります。 自閉症スペクトラムの成長に合わせた支援方法とは? 自閉症スペクトラムは 乳児期から、幼児期、学童期と成長するにしたがって、見られる症状が変わります。 また、成長とともに周りを取り巻く環境が変化するため、関わる環境の影響も受けます。 そこで乳児期、幼児期、学童期に分けて、症状の特徴と成長に合わせた支援のポイントを解説します。 2-1. 自閉症スペクトラム支援~乳児期のポイント~ 自閉症スペクトラムの症状は3歳以降にはっきりと現れることが多いと言われますが、乳児期でも「コミュニケーションの遅れ」や「周囲への関心の薄さ」といったことが見られることがあります。 そのため、 1歳半検診で言葉の遅れや親への興味や関心が少ないなどで、自閉症スペクトラムの症状に気づかれることもあります。 もし、乳児期に症状がわかれば、そこから支援を始めることになります。 とは言っても、まだまだ日常的な世話がかかる時期ですので、基本的な育児を行いつつ、声かけの工夫をしていき、幼児期以降の関わり方につなげることが重要です。 例えば、子どもがおもちゃを持ったり、座ったりといった動作に対して、「おもちゃ持てたね」、「座れたね」などと わかりやすく声かけをすることで、子どもの反応を引き出していきます。 わかりやすい言葉がけや、人との関わりの中で言葉を覚えてもらうといったことは、幼児期以降も重要になるため、乳児期から積極的に行っていきましょう。 2-2. 自閉症スペクトラム支援~幼児期のポイント~ 幼児期になると、言葉の発達や日常生活の行動などで症状が目立つようになったり、 幼稚園や保育園などでの対人関係やコミュニケーションが課題になったりすることがあります。 医師の診断に応じて、専門機関での療育などの支援を受けることが必要な場合もあります。 ただし、幼児期の子どもはまだまだ親の愛情が必要な時期ですので、 自宅での支援も十分に必要です。 以下に支援のポイントを挙げてみます。 ・コミュニケーションのとり方を工夫する 乳児期にしていた わかりやすい声かけの工夫や、写真や絵を活用して視覚的に伝える工夫をして、物事に対する理解を促すようにしましょう。 ・成功体験を増やしてあげる 「失敗は成功のもと」として、失敗から学んでもらおうとすることは逆効果になってしまいます。 失敗の経験は子どもの意欲を失わせてしまいかねません。 そこで、課題を手伝ってあげて簡単にしたり、失敗しても注意せずに目をつぶったりするようにして、 成功体験をしっかり積ませることで、課題に対して取り組もうとする意欲を育むことができます。 ・「こだわり」を残す こだわりの強さを無理に変えようとしたり、親の思う方向に無理につなげたりすることは、子どもにとって負担になる可能性があります。 こだわりをありのままに理解してあげて、そのまま残しながら、役立てていくようにしましょう。 2-3. 自閉症スペクトラム支援~学童期のポイント~ より多くの人と関わるとともに、学習を含めた幅広い教育を受けていく時期です。 そのため、 自宅以外での活動や他者との関わり、学習の状況などを把握したうえで、支援を進めていく必要があります。 教育機関の教員や療育の専門家を交えて、支援方法や支援状況を共有していきましょう。 学習が始まると、少しでも高いレベルを求めてしまう気持ちがあるかもしれません。 しかし、 無理な学習はストレスがかかり、発達や心身に悪影響になります。 子どもの学習レベルを受け入れ、専門家の意見を取り入れながら無理のない範囲で学習に取り組むことが必要です。 状況に応じて自宅での課題として学習教材を活用するのも良いでしょう。 徐々に自分でできることが多くなった場合は、 本人の意見や希望を聞き入れ、子どもに任せていくことも重要です。 そうすることで、社会に出た際に必要な 「主体的に課題に取り組む力」を身につけることにつながります。 その際は、あまり口出ししたり、注意したりせず、子どもから相談や助けを求められたらサポートするようにしましょう。 専門家による支援を受けられる場所を知ろう 自閉症スペクトラムは、専門家による支援が必要な場合も少なくありません。 どのように支援を受ければよいのか、どこで支援を受けられるのかを知っておくことで、スムーズな行動ができます。 そこで、支援を受けるための流れと、支援を受けられる場所について紹介します。 3-1. 自閉症スペクトラムの支援を受けるまでの流れ 支援を受けるまでには、自閉症スペクトラムの特徴に気づくことが必要です。 1歳半検診や3歳検診で、医師から指摘されて支援機関を紹介される場合もありますが、 親が気づいた場合は、医師による診断から専門的な支援へと早期につなげていくことができます。 子どもに自閉症スペクトラムの特徴が見られたとき、 まずは近くの小児科や児童精神科のある病院、クリニックを受診してみましょう。 また、自治体の児童福祉関係の窓口や発達障害支援センターなどの療育機関へ相談してみることで、専門医を紹介してもらえる場合もあります。 自治体の相談窓口や療育機関などでは、相談に応じて適切な支援方法の助言を受けられるので、試してみることもオススメです。 医療機関で自閉症スペクトラムの診断を受けた場合は、専門医から支援方法の助言を受けたり、必要に応じて療育機関で専門的な支援を受けられたりします。 3-2. 自閉症スペクトラムの支援を受けられる場所 療育機関 自治体ごとに設置されている、療育センターや民間の療育施設などがあります。 医師や作業療法士などのリハビリ専門職、心理カウンセラーなど医療の専門家なども在籍していることもあり、 発達や障害の特性を踏まえて、専門的な教育や発達指導を受けることができます。 教育機関 学童期以降は、教育機関で学習をしながら発達に応じた支援を受けることがあります。 近隣の小学校で通常の学級に通いながら、必要な時間だけ特別な支援を受ける通級指導教室や特別支援学級、発達障害の子どもが通って支援をうける特別支援学校など支援の必要性に応じて、教育機関での支援を受ける場所が異なります。 医療機関 近くの小児科などで診断を受けられますが、 「発達外来」など発達の専門医がいる病院などであれば、より専門的な助言や療育を受けることができます。 自治体 自治体には児童や福祉、教育に関する相談窓口があります。 もっとも身近にある役所に行ったり、電話連絡をしたりしてみて、どの窓口に行けばいいかを聞いてみましょう。 気軽な相談からより具体的な支援へとつなげるための助言を受けることができます。 自閉症スペクトラムの支援に関するまとめ 自閉症スペクトラムは10人に1人にみられる障害とされているように、かなりの割合で見られます。 社会に出ても問題なく生活できるように、適切な支援をうけることは非常に重要です。 とはいえ、十分な理解がない環境での支援は、強いストレスを与え、二次的な問題につながります。 自宅だけでなく、 周りの支援機関などにしっかりと頼りながら、生涯を通じて成長に応じた適切な支援をうけられるように、取り組んでいきましょう。

次の

合理的配慮ハンドブック_発達障害_自閉スペクトラム症

自 閉 症 スペクトラム 学会

原因 現在では先天性の脳機能障害によるとされており、多くの遺伝的因子が関与すると考えられている。 フランス・パスツール研究所の研究チームが、フランス国立医学研究機構およびスウェーデン・ヨーテボリ大学と行った共同研究では、自閉症者の脳内で遺伝子「シャンク3 SHANK3 」に異常があることが指摘されている。 ただし、研究チームからはシャンク3で自閉症の全ての症状を説明できるわけではないと警告が発せられており、主要な社会的障害についてある程度説明ができるかもしれないと述べるにとどまっている。 また、ヒトの自閉症患者から見つかったシナプスタンパク質ニューロリギンの遺伝子変異を導入したマウスで自閉症症状が引き起こされることが確認されており[5]、この発見からシナプス異常と自閉症との関連が注目されている。 日本でも理化学研究所の研究チームが、神経細胞の生存や分化に重要な神経栄養因子の分泌を調節する遺伝子(CAPS2遺伝子)の異常が、自閉症の発症メカニズムに関係しているとの研究成果を発表している。 なお近年の米国の研究で、父親が中高年のときに授かった子供である場合に新生児が自閉症になりやすいという知見がある。 同研究によると、父親が40歳以上の新生児は、自閉症や関連の症例が30歳未満の父親の場合の約6倍で、30 — 39歳の父親と比較すると1. 5倍以上であったとされている。 一方、母親については、年齢が高い場合でも多少の影響を及ぼす可能性は排除できないものの、子供の自閉症に与える有意な影響は認められなかった[7]。 これらの研究では、得られた知見が社会的に晩婚になる男性の遺伝子特性であるのか、遺伝的個人差を問わず加齢が精子に及ぼした影響であるのかは、明らかにされていない。 他者の動作を観察している際に自分が動いている時と同じように反応するミラーニューロンの活動低下の影響を指摘する説も存在する。 カリフォルニア大学のV・S・ラマチャンドランとL・M・オバーマン Lindsay M. Oberman らのグループ、スコットランドのセントアンドリューズ大学のホイッテン Andrew Whitten らのグループは、ほぼ同じ時期に、対人スキルや共感の欠如、言語障害、模倣が上手く出来ない等の自閉症の特徴は、すべてミラーニューロンの機能不全と同じ特徴を持つとの説を発表した[8]。 ヘパラン硫酸の関与を指摘する説もあるが、原因として確定的であるという段階にまでは至っていない。 なお、自閉症の症状が後天的に発現した場合は統合失調症の陽性症状の疑いが考えられるが、日本に於いては多くの場合は自閉症と誤診される。 統計 統計的には国際的に増加傾向にある。 ただし自閉症が実際に増加しているのではなく、疾患が世の中に認知されるにつれ、従来診断されなかった軽度のものも含まれるようになってきているからと考えられている。 日本では1000人に1 — 2人の割合で生じているが、どこまでを自閉症の範囲とするかによって発生率は大きく違う。 男性と女性の比率は4 : 1程度と言われている[16]。 しかし、この障害を持つ女子は、より重度の精神遅滞を示す傾向がある[17]。 X染色体の異常に起因する脆弱X症候群による説明の可能性が考慮される。 日本自閉症協会によると現在日本国内に推定36万人(重度自閉、義務教育に支障がある程度の障害、暗数が少ない)、知的障害や言語障害を伴わない高機能自閉症など含めると120万人いるといわれている。 より引用 投稿ナビゲーション.

次の