下着を外に干す。 周囲への配慮も大事! 女子が「下着を外干しするとき気をつけていること」4つ|「マイナビウーマン」

男物の下着をベランダで干す事について。最近一人暮らしを始め...

下着を外に干す

まとめ 下着泥棒の防犯対策! 女性の下着・洗濯物だけがなくなる? ランダに干しておいた洗濯物の内、女性用の下着だけがなくなっていた……という被害はどの地域でも発生しうるものです。 たとえ洗濯物であっても、それを持ち主に黙って盗むことは、まぎれもない「窃盗犯罪」です。 一般的には「下着泥棒」といいますが、犯罪分類上は「色情盗」と呼ばれます。 「下着泥棒」という言葉があるくらい、昔から多発していると考えてもいいのでしょう。 多くは建物1階での被害ですが、2階であっても、あるいはそれ以上の高層階であっても、場所によっては被害に遭い得ます。 他人の目に付いて、手やある種の道具を使って奪うことのできる状態にある洗濯物はいつでも被害に遭う恐れがあるといえます。 これまでにも、釣竿やそれに類した長い棒状の道具を使って犯行に及んだ例もあります。 洗濯ばさみで止められてあっても、強引に引っ張れば取れる場合があるのです。 もちろん、ベランダの手すり越しに手で洗濯ばさみをはずして持ち去るのが音もせず、もっとも確実でしょう。 下着泥棒の防犯対策には、洗濯物を干す場所&干し方をチェック! 女性で洗濯物を外に干す人は、干す場所をチェックしましょう。 特に1階や2階の低層階に住んでいる人はベランダの外から、誰かが手を伸ばしたり、なんらかの道具を使えば「下着泥棒」の被害=下着だけを盗まれることがないか、確かめることが大切です。 物干し場所が2列になっていて内側に干してあっても下着と知られてしまえば被害のおそれがあります。 また、たとえ高層階でも、建物の構造上「L字型」になっているなどして、通路や非常階段などから洗濯物に手を出せる危険性がある場合もあります。 オートロックがある建物であっても、誰かについていけば入れる状況では、住人以外の見知らぬ他人が入り込んで悪いことをするかもしれません。 あらゆる可能性を考えて、被害に遭わないか検討しましょう。 物干しが二列になっていれば、内側に下着類を干して、他人から見えないようにすることは常識といえそうですが、わざわざ見えるように下着を干すことは避けましょう。 そもそも、女性の下着類は外に干さなければ盗まれることはないのです。 女性物であれば下着以外の衣類も盗まれるかもしれません。 基本的に性別が分かるような衣類は外には干さないのが賢明です。 最近は、「室内干し用」の洗剤なども出ており、屋内、家の中に干すことに対しての抵抗感は低くなっているようです。 わざわざ外に干して、何度も下着を盗まれるような状況は、外に干す側にも問題があるのではないかと思われてしまうでしょう。 そもそも「外に干す」ことをしなければ盗まれる被害は発生しないのです。 下着は他人に見せないものとして外に干さないようにしましょう。 下着泥棒の防犯はコインランドリーでも! 窃盗被害に要注意 家に洗濯機がない場合、コインランドリーを利用する人もいるようです。 洗濯中の洗濯物が盗難被害に遭うこともありますので、洗濯が済むまでの時間を有効に使おうと、買い物に行くなどしてその場を離れるようなことがないように、最初から最後までそばにいるようにしましょう。 女性が一人だけでコインランドリーにいると、不審者が近づいてくる場合もありますので、その場所を利用するときの時間帯や人の行き来に気を使うようにしましょう。 どんなものでも個人所有のものを盗まれるのは精神的にショックがあります。 ましてや、自分の下着となると、その値段だけでなく、不愉快な点にショックは倍増するはずです。 女性で外に干したり、コインランドリーを利用するような人は「下着泥棒」に警戒することです。 まとめ 下着泥棒の防犯対策をしていますか? いつものようにベランダなどに干しておいた洗濯物から、女性用の下着類だけがなくなっていた……としたら? それは「下着泥棒」の被害に遭ったのかもしれません。 洗濯物の窃盗被害を防ぐ方法を照会しました。

次の

見られたくない洗濯物の下着。外から見えにくくする下着の干し方のコツとは

下着を外に干す

3階のベランダなので少し安心ですが、なるべく他の洗濯物に隠れるように干しています。 お天気の良い日は屋外ですが、曇りや雨、夜間は室内干しです。 お日様に干した方が衛生的に良さそうなため。 カラッと乾かすために屋外に干しているが、色落ちが気になる。 タオル等と一緒にして、見えないようにして干します。 一応家の前の道路とは反対側になるように堂々と干してます。 屋内に干したいが親が干してしまうので... 家族のものに紛れさせて干す• 花粉症や黄砂に影響ない季節なら屋外で陰干ししています。 乾きが良い• 形が崩れないように大事に大事に干します• 高層階なので。 紫外線防止のカバーを付けて外に干してます。 自然の風で乾かしたいので外に干します• 室内だと乾きにくく、湿気の臭いが気になりだします。 他の洗濯物を外側にして、あまり見えないように干してます。 なんか恥ずかしいので。 太陽に殺菌してほしいので絶対屋外です• 太陽の匂いがすきです。 旦那さんのトランクスで周りを囲みます• 娘が年頃になったら、干す場所を考えてあげたほうがいいですよね...。 ちなみに私の母親は乾くこと第一だったので、年頃でも思いっきり外に見えるように干して嫌だった覚えがあります。 どんなに寒くても外の空気や風に当てないと気持ち悪いです。 やっぱり天日干しが好き• 屋内のほうがいいんですかね... ?皆さんの答えが気になります。 外から見えないように、ほかの洗濯物の間に隠すように干しています。 1階に住んでいたころ下着を盗まれた経験があるので今は2階ですが絶対外には干しません• アパートなので外に干す場所がないのです。 お風呂で手洗いして、そのまま浴室に干しています。 さすがに外に干すのは危険な気がしてなかなか干せません。 シルク類は日光の当たらないカーテンを閉めた部屋干し• デリケートなので直射日光に当てられません。 どんなに天気が良い日でも、なんとなく屋内に干します。 バスタオルやシーツなどの大きなものや日に当てたいものは屋上に干しているのですが、下着類は万一、風で飛ばされたりしたら困るので室内の洗濯物干し部屋に干しています。 パンティは、ベランダ。 ブラは、室内。 マンション暮らしなのでいつも屋内です。 バルコニーがほしいです。 下着って高いし泥棒されたくない。 そんなにぬれていないから部屋でも早く乾きます。 夏は扇風機つけて日の当たる室内で、冬はエアコンを付けるときは乾燥防止に。 意外と早く乾きます。 花粉症なので下着は室内干しです• 外に干したいですが、やっぱりご近所さんの目や泥棒にあうと下着なので室内ですね。 外の空気は綺麗とはかぎらないし、外に下着を干すとなんとなく生活感がでてしまう感じがします。 兄に見られるのも恥ずかしいので、自分の部屋で干してます。 ベランダで干す時も周りから見えないようにタオルとかで囲んでます。 自分のだけ室内。 旦那と子供は屋外• 室内の加湿も兼ねて。 色が目立たない下着は外から見えないように洗濯ネットなどで隠してタオルなどを干すラックに干します。 女性用下着とわかるものは家の中の窓から遠いところに干しています。 他の洗濯物は屋外。 下着は屋内。 一人暮らしなので用心しています。 平置きしています。 ちゃんと、専用洗剤も使います• デパートで採寸してもらってワコールのブラジャーを買ってからは、大事に着ようと手洗いで室内干しにするようになりました。 どのように干すのが一番下着にダメージが少ないのか気になります。 なんとなく日に当たらないほうがいい気がしてます• 屋外だとごわごわするため。 屋外など考えたこともない。 但し夫の下着は外• 新婚の時に、干してあった下着を盗まれてから、二度と外に干していない。 屋内以外に干したことがありません。 太陽の下、また日向で干すのは変色の原因にもなるのでせっかくレースが綺麗だったり大切な下着を長く愛用する為にも日陰にほしてます。 最近まで外に干していましたが、友人に言われ中に干す様になりました。 洗濯バサミは使わずに平らに干せるものを使って干しています。 大切な下着(特に高価なブラ)直接日光に当てられません。 日焼けして色あせるのが嫌だから。 浴室乾燥機にかけた後、室内に干します。

次の

下着って、どこに干す?

下着を外に干す

まとめ 下着泥棒の防犯対策! 女性の下着・洗濯物だけがなくなる? ランダに干しておいた洗濯物の内、女性用の下着だけがなくなっていた……という被害はどの地域でも発生しうるものです。 たとえ洗濯物であっても、それを持ち主に黙って盗むことは、まぎれもない「窃盗犯罪」です。 一般的には「下着泥棒」といいますが、犯罪分類上は「色情盗」と呼ばれます。 「下着泥棒」という言葉があるくらい、昔から多発していると考えてもいいのでしょう。 多くは建物1階での被害ですが、2階であっても、あるいはそれ以上の高層階であっても、場所によっては被害に遭い得ます。 他人の目に付いて、手やある種の道具を使って奪うことのできる状態にある洗濯物はいつでも被害に遭う恐れがあるといえます。 これまでにも、釣竿やそれに類した長い棒状の道具を使って犯行に及んだ例もあります。 洗濯ばさみで止められてあっても、強引に引っ張れば取れる場合があるのです。 もちろん、ベランダの手すり越しに手で洗濯ばさみをはずして持ち去るのが音もせず、もっとも確実でしょう。 下着泥棒の防犯対策には、洗濯物を干す場所&干し方をチェック! 女性で洗濯物を外に干す人は、干す場所をチェックしましょう。 特に1階や2階の低層階に住んでいる人はベランダの外から、誰かが手を伸ばしたり、なんらかの道具を使えば「下着泥棒」の被害=下着だけを盗まれることがないか、確かめることが大切です。 物干し場所が2列になっていて内側に干してあっても下着と知られてしまえば被害のおそれがあります。 また、たとえ高層階でも、建物の構造上「L字型」になっているなどして、通路や非常階段などから洗濯物に手を出せる危険性がある場合もあります。 オートロックがある建物であっても、誰かについていけば入れる状況では、住人以外の見知らぬ他人が入り込んで悪いことをするかもしれません。 あらゆる可能性を考えて、被害に遭わないか検討しましょう。 物干しが二列になっていれば、内側に下着類を干して、他人から見えないようにすることは常識といえそうですが、わざわざ見えるように下着を干すことは避けましょう。 そもそも、女性の下着類は外に干さなければ盗まれることはないのです。 女性物であれば下着以外の衣類も盗まれるかもしれません。 基本的に性別が分かるような衣類は外には干さないのが賢明です。 最近は、「室内干し用」の洗剤なども出ており、屋内、家の中に干すことに対しての抵抗感は低くなっているようです。 わざわざ外に干して、何度も下着を盗まれるような状況は、外に干す側にも問題があるのではないかと思われてしまうでしょう。 そもそも「外に干す」ことをしなければ盗まれる被害は発生しないのです。 下着は他人に見せないものとして外に干さないようにしましょう。 下着泥棒の防犯はコインランドリーでも! 窃盗被害に要注意 家に洗濯機がない場合、コインランドリーを利用する人もいるようです。 洗濯中の洗濯物が盗難被害に遭うこともありますので、洗濯が済むまでの時間を有効に使おうと、買い物に行くなどしてその場を離れるようなことがないように、最初から最後までそばにいるようにしましょう。 女性が一人だけでコインランドリーにいると、不審者が近づいてくる場合もありますので、その場所を利用するときの時間帯や人の行き来に気を使うようにしましょう。 どんなものでも個人所有のものを盗まれるのは精神的にショックがあります。 ましてや、自分の下着となると、その値段だけでなく、不愉快な点にショックは倍増するはずです。 女性で外に干したり、コインランドリーを利用するような人は「下着泥棒」に警戒することです。 まとめ 下着泥棒の防犯対策をしていますか? いつものようにベランダなどに干しておいた洗濯物から、女性用の下着類だけがなくなっていた……としたら? それは「下着泥棒」の被害に遭ったのかもしれません。 洗濯物の窃盗被害を防ぐ方法を照会しました。

次の