豊胸 方法 おすすめ。 豊胸男子とは?男でも手術ができる!

バストアップエステサロンの効果を徹底調査!実際のところ本当に効果はあるの?

豊胸 方法 おすすめ

「胸を大きくしたい」というのは、世の女性のほとんどが日頃感じている願望だといっても過言ではありません。 サプリメントやトレーニング、エステなど、バストアップのためにさまざまな努力をしてみても、なかなか成果が出ないと嘆いている方も多いのではないでしょうか。 そんな悩みを解決する方法に、「豊胸手術」があります。 美容整形手術によってバストアップが実現できる方法で、「一度は考えたことがある」という方も決して少なくないでしょう。 しかし、一口に「豊胸手術」と言っても、いくつかの方法があり、それぞれでメリット・デメリットがあります。 この記事では、それぞれの豊胸術の特徴や、メリット・デメリットを詳しくご紹介したいと思います。 豊胸手術をご検討の方は、是非、ご一読いただき、豊胸術を選ぶ際の参考にしてくださいね。 この記事でわかること• シリコンバッグ(人工乳腺法)のメリット、デメリット 人工乳腺法は、現在、豊胸手術の中でももっとも主流な方法です。 症例数が多く、また、さまざまな種類のシリコンバッグが開発されているため、より希望に近い大きさ・形のバストが実現できる方法です。 この項目では、人工乳腺法のメリット・デメリットをより詳しくご紹介します。 1-1. シリコンバッグ(人工乳腺法)のメリット 前述の通り、人工乳腺法の最大のメリットは、希望通りのバストサイズや形を実現することができるという点です。 他の2つの方法では、豊胸手術による効果は比較的ささやかで、「今のバストサイズよりも劇的に大きくしたい」と思っても実現することはできません。 人工乳腺法による豊胸術では、挿入するシリコンバッグによって大きさや形を調整することができるため、理想通りのバストにすることができると言えるでしょう。 また、シリコンバッグの寿命は10~15年ほどと言われており、手術後に効果がなくなってしまうことはありません。 現在では、さらに寿命の長いシリコンバッグや、破損の危険性の少ないものが開発されているようで、一度豊胸手術を受ければ、多少のメンテナンスは必要であるとは言え、かなりの長期間効果を感じ続けることができます。 1-2. シリコンバッグ(人工乳腺法)のデメリット 人工乳腺法の一番のデメリットは、「体に異物を挿入する必要がある」ということが挙げられます。 シリコンバッグを挿入することでバストアップをするという豊胸術ですので、当然のことではあるのですが、ここではあえてデメリットとして挙げておきたいと思います。 体の中に異物が入ると、細胞は、異物からの悪影響を最小限に抑えるために、周りに膜を張って体を守ろうと作用します。 シリコンバッグの周りに被膜が張られると、バッグの形が崩れてしまったり、硬くなってしこりができるなどのトラブルが起こってしまうことがあります。 この症状を「カプセル拘縮」や「被膜拘縮」と言います。 異物反応の程度は人によって差があるので、問題なく過ごせる方もいらっしゃいますが、医師の指導に基づいてきちんとマッサージなどのケアを行う必要があるでしょう。 また、近年のシリコンバッグは非常に丈夫な素材が使われていますが、何らかの事情によってバッグが破損してしまう危険性もあります。 バッグの中身は体に害のない成分でつくられていますが、バッグが破損した場合はバッグや中身を除去するために再度手術を受ける必要があります。 現在でも、シリコンバッグのトラブルにより、除去のための手術を受ける方は多いです。 1-3. シリコンバッグの違いによるメリット、デメリット 人工乳腺法では、さまざまな大きさや形のシリコンバックから理想に近いものを選んでバストに挿入することができます。 これに加えて、バッグの表面加工にも違いがあり、それぞれ特徴があります。 シリコンバッグの表面加工には、つるつるとなめらかな「スムースタイプ」のものと、ざらざらした「テクスチャードタイプ」があります。 希望や体質に応じてより適したものが選ばれます。 ・スムースタイプのバッグ スムースタイプのシリコンバッグは、豊胸手術を受けたあとマッサージを行う必要があります。 しかし、十分にケアを行うことでさわり心地がなめらかにすることができるというメリットがあります。 ただし、体質によってはシリコンバッグの周りに被膜ができるリスクが高まり、カプセル拘縮が起こりやすいというデメリットがあります。 ・テクスチャードタイプのバッグ テクスチャードタイプのシリコンバッグは、豊胸手術後にマッサージを行う必要がありません。 また、スムースタイプのバッグよりもカプセル拘縮が起こりにくいというメリットがあります。 しかし、スムースタイプのバッグよりも挿入の難易度がやや高く、技術不足の医師が手術を担当した場合、仕上がりの手触りが硬くなってしまう可能性があります。 1-4. 切開の位置による違い 人工乳腺法では、基本的に「わきの下」、もしくは「胸の下」の目立ちにくい場所を切開してシリコンバッグを挿入します。 どちらから挿入するかによってもメリット・デメリットがありますので、ここで簡単にご紹介しておきます。 ・胸の下から挿入する場合 胸の下から挿入する場合、医師が目で見ながらシリコンバッグの位置を調整することができるため、血管や神経を傷つける危険性が低くなるというメリットがあります。 また、傷口からシリコンバッグの距離が短いため、痛みが少なく、またバッグの位置がずれてしまう可能性も低いです。 4cm程度のやや大きめの切開が必要であるため、仰向けになったときなどは傷跡が目立ちやすいのがデメリットと言えるでしょう。 傷跡が目立ちにくくなるまでには、約半年~1年程度の期間が必要です。 ・わきの下から挿入する場合 わきの下から挿入する場合、わきのシワに紛れて切開の傷跡が目立ちにくいというメリットがあります。 ただし、傷跡から最終のバッグの挿入位置が遠くなるため難易度が上がり、高度な技術と経験のある医師に担当してもらう必要があります。 また、胸の下からの挿入に比べて痛みがあり、手術後しばらくはわきにつっぱった感じが残ります。 ヒアルロン酸注入のメリット、デメリット ヒアルロン酸注入は、豊胸手術の中でも費用が安く、手術時間も短いことから「プチ豊胸」としても人気を集めている方法です。 ダウンタイムが短く、仕事を休む必要がないということも人気の理由の一つで、周囲の人に怪しまれない程度のささやかな効果であるのが特徴です。 この項目では、ヒアルロン酸注入のメリット、デメリットを詳しく解説しています。 2-1. ヒアルロン酸注入のメリット ヒアルロン酸注入での豊胸手術の一番のメリットは、「手軽に受けられる豊胸手術である」ということでしょう。 「豊胸手術」と聞くと、大規模な手術をイメージし、大きなバストと引き換えに手術後のダウンタイムのつらさを味わうことになりそうだと考えている方も多いかもしれません。 しかし、ヒアルロン酸注入は切開をせずにバストアップが可能な豊胸術で、患者の負担も少なく、ダウンタイムもほとんどないと言われています。 手術時間は30分程度で、早い場合は15分程度で終わってしまう場合もあるほど、手軽に受けることができる豊胸手術で、手術前後に仕事を休む必要がないというのも大きなメリットといえます。 ヒアルロン酸の注入量によって値段は変わりますが、10ccごとに値段設定されている場合が多く、個人に合わせて手術費用が決まります。 他の豊胸手術と比べて費用が少ないというのも、ヒアルロン酸注入が手軽に受けられている理由と言えるでしょう。 2-2. ヒアルロン酸注入のデメリット ヒアルロン酸注入のデメリットは、効果の持続期間が短いこと、一度に急激なバストアップができないことが挙げられます。 ヒアルロン酸注入の効果の持続期間は1~2年と言われています。 一度注入したヒアルロン酸は永久的にバストに留まるわけではなく、時間とともに体に吸収され、効果がなくなっていってしまいます。 大きなバストを持続させようと思うと、効果が薄れてくるころに再度手術を受けるほかありません。 また、一度に大量のヒアルロン酸を注入して体に吸収されずに残ってしまうと、残ったヒアルロン酸が石灰化し、しこりとして残ってしまう場合もあります。 そのため、一度に注入できるヒアルロン酸の量には限りがあり、一般的には1~1.5カップほどのバストアップとなり、急激にバストを大きくすることができないというデメリットがあります。 アクアフィリング豊胸のメリット、デメリット アクアフィリング豊胸は、ヒアルロン酸注入と同じく「プチ豊胸」ができるメニューの一つです。 ヒアルロン酸の替わりに「アクアフィリング」、または「アクアリフト」という薬剤をバストに注入するという方法です。 「アクアリフト」のあとに出てきたのが「アクアフィリング」で、どちらもヒアルロン酸よりも体に吸収されるのが遅く、効果の持続期間が長くなるという特徴があります。 また、ヒアルロン酸よりも仕上がりの手触りが柔らかくなるというメリットがあります。 3-1. アクアフィリング豊胸のメリット アクアフィリング豊胸は、ヒアルロン酸注入と同じく、「手軽に受けられる豊胸手術である」ことがメリットとして挙げられます。 切開の必要がなく、手術時間が短いため患者への負担も少なく、ダウンタイムもほとんどありません。 効果の持続期間はヒアルロン酸注入よりも長く、3~5年ほど、長い場合は8年ほど持続するとも言われています。 費用は、ヒアルロン注入よりもやや高く、10ccあたり4~6万円ほどが相場です。 アクアフィリングは98%が水からできており、残りの2%はポリアミドという成分でできています。 カルシウムが含まれておらず、水分の割合が多いことから被膜ができにくく、石灰化してしこりになるリスクも低いと考えられています。 ゆっくりと体に吸収され、排出もスムーズに行われると考えられており、また、もしもの際には生理食塩水で溶解させることができるという点もメリットに含まれるでしょう。 3-2. アクアフィリング豊胸のデメリット ヒアルロン酸注入と比較しても、メリットが非常に多いアクアフィリング豊胸ですが、残念ながらデメリットも存在します。 それは、アクアフィリング豊胸は安全面においての不安があるということです。 前述の通り、アクアフィリングは98%が水からつくられていますが、残りの2%ポリアミドからできています。 ポリアミドとは、簡単にお伝えするとプラスチックのようなもので、コンタクトレンズをつくるための物質です。 以前までは、「発がん性がある可能性がある」という見解もありましたが、現在では発がん性があるということについては認められていません。 アクアフィリング豊胸は、比較的新しい豊胸術であるため、安全性が認められておらず、日本で言う「厚生労働省」のような機関である、アメリカのFDAからの認可を受けていません。 それもあってか、アメリカや韓国など一部の国ではアクアフィリング豊胸が禁止されているという事実もあります。 「FDAの認可=絶対的な安全」というわけではありませんし、「認可を受けていないものは全て安全でない」というわけではありませんが、こういった見解があるということもきちんと知っておきましょう。 【おすすめはコレ!】脂肪注入法のメリット、デメリット 脂肪注入法は、お腹や背中、お尻、背中など、比較的脂肪の多い部位から脂肪吸引をし、遠心分離など特殊な処理を行って得られた純度の高い脂肪細胞をバストに注入することでバストアップするという方法です。 これまでご紹介してきた豊胸術とは異なり、自分自身の細胞を用いてバストアップできるため、異物反応によるトラブルが起こるリスクが非常に低くなるというメリットがあります。 また、バストに注入するために脂肪の多い部位から脂肪吸引を行うため、「細くしたい部分は細く、バストはふっくら」というように、メリハリのあるボディラインを作ることができるでしょう。 まずは、こちらの動画でその効果をご確認ください。 以下では、脂肪注入法のメリット・デメリットをより詳しくご説明します。 4-1. 脂肪注入法のメリット 脂肪注入法では、脂肪の多い部分から脂肪を取り除き、バストに注入する方法です。 そのため、人によっては「一石二鳥だ」と感じる方もいるのではないでしょうか。 これまでご紹介してきた豊胸術は、体に「異物」を注入、または挿入することでバストアップするという方法であるのに対して、脂肪注入は「自分の細胞」を注入するという大きな違いがあります。 体の中に「異物」が入ると、細胞は異物の周りに薄い「被膜」を作り、異物からの悪影響を受けないように防衛します。 シリコンバッグやヒアルロン酸、アクアフィリングの周りに被膜が形成されると、「カプセル拘縮」を起こしてバストが硬くなってしまったり、うまく体に吸収されずにしこりとなって残ってしまうなど、術後のトラブルを引き起こしてしまう場合があります。 脂肪注入法の場合は、自分の細胞を使うためにこうした異物反応が起こりにくく、術後のトラブルのリスクを減らすことができます。 また、シリコンバッグやヒアルロン酸による豊胸手術では、仕上がりの手触りが通常よりも硬い印象になってしまうことが多いです。 これに対して脂肪注入は、手触りの違和感はありません。 4-2. 脂肪注入法のデメリット 脂肪注入法は、ある程度の脂肪のない方は受けられないというデメリットがあります。 吸引した脂肪は全てがそのままバストに注入されるわけではありません。 遠心分離などの処理を行って不純物を取り除き、良質な脂肪細胞のみを選別して注入するため、実際に吸引した脂肪の約30~40%程度しか注入することができません。 また、注入した脂肪も約50%は定着せず、体に吸収されてしまいます。 そのため、バストアップの効果を得るためにはある程度しっかりと脂肪を取り除く必要があると言えます。 吸引した脂肪に対して、バストアップの効果はややささやかで、1~1.5カップ程度のバストアップになるのが一般的です。 豊胸手術と同時に脂肪吸引の手術も行うことになるため、患者への負担も大きく、手術後のダウンタイムの症状も重く、期間も長引く傾向にあります。 まとめ それぞれの豊胸手術の特徴やメリット・デメリットについてご紹介しました。 一口に豊胸手術と言ってもさまざまな方法があるということをお分かりいただけたかと思います。 「バストを大きくしたい」というのは世の女性の願望ではありますが、「理想のバスト」は人それぞれで、体質によっても適した方法は異なります。 豊胸手術を検討されているのであれば、是非、この記事を踏まえて知識を身につけ、カウンセリングをきちんと受けてご自身にもっとも適した豊胸手術の方法を選んでくださいね。

次の

豊胸手術のメリット・デメリットを比較!おすすめの種類はコレ!

豊胸 方法 おすすめ

シリコンバッグ豊胸の失敗 豊胸手術のうち、日本では年間約2万人が選択していると言われる豊胸 インプラント シリコンバッグプロテーゼ。 メジャーな豊胸手術とも言えますが、除去に関する相談が多いのもシリコンバッグ豊胸です。 果たして、どんな失敗が起こっているのでしょう。 カプセル 被膜 拘縮 シリコンバッグ豊胸の経験者の10人に1人は悩むと言われるのが、カプセル拘縮です。 胸が明らかに硬くなり、テニスボールのように変形してしまいます。 人によっては、胸を触っても動かないほど硬くなったり、痛みを伴ったりすることも。 このカプセル拘縮の症状にはグレードがあり、グレードが上がるほど深刻な状態に陥ります。 石灰化 石灰化は、シリコンバッグ豊胸から10年もすると、高い確率で発症すると言われています。 石灰化とは、豊胸インプラント シリコンバッグプロテーゼ を包み込む被膜の周りにカルシウムの結晶が沈着すること。 これが厚くなると、 カプセル拘縮以上の硬さになります。 その 触感はまるで石のようだと例えられるほどです。 破損 シリコンバッグが、胸の中で破損して起こる失敗がこちら。 胸の硬さや変形、腫れといった見た目の変化が症状として現れます。 他にもペコペコとした触感や痛みを感じた場合は、破損の疑いがあるでしょう。 現在主流のシリコンバッグプロテーゼは 中身が流れ出にくいため、破損に気付かない人も多いようです。 そのため放置してしまい、炎症してバストが腫れ上がるなど、 重症化するケースが増えています。 左右差が生じる 見た目として顕著に現れる失敗が、左右差です。 バストの大きさに左右差が生じるのはもちろん、アンダーバストや乳頭の位置が左右で異なるといった症状が現れることもあります。 カプセル拘縮やシリコンバッグ破損など、 他の失敗が影響しているケースがほとんどでしょう。 リップリング シリコンバッグ豊胸後、胸の表面が波打つ、もしくは一部が突起している場合、リップリングの可能性が考えられます。 リップリングとは、シリコンバッグプロテーゼが胸の中で折れ曲がる現象。 一点だけが圧迫されて痛みが生じたり、触ると ペコペコという妙な感触を伴ったりもします。 段差ができる ダブルバブル バストに不自然な段差が生じるのが、ダブルバブルです。 シリコンバッグプロテーゼの縁が段差となって現れ、 バストが鏡餅のような見た目になるのが特徴。 さらには見た目だけでなく、 触り心地や揺れ方も不自然になってしまいます。 痛みを感じる シリコンバッグ豊胸の失敗は、見た目や触感だけではありません。 深刻とも言えるのが、痛みを感じている場合。 動いたときや触ったときなど、痛みを感じる場面は様々ですが、その痛みこそ 大きなトラブルが隠れている証拠かもしれません。 関連性の高いトラブルとして、カプセル拘縮やシリコンバッグ破損、リップリングがあげられます。 胸が冷たい そんな失敗あるの? と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、シリコンバッグ豊胸後、 不自然な胸の冷たさを感じる方は少なくありません。 なぜなら、シリコンバッグプロテーゼは人工物で血が通っていないから。 パートナーに胸の冷たさを指摘されたという声も聞きます。 豊胸がバレるという不安にかられるのも、この失敗の特徴です。 そんなイメージのあまり、ついお試し感覚で深く考えずに手を出してしまいがちなヒアルロン酸豊胸ですが、以下の失敗画像をご覧ください。 その代償の大きさをお分かりいただけると思います。 硬い ヒアルロン酸豊胸で多いのが、触感に関する失敗です。 ヒアルロン酸の除去相談にいらした方の多くは「 想像よりも硬かった」と話します。 豊胸用のヒアルロン酸は、ボリュームアップと持続性を高めるために大きな粒子で作られています。 そのため、仕上がりが硬くなりがち。 脂肪よりも柔らかいとお考えの方もいるようですが、ヒアルロン酸の方が遥かに硬いのです。 しこり ヒアルロン酸豊胸のしこりは、厚い被膜で覆われることで、吸収されずにヒアルロン酸が残ってしまう失敗です。 バストに硬い塊を自覚するケースやエコー検査で初めて発覚するケースなど、気付くタイミングは様々。 原因は解明されていませんが、 拒否反応や繰り返し注入が要因と考えられています。 そのしこりを放置すると、失敗11のような 大きなトラブルに繋がることも。 瘢痕化 ヒアルロン酸豊胸のしこりを放置すると炎症を起こし、 瘢痕化 はんこんか:被膜が線維化 してしまうことがあります。 ここまで悪化すると、 バストを切開して摘出するしか方法はありません。 さらには、日本美容外科学会でも推奨していない豊胸手術です。 その不安から、アクアフィリングの除去相談に来院するゲストもいるのですが、次にあげるような物理的な失敗も少なくありません。 2018年はニュースでも話題になりました 朝日新聞:。 しこり ヒアルロン酸豊胸よりもしこりができにくいと言われるアクアフィリング豊胸やアクアリフト豊胸。 しかし、実際には同じようにしこりの相談が多く寄せられています。 また、アクアフィリングやアクアリフトは 生理食塩水で溶かして除去できると言われていますが、これも疑問。 溶け切らなかったことが一度や二度ではないからです。 バストアップだけでなく、脂肪採取による痩身効果も見込めるのが特徴。 そんな脂肪注入豊胸は、これまでにご紹介した豊胸手術と比べると拒否反応などのトラブルがありません。 しかし、それ以外の失敗が起こっています。 しこり 脂肪注入豊胸後、 胸に硬い塊のようなものを感じたらしこりの可能性があります。 しこりの正体は、壊死した注入脂肪です。 しこりを放置すると14、15のようなさらなるトラブルにつながりかねません。 石灰化 しこりを放置すると、 石灰化を起こすことがあります。 石灰化とは、被膜の周りで炎症が起こり、体液中のカルシウムの結晶が被膜に沈着した状態のこと。 ここまで来るとなんとなく感じていたしこりも触ってハッキリと分かる硬さになります。 ちなみに、 石灰化したしこりを除去するには胸を切開するしかありません。 瘢痕化 脂肪注入豊胸のしこりは、 瘢痕化 はんこんか:被膜が線維化 することもあります。 中には、瘢痕化が原因で バストの見た目を損なうケースも。 ここまで来ると、石灰化と同様、胸を切開して摘出することになります。 ご覧いただいた通り、失敗のリスクがない豊胸手術はありません。 とは言え、 シリコンバッグ・ヒアルロン酸・アクアフィリング豊胸術の失敗は拒否反応や劣化といった人工物ゆえの特性であり、これらを未然に防ぐことは不可能です。 その点、脂肪注入には「こうしたら失敗しない」というガイドラインのようなものがあります。 だからこそ、THE CLINIC で行うのは、基本的にのみ。 すでに失敗でお悩みの方は、をご覧ください。 安く豊胸を受けたい方は、ぜひ当院のモニター枠をご検討ください。 ただ、応募されるみなさんの心の内を察するに「どのモニターを選べば良いか分からない」「低価格でも、安かろう悪かろうでは困る」と... 豊胸手術も選択肢のひとつとして検討しはじめた皆さん、まずは理想のバストイメージを固め... 当院には、豊胸バッグ 豊胸インプラント を除去したいというご相談が数多く寄せられます。 シリコンバッグプロテーゼや生理食塩水バッグなどありますが、その除去や入れ替え手術は、どれも決して気軽なも... 大きなバストは女性の憧れですが「豊胸手術をしたいけど、子供への影響がないか不安」との声も。 今回は、豊胸のお悩み相談でも多い「母乳や授乳についての影響」を解説します。 産後の垂れてしまったバストを豊胸手術で蘇らせることは可能です。 しかし、豊胸手術に踏み切るかどうかの決断の際には、多くの方が悩まれます。 割と大きな外科手術なので、無理もありません。

次の

口コミで納得!東京でおすすめの豊胸クリニック3選

豊胸 方法 おすすめ

吸収率が高いため時間の経過とともに消えていく• 大幅にサイズアップが出来ない• しこりが出来る可能性がある 固まってしまったヒアルロン酸を分解する成分を注射することによってしこりを解消することが可能です。 バストの横、またはアンダーバストに 2~3mm程度のごく小さな穴をあけて、専用の注射針を使ってバストにヒアルロン酸を注入します。 ヒアルロン酸をどれだけ注入すれば目に見えてバストアップができるかというと、個人差はありますが、片方のバストにおよそ150㏄~300ccのヒアルロン酸を注入すれば、1サイズアップできるというのが目安になります。 ヒアルロン酸は、もともと人間の体の中に自然に作られている成分であるため、急にまとまった量を体内に注入したとしても、副反応が起きる心配はほとんどありません。 1度のヒアルロン酸の注入でかかる時間は、 およそ30分程度で、忙しい方でも気軽に受けやすいのが特徴です。 また、施術後はすぐに帰宅することができます。 公式サイト 値段 185,000円 185,649円 300,000円 360,000円 ヒアルロン酸の注入は、ほかの豊胸手術と比べると、やや低料金で行えるのが特徴です。 とはいっても、1度の施術で目に見えて実感できるようなバストアップを望んでいる場合には、両胸で およそ30~40万円ほどが相場であり、ヒアルロン酸の注入は決して格安というわけではありません。 なお、この料金の目安は、一回に100㏄のヒアルロン酸をそれぞれのバストに注入した場合のものになり、注入するヒアルロン酸の量が少なければその分料金が抑えられることがあります。 「思ったよりも高い」という印象を持った方もいるかもしれませんが、これには理由があります。 ヒアルロン酸は人体のあらゆる部分を形成する大切な成分であり、どうしても原価そのものが効果になってしまうためです。 クリニックによっては、上に書いた料金の目安よりも低料金でヒアルロン酸の注入が受けられることがあります。 そうした場合は、クリニック側にメリットがあったり、低コストでヒアルロン酸を仕入れることができるシステムが整っていることなどがあります。 ヒアルロン酸の中には、韓国製などで比較的低価格なものがあったり、クリニックがヒアルロン酸を大量に仕入れることでコストを抑えるシステムがあることがあります。 また、新規顧客獲得のためにキャンペーンを行っている時には通常よりも低料金で施術を受けられることがあります。 手術後の痛みに悩まされることがある• 最低でも1週間程度の休みが必要• 自然になるまで違和感を感じやすい シリコンを挿入して行う豊胸手術を簡単に説明すると、 バストのまわりやわきの下などを切り、そこからバストにシリコンのバッグを挿入してバストの大きさや形を整えるという方法です。 切る位置は、そのほとんどがわきの下が最も多いです。 なりたいバストの大きさや形に応じて使用するシリコンバッグの形が変えられることがあります。 シリコンバッグの形には大きく分けて 2つがあり、1つは丸い「ラウンドタイプ」、もう1つは本来のバストの形に似ている涙型をしている「アナトミカルタイプ」です。 両者の違いとしては、 アナトミカルタイプ 理想とするのバストの形に近ずけているといわれているが硬いシリコンバックを使用するため硬くなりがち。 ラウンドタイプ 円錐形に近い形で、より自然な仕上がりに近づける。 現在では、およそ7割以上のクリニックでラウンドタイプのシリコンバッグが使われています。 シリコンバッグを入れる位置にも「乳腺下法」と「大胸筋下法」という2種類があります。 両者の違いとしては、 乳腺下法 乳腺の下、大胸筋と筋膜の上にシリコンバッグを挿入する方法です。 自然なバストの丸みを実現しやすい方法で、 もともとのバストにやや厚みのある方におすすめの方法です 大胸筋下法 大胸筋の下にシリコンバッグを挿入する方法です。 自然なバストの丸みやふくらみ感を実現するには手術を行う医師の高い技術が必要になりますが、 日本人に多い皮下脂肪が薄い体系の方や、バストに厚みのない方でも自然なバストアップがしやすい手術方法になります。 公式サイト 値段 400,000円 435,750円 725,000円 950,000円 シリコンバッグを挿入して行う豊胸手術は、バストをしっかりとサイズアップさせたい方や皮下脂肪が薄くてほかの手術方法が行えない方など、あらゆる方が受けやすい手術です。 数年前から、さらにあらゆる方が手術を受けやすくなった理由として、料金が手ごろになり始めています。 豊胸手術はクリニックによって料金に大きな開きがあることがあります。 シリコンバック挿入による豊胸手術は、 およそ400,000~1,200,000円ほどと、かなり料金に幅があります。 手術全体でかかる費用としてはそれぞれの料金よりも数万円ほどプラスされるよう準備していただければよいかと思います。 脂肪吸引のし過ぎで肌の表面が凸凹になる可能性あり• 余分な脂肪がついている人でないと施術が難しい 脂肪注入法を簡単に説明すると、 体の余分な脂肪を吸引し、それをバストに注入するという方法になります。 自分の体の脂肪を移動させる方法のため、なじみやすく、本来のバストの柔らかさにごく近い自然な感触を実現しやすいという特徴があります。 また、下半身に脂肪がつきやすい女性特有のバランスの悪さを解消できるということで、ダイエット効果を期待する方にも選ばれているのがこの脂肪注入法です。 脂肪を吸引する場所としては、 最も多いのが太ももで、その次にヒップなどがあります。 麻酔液を流しながら余分な脂肪を吸引した後、麻酔液と脂肪を特殊な装置で分解し、脂肪分だけをバストに注入し、大きさや形を整えていきます。 脂肪の注入は、ヒアルロン酸の注入と同様、小さな穴をあけた後に注射針で注入していきます。 ダウンタイムはシリコンバッグの挿入による豊胸手術よりもやや短く、痛みやバストの突っ張る感じが引くまでは2~3日が目安となります。 脂肪注入法による豊胸手術には 仕上がりに応じてランクが分かれており、それぞれで料金の目安が異なります。 最もベーシックなタイプでは、500,000~700,000円ほど、次に高いランクのものでは、700,000~900,000円ほど、最も高いランクのものになると、1,000,000~1,200,000円ほどが目安になります。 最も高いタイプの脂肪注入になると、場合によってはシリコンバッグの挿入よりも高くなることがありますが、それでも「自分の理想のバストになりたい」と強く望む方の多くから選ばれています。 アクアフィリング豊胸術も有名ですが使用する薬剤に関しては同じ成分のものが使用されており、製造会社と製造場所に関して異なる、という違いです。 聖心美容クリニックが行っているアクアフィリングもこれにあたります。 ヒアルロン酸注入は、やや硬い感触になる場合があることがデメリットでしたが、このアクアリフト豊胸術では、 脂肪注入法のような柔らかな感触に近づきます。 また、こちらもヒアルロン酸の注入ではなかなか難しい 2カップ以上のサイズアップが可能な点や、ヒアルロン酸よりも長持ちするジェルで、その効果の 持続性はおよそ3~5年と言われています。 もちろん、アクアリフト豊胸術は注入法ですので、ダウンタイムが少なく、かつこっそりとバストアップしたいという方にもおすすめです。 デメリットとしては他の注入法であるヒアルロン酸注入が20~35万なのにたいして価格が高いということでしょうか。 価格:400,000円(税抜) アクアリフトに使用されているアクティブジェルは、医療機器産業に特化している 品質マネジメントシステムに関する国際規格「ISO-13485」を取得していることからもわかるように、高品質な注入剤です。 ヒアルロン酸の注入では256,000円から、脂肪注入法では380,000円から、シリコンバッグの挿入では470,610円から、豊胸手術業界でも屈指の低価格が魅力の一つで、初めての豊胸クリニックとしても多く選ばれています。 「とにかく手術直後の痛みなどが心配」という方でも安心して手術が受けられるサービスが充実しており、 医療従事者が24時間体制で医療ケアしてくれる宿泊サービスの「術後ステイ」が人気です。 湘南美容クリニックで人気の3つの施術方法をご紹介します。 聖心美容クリニック 【最先端の豊胸術】 *触ってもばれにくい *0. 5~3. 通常のシリコンバッグの挿入では、2カップアップ程度が限界というクリニックが多い中、こちらの聖心美容クリニックでは、場合によっては、3. 8カップのサイズアップが可能な手術方法もあり、 かなり大胆なバストアップをかなえてくれる実績があります。 バストの大きさだけでなく、もちろん柔らかさや、寝たときに横に流れる自然なバストづくりをサポートしており、手術のための傷跡が目立たない独自の工夫もあります。 豊胸手術(処置)には大きく分けて 3種類があります。 これまでにご紹介した、それぞれの手術(処置)方法によるバストアップ効果の特徴を踏まえて、ご自身がなりたいバストのイメージに近い方法が受けられるクリニックを選えらびましょう。 とにかく自然な見た目と簡単に行える手軽さやダウンタイムの短さを優先するのであれば、 ヒアルロン酸の注入がおすすめです。 確実なバストアップと、バストの大きさを長年維持したいというのであれば、 シリコンバッグの挿入がおすすめです。 バストアップとともにダイエット効果や体全体のバランスを良くしたいという方は、 脂肪の注入がおすすめです。 それぞれの手術(処置)方法は、受ける方によって合う・合わないがあります。 クリニックで初めに受けるカウンセリングで、「どのくらいの大きさ・形にしたいか」「痛みやダウンタイムへの不安」「豊胸手術をしたと気づかれたくない」などの希望をできるだけ具体的に伝えることで、医師はそれらの希望と、ご本人の体格や皮下脂肪の量などを考慮し、より体に負担がなく希望に沿うように手術(処置)計画を立ててくれます。 また、「絶対にこの方法がいい」という手術(処置)方法があるのであれば、希望する方法で実績のある医師がいるクリニックを選ぶというのもおすすめです。 共通して導入している機械や器具は同じであっても、豊胸の技術は医師の腕やクリニックによって大きく異なることがあります。 「初めての豊胸手術で不安」という方や、「とにかく上手な人に手術をしてもらいたい」という方は、 長年の歴史があるクリニックや、これまでに数多くの症例を診療してきた 実績と 評価のある医師で選ぶのがよいでしょう。 また、最新の機械や器具、ケア用品などを積極的に取り入れて手術を受ける方の負担軽減に取り組んでいるクリニックもおすすめです。 もちろん、ただ新しいものや方法を取り入れていればよいというわけではなく、それら 安全性が確立されたうえで使用しているかどうかもポイントになります。 長年の歴史や数多くの診療実績のあるクリニックや医師で受ける場合、手術(処置)の費用が高くなることがありますが、万が一のトラブルにも的確かつ迅速に対応してくれるスキルが高いため、一概に料金だけ選ばないことが安心して手術(処置)を受けられるコツです。 豊胸手術は残念ながら、全国どこにいても手術が受けられるというわけではありませんし、治療後のトラブルがないとは言えません。 そのため、手術後も安心して通えてアフターフォローや保証制度がしっかりしているクリニックを選ぶのがおすすめです。 特にシリコンバッグなどのプロテーゼ挿入法による豊胸手術では、万が一のバッグの破損や体系の変化などでバストの形に違和感を感じるようになったというケースがあります。 こうした場合、手術後の保証制度が整っているクリニックでは、 数年~永久的にバッグの交換などを無料で受けられるサービスがあります。 また、遠方にお住まいの方は、手術を受けたクリニックに何度も通うことが難しく、「これは手術後のトラブルなのか」ということも含めて、疑問がわいてしまい、不安になってしまいますよね。 そうした、手術後のトラブルで悩んだときに 電話などで医師が対応してくれるアフターフォローがしっかりしているというのもよいクリニックのポイントです。 豊胸手術を受けるときに気になる要素の中でも、かなり大きな割合を占めるのが、手術にかかる料金ではないでしょうか。 豊胸手術は決して安いものではありません。 そのため、クリニック側が しっかりと明確で適切な料金を提示してくれているかも大きなポイントになります。 実際の手術を受ける前に、医師とのカウンセリングがありますが、多くの場合はこのカウンセリング時に手術にかかる料金を提示してくれます。 ご本人の希望と医師の判断の上でどの手術方法を選ぶかと診療の計画を立ててくれます。 中には、ホームページや広告などで低料金の手術を宣伝しているにもかかわらず、それよりも高額な手術やオプションを強くすすめてくるケースがあり、「そっちのほうが自分の希望通りになるなら」と当初の予定よりも高額な契約をする流れになってしまうことがあります。 重要なのは、 自分の希望と出せる費用の目安をしっかりと医師に伝えることです。 それでも適切な診療をしてくれるよう感じないクリニックであれば、できれば避けていただいたほうがよいでしょう。 まとめ 豊胸手術は、以前よりも価格が抑えられて手軽になったこともあり、人気の美容整形の1つになっています。 手術方法によっては、かなり短く、軽いダウンタイムで済む場合もあり、トラブルが少ない方法もあります。 しかし、クリニックや医師の選び方によっては、自分が希望していたものと大きく異なっていたり、思わぬトラブルになることもあります。 それらを避けるためには、 よいクリニック・医師を選ぶとともに、自分の希望をしっかり伝えることが重要です。 カウンセリング時などに伝えた希望を考慮し、不安感や疑問をできるだけ解消したうえで治療を進めてくれるというのがよいクリニックであることのポイントです。 一度のカウンセリングで手術を受けるクリニックを決めなくていけないということはありませんから、いくつかのクリニックを比較して本当に自分に合ったクリニックや手術方法を探してみるのもよいでしょう。

次の