アンパンマン 相関図。 アンパンマンの登場人物一覧

相関図|ブラックスキャンダル|読売テレビ

アンパンマン 相関図

ドキンちゃんはしょくぱんまんを見ると、目をハートにして「しょくぱんまん様ぁ~」とすり寄っていきます。 ばいきんまんがしょくぱんまんを攻撃しようとする時には、「しょくぱんまん様はダメ~」と怒りだします。 敵味方の関係にはありますが、しょくぱんまんだけは特別視しています。 ドキンちゃんがしょくぱんまんを好きになった理由は、「紳士な態度に惚れたから」。 アンパンマンワールドの中でも、常識人で紳士的なしょくぱんまんに恋心を抱くのも納得してしまいます。 それ以来、しょくぱんまんにメロメロになってしまいました。 管理人の一言 しょくぱんまんは、ドキンちゃんからのプレゼントをもらったり、一緒にダンスを踊ったりしています。 一見すると気持ちに応えているようにも見えますが、しょくぱんまんはドキンちゃんに恋愛感情は抱いていないようです。 作者のやなせ氏は、「しょくぱんまんは、誰にでもやさしいのです。 」とコメントされています。 二人の恋愛については、以下の記事でさらに詳しく解説しています。 ドキンちゃんにはうっとうしがられることが多いですが、それでもめげずに付きまとっています。 ドキンちゃんに付きまとっているため、ばいきんまん側のキャラのように思われがちなホラーマン。 ですが、アンパンマンや町のみんなと仲良くすることもあります。 根はやさしいキャラクターのようです。 アニメ「アンパンマンとホラーマン」でばいきんまんとドキンちゃんと出会い、そこでドキンちゃんに惚れました。 管理人の一言 しょくぱんまん、ドキンちゃん、ホラーマン…。 この時点で恋の三角関係が出来上がりました。 ですが、ドキンちゃんとしょくぱんまんを巡る恋愛事情はさらに複雑です。 最終的には五角関係になります 笑。 最初は、ばいきんまんを助けるためにドキンちゃんがばいきん星からやってきました。 現在は、バイキン城で一緒に生活をしています。 ドキンちゃんはしょくぱんまん一直線なので、ばいきんまんには目もくれません。 ですが、ばいきんまんはドキンちゃんに好意を抱いているようです。 公式サイト「」には、「どうやら、ばいきんまんはドキンちゃんが大好きみたいですけど、ドキンちゃんはしょくぱんまんに夢中ですね…。 」との記載があります。 一緒には住んでいるけど、恋人ではありません。 自分勝手なばいきんまんは、ドキンちゃんの言うことには逆らえません。 この理由は、ばいきんまんはドキンちゃんのこと好きだったからなんですね。 管理人の一言 ばいきんまんはドキンちゃんが好き、。 ドキンちゃんはしょくぱんまんが好き。 しょくぱんまんはみんなが好き。 ばいきんまんとドキンちゃんの恋心はどちらも報われないんですよね。 そう考えると、切ない恋愛事情です。 アンパンマン 人魚姫のなみだ」 2000年 のメインキャラクターであるサニー姫。 海の世界に住み、陸での生活に憧れていたサニー姫はしょくぱんまんに助けられたことがきっかけで特別な感情を抱きます。 物語のラストで描かれた別れの場面では、しょくぱんまんと共に涙を流す描写があります。 明らかに他のキャラクターとは違う描写ですよね。 サニー姫はしょくぱんまんに恋心を抱いていたのではないかと感じさせます。 別れのシーンの涙を見ると、しょくぱんまんもまた他のキャラクターとは違う特別な感情を抱いていたのではないかと感じます。 管理人の一言 甘いものが苦手なカレーパンマンですが、りんごちゃんにもらったりんごをすりおろして自分のカレーに入れたりしています。 好きな女の子に対しては、苦手なものにもチャレンジしていく姿は男らしいですね。 ただ、何人もの女の子に好意を抱く姿は男らしいとは思えませんが汗。 まぁこれはこれで男性的なのか…。 両想いではありませんが、カレーパンマンはおしるこちゃんに対して恋愛感情を抱いているような描写があります。 その描写とは、おしるこちゃんとアンコダマンが仲良くしている姿を見てカレーパンマンは怒ります。 明らかに嫉妬からくる怒りですよね。 管理人の一言 カレーパンマンから特別な目で見られているおしるこちゃんですが、実はかまめしどんからも好意を抱かれています。 おしるこちゃん、カレーパンマン、かまめしどん、という三角関係が出来上がっています。 カレーパンマンの恋愛相関図も複雑ですね。 カレーパンマンの恋愛事情については、以下の記事で詳しく解説しています。 なぜモテるのか、その理由についても考察しています。 おむすびまん初登場回で、バタコさんは頬を染めたり、「「かっこいいわね、おむすびまんさんって」と呟いたりしています。 一方のおむすびまんも、バタコさんにお土産やプレゼントを持ってきたりしています。 おむすびまんがパン工場を離れて旅に出ようとしたときには、バタコさんは「私なら大丈夫よ」といって見送るシーンもあります。 バタコさんは去っていくおむすびまんを見送りながら、「お花見・・・一緒に行きたかったな」と呟きます。 まるで遠距離恋愛をしているような恋人同士の描写ですよね。 恋人関係かどうかの明言はされていませんが、事実上の恋人と言ってもいいくらいです。 管理人の一言 ただし、上記のような恋人風のシーンは2000年以降は描かれることが少なくなりました。 恋人関係は解消したのでしょうか…。 時間の経過とともにアンパンマンワールドの恋愛事情・恋愛相関図は変化していくようです。 彼もまた、バタコさんに恋心を抱いています。 こちらはたぬきおにの片思いのようです。 たぬきおにの初登場は、劇場第2作の同時上映作品「おむすびまん」。 この時は悪さをする敵キャラクターとして描かれていました。 テレビ版第460話A「アンパンマンとたぬきおに」でも、ばいきんまんにそそのかされてアンパンマンを襲おうとしていました。 ですが、バタコさんに一目惚れします。 衝動的にバタコさんを連れ去ろうとするレベルで恋に堕ちたようです。 その後は、バタコさんと仲良くなりたいがために悪さをしなくなりました。 恋は人の性格も変えるんですね。 管理人の一言 バタコさんは、アンパンマンワールドの中で最も心が美しい女性だとされています。 そんなバタコさんだからこそ、好きになるキャラクターが多いのかもしれませんね。 どのキャラクターに対しても、分け隔てなく接するようにしています。 そんなアンパンマンは恋愛相関図から離れたところにいるのかと思いきや、劇場版では淡い恋が描かれています。 映画「勇気の花がひらくとき」で登場したキララ姫。 彼女はアンパンマンに助けられたことで、彼に恋心を抱きます。 劇中では、アンパンマンに「好き」だと告白します。 この告白に対して、アンパンマンも「僕も好きだよ」と返します。 キララ姫は当然両想いになれたと思って喜びますが、アンパンマンは「みんなが好きだ」と続けます。 ただ、キララ姫に好意を抱くような描写もあります。 アンパンマンは自分の恋愛と背負った宿命をてんびんにかけて、宿命を取ったのでしょう。 アンパンマンの淡い恋です。 両想いのキャラクターはかなり多いですよね。 どちらも動物キャラクターというのは偶然ではないような気がします。 人型のキャラクターの両想いがなくなったのは、ドロドロの恋愛事情を感じさせないための配慮なのかもしれません。 片思いキャラ一覧• 印象的なのは、両想いにも関わらずに他のキャラクターにも好意を抱くキャラクターが多いこと。 そして、そのキャラクターは、決まって男性キャラです。 特にばいきんまんとカレーパンマンは、恋多き男たちのようです。 この二人がアンパンマンワールドの恋愛事情を複雑にさせている要因のようにも感じてきました。 【まとめ】アンパンマンワールドの恋愛事情は結構複雑 アンパンマンワールドの恋愛事情・恋愛相関図をまとめてきました。 いかがだったでしょうか。 調べてみた私自身の率直な感想は、「恋愛要素強いな」。 三角関係当たり前、四角、五角…などもあり得る世界です。 昔両想いにあったキャラクター同士が、長い年月の中で少しずつ距離が離れていくのはなんだかリアルに感じました。 その距離感はちょっと切ないですね。 特にバタコさんとおむすびまんは、今でも会う機会が多いですからね。 現実社会だったら気まずい空気が流れそうです。 スポンサーリンク.

次の

アンパンマンとばいきんまんの戦いには決着はつかない

アンパンマン 相関図

芸能プロダクション「フローライト」の敏腕マネージャー。 所属タレントへの的確なアドバイスと、目的の為なら手段を選ばない姿勢に、周囲からの人望も厚い。 亜梨沙は元々、『藤崎紗羅』という名前の「フローライト」に所属する女優だった。 18歳でデビューし、そこからコツコツと地道に力をつけ、30歳を前に、人気、実力ともにピークを迎えようとしていた。 しかし5年前。 突然何の心当たりも無い不倫スキャンダルが原因で、地獄の底へと叩き落とされ、全てを失い、芸能界から抹殺される…。 『実はあのスキャンダルは仕組まれたものだった』という衝撃の真実を知り、復讐の炎が燃え上がった紗羅は、スキャンダルねつ造に関与していた人間に復讐するため、顔を整形して、名前も『矢神亜梨沙』と名乗り、マネージャーとしてフローライトに潜入する。 全ては、自分を嵌めたゲス達をねじ伏せ、完膚なきまでに謝罪させるために…。 「フローライト」に所属する元女優。 5年前に心当たりの無い不倫スキャンダルを写真週刊誌に報じられてしまう。 紗羅は釈明会見を開こうとした矢先、不倫相手とされる俳優が謝罪会見を開き不倫を認めてしまう。 世間の容赦ないバッシングと炎上で一気に地獄の底へと叩き落とされた紗羅は芸能界から抹殺される。 紗羅には、フローライト社長・勅使河原友和の息子、勅使河原純矢という大切な婚約者がいたが、その騒動で別れを切り出され去ってしまう。 母親も娘のスキャンダルを苦に自殺。 スキャンダルが仕組まれていたという衝撃の真実を聞かされ復讐の炎が燃え上がった紗羅は、スキャンダルねつ造に関与した人物に復讐をする為、顔を整形して、『矢神亜梨沙』と名乗り、マネージャーとしてフローライトに潜入する覚悟を決める。

次の

相関図|ブラックスキャンダル|読売テレビ

アンパンマン 相関図

ドキンちゃんはしょくぱんまんを見ると、目をハートにして「しょくぱんまん様ぁ~」とすり寄っていきます。 ばいきんまんがしょくぱんまんを攻撃しようとする時には、「しょくぱんまん様はダメ~」と怒りだします。 敵味方の関係にはありますが、しょくぱんまんだけは特別視しています。 ドキンちゃんがしょくぱんまんを好きになった理由は、「紳士な態度に惚れたから」。 アンパンマンワールドの中でも、常識人で紳士的なしょくぱんまんに恋心を抱くのも納得してしまいます。 それ以来、しょくぱんまんにメロメロになってしまいました。 管理人の一言 しょくぱんまんは、ドキンちゃんからのプレゼントをもらったり、一緒にダンスを踊ったりしています。 一見すると気持ちに応えているようにも見えますが、しょくぱんまんはドキンちゃんに恋愛感情は抱いていないようです。 作者のやなせ氏は、「しょくぱんまんは、誰にでもやさしいのです。 」とコメントされています。 二人の恋愛については、以下の記事でさらに詳しく解説しています。 ドキンちゃんにはうっとうしがられることが多いですが、それでもめげずに付きまとっています。 ドキンちゃんに付きまとっているため、ばいきんまん側のキャラのように思われがちなホラーマン。 ですが、アンパンマンや町のみんなと仲良くすることもあります。 根はやさしいキャラクターのようです。 アニメ「アンパンマンとホラーマン」でばいきんまんとドキンちゃんと出会い、そこでドキンちゃんに惚れました。 管理人の一言 しょくぱんまん、ドキンちゃん、ホラーマン…。 この時点で恋の三角関係が出来上がりました。 ですが、ドキンちゃんとしょくぱんまんを巡る恋愛事情はさらに複雑です。 最終的には五角関係になります 笑。 最初は、ばいきんまんを助けるためにドキンちゃんがばいきん星からやってきました。 現在は、バイキン城で一緒に生活をしています。 ドキンちゃんはしょくぱんまん一直線なので、ばいきんまんには目もくれません。 ですが、ばいきんまんはドキンちゃんに好意を抱いているようです。 公式サイト「」には、「どうやら、ばいきんまんはドキンちゃんが大好きみたいですけど、ドキンちゃんはしょくぱんまんに夢中ですね…。 」との記載があります。 一緒には住んでいるけど、恋人ではありません。 自分勝手なばいきんまんは、ドキンちゃんの言うことには逆らえません。 この理由は、ばいきんまんはドキンちゃんのこと好きだったからなんですね。 管理人の一言 ばいきんまんはドキンちゃんが好き、。 ドキンちゃんはしょくぱんまんが好き。 しょくぱんまんはみんなが好き。 ばいきんまんとドキンちゃんの恋心はどちらも報われないんですよね。 そう考えると、切ない恋愛事情です。 アンパンマン 人魚姫のなみだ」 2000年 のメインキャラクターであるサニー姫。 海の世界に住み、陸での生活に憧れていたサニー姫はしょくぱんまんに助けられたことがきっかけで特別な感情を抱きます。 物語のラストで描かれた別れの場面では、しょくぱんまんと共に涙を流す描写があります。 明らかに他のキャラクターとは違う描写ですよね。 サニー姫はしょくぱんまんに恋心を抱いていたのではないかと感じさせます。 別れのシーンの涙を見ると、しょくぱんまんもまた他のキャラクターとは違う特別な感情を抱いていたのではないかと感じます。 管理人の一言 甘いものが苦手なカレーパンマンですが、りんごちゃんにもらったりんごをすりおろして自分のカレーに入れたりしています。 好きな女の子に対しては、苦手なものにもチャレンジしていく姿は男らしいですね。 ただ、何人もの女の子に好意を抱く姿は男らしいとは思えませんが汗。 まぁこれはこれで男性的なのか…。 両想いではありませんが、カレーパンマンはおしるこちゃんに対して恋愛感情を抱いているような描写があります。 その描写とは、おしるこちゃんとアンコダマンが仲良くしている姿を見てカレーパンマンは怒ります。 明らかに嫉妬からくる怒りですよね。 管理人の一言 カレーパンマンから特別な目で見られているおしるこちゃんですが、実はかまめしどんからも好意を抱かれています。 おしるこちゃん、カレーパンマン、かまめしどん、という三角関係が出来上がっています。 カレーパンマンの恋愛相関図も複雑ですね。 カレーパンマンの恋愛事情については、以下の記事で詳しく解説しています。 なぜモテるのか、その理由についても考察しています。 おむすびまん初登場回で、バタコさんは頬を染めたり、「「かっこいいわね、おむすびまんさんって」と呟いたりしています。 一方のおむすびまんも、バタコさんにお土産やプレゼントを持ってきたりしています。 おむすびまんがパン工場を離れて旅に出ようとしたときには、バタコさんは「私なら大丈夫よ」といって見送るシーンもあります。 バタコさんは去っていくおむすびまんを見送りながら、「お花見・・・一緒に行きたかったな」と呟きます。 まるで遠距離恋愛をしているような恋人同士の描写ですよね。 恋人関係かどうかの明言はされていませんが、事実上の恋人と言ってもいいくらいです。 管理人の一言 ただし、上記のような恋人風のシーンは2000年以降は描かれることが少なくなりました。 恋人関係は解消したのでしょうか…。 時間の経過とともにアンパンマンワールドの恋愛事情・恋愛相関図は変化していくようです。 彼もまた、バタコさんに恋心を抱いています。 こちらはたぬきおにの片思いのようです。 たぬきおにの初登場は、劇場第2作の同時上映作品「おむすびまん」。 この時は悪さをする敵キャラクターとして描かれていました。 テレビ版第460話A「アンパンマンとたぬきおに」でも、ばいきんまんにそそのかされてアンパンマンを襲おうとしていました。 ですが、バタコさんに一目惚れします。 衝動的にバタコさんを連れ去ろうとするレベルで恋に堕ちたようです。 その後は、バタコさんと仲良くなりたいがために悪さをしなくなりました。 恋は人の性格も変えるんですね。 管理人の一言 バタコさんは、アンパンマンワールドの中で最も心が美しい女性だとされています。 そんなバタコさんだからこそ、好きになるキャラクターが多いのかもしれませんね。 どのキャラクターに対しても、分け隔てなく接するようにしています。 そんなアンパンマンは恋愛相関図から離れたところにいるのかと思いきや、劇場版では淡い恋が描かれています。 映画「勇気の花がひらくとき」で登場したキララ姫。 彼女はアンパンマンに助けられたことで、彼に恋心を抱きます。 劇中では、アンパンマンに「好き」だと告白します。 この告白に対して、アンパンマンも「僕も好きだよ」と返します。 キララ姫は当然両想いになれたと思って喜びますが、アンパンマンは「みんなが好きだ」と続けます。 ただ、キララ姫に好意を抱くような描写もあります。 アンパンマンは自分の恋愛と背負った宿命をてんびんにかけて、宿命を取ったのでしょう。 アンパンマンの淡い恋です。 両想いのキャラクターはかなり多いですよね。 どちらも動物キャラクターというのは偶然ではないような気がします。 人型のキャラクターの両想いがなくなったのは、ドロドロの恋愛事情を感じさせないための配慮なのかもしれません。 片思いキャラ一覧• 印象的なのは、両想いにも関わらずに他のキャラクターにも好意を抱くキャラクターが多いこと。 そして、そのキャラクターは、決まって男性キャラです。 特にばいきんまんとカレーパンマンは、恋多き男たちのようです。 この二人がアンパンマンワールドの恋愛事情を複雑にさせている要因のようにも感じてきました。 【まとめ】アンパンマンワールドの恋愛事情は結構複雑 アンパンマンワールドの恋愛事情・恋愛相関図をまとめてきました。 いかがだったでしょうか。 調べてみた私自身の率直な感想は、「恋愛要素強いな」。 三角関係当たり前、四角、五角…などもあり得る世界です。 昔両想いにあったキャラクター同士が、長い年月の中で少しずつ距離が離れていくのはなんだかリアルに感じました。 その距離感はちょっと切ないですね。 特にバタコさんとおむすびまんは、今でも会う機会が多いですからね。 現実社会だったら気まずい空気が流れそうです。 スポンサーリンク.

次の