どう 森 ブルータス。 建築家・森俊子が手がける、アフリカの文化センター。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

建築家・森俊子が手がける、アフリカの文化センター。 | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

どう 森 ブルータス

歴史 [ ] 発売の年表 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 シリーズ誕生の経緯 [ ] 『どうぶつの森』は、元々はコミュニケーションゲームではなく、として開発されていた。 企画段階では、当時としては大容量であったのを用いて 、広大なの中で複数の()が時間をずらして一つのゲームを遊ぶという仕組みが考えられていた。 そこから、非力なが様々な動物を引き連れ、個々の能力を借りながらを攻略してゆく内容のものとして開発が進められた。 しかしその後、64DDからメディアのへ開発環境が変わったことで大容量を活用した遊びを実現できなくなったため、コンセプトの変更を余儀なくされる。 検討の結果、舞台となるフィールドをそれまでより大幅に縮小した「村」に改め、冒険を主題とすることをやめる一方で、「動物たちが登場する世界の中で複数のプレイヤーが時間差でコミュニケーションを交わす」という開発当初からの要素を再構成することにより、システムが完成した。 シリーズ展開 [ ] シリーズ第1作の『』は日本の向けソフトとして(平成13年)に発売された。 全くの新規タイトルであったが、発売後、若い女性や小さい子供をもつ母親たちを中心に人気が広まり、当時のでも特集が組まれた。 こうした人気を受けて、同年に用ソフト『』も発売されている。 (平成15年)にはに対応した『』が発売された。 (平成17年)には用ソフト『』が発売され、国内で約523万本(2011年末時点)、世界で約1175万本(2020年3月時点)の売り上げを記録した。 (平成20年)には用ソフト『』が発売された。 (平成24年)、用ソフト『』が発売された。 発売初週から前述の『おいでよ どうぶつの森』以上の売れ行きを見せたが、一方でゲームカードに用いていたの量産に時間を要したことから各地で品薄状態が続いた。 その後生産体制が整い、出荷が再開されるとさらに売り上げを伸ばし、国内約452万本を記録した。 同年には同名のパッケージ版も発売されている。 (平成25年)には(平成26年)までの期間限定で 向けに『』が無料配信された。 (平成27年)には、これまでのシリーズと異なる部屋作りに主眼を置いた『』がニンテンドー3DSで発売され、同年には、すごろくゲーム『』が Wii Uで発売された。 また、向けの作品として『』がより配信されている。 (令和2年)には、用ソフト『』が発売。 当時はの感染拡大により各国で外出規制の措置が取られていたさなかで、人々が繋がりを求める需要と相まって世界的な大ヒットを記録した。 このほか、後述のように多様なメディアミックスも行われている。 様々な雑誌でのが行われ、(平成18年)には『』が公開された。 作品ごとの詳細は、前項のリンク先を参照。 なお、舞台が村ではない作品もあるが、ここでは「村」の表記で統一する。 基本システム プレイヤーはどうぶつ達が暮らす村の住人となる。 村の中ではどうぶつ達とのコミュニケーションをはじめ、プレイヤーが好きなように行動できる。 一般のゲームのような明確なゴールは決まっておらず、自由な行動が可能。 時間の流れ ゲーム内で流れる時間は、ゲームのやゲーム機本体に内蔵された時計機能と連動している。 現実世界と同じように昼夜や季節が移り変わり、村の景観もそれに応じて変化する。 また、のように季節ごとの様々なも行われる。 村の地形・住人 村の地形、村内の施設の位置、住人のどうぶつは、プレイヤーごとに全て異なる。 月日の経過により、住人のどうぶつが他の村に引っ越したり新たなどうぶつが引っ越してきたりすることがある。 プレイヤーの家 ゲーム開始直後にプレイヤーの家を建設する。 この際、多額のを組むことになるが、返済期限は決まっておらず強制されるものではない。 家の中は、様々なを配置したりを変更したりと、自由に部屋作りを行うことが可能。 また、で注文して部屋を大きくしたり部屋数を増やしたりすることもできる。 家のの出来を評価する「ハッピーホームアカデミー」という機関もある。 アイテム 膨大な種類のアイテムが登場する。 プレイヤーが身に着ける服やプレイヤーの家の中に置く家具など多くの物は店で販売されており、一部はで注文できる。 また、虫や魚を採集したりを発掘したりすることができ、それらをに寄贈することで内部に展示される。 マイデザイン オリジナルの図柄を作成し、村の旗やプレイヤーの服などに用いることができる機能。 『街へいこうよ』以降は服のパーツ別にデザインを編集できる「PROデザイン」が登場している。 施設 村の内外には、アイテムを販売する商店や村の住人などに手紙を送れるなど、様々な施設がある。 『おいでよ』までの作品では全て村の中に建てられていたが、『街へいこうよ』では村から離れた場所の「街」にも店があり、『とびだせ』では村の北側の「商店街」に多くの店が並んでいる。 施設の中には、ゲームの進行状況に応じて規模が拡大したり新たに建設されたりするものもある。 おでかけ機能 他のプレイヤーの村を訪れたり自分の村に他のプレイヤーを招いたりできる。 単行本が1巻発売されたが、後期の作品は単行本化されていない。 () 2002年より『』()などので連載を続けていたが『』(小学館)2011年3月号掲載分でいったん終了、その後『』(小学館)にて再開し、現在も連載中。 単行本既刊12巻(2015年現在)。 全3巻。 全2巻。 上記の3シリーズから『とびだせ』の作品を中心に収録した単行本が『とびだせどうぶつの森 とんぼ村だよりベストセレクション』として発売された。 () 『』(小学館)2006年7月号から2007年2月号にかけて連載。 () 『』(小学館)2006年10月号から2007年12月号にかけて連載。 おいでよ どうぶつの森 やばいよ! () 『小学四年生』2007年4月号より連載を開始し、2009年3月号から『』(小学館)に移行。 単行本1巻。 (森江真子) 『ちゃお』2009年1月号から2010年3月号にかけて連載。 単行本全1巻。 街へいこうよ どうぶつの森 あつまれ! とびだせ どうぶつの森() 『』(小学館)2012年10月号から2015年6月号にかけて連載。 単行本全2巻。 とびだせ どうぶつの森 みんなでせせらぎ村ライフ(村上ゆみ子) 『キャラぱふぇ』、『』、『』(KADOKAWA)で2012年から2015年にかけて掲載。 単行本既刊1巻。 とびだせ どうぶつの森 はりきり村長イッペー! () 『』(小学館)2013年7月号から2020年4月号にかけて連載。 単行本既刊7巻(2019年現在)。 上記は目次での表記であり、タイトルロゴには「しずえは今日も元気もりもり! 略して しずもり!」と書かれている。 あつまれ どうぶつの森 とことん! イチバン島(大崎亮平) 『コロコロイチバン! 』2020年5月号より連載中。 映画 [ ] 『劇場版 どうぶつの森』がから公開された。 『おいでよ どうぶつの森』の内容が基になっている。 詳細は「」を参照 本シリーズの要素が用いられている作品 [ ] 任天堂作品 [ ] ゲーム内で鑑賞できる「フィギュア」として、本シリーズのキャラクターが数体登場。 対戦ステージとして『おいでよ』をモデルとした「すま村」(本編では村の公式名がないため便宜上つけられた名称)が登場。 本シリーズを表すとして、家具アイテムのアイコンである葉っぱのマークが用いられている。 また、閲覧用の「フィギュア」に加え、戦いを援護するキャラクター「アシストフィギュア」として「リセットさん」が登場するほか、収集要素の「シール」に一部のキャラクターが使用されている。 戦いの中で現れるアイテムには、原作で地面に埋めることで落とし穴を作れる「おとしあなのタネ」がある。 スマッシュブラザーズシリーズのディレクターを務めるは雑誌インタビューの中で、どうぶつの森シリーズのを今作の対戦キャラクターの候補として挙げていたものの、戦わせるのは原作のイメージとかけ離れすぎているとの判断からNGになったと語っている。 『街へいこうよ』のパッケージに描かれている男の子が「むらびと」の名前でプレイヤーキャラクターとして登場。 キャラクターは女の子にも変更でき、男女それぞれ4種類のデザインが用意されている。 ゲーム内では原作に登場する様々な道具を使いながら戦うほか、強力な必殺ワザ「最後の切りふだ」として、自分の家を建てた後にその家が破裂して周囲にダメージを与える「ゆめのマイハウス」を用いる。 対戦ステージとして、『for Wii U』では『街へいこうよ』を基にした「村と街」が、『for Nintendo 3DS』では『とびだせ』の「島」を基にした「コトブキランド」が登場する。 また、アシストフィギュアとして「しずえ」が登場。 前作では不採用となった本シリーズキャラクターの起用について桜井政博は「原作の設定や楽しさを活かすのは勿論、各キャラクター達がどのような個性を活かした対戦をしてくれるのかが重要」と述べている。 プレイヤーキャラクターとして、前作のむらびと(男の子、女の子)に加え、しずえが登場する。 また、アシストフィギュアとして『街へいこうよ』でバスの運転手をしている「かっぺい」が「うんてんしゅ」の名前で登場するほか、プレイヤーキャラクターの能力を強化する要素「スピリッツ」では本シリーズのキャラクターイラストが多数採用されている。 対戦ステージはこれまでの3ステージが登場する。 今作からの新規ステージは無い。 ゲームモードの1つ「洞窟大作戦」で手に入るお宝の1つとして、原作で植物を育てる際に用いる「金のジョウロ」が登場。 ゲーム内で着用できる服飾アイテムとして、本シリーズのキャラクター「グレース」をモチーフにした・・・・の5点セットや「DJ K. K」の顔が前面にプリントされた「DJ K. KのTシャツ」が配信された。 本シリーズを題材とした対戦型ゲーム「どうぶつの森 キャンディーまつり」を収録。 ゲーム内で流れるBGMは原作の曲をアレンジしたものが使用されている。 また追加コンテンツ「どうぶつの森パック」を購入することで、「むらびと」と「しずえ」がレーサーとして登場するほか、本シリーズの世界観をモチーフにしたコースが含まれるレース「どうぶつカップ」が追加される。 『〜 デラックス』では、これらの要素が初めからソフト内容に含まれている。 『ポチと! 〜』では「どうぶつの森シリーズ」のamiiboにも対応している。 主人公のに代えて操作できるキャラクター「キャラマリオ」として、「むらびと」「たぬきち」「とたけけ」「リセットさん」「みしらぬネコ」「まめきち・つぶきち」「フータ」「きぬよ」「かっぺい」「フーコ」「シャンク」「しずえ(夏服)」「しずえ(冬服)」「ケント」「カイゾー」「リサ」「タクミ」の17組が登場。 「むらびと」のamiiboを用いると、むらびとのポーズをした主人公「ちびロボ」のフィギュアが手に入る。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 「村」以外が舞台となる作品もある。 設置後に作られる。 イベントはないが、当日にが手紙と共に届く。 年により4月に行われることもある。 かつては北米版の作品のみのイベントだった。 イベントはないが、当日に母からの手紙が届く。 6月から8月にかけて設置される。 キャンプ場設置後の冬以外の時期に作られる。 キャンプサイト設置後に月に関係なく作られる。 イベントはないが、当日に父(または母)からの手紙が届く。 7月から8月にかけて開催される。 『おいでよ』以降は7月に限らず年中発生する。 園芸店のオープン後に開催される。 十五夜、十三夜で二回開催される。 出典 [ ]• ファミ通App 2020年3月19日. 2020年6月14日閲覧。 公式ウェブサイト. 任天堂 2008年12月5日. 2013年1月19日閲覧。 GEIMIN. NET. 2016年11月4日閲覧。 [ ](2016年10月24日時点の)• 任天堂. 2020年6月12日時点のよりアーカイブ。 2020年6月14日閲覧。 公式ウェブサイト. 任天堂. 2020年5月7日閲覧。 「」『』、2020年4月28日。 2020年5月6日閲覧。 Nintendo of America. 2017年5月6日閲覧。 [ ]• 任天堂. 2017年5月6日閲覧。 Nintendo UK. 2017年5月6日閲覧。 [ ]• 任天堂. 2020年5月12日閲覧。 街へいこうよ どうぶつの森. 任天堂. 2020年5月12日閲覧。 [ ]• [ ]• [ ]• 「第11章 CESAゲームアーカイブス」『2014 CESAゲーム白書』、CESA、201頁。 2013年3月20日閲覧。 の「直撃!! 桜井政博さんインタビュー 新規参戦キャラクターについて聞く後編」のインタビューより。 の「ファミ通スマブラ拳!! 桜井氏特別インタビュー」より。 参考文献 [ ]• 「」『ファミ通』2008年2月29日増刊号、角川グループパブリッシング(現・)、2008年2月15日。 「」『』、KADOKAWA、2014年12月11日、。 「」『』、、2012年11月21日、。 外部リンク [ ]• 公式ウェブサイト. 2020年5月6日閲覧。

次の

島の虫[アイテム]

どう 森 ブルータス

首都ダカールからは車で7時間。 700人余りの住民が家畜と暮らすセネガル南東部・シンシアンに、文化センター〈スレッド〉が誕生した。 粘土を固めた日干しレンガや竹など、地元で手に入る素材でできた建物。 屋根もこの地に昔から伝わる茅葺きだ。 地の利が悪く物資の乏しい僻地ながら、住民が昔ながらのやり方で自ら施工やメンテナンスができるように、との狙いがある。 〈スレッド〉のデザインを手がけたのは森俊子率いる〈Toshiko Mori Architect〉。 発端は2009年、コネチカット州にあるヨゼフ&アンニ・アルバース財団の代表ニコラス・F・ウェバーから協力を持ちかけられた、セネガルでのプランニングだった。 パリを拠点とするNGPの医療・教育・農業支援活動に助力してきた同氏は、その後ハーバードの学生たちとセネガルに何度も足を運んだ森さんのプロジェクトの成果から、文化的側面の重要性を認識。 2012年、シンシアンに〈スレッド〉をつくってほしいと依頼する。 アルバースを彷彿とさせるデザインの壁は、地球温暖化で年々激化する強烈な太陽や雨を防ぎつつ、風を通す。 オープンエリアは市場やワークショップ、歌や踊りで集う場として常時、地域住民に使ってもらう。 どう用いるかは彼らの自発性に任せる部分が大。 また2部屋設けられた居住空間では世界中から選ばれた芸術家が4〜8週間寝泊まりし、地元と交流しながら制作を行う。 ダンサーやラッパー、彫刻家、ビデオグラファーなど滞在するアーティストにはもちろん、村人たちにとっても豊かな発見と刺激をもたらすのが目的だ。 建物そのものも、伝統的な茅葺きにドイツのエンジニアリングを加えたり、骨組みとなる竹には日本の竹組み技術を凝らしてあるなど、外部の力を少し添えることで地域の特性をより良く生かす。 この〈スレッド〉は全米建築家協会NY支部の賞を受賞。 2014年ヴェネチアビエンナーレ国際建築展にも招聘された。 この仕事に無報酬で取り組む森はこう語る。 「貧しさにもかかわらず、また部族や宗教も異なりながらシンシアンではどの村も幸福で誇り高く、明るい暮らしを営んでいます。 ここには物質的な窮乏に置かれた人が備える〝気高さ〟があります。 強靱さと資源、そして継承文化に恵まれ可能性にあふれた大陸アフリカ。 特に僻地では人間の根幹や大自然とのつながりを実感させられます。 そして価値観や、何が真に重要なのかを改めて見つめ直させてくれるのです」.

次の

どうぶつの森シリーズ

どう 森 ブルータス

ここがポイント!• 主人公は犯罪者だった!? シリーズの4作目「 おいでよ どうぶつの森」では、プレイヤーはタクシーに乗って「どうぶつの森」までやってくる。 このシーンはプレイヤーや村の名前などを決めるプロローグ的な場面だが、外を見るとずっと雨が降っている。 雨が降っていること自体は問題ないのだが、 とにかく暗い。 それは他の景色が全く見えないほどの暗さなのだ。 Sponsored Link この暗さは主人公の 「 後ろめたさ」を例えているのではないか、都市伝説ではそんなふうに語られている。 なぜ「後ろめたさ」を感じるのか。 それは主人公の正体が何かの罪をおかした「 犯人」だからである。 そう、今回紹介する都市伝説は「 主人公=犯罪者」説だ。 あまりにもゲーム内の雰囲気とギャップのある話でにわかには信じられないだろう… 更に言えば、主人公が犯罪者だとして 彼(または彼女)はなぜ村にやって来たのか。 そう疑問に感じている人も多いだろう。 このことについて都市伝説では2通りの説を紹介している。 心を入れかえるために… こちらが都市伝説で紹介されている1つ目の理由。 実は、「どうぶつの森」は「 犯罪者の心を入れかえるための場所」ではないかと考えられている。 そしてプレイヤーもすでに警察に捕まっていて「 どうぶつの森」に送られたという。 普通の犯罪者なら刑務所に入れられるはずだが、彼は凶悪な犯人だったため特別な対応が取られたそうだ。 Sponsored Link 都市伝説によれば「 住人が次々と入れかわる」システムも同じ理由とのこと。 彼らもまた犯罪者としてこの村に送られて来たのだ。 そして心を入れかえた後、彼らは出て行ってしまう。 プレイヤーだけずっと「どうぶつの森」に住み続けているのは彼が他の人以上に 悪い罪人だからだ。 ただこの理由でも少し疑問が残る。 例えば、最初のタクシーのシーンで客が プレイヤー1人 だけだった。 犯罪者を運ぶなら通常は見張りを付けるはずだからだ。 まだまだ納得できないと思う。 そこでもう一つの理由を紹介する。 どうぶつの森に逃亡していた? こちらの都市伝説では「プレイヤーは犯人だが、 まだ捕まっていない」と説明されている。 つまり主人公は、警察に捕まらないために「どうぶつの森」へ逃げてきたのだ。 確かにこれならタクシーの中に見張りがいなかったのも納得である。 さらに都市伝説では、運転手に教えた名前も 偽名だったと推測されている。 犯人が本名を名乗るはずはないので 当然と言えば当然だが…しかし、こちらの都市伝説にはまだ続きがあった。 「どうぶつの森」に来たことで完全に警察から逃げ切ったと思われた犯人。 ところがこの村には何人もの捜査官が潜んでいたのだ… 彼らは動物に変装して常に主人公を捕まえようと狙っていた。 都市伝説では「 つねきち」や「 ホンマさん」もこうした捜査官の1人とのこと。 神様は常に我々を見ている。 悪いことをしても逃げられる場所なんてないのだ。 本来ならほんわかとした雰囲気のゲームなのに、まるでサスペンスドラマのようだ。 少し「どうぶつの森」の見方が変わってしまいそうな都市伝説である。 しかも実は「おいでよ」のプレイヤーだけでなく、 全シリーズの主人公が犯罪者なんだとか…信じる信じないはアナタ次第だ。

次の