エミちゃん。 妖怪ウォッチに登場する「エミちゃん」はやっぱり悪い飼い主だった!?|妖怪ウォッチ都市伝説

エミさん(神戸市)|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する

エミちゃん

妖怪ウォッチのジバニャンの生前の飼い主であった「エミちゃん」 ジバニャンが車に轢かれた際に「ダサいよ・・・」と言い放った、あの有名な少女である。 そのシーンのおかげで、何かと悪い印象を持たれがちなエミちゃんだが、今回またある疑惑が浮上した。 それが「虐待疑惑」である。 前述した通り、エミちゃんはジバニャンの生前の飼い主であった。 飼い主のエミちゃんを事故から救出しようとした結果、ジバニャンは車に轢かれてしまい「地縛霊」として彷徨うようになってしまったわけだが、それまでは「飼い主とペット」という関係だったのだ。 その虐待の内容というのが「餌」に関するものだ。 実はエミちゃんは、ジバニャンがまだ生きていた頃、日常的に「チョコレート」をあげていたのである。 これのどこが問題なのかって? はっきり言って、これは生死に関わる重大な問題なのだ。 猫はチョコレートを食べると、血が固まってしまい、最悪の場合「死に至る」と言われている。 昔からよく言われているように、ペットに人間の食べ物をあげるのは良くないのだ。 実際に、現実世界でもアメリカの飼い主がペットの猫にチョコレートをあげて、死なせてしまった事例もある。 猫には猫の食べるべき物があるのだ。 私の実家にも犬が2匹いるが、お菓子をあげるとよく母親に叱られたものである。 ペットを飼うというのは、遊びではないのだ。 1つの命を授かった以上、健やかに育てるのは飼い主である我々に課せられた使命であり義務なのだ。 ましてや猫や犬というのは、与えられた物を全て食べるという特性があるので、なにを食べさせるかはこちらが選択しなければならない。 これは子供に対しても言えることで、子供の食生活は大人が管理するものなのだ。 小さい頃から「マクドナルド」ばかり食べさせるような親は親ではない、とすら私は考えている。 「そこまでマクドナルドを毛嫌いしなくてもw」と思うかもしれないが、この記事を読んでもそんなことが言えるかどうかをぜひ聞きたい。 カテゴリー• 147• 133• 128•

次の

妖怪ウォッチに登場する「エミちゃん」はやっぱり悪い飼い主だった!?|妖怪ウォッチ都市伝説

エミちゃん

概要 [ ] 基本設定 [ ] 兄と共に様々なでなどの巨悪と戦ってきた戦士。 多くの平行世界で様々なヒーロー達との関わりを持つが、兄のロア同様に平行世界を彷徨う存在であるが故にどの世界においても彼女は異邦人であり、その役割も様々。 ある時はヒーロー達の味方として共闘し、またある時はダークブレインに操られる存在として敵対することとなる。 初登場はロアより早い「SDヒーロー総決戦 倒せ! 悪の軍団」からであり、コンパチヒーローズの世界観において、ある意味ではロア以上に重要な役割を担っているキャラクターでもある。 [ ] 本作における「エミィ」とは、コウタの妹であるをが負の力で洗脳、手中にあった「エミィ・アーマー」を装着させて自身の配下とした存在を指す(設定画ではダークエミィと記載)。 ショウコがダークブレインに選ばれたのは、コウタが戦士ロアの力と魂が宿った鎧「ロア・アーマー」に適合できたことから、コウタの妹のショウコもまた戦士ロアの妹のエミィの力が宿った鎧「エミィ・アーマー」に適合しやすいと考えられたためである。 エミィはダークブレインが創造したの下で捜索の任につく。 戦士ロアが憑依したこと「」の発見後は、彼を抹殺すべく執拗に付け狙うが、コウタの側はエミィが妹のショウコであると確信。 エミィは彼の説得によりダークブレインの洗脳が解かれてショウコの人格を取り戻し、「ファイター・エミィ」として兄コウタと力を合わせて戦っていくこととなる。 兄のロアとは異なりエミィ本人の行方は未だ分かっていないが、ショウコは「アーマーが残っているなら、エミィの魂もロアのようにどこかで存在している」と考えており、戦いの中でエミィの行方を探していくことを誓った。 登場作品と役柄 [ ] [ ] 実は名前だけ登場。 ロアとバンドを組んでいたらしい。 リメイクに際してこの設定は削除された。 ダークブレインの洗脳により、に搭乗しロア抹殺を目論むが、コウタの説得でショウコの人格を取り戻す。 能力的には大したことがないので、手堅くコウタと手合わせしよう。 パイロットステータス設定の傾向 [ ] [ ] どの能力も高水準だが、ボス御用達のを所持していないので楽な部類に入る。 [ ] 、、、、、 戦闘向きの精神が豊富。 エミィが集中力を習得しているので、実際の消費SPは少し減っている。 (特殊スキル) [ ] L3、L3、、 サンダー・スマッシャーとGミサイルはヒット&アウェイとの相性が良い。 援護攻撃を所持しているが、援護用台詞が用意されていないのか、台詞が「………」になる。 の下位互換だが、最終命中(回避)が増加するので侮ってはいけない。 パイロットBGM [ ] 「BURN NOW! 」 搭乗機のGサンダーゲート、パイロット共にこちら。 人間関係 [ ] (ファイター・エミィ) OG世界においてエミィ・アーマーを装着し、「ファイター・エミィ」となった存在。 まだエミィ本人との接触は果たされていない。 () ショウコの兄、また彼がロア・アーマーを身に付け戦士ロアと一体化した姿。 エミィは彼の説得により洗脳を打ち破り、ショウコの人格を取り戻す。 エミィの兄。 エミィ本人にとっての宿敵。 OG世界ではショウコにエミィ・アーマーを与えた存在であり、洗脳の結果彼の配下となってしまう。 肉体を失ってなおロアを連れ去ろうとするダークブレインに突撃、闇の中に消えていくエミィの最後の言葉。 搭乗機体 [ ] メモ [ ] 前述の通りエミィは多くの世界で様々なスーパーヒーローと共演しているが、一番重要な役割を果たした作品が『バトルコマンダー 八武衆、修羅の兵法』である。 この世界では世界の支配を目論む巨悪「ダグブール」の陰謀により、機動族(などガンダム系)、日の出族(、などのその他リアル系)、魔神族(、などのスーパー系)の3種族が互いに争いあう状態となっていたが、エミィはダクブールの野望を3種族に伝え、ダグブール打倒のための共闘体制を構築する役割を担う。 一方、彼の兄であるロアはダグブールの洗脳を受け、彼配下の四天王の一員として登場、また最終決戦においてはダグブールがロアの肉体を自身の肉体と融合させ絶大な力を発揮している。 敵の軍門に下った兄についての葛藤もまた、本作の見どころの一つとなっている。 尚、ダグブール四天王はロアの他に、、の3名が存在。 いずれも姿形こそ全く異なるものの、他の作品では一貫してダークブレインの配下となっていた存在である。 今後スパロボにおいてエミィの存在が語られる中では、こうした他の平行世界で戦った巨悪との関係もまた、取り上げられていく可能性はあるだろう。

次の

Emi

エミちゃん

関連タグ アニメ版で明かされた真実 第25話「ジバニャンの秘密」にて、この過去にスポットライトが当たる事になる。 の策略によってジバニャンは過去にタイムスリップする事になり、生前アカマルとしてエミちゃんと生活していた頃に戻される。 家族構成は自分、父、母、そしてアカマルだが、成績が落ちたという理由でこれでもかと叱る母親、そしてその光景を傍観する父親など、家庭環境はかなり悪かった(実際はが原因)。 学校でも頼られる人でありたいと考えていたため、友達にも家族の不満を明かすこともできずにいたが、唯一その事を打ち明けられるアカマルはエミちゃんにとって最大の理解者であった(彼女自身もよくアカマルと一緒に出掛けている)。 しかし、天界・人間界・地獄界のバランスを取るために突然死する人を決める死神議会において、エミちゃんが選ばれ死亡する運命となってしまった。 そして本来その通りに交差点でトラックに轢かれて死ぬはずだったエミちゃんだが、自分を犠牲に彼女を助ける事を選んだアカマルによって命を救われた。 そして力無く横たわるアカマルに対して、あの言葉が放たれる。 「車にはねられたくらいで死ぬなんて、そんなのダサすぎるよ・・・」 アカマルを抱き、大粒の涙をこぼしながら放った言葉は、ジバニャンの記憶とはまったく異なるものであった。 ジバニャンも、死に際に耳にした「ダサい」という言葉を無意識のうちに曲解し、エミちゃんのことを酷い奴だと思いこむことでその辛い出来事を心の底に閉じ込めようとしていたことが判明しており、永遠に動かなくなった自分自身を抱いて泣きじゃくるエミちゃんの姿を見たジバニャンは、「俺っちこそ酷い猫ニャ!」と激しく後悔する事になった。 今まで非情な人間であると思われてきたエミちゃんだが、本当はとても優しい少女であったことが明らかになった。 アニメ第100話によるとシャンプーはシャンパン・ローズの香りだそうである。 また、アカマルには曜日ごとに日替わりで別のキャットフードを与えていたとのこと。 この事からも心の底からアカマルを大切に思っていた事が伺える。 第150話『ジバニャンと5つのプレゼントだニャン!』 ジバニャンがエミちゃんのためにクリスマスプレゼントとしてシャンパン・ローズの香りのシャンプーを届けた。 ジバニャンはプレゼントを渡す際にクリスマスツリーの下にそっと置いてエミちゃんの家を去っていったが、去り際の首輪の鈴の音でエミちゃんはジバニャンの気配に気づいていた。 第214話「妖怪のいる街」 このエピソードでついにケータとエミちゃんが本編で初めて出会う事になる。 また、これをもってアニメが『シャドウサイド』へとシリーズ移行した事でケータが主人公を降板したため、実質二人が共演した最初で最後のストーリーとなった。 グデングデン熱により存在が消えてしまう危機に陥ったジバニャンを助ける為に必要なジバニャンの思い出にまつわるものを探すために奔走していたケータに自身の自転車を貸した。 なお、事情を説明しようとするケータに対して「アカマルが時々自分のそばにいてくれている気がする」と述べていた事からやはりジバニャン(アカマル)の存在を気配で感じる事が出来る事を思わせる発言をしている。 8年後の未来の世界にタイムスリップしたジバニャン、、の前に現れる。 アカマルに語っていた「デザイナーになる」という夢を叶えるため、悪戦苦闘している様子。 ちなみにどういうわけか、彼女にはジバニャン達の姿を見えるようになってしまったため 恐らくはの力のせいか、あるいはアニメ本編においてジバニャンの気配を感じる事が出来るようになっていた為、ウィスパーと石田三成のように信頼し合うもの同士が近づき合う事によってその力が強くなっていった可能性もある 、ジバニャンとの再会後派手な自転車で、散歩した。 『空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』 実写世界に登場。 ファッションデザイナーに飽きて、犬派になっており、 「クロマル」という犬を飼っていた。 EDにも登場。 にファッションモデルを頼むクエストがある。 引き受けるとはエミちゃんの家に行けるようになる。 成人後の姿で登場。 ファッションデザイナーに就職しており、一児の母親となっている 自分の娘・を死神達から救ってくれたを見て「アカマル」と呼んだ事で、ジバニャンはエミちゃんとの記憶を取り戻し、 シャドウサイド以前の姿に戻った。 その後はお約束の自転車の散歩をした。 第21話 『エミちゃんのアカマル』にて再登場した。 『空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』っと同じく犬を飼っていた。 名前は「ジャック」。 ジャックが交差点でトラックにはねられそうになった時はジバニャンが助けた。 第36話 『ジバニャンがサンタクロース』 ジバニャンがサンタからのプレゼントの妖力で夢の世界でエミちゃんと再会した。 関連イラスト.

次の